Kyash Cardは還元率1%のリアルカードとバーチャルカード!デメリットも徹底解説

更新日: クレジットカード キャッシュレス決済 プリペイドカード

Kyash Visa カードの台紙

「Kyash Card」というVisaプリペイドカード、バーチャルカードがあります。インターネット専用のバーチャルカードと、実店舗でも使えるリアルカードの2種類です。

2020年からは還元率1%・発行手数料900円のKyash Card、還元率0.5%・発行手数料300円のKyash Card lite、還元率0.5%・無料のKyash Card Virtualの3種類となりました。

インターネット上で決済できるバーチャルカードなら数分で発行できて、ネット通販・オンライン課金が可能である点がメリットです。

プラスチック製の物理型カード(リアルカード)も発行できて、リアルのお店でも利用可能です。チャージ方法が豊富でニーズに応じて使えるのもメリットです。

還元率が1%と高還元でクレジットカードとポイント二重取りが可能である点にエッジ・優位性があります。

1ヶ月あたり12万円というポイント還元の上限があるのがデメリットです。

Kyash Cardのメリット、デメリット、お得な使い方について、注意点を完全網羅して、わかりやすく徹底的に解説します。

Kyash公式アプリiOS(iPhone)Android

なお、Kyash Cardはお得な入会キャンペーンを開催しています。

Kyash Cardの入会キャンペーン
Kyash Cardの入会キャンペーンが激熱!1,000円相当のポイントがプレゼント

続きを見る

Kyash Cardとは

Kyash Cardはスマホアプリ(iPhone・Android)から1分という短時間で簡単に発行することが可能なVisaプリペイドカード・バーチャルカードです。

Kyash Visaカード

通常のクレジットカードとは異なり、事前にチャージした金額の範囲内でのみ、VISA加盟店で支払いが可能です。

Kyash利用時にクレジットカードで決済する場合はオートチャージ機能もあります。

イメージ的にはau PAY プリペイドカードソフトバンクカードおさいふPontaANA JCBプリペイドカードANA VISAプリペイドカード等の国際ブランド搭載型プリペイドカードと同じように使えます。

また、「Apple Pay」「Google Pay」にも対応しており、対応しているiPhone・Apple Watch・おサイフケータイをお持ちなら、QUICPay+が利用可能になります。

iPhone 11 Pro

2台のおサイフケータイ

Kyash Cardは、友達や同僚に送金や請求が可能で、割り勘や立替えに便利なウォレットアプリ・Kyashのユーザーが利用できるVisaプリペイドカードです。

コンビニ、銀行口座、クレジットカード・デビットカード、セブン銀行ATMからチャージすることが可能です。事前チャージの残高の範囲内で利用可能です。

クレジットカード・デビットカードによるチャージは当初はオートチャージのみでした。

送金時・決済時に残高の不足分のみ自動で充当されて、不足分は登録カードより即時に引き落とされます。

バージョン3.11.0からは登録カードから金額指定したチャージができるようになりました。

好きなタイミングで指定した金額を、登録したクレジットカード・デビットカードからKyash残高にチャージできます。ウォレット画面の「カードチャージ」から手続きが可能です。

Kyash Visaカードのイメージイラスト

登録カードがある場合は、不足分は自動チャージする仕組みもあります。金額が不足して決済エラーになって気まずい思いをする心配はありません。

年会費、チャージ手数料などは発生しません。完全無料で利用することが可能です。

年齢制限がなく、小学生や中学生、高校生なども作成できるのが特徴です。アプリやゲームの課金にも便利に使えます。

学生

また、身分証明書の提出も不要となっています。ただし、未成年の方は親権者の同意が必要です。

現代社会はインターネットの普及が格段に進んでおり、スマホ、パソコン、タブレットなど多様なデバイスでネットにアクセスでき、オンライン化が津々浦々で進んでいます。

座ってスマホ・タブレット・パソコンを見る人々

このような情勢下ではオンラインショッピング、電子書籍・映画・アプリ・ゲームなど、多様な用途でクレジットカードがないと決済が不便になっています。

クレジットカードを持てない18歳未満の方、中学生・高校生、クレカの審査に通らない方でも、Kyash Cardを作成することは可能です。

オンラインでの決済だけではなく、物理型カードのリアルカードを発行すると、実店舗でも便利に利用できます。

Kyash CardとLiteの比較

Kyash CardとKyash Card Lite

発行手数料(税込)が900円のKyash Cardと、300円のKyash Card Liteのどっちにするか迷っている方もいらっしゃるでしょう。そこで相違点について表で比較します。

