PayPayが改悪!還元率が0.5%に暴落&二重取り不可!代わりを徹底解説

更新日: キャッシュレス決済 Pay

PayPayとヤフーカード

PayPayは2019年9月30日(月)利用分までは、リアル店舗での支払いで3%の還元を受けられました。

しかし、2019年10月1日からは残念な改悪が勃発して、還元率が1.5%に半減。更に2020年4月1日からは1/3の0.5%に暴落します。

また、2020年1月31日まではヤフーカードでのチャージ・決済で+1%のTポイントを得られましたが、2020年2月1日からは還元対象外となり、ポイント二重取りができなくなりました。

改悪のアナウンスはキャンペーン告知の下でこっそりとなっています(プレスリリース)。

メインの決済手段としてPayPayを活用してきた方にとっては衝撃的な改悪となります。変更点、代替のキャッシュレス決済手段について徹底的に解説します。

PayPayの改悪内容の詳細

PayPayが使えるというのぼり旗

2019年10月1日から、PayPayのリアル店舗でのコード決済の還元率が大幅に低下し、2020年4月1日からは更に暴落となりました。

支払い方法 ~9月30日 10月1日~ 4月1日~
PayPay残高、ヤフーカード 3.0% 1.5% 0.5%
ヤフーカード以外のクレジットカード 0.5% 0.0% 0.0%

ヤフーカード以外のクレジットカードはPayPay独自の上乗せが対象外になり、PayPay残高・ヤフーカードでの支払いもかつての3%から0.5%に垂直落下。6分の1(約16.67%)というのは強烈なインパクトを放っています。

また、2020年2月1日からは、ヤフーカードでのPayPay決済、PayPay残高チャージが1%のTポイント還元の対象外となります。

2020年1月末までは、合計還元率は2.5%でした。

1.5%のPayPay残高+1.0%のTポイント

しかし、2020年4月からPayPay利用による還元は0.5%のPayPayボーナスのみとなります。ポイント二重取りが封鎖。

PayPayに登録して利用するクレジットカードヤフーカードにしても1円も得せず、しかも合計還元率はたったの0.5%にとどまっています。

前月の100円以上の決済回数50回以上/月で+0.5%、前月の決済金額10万円以上/月で+0.5%となり、合計還元率は最大1.5%となります。

利用条件 還元率
通常 最大0.5%
前月の100円以上の決済回数50回以上/月 +0.5%
前月の決済金額10万円以上/月 +0.5%
合計 最大合計1.5%
上限:7,500円/回、15,000円/月

※還元、決済回数および決済金額のカウントは、PayPay残高またはヤフーカードで支払う場合のみ対象

しかし、PayPayで月50回以上・10万円以上決済するのが難しい方が大多数でしょう。期間限定残高消化のために使いまくっていても、半分程度にしかなりませんでした。

PayPayステップ・お得情報の画面

したがって、Yahoo!ショッピング等で付与されたPayPayボーナスの消化、お得なキャンペーン以外では使う妙味が全くありません。

楽天ペイd払いau PAY、LINE Payの方が圧倒的にお得。PayPay以外のおすすめPayサービスについては、以下で徹底的に解説しています。

多数のモバイル決済サービスが日本で雨後の筍のように登場しており、名前に「Pay(ペイ)」が付いているのが特徴となっています。PayP...

代わりの候補

PayPayを活用して2019年9月30日まで3.0%還元、2019年10月~2020年1月まで合計2.5%還元を享受していた方にとっては、相次ぐ改悪は手痛い打撃となります。

