オリコカード ザ ポイント 2020!ネット通販で高還元!メリット・デメリットまとめ

更新日: クレジットカード オリコカード

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

オリコが発行している年会費無料で高還元率のクレジットカードがあります。「Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)」という名前です。

年会費無料、基本1%・ネット通販は原則2%以上の高還元のポイント、わかりやすいポイント交換システムなどメリットが大きいクレジットカードです。

オリコモールの活用でネット通販がお得になり、オリコカードが集計した人気ランキングでは1位を独走しています。

Orico Card THE POINTでAmazonにて買い物をすると、入会6ヵ月は+1%で合計3.0%の高還元!

Orico Card THE POINTの内容、メリット、デメリット、ポイント制度、お得な使い方についてまとめます。

公式サイトオリコカード ザ ポイント 公式キャンペーン

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)とは

決済ブランド

オリコカード ザ ポイントの決済ブランドはMastercard、JCBの2種類です。

日本で人気の国際ブランドを幅広くカバーしています。どの国際ブランドでも、国内はもちろん海外でも利用可能です。

Orico Card THE POINTの2種類の国際ブランド

JCBは日本発の国際ブランドということで、日本人として応援したいという方もいらっしゃるでしょう。JCB PLAZA等のJCBカード特典が充実しています。

我々には当たり前となっていますが、実は自国内の企業が大々的なクレジットカードのインフラを担っているというのは世界有数で凄いことです。

JCB本社

Mastercardは世界210カ国・4,330万ヶ所以上と、世界中で加盟店が多いのがメリットです。地球上で幅広く使える圧巻の決済力があります。

JCB・アメックス・ダイナースクラブは海外では使えない加盟店も多く、結局サブカードとしてVISAかMastercardを持たざるを得ません。

事実、クレジットカードの売上高の世界シェアは、Visaが50%で1位、Mastercardが26%で2位です(NILSON REPORT 2018年4月)。MasterCardが26%で2位となっています。

  1. Visa:50%
  2. Mastercard:26%
  3. UnionPay(銀聯):20%
  4. Amex:3%
  5. JCB:1%
  6. DinersClub/DISCOVER:1%

カードフェイスはシンプルなブラックであり、かっこいいです。ブラックカードに見えなくもありません。

カードの側面もブラックです。一般のカードは側面がホワイトで、カードの縁が黒いのは一部のプラチナカード、ブラックカードのみなのでゴージャスです。

オリコカードザポイントの側面

最短8営業日で発行でき、学生や未成年も申し込めます(保護者の同意が必要)。

オリコカード ザ ポイントは、おすすめのマスターカードの筆頭に位置付けられるハイ・クオリティー・カードです。

年会費

年会費は無料です。お得で高還元のクレジットカードでしたら年会費が有料でも仕方ないですけれども、できれば無料の方が嬉しいですよね^^

家族カード・ETCカードも年会費無料です。本人カードは年会費無料だけど、家族カードやETCカードは有料というカードもあります。オリコカード ザ ポイントは家族も無料ということで嬉しいですね!

本人カードと家族カードで合計2,000円だとすると、10年で2万円、30年間で6万円かかります。積もればそこそこの金額になります。

オリコカード ザ ポイントが本人・家族・ETCの全て年会費無料なのはメリットです。ETCカードの利用ではマイレージサービス等の各種割引サービスの他、ポイントが貯まります。

オリコETCカード

一般加盟店での基本ポイント還元率は1%

オリコカード ザ ポイントは、リアルの店舗など一般加盟店では100円(税込)につき1オリコポイントが貯まります。

オリコポイントの価値は1ポイント1円なので、基本ポイント還元率は1.0%です。

携帯電話、固定電話、電気、ガス、水道、NHK受信料、放送、新聞、プロバイダー、国民年金保険料、自動車税、固定資産税、ふるさと納税、BIG・totoなどの支払いでもポイントが得られます。

税抜ではなく、税込なのが地味なメリットです。税抜980円(税込1,078円)といった場合は端数が無駄になりにくく効率的にポイントが貯められます。

しかも、毎月1ヶ月分の利用額を合算した月間利用金額に対して、100円につき1オリコポイントがたまります。利用1回毎に1%で毎回端数が切り捨てられる訳ではありません。

かなり細かくポイントが貯まり、無駄にならずに効率的に貯められます。1回の利用ごとに端数が切り捨てられるクレジットカードも数多くあります。

例えばライバルのYahoo! JAPANカードは1利用ごとに100円未満の端数が切り捨てられてしまいます。

オリコカードザポイントとヤフーカード

オリコカードは極限まで無駄なく効率的にポイントが貯められます。年会費が22,000円(税抜)のダイナースクラブカードも改悪されて1回毎となった中でパワフルです。

例えば1ヶ月合計で53,830円(税込)使った月があると、538ポイントが付与されます。この例では切り捨てられるのは僅か30円です。

利用1回ごとにポイントが付与される仕組みのクレジットカードだと、毎回100円未満の端数に対してポイントが貯まりません。

長い目で見るとオリコカード ザ ポイントのポイントが貯まるシステムはかなり優良です。

オリコカード ザ ポイントの素晴らしいメリット7つ

オリコモール経由でAmazon等のネット通販で還元率が2%以上に!

確かに、Yahoo!JAPANカード、楽天カード、リクルートカードなど他にも年会費無料で還元率1%以上のクレジットカードはあります。

しかし、オリコカード ザ ポイントは、他のカードにはないメリットがあります。Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングなどのネットショッピングをした際はなんと還元率が2%以上に跳ね上がるのです。

オリコが運営するオンラインショッピングモール「オリコモール」を経由して、Amazon等のネット通販サイトでお買い物すると、購入代金の0.5%分のポイントが特別に上乗せされます。

ガッツポーズする男女

Orico Card THE POINTは、通常のオリコカードよりも特別に0.5%優遇されます。

オリコモールとは、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング、ロハコなどの通販サイトが掲載されているポイントモールです。

オリコモールを経由して各サイトで買い物をすると、ショップごとに決められた還元率のポイントが付与されます。

三井住友カードのポイントUPモール、JCBのOki Dokiランド、REXカードのジャックスモール、セゾンカードのセゾンポイントモールと同じ仕組みです。

Orico Card THE POINTを使うと、このオリコモール経由でもらえるポイントとは別に、更に0.5%分のポイントが特別に加算されます。二重にポイント付与!

