ダイナースグローバルマイレージ(マイル交換)が改悪!ANAマイルへの移行上限が半減!対策も徹底解説

更新日: ダイナースクラブ

ダイナースプレミアムのサービス改定の案内

ダイナースクラブカード、銀座ダイナースクラブカード、ダイナースプレミアム、ダイナースクラブ ビジネスカード、三井住友信託ダイナースクラブカードのポイントはマイルに交換可能です。

「ダイナースグローバルマイレージ」という制度であり、5つの航空会社のマイルに移行することが可能です。特にANAマイル、ユナイテッド航空のマイレージプラスが使い勝手が良好です。

しかし、2018年12月21日から、ANAマイレージクラブの年間移行マイル数の上限が4万マイルに改悪されました。

ダイナースグローバルマイレージの改悪内容

ダイナースクラブカードのサービス改定の案内

ダイナースクラブカードのポイントプログラムは、「ダイナースクラブ リワードプログラム」という名前です。

100円(税込)ごとに1ポイント貯まり、交換先キャッシュバック、カード利用代金への充当、各種商品券・共通ポイント、マイルへの交換、その他多様なアイテムがあります。

アメックスのメンバーシップ・リワードのポイントと似ています。2018年3月5日の新システム移行の後、はポイント付与の仕組み(1回ごとにポイント付与)も同一となります。

ダイナースクラブカードのポイントは、下表の航空会社のマイルに移行できます。

航空連盟 航空会社名
スターアライアンス ANA、ユナイテッド航空
スカイチーム デルタ航空、アリタリア-イタリア航空、大韓航空

マイルへ移行するには「ダイナースグローバルマイレージ」への加入が必要です。年会費は6,000円(税抜)です。

マイルに移行する時だけ会員になり、移行後は退会すれば、6,000円(税抜)の費用を払う年を少なくすることができます。

ダイナースのブラックカードであるダイナースクラブ プレミアムカードは、ダイナースグローバルマイレージの手数料が無料です。

ダイナースクラブ プレミアムカード(ダイナースプレミアム)

2018年12月20日まで、ANAマイルへのポイント移行は、年間80,000マイルが上限でした。年間移行マイル期間は12月21日~翌年12月20日(受付分)です 。

しかし、2018年12月21日からは、ANAマイルの交換の上限が年40,000マイルに半減します。-50%というインパクトのある数字です。

平ダイナースクラブは年400万円(1ヶ月あたり約33.3万円)、プレミアムカードは年200万円(1ヶ月あたり約16.7万円)の利用分までをANAマイルに移行できます。

ANAの飛行機

それ以外の航空会社(デルタ航空、ユナイテッド航空、アリタリア-イタリア航空、大韓航空)へのマイル移行は年10万マイルが上限です。

こちらは改悪はなくスペックは据え置きとなっています。

ユナイテッド航空の飛行機

年間移行マイル集計期間はANAマイルとは異なり、2月1日~翌年1月31日に設定されています。

ポイントからマイルへの移行期間、年間移行マイル数の上限は航空会社によって異なります。

航空会社名 プログラム名 年間移行限度 所要日数
全日本空輸(ANA) ANAマイレージクラブ 8万→
4万マイル
通常5営業日以内
デルタ航空 デルタスカイマイル 10万マイル 通常2週間以内
ユナイテッド航空 マイレージ プラス 10万マイル 通常2週間以内
アリタリア-イタリア航空 クラブ・ミッレミリア 10万マイル 通常2週間~1ヵ月半以内
大韓航空 スカイパス 10万マイル 通常2週間~1ヵ月半以内
合計 48万→44万マイル

多くの路線で必要マイル数が少ない傾向にあるのは、ANAとなっています。しかもサービスのクオリティが良好であり、いつも素晴らしいフライトが可能なのが、日本を代表する航空会社の真骨頂です。

ANAに取材する機会があり、飛行機の出発と到着、そこでなされている取組み、空港でのサービス、空港のオフィスでのお仕事について伺っ...