青天の霹靂、吃驚仰天、驚天動地、驚愕動転ですね。

ショックでうつむく人ショックを受ける女性泣く男の子泣く女の子泣く赤ちゃん犬と猫

PayPay改悪後の代替候補についてまとめます。

1.25%以上の高還元カード

REXカード

REXカードリーダーズカードP-one Wizなど、年会費無料カードの中にも1.25%以上の高還元クレジットカードがあります。

こうしたカードを使うと、PayPayよりも圧倒的にお得になります。

マイルが貯まりやすいクレジットカード

航空マイルの価値については諸説がありますが、通説では1マイルの価値は2円と言われています。

マイルは価値にレバレッジがかかるのが魅力的です。特典航空券へ交換すると、1ポイントの価値が数円に昇華します。

国内線特典航空券で利用すると1マイルの価値が1.5円~2円程度、国際線のビジネスクラスだと1マイル2.5~5円程度、ファーストクラスなら7~16円程度に跳ね上がります。

したがって、マイル還元率1%のクレジットカードの場合、実質還元率は2%と解釈することが可能でPayPayよりもお得です。

中にはSPGアメックスのように、40社以上のマイレージプログラムと交換でき、マイル還元率1.25%のカードもあるので、実質還元率は2.5%とパワフル。

ANA、JAL、デルタ航空、ユナイテッド航空、アメリカン航空などのエアラインはマイレージプログラムを提供しており、フライトやクレジ...

もちろんマイルには特典航空券が取りづらい等のデメリットが存在。また、飛行機でフライトする機会がないという方も多いでしょう。

しかし、マイラーの方なら航空マイルを有効活用できるので、PayPayよりもお得になります。

Kyash Card

Kyash Card

Kyashリアルカードの改悪に立腹している場合、発行手数料が900円と更にコストアップとなる「Kyash Card」を使うのは抵抗があるかもしれません。

しかし、決済上限がUPするというメリットもあります。

  • 24時間あたりの決済上限:5万円→30万円
  • 1ヶ月あたりの決済上限:12万円→100万円(ただし還元対象は月12万円まで)

Kyash Cardに切り替えた場合はこれまで通りの1.0%還元を維持でき、更にポイント二重取りが可能です。

その他、Kyash Cardへのチャージがポイント付与対象のクレジットカードは以下に集約しています。

Kyash Visa カード
Kyash Cardへのチャージでポイントを得られるクレジットカードまとめ!

続きを見る

Kyash Cardのような良いVisaプリペイドカードを使えば、長い目で見ると1万円・2万円といったリターンを得られます。

Kyash Visa カード
Kyash Cardは還元率1%のリアルカードとバーチャルカード!デメリットも徹底解説

続きを見る

空前の低金利の時代には、Kyash Cardのお得度は絶大な威力があります。お得な生活を送れて、浮いた分を貯金したり他のことに使えるようになり、人生を豊かに彩ることができます。

Kyash Cardの入会キャンペーン
Kyash Cardの入会キャンペーンが激熱!1,000円相当のポイントがプレゼント

続きを見る

au WALLET+クレジットカード

au PAY プリペイドカード

PayPayの還元率が0.5%に低下したので、au PAY プリペイドカードと還元率が同一になりました。

セブン-イレブン、イトーヨーカドー、マツモトキヨシ、スターバックスカードなど、WALLETポイント特約店の場合、1%以上の還元率になるので、PayPayよりもお得になります。

auユーザーの場合は、au WALLETの活用も選択肢。auウォレットの特徴は一部のクレジットカードでチャージするとポイント二重取りが可能である点です。

au WALLETチャージにおすすめクレジットカードを活用すると、Kyashと同様にお得なダブル還元を享受できます。

au WALLETのメリット、デメリット、特徴、チャージ方法などについては、以下で精緻に分析しています。

auはMastercard搭載型プリペイドカード「au PAY プリペイドカード」を発行しています。従来はau WALLET(ウォレット)でしたが、2020...