例えば、Orico Card THE POINTでオリコモール経由にてAmazonで買い物した場合、3つのポイントがもらえます。

  • Orico Card THE POINT利用による1.0%
  • オリコモール経由の0.5%
  • Orico Card THE POINTでオリコモールを経由した際の特別加算0.5%

1.0%+0.5%+0.5%で、合計の還元率は2.0%となります。Yahoo!ショッピングでのTポイントなど、ショップ独自のポイントはもちろん別にたまります。

Amazonが発行している年会費実質無料(年1回の利用で無料)のAmazon Mastercardクラシックは、Amazonプライム非加入時はAmazonでの利用が還元率1.5%に過ぎません。オリコカード ザ ポイントの還元率は2%とパワフルです!

実際にAmzonで使った利用明細を見ると、しっかりと+1%分の加算ポイント(0.5%+0.5%)が付与されています。

オリコカードザポイントのAmazon.co.jpでのポイントアップ明細

他のポイントモールはAmazonが対象外のサイトが大多数なので、Amazonがお得になる点にエッジ・優位性があります。

私はオリコカード ザ ポイントを使ってザクザクとボーナスポイント(1%)を貯めています。

オリコカードザポイントのオリコモール利用でのポイント加算

私の場合、オリコモールでのAmazonの1%の上乗せだけで、余裕でポイント交換に必要な500ポイント以上を獲得しています。

オリコポイント照会

ザクザクとAmazonで特別ポイントが貯まるのでお得感があります。Amazonをよく利用する方にとっては、オリコカード ザ ポイントは家に寝かせておくだけでもお得なカードです。

オリコポイントの履歴

入会後6ヶ月間は還元率2.0%!ネット通販なら更にUP

オリコカード ザ ポイントは、入会後6ヶ月間はポイント還元率がなんと2.0%になります!

これは嬉しいですね^^
私もカードが届いてから半年間はビシバシ使いました。

オリコカードザポイントの冊子

年会費無料で2.0%クレジットカードは希少です。オリコカード ザ ポイントは、入会後6ヶ月間は日本屈指の高還元クレジットカードとなります。

6カ月間特別加算(1%)の上限は5,000オリコポイント(50万円利用分迄)です。これを超えたら入会後半年以内でも、還元率は1%のみになるので注意しましょう。

高額な家電購入・ふるさと納税海外旅行・インプラント・各種自由診療・引越し・結婚・出産など、半年以内に大きな支払いが予定されている場合は、大きなメリットがあります。

この2%の特典は、オリコモールでの特別ポイント加算と重複適用されます。オリコカード ザ ポイントへの入会後、半年間は例えばAmazonでのお買い物は3%に跳ね上がります!

入会後6ヶ月というのは、会員登録が完了した月の翌月からなので、できる限り上旬にカードが発行されるほど、2%の期間は長くなります。

空前の低金利の時代においては、2%以上は神威のお得さがありますね。私はこれ目当てで入会しましたよ!

公式サイトオリコカード ザ ポイント 公式キャンペーン

便利な後払い型電子マネーのQUICPayとiDをダブル搭載

オリコカードザポイントの裏面

Orico CARD THE POINTは電子マネーでもお得なカードです。オリコカード ザ ポイントには後払い型の電子マネーiDQUICPayが搭載されています。

カードと一体型なので便利で、後払い方式で事前のチャージが不要である点が、使いやすくてメリットです。

iD

端末にかざすだけで決済が完了するので衛生的であり、使えるお店も主要コンビニ/ドラッグストア・ファーストフード・ファミレスなど幅広くなっています(iDの店舗一覧QUICPayの店舗)。

iDとQUICPayは同じポストペイで使い方は似ていますが、使える店舗や細かい点で相違点があります。

後払い方式(ポストペイ型)の電子マネーには、「iD」と「QUICPay」(クイックペイ)があります。どちらも使い勝手が良好であり、おすす...

少額の決済でクレジットカードを使うのが微妙な場合や、サインか暗証番号の入力が必要な店舗でそれが面倒な場合にも便利。特にタクシーでは利便性が高いです。

後払い型の電子マネーの良い点は、事前にチャージしておく必要がないので、残高を気にする必要がないのがメリットです。クレジットカードと同じ感覚で使えます。

ドラッグストアでのiD決済

交通系電子マネーへのチャージもポイント付与対象

また、モバイルSuicaモバイルPASMOSMART ICOCAへのチャージでもポイントが付きます。Apple PayのSuicaGoogle PayのSuicaも同様です。

ただし、モバイルSuicaでは1.5%還元のビューカードがおすすめです。主要なビューカードは下表のとおりです。

カード名 年会費(税抜) 一般加盟店 Suicaチャージ 備考
ビックカメラSuicaカード 477円
(年1度の利用で無料)
1.0% 1.5% ビックカメラでSuica払いならポイント二重取り
「ビュー・スイカ」カード 477円 0.5% 1.5% 定期券一体型。家族カードあり
JRE CARD 477円 0.5% 1.5% アトレ等のJRE CARD優待店で約3.5%還元
ルミネカード 953円 0.5% 1.5% ルミネで5-10%OFF
ビューゴールドプラスカード 10,000円 0.5% 1.5% 年1回のプレゼント・東京駅ラウンジ等の特典
大人の休日倶楽部ミドルカード 2,386円 0.5% 1.5% 大人の休日倶楽部パス、JR東日本線・JR北海道線5%OFF等
大人の休日倶楽部
ジパングカード
3,968円
(夫婦会員6,780円)
0.5% 1.5% 大人の休日倶楽部パス、JR東日本線・JR北海道線30%OFF等
JALカードSuica 2,000円 0.5-2% 0.5-1%
(マイル)
JRE POINTをJALマイルに移行可
JALカード特約店では2倍
JALカードSuica
CLUB-Aカード
10,000円 0.5-2% 0.5-1%
(マイル)
JAL CLUB-Aカード特典
JALカードSuica
CLUB-A ゴールドカード
19,000円 0.5-2% 0.5-1%
(マイル)
ビューゴールドプラスカード特典
JAL CLUB-Aカード特典
「ビュー・スイカ」リボカード 無料 0.5% 1.5% リボ払い専用カード

おすすめは年1回の利用で年会費が無料になり、一般加盟店でも1%還元のビックカメラSuicaカードです。

菊地崇仁さんとまつのすけ

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんは、ビックカメラSuicaカードがSuicaチャージにおすすめとおっしゃっていました。

菊地崇仁さん
仕事をやめて保有カードを処分したとしても、ビックカメラSuicaカードは残ります。

クレジットカードのレジェンドがプライベートでも保有するのがビックカメラSuicaカードです!