特典航空券が取りづらいのがデメリットですけれども、基本的にはANAマイルへの交換がおすすめです。それ以上のポイントを得られる場合は、次はユナイテッド航空がおすすめです。

国内線ではANAより少ないマイル数でANA便に搭乗でき、国際線は必要マイル数がANAより多いものの、比較的取りやすいのが大きなメリットです。

那覇空港に駐機するANAとスターアライアンスの飛行機

従来は1年間で合計48万マイルまでマイルに移行できましたが、これが44万マイルに減少します。

44万マイルは平カードだと4400万円、プレミアムカードなら2200万円の利用で貯まる数字ですので、ほとんどの方には問題ない上限です。

ただし、デルタ、アリタリア-イタリア、大韓航空は使い勝手が今ひとつという方も多いでしょう。

ANAマイルに移行できるのは年4万マイル迄で、スターアライアンスでANA国内線搭乗にも利用できるユナイテッド航空のマイレージプラスには年10万マイルまで交換できます。

日本で使い勝手が良い2社のマイルに限定した場合、ダイナースグローバルマイレージでは合計で年14万マイルまでポイントを移行できます。

平カードだと年1400万円(1ヶ月あたり約116.7万円)、プレミアムカードなら年700万円(約58.3万円/月)の利用分までマイルに移行できます。

ANAマイルの4万マイルだけだとプレミアムカード会員にとって強烈な改悪となりますが、ユナイテッド航空のマイレージプラスでもOKと許容できる場合は、依然としてダイナースクラブ リワードプログラムはお得です。


ユナイテッド航空のマイレージプラスの活用方法

ユナイテッド航空のマイレージプラス Premier 1Kのタグ

2018年12月21日以降のダイナースグローバルマイレージで極めて重要なのは、ユナイテッド航空のマイレージプラスの活用です。

この点、わが国を代表する翼であるANAと同じ航空連合「スターアライアンス」の一員であるユナイテッド航空のマイルは、ANAのフライトにマイルを使えるので使い勝手が良好です。

日本国内ではANA国内線の搭乗に使うことが可能です。800マイル以下の路線は片道5,000マイルだけでOKであり、800マイル以上でも片道8,000マイルで発券できます。

東京発着路線では、800マイルを超えるのは沖縄(那覇・宮古・石垣)だけです。ほとんどのANA国内線を片道5,000マイルで利用できます。

大阪発着路線の場合は関空→石垣だけであり、名古屋発着路線は那覇・石垣だけです。

12時間以内の乗り継ぎが発生する場合でも同じマイルで搭乗できるのがメリットです。例えば、秋田→羽田→大阪というフライトが5,000マイルで可能です。

ストップオーバー(12時間以上の滞在)を行う場合は、片道の特典航空券が必要となります。

しかも、マイレージプラスの国内線の特典航空券は、出発地と最終目的地の間の距離で計算されます。したがって、沖縄にタッチしていても、東京・大阪・名古屋→那覇→福岡ならばOKです。

やるかどうかは別にして、5,000マイルで2区間・3区間をフライトすることも可能です。各地で12時間の滞在を楽しめます。一例は以下のとおりです。

  • 羽田→那覇→福岡→関空
  • 羽田→伊丹→新千歳→静岡
  • 羽田→松山→名古屋→新潟

沖縄の海博多とんこつラーメン大阪王将

ただし、2019年11月14日までは、搭乗の3週間前以降の直前予約は75ドルの手数料が発生するのがデメリットです。手数料はドル建てなので円安になればなる程負担が増えます。

ドル円
(USD/JPY)
手数料 ドル円
(USD/JPY)
手数料
75.0 5,625 107.5 8,063
77.5 5,813 110.0 8,250
80.0 6,000 112.5 8,438
82.5 6,188 115.0 8,625
85.0 6,375 117.5 8,813
87.5 6,563 120.0 9,000
90.0 6,750 122.5 9,188
92.5 6,938 125.0 9,375
95.0 7,125 127.5 9,563
97.5 7,313 130.0 9,750
100.0 7,500 132.5 9,938
102.5 7,688 135.0 10,125
105.0 7,875 137.5 10,313

マイレージプラスはユナイテッド航空だけではなく、スターアライアンス加盟航空会社の好きな特典旅行券とも交換できます。

  • 10,000マイル~: 国内線往復特典航空券
  • 25,000マイル~:グアム、サイパン、パラオ往復特典航空券
  • 30,000マイル~:アジア往復特典航空券
  • 45,000マイル~:オーストラリア往復特典航空券
  • 50,000マイル~:ハワイ往復特典旅行航空券
  • 70,000マイル ~:北米往復特典航空券

