The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

リクルートカードにMasterCardが登場!VISAとJCBとの違いを比較!

更新日: クレジットカード

リクルートカード(MasterCard)

リクルートカードにMasterCardブランドが2017年1月23日に光臨しました。これまではVISA・JCBでしたが、今後はMasterCardも選べます。より一層選択肢が広がります。

MasterCardのロゴが新しいタイプとなっており、斬新性・新規性が高くなっています。

重要な論点なのは3つの国際ブランドにはどのような違いがあるのかですね。そこでリクルートカードのMasterCard、VISA、JCBブランドの違いについて徹底的に比較します。


各国際ブランドの共通点

MasterCardブランドのリクルートカードの発行会社は、VISAと同じ三菱UFJニコスです。

三菱UFJニコスはJALカードにおいても、VISAブランドとMasterCardブランドの2種類(JALカード DCJAL東急カード)を発行しています。それと同じ取扱いとなります。

リクルートカードの年会費(無料)、ポイント還元率(1.2%)、貯まるポイント(リクルートポイント)など基本スペックは、どの国際ブランドでも同一です。

カード利用で貯まるリクルートポイントは、Pontaポイントに1対1で交換できます。Pontaポイントはローソンや大戸屋などの店舗で1ポイント1円で利用できます。

有効期限は最後のアクティベート(加算か減算)があってから1年であり、年1回以上利用していれば実質無期限です。

海亀

動物で例えると、長寿のシンボルである鶴や亀のようなポイントです。末永く貯めて使って活用していくことが可能です。Pontaポイントについては以下で徹底解説しています。

Pontaポイント(ポンタ)をザクザク貯める方法・お得な使い方まとめ
Ponta(ポンタ)という大手共通ポイントサービスがあります。Tポイント、楽天スーパーポイントと並ぶ日本三大共通ポイントの一角です...

リクルートポイント1ポイント毎に、Pontaポイント1ポイントに交換できます。しかもリアルタイムで即時に交換できます。

Pontaポイントは普通に使うと1ポイント1円ですが、ローソンにある端末「Loppi」で、20~330ポイントで多種多様な商品と代えられます。

この「Loppiお試し引換券」でPontaを使うと、1ポイント1.5~3円の価値が出ます。

つまり、リクルートカードの実質的な還元率が1.8~3.6%となります。詳しくは以下のエントリーにまとめました

超お得!Ponta(ポンタ)のLoppiお試し引換券を徹底解説
Loppiお試し引換券(ロッピーお試し引換券)とは、ローソンの店頭にある端末「Loppi」で、Pontaポイントと多様な商品を交換できる制度...

MasterCardとVISAの違い

 MasterCardのロゴ VISAのロゴ

MasterCardはVISAと同じ米国の国際ブランドであり、利用可能店舗が世界中にまたがっていて幅広いのが特徴です。

どちらにするか迷う方もいらっしゃるでしょう。違いを比較するのが重要ですね。

国際ブランドの差異の重要ポイントはチャージしてポイントが得られる電子マネーです。ここが違うことが多いです。

この点、リクルートカードの場合はVISAもMasterCardも基本的には同一です。nanaco(ナナコ)、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCAへのチャージがポイントの対象になります。

異なるのはApple Payです。au WALLET プリペイドカードへのチャージは同一の取扱いです。

リクルートカード(MasterCard)は、MasterCardブランドなので、au WALLETにクレジットカードでのチャージが可能です。

au WALLET プレイペイドカード

VISAの方も三菱UFJニコス発行のVISAクレジットカードなので、au WALLETへクレジットカードでのチャージが可能です。

ただし、au WALLET プリペイドカードへのクレジットカード・チャージはポイント付与の対象外となっています。

他方、auかんたん決済経由でau WALLET プリペイドカードにチャージした場合はポイント付与の対象となっています。

auかんたん決済は月1万円といった利用限度額(最高10万円)が設定されているのがマイナスポイントです。

Apple Payについては、VISAブランドは国際ブランドの制約で、Walletアプリ内でのSuicaチャージができず、かつインターネット・アプリでの決済に利用できません。

Apple PayでVisaはSuicaが使えない!JCB・MasterCard・アメックスは使える!ダイナースクラブは非対応
ついに日本でも始まった「Apple Pay」。当初はクレジットカードの国際ブランドのうち、JCB、MasterCard、アメックスが便利に使えます...