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

WAONPASMOへのチャージはできません。楽天Edyにはチャージはできますが、ポイントが付きません。楽天Edyへのチャージはリクルートカード(VISA)か楽天カードがおすすめです。

楽天Edyというプリペイド型の電子マネーがあります。利用可能店舗が日本最大級を誇っています。おすすめの電子マネーの一角であり、日...

nanacoチャージの新規登録は対象外。nanacoチャージの新規登録は、セブンカード・プラスのみが利用可能です。

nanaco(ナナコ)というセブン&アイグループの電子マネーがあります。セブン-イレブン店頭で、国民年金保険料・健康保険料、固定...

au PAY プリペイドカードへのチャージでポイントが付与

オリコカードザポイントとau WALLET

オリコカード ザ ポイントは、Mastercardブランドなら、au WALLETへのチャージで1%のポイントが付きます。au WALLETについては以下で徹底解説しています。

auはMastercard搭載型プリペイドカード「au PAY プリペイドカード」を発行しています。従来はau WALLET(ウォレット)でしたが、2020...

au WALLETにオリコカード ザ ポイントでチャージしてau WALLETを使うと、チャージ時に1.0%のオリコポイント、支払い時に0.5%のPontaポイントが貯まります。還元率は合計で1.5%になります!

以前は楽天カードから楽天バーチャルプリペイドカードにチャージし、更に楽天バーチャルプリペイドカードからau WALLETにチャージするとお得になる方法がありましたが、2016年以降はキャンペーンが開催されていません。

オリコカード ザ ポイントでのチャージは手間がかからず、しかもいつでも年会費無料で合計1.5%と高還元なのがメリットです。

オリコカード ザ ポイントとau PAY プリペイドカードを以下のように使い分けると便利です。

オリコカード ザ ポイントでクレカ決済

au WALLETが使えない公共料金やクリックポスト、本人認証が必要なネット通販サイト、ガソリンスタンドなどでは、オリコカード ザ ポイントでクレカ決済します。

また、オリコモールにあるネット通販サイトで買い物する場合は、ボーナスポイントが得られるので、オリコモールを経由してオリコカード ザ ポイントを利用します。

au PAY プリペイドカードで決済

上記以外のお店で買い物する場合は、オリコカード ザ ポイントでチャージしたau WALLETで決済するようにします。

こうすると、チャージ分の1%のオリコポイントとau WALLET利用時の0.5%のPontaポイントで合計1.5%が貯まり、オリコカード ザ ポイント単体で使うよりもお得になります。

au WALLETにはポイントアップ店があり、例えばセブン-イレブン・イトーヨーカドー・マツモトキヨシなら+0.5%となります。こうした特約店では合計還元率は2%以上にアップします。

各種スマホ決済やApple Payに対応

MastercardブランドのOrico Card The Pointの場合、Payサービスを幅広く利用可能です。

PayPayKyashd払い楽天ペイなどのスマホ決済に対応しています。

オリコカードとApple Pay

7以降のiPhone、Series 2以降のApple Watchは、おサイフケータイに類似するサービス「Apple Pay」が利用可能です。

オリコカードをApple Payに登録するとQUICPayとして割り当てられて、全国のQUICPay加盟店でお買い物でき、ポイントも貯まります。

Walletアプリ内でのSuicaへのチャージ、オンライン・アプリ決済も可能です。

QUICPayの利用分はもちろん、Suicaチャージ・Suicaグリーン券など、Apple PayのSuica利用分もポイント付与の対象です。

みずほ銀行のATM手数料無料化にも役立つ

みずほ銀行の看板

みずほ銀行には「みずほマイレージクラブ」という会員プログラムがあります。無料で利用でき、一定の条件をクリアしてAステージになると、手数料の割引が受けられます。

みずほ銀行のATMに関しては、無料で使い放題となります。無制限は気持ちがいいですね。

また、コンビニATM(イーネットATM)の利用手数料が月2回まで無料となります。

更に、みずほ銀行の本支店あて振込手数料、カード発行手数料(新規・切替・再発行)も無料になります。

みずほ銀行のキャッシュカード

引落口座をみずほ銀行に設定して、3千円以上オリコカードを利用すれば、この条件の一つをクリアできます。

三大メガバンクの一角にみずほ銀行がありますね。みずほ銀行のキャッシュカードでの入出金では、時間外のATM手数料、提携金融機関のAT...

オリコカード ザ ポイントはリアル店舗やネット通販でのお買い物に加えて、銀行がお得なクレジットカードでもあります。

公式サイトオリコカード ザ ポイント 公式キャンペーン

オリコモールで貯まるお店・ポイント

オリコカード ザ ポイントの上手な使い方は、オリコモールを徹底的に活用することです

オリコモールにてポイントが特別に貯まるお店の中で利用者が多い代表的店舗と、貯まるポイント数は以下のとおりです。

ショップ名 カード
還元率
モール
ポイント
特別
ポイント
合計
還元率
Amazon 1.00% 0.50% 0.50% 2.00%
楽天市場 1.00% 0.50% - 1.50%
Yahoo!ショッピング 1.00% 0.50% 0.50% 2.00%
LOHACO 1.00% 1.00% 0.50% 2.50%
ヤフオク! 1.00% 0.50% 0.50% 2.00%
ベルメゾンネット 1.00% 0.50% 0.50% 2.00%
dショッピング 1.00% 2.00% 0.50% 3.50%
楽天トラベル 1.00% 0.50% - 1.50%
じゃらんnet 1.00% 0.50% 0.50% 2.00%
ビックカメラ.com 1.00% 1.00% 0.50% 2.50%
DHCオンラインショップ 1.00% 1.50% 0.50% 3.00%