  Kyash Card Kyash Card Lite Kyash Card Virtual
ICチップ(4桁暗証番号) - -
Visaタッチ決済 - -
Apple Pay、Google Pay
(QUICPay決済)
国内利用 オンライン決済のみ
海外利用 オンライン決済のみ オンライン決済のみ
24時間あたりの決済上限 30万円 5万円 3万円
※本人認証なし:5千円
月あたりの決済上限 100万円 12万円 12万円
※本人認証なし:2万円
ポイント還元率
※一部対象外取引あり
1% 0.5% 0.5%
月あたりの還元対象決済上限 12万円 12万円 12万円
発行手数料 900円 300円 無料
年会費 無料 無料 無料
本人確認書類 必要 不要 不要

発行手数料の差は600円で、還元率の差は0.5%です。したがって、通算で120,000円以上使った場合、Kyash Cardの方がお得になります。

日常的にKyash Cardを活用する場合は、余裕で突破するポテンシャルがあるので、メインカードとして活用する場合はLiteではない「Kyash Card」の方がおすすめです。


バーチャルカード・リアルカードの2種類!実店舗でも利用可能

Visaのロゴ

Kyash Cardには、ネット限定のバーチャルカード、物理型カードのリアルカードの2種類があります。

アプリをダウンロードしたらすぐに使えるのはバーチャルカードで、アプリから発行手続きを行うと、クレジットカードのようなプラスチック製の「リアルカード」を作成できます。

ショッピングする女性

リアルカードはインターネットでのオンライン決済だけではなく、日本国内の実店舗のVisa加盟店でクレジットカードと同じようにお買い物できます。

ただし、チャージ式の前払いカードであることから、反復継続的な支払い、その他一部の店舗ではリアルカードを利用できません。

  • 公共料金、国民年金保険料
  • ガソリンスタンド、高速道路などの有料道路通行料金、駐車場
  • インターネットプロバイダー、WiMAXサービス利用料
  • 携帯電話・MVNO・格安スマホ・SIM、アプリ型電話サービス
  • 生命保険、損害保険
  • 家賃、新聞購読料、飲料水宅配など定期購買
  • 動画配信、スカパー、WOWOW、衛星放送・ケーブルTV、音楽配信
  • 航空会社の機内販売
  • レンタカーの利用料金
  • 一部決済代行・決済サービス
  • 各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金のお支払い
  • nanaco・楽天Edy・Vプリカ などへのチャージ
  • 4桁の暗証番号入力が必要な加盟店(自動券売機、病院の自動精算機など)

海外のインターネット取引で利用できますが、海外の実店舗では使えません。

リアルカードの発行においても、免許証や健康保険証、マイナンバーカードなどの本人確認書類の提出は不要です。

ライバルのバンドルカードとは異なり、リアルカードの発行・郵送は無料です。コスト0円で発行できるのは大きなメリットです。

還元率1%がメリット!ポイント二重取りも

Kyash Cardの最大のメリットは、お買い物に利用すると1%のキャッシュバックを受けられる点です。Liteは0.5%となります。

キャッシュバックは銀行振込ではなく、次のKyash利用に充当できる残高への還元となります。1回の決済ごとに1%で計算して、1円未満の分は切り捨てられます。

キャッシュバック対象となる決済は、Kyashバーチャルカード、Kyashリアルカードでの支払いとなります。お友達・同僚などへの送金は対象外です。

Kyashの送金機能のイメージイラスト

また、 電子マネーへのチャージなど、一部キャッシュバック対象外の店舗やサービスがあります

商品券・電子マネー等、複数の店舗で決済利用可能な支払い手段であるとKyashの運営会社が判断するものはキャッシュバックの対象外となります。

富士通のおサイフケータイAndroid(arrows)