ユナイテッド航空マイレージプラスの有効期限は、ANAやJALとは異なり無期限です。

デルタ航空スカイマイルと同様に、生涯に渡って失効する心配がありません。

ユナイテッド航空のマイレージプラスというと馴染みがない方が多いと思いますが、このようなスペックに鑑みると日本人にとっても有用なマイルと評価できます。

ダイナースグローバルマイレージでANAマイルに交換しきれなかったポイントは、ユナイテッド航空のマイルに使うことをおすすめします。

本格的にユナイテッド航空のマイルを貯める場合は、クレジットカード「マイレージプラスカード」の活用がおすすめです。

1年半の間に1回使えば、保有している全マイルの有効期限が延びるので、有効期限が実質的に無期限となります。お得な有効期限が無期限のクレジットカードの筆頭です。

一般カードの中でおすすめのマイレージプラスカードは、 MileagePlusセゾンカードです。

MileagePlusセゾンカード

追加年会費5,000円(税抜)のマイルアップメンバーズを利用すると、合計年会費が6,500円(税抜)で、一般加盟店でのマイル付与率が1.5%と高還元となります。

年間30,000マイル(約300万円の利用)を超えると0.5%になってしまいますが、多くの方は問題ないでしょう。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめの「マイル・航空系カード」としてMileagePlusセゾンカードを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

実はマイレージプラスセゾンカードは、クレディセゾンの社員の保有率が高いクレジットカードです。社員が殺到するようなカードはお得です。

マイレージプラスセゾンカードというクレジットカードがあります。ユナイテッド航空のマイル(MileagePlus)が貯まるのが特徴です。年会...

お得にフライトすることが可能になり、家計が頑健化します。トラベルを豊かに彩ることができます。

コスモ石油では還元率が2%に上がります。アメックスブランドの場合はアメリカン・エキスプレス・コネクトを利用できます。

また、全国の西友・リヴィンで5%OFF(毎月5日・20日)、会員限定チケットなどセゾンカードの共通特典を利用できます。

マイレージプラスカード セゾン 公式サイト

ダイナースクラブ リワードプログラムは依然としてお得

ダイナースプレミアムのサービスインフォメーション

ダイナースグローバルマイレージのANAマイルへの交換で改悪がありました。

その他2018年12月16日の利用分から、総合病院等大型病院、有料道路通行料金、ETC利用料金、保険料、プロバイダー等通信料、電話・携帯通話料、有料放送サービスの還元率が0.5%に低下します。

ダイナースプレミアムも同様です。JALダイナースカード、デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード、MileagePlus ダイナースクラブファースト/カードはこれまで通りの還元率です。

改悪が目立つ改定となっていますが、私は依然としてダイナースクラブ リワードプログラムはお得なポイントだと考えます。

ANAマイルとユナイテッド航空のマイルの二刀流によって、年14万マイルに交換できます。

ポイントの有効期限は無期限でパワフル。1年や2年、長くて5年というカードが多い中で無期限はナイスです。

ダイナースクラブカードのクラブガイド

ダイナースクラブカードのポイントを航空マイルに移行する場合、1,000ポイント→1,000マイルのレートでの交換となります。 なんと1対1のレートで交換できます!

アメックスのメンバーシップリワードのポイントはANAの場合1対1ですが、それ以外の航空会社は1対0.8になってしまいます。この点はダイナースにエッジ・優位性があります。

マイル付与率1%です。マイルの価値を1マイル1.5円と考えると還元率1.5%、1マイル2円と考えると還元率2%です。

TIAT LOUNGEの窓からの眺め(ANAの飛行機)

会員サイト「クラブ・オンライン」にログイン後、「リワードプログラム」→「ダイナースグローバルマイレージ移行」と進み、画面の案内に沿って手続きすれば交換できます。

ダイナースクラブカードの会員サイト(ダイナースグローバルマイレージ移行への動線)

具体的な手順・方法の詳細は以下で解説しています。

ダイナースクラブカードの利用で貯まるポイント「ダイナースクラブ リワードポイント」は、航空マイルへの交換が最もお得です。なんと...