楽天市場は特別加算ポイントがなく、1.5%還元にとどまるので、SPUでポイント3倍以上の楽天カードの方がお得です(楽天カードの比較)。

期間限定でモールポイントが増額することがあります。なんとYahoo!ショッピングが5%、ベルメゾンネットが10%にアップすることもあります。

オリコモールのYahoo!ショッピングポイント増額キャンペーン

オリコモールのポイント増額キャンペーン

例えば、Amazonなど還元率が合計2%のネット通販で、1ヶ月あたり1万円のお買い物をしたら、1年で2,400円、3年で7,200円、5年で12,000円もお得になります。

1ヶ月あたり
利用金額
還元額
1年 3年 5年 10年
10,000 2,400 7,200 12,000 24,000
15,000 3,600 10,800 18,000 36,000
20,000 4,800 14,400 24,000 48,000
25,000 6,000 18,000 30,000 60,000
30,000 7,200 21,600 36,000 72,000
35,000 8,400 25,200 42,000 84,000
40,000 9,600 28,800 48,000 96,000
45,000 10,800 32,400 54,000 108,000
50,000 12,000 36,000 60,000 120,000

2%よりも還元率が高いネット通販は多数あるので、使い方によってはもっと還元額が上がります。

その他、オリコモールでボーナスポイントが貯まるオンラインショップサイトの一覧は、以下にまとめています。

オリコカードザポイント、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD、Orico Card THE WORLDなど、オリコカードは人気の高還元クレジットカー...

期間中にオリコモールを初めて利用して合計5,000円以上(税抜)お買い物すると、もれなく250オリコポイントプレゼントなど、定期的にお得なキャンペーンが開催されています。

はじめてのオリコモールでオリコポイントプレゼント

なお、Yahoo!ショッピングとロハコをよく利用する場合は、2%還元となり、ショッピングポイントと合わせて合計3%の還元となるYahoo!JAPANカードもおすすめです。

年会費無料のクレジットカードでおすすめできるのは、還元率1.2%のリクルートカードです。クレカ使用で貯まるリクルートポイントをPo...

実際に発行して使い倒したところ、諸々の特典の賜物で大量のTポイントを得られたのが嬉しかったです。Tポイントがお得に貯まるクレジットカードの筆頭です。

Yahoo! JAPANのクレジットカード「ヤフーカード」は、良い評判と悪い評判に分かれています。募集開始してすぐにヤフーカードを作成し...

また、楽天市場ではいつでもポイント3倍~16倍の楽天SPUを開催中しており、楽天市場では楽天カードの方がお得になります(楽天カードの比較)。

会員サイトでオリコモールを経由した場合、決済がオリコカード ザ ポイントではなくても、オリコモールの特別ポイント(Amazonなら0.5%)のみは貯まります。

例えば、オリコカード ザ ポイントを保有しつつ、オリコモールを経由してAmazonでは還元率2%のAmazon Mastercardゴールドを利用するという選択肢もあります。

オリコポイントはお得で便利に利用可能

オリコカード ザ ポイントで貯めたオリコポイントは、会員サイト「オリコポイントゲートウェイ」で多様な商品・ポイント・マイルに交換できます。

便利な交換先

ギフト券・ギフトコード、他のポイント、マイル、商品券などへの交換が便利です。ポイント交換先の代表例は以下の通りです。

区分 交換商品 オリコポイント 交換先 価値
クーポン Amazonギフト券 500pt 500円分 1pt→1円
iTunesギフトコード 500pt 500円分 1pt→1円
Google Play ギフトコード 1,000pt 1,000円分 1pt→1円
nanacoギフト 1,000pt 1,000円分 1pt→1円
EdyギフトID 1,000pt 1,000円分 1pt→1円
ファミリーマートお買い物券 500pt 500円分 1pt→1円
すかいらーくご優待券 5,000pt 5,000円分 1pt→1円
ポイント移行 オリコプリペイドカード
チャージ
500pt 500円分 1pt→1円
Tポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
Pontaポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
楽天スーパーポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
dポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
WAONポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
au WALLET ポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
ベルメゾン・ポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
マイル ANAマイル 1,000pt 600マイル 1pt→1円
JALマイル 1,000pt 500マイル 1pt→1円
商品 UC ギフトカード 5,500pt 5,000円分 1pt 0.9円

ANAマイル、JALマイルに移行手数料・参加登録費なしで移行できます。ANAマイルの方が交換レートは高めです。

Tポイントにはリアルタイムで交換できます。即座に残高に反映されて、本当に早くて快適です。実際に交換したところ、即時反映でした。

オリコポイントからTポイントへの移行

等価でTポイントに移行可能なので、オリコポイントが貯まるカードは、Tポイントがお得に貯まるクレジットカードの筆頭です。

Amazonギフト券・iTunesギフトコード・LINEギフトコードは、交換を申し込むとオリコからメールですぐに送られてきます。

即時交換が可能なのは便利ですね。使いたい時にすぐに使えます!

マイルへの交換

羽田空港に駐機するJALとANAの飛行機

ANAマイル・JALマイルのいずれも、参加登録費や移行手数料は無料です。マイル移行にコストは一切かかりません。

ANAマイルには1対0.6のレートで交換できます。一般カードでANAマイルを貯める場合は、ソラチカカードスマリボの活用で高還元になります。

ANA To Me CARD PASMO JCBというクレジットカードがあります。愛称は「ソラチカカード」です。ANAカードには幾多のカードがありますけ...

実際にソラチカカードをフル活用したところ、流麗なANAマイル還元を享受できました。

ANA To Me CARD PASMO JCB(愛称:ソラチカカード)というクレジットカードがあります。ソラチカカードは年2,750円(税抜)のコストで最...

東京メトロ乗車で最大級のメトロポイントを得られて、スマリボの活用で1.5625%ANAマイル還元となるゴールドカードもあります。

ANA To Me CARD PASMO JCB GOLDというクレジットカードが2020年3月30日から募集開始しました。愛称はソラチカゴールドカードです。ANA...

年会費を抑えたい場合は、ANA東急カードDCカード Jizile(ANAマイル1.125%還元)が候補となります。

その他、高還元クレジットカードについては、以下で徹底的に解説しています。

クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが還元率です。年間のクレカ利用額が多い場合は、たとえ年会費がかかっても高還元率の...

