ライフカードの最新ガイド2019!誕生月に使うとポイント1.5%還元!メリット・デメリットまとめ

更新日: クレジットカード ライフカード

ライフカード

ライフカードというクレジットカードがあります。誕生日の月の1ヶ月間ポイント3倍になり、還元率が日本最高峰となるカードです。

以前は誕生月はポイント5倍でしたが、改悪されて3倍に低下しました。しかし、年会費無料なので、依然として誕生月のお買い物用に保有するだけでお得なクレジットカードです。

ライフカードのポイント、メリット・デメリット、お得な使い方についてまとめます。2019年最新版です。

ライフカードとは

ライフカードとは、昭和27年10月27日創業で50年以上の歴史があるライフカード株式会社が発行しているクレジットカードです。決済ブランドはVISA、Mastercard、JCBの三種類です。

VISAとMastercardは、世界中で利用できるのが大きなメリットです。地球上で幅広く使える圧巻の決済力があります。

JCB・アメックス・ダイナースクラブは海外での利用時は使えない加盟店も多く、結局サブカードとしてVISAかMastercardを持たざるを得ません。

事実、クレジットカードの売上高の世界シェアは、Visaが50%で1位、Mastercardが26%で2位です(NILSON REPORT 2018年4月)。この2つで約76%と圧倒的なビッグ2となっています。飛車角です。

  1. Visa:50%
  2. Mastercard:26%
  3. UnionPay(銀聯):20%
  4. Amex:3%
  5. JCB:1%
  6. DinersClub/DISCOVER:1%

ライフカードの年会費は、本会員・家族会員のいずれも無料です。お得なクレカであれば年会費がかかっても止むを得ませんけれども、できれば無料の方が嬉しいですね!

ETCカードも発行手数料・年会費無料です。有料のクレカもある中で無料なのはナイスです。

年に1回以上のETCカードの利用がない場合は、翌年は年会費がかかるカードもありますが、ライフカードは永久無料です。

ただし、2017年7月以降はポイント対象外に改悪されました。ライフカードでETCカードを使っても1円たりとも得しない点に注意が必要です。

カードの年会費・ETC発行手数料・年会費がいずれも無料で、ポイント還元があるクレジットカードを使う方がお得です。

ポイント

紙袋を持つショッピング中の女性

基本還元率

一般の加盟店でライフカードを利用すると、1,000円につきLIFEサンクスプレゼント1ポイントが付与されます。1ポイント5円相当なので基本的には還元率0.5%です。

公式には1,000円につき1ポイントとされていますが、実は0.1ポイント単位でつけてくれるので、100円の買い物で0.1ポイント貯まります。

実際に500円使ったところ、しっかりと0.5ポイントが得られました!

ライフカードの利用明細と獲得ポイント

携帯電話・電気・水道・ガス・インターネット・NHK受信料・放送料金の支払時も、もちろんポイントが付与されます。

還元率0.5%は今ひとつの水準ですけれども、ライフカードはポイントアップの特典が豊富に用意されています。

年間利用額に応じてポイント増加

ライフカードに入会後の1年間は、ポイントが1.5倍となり、還元率は0.75%となります。

2年目以降は、年間のカード利用金額に応じて「ステージ」が決まり、次年度のポイントの還元率がアップします。

年50万円以上の利用で1.5倍の0.75%、100万円以上なら1.8倍の0.9%、年200万円以上の利用で2倍の1%となります。左は旧制度、右は新制度です。

ステージ
(前年の年間利用額)
ポイント
(還元率)
レギュラーステージ 1.0倍(0.5%)
スペシャルステージ(50万円以上) 1.5倍(0.75%)
新ステージ(100万円以上) 1.8倍(0.9%)
プレミアムステージ(200万円以上) 2.0倍(1.0%)

入会初年度はスペシャルステージと同じ還元率です。2年目以降は前年の年間利用額によって還元率が決まります。

洋服の青山を利用する場合は、ポイントをAOYAMAギフトカードに交換すると還元率が倍増します。

現在はETCカード利用分、nanacoチャージ、Edyチャージは年間利用額の加算対象外となっています。

年50万円以上の利用でボーナスポイント

ライフカードの年間利用金額が50万円以上になると、クレジットカードでの利用で得られるポイントとは別にボーナスポイントがもらえます。

300ポイント(1,500円相当)のボーナスとなります。ちょうど年間50万円利用すると、還元率が+0.3%となります。

誕生日の月はポイント3倍!

ハッピーバースデーのケーキ

ライフカードはいくらポイントアップの特典があるとはいえ、他の高還元クレカと比較するとインパクトは小さいです。

しかし、ライフカードは、誕生日の月のカード利用の場合、得られるポイントが3倍になります。なんと基本還元率1.5%です!

以前はポイント5倍でしたが、2017年3月27日に改悪がありました。詳細は以下にまとめています。

ライフカードというクレジットカードがあります。誕生月はポイント5倍で2.5%という高還元で人気がありました。また、得られるポイン...

誕生月のポイントアップがライフカードの最大のメリットです。リアルの店舗でも、ネット通販でも1.5%還元となります。

誕生月はステージ(前年の年間利用額)に応じたポイントアップはなく、スペシャルステージ以上でも利用金額に応じて得られるポイントは3倍となります。

還元率1.5%はパワフルです。AOYAMAギフトカードへの交換だとなんと3%で日本最高峰の還元率です。

メインカードは他の高還元カードを使うとしても、サブカードとしてライフカードを保有して、誕生日の月だけはライフカードを使うと最高にお得になります。

アーロンチェア

以前には誕生月にアーロンチェアをライフカードで買いました。約15万円でしたので大量のポイントを獲得できました!