エポスゴールドカード

エポスゴールドカードならPayPayよりもお得になるポテンシャルがあります。しかもVisa加盟店ならどこでも使えるので、圧倒的に便利です。

エポスゴールドカード

マルイグループのクレジットカードのエポスゴールドカードは、通常の年会費は5,000円(税抜)です。

家族カードはありませんが、エポスファミリーゴールドという制度があり、家族をエポスゴールドカードに招待することが可能です。

純然たる家族カードではなく、本会員カードなので審査は伴いますが、専業主婦や高齢の親でも通過事例は多々あります。

しかも、エポスゴールドカードは年50万円以上利用すると、翌年度以降はずっと年会費が無料になります。翌年だけではなく、ずっと年会費が無料になる点が卓越しています。

年50万円というと1ヶ月あたり約41,667円です。この程度であれば、電気代、ガス水道料金、インターネットや携帯電話の利用料金、NHK受信料・新聞代などの固定費用を カード払いにすればあっという間に到達します。

エポスゴールドカードは、丸井での利用は還元率1%ですが、通常の加盟店での還元率は0.5%です。ただし、年間の利用金額に応じてボーナスポイントをもらえます。

  • 年50万円以上利用:2,500円相当(0.5%相当)
  • 年100万円以上利用:10,000円相当(1.0%相当)

ボーナスポイントを合わせると、年100万円の利用だと還元率は1.5%となります。カード利用で貯まるポイントは有効期限無しの永久ポイントです。

エポスゴールドカードは年100万円以上使えば屈指の高還元率カードとなります。ゴールドカードならではの特典も充実しています。

また、対象ショップの中からよく利用するショップを登録すると、エポスゴールドカード利用時のポイントが3倍(+1%)になります。

エポスゴールドカード、エポスプラチナカードには多様なベネフィットが付帯しています。その中の一つが、3つのお店までポイント3倍(...

選べるショップは最大3つまでとなります。対象ショップには、普段使いすることが多いスーパー・コンビニ・ドラッグストア・ETCカードもあるので便利です。

「モバイルスイカ」をポイント3倍のショップに登録した場合、モバイルSuicaApple PayのSuicaが、2.0%エポスポイント還元となります。

JR西日本を登録した場合は、SMART ICOCAへのチャージが、2.0%還元で卓越した高還元に昇華します。

年100万円ぴったりポイント3倍のお店(3つまで選択可能)だけで使った場合、なんと2.5%還元でPayPayを凌駕しますよ!

また、国内・海外の空港ラウンジを無料で利用できます。国内の主要空港20空港に加えて、ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル空港)、仁川空港、ホノルルラウンジが利用可能です。

年会費無料で維持できるので、空港ラウンジを使えるゴールドカードの中でもコスパ良好です。

IASS EXECUTIVE LOUNGE 2のビールと柿の種羽田空港のパワーラウンジ ノースの朝の時間帯のクロワッサン

自動付帯の海外旅行傷害保険が付帯します。最も利用頻度が高い傷害治療費用・疾病治療費用は最高300万円と充実しています。

エポスゴールドカード会員限定のベネフィットも豊富に用意されています。

エポスカードには上位カードのエポスゴールドカードがあります。年会費が無料であるにもかかわらず、特典が極めて充実しているのが特...

その他、以下のVisaゴールドカード特典を利用できます。

サービス名 サービス内容
Visaゴールド国際線クローク 国際線を利用する際、通常料金より15%オフで手荷物を一時的にお預かり
Visaゴールド空港宅配 海外から帰国の際、空港から自宅までの手荷物配送サービス
1個500円(2個目以降、行きは15%OFF)
Visaゴールド海外Wi-Fiレンタル Wi-Ho!の海外通信レンタル料金が定価より25%OFF
空港受取手数料(税抜500円/件)が無料
海外レストラン予約サービス たびらく サービス手数料(500円+税/件)が無料で予約可能
アラモレンタカー ハワイ、グアム、アメリカ、カナダで20%割引優待
ハワイでの優待特典 アクア-アストン・ホスピタリティーのホテル・コンドミニアムが最大15%OFF
アトラクション施設が10%~15%割引
VisaゴールドKaligo Kaligoでのホテル予約が25%ボーナスマイル/ポイント
海外カード紛失のときの緊急カード発行サポート 海外でのゴールドカード紛失・盗難の時に緊急カードの発行をサポート(主要都市なら1~3営業日で郵送)
Visa プレミアムカーレンタル プレミアム輸入車のレンタルサービスが一般料金から約15%オフ
ザ・コンコルド・ワインクラブ 会員制ワインクラブ向けに厳選された特別ワインセットを購入可能

