【2019】au WALLET(ウォレット)のポイント・チャージ方法・使い方を徹底解説!

更新日: キャッシュレス決済 プリペイドカード

au WALLET

auはMastercard搭載型プリペイドカード「au WALLET(ウォレット)」を発行しています。

充実した入会キャンペーン、特約店で高還元率、お得なポイント二重取りなどが人気になっています。

au WALLET プリペイドカードのメリット、デメリット、チャージの方法、お得な使い方、クレジットカードとの比較、キャンペーンについて解説します。

私は52枚のクレジットカードを保有して年会費113万円であり、年会費無料カードからブラックカードまで、15年間に渡って幾多のカードを活用してきました。

机上の空論ではなく、数多くのカードを実生活において徹底的に活用した経験を活かして、auウォレットについて2019年6月の最新の状況を分析しました。

au WALLET(ウォレット)の特徴

auウォレットには、プリペイドカードとクレジットカードがあります。

  • au WALLET プリペイドカード:事前にチャージした範囲内で利用可能
  • au WALLET クレジットカード:審査で付与された利用可能枠の範囲内で利用可能

au WALLET プリペイドカードは「国際ブランド搭載型プリペイドカード」であり、LINE PayカードおさいふPontaソフトバンクカードJAL Global WALLETと同じタイプです。

クレジットカードの方は、その名の通りクレカであり、審査の結果付与された利用限度額の枠内でカードショッピング等が可能です。

一般カードのau WALLET クレジットカードau WALLET ゴールドカードの2種類があります。

このページではau WALLET プリペイドカードを中心に解説して、クレジットカードとの比較についてもご紹介します。

au WALLETプリペイドカード

au WALLETはプリペイド式の電子マネーカードです。auウォレットと呼ばれています。

交通系電子マネーやnanaco・楽天Edyのように、事前にチャージした金額の範囲内で、普通のクレジットカードのようにMastercard加盟店にて、買い物等の決済に使えます。

チャージ手段はクレジットカード・じぶん銀行・auショップ(現金)等です。

審査不要・発行手数料無料・年会費無料・チャージ手数料無料となっており、発行・維持に費用は一切かかりません。

クレジットカードのMastercardが使えるお店なら、一部を除いて原則として利用可能です。有効期限はカード発行から5年間です。

Mastercardの暖簾

MastercardはVISAと並んで世界中で加盟店が多く、地球上で幅広く使える圧巻の決済力があります。

au WALLETは他の電子マネーやプリペイドカードと比較すると、使える場所が格段に多いのが特徴です。

JCB・アメックス・ダイナースクラブは海外では使えない加盟店も多く、結局サブカードとしてVISAかMastercardを持たざるを得ません。

事実、クレジットカードの売上高の世界シェアは、Visaが50%で1位、Mastercardが26%で2位です(NILSON REPORT 2018年4月)。

この2つで約76%と圧倒的なビッグ2となっています。飛車角です。

  1. Visa:50%
  2. Mastercard:26%
  3. UnionPay(銀聯):20%
  4. Amex:3%
  5. JCB:1%
  6. DinersClub/DISCOVER:1%

au WALLETはプリペイド電子マネー「WebMoney」が使えるインターネットのサイトでも利用可能です。一例としては、Amazon.co.jp、iTunes Store等で使えます。

au WALLETはリアル店舗やインターネットでのお買い物や、アプリ・ゲームの課金に使えます。カード利用に応じてWALLET ポイントが貯まるお得なカードです。

幅広く利用可能ですけれども、公共料金等には使用することができません。使えない主なジャンルは以下のとおりです(利用不可店舗一覧)。

  • 携帯電話料金・固定電話料金
  • その他月次課金料金(インターネットプロバイダー等)
  • カーシェアリング
  • 生命保険・損害保険保険料
  • 電子マネー
  • ガソリンスタンドの給油(出光はOK)、高速道路料金
  • 飛行機の機内販売

auウォレットの最大のメリットは高還元

au WALLETはお得なキャンペーンを展開していたり、チャージ方法を工夫することで得できる仕組みが盛り込まれています。上手く使うと家計が助かります。

チャージでポイント二重取りが可能!