マイルは価値にレバレッジがかかるのが魅力的です。特典航空券へ交換すると、1ポイントの価値が数円に昇華します。

ビジネスクラスで利用すると1マイルの価値は2.5~5円程度、ファーストクラスだと8~16円程度に跳ね上がります。

ダイナースクラブポイントアップ加盟店では、ボーナスポイントが1%つき、合計で2%還元となります。全国のホテルやレストランが特約店となっています。

国際線のビジネスクラス・ファーストクラスでマイルを利用すると、ダイナースクラブポイントアップ加盟店では、驚異的な高還元となります。

米国本土やヨーロッパへのファーストクラスで利用して、1マイル16円で使ったらなんと、平台ナースは16%・プレミアムカードは24%という圧巻の還元率に昇華します。

クラス 1マイルの価値(目安) 平ダイナース プレミアムカード
普通席 1.5円 1.50% 2.25%
1.6円 1.60% 2.40%
1.7円 1.70% 2.55%
1.8円 1.80% 2.70%
1.9円 1.90% 2.85%
2円 2.00% 3.00%
ビジネスクラス 2.5円 2.50% 3.75%
3円 3.00% 4.50%
4円 4.00% 6.00%
5円 5.00% 7.50%
6円 6.00% 9.00%
ファーストクラス 7円 7.00% 10.50%
8円 8.00% 12.00%
9円 9.00% 13.50%
10円 10.00% 15.00%
11円 11.00% 16.50%
12円 12.00% 18.00%
13円 13.00% 19.50%
14円 14.00% 21.00%
15円 15.00% 22.50%
16円 16.00% 24.00%

有効期限がないのでファーストクラスを目指してコツコツとマイルを貯めることもできます。これは嬉しいですね^^

ただし、マイルの改悪に憤慨している方もいらっしゃるでしょう。他社の場合、ここ数年間、改悪がないクレジットカード会社があります。

近年ではクレジットカードのポイント還元率やマイル交換において、改悪が相次いでいます。加盟店手数料の下方圧力、キャッシング方面...

まとめ

ダイナースクラブカード、銀座ダイナースクラブカード、ダイナースプレミアム、ダイナースクラブ ビジネスカード等のポイントは、「ダイナースグローバルマイレージ」でマイルに交換可能です。

5つの航空会社のマイルに移行することが可能で、特にANAマイル、ユナイテッド航空のマイレージプラスが使い勝手が良好です。

ダイナースクラブの紹介

2018年12月21日から、ANAマイレージクラブの年間移行マイル数の上限が4万マイルに改悪されます。

しかし、スターアライアンスでANA国内線搭乗にも利用できるユナイテッド航空のマイレージプラスには年10万マイルまで交換できます。

日本で使い勝手が良い2社のマイルに限定した場合でも、ダイナースグローバルマイレージでは合計で年14万マイルまでポイントを移行できます。

平カードだと年1400万円(1ヶ月あたり約116.7万円)、プレミアムカードなら年700万円(約58.4万円/月)の利用分までマイルに移行できます。

ANAマイルの4万マイルだけだと手痛い改悪となりますが、ユナイテッド航空のマイレージプラスでもOKと許容できる場合は、依然としてダイナースクラブ リワードプログラムはお得です。

ダイナースは人生がもっと楽しくなる特典が満載であり、新しい地平へ雄飛できる機会を手に入れられます。一度使ったらもう手放せません。

私は入会前と入会後では、生活の豊かさが圧倒的に変わりました。サービスを利用したり、イベントに参加することで、それまでになかった体験が可能になっています。

ダイナースクラブ フランスレストランウィーク ガラディナーの会場天井

ダイナースクラブはブランド名のルーツでもある「ダイニング」に設立当初から注力しており、卓越したダイニングのサービス・イベントが満載です。

日本の食文化の発展に寄与すると共に、会員の声に応えてくれる充実したサービスが魅力的です。本物のこだわりを持ち、ステータスを語るクレジットカードです。

ダイナースクラブ フランスレストランウィーク ガラディナーのドアオープン前の食事台

ダイニング関連ではレストラン・ウィークというイベントを定期的に開催しており、美食が捗ります。

ダイナース会員は先行予約が可能だったり、ドリンクサービス等を受けられます。最大のイベントはフランスレストランウィークです。

2019年もダイナースクラブ フランス レストランウィークが開催されます。秋の2019年9月20日(金)~10月6日(日)の17日間、全国のレスト...