ただし、ネットショッピングをよく使う場合はオリコカード ザ ポイントが高還元です。

auユーザーの場合はWALLETポイントへの交換も有効

au PAY プリペイドカード

auユーザーであれば、1,000オリコポイントは1,000WALLETポイントとして交換可能できます。

オリコカード ザ ポイントで貯めたオリコポイントをWALLETポイントに交換し、au PAY(旧WALLET)チャージして、リアルのマスターカード加盟店で使うこともできます。

dポイント

dカードGOLDと3枚のdポイントカード

オリコポイントはdポイントにも1,000ポイント単位で等価交換できます。

dポイントは普通に使うと1ポイント1円ですが、ローソンの「Loppiお試し引換券」を使うと、お茶、お酒、コーヒー、お惣菜、ヨーグルト、お菓子、カップ麺などの多様な商品と交換できます。

この交換レートが激烈にお得となっており、dポイント1ポイントで1.5~3円相当の商品と交換できます。

特に酒類が充実しているので、お酒を飲む方にとってdポイントは驚異的にお得なポイントです。

Loppiお試し引換券に交換できるのはPontaポイントというイメージが強いですが、dポイントでもPontaポイントと同じポイント数で利用できます。

いちいちPontaポイントに交換しなくても、dポイントを使ってLoppiお試し引換券を利用可能です。便利です^^

Loppi

カードを読み込むと画面中央に表示される「クーポンを発券する」の「一覧から発券する」から、Loppiお試し引換券を発行できます。

Pontaポイントと同様にLoppiお試し引換券を使えるのはナイスです。非常にお得なレートでローソンの商品と交換できます。

Loppiにdポイントカードを通すと、会員画面が出ます。画面中央に「クーポンを発券する」という欄があるので、そこの「一覧から発券する」をタッチするとジャンルから選べます。

Loppiのdポイントカード会員画面Loppiお試し引換券の商品交換画面お試し引換券で交換した商品Loppiお試し引換券で交換したビール・ハイボールLoppiお試し引換券で交換した商品

面倒に感じる方も多いと思いますが、ローソンの端末をピコピコとタッチすればOKです。簡単で時間は1~2分しかかかりません!

一度やってみたら次からはお気軽にサクッと交換できます。Loppiお試し引換券については以下で徹底解説しています。

Loppiお試し引換券(ロッピーお試し引換券)とは、ローソンの店頭にある端末「Loppi」で、Pontaポイント・dポイントと多様な商品を交換...

ドコモユーザーの場合は、dポイントPonta(ポンタ)と相互交換・利用ができます。

dポイントからPontaポイントに交換する場合は、5,000 dポイント→5,000 Pontaポイントとなります。交換手数料として250 dポイントが必要となります。

つまり、5,250 dポイント→5,000 Pontaポイント、または10,250 dポイント→10,000 Pontaポイントとなります。

Pontaと交換すると、ローソン、高島屋、ケンタッキー、GEO、昭和シェル石油などのPonta加盟店でもポイントが使えるようになります。

Pontaポイントについては以下で徹底解説しています。

Ponta(ポンタ)という大手共通ポイントサービスがあります。Tポイント、楽天ポイントと並ぶ日本三大共通ポイントの一角です。Pontaは、...

オリコプリペイドカードへのチャージ

「オリコプリペイドカード」というVisa/Mastercardブランドのプリペイドカードに、オリコポイントをチャージすることもできます。

国内外のVisaかMastercard加盟店でクレジットカード同様に利用できるプリペイドカードです。

500オリコポイントから1ポイント単位で交換可能です。1オリコポイント=1円のレートでチャージできます。一度の交換の上限は49,000ポイントです。

オリコカード利用で得たオリコポイントをオリコプリペイドカードにチャージして利用すると、更に利用金額の0.25%が得られます。

オリコカードザポイントとオリコプリペイドカード

例えば通常の1%の還元率で得たオリコポイントをオリコプリペイドカードにチャージして使うと、更に利用金額の0.25%のキャッシュバックがあります。

合計還元率は1.0025%(1%+1%の0.25%)になります。

オリコは「オリコプリペイドカード」(Orico Prepaid Card)を発行しています。国内外のVisaかMastercard加盟店でクレジットカード同...

オリコカードのポイントは会員サイトでサクッと簡単に交換できます。他のポイントに交換する際には、安全のためにSMSでの認証があります。セキュリティがしっかりとしていて安心できます。

オリコカードのポイント交換の際のSMS認証

オリコポイントの詳細

オリコカードにはオリコポイントと暮らスマイルというポイント制度があります。ポイントが2つに分かれていて、やや把握に時間がかかり...

他社はポイントの交換比率などで改悪が相次いでいますが、オリコポイントは目立った改悪がなく、ポイントの価値を大事にしているクレジットカードと評価できます。

お得で便利なトラベルサポート

海外リゾート

オリコカード ザ ポイントは、海外旅行のお得な情報やサービスを日本語で受けられる海外デスク(世界51都市)を利用できます。

また、万が一の事故などのトラブル時に電話で相談できる24時間海外緊急ホットラインなどが利用できます。具体的なサポート内容は下表のとおりです。

ジャンル サポート内容
インフォメーション 最新の観光・ショッピング情報
オプショナルツアーの案内
ホテルの案内
現地通貨レートの案内
レストランの案内
空港の案内
スポーツ観戦情報
フライトスケジュール情報
ショーやイベントの最新情報
各種交通機関の案内
リザーベイション ホテルやレストランの予約
オプショナルツアーの予約
レンタカーの予約
航空券の予約
スポーツ観戦チケットの予約
リムジン送迎の予約
ショー・イベントの予約
観光ガイドの手配
エステやマッサージなどの予約
緊急支援 事故・トラブル時のアドバイス
現地の医師・病院の案内
パスポート、トラベラーズチェックの紛失・盗難時の手続き案内

また、海外・国内のパッケージツアー、レンタカー、ホテル予約、格安航空券などが割引になるお得なサービスもあります。所要な特典を解説します。

オリコパッケージツアー割引

オリコ旅行センターで各旅行会社のパッケージツアーに申し込むと、同行者も含めて3%~8%OFFとなります。同伴者も対象なのは嬉しいですね!