誕生日の一ヶ月で50万円以上利用すると年50万円以上の利用となるので、1,500円分のボーナスポイントも付与されます。50万円ぴったりだと還元率1.8%です。

ライフカードで誕生日の月に自動車や家電の購入、海外旅行、引越し、結婚、出産、留学などの多額の支払いに使うと最高にお得になります。

税金の支払いも誕生月のポイント3倍の対象なので、固定資産税や住民税の納税で1.5%還元となります。

システム利用料が発生する場合がありますが、それでもなお、得することができます。

クレジットカード決済ができる自治体にふるさと納税をする場合、誕生月ならライフカードでの決済がお得です。

2015年にふるさと納税を実施しました。「Yahoo!公金支払い」経由でふるさと納税をするとTポイントを使えるため、貯まっていたTポイントを使って残りの端数をライフカードで支払いました。

しっかりと基本ポイントに加えてボーナスポイント(誕生月P)が付与されました!

ライフカードの利用明細(ふるさと納税)

カードの利用限度額を超える買い物の場合でも、分割払いにして全てライフカードで支払うという技もあります。

例えば、ライフカードの利用限度額が50万円で80万円の買い物をする場合、80万円を一度に支払うのではなく、50万円と30万円の2回に分割してもらいます。

そして、まず50万円をカードで支払い、利用明細に反映されたら50万円を指定口座に振り込んでライフカードに連絡します。

すると利用可能額の枠が50万円に戻ります。利用可能枠が戻ってから、再度30万円を支払うということができます。

支払先が分割払いに対応してくれる場合はかなりお得になります。

ショッピングする2名の女性

自動車保険、NHK受信料などについても、1年払いにする日を誕生月にできる場合は、誕生月にライフカードで支払うと2.5%もお得になります。

誕生月しかライフカードを使わなかった場合でも、カードの有効期限時に契約更新を拒否されることはありません。私は誕生月しか使っていませんが、問題なく更新できています。

また、誕生月に利用枠を使い切ってしまって、利用枠の増額を依頼したことがあります。この時も快く限度額を上げてくれました。

ポイントの交換先

Vプリカギフト

LIFEサンクスプレゼントの主要なポイント交換先は下表のとおりです。利便性の高い他社ポイント・金券類・マイルをまとめました。

2017年7月からはライフカードの改悪があり、ANAマイル、Gポイントへのポイント移行レートが悪化しました。

また、JCBギフトカード、図書カードNEXT、QUOカード、JTB旅行券、Amazonギフト券、Vプリカは10,000円以上のタイプが廃止されました。具体的には下表のとおりとなります。

ポイント交換先 最小単位 移行先 基本還元率 誕生月
ANAマイル 300 750 0.25% 0.75%
dポイント 300 1,500 0.50% 1.50%
au WALLETポイント 300 1,500 0.50% 1.50%
楽天スーパーポイント 300 1,500 0.50% 1.50%
Gポイント 300 1,200 0.40% 1.20%
ベルメゾン 300 1,500 0.50% 1.50%
ビットコイン 600 3,000 0.50% 1.50%
Vプリカ 590 3,000 0.51% 1.53%
980 5,000 0.51% 1.53%
Amazonギフト券 1,000 5,000 0.50% 1.50%
JCBギフトカード
・図書カードNEXT
QUOカード
・JTB旅行券(ナイストリップ)
1,000 5,000 0.50% 1.50%
AOYAMAギフトカードセット 1,000 10,000 1.00% 3.00%
三光マーケティングフーズお食事券 1,000 7,000 0.70% 2.10%
全国共通すし券 1,000 5,000 0.50% 1.50%
キャッシュバック 2,200 10,000 0.45% 1.36%

ポイントへの移行は300ポイントからできます。誕生日の月は10万円使うと300ポイント貯まります。誕生月に10万円使えば、すぐにポイントは交換できます

V-プリカは一度に交換するポイントが多ければ多いほど、交換できる金額がアップしてお得になります。

三光マーケティングフーズお食事券だと、誕生月のみの利用だと還元率2.1%で交換できます。これは驚異的な還元率ですね。

金の蔵Jr.、月の雫、東方見聞録、吉今、黄金の蔵、よろづ、バリバリ鶏、焼肉万里、アカマル屋、楽釜製麺所、パスタmamaなどで利用できます。

ただし、ライフカードで交換できる食事券は全国どこでも使えるわけではなく、首都圏の一部店舗のみとなります。使える店舗を利用する機会があるなら、かなりお得になります。

洋服の青山で使えるAOYAMAギフトカードだと、なんと還元率3%となります。驚愕で顎を抜かしかねない高さです。

これは神威のパワーがありますね。洋服の青山でお買い物する方ですと、ライフカードは最高にお得なカードに昇華します。

洋服の青山

改悪後も三光マーケティグフーズ食事券、AOYAMAギフトカードに交換する場合は、ライフカードは依然として空前の低金利の時代には驚きの高還元をキープしています。

この他、多種多様な品物と交換できますが、レートが悪くなります。基本的にはライフカードは、他のポイント・金券類・マイルに交換するのが最もお得です。

ライフカードのポイントは多様な交換先があるので現金同様に便利に使えます。会員サイトでサクッといつでもネットで交換できて便利です。

ライフカード会員サイトのトップページ

2016年2月8日からは、仮想通貨のビットコインにも交換できるようになりました。国内最大手のビットコイン取引所を運営している「bitFlyer」なので信頼性は高いです。

LIFEサンクスプレゼント600ポイントを、ビットコインクーポン3,000円分に換えられます。詳細は以下にまとめました。

ライフカードがクレジットカード業界で初めて、カード利用で貯めたポイントを仮想通貨「ビットコイン」に交換できるサービスを開始し...

