ANAマイレージクラブ モバイルプラスは楽天Edyがマイル3倍でお得!メリット・デメリットを徹底解説

サイト運営費用を賄うための運営ポリシー

ANAマイレージクラブ モバイルプラス

ANAマイレージクラブ会員は「ANAマイレージクラブ モバイルプラス」という制度に加入できます。

楽天Edyの利用で貯まるANAマイルが1.5%の高還元となるのが最大のメリットです。

また、国内線特典航空券やSUPER VALUE PREMIAMU等が一般販売より2日早く予約可能、グローバルWi-Fiのレンタル料毎月1回1日分無料などのメリットがあります。

デメリットはコストが発生する点です。ANAマイレージクラブ モバイルプラスのメリット、デメリット、お得な使い方について徹底的に解説します。

楽天Edy利用時のANAマイル還元率が1.5%に!

ANAマイレージクラブ モバイルプラスの月会費は300円(税抜)であり、1年間では3,600円(税抜)となります。

ドコモ・au・ソフトバンクの契約者が加入できます。支払い方法は以下の通りです。

  • NTTドコモ:SPモード決済(ahamoは対象外)
  • au、Povo2.0:auかんたん決済
  • SoftBank、LINEMO:ソフトバンクまとめて支払い

格安スマホ・SIM・MVNOの契約者は加入できないのがデメリットです。

ANAマイレージクラブ モバイルプラスに入会すると、楽天Edyの利用で得られるANAマイルが3倍(200円あたり3ANAマイル)になります。

マイル付与率1.5%はパワフルな還元率であり、モバイルプラスのメイン・ベネフィットです。

ANAマイレージクラブ モバイルプラスの楽天Edy特典の解説

2018年3月31日利用分までマイル3倍は上限なしでしたが、2018年4月1日利用分からは月間最大2,000マイルまでとなります。

とはいえボーナスの1%が2,000マイルに達するのは月20万円ですので、大多数の方には問題ないでしょう。

Androidのおサイフケータイ、Edy機能付きANAカード、ANAマイレージクラブ Edyカード(新規発行終了)での支払いが対象となります。

富士通のSIMフリーのおサイフケータイ

ANAマイレージクラブ Edyカードは現在は新規発行が停止されています。既存のカードは継続利用が可能です。

ANAマイレージクラブカード

おサイフケータイを持っていない場合は、Edyが搭載されているANAカードでの利用が候補となります。

ソラチカカードとANA VISAワイドゴールドカード

年間3,600円(税抜)のコストをかけても加入すべきか否か、お得かどうかが気になりますよね。

ANAマイレージクラブ モバイルプラスに加入すると、Edy利用時のマイル付与率が+1%となります。

1マイル2円と考えると、税抜で月15,000円(年180,000円)利用すると、年間で1,800マイル多く獲得でき、1マイル2円で3,600円お得になる算段となります。

消費税が10%になったあとは税込で3,960円のコストが発生するので、年198,000円利用すれば税金分もペイします。

これ以上の金額を確実に使う場合、月会費が発生してもなお加入した方がお得になります。

Edy利用額(月)1マイルの価値
1.5円2円2.5円3円
10,0001,8002,4003,0003,600
15,0002,7003,6004,5005,400
20,0003,6004,8006,0007,200
30,0005,4007,2009,00010,800
40,0007,2009,60012,00014,400
50,0009,00012,00015,00018,000
60,00010,80014,40018,00021,600
70,00012,60016,80021,00025,200
80,00014,40019,20024,00028,800
90,00016,20021,60027,00032,400
100,00018,00024,00030,00036,000

マイルは価値にレバレッジがかかるのが魅力的です。特典航空券へ交換すると、1ポイントの価値が数円に昇華します。

国内線特典航空券で利用すると1マイルの価値が1.5円~2円程度、国際線のビジネスクラスだと1マイル2.5~5円程度、ファーストクラスなら7~16円程度に跳ね上がります。

マイルをビジネスクラスやファーストクラスに利用する場合は、月16,200円使わなくても加入するのも選択肢です。

なお、楽天Edyはマイル付与の単位が200円であり、それ未満の端数は切り捨てられます。したがって、上の表のマイル数は切り捨てなしに効率的に獲得した場合です。

視点を変えてマイルをいくらで購入したのかという「マイル単価」で見ると、下表のとおりです。

Edy利用額増加マイル年間コストマイル単価
10,000120,0001,2003,8883.24
15,000180,0001,8003,8882.16
16,200194,4001,9443,8882.00
20,000240,0002,4003,8881.62
30,000360,0003,6003,8881.08
40,000480,0004,8003,8880.81
50,000600,0006,0003,8880.65
60,000720,0007,2003,8880.54
70,000840,0008,4003,8880.46
80,000960,0009,6003,8880.41
90,0001,080,00010,8003,8880.36
100,0001,200,00012,0003,8880.32