Kyash Cardには、VisaまたはMastercardブランドのクレジットカード、デビットカードからチャージすることが可能です。

大人の方ですとクレジットカードでのチャージがおすすめです。Kyash Cardへのクレジットチャージでポイントを獲得できるクレジットカードがあります。

電子マネー・プリペイドカードへのチャージはポイント付与対象外のクレカもありますけれども、システム上で付与除外設定を行うまではポイント対象です。

カードユーザーの利用金額が増加して目立ってくるまでは、問題なくポイントが付与されるケースが大多数です。

したがって、クレジットカード・デビットカードのポイント・マイル・キャッシュバック等と、Kyash Cardのキャッシュバックで二重に得することが可能です。

一例としてはセディナカードはKyashへのチャージもポイント還元の対象となります。

最低で合計2.5%還元となり、更に年間利用額に応じたボーナスポイントも獲得することが可能です。

セディナカードJiyu!da!と花

訴求力の高いポイント二重取りが可能です。将棋において飛車だけよりは、飛車・角の方が強いのと同様に、ポイントも一つだけよりは二つ獲得できる方が嬉しいですね。

Apple Payはセキュリティに優れており、スマホ一つでサクッと簡単に支払いが可能な点が大きなメリットです。最近流行りのモバイル決済...

ただし、「キャッシュバックの内容は今後変更される場合がございます」と明示されています。

LINE Payカードのように、当初は2%還元でも、一定のユーザー数を確保できたら改悪される可能性があります。

2%という至高の還元率が人気を博していたLINE Payカードが、残念な改悪となります。高還元カードの相次ぐ改悪が続いていましたが、つ...

Kyash Cardも当初は2%還元でしたが、実際に2019年10月1日から還元率は1%に半減しました。

Kyashは2019年9月30日(月)利用分までは、カードショッピングで2%のキャッシュバックを受けられました。例えば還元率1%の楽天カード...

また、廉価版のKyash Card Liteの方は2020年4月1日から還元率が0.5%に低下します。

Kyashリアルカードは2020年3月31日利用分までは、カードショッピングで1.0%のキャッシュバックを受けられました。例えば還元率1%の...

しかし、Kyashでの0.5%に加えて、登録したクレジットカードのポイントも二重取りできるので、Kyashは改悪後も依然としてお得な決済手段です。

Kyash公式アプリiOS(iPhone)Android

d払いならポイント三重取り

Kyash Cardを登録したd払い

Kyash Cardが決済時の本人認証サービス(3Dセキュア)に対応したことで、3Dセキュアが必須のPayサービスでも利用可能になりました。

d払いにKyashを登録することでポイント三重取りが可能になります。

  • Kyashチャージに利用するクレジットカードのポイント等
  • Kyash Cardの1.0%還元(1ポイント=1円で次の支払いに利用可能)
  • d払いの0.5%還元(dポイント

訴求力の高いポイント三重取りが可能です。サッカーで例えると、ツートップよりスリートップの方が攻撃力は増しますね。トリデンテ(三又の槍)のようなパワーがあります。

Kyash Cardが本人認証サービス(3Dセキュア)に対応しました。Kyashをd払いに登録することでポイント三重取り(共通ポイント対象店舗...

一部の取引ではポイント付与対象外

Kyash Visaカードは、以下の項目がキャッシュバック還元の対象外となっています。

  • モバイルSuicaアプリへのチャージ・アプリ内での支払い
  • 前払式支払手段(第三者型)の購入、チャージ(WAON/nanaco/楽天Edy等)
  • 交通系電子マネー(PASMO/SMART ICOCA/SAPICA/PiTaPa/SUGOCAなど)
  • 寄付、公共料金、各種税金、ふるさと納税、年金、Yahoo!公金支払い
  • 金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入
  • 郵便局の販売サイト、幣局の販売サイト

2019年2月2日までは、モバイルSuicaアプリへのチャージ・アプリ内での支払いについては、6,000円以上がキャッシュバック対象でした。

しかし、2019年2月3日からは対象外となりました。Apple PayのSuicaGoogle PayのSuicaも同様です。代替候補については、以下で丹念に論述しています。

Kyashは2019年9月30日(月)利用分までは、カードショッピングで2%のキャッシュバックを受けられました。例えば還元率1%の楽天カード...