au WALLETのアプリ

「auかんたん決済」、「クレジットカード」でチャージすると、クレジットカードのポイントと、auウォレットの利用によるWALLETポイントが二重取りできます。

クレジットカードチャージは、Mastercardマークの付いた全クレジットカード、Visa・JCBブランドの一部クレジットカードで可能です。

au WALLETにチャージする際のおすすめクレジットカードをまとめると以下の通りです。

au WALLETプリペイドカードへのチャージの詳細は、以下で徹底的に解説しています。

au WALLET プリペイドカードというプリペイド式の電子マネーカードが2014年に登場しました。じぶん銀行からのチャージで2014年12月末...

WALLET ポイントが貯められる

au WALLETで買い物するたびに、200円ごとに1ポイントの「WALLET ポイント」が貯まります。還元率は0.5%です。

ポイント・マイル対象のクレジットカードでチャージした場合、チャージ時に加えてポイントが付与されるので、ポイント二重取りでお得です。

一部の「ポイントアップ店」では、還元率が1.0~2.0になります。セブンイレブン、イトーヨーカドー、マツモトキヨシ、スターバックス、紀伊國屋書店は使いやすいです。

セブンイレブンイトーヨーカドーマツモトキヨシスターバックスの食事とコーヒー

レストラン・居酒屋ではココス、ラ・パウザ、かっぱ寿司、肉の万世、梅の花などが対象です。

その他、家電のヤマダ電機、ファッションのGAP、カラオケのBIG ECHOなど、便利な店舗が揃っています(au WALLET ポイントアップ店一覧)。

セブン-イレブン等の一部店舗では、auかんたん決済のプリペイドカード、クレジットカードは、ポイントアップ対象外となります。

auかんたん決済での支払いカードにau WALLETプリペイドカード、au WALLETクレジットカードを登録して、auかんたん決済で支払った場合は、ポイント対象外という意味です。

auかんたん決済でau WALLETにチャージして、auウォレットで支払った場合はポイントアップの対象なのでご安心ください。

お得なキャンペーン

au WALLETは定期的にお得なキャンペーンを開催しています。

過去の開催事例

  • セブン-イレブンなど特定の店舗での利用でポイント還元率UP
  • au WALLETへのポイントチャージで増量
  • WebMoney加盟店での利用でキャッシュバック

2019年はPayサービスのau PAYがローンチされてそちらに力が入っており、auウォレットのキャンペーンは控えめになっています。

現在は「au WALLET ウェルカムガチャ」が実施されており、auショップ店頭で専用端末にau WALLET カードをかざすと、抽選で最大3,000ポイントを獲得できます。

公式サイトau WALLETの最新のキャンペーン一覧

ぐるなびのネット予約でポイントが貯まる

おしゃれな居酒屋

飲食店予約サイトの「ぐるなび」の無料会員になり、ネット経由で飲食店の予約をすると、ポイントが貯まります。

貯まるポイントは自分で選ぶことができ、WALLETポイントを選ぶこともできます(詳細)。

ぐるなびネット予約、ぐるなびスーパーらくらく幹事さん、こちら秘書室での予約・来店で、来店人数×100ポイントが得られます。

オートチャージ・リアルタイムチャージが可能

auかんたん決済では、au WALLETへのオートチャージの設定も可能です。SuicaやPASMO、SUGOCA等の交通系電子マネーで定番のサービスですね。

auかんたん決済とは、auの携帯電話や固定インターネット回線の月々の通信料金と合算して支払うサービスです。

残高がオートチャージ指定金額未満になったら、自動的にauかんたん決済でチャージされます。

auかんたん決済の支払い方法にクレジットカードを指定しておけば、オートチャージでクレジットカードのポイントが貯まります。

オートチャージはアプリから設定できます。アプリ起動後のトップ画面の左下にあるオレンジ色の「MENU」→「チャージ(入金)」→「オートチャージ設定」と進みましょう。