しかし、MasterCardにはこの制約はありませんので、リクルートカード(Mastercard)は、Apple Payをフルに活用できます。ただし、Suicaへのオートチャージはできません。可能なのはビューカード(MasterCard/JCB)のみです。


MasterCardとJCBの違い

 MasterCardのロゴ JCBのロゴ

リクルートカードにはJCBブランドもあります。JCBが発行しています。チャージがポイント対象となる電子マネーの種類、ETCカード、使える店舗数に違いがあります。

ETCカードの手数料

JCBはETCカードの発行手数料・年会費は無料です。

他方、MasterCardはETCカードの新規発行手数料(税込1,080円)が発生します。年会費は無料です。

電子マネー

JCBでは、電子マネーnanaco、モバイルSuicaへのチャージがポイントの対象になります。

MasterCardはnanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCAへのチャージでポイントが得られます。

MasterCardはnanacoへのチャージがポイント対象外というイメージがありますが、リクルートカードのMasterCardはチャージ可能です。

nanacoは固定資産税、自動車税、不動産取得税、国民年金、国民健康保険、所得税・住民税などを支払うことができます。nanacoについては以下で徹底解説しています。

電子マネーnanacoの使い方・クレジットカードのチャージで税金を支払う方法まとめ
nanaco(ナナコ)という電子マネーがありますね。セブンイレブン・イトーヨーカドー・デニーズなどのセブン&アイグループの店舗で...

これらの税金を支払う必要がある場合は、リクルートカードでのnanacoチャージがお得です。

年会費がかからないクレジットカードの中では、nanacoチャージで貯まるポイントの還元率で、リクルートカードの1.2%は最高です。

私もリクルートカードでnanacoチャージを積極的に行なっており、リクルートポイントを獲得しています。

リクルートカードのnanacoチャージ明細リクルートカードのポイント明細

リクルートカード以外でnanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカード、チャージの利用限度額、金券類の利用限度額を高くできるカードについては以下で徹底解説しています。

nanacoチャージに使えるクレジットカードの注意点! ポイントが貯まるカードを徹底解説
nanaco(ナナコ)というセブン&アイグループの電子マネーがあります。セブン-イレブン店頭で、国民年金保険料・健康保険料、固定...

また、MasterCardの方はApple Payを利用できます。JCBブランドのリクルートカードは使えません。

JCBのプロパーカードのJCBオリジナルシリーズはApple Payを利用できますが、リクルートカード(JCB)は対象外となっています。

JCBの方が勝っている点としては、QUICPay(nanaco)でセブンイレブンが1.7%還元になる点です。

QUICPay(クイックペイ)という事前のチャージが不要なポストペイ型の電子マネーがあります。ドコモのiDと似たJCBのサービスです。

使った金額は後日、登録したクレジットカードから引き落とされます。残高を気にする必要がないので利便性が高い電子マネーです。

nanacoカードにはQUICPayも搭載されています。QUICPayの登録をすると、QUICPayが使えるようになります。「QUICPay(nanaco)」という名前です。

nanacoカードの裏面

セブン-イレブンでnanacoカードに搭載されているQUICPayでお買い物すると、200円(税抜)ごとに1ポイントが貯まります。更にQUICPayに登録したクレジットカードのポイントも貯まります。

つまり、リクルートカードを登録したQUICPay(nanaco)は、セブン-イレブンで合計還元率1.7%(クレカの1.2%+セブン-イレブンで買い物時の0.5%)となります。

ただし、QUICPay(nanaco)よりも、クレジットカードでチャージしたnanacoでクオカードを買い、クオカードで支払った方がお得になります。

クオカードを徹底的に安く買う方法・無料で手に入れる方法まとめ
クオカード(QUOカード)というプリペイドカードがあります。コンビニ、ドラッグストア、ファミレス、書店、CD・DVDストア、ガソリンス...
クオカードのお得な使い方・無駄にしない方法・使えるお店まとめ
クオカード(QUOカード)というプリペイドカードがあります。加盟店で代金の支払いに利用できます。クオカードが使えるお店、お得な使い...

MasterCardブランドでも、クオカードを活用すればQUICPay(nanaco)よりもお得にセブンイレブンを利用できます。

カード名 QUICPay(nanaco) クオカード 差額
リクルートカード 1.7% 3.0% 1.3%

QUICPayでお買い物するには、店員さんに「クイックペイで払います」と言えば、店員さんが端末を操作してくれて、QUICPayで払えます。

QUICPay(クイックペイ)は、nanacoならポイント二重取りが可能!
QUICPay(クイックペイ)という事前のチャージが不要な後払い型の電子マネーがあります。ドコモのiDと似たJCBのサービスです。クイック...