大雑把には月2万円以上Edyを使う場合は、ANAマイレージクラブ モバイルプラスへの加入に妙味が出てくると考えます。

なお、楽天Edyには「Edyマイルプラス」という制度があります。

対象店舗で楽天Edyで支払いをすると、200円あたり1マイルが上乗せされます。対象店舗の目印は以下のステッカーです。

Edyマイルプラス

ANAマイレージクラブ モバイルプラスに加入している場合でもEdyマイルプラスは適用されるので、対象店舗では合計で2%還元(200円あたり4マイル)となります。

Edyマイルプラス対象店は、マツモトキヨシ、紀伊國屋書店、大丸・福岡天神店、エスカ地下街(名古屋駅新幹線口)です。

JQ CARD エポスゴールドやANAカードとの併用がお得

ANAの飛行機

ANAマイレージクラブ モバイルプラスでの1.5%のANAマイル還元は利用時の話です。

一部のクレジットカードは楽天EdyへのチャージでANAマイルを得ることができます。

訴求力の高いマイル二重取りが可能です。将棋において飛車だけよりは飛車・角の方が強いのと同様に、マイルも一つだけよりは二つ獲得できる方が嬉しいですね。

ANAマイルの還元率を最大化する観点では、Edyチャージに使うクレカは、JQ CARD エポスゴールドか一部ANAカードがおすすめです。

JQ CARD エポスゴールド

JQ CARD エポスゴールド

JQ CARD エポスにはゴールドカード「JQ CARD エポスゴールド」があります。

エポスゴールドカードとJQカードの魅力を融合させたクレジットカードです。年会費無料で利用できます。

年100万円ちょうど利用した際には、ボーナスポイントと合わせて1.5%還元となります。

JRキューポはGポイントに交換できるので、JQセゾンみずほルートGポイント永久不滅ポイント→ANAマイルと交換すると、1対0.7のレートでANAマイルに移行できます。

つまり年100万円ぴったり利用した際のマイル付与率が1.05%となります。100万円超の利用分は0.35%です。

また、ポイント3倍のショップによく使うお店を登録すると、ポイントが最大3倍になります。

「JR西日本」を選択すると、SMART ICOCAもポイント3倍にすることが可能です(※モバイルICOCAApple PayのICOCAは対象外)。

ポイント3倍のお店を登録する方法まとめ!エポスゴールドカード・プラチナカードの「選べるポイントアップショップ」特典
エポスゴールドカード、エポスプラチナカードには多様なベネフィットが付帯しています。その中の一つが、3つのお店までポイン...

年100万円ぴったりポイント3倍のお店(3つまで選択可能)だけで使った場合、なんと1.75%ANAマイル還元です。

なお、JALマイルの場合でも最大1.5%還元となり、JALマイルがお得に貯まるクレジットカードの1枚です。

更にANAマイレージクラブ モバイルプラスに加入した場合、月300円(税抜)のコストで、おサイフケータイ、Edy機能付きのANAカードでのEdy払いが1.5%マイル還元となります。

年間維持コストは3,600円(税抜)です。モバイルプラスはドコモ、au、ソフトバンクの回線契約が必要で、MVNOだとNGなのがデメリットです。

ANAカード

つまり、年100万円ぴったりJQカード エポスゴールドをEdyチャージに利用し、かつモバイルプラスに加入してEdy払いに使ったら2.55%ANAマイル還元となります。

年間ボーナスを含めない場合は、Edyチャージ時の0.35%+モバイルプラスの1.5%で合計1.85%となります。

その他、JQ CARD エポスゴールドの詳細については、以下で精緻に分析しています。

JQ CARD エポスゴールドは驚異的なANAマイル還元!メリット・デメリット・エポスゴールドカードとの比較
エポスカードが発行しているJQ CARDにはゴールドカードもあります。エポスカードの種類の中では提携ゴールドカードで、「JQ C...

