SDGsの活動への取り組み

SDGs

The Goal(以下、当サイト)は国連加盟国が取り組んでいる「世界を変えるための17の目標」である「SDGs(エスディージーズ)」の達成に向けて、微力ながら貢献できるよう努めてまいります。

当サイトは全人類にとってより良い持続可能な未来を築けるよう、貧困・不平等・気候変動・環境・公正など、人々が直面するグローバルな諸課題の解決を目指します。

SDGsとは

SDGsの正式名称は「Sustainable Development Goals」であり、「持続可能な開発目標」という意味です(国連の解説ページ)。

SDGsは2015年9月の国連サミットで全会一致で採択されました。「世界を変えるための17の目標」と「169のターゲット(具体目標)」で構成されています。

国連加盟国が2030年までに達成を目指している目標であり、21世紀の世界が抱える課題を包括的に挙げられています。

SDGsの目標

日本政府はSDGs推進本部において、「SDGsアクションプラン2019」を策定しました。

また、外務省 国際協力局は、SDGsを通じて、豊かで活力ある未来を創ることを目標に、「持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けて日本が果たす役割」を発信しています。

The Goalが取り組んでいるSDGsアクションプラン

当サイトはSDGsの目標達成に微力ながら貢献するために、1・2・3・8・12・13・15の達成に向けた取り組み・活動を展開しています。

貧困に終止符を打つ・飢餓をゼロに・人々の健康的な生活を確保・福祉を推進

あらゆる場所であらゆる形態の貧困に終止符を打ち、世界から飢餓をなくし、人々の健康的な生活を確保し福祉を推進するための活動のため、チャリティーに寄付しています。

日本赤十字社に寄付し厚生労働大臣感謝状を頂きましたが、今後も継続的に貧困・飢餓・健康的な生活に対して活動する慈善団体に寄付いたします。

厚生労働大臣感謝状

包摂的かつ持続可能な経済成長、雇用およびディーセント・ワークを推進

現役世代の人々すべてにとって重要な雇用機会とディーセントな雇用環境の提供のため、自己の収入を犠牲にして取引先などに対して大きな金額の寄与を行っております。

ダイバーシティの推進・次世代の教育振興に取り組み、すべての人々が前進を共有できるよう、民主主義的社会を下支えする基本的な社会契約の発展に寄与し、質の高い仕事に人々が就ける条件の整備に貢献してまいります。

持続可能な消費と生産のパターンを確保

資源効率と省エネの促進、持続可能なインフラの整備、環境に優しい仕組みの導入、人々の生活の質的改善を目指します。

徹底的なフードロスのカット・エシカル消費に取り組み、食料関連のエネルギー消費と廃棄物の発生による環境への悪影響の抑制のために活動しています。

温室効果ガス排出量を抑制し、エネルギー消費が効率的になる仕組みを導入します。

気候変動に対する対策

海面は上昇し、異常気象はますます激しくなり、温室効果ガスの排出量は現在、史上最高水準に達しています。

二酸化炭素素(CO2)排出量の抑制、地球環境のサステナビリティを考慮し、事業活動において以下の方針を遵守します。

  • クールビズ・ウォームビズの実施
  • 夏は28度・冬は20度にエアコンの温度を設定
  • LED照明を採用
  • オフィス不在時は電気を消灯(自動消灯システムの導入)

森林の持続可能な管理・砂漠化防止への対処

地球の表面積の30.7%を覆う森林は、食料の安定確保と住処の提供、気候変動の抑制、生物多様性と先住民の居住地の保護に重要な役割を果たしています。

森林破壊と砂漠化を可能な限り防ぐため、以下の活動に取り組みます。

  • 書類は可能な限りデジタル化
  • 徹底的なペーパーレス
  • ごみの分別・リサイクルの貫徹
  • 海洋プラスチックごみ問題の解決推進・代替素材の採用
更新日:

© 2014-2020 The Goal