au WALLETのオートチャージ設定画面

また、au WALLETプリペイドカードの残高不足時に、その場で不足分をチャージする「リアルタイムチャージ」という仕組みがあります。

チャージ残高が足りない場合は不足金額が自動的に、以下どちらかの方法でチャージされて、支払いが完了するので便利です。

  • auかんたん決済
  • じぶん銀行からの入金

オートチャージ設定時にどちらでチャージするか選択することが可能です。

リアルタイムチャージは残高不足でもチャージして決済がフィニッシュするので、au WALLET残高を気にせずに利用できます。

auかんたん決済でリアルタイムチャージを行うと、au WALLETプリペイドカードでの支払代金も、月々のauの通信料金と合算して支払えるようになります。

じぶん銀行でリアルタイムチャージする場合、できる金額はじぶん銀行の普通預金口座の残高の範囲内となります。

お買い物前にau WALLETプリペイドカードのチャージ残高を気にする必要がなくなります。

じぶん銀行のキャッシュカード

じぶん銀行の預金額の範囲内でお買い物ができるようになるので、au WALLETプリペイドカードがMastercardのデビットカードのように利用可能になります。

じぶん銀行のスマホデビットはインターネットでのJCB加盟店、おサイフケータイの場合はQUICPay加盟店で利用できますが、それよりもau WALLETの方が使えるお店が広くて便利です。

ただし、デメリットはポイント還元がない点です。au WALLETで最大限に得するためには、クレジットカードによるチャージがベストです。

まずau WALLETアプリを起動して、「MENU」内の「プリペイドカード」の「オートチャージ・出金の申込み」をタップして、申し込みます。

次に「各種設定」の「オートチャージ設定」をON(設定)にすればリアルタイムチャージが使えるようになります。

「月間オートチャージ限度額設定」でリアルタイムチャージの上限額を設定することも可能です。

個人間の送金も可能

au WALLET プリペイドカード保有者同士でチャージ残高が送金できる「個人間の送金サービス」も開始しました。

au WALLETアプリから、相手の携帯電話番号と氏名カナ(2文字)を入力するだけで送金することが可能です。

au WALLETプリペイドカードのチャージ残高をじぶん銀行に払い出す機能も加わり、チャージ残高を現金化できます(詳細)。


WALLETポイントの使い方

auウォレットで貯めたWALLETポイントは多様な使い道があります。

プリペイドカードにチャージしてMastercard加盟店で利用

貯まったポイントはau WALLET カードにチャージして、次のお買い物に使えます。

一定のポイントを貯めて交換などの手間がないので、ウォレットポイントは現金同様の利便性がありますね。これは便利です。

auのケータイ料金・通信料金

au通信料への充当もできます。以下3つから指定したコースの金額を、申し込みの翌月請求分のau利用料金から6カ月、WALLET ポイントが使用されます。

  • 3,000ポイントコース (毎月500円分×6カ月充当)
  • 6,000ポイントコース (毎月1,000円分×6カ月充当)
  • 12,000ポイントコース (毎月2,000円分×6カ月充当)

また、au携帯電話の本体代金、au携帯電話の充電器やカバーなどのオプション品購入、修理代金、auかんたん決済でのコンテンツ購入などに利用可能です。

ゲームや楽曲などのデジタルコンテンツもWALLETポイントでサクッと買えます。

提携ポイント・グルメ・雑貨・家電等と交換

交換レートは悪化しますけれども、旬のグルメや人気の雑貨や家電などの商品とも交換できます。

auかんたん決済が使えるネット通販サイト等での支払いにも利用できます。支払い画面で利用するポイントを打ち込めばOKです。

提携ポイントに交換することも可能。マツモトキヨシ現金ポイント、スターバックスカード、ACCORDIA GOLFポイントに1ポイント1円で交換可能です。

ちなみにWALLETポイントはスターバックスカードに交換できますが、au WALLETカードへのチャージにした方がお得です。

例えば、1,000WALLETポイントをスターバックス カードにチャージした場合は1,000円です。

しかし、1,000WALLETポイントをau WALLETにチャージして更にスターバックスカードにチャージすると、20WALLETポイントが得られるので、20円分お得になります。

