ダイナースクラブ コンパニオンカードが改悪。楽天Edy・モバイルSuica・PASMO・ICOCA等がポイント対象外に

更新日: クレジットカード ダイナースクラブ

ダイナースクラブ コンパニオンカードとダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード

ダイナースクラブ コンパニオンカード、ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカードでポイント還元に改悪があります。

2021年3月16日から、楽天Edy、モバイルSuica、モバイルPASMO、ICOCA、国民年金保険料、三井住友カード発行のプリペイドカードへのチャージがポイント付与対象外となります。

モバイルSuicaはビューカードでチャージしている方が多いと思われますし、その他の交通系電子マネーもサブカードでチャージすればOKです。

ダイナースコンパニオンカードの電子マネーチャージの改悪について、注意点を網羅してわかりやすく徹底的に解説します。

2021年3月16日から電子マネーチャージがポイント対象外に

ダイナースクラブ コンパニオンカードは2021年3月15日利用分までは、電子マネーやプリペイドカードへのチャージによってダイナースクラブ リワードポイントを得られました。

しかし、2021年3月16日利用分からからは下表の取引がポイント対象外となります。

対象外となる取引楽天EdyモバイルSuicaモバイルPASMOICOCA、国民年金保険料、
ANA VISAプリペイドカードなど三井住友カード発行のプリペイドカードへのチャージ
対象カード種別ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード
ダイナースクラブ コンパニオンカード

日本ではクレジットカード・プリペイドカード等のキャッシュレス決済で金利・手数料を支払う利用者が少ない状況です。

また、電子マネーチャージで三井住友トラストクラブが得られる手数料は微々たる水準で採算は厳しいのでしょう。

近年はKyashに限らず、楽天カード、ジャックス、ライフカード、三菱UFJニコス、ポケットカード、アメックス、ダイナース、東急カード、リクルートカード、JCBなどで改悪が相次いでいます。

改悪事例

特にnanacoやモバイルSuicaなどの電子マネーのチャージ時にクレジットカード会社が得られる手数料は微々たる水準です。

したがって、この分野について特に改悪が多い情勢となっています。

以下、ダイナースクラブ コンパニオンカード、ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカードの電子マネーチャージの代わりの候補について解説します。

楽天Edyチャージの代替候補

お買いものパンダデザインの楽天Edy

ダイナースクラブ コンパニオンカード以外でも、チャージでポイントが貯まるクレジットカードがあります。

カード名年会費(税抜)ポイント還元率
リクルートカード(VISA / Mastercard)無料リクルートポイント1.20%
タカシマヤセゾンカード無料タカシマヤポイント1.00%
楽天カード無料楽天ポイント0.50%
JMBローソンPontaカードVisa無料Pontaポイント0.50%
NTTグループカード無料ポイント・プレゼントコース0.50%
エポスカード無料エポスポイント0.50%
apollostation card無料プラスポイントサービス0.50%
エポスゴールドカード無料-
5,000
エポスポイント0.5% - 2%
JQ CARD エポス無料JRキューポ0.50%
JQ CARD エポスゴールド無料JRキューポ0.5% - 2%
JQ CARDセゾン無料JRキューポ0.50%
OPクレジット年1回利用で無料小田急ポイント0.50%
大丸松坂屋お得意様ゴールドカード無料-
3,000
大丸・松坂屋ポイント1.00%
TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO1,000TOKYUポイント1.00%
TOKYU CARD ClubQ JMB ゴールド6,000TOKYUポイント1.00%
OPクレジット ゴールド無料-
10,000
小田急ポイント0.50%
ANA JCBワイドゴールドカード14,000ANAマイル0.50%
エポスプラチナカード18,182エポスポイント0.5% - 3%
ANAダイナースカード27,000ANAマイル0.50%
ANA JCBカード プレミアム70,000ANAマイル0.50%
ANA VISAプラチナ プレミアムカード80,000ANAマイル0.50%
ANAダイナース プレミアムカード155,000ANAマイル0.50%

各カードの詳細は以下で徹底的に解説します。

楽天Edyというプリペイド型の電子マネーがあります。利用可能店舗が日本最大級を誇っています。おすすめの電子マネーの一角で...