海外旅行、国内旅行の両方で豊富なラインナップ。JALパック、ANAハローツアー・ANAスカイホリデー、クラブメッド、H.I.S.・JTB・日本旅行のパックツアーが割引になります。

日本旅行の海外旅行パンフレット

レンタカーをオンライン予約で5~20%OFF

事前に下記の海外レンタカー会社サイトのオンライン予約ボタンから予約して、オリコカードで決済すると、オリコカード限定の優待料金になります。

  • ハーツレンタカー:5%OFF
  • ダラーレンタカー:15%OFF

日本国内では基本料金5~20%OFFで利用できます。

レンタカー会社名 割引率
ニッポンレンタカー 約5%OFF
日産レンタカー 5%OFF
オリックスレンタカー 5%OFF
タイムズカーレンタル 5%OFF
三菱レンタカー 20%OFF

Wi-Fiレンタル料金の割引

トラベラーズWiFiのモバイルルーターのレンタル料金が5%OFFとなります。

ポストでの受け取り・返却も可能なので、深夜・早朝便でも安全・安心です。

手荷物宅配

JALエービーシー(手荷物無料宅配)

自宅、オフィス、ホテルなどの指定の場所から空港まで、旅行の荷物を配送できます。また、海外から到着した際も空港から指定の場所へ届けることが可能です。

QLライナー、JALエービーシーで優待価格が受けられます。

海外お土産宅配

海外旅行の出発前に帰国時にお土産を自宅等に届けるように手配することができます。

お土産を買う時間が節約でき、荷物が増えないので手軽です。破損や、帰りの超過料金の心配もありません。

オリコカード会員特典として全品が15%OFFとなります。時折ジェフグルメカード1,000円分やエコバッグのプレゼント等のキャンペーンが開催されることがあります。

その他、各国際ブランド固有のキャンペーン・優待(JCBMastercard)も受けられます。

その他カード基本情報

締め日・支払日・利用限度額

支払いは原則として、毎月1日~末日の利用分を翌月27日に支払うことになります。返済方法は口座自動振替です。27日が土・日・祝の場合、支払日は翌営業日となります。

利用可能枠は10万円~300万円です。上限額はゴールドカードの上限、プラチナカードの下限並みにパワフルです。

オリコカードザポイントのショッピング利用可能枠増額のお知らせ

私の利用限度額は150万円となっています。ANA VISAワイドゴールドカードの1.5倍の高水準となっていてパワフルです。

オリエントコーポレーションが発行しているオリコカードというクレジットカードがあります。多種多様なラインナップが揃っています。...

2回払いも手数料無料

支払い方法は1回払い、分割払い、ボーナス一括払い、ボーナス併用払い、リボ払いです。

手数料率は2回払いも1回払い・ボーナス一括払いと同じく手数料無料です。

ただし、使い過ぎるのは止めましょう。特にこだわりがなければ通常の1回払いでOKです。

リボ払いは実質年率15.0%で、遅延損害金率は実質年率6.0%~14.6%です。

審査

資料を確認するビジネスパーソン

オリコカード ザ ポイントは、オリコカードが審査を行います。審査は厳しくない方であり、支払い遅延がない場合は発行される可能性が高いです。

安定的な収入があり、勤続年数が長いほど審査に有利。逆に収入が不安定で勤続年数が短いほど不利です。

とはいえ正社員でないと審査が厳しいクレジットカードではなく、主婦や学生でも作成可能です。

居住している家が、持ち家であると審査にプラス材料。家族の持ち家でもやや有利です。

これまで他のクレジットカードやカードローン、消費者金融、信販、リース、携帯電話の機種の分割料金等で遅延・滞納・延滞があった場合は、審査が厳しくなります。

遅延・滞納・延滞については、信用情報機関(CIC・JICC・全国銀行個人信用情報センター)で管理されており、「CRIN」というシステムで事故情報が共有されています。

パソコンを見ながら確認して書類に記入するOL

オリコカード ザ ポイントを作成する際は、オリコカードはこれらの信用情報機関を利用して審査します。

過去2年以内に延滞したり、過去5年以内に自己破産したなどの金融事故情報がある場合は、審査は厳しくなります。

2年や5年の期間を過ぎると記載は消滅するため、過去に事故がある場合は、この期間を過ぎるまで待つとオリコカード ザ ポイントを作れるようになる可能性があります。

消費者金融の利用履歴があっても返済が完了していたら審査を通過します。私は投資関連で資金繰りが綱渡りになることがあり、時折カードローンを利用します。

アコムの利用履歴がある状態でも、オリコカード ザ ポイントを発行できました。以下はCICに登録されている私の信用情報です。

アコムの信用情報

たとえ消費者金融の利用履歴があったとしても、迅速に返済して残債額が0円であれば、問題なくオリコカードの審査は通過します。

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)の封筒 (表面)

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)の台紙

審査において現在の借入金額は重要です。借入金額が年収を超えている場合は確実に審査が通りません。

また、キャッシング枠は 「年収の3分の1-借入金額」が上限となります。借入金額が多い場合は、キャッシング枠の審査に通らない可能性が増してきます。

カードの申込書に記載している項目は基本的には全て審査の内容となっています。

平日19時までにインターネットで入会を申し込むと、自動的に審査が行われて、短いと30分前後で簡易の審査結果がメールに届きます。

審査からカード発行までは最短で8営業日であり平均で2~3週間となっています。即日発行できるクレジットカードもありますが、オリコカードは審査は遅めとなっています。

キャッシング枠を希望する方は審査が厳しくなるので、カードを早めに発行したい場合は、キャッシング枠を0円にしましょう。

オリコアプリで請求額やポイントを簡単にチェック

スマホを見る女性

オリコアプリ(iPhoneAndroid)を利用すると、請求総額、最新の利用状況が確認できます。また、オリコポイントや暮らスマイルのポイント照会もできます。

アプリの下の方のアイコンから、オリコモール、キャンペーン情報、ポイント交換画面へも簡単にアクセス可能です。

自動ログイン設定をすると、2回目以降はID・パスワードの入力なしにログインできるので便利です。

指紋認証・顔認証などの生体認証も利用できるので、セキュリティを高めつつ、数字を入力することなく指紋認証でサクッとログインできて快適です。

オリコカード ザ ポイント以外のオリコカードで貯まる暮らスマイルをオリコポイントへ移行する手続きもアプリ内で行えます。

デメリット

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)の裏面

オリコカード ザ ポイントは年会費無料でポイント高還元とメリットが大きいカードですが、デメリットもごく僅かながらあります。

ポイント交換が必要

オリコカード ザ ポイントは貯めたポイントを直接は使えず、他のポイントや商品に交換する必要があります。

「ポイント交換の手間はかけたくない」という場合は、自動キャッシュバックのクレジットカードがおすすめです。

もしくは、直接、リアルの店舗やネットショッピングにて1ポイント1円で使えるポイントが貯まるクレジットカードがいいでしょう。

ポイントの有効期限

オリコポイントの有効期限は1年間となっています。最近はポイントの有効期限は2年間というクレジットカードも多い中で1年なのはデメリットです。

しかし、オリコポイントは500ポイントから交換できるので、このデメリットは大きな話ではありません。

500ポイントは一般加盟店でも年間50,000円(1ヶ月あたり約4,200円)、Amazon等のオリコモール対象のネット通販なら最低で年25,000円(1ヶ月あたり約2,100円)以上の利用で貯められます。