au STAR ギフトセレクション

会員専用ポイント交換サイト「au STAR ギフトセレクション」では上質の厳選ギフトと交換でき、1ポイント1円以上のレートで交換できることもあります。

au STARクーポン

「au STAR クーポン」では、WALLET ポイントと電子ギフトチケットを交換してお得に商品を得られます。

数百ポイントで交換できるので、小口のWALLETポイントを利用して、コンビニエンスストア・カフェ・レストランなどで使える電子クーポンに交換することが可能です。

家族間でのポイント移行も可能!有効期間は4年

家族などの間でポイントを贈ることも可能です。申し込みサイトで、ポイントを贈りたい相手のau携帯電話番号かau IDと、契約者の名前の頭文字2文字を指定すればOKです。

ポイント運用

2019年4月9日からは、au WALLETポイントを使って投資することが可能になりました。

投資先は「auスマート・プライム(高成長)」となります。auのiDeCoでも採用されている投信です。

お手軽に国内外に国際分散投資が可能なのが大きなメリットです。

au WALLETポイントを利用して投資ができる「au WALLETポイント運用」が2019年4月9日に開始しました。サービス利用に伴う手数料は無料...

au WALLETへのチャージ方法

座ってスマホ・タブレット・パソコンを見る人々

au WALLETへのチャージ方法は多様であり、現金、銀行、クレカ、ポイントなど幅広い手段が用意されています。

チャージ方法 備考
じぶん銀行 銀行口座から引き落とし
auかんたん決済 月々の通信料金と合算して支払い
クレジットカード 一部のクレカのみ可能
WALLETポイント/auポイント 月に1回のみ
WALLET ポイント:1P⇒1円
auポイント:1.2P⇒1円
ローソンの店頭でチャージ ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100の店頭
au WALLETチャージカード 全国のauショップで購入可能
リアルタイムチャージ 決済時に残高不足となった場合、足りない分は
じぶん銀行の普通預金口座から即時チャージ

分類の切り口を変えて、チャージできる場所ごとに可能なチャージ方法をまとめると下表のとおりです。

場所 チャージ方法
au WALLETの会員サイト・アプリ auかんたん決済
じぶん銀行
クレジットカード
WALLETポイント
auポイント
au ショップ・Pipit・ローソンの店頭 現金
自動 リアルタイムチャージ

au WALLET プリペイドカードのチャージ残高の上限は100万円。これを超えてしまうチャージはできないため、100万円を超えるお買い物は不可能です。

じぶん銀行のチャージでは、方法ごとに1回でチャージできる金額が決まっています。それ以上チャージしたい場合は、複数回チャージすればOKです。

WALLETポイント/auポイントは、au WALLETカードやau WALLETクレジットカード、auでのサービス利用で貯まったポイントの交換であり、メインのチャージ方法ではありません。

WALLETポイントは月1回まで、100円以上20,000円以下の範囲で100円単位でチャージ可能です。

au WALLETへのチャージ方法は、auかんたん決済もしくはクレジットカードをメインとするのが望ましいです。

クレジットカードのポイントと、auウォレットカードの利用で貯まるポイントが二重でゲットでき、いわゆる「ポイント二重取り」が可能となるからです。

チャージに利用できるクレジットカード

クレジットカードを見ながらパソコンを操作する女性

クレジットカードでは、1回あたり3,000円からチャージできます。1ヶ月に10万円までクレジット・チャージが可能です。

auかんたん決済に使えるクレジットカード

auかんたん決済の支払い方法には、あらゆるクレジットカードを指定できるわけではありません。可能なクレジットカードは以下の通りです。

クレジットカード発行元 国際ブランド
Mastercard VISA JCB
au WALLETクレジットカード -
セゾンカード
UCカード
MUFGカード
DCカード
NICOSカード
楽天カード
イオンカード
TS CUBIC カード
セディナカード

JCBブランドのクレジットカードは、一部の発行元を除いて利用可能です。対象外となるカードは、「アプラス/オリコ/ジャックス/UCS/ライフカード/ゆめカード/VIEW/ポケットカード/日専連/エヌシー」です。

