コスモ石油がWAON POINTを導入!0.5%でイオンの共通ポイントが貯まる!

更新日: キャッシュレス決済 ポイント

WAON POINTカードとイオンカード

コスモ石油がイオンの共通ポイント「WAON POINT」を導入します。2018年9月1日(土)から、全国のコスモ石油サービスステーションで、WAON POINTが貯まるようになりました。

給油代金200円(税込)あたり1WAON POINTが貯まります。還元率は0.5%と共通ポイントとしては標準的です。

一部店舗から開始して、将来的には全国約1,000店舗に導入される予定となっています。

コスモ石油のWAON POINTについて、注意点を完全網羅して、わかりやすく徹底的に解説します。

WAON POINTとは

「WAON POINT」は家族や地域社会とつながり、健康生活も応援するイオンの共通ポイントサービスとして2016年6月よりサービスを開始しました。

電子マネーWAONで貯まるWAONポイントと発音が同じで、概念も似ていて紛らわしく、導入直後は混乱が巻き起こりました。

しかし、導入から約2年近く経ち、今では定着されています。会員数は2018年2月末時点で約4,500万人まで拡大しています。

会員サイト「smart WAON」に登録して、使う流れになります。現金払いの際にも0.5%のWAON POINT(共通ポイント)が貯まります。

電子マネーWAONで決済した際には、月間利用額の合計に対して0.2%のWAON POINTが貯まり、合計で0.7%還元となります。イオンカード払いの際には貯まりません。

イオンカード以外のクレジットカードで決済して、WAON POINTカードを提示した場合、クレジットカードのポイント・マイル・CB等とWAON POINTを二重取りできます。

訴求力の高いポイント二重取りが可能です。将棋において飛車だけよりは、飛車・角の方が強いのと同様に、ポイントも一つだけよりは二つ獲得できる方が嬉しいですね。

イオンの共通ポイント「WAON POINT」の詳細については、以下で精緻に分析しています。

イオンが2016年6月から新しい共通ポイント「WAON POINT」を開始。現金やギフトカードでのお買い物でもWAONポイントが貯まるよ...

コスモ石油は「WAON POINT」開始を記念して、期間限定でのポイントアップなど、お得なキャンペーンの実施も予定しています。

WAON POINT導入後にコスモ石油で得する方法

コスモ・ザ・カード・オーパス

コスモ石油はイオンとの提携クレジットカード「コスモ・ザ・カード・オーパス」を発行しています。

コスモ石油で会員価格でお得にガソリン・軽油・灯油を給油できる点が最大のメリットです。

具体的な割引額はガソリンスタンドによって異なります。店頭価格より1リットルあたり2~4円OFFとなるSSが多いです。

一部に会員価格とならない店舗もありますが、中には5円OFF・6円OFFとなる場合もあります。

基本還元率は0.5%と今ひとつですけれども、コスモ石油の利用時はポイント2倍で1%還元です。

本体のカードもETCカードも完全無料で発行・維持できます。利用に一切費用はかかりません。入会から3ヶ月間は、50リットルまで10円/リットルがキャッシュバックされます。

イオンカードのお得な機能も附帯しており、イオングループでの5%OFF、イオンシネマでの映画割引などが大きなメリットです。

コスモ・ザ・カード・オーパスの支払い時はWAON POINTの対象外です。

コスモ・ザ・カード・オーパスというクレジットカードがあります。コスモ石油とイオンが提携して発行しています。会員価格で...

コスモ・ザ・カード・オーパスは電子マネー「WAON」も搭載されています。コスモ石油サービスステーションではWAONで支払うことも可能です。

WAON払いの場合は、チャージでポイントが貯まるクレジットカードの活用がおすすめです。

WAON(ワオン)というイオングループの電子マネーがあります。JALマイレージバンク機能と一体型の「JMB WAON」もあります。イオ...