ポイント交換に必要なポイント数にあと少し足りない場合は、Amazonギフト券を100円単位で購入するというストラテジーが有効です。

以下は0.5ポイント足りない時に500円分のAmazonギフト券を購入して、1,500ポイントにした例です。

ライフカードの利用明細(500円で0.5ポイント)

V-プリカの端数はAmazonギフト券を買えば効率的

Vプリカ

三光マーケティングフーズお食事券とAOYAMAギフトカードを除くと、交換で最もお得なのは、Vプリカへの交換です。

Vプリカとは、ネット専用Visaプリペイドカードです。インターネット上のVisa加盟店で、クレジットカードと同じように使えます

VISA認証サービス(3-Dセキュア)にも対応しているので、本人認証が必要なネット通販サイトでも使えます。

Vプリカのデメリットは、端数の処理に困ることです。例えば3,000円分のVプリカに交換して、2,750円の買い物をした場合、250円の端数が出ます。この端数が使いきれないことがあります。

端数を使い切りたい場合はAmazonギフト券が便利です。Amazonギフト券は自分用にも買えます。Amazonで1円から1円単位で購入可能です。

また、ライフカードのポイントは、Amazonギフト券に交換するよりも、Vプリカに交換して利用した方がお得になります。

5,000円分のAmazonギフト券には1,000ポイントが必要ですが、5,000円分のVプリカだと980ポイントで交換できます。

Vプリカ交換後に、VプリカでAmazonギフト券を買えば20ポイントお得になります。

「Vプリカ」というインターネット専用のVisaプリペイドカードがあります。ネットのVisa加盟店なら、国内外のどの店舗・サービスでも...

ポイント有効期限

サングラスをかけて唇を突き出す女性

ライフカードのポイントの有効期限は、2年間とかなり長めです。更にポイント繰越の手続きすることで、最大で5年まで延長することができます。

ポイントの有効期限は1年というカードもある中で5年なのは嬉しいですね。ポイント失効のリスクが減少します。

ポイント繰越は、会員サイト「LIFE-Web Desk」のポイント交換画面で「ポイント繰越コース」を選択して画面の案内に沿って手続きすれば可能です。

ライフカードの会員サイトのポイント繰越画面

ポイントを使い切るにはAmazonギフト券が便利

Amazonギフト券

ライフカードで貯めたポイントで、端数をきれいに使い切りたい場合は、15円~50万円の範囲にて1円単位で購入できるAmazonギフト券を買えばOKです。

例えば、私は1499.5ポイントが貯まっており、1,500ポイントまで残り0.5ポイントでした。この際はAmazonギフト券を500円購入することで、きれいに使い切れるポイントにすることができました。

ライフカードの利用明細ライフカードの獲得ポイント

Amazonギフト券は自分用にも買えます。Amazonギフト券(チャージタイプ)ですと、直接、自分のアカウントの残高にプラスされるので便利です。

「金額を選択する」において、5,000円・2万円・4万円・9万円が選べます。また、15円~50万円までの任意の金額を入力して、1円単位で購入金額を指定できます。

購入画面には、「1円単位での金額入力欄」があるので、そこに数字を入力する流れとなります。レジの画面でライフカードのカード番号を打ち込んで、決済すればOKです。

Amazonギフト券(チャージタイプ)の購入画面

例えばAmazonギフト券を1,726円買えばポイントがちょうど交換できるようになる場合は、1,726円分のAmazonギフト券を購入すればOKです。

Vプリカで交換したAmazonギフト券

Amazonギフト券を買うと、ライフカードを使わなくなった場合でも、ポイントがピッタリになるように利用金額を設定して、ポイントをゼロにすることが可能です。

Amazonギフト券(チャージタイプ)

ANAマイルがザクザクと貯まる

ライフカードはANAマイルを貯める際にも活用できるクレジットカードです。貯めたポイントをANAマイルに1対2.5で交換できます。

しかも、マイル交換手数料がありません。他のクレカは交換手数料が発生するカードが多いです。

300LIFEサンクスプレゼントから交換が可能で、それ以降は100ポイント単位で交換できます。

  • 300 LIFEサンクスプレゼント→750マイル
  • 400 LIFEサンクスプレゼント→1,000マイル
  • 500 LIFEサンクスプレゼント→1,250マイル

ANAの飛行機

誕生月の利用でマイル付与率0.75%

誕生日の月にライフカードで支払うと、ANAマイルが0.75%貯まります。1マイルの価値を2円と考えると還元率1.5%となります。

年会費33,480円(税込)のANAアメックス・ゴールドや、年会費29,160円(税込)のANAダイナースカードでも、通常のお店での利用はマイル付与率は1.0%です。

ライフカードを使えば、誕生月は0.75%でマイルを獲得でき、ANAカードの10マイルコースまであと0.25%という水準となっています。

ANAマイルを貯めている方におすすめのクレジットカードは、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)です。

一般カードではソラチカカードリーダーズカードの組み合わせだと、マイル還元率が約1.018%となります。

コスパ最良なのはソラチカカード&ANA VISA/Mastercardの二刀流です。年会費86,400円~167,400円のANA プラチナ・プレミアムカードを除くと、ANAカードの中ではお手軽に高還元にできます。

ANA To Me CARD PASMO JCBというクレジットカードがあります。愛称は「ソラチカカード」です。ANAカードには幾多のカードがありますけ...

ANA VISA/Mastercardは、少額のリボ払いを発生させてソラチカカードと2枚持ちするという手間をかければ、最大で1.5265%還元になります。より一層お得になります。

マイ・ペイすリボでボーナスポイントを獲得して、ソラチカルートでワールドプレゼント→GポイントLINEポイントメトロポイント→ANAマイルと交換すればOKです。

ソラチカカードでJCBのスマリボを利用すると、年会費から1,350円のキャッシュバックを受けられるので、実質負担は更に低下します。

この他にマイル移行手数料が発生しますが、スケジュール管理を工夫すると3年に1回で済みます(1年あたり税抜2,000円)。

  1. 2019年4月1日に10マイルコース(手動移行)に登録(2020/3/31迄1ポイント→10マイルに)
  2. 2020年3月31日に全ポイントをマイルに移行
  3. 2020年4月1日~2022年3月31日の期間はポイントを交換しない(※2020年4月の獲得ポイントの有効期限は2022年4月末)
  4. 2022年4月にポイントをマイルに交換(※4月末までに交換しないとポイントが失効する点に注意)

後はこれを繰り返せば、マイル移行手数料の支払いは3年に1回で済みます。

1マイルの価値は諸説ありますけれども、1マイル2円というのが通説です。そう考えると実質還元率はこの2倍となります。

年会費が上がってゴールドカードでもOKの場合は、ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードに魅力があります。

ソラチカカードとANA VISAワイドゴールドカード

ソラチカカードとの併用でマイル付与率を最大1.648%まで上昇させることができます。年会費は合計11,500円(税抜)で継続ボーナスが3,000マイルもらえます。

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードというクレジットカードがあります。ANA(全日空)と三井住友カードが提携して発行しているANA...