モバイルSuicaチャージの代替候補

Apple PayのSuica一覧画面

モバイルSuicaチャージに使うカードの代替候補としては、複数の有力候補が存在しています。

全国各地の電車・バスでの移動で便利な電子マネーが「Suica」です。JR東日本の電車のみならず、PASMOエリア、都バス、その他...

ビューカード

モバイルSuicaへのチャージの代替手段としては、運営元のJR東日本グループのビューカードがおすすめです。

JR東日本でのSuicaチャージ・オートチャージ・窓口での切符購入・定期券の購入では、還元率が1.5%と最高峰の高還元です。

モバイルSuicaだけではなく、カードタイプのSuicaへのチャージも、ビューカードがとてもお得です。

自動改札機にタッチして入場するだけで、Suicaへの入金(チャージ)ができる便利なオートチャージも利用可能です。

Suicaのオートチャージが発動された時の改札の画面

首都圏、仙台・新潟エリアのSuicaエリア、首都圏の私鉄・地下鉄のPASMOエリアでオートチャージが可能です。首都圏、仙台・新潟エリアに在住の場合は極めて便利です。

Suica、モバイルSuica、Apple PayのSuicaには「オートチャージ」という機能があります。一定の残高を下回ると、改札を通過す...

主なビューカードの一覧は下表のとおりです。

カード名年会費(税抜)一般加盟店Suicaチャージ備考
ビックカメラSuicaカード477円
(年1度の利用で無料)
1.0%1.5%ビックカメラでSuica払いならポイント二重取り
「ビュー・スイカ」カード477円0.5%1.5%定期券一体型。家族カードあり
JRE CARD477円0.5%1.5%アトレ等のJRE CARD優待店で約3.5%還元
ルミネカード953円0.5%1.5%ルミネで5-10%OFF
ビューゴールドプラスカード10,000円0.5%1.5%年1回のプレゼント・東京駅ラウンジ等の特典
大人の休日倶楽部ミドルカード2,386円0.5%1.5%大人の休日倶楽部パス、JR東日本線・JR北海道線5%OFF等
大人の休日倶楽部
ジパングカード
3,968円
(夫婦会員6,780円)
0.5%1.5%大人の休日倶楽部パス、JR東日本線・JR北海道線30%OFF等
JALカードSuica2,000円0.5-2%0.5-1%
(マイル)
JRE POINTをJALマイルに移行可
JALカード特約店は2倍
JALカードSuica
CLUB-Aカード
10,000円0.5-2%0.5-1%
(マイル)
JAL CLUB-Aカード特典
JALカードSuica
CLUB-A ゴールドカード
19,000円0.5-2%0.5-1%
(マイル)
ビューゴールドプラスカード特典
JAL CLUB-Aカード特典
「ビュー・スイカ」リボカード無料0.5%1.5%リボ払い専用カード

ビューカードは年会費が有料のカードが大多数ですけれども、ビックカメラSuicaカードは年1回の利用で無料となります。

年1回の利用にはモバイルSuicaチャージも含まれるので、完全無料で利用可能です。

菊地崇仁さんとまつのすけ

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんは、ビックカメラSuicaカードがSuicaチャージにおすすめとおっしゃっていました。

菊地崇仁さん
仕事をやめて保有カードを処分したとしても、ビックカメラSuicaカードは残ります。

クレジットカードのレジェンドがプライベートでも保有するのがビックカメラSuicaカードです!

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはも...

その他、ビューカードの詳細については、以下で精緻に分析しています。

ビューカード(VIEW CARD)というクレジットカードがあります。JR東日本グループが発行するクレジットカードです。一般カード...

ビューカード以外でも多数のクレジットカードがありますが、ポイントが貯まらないクレジットカードもある点に注意が必要です。

Apple PayのSuicaへのチャージでポイントが貯まるクレカについては、以下にまとめています。

iPhone、Apple Watchによるモバイル決済サービス「Apple Pay」では、Suicaも利用できます。iD、QUICPayでのお買い物の他、Sui...

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード

丸井が発行しているエポスカードにはゴールドカードが存在します。「エポスゴールドカード」という名前です。

実は意外なことにモバイルSuicaへのチャージで最もコストパフォーマンスが良好なのはエポスゴールドカードです。

ゴールドカードのランキングでも上位に位置付けられるハイ・クオリティー・カードです。

エポスカードは丸井での年数回の10%OFF、自動付帯の海外旅行傷害保険、数多くの店舗で受けられる優待特典が魅力のカードです。

エポスカード(EPOS CARD)という丸井のクレジットカードがあります。サブカードとして利用すると最高にお得なカードです。マ...