もちろん、JALマイルが貯まるJMB WAONでもOKです。JALカードからチャージして利用すると合計で1.5%のマイル付与率とパワフルです。

JMB WAON

ただし、JMB WAON払いでは共通ポイントのWAON POINTは貯まりません。

その他、JCB、Visa、Mastercard等のクレジットカードが利用可能です。ただし、一部店舗ではクレカ払いができません。

イオンカード以外のクレジットカード決済の時は、イオンと同じ仕様であれば0.5%のWAON POINTが貯まります。

WAON POINT導入後も、基本的には2円~4円程度の会員割引に加えて、1%のときめきポイントを獲得できるコスモザカードオーパス払いがお得です。

ガソリン・
軽油料金/l
1リットルあたり割引額
2円3円4円5円6円
75円2.67%4.00%5.33%6.67%8.00%
80円2.50%3.75%5.00%6.25%7.50%
85円2.35%3.53%4.71%5.88%7.06%
90円2.22%3.33%4.44%5.56%6.67%
95円2.11%3.16%4.21%5.26%6.32%
100円2.00%3.00%4.00%5.00%6.00%
105円1.90%2.86%3.81%4.76%5.71%
110円1.82%2.73%3.64%4.55%5.45%
115円1.74%2.61%3.48%4.35%5.22%
120円1.67%2.50%3.33%4.17%5.00%
125円1.60%2.40%3.20%4.00%4.80%
130円1.54%2.31%3.08%3.85%4.62%
135円1.48%2.22%2.96%3.70%4.44%
140円1.43%2.14%2.86%3.57%4.29%
145円1.38%2.07%2.76%3.45%4.14%
150円1.33%2.00%2.67%3.33%4.00%
155円1.29%1.94%2.58%3.23%3.87%
160円1.25%1.88%2.50%3.13%3.75%
165円1.21%1.82%2.42%3.03%3.64%
170円1.18%1.76%2.35%2.94%3.53%
175円1.14%1.71%2.29%2.86%3.43%
180円1.11%1.67%2.22%2.78%3.33%
185円1.08%1.62%2.16%2.70%3.24%

2011年9月~2021年8月の10年間は、概ねレギュラー価格は104円~164円/L、軽油価格は84~141円/L、ハイオク価格は112円~175円/Lで推移してきました。

マイラーですとANA VISA/Mastercardも候補となります。ANA一般カードのうち、三井住友カード、JCBが発行しているクレジットカードはリーズナブルな年会費で維持できます。

以下のANAカード7枚を保有すると、1マイル1円弱のコストで毎年7,000マイルを得られます!

マイ・ペイすリボに登録して年1回手数料を発生させれば、年会費がSuica・nimoca・TOKYU POINT ClubQは751円(税抜)、VISA、マスターは1,025円(税抜)まで下げられます。

ANA JCB一般カード・ソラチカはスマリボの活用で年会費負担は750円(税抜)に低下します。

これらのANA一般カードは毎年1,000マイルの継続ボーナスが1枚ごとにもらえるので、これだけで元は取れます。

多くのクレカを保有することに抵抗がなければ、7枚すべてを発行するのも手です。

7枚全て発行したら、1マイル1円弱のコストで毎年7,000マイルが手に入ります。1マイルの価値を2円以上と考えるならお得です。

マイル還元率の側面では、ANA VISAカードANA Mastercardが、マイ・ペイすリボの活用でザクザクとポイントが貯まる仕組みがあります。

年会費80,000円~155,000円(税抜)のANA プラチナ・プレミアムカードを除くと、ANAカードの中ではお手軽に高還元にできます。

マイ・ペイすリボ」を利用すると、リボ払い手数料の請求がある月は、ポイント(マイル付与率)が+0.3%になります。なんとANAマイルが1.3%還元に!