デメリットは改悪リスクがある点です。Edy一体型AMCの発行を終了しており、ANAのEdyに対するコミットの温度感は低下しています。

ANAモバイルプラスのEdy1.5%マイル還元、JRキューポの交換システム、エポスゴールドの年間ボーナスに改悪リスクがあります。

JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARDエポスを作成して年50万円以上利用したら、インビテーションが届く可能性があります。

なお、通常のエポスカードを持っている方は、JQ CARDエポスに切り替えることが可能です。

JQ CARDエポスの入会キャンペーンはたったの2,000円相当ですが、通常のエポスカードは紹介制度で2,500円以上となります。

したがって、まずはエポスカードを作成して、そこからJQ CARDエポスに切り替えることをおすすめします。

エポスポイントの交換先にJRキューポがある画面

エポスポイントとJRキューポは相互交換できるので、エポスカードのポイントはJQ CARDエポスに引き継がせることが可能です。

エポスカードはネット限定でお得な入会キャンペーンを開催しています。「おしごと」の下にある「ご紹介番号」に「24040195569」をご入力いただくと、更に紹介特典で500ポイントが上乗せされます。

公式サイトエポスカード 公式キャンペーン

一部のANAカード

ANAカードのうち、一部のANAワイドゴールドカードANAカード プレミアムは楽天Edyへのチャージで0.5%のANAマイルを得られます。

一般加盟店では1%以上のマイル付与率の場合でも、Edyチャージに関しては一律で0.5%となります。

カード名運営企業国際
ブランド
年会費
(税抜)
ANA JCB ワイドゴールドカードJCBJCB14,000円 
ANA JCB カードプレミアムJCBJCB70,000円
ANA VISAプラチナ プレミアムカード三井住友カード Visa80,000円
ANAダイナースカード三井住友トラ
ストクラブ
Diners
Club
27,000円
ANAダイナース プレミアムカード155,000円

JQ CARD エポスゴールドよりは還元率が低下しますけれども、これらのANAカードをメインカードとして活用している場合は、Edyチャージに活用するのも選択肢です。

ただし、ダイナースのブラックカードであるANAダイナースプレミアムの場合、クレジット決済で2%のANAマイルを得られます。

マイル付与の単位は月間利用額に対して100円ごとなので、1回の会計ごとに200円未満が切り捨てられるEdyよりも格段に有利です。

Edyマイルプラスの対象店舗以外では、ANAダイナースプレミアムの場合はクレジットカード払いの方が有利です。

少額のリボ払い手数料が発生するように工夫すれば、なんとマイル付与率が3%となります。こちらならEdyマイルプラスでもクレジット決済の方がお得です。

ダイナースプレミアムのポイント制度は秀逸!還元率が日本一!オリジナルの交換商品も
ダイナースクラブのブラックカードは「ダイナースクラブ プレミアムカード」という名前です。「ダイナースプレミアム」と略さ...

レギュラーカードも含めたダイナースのポイント共通の貯め方・使い方は以下をご参照ください。

ダイナースクラブカードのポイント 2024!マイルがお得な使い方でおすすめ交換先
ダイナースクラブカードは類稀な高級カードであり、アメックスと双璧をなす存在となっています。ステータスカードとなると、...

楽天Edy以外の特典

ANAマイレージクラブモバイルプラス

ANAマイレージクラブ モバイルプラスは、Edy利用時のマイル3倍以外にもメリットがあります。

対象の航空券の先行予約

「ANA国内線特典航空券」「いっしょにマイル割」「ANA SUPER VALUE PREMIUMが一般販売より2日早く予約・購入できます。

人気路線の旅割を確実に抑えたい場合などは重宝します。

また、ANAオリジナルの壁紙などの限定コンテンツもあります。

マイルのANA SKY コインへの交換レートが優遇

通常は1 ANAマイルを1 ANA SKYコインに交換できますが、ANAマイレージクラブモバイルプラス会員なら最大1.5倍の専用レートで交換できます。

  • 1~9,999マイル→1~9,999コイン(1倍)
  • 1万マイル→12,000コイン(1.2倍)
  • 2万マイル→26,000コイン(1.3倍)
  • 3万マイル→42,000コイン(1.4倍)
  • 4万マイル→60,000コイン(1.5倍)

ANA SKY コインは、ANAのWebサイトで航空券・旅行商品の支払いに10コイン単位(10円分相当)で利用できる電子クーポンです。1コイン1円の価値があります。

具体的には、国内線航空券、国際線航空券、国内旅行商品、海外旅行商品の支払いに利用できます。ANA SKYコインと料金の差額はクレジットカードで支払えます。

マイルでの特典航空券とは異なり、プレミアムポイントが貯まるのでSFC修行に役立ちます。修行においては、貯めたマイルをANA SKYコインに交換して使うと経済的です。