67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんは、おすすめのゴールドカードとしてANA VISA/マスター ワイドゴールドカードを挙げていらっしゃいました。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードは、クレジットカードのレジェンドも高く評価しています。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...

年会費は跳ね上がりますけれども、ANA VISAプラチナ プレミアムカードだと、ソラチカカードとの併用でマイル付与率が最大1.905%も貯まります。

ANA VISAプラチナ プレミアムカードというクレジットカードがあります。ANA(全日空)と三井住友カードが提携して発行しているANAカード...

単一のクレジットカードとしては、ダイナースのブラックカードが日本最高のマイル付与率、還元率を誇ります。

ダイナースクラブ プレミアムカード

ダイナースプレミアムだと、年会費は高いものの、カード利用だけで国内1.5%・海外2%のANAマイルを得られます。手間が一切かからない点にエッジ・優位性があります。

ANAダイナースプレミアムは一般加盟店は1.5%、ANA航空券等は2.5%還元です。

一般加盟店での1.5%~2%マイル還元は破格以外の何ものでもなく、年間利用額が大きいとカード会社の収支が極めて厳しいという噂も耳にしました。

例えば年間利用額が1000万円の場合は国内15万・海外20万マイルを得られます。1マイル2円と考えると30万/40万円の還元となります。

菊地崇仁さんとまつのすけ

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さんは、おすすめのプラチナ/ブラックカード、高還元カードとして、ダイナースクラブ プレミアムカードを挙げていらっしゃいます。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

利用額が大きい場合は高い年会費をペイすることも可能になり、卓越したバリューがあります。

ダイナースクラブカードのブラックカードは「ダイナースクラブ プレミアムカード」という名前です。「ダイナースプレミアム」と略され...

レギュラーカードも含めたダイナースのポイント共通の貯め方・使い方は以下をご参照ください。

ダイナースクラブカードは類稀な高級カードであり、アメックスと双璧をなす存在となっています。ステータスカードとなると、コストパ...

ソラチカルートの活用で還元率アップ

ソラチカカード

なお、ライフカードのLIFEサンクスプレゼントをANAマイルに交換するよりも、一旦「Gポイント」というポイントに交換して、新ソラチカルートでANAマイルに交換した方がお得です。

ANA To Me CARD PASMO JCBというクレジットカードがあります。愛称は「ソラチカカード」です。ANAカードには幾多のカードがありますけ...

LIFEサンクスプレゼント300ポイントはGポイント1,200Pに交換できます。

Gポイント1,200PはLINEポイント1,200Pに交換でき、LINEPOINTはメトロポイント1,080Pに交換でき、メトロポイント1,080Pは972ANAマイルに交換できます。

ちょっと複雑ですね。手順を箇条書きでもう一度まとめます。

  1. 300 LIFEサンクスプレゼント → 1,200 Gポイント(1対4で交換)
  2. 1,200Gポイント → 1,200 LINEポイント(1対1)
  3. 1,200 LINEポイント → 1,080 メトロポイント(1対0.9)
  4. 1,080 メトロポイント → 972 ANAマイル(1対0.9)

普通に300 LIFEサンクスプレゼントをマイルに交換したら900マイルでしたが、この方法だと972マイルとなります。

手間はかかりますが、ポイントを交換する作業は年に1~2回程度です。年1回の作業なら許容できると思います。

L-Mallで楽天・Yahoo!ショッピング・LOHACOがお得

パソコンでネットショッピングを楽しむ女性

ライフカードの会員はポイントアップサイト「L-Mall」を利用できます。

楽天市場、Yahoo!ショッピング、じゃらん、LOHACOなどでライフカードでお買い物をする際に、L-Mallを経由するとポイントが2倍(1.0%)以上になります。

楽天市場では楽天スーパーポイント、LOHACOとYahoo!ショッピングではTポイント、じゃらんではPontaポイント(リクルートポイント)が貯まり、ポイント三重取りとなります。

以前にはAmazonも対象ショップに名を連ねていましたが、現在はなくなっています。

キャンペーンで特別に付与されるポイントが増加することがよくあります。常にどれかのショップは更にポイント増額となっています。

その他ネット通販でお得なカードについては以下で徹底解説しています。

ネット通販が日を追うごとに便利になってきていますね。大抵のものはネットで気軽に購入できます。お店を歩き回って探すのも楽しいで...

ライフカードにはスマートフォンアプリがあります。「LIFE-Web Deskアプリ」という名前です。

このアプリを使うと自動ログイン機能があるので、L-MallにもID・パスワードの入力なしにログインすることが可能です。

ライフカードのスマートフォンアプリ「LIFE-Web Deskアプリ」が2016年5月25日から提供開始されました。iPhone・Androidスマホにおいて...