ネットショッピングのときにオリコモールを経由していればボーナスポイントがザクザクと貯まるので、すぐに500ポイントは貯まります。

一般加盟店でも、ケータイ・インターネット料金、電気・ガス・水道などの公共料金、ネット通販をオリコカード ザ ポイントで支払っていれば、月4,200円はすぐに届きます。

よりポイントの有効期限が長く、年会費無料で基本還元率1%のクレジットカードとしては、JCB CARD Wがあります。39歳以下の方が発行できるカードです。

年会費が無条件で無料でポイント還元率も高く、お得なクレジットカードの代表例が、JCB CARD W、Orico Card THE POINT(オリコカードザ...

旅行傷害保険がない

国内旅行傷害保険・海外旅行傷害保険がないこともオリコカード ザ ポイントのデメリットです。

しかし、使う機会があるようでない保険が色々と付いているよりも、保険なしでその分、年会費無料で高還元の方がよいとも言えます。

旅行保険はありませんが、紛失・盗難・インターネットでの不正利用の際には補償されます。この補償があれば個人的には問題ないと考えます。

年会費無料の旅行傷害保険が自動付帯するカードは他にあります。そういうカードをサブカードで持てば問題ありません。

おすすめはBooking.comカード、エポスカード、横浜インビテーションカードです。無料で最高2000万円の海外旅行保険が付きます。異なるカード会社が発行しているカードは、死亡・高度障害以外の補償は上乗せされます。

「Booking.comカード」というクレジットカードがあります。いつでも1%還元でキャッシュバックが受けられて競争力が高いカードです。B...
エポスカード(EPOS CARD)という丸井のクレジットカードがあります。サブカードとして利用すると最高にお得なカードです。マルイでの...
横浜インビテーションカード(ハマカード)というクレジットカードがあります。年会費無料で自動付帯の海外旅行傷害保険がついてくるの...

他のクレジットカードとの比較

他のオリコカードとの比較

オリコカードには多種多様な種類があります。その中でも特にオトクなのは、コストパフォーマンスが高いオリコカード ザ ポイントです。オリコカードの中で人気No.1となっています。

オリコカードの人気ランキング

1位Orico Card THE POINT、2位Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDは多くの時期で不動となっており、人気を博しています。

オリコカード ザ ポイント以外には、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDOrico Card THE WORLDも人気が高いカードです(オリコカードの種類)。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

Orico Card THE WORLD(オリコカードザワールド)

年会費が上がる代わりに充実した特典がついてきます。これら3つのカードの比較は下表のとおりです。

カード名 Orico Card THE POINT Orico Card THE POINT-
PREMIUM GOLD
Orico Card THE WORLD
年会費(税抜) 永年無料 1,839円 9,243円
国際ブランド Mastercard、JCB Mastercard、JCB Mastercard
電子マネー iD・QUICPay(カード一体型) iD・QUICPay(カード一体型) iD・QUICPay(カード一体型)
ポイント還元率 一般加盟店 1.00% 1.00% 1.00%
海外 1.00% 1.00% 2.00%
オリコモール 2.0%~ 2.5%~ 2.0%~
iD・QUICPay 1.00% 1.50% 1.00%
リボ払い 1.00% 1.50% 1.00%
海外旅行傷害 利用条件 - 自動付帯 自動付帯
死亡・後遺障害 - 2,000万円 5,000万円
傷害治療費用 - 200万円 200万円
疾病治療費用 - 200万円 200万円
携行品損害 - 20万円(自己負担3千円) 100万円(自己負担3千円)
賠償責任 - 2,000万円 2,000万円
救援者費用等 - 200万円 200万円
国内旅行傷害 死亡・後遺障害 - 最高1,000万円(利用付帯) 最高5,000万円(利用付帯)
国内外航空機遅延保険 乗継遅延 - - 3万円
欠航搭乗不能 - - 3万円
手荷物紛失 - - 10万円
ショッピング保険 - 最高100万円(自己負担1万円) 最高100万円(自己負担1万円)
空港ラウンジ - -
手荷物無料宅配 - -
その他付帯特典 オリコ一般カード特典 Mastercardゴールドカード特典
Orico Club Off
オリコ一般カード特典
Mastercardゴールドカード特典
オリコ一般カード特典

一般カードのTHE POINTと格安ゴールドカードのプレミアムゴールドの違いについては、以下で精緻に比較しています。

オリコが発行している高還元率のクレジットカードがあります。「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)です。また、年会費1...

おすすめのオリコカードについては、以下で徹底解説しています。

オリコというクレジットカード会社があります。正式な社名は株式会社オリエントコーポレーションです。オリコのクレジットカードは「...

オリコカードの種類一覧の中で最強のオリコカードはやはりプラチナカードですが、年会費無料カードでも秀逸なコストパフォーマンスを発揮しています。

オリコカードを2015年6月に発行してから使い倒しています。オリコカードは良い評判・口コミと、興味が無いという評判・口コミに2分さ...

オリコカードには、高級レストランでコース料理2名以上利用で1名分が無料になるビジネス・ゴールドカードもあります。

たったの年2,000円(税抜・初年度無料)でこの特典が利用できるのがメリットです。個人に対して与信されるのでサラリーマンでも申し込めます。

個人事業主(フリーランス)となったら、法人を設立したら、まず検討するのがビジネスカード・法人カードですよね。クラウド会計ソフ...

以前オリコカードに取材して、EX Gold for Bizの魅力について聞き倒しました。

EX Gold for Biz(エグゼクティブゴールドフォービズ)というクレジットカードがあります。オリコのビジネスカードです。たったの年会...