ジャンル利用対象備考
国内線航空券ANA国内線の個人運賃航空券・他社運航の場合は、ANA便名のコードシェアのみ対象
・ビジネスきっぷ、いっしょにマイル割等は対象外
国際線航空券日本サイトで購入可能なANA国際線すべての公示運賃航空券・ANA便名の国内線乗り継ぎ区間も対象
・他社便名および他社乗り継ぎが含まれる航空券は対象外
国内旅行ANA SKY WEB TOURの商品・国内ホテル(@ホテル)、国内レンタカー(@レンタカー)、ANA一休パックは対象外
海外旅行ANA SKY WEB TOURの商品・ホテル&オプションは対象外
・本人が同行しない場合はメールか電話での連絡が必要

ANA SKY コインの有効期間は交換月より、12カ月目の末日になります。例えば、3月1日に発行した場合は、翌年3月31日まで有効となります。

ANA SKY コインの有効期限内に航空券を購入した場合、航空券はそれぞれの有効期限内で利用できます。なお、2名以上のANA SKY コインを合算することはできません。

マイルを国内線搭乗に使う場合は路線・時期によっては、ボーナスマイルなどを考慮すると特典航空券よりもANA SKYコインの方がお得になる場合があります。

としては、旅割を一般販売より1日早く予約・購入可能、コーヒー1日1杯無料、ワイン月1杯無料、グローバルWiFi月1日分無料、オリジナルコンテンツなどがあります。

グローバルWiFiのレンタル料金 無料

フライト当日に対象の「グローバルWiFi」サービスカウンターで、Wi-Fiルーターを4日以上レンタルいただくと、毎月1回1日分のレンタル料が無料になります。

空港での当日の申込で在庫がある場合に適用されます。各種割引・クーポンなどとの併用は不可となります。

対象店舗

  • 成田空港 第1ターミナル 南ウィング4F、北ウィング4F、第2ターミナル
  • 羽田空港 第3ターミナル
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港 第1ターミナル
  • 福岡空港
  • 伊丹(大阪国際)空港

海外旅行にWi-Fiルーターを持っていく場合で、事前予約で抑えておきたい場合は使えないのがデメリットです。

ちなみにビジョンの株主優待では、グローバルWiFi利用券がもらえます。

ビジョンの株主優待(グローバルWi-Fi割引)

株主優待の投資はSBI証券で行なっています。1日定額プランの場合、現物取引50万円・制度信用取引50万円・一般信用取引50万円=合計1日150万円まで手数料無料で売買可能!

SBI証券はリーズナブルな取引手数料以外にも、一般信用取引、IPO、PTS取引、充実の商品ラインナップ、充実の投資情報など多数のメリットがあります。

SBI証券を19年使ったブログ的口コミ!メリット・デメリット・使い方を解説
幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多くのメリットがある証...
SBI証券に取材インタビュー!あんなこともこんなことも最新情報を聞き倒しました!
幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット...
SBI証券に突撃取材インタビュー2018!株式・投信・サポート体制・つみたてNISA・その他最新情報を聞き倒しました!
  数多くのオンライン証券の中で日本で一番人気のネット証券はSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット証...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと3,000円分で、ネット証券としては破格の内容です。

SBI証券のタイアップキャンペーン

口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券は1000万円までは銀行預金のような公的な保護(投資者保護基金)があるので安心・安全です。銀行預金と同じで万が一破綻しても保護されます。

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

blank

手数料の安さを重視する場合は、SBIネオトレード証券の活用も検討し得ます。

SBIネオトレード証券はネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストである点が絶大なメリットです。手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

現在はお得なキャンペーンを開催しています。

SBIネオトレード証券 公式キャンペーン

岡三オンラインは1日定額プランだと、現物取引50万円、信用取引50万円までは手数料がそれぞれ無料です(1日最大100万円)。

岡三RSSなどの取引ツール、事前入金不要のIPOが魅力的なネット証券です。

岡三オンラインのタイアップキャンペーン

老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三オンラインに取材!気になる最新情報をインタビューしました!Vol.1
岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券...
岡三オンラインに取材!気になる最新情報をインタビューしました!Vol.2
創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン」に取材したインタビューの続きです。取引ツール...

岡三オンラインは、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン

-キャッシュレス決済, 電子マネー, ANAマイル
-,