実際にガラディナーに参加したところ、大満足のクオリティで幸せに包まれました。

ダイナースクラブカードは「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク」を毎年開催しています。全国各地のフランス料理屋さんで...

春には銀座での多様なジャンルの名店がお得に楽しめる銀座レストランウィークが開催されます。

ダイナースクラブカードは春と秋の年2回、「銀座レストランウィーク」というイベントを開催しています。2019年も例年通り第一弾目が春...

夏には全国のイタリアンがお得になるダイナースクラブ イタリアンレストランウィークも開催されています。「VIPremio Dining」というダイナース会員限定のプランもあります。

ダイナースクラブカードは「レストランウィーク」というイベントを定期的に開催しています。春の「銀座レストランウィーク」に続いて...

私はダイナースクラブに入会してカードをフル活用することで、人生の質が著しく向上しました。

ダイナースに入会してから、ダイナースクラブカードを使い倒しています。人生初のブラックカードはダイナースプレミアムでした。ダイ...

草喰なかひがし、銀座 小十、フロリージュ、日本料理 龍吟、青空など至高の予約困難店でキャンセルが出た席を予約できるダイニングサービスもあります。

「ダイナースクラブ ごひいき予約」というダイニング特典が開始して、2019年9月に「ごひいき予約.com」にリニューアルしました。草喰...

TRUST CLUB プラチナ マスターカードとほぼ同じ「ダイナースクラブ コンパニオンカード」をサブカードとして無料で保有できます。

ダイナースクラブ コンパニオンカード

ダイナースクラブに加えてプラチナMastercardの特典を利用でき、二刀流で便利に支払えます。

ダイナースクラブカードは幾多の特典があるハイ・クオリティーカードです(ダイナースクラブカードの種類)。特に大きいメリットは以下のとおりです。

豊富なベネフィットに鑑みると、年会費を超える価値があると評価できます。

ダイナースはステータスが高いクレジットカードの筆頭であり、他社クレカと比較すると年会費が高くなっています。年会費無料のダイナ...

ANAダイナースカード

コース料理1名分無料サービスの利用可能店舗数は競合サービスと比較すると多く、ダイニングに強みがあるダイナースらしくなっています。

対象レストランの一例としては、「重慶飯店 麻布賓館」があります。燕の巣入りフカヒレの姿煮、アワビ、ロブスター、和牛サーロインといった卓越した素材をお得に堪能できます。

ダイニング・アクセスの特典を利用して、重慶飯店 麻布賓館を利用しました。フレンチスタイルで味わう、老舗の本格中華料理です。六本...

また、トスカーナ料理のジャッジョーロ銀座があり、秀逸なイタリアンをお得に堪能できます。

「ジャッジョーロ銀座」という銀座のイタリアンのお店があります。野菜、パスタ、メインディッシュを好みに合わせて選べるクラシカル...

エグゼクティブ・ダイニングは、誕生日や記念日のディナーや会食がお得になって捗ります。店舗一覧、サービス内容の詳細は以下にまとめています。

ダイナースクラブカードには所定のコース料理を2名以上で予約すると1名分が無料になるサービスがあります。「エグゼクティブ・ダイニ...

ダイナースクラブカードの具体的なスペック、審査の基準については以下で徹底解説しています。

ダイナースクラブカードというクレジットカードがあります。高いステータス、国内外350空港850ヵ所以上の空港ラウンジサービス、高級...
ダイナースクラブカードは、審査が厳しいことで有名なクレジットカードです。しかし、クレジットカードの審査は全体的に徐々に緩くな...

以前にダイナースの五十嵐 幸司 代表取締役社長に取材しました。充実の特典、高いステータスの秘訣、クラブメンバーシップ・哲学など多様な角度で聞き倒しています!

三井住友トラストクラブはダイナースクラブカード、TRUST CLUBカード(Visa・Mastercard)を発行しています。ダイナースクラブカード...