その他エポスゴールドカードの特徴については以下で徹底解説しています。

エポスカードという丸井のクレジットカードがあります。エポスカードの種類の中には、「エポスゴールドカード」いうゴールドカードが...

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんも、おすすめのゴールドカードとしてエポスゴールドカードを挙げていらっしゃいました。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

エポスゴールドカードはクレジットカードのレジェンドも高く評価しているゴールドカードです。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...

年会費無料のゴールドカードは稀有であり、質実剛健なハイ・クオリティー・カードです。空港ラウンジを無料で使えるクレジットカードの一角です。

ゴールドカードランキングの上位に位置付けられるハイ・クオリティー・カードです。

特典も充実しており、ゴールドカードとしてはもちろん、あらゆるクレカを含めてもコストパフォーマンスが高いカードです。私は最強のクレジットカードだと考えています。

エポスゴールドカードは自己申込みの場合は初年度5,000円(税抜)の年会費が発生しますけれども、インビテーションが届いてから発行したら、年会費は永年無料となります。

エポスカードとエポスゴールドカード

インビテーションの基準はエポスカードの1年以上の保有、年50万円以上の利用なのでハードルは低いです。

丸井の人気クレジットカード「エポスゴールドカード」は、自分から申し込むことも可能ですが、インビテーションが届いた場合は、年会...

まだお持ちでなければこの機会にエポスカードに入会して、エポスゴールドカードを目指してみてはいかがでしょうか。

公式サイトエポスカード 公式キャンペーン

JQ CARD エポスゴールド

マイラーの場合はJQ CARD エポスゴールドがおすすめです。知名度は高くありませんが、2.1%ANAマイル還元を具現化する隠れ名カードです。

JQ CARD エポスゴールド

JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARD エポスを持っている方がインビテーションを受けると発行できるゴールドカードです。

年会費無料のゴールドカードで希少価値が高く、しかも還元率が高くて特典も充実しているハイ・クオリティー・カードです。

エポスゴールドカードとJQカードの魅力を融合させたクレジットカードで、年100万円ちょうど利用した際には、ボーナスポイントと合わせて1.5%還元となります。

JRキューポはGポイントに交換できるので、JQセゾンルートGポイント永久不滅ポイント→ANAマイルと交換すると、1対0.7のレートでANAマイルに移行できます。

つまり年100万円ぴったり利用した際のマイル付与率が1.05%となります。100万円超の利用分は0.35%です。

また、「モバイルスイカ」をポイント3倍のショップに登録した場合、モバイルSuicaApple PayのSuicaGoogle PayのSuicaが、1.05%ANAマイル還元となります。

エポスゴールドカード・プラチナカードの選べるポイントアップショップの登録画面

Apple Payに登録したSuica

JR西日本を登録した場合は、SMART ICOCAへのチャージが、1.05%ANAマイル還元で卓越した高還元に昇華します。

年100万円ぴったりポイント3倍のお店(3つまで選択可能)だけで使った場合、なんと1.75%ANAマイル還元です。

なお、JALマイルの場合でも最大1.5%還元となり、JALマイルがお得に貯まるクレジットカードの1枚です。

更にANAマイレージクラブ モバイルプラスに加入した場合、月300円(税抜)のコストで、おサイフケータイ、Edy機能付きのANAカードでのEdy払いが1.5%マイル還元となります。