なお、以下の利用分は1%キャッシュバックの対象となります。

QUICPay加盟店でも利用可能に

QUICPay

現在はApple Pay、Google PayアプリにKyash Cardを設定することで、全国のコンビニ・スーパー・ドラッグストア等のQUICPay加盟店にて利用可能です。

なお、Kyash Visaカードをロックしていると、Apple Payに登録できません。

Kyashのロック画面

KyashのApple Payへの登録エラー画面

一度ロックを解除してから登録しましょう

Kyashを登録したApple Pay

Kyashで使えるQUICPayの対応端末台数は膨大であり、主要なコンビニ・ドラッグストア・スーパーで幅広く利用可能です。サイン不要なので、特にタクシーで便利。主な店舗は下表の通りです。

ジャンル 店名
コンビニ セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、ポプラ、生活彩家、ローソンストア100、ローソンマート
スーパー イトーヨーカドー、イオングループ、ジャパン、オーケー、アピタ、ピアゴ、阪急オアシス、アークス、平和堂、近商ストア
百貨店等 ドン・キホーテ、阪急メンズ大阪/東京、近鉄百貨店、阪急百貨店、阪神百貨店、名鉄百貨店、ジェイアール名古屋タカシマヤ、JRセントラルタワーズ/JRゲートタワー/ゲートウォーク、なんばCITY、なんばパークス、ル・トロワ、阪急西宮ガーデンズ
ガソリンスタンド ENEOS、昭和シェル石油、エッソ・モービル・ゼネラル(セルフSS)
ドラックストア ツルハドラッグ、スギ薬局、ココカラファイン、富士薬品グループ(セイムス・スマイル・アメリカンドラッグ等)、くすりの福太郎、ドラッグユタカ
カフェ タリーズコーヒー、ドトールコーヒー、エクセルシオールカフェ、コメダ珈琲店、甘味喫茶おかげ庵、カフェ・ド・クリエ
食事 マクドナルド、ロッテリア、吉野家、すき家、壱番屋、モスバーガー、すかいらーくグループ、ロイヤルホスト、かっぱ寿司、はま寿司、リンガーハット、牛角、餃子の王将、サガミチェーン、鳥どり、海鮮三崎港、味の民芸、バーガーキング
本・CD/DVD TSUTAYA、蔦屋書店、HMV、古本市場、明林堂書店、八重洲ブックセンター
家電 ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、エディオン、ヨドバシカメラ、ノジマ、PC DEPOT
タクシー 東京無線タクシー、チェカーキャブ、さくらタクシー、日本交通、国際自動車、朝日交通、昭和グループ、明和グループ、名古屋近鉄タクシー、宝交通、東和交通、日の丸自動車
バス 京都バスチケットセンター、大阪駅JR高速バスターミナル、三宮バスターミナルチケットセンター
ホテル アパホテル
空港 ANA FESTA、新千歳空港ターミナルビル、中部国際空港セントレア、大分空港
レジャー 東京ディズニーランド/シー、MOVIX、ジャンカラ、スーパージャンカラ、USJ、富士急ハイランド、スパリゾートハワイアンズ、京セラドーム大阪、快活CLUB、福岡 ヤフオク!ドーム、東京ドーム、アドベンチャーワールド、コロナワールド、東京タワー、阪神甲子園球場、キッザニア東京・甲子園
ファッション ユニクロ、ライトオン、マックハウス、マックハウスプラザ、OUTLET-J、コナカ、メガネスーパー
その他 acure、auショップ、モッズ・ヘア、カクヤス

その他、QUICPayの詳細については、以下で徹底的に解説しています。

QUICPay(クイックペイ)という事前のチャージが不要な後払い型の電子マネーがあります。ドコモのiDと似たJCBのポストペイ型決済サービ...