誕生月専用で使うなら家族カードではなく本人カード

家族あ

ライフカード は家族カードもあります。ただし、家族カードの場合は誕生月のポイントアップは本人の誕生月のみです。

家族の誕生月に家族カードを使ってもポイント3倍にはなりません。

利用月 本カード利用 家族カード利用
本人の誕生月 ポイント3倍 ポイント3倍
家族の誕生月 通常のポイント 通常のポイント

本人と家族の誕生月が別々の場合は、家族カードではなく、それぞれが本人カードを作るとポイントアップの月を2ヶ月間に増やせます。

例えば夫婦で本人カードを作成した場合は下表のとおりとなります。

利用月 夫の本カード利用 妻の本カード利用
夫の誕生月 ポイント3倍 通常のポイント
妻の誕生月 通常のポイント ポイント3倍

家族それぞれが審査を通過する必要はありますが、ポイント3倍の期間が増えるのは大きなメリットです。

ライフカードには年間の利用金額に応じて優遇されるステージ制があるため、メインカードに使う場合は、利用金額によっては家族カードの方がお得な場合も一部あります。

しかし、誕生日の月にサブカードとして利用する場合で、家族の誕生月が違う場合は、それぞれが本人カードを作る方がダントツでお得です。

ライフカードは年会費無料なので、それぞれが本人カードを作っても完全無料で使えます。

国際ブランド搭載のプリペイドカードへのチャージがお得

MasterCardならauウォレットにチャージ可能

ライフカードとau WALLET

au WALLETというプリペイドカードがあります。クレジットカードによるチャージ時と利用時の両方でポイントを得られることで人気があるカードです。

ライフカードのMastercardブランドは、au WALLETへのチャージが可能です。ポイントも通常のカード利用と同じように0.5~1.0%で貯まります。

誕生月ポイントアップの特典も対象なので、誕生月にズドンと多額をチャージすれば、チャージ時の1.5%+利用時の0.5%で合計2.0%還元となります。

改悪前は驚異的にお得になりました。年会費が完全無料で還元率2.0%とパワフルです。これはオリコカードザポイントの入会から半年間と同一の水準です。

チャンピオンのトロフィーを掲げるアスリート

ライフカードは貯めたポイントをau WALLETポイントに移行して、Mastercard加盟店で使うこともできます。

ライフカードはau WALLETと相性が良いクレジットカードです。au WALLETの残高の上限は10万円ですが、残高を減らせば何度でもチャージできます

Amazonをよく使う方ですと、誕生月に1年以内に確実に消費できる金額のAmazonギフト券を買っておくのもお得です。

誕生月の月末近辺で残高に余裕がある場合は、残高上限の10万円近くまでチャージしておきましょう。2%還元を確保できます。

au WALLETにはポイントアップ店があり、例えばセブン-イレブン・イトーヨーカドー・マツモトキヨシなら+0.5%となります。こうした特約店では還元率が更に上がります。

JCBならJTBの旅プリカへのチャージがお得

JCB本社

「旅プリカ」というJCBブランドのプリペイドカードがあります。国内のJCB加盟店での支払いに利用できます。

プリペイドカードのチャージの際にも0.5%のJTBトラベルポイントが得られます。

JCBブランドのライフカードなら、旅プリカへのチャージで普段は0.5%、誕生月は1.5%のLIFEサンクスポイントも獲得できてポイント二重取りが可能です。

JTBがJCB等と提携して、2016年3月23日(水)より、「旅プリカ」を発行しています。「旅プリカ」は、JCBブランドの国際ブランド機能付き...

電子マネーiDが無料

電子マネーの決済端末(iD・Suica・PASMO・楽天Edy)

ライフカードはiDを使えます。ドコモのdカードでおなじみのプリペイド式電子マネーです。ライフカードiDは、NTTドコモのiD対応携帯電話機で利用できます。

ライフカードの場合、年会費・登録料は無料です。他のカードですと年会費がかかるカードもあるのでお得です。

iD機能を使えば、サインや暗証番号の入力は不用です。サクッと支払いができますし、小銭が不要となって便利。もちろんiDの利用分もポイントが付与されます。

iDはコンビニ・スーパー・ディスカウントショップ・レストラン・ドラッグストアで使えるので現金同様で便利です。主な店舗は下表の通りです。

ジャンル 店名
コンビニ セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、サークルKサンクス、ポプラ、ローソンストア100、ローソンマート
スーパー等 イトーヨーカドー、イオングループ、ダイソー、ドン・キホーテ、ジャパン、サミット、平和堂、ユニー、オークワ、イズミ
ドラックストア ツルハドラッグ、スギ薬局、セイジョー、薬王堂、ドラッグセガミ、クスリのアオキ、くすりの福太郎、富士薬品(セイムス・スマイル・アメリカンドラッグ等)
カフェ タリーズコーヒー、プロント、コメダ珈琲店
食事 マクドナルド、吉野家、モスバーガー、ロッテリア、ガスト・バーミヤン・ジョナサン、すき家、CoCo壱番屋、海鮮三崎港、すし三崎丸とんかつ浜勝、ステーキのどん、北海道、チムニー、和民、白木屋、月の雫、東方見聞録、花の舞、笑笑、魚民、旨い屋、かっぱ寿司
本・CD/DVD 紀伊國屋書店、丸善、ブックオフ(一部)、タワーレコード、八重洲ブックセンター(一部)、ブックファースト(西日本)
家電 ヨドバシカメラ、ビックカメラ、エディオン、コジマ、ドコモショップ
カーライフ ENEOS(セルフSS)、エッソ・モービル・ゼネラル(セルフSS)、オリックスレンタカー
タクシー 東京無線タクシー、阪急タクシー、阪神タクシー、キャビック、さくらタクシー、チェッカーキャブ
カラオケ 歌広場、カラオケの鉄人、シダックス、BIG ECHO
ファッション メガネスーパー、洋服の青山、紳士服のフタタ、Paris Miki、Levis、CASUAL HOUSE 306、プレミアムアウトレット
トラベル INTERCONTINENTAL TOKYO BAY、knt!近畿日本ツーリスト、スパリゾートハワイアンズ、通天閣、東映太秦映画村、東京サマーランド、箱根小涌園ユネッサン、富士急ハイランド、ROUTE INN、としまえん、豊島園 庭の湯
その他 やまや、RIZAP、ルネサンス、Paris Miki、45デジタルコンビニ、快活CLUB、美容室アッシュ、雑貨屋ブルドッグ、ユーホーム

この他にも数多くの店舗で利用可能です(※使えるお店の一覧)。iDについては、以下で徹底解説しています。

iD(アイディ)という電子マネーがあります。ドコモと三井住友カードが提携して運営している電子マネーです。後払い(ポストペイ)の...

ただし、ライフカードは、三井住友VISAカードのようにiDが搭載されている一体型ではないので、おサイフケータイが必要なのがデメリットです。

iDが内蔵されているクレジットカードには、Orico Card THE POINTがあります。還元率は常に1%で年会費無料でハイスペックです。

オリコが発行している高還元率のクレジットカードがあります。「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)です。年会費無料、...