楽天カードイオンカードなど人気が高いクレジットカードがauかんたん決済に使えます。また、au WALLETクレジットカードももちろん使えます。

セゾンカードはロフトが5%割引となるロフトカードや、パルコが5%OFFとなるパルコカード、ららぽーと等がお得になる三井ショッピングパークカードセゾンなどがお得です。

意外なところでは、リクルートカードのVISAも発行元が三菱UFJニコスなので利用可能です。JCBのリクルートカードも当初は不可でしたが、可能になりました。

低コストで海外キャッシングが可能で、海外ATMでの現地通貨引き出しが便利なセディナカードも利用できます。

直接のクレジットカードでチャージ

エポスゴールドカードとau WALLETプリペイドカード

auかんたん決済ではなく、クレジットカードから直接au WALLETカードにチャージすることもできます。利用可能なクレジットカードは以下の通りです。

  • au WALLET クレジットカード
  • Mastercardのマークが付いたクレジットカード
  • エポスカード
  • 三菱UFJニコスが発行したVISAクレジットカード
  • クレディセゾンが発行したVISA・JCBクレジットカード
  • UCカードが発行したVISAクレジットカード
  • TS CUBIC カードのVISA・JCBクレジットカード

ただし、Mastercardでチャージは出来ても、ポイントの対象外というクレジットカードも多いです。

また、au WALLET クレジットカードのように一般加盟店での利用と比較して還元率が低下するカードもあります。

楽天カード・ライフカード・エポスカードなどは、ポイント付与の対象です。

au WALLETプリペイドカードへのチャージがお得なクレジットカードは、以下で徹底的に解説しています。

au WALLET プリペイドカードというプリペイド式の電子マネーカードが2014年に登場しました。じぶん銀行からのチャージで2014年12月末...

チャージの単位は、3,000円、5,000円、7,000円、10,000円、15,000円、20,000円、25,000円、30,000円、35,000円、40,000円、45,000円の11種類です。

クレジットカードによるチャージは、1ヶ月あたり10万円が上限なのがデメリットです。ポイント二重取りが可能なのは月10万円迄となります。


au WALLETの作り方・申し込みの流れ

au WALLETプリペイドカードはau ID一つあたり1枚申し込むことができます。

スマホ・タブレット・パソコン等でau WALLETの公式サイトもしくはアプリにログインして、すぐに申し込めます。

リアル店舗ではauショップ、PiPit、au取扱店で申し込むことが可能です。

auショップ

発行手続きが完了すると、後日au WALLETプリペイドカードが自宅に郵送されてきます。即日発行の仕組みはありません。

au WALLETカードが手元に届いたら、まずau WALLETのサイトやアプリで利用開始手続きを行う必要があります。au ID、パスワードを入力してログインし利用登録を行えばOKです。

au WALLETプリペイドカードは届いた時には、原則として残高は0円の状態となっています。

カードショッピングするためには、まずチャージする必要があります。チャージ後は、クレジットカードと同様に決済に利用できます。

プリペイド型カードなので、チャージした残高の範囲内でのみ利用できるのが原則です。

ただし、オートチャージの設定が完了したら、残高不足の場合はリアルタイムでチャージされるので、仮に足りない場合でも問題なく支払いが完了します。

au WALLET プリペイドカードとクレジットカードの比較

au WALLETクレジットカード本体

auWALLETにはプリペイドカードの他、クレジットカードであるau WALLET クレジットカードも登場しました。

クレカでしか払えない場合はau WALLET クレジットカード、それ以外はau WALLET プリペイドカードと併用する使い方もできます。二刀流でザクザクとWALLETポイントが貯まります。

auユーザーであれば、au WALLET クレジットカードも完全無料で利用可能です。国際ブランドはMastercardだけではなく、VISAも選択できます。基本還元率は1%です。

2014年にau WALLET(auウォレット)がマネー業界に地殻変動を起こしました。続いて、au WALLETクレジットカードが登場しました。au WALL...

au WALLET クレジットカードはお得な入会キャンペーンも魅力的です。

KDDIと三菱UFJニコスが提携して発行している「au WALLET クレジットカード」というクレジットカードがあります。ゴールドカードの「au...

au WALLET クレジットカード、ゴールドカードは即時利用サービスも開始しており、より一層便利で使いやすくなっています。

au WALLET クレジットカード、ゴールドカードが2018年6月12日から、カードが届く前にクレジット決済が可能になる「即時利用サービス」...