年間維持コストは3,600円(税抜)です。モバイルプラスはドコモ、au、ソフトバンクの回線契約が必要で、MVNOだとNGなのがデメリットです。

ANAカード

つまり、年100万円ぴったりJQカード エポスゴールドをEdyチャージに利用し、かつモバイルプラスに加入してEdy払いに使ったら2.55%ANAマイル還元となります。

年間ボーナスを含めない場合は、Edyチャージ時の0.35%+モバイルプラスの1.5%で合計1.85%となります。

その他、JQ CARD エポスゴールドの詳細については、以下で精緻に分析しています。

エポスカードが発行しているJQ CARDにはゴールドカードもあります。エポスカードの種類の中では提携ゴールドカードであり、「JQ CARD ...

デメリットは改悪リスクがある点です。Edy一体型AMCの発行を終了しており、ANAのEdyに対するコミットの温度感は低下しています。

ANAモバイルプラスのEdy1.5%マイル還元、JRキューポの交換システム、エポスゴールドの年間ボーナスに改悪リスクがあります。

JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARDエポスを作成して年50万円以上利用したら、インビテーションが届く可能性があります。

なお、通常のエポスカードを持っている方は、JQ CARDエポスに切り替えることが可能です。

JQ CARDエポスの入会キャンペーンはたったの2,000円相当ですが、通常のエポスカードは紹介制度で2,500円以上となります。

したがって、まずはエポスカードを作成して、そこからJQ CARDエポスに切り替えることをおすすめします。

エポスポイントの交換先にJRキューポがある画面

エポスポイントとJRキューポは相互交換できるので、エポスカードのポイントはJQ CARDエポスに引き継がせることが可能です。

エポスカードはネット限定でお得な入会キャンペーンを開催しています。「おしごと」の下にある「ご紹介番号」に「19121522852」をご入力いただくと、更に紹介特典で500ポイントが上乗せされます。

公式サイトエポスカード 公式キャンペーン

JMB WAON + JALカード

JALカードとJMB WAON

JALマイラーの場合は、JMB WAONJALカードという組み合わせも選択肢となります。

一部のJALカードでのチャージ時にショッピングマイル・プレミアム加入で1%、利用時に0.5%のマイルを得られるので、合計マイル付与率は1.5%です。

通説に則り1マイルの価値を2円と考えると3%還元なので十分にお得です。

注意点としてはあらゆるJALカードがWAONチャージでポイント付与の対象ではない点です。

カード名 マイル付与対象
電子マネー
チャージ可能だが
マイル付与の対象外
JAL・JCBカード QUICPay、WAON モバイルSuica
SMART ICOCA
JALカード OPクレジット PASMO モバイルSuica
SMART ICOCA
JALカードSuica Suica SMART ICOCA
JALカード DC(Visa/Mastercard) WAON 楽天Edy
モバイルSuica
SMART ICOCA
JALカード TOKYU POINT ClubQ WAON、
PASMO(※)
楽天Edy
モバイルSuica
SMART ICOCA
JALダイナースカード SMART ICOCA 楽天Edy
モバイルSuica
JALアメックス なし モバイルSuica
SMART ICOCA

※200円あたり1 TOKYU POINT

マイルは価値にレバレッジがかかるのが魅力的です。特典航空券へ交換すると、1ポイントの価値が数円に昇華します。

国内線特典航空券で利用すると1マイルの価値が1.5円~2円程度、国際線のビジネスクラスだと1マイル2.5~5円程度、ファーストクラスなら7~16円程度に跳ね上がります。

公式サイトJALビジネスクラスの詳細

JAL国際線 特典航空券PLUSの導入によってマイルが高騰している日程が多くなっています。

しかし、本来は満席の場合が高騰しているだけであり、従来どおりの枠は残されているのが素晴らしいです。

また、アメリカン航空・エミレーツ航空・ブリティッシュエアウェイズ・カンタス航空といった提携社特典航空券であれば、お得なマイル数で利用できます。

日本を代表する航空会社の一角がJAL(日本航空)ですね。JALマイルを貯めているという方も数多くいらっしゃるでしょう。マイルは使い...