注目すべきなのは、リボ払いで支払った上で「リボ払い手数料」の口座引き落としが1円でも発生すれば、その月の利用代金のすべてポイントアップ(マイル付与率+0.3%)となる点です。

例えば、ある月の利用額合計が110,700円だった場合、マイ・ペイすリボの金額を110,000円に設定すれば、リボ払いの手数料は700円の部分にしか発生しません。

それでポイントが上がるので、リボ払いの手数料よりも、得られるポイントの方が圧倒的に大きくなります。

ANA VISA ワイドゴールドカードでのマイ・ペイすリボによるボーナスポイント

ANA一般カードANAワイドカードの場合、マイル移行手数料が発生しますが、スケジュール管理を工夫すると3年に1回で済みます(1年あたり税抜2,000円)。

  1. 2021年4月1日に通常コース(手動移行)に登録(2022/3/31迄1ポイント→2マイルに)
  2. 2022年3月31日に全ポイントをマイルに移行
  3. 2022年4月1日~2024年3月31日の期間はポイントを交換しない(※2022年4月の獲得ポイントの有効期限は2024年4月末)
  4. 2024年4月にポイントをマイルに交換(※4月末までに交換しないとポイントが失効する点に注意)

後はこれを繰り返せば、マイル移行手数料の支払いは3年に1回で済みます。

年会費が上がってゴールドカードでもOKの場合は、ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードに魅力があります。マイル移行手数料が発生しないので、シンプルな運用が可能です。

ANA VISA ワイドゴールドカード

マイル付与率は最大1.3%まで上昇し、年会費は9,500円(税抜)で継続ボーナスが3,000マイルもらえます。フライトボーナス・独自特典も充実。

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードというクレジットカードがあります。ANA(全日空)と三井住友カードが提携して発行して...

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんは、おすすめのゴールドカードとしてANA VISA/マスター ワイドゴールドカードを挙げていらっしゃいました。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードは、クレジットカードのレジェンドも高く評価しています。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの...

まとめ

コスモ石油がイオンの共通ポイント「WAON POINT」を導入します。2018年9月1日(土)から、全国のコスモ石油サービスステーションで、WAON POINTが貯まるようになりました。

給油代金200円(税込)あたり1WAON POINTが貯まります。還元率は0.5%と共通ポイントとしては標準的です。

一部店舗から開始して、将来的には全国約1,000店舗に導入される予定となっています。

ただし、コスモ・ザ・カード・オーパスは会員割引&1%ときめきポイント還元なので、基本的にはこちらがお得です。数千円相当のお得な入会キャンペーンも魅力的です。

コスモ・ザ・カード・オーパス 公式キャンペーン

コスモ・ザ・カード・オーパスはたまにしか使わないという方は、現在WAON POINTが導入されているイオングループ店舗と同じ仕様であれば、高還元クレジットカード&WAON POINTカード提示がお得です。

クレジットカードの利用に抵抗がある方は、電子マネーの利用もNGという方は、現金払いに加えて0.5%のWAON POINTを得られるようになるので、コスモ石油のメリットが増幅します。

給油の元手づくりには、当サイト限定のタイアップキャンペーンがおすすめです。着実なリターンを得られます。

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップの口座開設プログラムを開催しています。なんと3,000円分で、ネット証券としては破格の内容です。

SBI証券のタイアップキャンペーン

口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券は1000万円までは銀行預金のような公的な保護(投資者保護基金)があるので安心・安全です。銀行預金と同じで万が一破綻しても保護されます。

口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

SBIネオトレード証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。

SBIネオトレード証券 公式キャンペーン

岡三オンライン証券も、当サイト限定でお得な入会キャンペーンを行なっています。老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

口座開設と5万円以上の入金だけで4,000円がプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

その他、お得な口座開設キャンペーンが多数あります。

その他、代表的なポイントについては以下にまとめています。

区分ポイント名
共通TポイントPontaポイント楽天ポイントdポイント
特定企業WAON POINTnanacoポイントリクルートポイントLINEポイント
電鉄系JREポイントSポイント

-キャッシュレス決済, ポイント
-

© 2014-2021 The Goal