エポスゴールドカードの年会費は5,000円(税抜)です。年間の利用金額が50万円以上だと翌年度以降の年会費が無料になります。

また、インビテーションでゴールドカードを発行したら、年会費は永年無料となります。エポスカードを保有して概ね年50万円以上決済すると、インビテーションが届く傾向にあります。

エポスゴールドカードは無料で持てるゴールドカードです。インビの基準も緩く、年50万円に利用額が届いていなくても、インビテーションが届く事例もあります。

丸井の人気クレジットカード「エポスゴールドカード」は、自分から申し込むことも可能ですが、インビテーションが届いた場合...

家族カードはありませんが、家族をゴールドカードに招待できる「エポスファミリーゴールド」という制度があります。

エポスゴールドカードは、丸井での利用は還元率1%ですが、通常の加盟店での還元率は0.5%です。ただし、年間の利用金額に応じてボーナスポイントをもらえます。

  • 年50万円以上利用:2,500円相当(0.5%相当)
  • 年100万円以上利用:10,000円相当(1.0%相当)

ボーナスポイントを合わせると、年100万円ちょうどの利用だと還元率は1.5%となります。カード利用で貯まるポイントは有効期限無しの永久ポイントになります。

エポスゴールドカードのポイントはエポスVisaプリペイドカードでVISA加盟店にて1ポイント1円で使えるので現金同様です。

丸井グループのクレジットカード「エポスカード」は、「エポスVisaプリペイドカード」を提供しています。国内外のVISA加盟店...

エポスゴールドカードは年100万円以上使えば屈指の高還元カードとなります。ゴールドカードならではの特典も充実しています。

また、対象ショップの中からよく利用するショップを登録すると、エポスゴールドカード利用時のポイントが最大3倍になります。

エポスゴールドカード、エポスプラチナカードには多様なベネフィットが付帯しています。その中の一つが、3つのお店までポイン...

選べるショップは最大3つまでとなります。対象ショップには、普段使いすることが多いスーパー・コンビニ・ドラッグストア・ETCカードもあるので便利です。

注目すべきなのは「モバイルスイカ」がポイント3倍に入っている点です。これを選択するとモバイルSuicaへのチャージも1.5%還元になります。

他のカードショッピングも含めて合計で年100万円利用すれば1%相当のボーナスポイントも得られます。

仮に年100万円ぴったりモバイルSuicaチャージを行った場合は還元率2.5%となります!

同様にSMART ICOCAもポイント3倍(年間ボーナスを合わせて還元率2.5%)にすることが可能です。

ポイントアップするショップは、登録後3ヵ月間は変更ができません。登録当日の利用分からポイントアップの対象となります。

また、国内・海外の空港ラウンジを無料で利用できます。国内の主要空港20空港に加えて、ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル空港)、仁川空港、ホノルルラウンジが利用可能です。

空港ラウンジを無料で利用できる特典が付帯しているクレジットカードがあります。トラベル関連のベネフィットで着実に役立つ...

年会費無料で維持できるので、空港ラウンジを使えるゴールドカードの中でもコスパ良好です。

自動付帯の海外旅行傷害保険が付帯します。最も利用頻度が高い傷害治療費用・疾病治療費用は最高300万円と充実しています。

エポスゴールドカード会員限定のベネフィットも豊富に用意されています。

エポスカードには上位カードのエポスゴールドカードがあります。年会費が無料であるにもかかわらず、特典が極めて充実してい...

その他エポスゴールドカードの特徴については以下で徹底解説しています。

エポスカードという丸井のクレジットカードがあります。エポスカードの種類の中には、「エポスゴールドカード」いうゴールド...

年会費無料のゴールドカードは稀有であり、質実剛健なハイ・クオリティー・カードです。空港ラウンジを無料で使えるクレジットカードの一角です。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんも、おすすめのゴールドカードとしてエポスゴールドカードを挙げていらっしゃいました。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの...