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーはまとめて支払いが選択肢

ワイモバイル

PayPayには「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」というチャージ方法があります。

Softbank・Y!mobileの携帯電話回線と、PayPayアカウントを連携していると、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いでPayPay残高にチャージできます。

月々のスマホの利用料金とPayPay残高へのチャージ金額をまとめて支払う方式となります。

したがって、ソフトバンク・ワイモバイルと契約しているユーザーの場合、ヤフーカード以外の高還元クレジットカードをスマホ料金の支払いに利用すると、合計1.5%を超える還元率を実現できます。

PayPayの改悪まとめ

PayPayが改悪されて、2019年10月1日以降のショッピングは、ヤフーカード以外のクレジットカードの決済ではPayPay独自の還元が0%となります。

PayPay残高、ヤフーカード決済の場合でも、還元率が3%から1.5%に半減します

支払い方法 ~9月30日 10月1日~ 4月1日~
PayPay残高、ヤフーカード 3.0% 1.5% 0.5%
ヤフーカード以外のクレジットカード 0.5% 0.0% 0.0%

ヤフーカード決済の場合はPayPayの1.5%に加えて1.0%のTポイントを別途得られましたが、2020年2月からは1%のTポイントは還元対象外となります。

2020年4月以降、PayPay利用による還元は、0.5%のPayPayボーナスのみとなり、ポイント二重取りが封鎖されました。

2019年9月末まではPayPayが無双で、お得な決済手段No.1となることも多い状況でしたが、現在はPayPayよりお得な支払い方法が生じます。

クレジットカード名 年間コスト(税抜) 還元率
Kyash CardREXカード 無料
※発行手数料900円
合計2.25%
年会費無料のおすすめクレジットカード 無料 1.0~1.5%還元
航空系クレジットカード カードによる 1.0~1.8%マイル還元
au PAY(旧WALLET)+クレジットカード カードによる 1.5%~1.7%程度
エポスゴールドカード 無料で維持可 最大3.0%のエポスポイント
JQ CARD エポスゴールド 無料 最大2.1%のANAマイル
ANA VISAプラチナ プレミアムカード 80,000 最大1.8%のANAマイル
JMB WAONJALカード 5,000円~ 1.5%のJALマイル

あまり手間がかかりすぎたり、リボ払いの上手な活用はハードルが高い側面があるので、この中でおすすめを1つ厳選すると、Kyash CardREXカードです。

年会費が無条件で無料となっており、コスト0円でお手軽に高還元のキャッシュレス決済が可能です。

REXカード

年会費が完全無料で1.25%と高還元のREXカードが、Kyash利用分もREX POINTを獲得できるのが大きな利点です。

REXカードは最強に利便性が高い現金還元なので、使い方が極限までシンプルなのが大きなメリット。お得なキャッシュバックのクレジットカードですよ!

ザクザクとJデポによる現金還元を享受でき、浮いた分で美味しいものを食べたり旅行したり、貯金したり色んなことができます。

高還元カードならではのメリットであり、ジャックスカードの中で最も人気が高い一枚です。充実の付帯特典も満載!

その他、カードスペックの詳細については、以下で徹底的に解説しています。

REX CARD(レックスカード)というクレジットカードがあります。年会費が無料、ポイントが1.25%と高還元、現金でのキャッシュバックが...

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめの「年会費無料カード」としてREXカードを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

また、クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんも、おすすめの年会費無料カードとしてREX CARDを挙げていらっしゃいました。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

REX CARDはクレジットカードのレジェンドも高く評価しているクレジットカードです。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

REXカードはお得な入会キャンペーンも魅力的です。なんと最大で5,000円分がプレゼントされます。

公式サイトREXカード 公式キャンペーン

-キャッシュレス決済, Pay
-

© 2014-2020 The Goal