ライバルのネット通販がお得なクレジットカードとの比較

天秤での比較

オリコカード ザ ポイントよりも、年会費無料でネット通販がお得なカードがあるのでは?と気になりますよね。

そこでオリコカード ザ ポイントと同じく、ネット通販でポイントアップがあるVIASOカードと比較してみました。VIASOカードは三菱UFJニコスが発行しているクレカです。

主要なネット通販の総合還元率(基本ポイント+ボーナスポイント)は下表のとおりです。

ネット通販サイト名 オリコカード ザ ポイント VIASOカード
Amazon 2.00% 1.00%
楽天市場 1.50% 1.50%
Yahoo!ショッピング 2.00% 1.50%
LOHACO 2.50% 2.50%
ベルメゾンネット 2.00% 1.50%

基本的にはVIASOカードよりも、オリコカード ザ ポイントの方が還元率が高いです。

一般の加盟店での還元率も、オリコカード ザ ポイントが1%なのに対して、VIASOカードは0.5%に留まっています。

オリコカード ザ ポイントは、他社のネット通販がお得なクレジットカードよりも、ネット通販が高還元のカードです。

ただし、VIASOカードは、ポイントが自動的にキャッシュバックされるというメリットがあります。

他のクレカでは、かつてはAmazon限定で還元率1.8%だったリーダーズカードが改悪されており、還元率は1.32%まで低下してメリットがなくなりました。

Amazonが発行しているAmazon Mastercardクラシックは、Amazonでの利用が還元率1.5%になるだけで通常の還元率は1%ですので、オリコカード ザ ポイントの方が圧倒的にお得です。

現在はAmazonをよく使う方でもオリコカード ザ ポイントが有力候補です。

ただし、Amazonプライム会員になる場合は、Amazon Mastercardゴールドという選択肢もあります。

Amazonにはクレジットカードがあります。Amazon Mastercardクラシック、Amazon Mastercardゴールドの二種類です。一般カードのクラシ...

AmazonゴールドカードにはAmazonプライム(年4,900円)が無料でついてくるので、4,000円(税抜)の年会費の実質負担は無料となります。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんは、おすすめのゴールドカード、メインカードとしてAmazon Mastercard ゴールドを挙げていらっしゃいました。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...
インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

なお、オリコカード ザ ポイントを保有して、オリコモールを経由すると決済はオリコカードでなくても1.0%のオリコポイントが得られます。

オリコモールを経由してAmazonカードで決済すると、クラシックは2.5%/3%、ゴールドは3.5%還元になります。

  • Amazon Mastercardクラシック:1.5%/2.0%のAmazonポイント+1.0%のオリコポイント
  • Amazon Mastercardゴールド:2.5%のAmazonポイント+1.0%のオリコポイント

クレジットカードが増えてもよい場合は、Amazonでのお買い物は、Amazonカードとオリコカード ザ ポイントの二刀流がお得です。

Amazonは言わずと知れた大人気の総合ネット通販サイトですね。ヘビーユーザーという方も多いでしょう。せっかくAmazonでお買い物する...

オリコカード ザ ポイントとAmazonカードの相違点については、以下で精緻に比較しています。

Amazonは言わずと知れた大人気の総合ネット通販サイトですね。ヘビーユーザーという方も多いでしょう。せっかくAmazonでお買い物する...

その他、ネット通販でお得になるクレジットカードについては、以下で徹底解説しています。

ネット通販が日を追うごとに便利になってきていますね。大抵のものはネットで気軽に購入できます。お店を歩き回って探すのも楽しいで...

キャンペーン

オリコカード ザ ポイントは、豪華な新規入会キャンペーンを行っています。最大8,000ポイントとなっています。

キャンペーンの詳細については、以下で精緻に分析しています。

オリエントコーポレーションの人気No.1クレジットカードは、「オリコカード ザ ポイント」です。アルファベット名は「Orico Card THE ...

入会後もオリコカード ザ ポイントはお得なキャンペーンを定期的に開催しています。

オリコカードのメルマガ「e-Orico MAGAZINE」を受信していると、ログインするだけで1オリコポイントがもれなく当たるプレゼントが定期的に送られてきます。

1等として1000名に100オリコポイント、2等として2000名に50オリコポイント、それ以外の方は5ポイントがもらえたこともあります。

オリコカードのポイントプレゼントキャンペーン

誕生月にはバースデープレゼントとして、50~100オリコポイントプレゼントのメールが送られてきました。無条件でプレゼントはナイスです!

オリコカードのバースデープレゼント(オリコポイント100円分)

誕生月のオリコポイントのプレゼント案内メール

オリコカードをカラオケ館で提示して支払うと、室料が30%割引となるキャンペーンも開催されています。終了時期は予定なしとなっています。

また、動画サービス、カーシェアリング、ウォーターサーバーの契約などで優遇される特典が開催されたこともあります。

お得なキャンペーンが定期的に開催されており、上手く活用すると家計が助かります。

Orico Card THE POINTまとめ

オリコカード ザ ポイントは年会費無料の高還元カードがほしい方や、ネットショッピングでお得になるクレジットカードがほしい方にピッタリのクレジットカードです。

年会費無料のクレジットカードでコスト負担がなく、ネット通販の主要サイトでは原則として還元率2%以上となります。

ポイント還元率が高くてコストパフォーマンスに秀でており、1番人気となっているオリコカードです。

おすすめのMastercardの一角であり、年会費無料のマスターカードの中でもコスパ良好のハイ・クオリティー・カードです。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめの「ネット通販でお得なカード」としてOrico Card THE POINTを挙げられていました。

Delight JACCS CARD世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2...

入会から半年間はなんとポイント還元率が+1%となり、一般加盟店で2%、オリコモール経由でのネット通販では3%以上となります!

半年以内に大きな出費がある方、カード一体型のiD・QUICPayでお得に買い物したり食事したい方、キャンペーンでオリコポイントをゲットしたい方にも向いています。

以下の公式キャンペーンページからのご加入で、入会キャンペーンが適用されます。カード発行手数料・初年度の年会費は永年無料です。

公式サイトオリコカード ザ ポイント 公式キャンペーン

-クレジットカード, オリコカード

© 2014-2020 The Goal