エポスゴールドカードを目指す場合、まずはエポスカードを作成して年50万円利用すると、1円もコストがかからないのでおすすめです。

エポスカードはお得なキャンペーンを行なっています。Webから入会すると2,000円相当のエポスポイントがプレゼントされます。

特に必要な作業はありません。無条件で2,000円を得られるお得な入会キャンペーンです。

なお、インターネットでの入会時に「おしごと」の下にある「ご紹介番号」に「19121522852」をご入力いただくと、更に紹介特典で500ポイントが上乗せされます。

公式サイトエポスカード 公式キャンペーン

JQ CARD エポスゴールド

JQ CARD エポスゴールド

JQ CARD エポスにはインビテーション制のゴールドカード「JQ CARD エポスゴールド」があり、モバイルSuicaチャージでJRキューポを獲得できます。

エポスゴールドカードとJQカードの魅力を融合させたクレジットカードです。年会費無料で利用できます。

年100万円ちょうど利用した際には、ボーナスポイントと合わせて1.5%還元となります。

JRキューポはGポイントに交換できるので、JQセゾンルートGポイント永久不滅ポイント→ANAマイルと交換すると、1対0.7のレートでANAマイルに移行できます。

つまり年100万円ぴったり利用した際のマイル付与率が1.05%となります。100万円超の利用分は0.35%です。

また、「モバイルスイカ」をポイント3倍のショップに登録した場合、モバイルSuicaApple PayのSuicaGoogle PayのSuicaが、1.05%ANAマイル還元となります。

エポスゴールドカード・プラチナカードの選べるポイントアップショップの登録画面

Apple Payに登録したSuica

JR西日本を登録した場合は、SMART ICOCAへのチャージが、1.05%ANAマイル還元で卓越した高還元に昇華します。

年100万円ぴったりポイント3倍のお店(3つまで選択可能)だけで使った場合、なんと1.75%ANAマイル還元です。

なお、JALマイルの場合でも最大1.5%還元となり、JALマイルがお得に貯まるクレジットカードの1枚です。

更にANAマイレージクラブ モバイルプラスに加入した場合、月300円(税抜)のコストで、おサイフケータイ、Edy機能付きのANAカードでのEdy払いが1.5%マイル還元となります。

年間維持コストは3,600円(税抜)です。モバイルプラスはドコモ、au、ソフトバンクの回線契約が必要で、MVNOだとNGなのがデメリットです。

ANAカード

つまり、年100万円ぴったりJQカード エポスゴールドをEdyチャージに利用し、かつモバイルプラスに加入してEdy払いに使ったら2.55%ANAマイル還元となります。

年間ボーナスを含めない場合は、Edyチャージ時の0.35%+モバイルプラスの1.5%で合計1.85%となります。

その他、JQ CARD エポスゴールドの詳細については、以下で精緻に分析しています。

エポスカードが発行しているJQ CARDにはゴールドカードもあります。エポスカードの種類の中では提携ゴールドカードであり、「...

デメリットは改悪リスクがある点です。Edy一体型AMCの発行を終了しており、ANAのEdyに対するコミットの温度感は低下しています。

ANAモバイルプラスのEdy1.5%マイル還元、JRキューポの交換システム、エポスゴールドの年間ボーナスに改悪リスクがあります。

JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARDエポスを作成して年50万円以上利用したら、インビテーションが届く可能性があります。

なお、通常のエポスカードを持っている方は、JQ CARDエポスに切り替えることが可能です。

エポスポイントの交換先にJRキューポがある画面

エポスポイントとJRキューポは相互交換できるので、エポスカードのポイントはJQ CARDエポスに引き継がせることが可能です。

JQ CARDエポスはネット限定でお得な入会キャンペーンを開催しています。

公式サイトエポスカード 公式キャンペーン

モバイルPASMOチャージの代替候補

モバイルPASMO

モバイルPASMOへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードは多数あります。

モバイルPASMOという関東私鉄・東京メトロ等の交通系電子マネーがあります。全国各地の電車・バスに乗車できますし、交通系IC...