その他電子マネー対応

電子マネーの決済端末KAZAPi(Suica・PASMO・WAON・nanaco・楽天Edy・iD

ライフカードは以前はJCB・VISA・Mastercardのいずれも、税金の支払いで得することができて人気のnanacoチャージでポイントが貯まりました。

また昔は楽天Edyへもチャージできてポイントが付与されましたが、2017年7月1日以降は、nanaco、Edyはポイント付与の対象外となりました。

モバイルSuica・SMART ICOCAへのチャージでは通常と同じポイントが貯まり、誕生月5倍の対象です。誕生月にズドンと多額をチャージすれば、au WALLETと同様に驚異的にお得になります。

ただし、モバイルSuicaは1,080円の年会費がかかり、Suicaは2万円までしかチャージできないので、年会費無料のビューカードの方がお得になります。

WAON、PASMO、カードタイプのSuicaへはチャージできません。

WAONチャージでポイントが貯まるのは、イオンカードではイオンカードセレクトのみです。ベネッセ・イオンカードなどのイオンカードはポイント対象外です。

電子マネーにチャージしたい場合は、サブカードとして対応のクレジットカードを使いましょう。おすすめのクレジットカードは下表の通りです。

電子マネー カード名 還元率 年会費(税抜)
nanaco リクルートカード 1.20% 無料
Yahoo! JAPANカード 0.50% 無料
セブンカード・プラス 0.50% 5万円以上利用で無料
楽天Edy リクルートカード 1.20% 無料
エポスカード 0.50% 無料
WAON イオンカードセレクト 0.5-1.5% 無料
JALカード(JCB/ClubQ/
VISA/Mastercard)
0.5-1.0% 2,000-31,000
モバイルSuica ビックカメラSuicaカード 1.50% 年1回の利用で無料
「ビュー・スイカ」カード 1.50% 477
PASMO TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO 1.00% 1,000
ANA To Me CARD PASMO JCB 0.50% 2,000
SMART ICOCA REXカード 1.25% 無料
リクルートカード 1.20% 無料
オリコカードザポイント 1.00% 無料

Apple Payに対応!お買い物・Suicaチャージが可能

ライフカードとApple Pay

iPhone7 / 7 Plus、Apple Watch Series 2から、おサイフケータイに類似するサービス「Apple Pay」が利用可能になりました。

いよいよApple Pay(アップルペイ)が日本対応して、わが国においても使いやすくて便利な仕組みとなりました。モバイルSuicaに類似した...

モバイルSuicaに類似した仕組みで電車・バス等に乗ることができます。また、iD、QUICPayの店舗でお買い物することが可能です。

Suicaは使えますが、PASMOSMART ICOCA、PiTaPaには対応していません。Suica機能で改札は通過できますが、パスモの定期券は搭載できません。

7以降のiPhoneにフェリカの読み取り機と信号をやり取りする機能が搭載されて、フェリカ対応の読み取り機があるコンビニ、自販機、改札などで、iPhoneでの決済が可能となりました。

アップルがiPhone 7にFeliCa(フェリカ)を搭載することになり、2017年に日本でスマホを使った決済サービス「アップルペイ」を開始する...

ライフカードはApple Payの導入当初は対応していませんでしたが、2017年3月1日からは利用可能になりました。

ライフカードをApple Payに登録すると、iDとして割り当てられて、全国のiD加盟店でお買い物できます。ポイントも貯まります。

iD(アイディ)という電子マネーがあります。ドコモと三井住友カードが提携して運営している電子マネーです。後払い(ポストペイ)の...

Mastercard、JCBブランドのライフカードの場合、店舗でのお買い物だけではなく、SuicaへのチャージなどApple PayのSuicaの支払いにライフカードを利用することも可能です。

JR東日本が出しているiPhone用の「Suica」アプリにVISAのカードを登録して、Suicaアプリ内で「クレジットカード」によるチャージを行う場合は、VISAでもSuicaチャージが可能です。

SuicaアプリのSuica一覧画面

iDの利用分はもちろん、Suicaチャージ・Suicaグリーン券・定期券・モバイルSuica特急券などSuica利用分もポイント付与の対象です。

通常のモバイルSuicaと同様の取扱いとなります。還元率は普段は0.5%、誕生月は2.5%還元です。

Apple PayとSuica、国際ブランドの関係については、以下にまとめています。

ついに日本でも始まった「Apple Pay」。当初はクレジットカードの国際ブランドのうち、JCB、Mastercard、アメックスが便利に使えます...

セキュリティも高く、安心に利用できるような頑健な仕組みとなっています。個人情報は、暗号化された状態で安全にデバイス内のセキュア・エレメントに保管されます。

Apple Payを使っている端末を紛失した場合、「iPhoneを探す」機能で紛失モードに設定すると、簡単にApple Payの利用を一時停止できます。

新しいiPhoneやApple Watchに、Suicaのチャージ残高や定期券を移行することも可能です。Apple Payが使えるクレジットカードについては、以下で比較しています。

7以降のiPhone、Series 2以降のApple Watchは、おサイフケータイに類似するサービス「Apple Pay」(アップルペイ)を利用可能です。しか...

Apple PayのSuica機能の詳細、アップルペイでのSuicaチャージでポイントが貯まるクレジットカードについては、以下で分析しています。

2016年10月25日、ついにApple Pay(アップルペイ)が日本で始まりました。歴史的な瞬間です。QUICPayかiD加盟店でお買い物ができます...
iPhone、Apple Watchによるモバイル決済サービス「Apple Pay」では、Suicaも利用できます。iD、QUICPayでのお買い物の他、Suicaチャー...

実際にApple Payを使ってみた感想については、以下にまとめています。

Apple Pay(アップルペイ)を1年間リアル店舗、アプリ(ネット決済)、Suicaに使ってみて、良い点・悪い点が見えてきました。おサイフケー...

2019年5月29日からはGoogle Payにも対応して、iDが利用可能になりました。

2019年5月29日から、ライフカードをGoogle Payに登録すると、後払い型電子マネー「iD」での決済が可能になりました。対応OSはAndroid ...