VISAでもMastercardでも、au WALLETプリペイドカードにチャージできます。ただし、チャージの際の還元率は0.5%に低下してしまいます。au WALLET プリペイドカード利用時の0.5%と合わせて合計1%です。

au WALLET クレジットカードよりも、楽天カードオリコカードザポイント等の還元率1%以上のクレジットカードでau WALLET プリペイドカードにチャージした方がお得です。

比較をまとめると、使える店舗はau WALLET クレジットカードの方が多いですが、ポイント還元率はau WALLET プリペイドカードの方が高くできます。

au WALLET プリペイドカードとau WALLET クレジットカード

auユーザーはどちらも無料で使えます。両方を併用して、普段はau WALLET プリペイドカードを使い、プリペイドカードが使えないお店ではクレジットカードという二刀流も検討し得ます。

au WALLETゴールドカードというゴールドカードもあります。ゴールドカードなので年会費は10,800円(税込)と高いです。

au WALLETクレジットカードのスペックに加えて、ゴールドカードならではの特典が付帯しています。

  • 毎年もらえる5,000円分の「au WALLET Market」のギフト券
  • 「LUXA RESERVE」(ルクサ リザーブ) の無料利用
  • 空港ラウンジサービスの無料利用(国内28ヶ所+ハワイ)
  • 年間利用額に応じて最大3,500Pのボーナスポイント
  • 充実の旅行傷害保険・ショッピング保険
  • レンタカー優待

auユーザーでauフラットプランを契約しており、数千円のパケット通信料を支払っている方なら、ゴールドカードを契約するとお得です。

au WALLET クレジットカードにはゴールドカードがあります。「au WALLET ゴールドカード」という名前です。au WALLET クレジットカー...

au WALLET プリペイドカードとクレジットカードの違いについては、以下で精緻に比較しています。

au WALLET(auウォレット)にはプリペイドカードとクレジットカードの2種類があります。auとの契約時のキャンペーンでは、au WALLETプリ...

よくあるQ&A

ポイント反映はいつ?

auウォレットのポイントは、加盟店が売上を確定してから付与されます。ポイント反映がいつかのタイミングは、利用した店によって違います。

例えば、じゃらん・楽天トラベル等の旅行サイトの予約で使った場合、実際に宿泊して支払いが確定するまではポイントが付与されません。

私は3ヶ月使っていますが、ポイントが付与されないことは一度もないので、即時にポイントが付かない場合でもご安心ください。

WALLETポイントの有効期限は?

WALLETポイントの有効期限は、ポイント付与から4年間となります。

ただし、au WALLETプリペイドカードにチャージさえすれば、1ポイント1円でMastercard加盟店にて使えます。

したがって、auウォレットの存在そのものを忘れてしまわない限り、有効期限が切れてしまうことはほとんどないでしょう。

ボーナス一括払いや分割払い、リボ払いは使える?

au WALLET プリペイドカードの利用支払い方法は1回払いのみです。

クレジットカードにはあるボーナス一括払い、ボーナス2回払い、分割払い、リボ払いを利用することはできません。

高額の支払いに使える?

auウォレットの残高は100万円となっているので、100万円を超える支払いはミッション・インポッシブルです。

ただし、ここまで多額の決済を行う方はほとんどいないでしょうから、大多数の方にとってはこの欠点は大きな問題ではありません。

デメリットはあるの?

au WALLET プリペイドカードにはデメリットが存在しています。

  • クレカ・auかんたん決済によるチャージに上限あり
  • 海外決済手数料が高い
  • ICチップ非搭載
  • 紛失時の補償が弱い
  • モバイルSuicaはポイント対象外
  • 払い戻し・キャンセルに時間がかかる場合あり
  • 海外旅行傷害保険が未付帯

詳細は以下で徹底的に解説しています。

au WALLET プリペイドカードというMastercard搭載のプリペイドカードがあります。インターネットやケータイ料金・保険料などの継続手...