オートチャージ対応

便利で快適なPASMOオートチャージが使えるのは、PASMO協議会の鉄道会社のクレジットカードのみとなっています。

オートチャージを使いたい場合は、下表のクレジットカードが候補です。

クレジットカード名年会費
(税抜)
還元率PASMO
To Me CARD Prime PASMO2,000円
年50万利用で無料
0.5%-0.6%一体型
定期券
ANA To Me CARD PASMO JCB2,000円 /
7,000円
0.5%-1.06%
(マイル)
一体型
定期券
TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO1,000円1.0%一体型
定期券
東急ゴールドカード6,000円1.0%一体型
定期券
ANA TOKYU POINT ClubQ
PASMOマスターカード
751円 /
6,751円
0.5%-1.48%
(マイル)
一体型
定期券
OPクレジットカード年1回利用で無料0.5%別カード
OPクレジットゴールド10,000円
年200万利用で無料
0.5%別カード
JALカード OPクレジット
(※マイル還元はオートチャージのみ)
2,000円 /
5,000円
0.5%-1%
(マイル)
別カード
京王パスポートPASMOカードVISA年1回利用で無料0.5%一体型
定期券
京王パスポートVISAカード年1回利用で無料0.5%別カード
SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン無料0.5%別カード
京急プレミア ポイント シルバー無料0.5%別カード
京急プレミア ポイント ゴールド1,905円 /
952円
0.5%別カード
京成カード(オリコ)無料 /
10,000円
0.5% / 1%別カード
相鉄カード無料0.5%別カード
東武カード無料0.50%別カード
東京スカイツリー 東武カードPASMO1,000円
年10万利用で無料
0.50%一体型
定期券
Pastownカード1,250円0.50%別カード
パスタウンPASMOカード(VISA)1,250円
マイ・ペイすリボで無料
0.50%一体型

オートチャージ不要の場合は多様な選択肢

手動チャージでもOKでオートチャージ不要の場合、より高還元のクレジットカードを活用できます。

公式にモバイルPASMOがポイント還元の対象と公表していなくても、モバイルSuica・SMART ICOCAがダブルでポイント還元の場合、モバイルPASMOもポイント対象となる可能性が高いです。

カード会社のスタンス(交通系電子マネーへのチャージも還元対象)が明確であり、モバイルPASMOだけを狙い打ちで排除することは考え難いためです。

ポイント対象の可能性が高いカード

クレジットカード名年会費(税抜)還元率
エポスゴールドカード無料1.5%-2%
JQ CARD エポスゴールド無料1.5%-2%
リーダーズカード2,500円
年30万利用で無料
1.00%
リクルートカード (VISA / Mastercard)無料1.20%
Yahoo! JAPANカード無料1.00%
オリコカードザポイント無料1.00%
エポスカード無料0.5%-1.0%
セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード
(以下セゾン・アメックス)
無料-20,000円0.5%-1.125%
MUJIカード無料0.50%
セディナカード無料0.50%
イオンカード無料0.50%
シネマイレージカードセゾン無料0.50%
ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメックス無料0.50%
クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン無料0.50%
JQ CARDセゾン無料0.50%
セゾンカードインターナショナル無料0.50%
ロフトカード無料0.30%
大丸松坂屋お得意様ゴールドカード無料-3,000円1.00%

SMART ICOCAチャージの代替候補

SMART ICOCA クイックチャージ機

SMART ICOCAチャージでポイントが貯まる主なクレジットカードの一覧は以下の通りです。還元率はチャージ時の数字です。

クレジットカード名年会費(税抜)還元率
エポスゴールドカード無料1.5%
リーダーズカード2,500円
年30万利用で無料
約1%
REXカード無料1.25%
リクルートカード(VISA / Mastercard)無料1.20%
Yahoo! JAPANカード無料1.00%
オリコカードザポイント無料1.00%
ライフカード無料0.5%-1.5%
エポスカード無料0.5%-1.0%
P-one Wiz無料0.50%
各種J-WESTカード ベーシック1,000円
年1回利用で無料
0.5%
(利用時0.5%で合計1%)
各種J-WESTカード エクスプレス1,000円0.5%
(利用時0.5%で合計1%)
セゾン・アメックス無料-20,000円0.5%-1.125%
MUJIカード無料0.50%
パルコカード無料0.50%
セディナカード無料0.50%
イオンカード無料0.50%
シネマイレージカードセゾン無料0.50%
ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメックス無料0.50%
クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン無料0.50%
セゾンカードインターナショナル無料0.50%
ロフトカード無料0.30%
ダイナースクラブカード22,000円マイル1%
ダイナースのブラックカード130,000円マイル2-3%

詳細は以下で徹底的に論述しています。

SMART ICOCAというJR西日本の交通系電子マネーがあります。全国各地の電車・バスに乗車できますし、交通系ICカードで決済でき...

-クレジットカード, ダイナースクラブ

© 2014-2021 The Goal