ダイナースクラブはまさに「人生を彩るクラブ」であり、ダイナースクラブカードは本物のこだわりを語るステータスカードです(おすすめのダイナース一覧)。

年会費無料のクレジットカードが満ち溢れている中で、年会費は高いですけれども、生活に満足をもたらすラグジュアリー・カードです。

保有して活用していくと、お得な特典で生活を豊かに彩ることができます。人生が眩い程に煌めきます。

公式サイトダイナースクラブカード 公式キャンペーン

銀座でのオリジナル特典が魅力的な銀座ダイナースクラブカード航空系カードとダイナースの特典が融合したANAダイナースカードJALダイナースカードもあります。

ダイナースを保有して使っていくと、ブラックカードであるダイナースクラブ プレミアムカードのインビテーションが届く可能性がある点も大きなメリットです。

ダイナースクラブ プレミアムカード

ダイナースプレミアムはマイル付与率1.5%~2.0%、24時間365日対応のコンシェルジュ、数多くのプレミアムカード限定特典など至高のベネフィットがあります。

まさに「溢れる生命力と優雅さが調和」「最高のバリューの結晶」と評価できるハイ・クオリティー・カードです。

ダイナースクラブ プレミアムカードの詳細については、以下で徹底的に解説しています。

ダイナースクラブ プレミアムカードというクレジットカードがあります。「ダイナース プレミアム」と称されており、幾多のクレジット...

ダイナースのブラックカードの入手方法については、体験に基づいて以下で精緻に分析しています。インビを待たずに獲得することも可能です。

ダイナースプレミアムというクレジットカードがあります。ダイナースクラブカードの最上級カードです。ダイナースクラブ プレミアムカ...

ダイナースクラブ プレミアムカードにはANAダイナースプレミアムなどの提携カードもあります(ダイナースのブラックカード一覧)。いずれも年会費を取り戻せる高級カードです。

オメガのスピードマスター60周年記念イベントが開催され、ダイナースプレミアムの保有者から2名が参加でき、お声がけいただくことができました。

オメガ スピードマスター60周年記念イベントの招待状

俳優の三浦翔平さんも出席しており、プライベートで愛用している「スピードマスター グレーサイド オブ ザ ムーン メテオライト」を腕につけて登場なさっていました。

オメガ スピードマスター60周年記念パーティー

その他、超有名アイドル、スポーツ選手、著名人がいて、セレブで凄いの一言でした。セレブが参加しているイベント・パーティーで、シャンパンや美味しい食事を堪能できました。

2017年はオメガのスピードマスター60周年となります。それを記念したイベントが全世界で開催されています。日本では6月6日に記念イベ...

ダイナースプレミアムを保有して、興味がある分野についてコンシェルジュとコンタクトを取っていれば、このようなスペシャルなイベントに招待される機会が生じてきます。

ブラックカードならではのお金では買えないプライスレスの貴重な体験が可能です。高級カードの醍醐味です。

ダイナースプレミアムのコンシェルジュ経由で参加したオメガの60周年記念イベント オメガの60周年記念イベントのお寿司オメガの60周年記念イベントの白ワイン

知り合いは高級車のパーティー・イベントに招待されたそうです。ダイナースならではの傑出したイベントで特筆に値します。

将来的にブラックカードを視野に入れている場合は、ダイナースクラブカードが有力です。アメックス・センチュリオンは年3000万円近い利用が必要という説があり、一般人にはハードルが高いです。

また、アメックス・センチュリオンは年会費が350,000円(税抜)と高過ぎて、コストパフォーマンスの側面では今ひとつです。

ダイナースのブラックカードであるダイナースプレミアムは、コスパの観点では随一のブラックカードです。一般加盟店でのマイル付与率1.5%~2.0%は日本最高です!

一般加盟店で日本最高峰の1.5%~2.0%マイル還元であり、お得な有効期限が無期限のクレジットカードの筆頭です。

ハードルもそれ程高いわけではありません。平凡なサラリーマンである私でも手が届きました。

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードを保有して一定程度の金額を利用していくと、ダイナースクラブ プレミアムカードのインビテーション獲得に着実に近づきます。

1~2年ほど一定金額を利用すれば、たとえインビテーションが来なくても、突撃(自分から電話)での獲得は十分に可能だと考えます。

ダイナースクラブカードは豊富なキャンペーンや会員イベントが魅力的なハイ・クオリティ・カードです。人生を豊かに彩ることができ、人生がまばゆい位に煌めきます。

公式サイトダイナースクラブカード 公式キャンペーン

ANAダイナースカードは大量のマイルを得られる破格のキャンペーンが魅力的です。

ANAダイナースカードというクレジットカードがあります。ダイナースクラブがANAと提携して発行しているクレジットカードです。年会費...

-ダイナースクラブ
-

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.