Apple Payは使えるの?

au WALLET プリペイドカードとApple Pay

au WALLET プリペイドカードはApple Payでも利用可能です。登録すると、全国のQUICPay+加盟店でお買い物できます。

Apple PayでのSuicaへのチャージは、WALLETポイントの付与対象外となります。モバイルSuicaと同様の取扱いです。

iPhone7 / 7 Plus、Apple Watch Series 2から、おサイフケータイに類似するサービス「Apple Pay」(アップルペイ)が利用可能になりまし...

解約したい時はどうすればいい?

au WALLET プリペイドカードは特段の解約手続きは不要です。

ただし、残高の返金はないので、使い切ってからハサミを入れて処分しましょう。

残高をきれいに0円にして使い切る方法については、以下にまとめています。

au WALLET プリペイドカードというMastercard搭載型プリペイドカードがあります。auユーザーなら初回契約のキャンペーン適用条件に入...

まとめ

au WALLETカード3枚

au WALLETにはプリペイドカードとクレジットカードがあります。

プリペイドカードはMastercard加盟店で幅広く使えて、0.5%以上のWALLETポイント還元を享受できるのが大きなメリットです。

チャージの手間も大したことはなく、24時間365日いつでもサクッとケータイでチャージできます。

慣れると分速でチャージすることが可能です。チャージの手順は以下にまとめました。

au WALLET(au ウォレット)にじぶん銀行経由でチャージすると、初回10%、年内は5%の還元になります。これは驚異的にお得ですよね。...

クレジットカード、auかんたん決済、じぶん銀行、WALLETポイント、ローソン店頭などでチャージすることが可能です。

Orico Card THE POINT入会から半年間は2%還元でau WALLETにチャージでき、合計2.5%となってお得です。

365日いつでもお得にau WALLETにチャージできるクレカは、auかんたん決済経由でのDCカード Jizileです。年会費無料で、還元率合計2.0%となります。

「au WALLET」というauユーザーが使えるプリペイド式電子マネーがあります。2014年中はじぶん銀行経由でチャージすると還元率5.5%~8...

auかんたん決済ではなく、クレジットカードによるチャージがご希望の場合はリクルートカード(Visa/Mastercard)が合計1.7%還元になってバリューが高いです。

リクルートカードにMastercardブランドが2017年1月23日に光臨しました。これまではVISA・JCBでしたが、今後はMastercardも選べます。...

マイルを貯めている方は、ANA Mastercard等の航空系クレジットカードがお得です。

au WALLET プリペイドカードというプリペイド式の電子マネーカードが2014年に登場しました。じぶん銀行からのチャージで2014年12月末...

その他のクレジットカードを比較検討したいという場合は、以下のクレジットカード一覧をご参照ください。おすすめクレジットカードについて徹底的にまとめています。

「生活費の支払いでクレジットカードを有効活用していきたくてアドバイスをほしい」とコメント頂きました。生活費を良いクレジットカ...
クレジットカードには多種多様な種類があり、膨大な数のクレカが発行されています。あまりの多さに探しきれない程ですし、評判・口コ...

日本有数のクレジットカードの専門家でいらっしゃる岩田昭男さんのおすすめクレカについては、以下で徹底的に解説しています。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんのおすすめカードには、珠玉のクレジットカードが集結しています。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

多様な項目での最強のクレジットカードについては、以下で論述しています。

クレジットカードには多種多様な種類があります。年会費無料カード、高還元カード、一芸に秀でた特化型カード、航空系カード、ゴール...

クレジットカードは使いたくない場合、じぶん銀行でのチャージがオンラインでサクッと手続きできて便利です。

じぶん銀行はじぶんプラスを活用すると、ATM利用手数料・振込手数料を無料にすることが可能です。

じぶん銀行はメリットが大きく、上手く使うと家計を大きく助けることが出来ます。「じぶんプラス」という会員プログラムの活用で、ATM...
  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。52枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-キャッシュレス決済, プリペイドカード
-

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.