国際ブランドの変更も可

3つの国際ブランドがあるライフカード

ライフカードは、国際ブランドを変更することもできます。

例えば、VISAやJCBで作成していたものの、誕生月にau WALLETへチャージしたい場合は、Mastercardへの変更を検討しえます。

手続きは電話となります。電話窓口のオペレータに変更する旨を伝えればOKです。

電話している女性

留意点は、カード切替に伴う審査があること、カード番号は変更されることです。

各種公共料金等のカード決済を旧カード番号で登録している場合は、新カード到着後に、カード情報変更の手続きをする必要が生じます。

LIFEサンクスプレゼント情報(利用可能ポイント・適用ステージ・プログラム期間中の利用金額合計等)は、新カードに引継がれます。

誕生月のみに利用しているような使い方でしたら、カード切替えに伴うデメリットはありません。

ライフカードの審査

書類をチェックする女性

ライフカードは、日本国内在住の18歳以上で電話連絡が可能な人が申し込めます。高校生は対象外です。

未成年の場合は保護者の同意が必要です。以下のいずれかに該当する場合、ライフカードの審査に引っかかって作成はできません。

  • 18歳未満
  • 電話がない
  • 高校生

安定的な収入があり、勤続年数が長いほど審査に有利です。逆に収入が不安定で勤続年数が短いほど不利です。

女性のフリーランスやトレーダーの場合、職業を「家事手伝い」と書いて年収を記載するとクレジットカードの審査に通ったという例があります。

居住している家が、持ち家であると審査にプラス材料です。一般論としては、自分のものではなくても家族の持ち家でもやや有利です。

カード発行会社は消費者金融のアイフルの子会社(ライフカード)なので、三井住友カードや三菱UFJニコスと比較すると審査が緩いです。

ちなみにライフカードは創業直後の法人・個人事業主でも作成可能なビジネスカードも発行しています。

freeeカードが2017年7月24日から募集開始され、2017年9月20日から発行されます。個人事業主・法人向けのビジネスカードであり、創業・...

これまで他のクレジットカードやカードローン、消費者金融、信販、リース、携帯電話の機種の分割料金等で遅延・滞納・延滞があった場合は、審査が厳しくなります。

遅延・滞納・延滞については、信用情報機関(CIC・JICC・全国銀行個人信用情報センター)で管理されており、「CRIN」というシステムで事故情報が共有されています。

ライフカードを作成する際は、ライフカード株式会社はこれらの信用情報機関を利用して審査します。

パソコンを見ながら確認して書類に記入するOL

過去2年以内に延滞したり、過去5年以内に自己破産したなどの金融事故情報がある場合は、審査は厳しくなります。

支払いが遅れてもすぐに記載されるわけではありません。支払遅延後にカード会社から通知される期限内に支払えば問題ありません。

2年や5年の期間を過ぎると記載は消滅するため、過去に事故がある場合は、この期間を過ぎるまで待つとライフカードが作れるようになる可能性があります。

消費者金融の利用履歴があっても返済が完了していたら審査を通過します。私は投資関連で資金繰りが綱渡りになることがあり、時折カードローンを利用します。

アコムの利用履歴がある状態でも、ライフカードの審査に通りました。以下はCICに登録されている私の信用情報です。

アコムの信用情報

たとえ消費者金融の利用履歴があったとしても、迅速に返済して残債額が0円であれば、問題なく審査は通過します。

審査において現在の借入金額は重要です。借入金額が年収を超えている場合は確実に審査が通りません。

また、キャッシング枠は、 「年収の3分の1-借入金額」が上限となります。借入金額が多い場合は、キャッシング枠の審査に通らない可能性が増してきます。

カード会社によっては一定の件数以上の借入をしている人はNGという会社もあります。

カードの申込書に記載している項目は基本的には全て審査の内容となっており、スコアリング方式で加点していき、一定水準に達しない場合に原則として審査落ちとする方式のカード会社が多いです。

どの項目に重きを置くのか、どのような内容にプラスの点数を高く付与するのかは各カード会社によってまちまちです。

ライフカードのデメリット

考える女性

ライフカードは、誕生月以外の還元率が基本は0.5%と低めなのがデメリットです。

年間利用額に応じてポイントが増えますが、年会費無料カードでもP-one Wiz(1.5%)、DCカード Jizile(1.5%)の方が高還元です。

メインカードとして活用するのは、365日いつでも高還元のクレジットカードの方がお得です。

クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが還元率です。年間のクレカ利用額が多い場合は、たとえ年会費がかかっても高還元率の...

ただし、普段は他の高還元カードを使う場合でも、誕生月限定のサブカードで使うとお得です。

ライフカードは年会費無料でポイント有効期限を5年に延ばせるので、ポイント失効のリスクはほとんどありません。家計が頑健になります。

また、年会費無料のカードだと海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、ショッピング保険などの付帯保険がないのもデメリットです。

ライフカードには旅行傷害保険が付帯しているタイプもありますが、年会費が1,350円(税込)かかってしまいます。

補償内容 最高保険金額
死亡・後遺障害(傷害による)  2,000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
救援者費用 200万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円(免責3.000円)

海外では医療費が高く、数日間の入院でも300~400万円といった費用がかかる地域も数多くあります。

旅行保険を確保したい場合は、持っているだけで死亡・高度障害以外は補償が上乗せされる自動付帯のカードをサブカードとして保有すればOKです。使わなくてもお得なクレジットカードです。

エポスカード、Booking.comカード、横浜インビテーションカードが年会費無料の自動付帯カードです。

これら3枚のカードを保有していたら、合計で570万円の疾病治療・500万円の傷害治療の補償を確保できます。

「Booking.comカード」というクレジットカードがあります。いつでも1%還元でキャッシュバックが受けられて競争力が高いカードです。B...
エポスカード(EPOS CARD)という丸井のクレジットカードがあります。サブカードとして利用すると最高にお得なカードです。マルイでの...
横浜インビテーションカード(ハマカード)というクレジットカードがあります。年会費無料で自動付帯の海外旅行傷害保険がついてくるの...