電子マネーの利用可能額

JCBのリクルートカードは、ユーザーごとに「JCBギフトカード・鉄道回数券・電子マネーチャージなどの利用可能額」が設定されており、その範囲でnanacoチャージが可能です。

会員サイト「My JCB」のトップページの「ご利用可能額照会」を選択して、「JCBギフトカード・鉄道回数券・電子マネーチャージなどの利用可能額の照会はこちら」を選択します。

JCBギフトカード・鉄道回数券・電子マネーチャージなどの利用可能額の照会

すると、「JCBギフトカード・鉄道回数券・電子マネーチャージなどの利用可能額」が表示されます。この範囲内でnanacoチャージが可能です。私の場合は70万円でした。

リクルートカードのJCBギフトカード・鉄道回数券・電子マネーチャージなどの利用可能額

Visa/MasterCardのリクルートカードは、nanaco・楽天Edy等のチャージは月間20万円が上限となります。

使える店舗

使える店舗数の側面では、MasterCardは、世界中で加盟店が多いのがメリットです。地球上で幅広く使える圧巻の決済力があります。

JCB・アメックス・ダイナースクラブは海外では使えない加盟店も多く、結局サブカードとしてVISAかMasterCardを持たざるを得ません。

事実、クレジットカードの売上高の世界シェアは、Visaが56%で1位、MasterCardが26%で2位です(NILSON REPORT 2016年4月)。この2つで約82%と圧倒的なビッグ2となっています。飛車角です。

  1. Visa:56%
  2. MasterCard:26%
  3. UnionPay(銀聯):13%
  4. Amex:3%
  5. JCB:1%
  6. DinersClub/DISCOVER:1%

Mastercard/VISAとJCBの違い

リクルートカードのMastercardブランドとVISAブランドは三菱UFJニコスが発行しているので、MUFG銀聯カードを発行できます。中国に長期滞在する場合は便利です。

MUFGカード 銀聯カード

通常は本会員1,080円(税込)、家族会員324円(税込)の発行手数料が発生しますが、2018年6月30日までのキャンペーン期間中は無料となります。

有効期限が切れる際の更新時、再発行時の発行手数料は通常通り有料となります。

銀聯カード利用時のポイント還元率は、本体のリクルートカードと同じ1.2%です。

JCBブランドのリクルートカードの方は銀聯カードは発行できません。

まとめ

リクルートカード(MasterCard・VISA・JCB)

リクルートカードにMasterCardが登場して、日本で人気が高い3つの国際ブランドをもれなくカバーする体制となりました。

Apple Payではエッジ・優位性があります。これらをよく利用している方ですと、MasterCardに魅力が出てきます。

最後にMasterCard、VISA、JCBの違いをまとめると下表のとおりです。

項目 MasterCard VISA JCB
au WALLETへのチャージ クレジット・チャージ可能(ポイント対象外)
auかんたん決済でのチャージ可(ポイント対象)
-
Apple Pay ネット・アプリ決済
WalletアプリでのSuicaチャージが可能
左は不可 -
その他ポイント付与の電子マネー nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA nanaco、モバイルSuica
電子マネーチャージ上限 月20万円 ユーザーによる
ETCカードの手数料 発行手数料1,080円・年会費無料 発行手数料・年会費無料
QUICPay(nanaco) -
使える店舗
銀聯カード -

なお、ビューカードと同様に国際ブランドの切り替えはできず、変更する場合は新規申し込み&解約となります。万が一の審査落ちリスクを回避するために、解約は新規カードが通ってからにしましょう。

その他、リクルートカードの共通点・カードスペックの詳細については、以下で徹底的に解説しています。

リクルートカードは実質還元率が1.8-3.6%!リクルートカードプラスは募集停止!メリット・デメリットまとめ
リクルートのクレジットカードは2種類ありました。年会費無料のリクルートカードと、年会費はかかるけど還元率が高いリクルートカード...

Apple Payを利用している場合は、MasterCardのリクルートカードが便利です。そうでない場合は、VISAかMasterCardかは好みとなります。

JCBはETCカードの発行手数料が無料なのがメリットです。ちなみにリクルートカードはVISAとJCB、MasterCardとJCBの2枚持ちは可能です。

ETCカードはJCB、その他の利用はMasterCardかVISAといった使い分けも可能です。

nanacoカード3枚

また、nanaco・楽天Edyのチャージの利用可能枠は、VISA/MasterCardとJCBの2枚を発行すると、それぞれ別枠となります。

電子マネーチャージの利用可能額を多く確保しておきたい場合は、2枚持ちが選択肢となります。

リクルートカードは新規入会で数千円分のポイントプレゼントのキャンペーンが行われています。

リクルートカード公式サイト

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-クレジットカード
-

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.