なお、ライフカードには年会費5,400円(税込)の高級タイプもあります。こちらは国内外の旅行傷害保険の他、弁護士無料サービス、シートベルト傷害保険が付帯します。

また、年会費10,800円(税込)のライフカードゴールドだと、旅行傷害保険が最高1億円となり、全国主要空港ラウンジが無料で利用可能、会員専用のダイヤルデスク(LIFE CARD GOLDデスク)という特典も付帯します。

ライフカード 公式サイト

年会費無料クレジットカードとの比較

比較のイメージ写真

誕生月だけの利用ではなく、ライフカードをメインカードとして使っていく場合、他に年会費無料で還元率が高めのカードがあるのでは?と気になりますよね。

ライフカードと年会費無料クレジットカードを比較しましょう。モデルケースとして、月3万円利用し、誕生月は20万円(年56万円利用)の場合でシミュレーションします。

この場合は初年度も2年目以降も誕生月以外は0.75%、誕生月は1.5%でポイントが得られ、300ポイントのボーナスが付与されます。その結果、1年間の合計で1,395ポイントとなります。

  LIFEサンクスプレゼント
誕生月以外 495
誕生月 600
ボーナス 300
合計 1,395

980ポイント貯まったら、Vプリカ5,000円分に交換できるので、1ポイントが約5.10円分の価値となります。したがって、還元率は約1.27%となります。

改悪前は他の年会費無料の高還元カードと比較しても高い水準となりましたが、改悪後は妙味が低下しました。誕生月専用カードとして使うのが無難です。

ライフカードは基本の還元率は0.5%ですが、様々なポイント特典があるので、ステージが上がってボーナスポイントがある年50万円以上使う場合は、メインカードとしても十分に活用可能です。

洋服の青山を日常的に使う方ですと、AOYAMAギフトカードへの交換で還元率が更に2倍になります。auユーザーですと、au WALLETへチャージしてau WALLETを使うと更に+0.5%となります。

年間の利用額が50万円未満の場合は、還元率が低下するのでこれはお得感はありません。

なお、ライフカードの支払いの口座引き落としがエラーとなったことがありました。

なんと、送られてきた「振込依頼書兼払込取扱票」はセブン-イレブンでnanaco払いができました。

nanacoが使えたので、ライフカードの代金の支払いで更にクレジットカードのポイントが得られました。

うっかり引き落としをミスった場合はセブン-イレブンでnanaco払いしましょう。

「クレジットカードの支払いに、クレジットカードを使って更にポイントをゲットしたい」と思ったことはありませんか?そんなこと出来...

まとめ

ライフカードは、誕生月のポイント3倍(1.5%)とお得なクレジットカードです。年会費無料ですので、誕生月に使う用に保有するだけで価値があるカードです。

ポイントの有効期限は最長5年間ですし、誕生月に合計10万円使えば、すぐにポイントに交換できます

ライフカードで普通にお買い物したり、Amazonギフト券を購入すれば、誕生月の利用だけでも交換に必要なポイントはすぐに貯まります。

ライフカードを作って10年間で誕生月に100万円使えば、低い交換レートで交換した場合でも15,000円もお得になります。150万円なら22,500円、200万円なら30,000円です!

15,000円あれば、1,000円のオシャレなカフェのランチに15回行けますし、吉野家の牛丼なら39回も食べられます。

やったと喜ぶ女性のイラスト

こうして考えてみると、ライフカードは本当にお得ですよね。ライフカードのような良いクレジットカードを使えば、長い目で見ると大きなリターンを得ることができます。

空前の低金利の時代には、1.5%還元のパワーは絶大です。卓越した圧巻の高還元率です。慈愛さえ覚えるような嬉しさが猛然と湧いてくるお得さです。

年50万円以上使う場合は、誕生月は1.75%還元です。改悪リスクはありますが、年間50万円の利用で300Pプレゼント(50万円利用時は0.3%相当)もあります。

誕生月に50万円ピッタリ利用する際の合計還元率は2.05%で依然として高還元率となっています。

au WALLETプリペイドカードへのチャージ(Mastercard)、JTB旅プリカへのチャージ(JCB)もお得です。

誕生月にはオンリー・ワン、スペシャル・ワン、エアフォース・ワンのパワーがあります。ジョジョで喩えると「キラークイーン」のような一撃必殺の威力を秘めています。

L-Mallを使うと、Amazon・楽天・LOHACO・Yahoo!ショッピング・ベルメゾンなどのネット通販だとポイント還元が更に増加します。

ポイントは多種多様なポイント・Amazonギフト券・金券類と交換できるので、現金同様に使えて便利です。

誕生日の月に使うクレジットカードとしては高還元で、無尽蔵に湧出される豊潤さには身震いする程です。歴史の偉人で例えると、ジャンヌ・ダルクのような戦闘力があります。

誕生日専用カードとして活用すると、威力抜群で最高にお得なカードです。

現在は最大16,500円相当のお得な入会キャンペーンを開催しており、申し込みのチャンスとなっています。

ライフカードは多様な提携カードも発行しています。一例は以下のとおりです。

その他のクレジットカードを比較検討したいという場合は、以下のクレジットカード一覧をご参照ください。おすすめクレジットカードについて徹底的にまとめています。

「生活費の支払いでクレジットカードを有効活用していきたくてアドバイスをほしい」とコメント頂きました。生活費を良いクレジットカ...
クレジットカードには多種多様な種類があり、膨大な数のクレカが発行されています。あまりの多さに探しきれない程ですし、評判・口コ...

日本有数のクレジットカードの専門家でいらっしゃる岩田昭男さんのおすすめクレカについては、以下で徹底的に解説しています。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんのおすすめカードには、珠玉のクレジットカードが集結しています。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

多様な項目での最強のクレジットカードについては、以下で論述しています。

クレジットカードには多種多様な種類があります。年会費無料カード、高還元カード、一芸に秀でた特化型カード、航空系カード、ゴール...
  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-クレジットカード, ライフカード

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.