無審査でクレジットカードのような審査は不要

クレジットカードは30万円や50万円といった利用限度額の範囲内なら決済が可能であり、後払いなので与信するクレジットカード会社に貸し倒れリスクが生じます。

したがって、発行に審査が必要となり、貸し倒れリスクを重視して安全域を広く確保するクレジットカード会社だと、審査が厳しくなる傾向があります。

ボールペンを持つOL

しかし、Kyash CardのようなVisaプリペイドカードは前払い方式で、事前にチャージした範囲でしか使えないので、Kyash Card側に貸し倒れリスクは皆無です。

したがって、運営側は基本的にノーリスクなので、原則として審査なしに発行することができます。

Kyash Cardを使ってもらえさえすれば、貸し倒れリスクなしにチャリンチャリンと運営会社のKyashは収益を獲得できるためです。

ビジネスオフィス

Kyash Cardは、バーチャルカードの場合はスピード発行が可能である点にエッジ・優位性があります。

アプリを登録するだけで爆速で利用できるようになり、スピーディーに使えるのが特徴です。

リアルカードについては、アプリ内で発行手続きを行ってから、カードが手元に届くまで待つ必要があります。

Kyash Visa カードのリアルカード申込受付メール

2018年6月は申込みが殺到しており、カードの到着まで1ヶ月程度かかる場合があります。ただし、この渋滞はそのうち落ち着くでしょう。

最大のデメリットは1ヶ月12万円の還元上限!

ショックで困ってうつむく女性

Kyash Cardのポイント還元は月12万円が上限

1回・1ヶ月あたりの決済限度額が設定されており、高額の支払いでは不自由となります。

上限がデメリット

  • Kyash Card:1回30万円・月100万円
  • Kyash Card Lite:1回5万円・月12万円
  • Kyash Card Virtual:1回3万円・月12万円(本人認証未完了時は1回5千・月2万円)

Kyash Cardは高額の決済も可能ですが、1%還元の対象は月12万円迄なので、これを突破する場合は使う意義が著しく減退するのが難点です。

Lite以下の場合、アーロンチェアのような高額のお買い物だけではなく、旅行代金など少し高めの金額でも突破してしまいます。

上高地 上高地ルミエスタホテルの客室 上高地ルミエスタホテルの露天風呂

また、Liteの月間利用金額の上限は12万円であり、5年間の有効期間内で100万円がMAXとなっています。

高額の決済を行ったら10万円や12万円は軽く突破してしまうため、不便となっています。

煙草を吸う男性

Kyash Cardは個人間送金アプリのKyashの普及手段としてのインセンティブの色彩が濃厚です(Kyashの利用上限)。

また、クレジットカード・デビットカードによるチャージはオートチャージのみである点がデメリットです。

Kyash公式アプリiOS(iPhone)Android

海外サービス手数料

外貨建決済の利用時は、Visaの定める為替レートを基準とし、円換算した金額に海外サービス手数料3%が加算されます。

クレジットカードは1.6%~2.2%程度なので、相対的に高コストとなります。

不正利用の補償が弱い

Kyash Cardはクレジットカードとは異なり、不正利用の補償を受けための申請の期限が短いのがデメリットです(補償制度の詳細)。

不正利用による損害の発生から10日を経過している補償申請は対象外になってしまいます。

また、前回の補償から1年以内の補償申請も対象外となります。

したがって、たまにしか使わない場合は、アプリで一時ロックしておき、使う場合だけロック解除すると安全・安心です。

LiteとVirtualの場合、銀行口座を登録して本人確認が終了していないと補償の対象外となります。

Kyash Cardを有効化 銀行口座登録の有無にかかわらず補償
Kyash Card Liteを利用 銀行口座の登録による本人確認が完了している場合のみ補償
(未登録の場合は対象外)
Kyash Card Virtualを利用

Liteは海外のリアル店舗での支払いが不可

Kyash Card Liteは海外のリアル店舗で決済できないのも欠点。海外のオンラインサイトでは支払うことが可能です。

登録手順

Kyash (AppStore)

Kyash Cardを使う手順は、まずiPhone、Androidスマホで無料アプリをインストールして、情報の入力・SMS認証とシンプルです。

  1. Kyash Cardのアプリをインストール(iOSはApp Store、AndroidはGoogle Pay
  2. Facebook認証かメールアドレスの入力
  3. パスワード・本名・生年月日・携帯電話番号などを入力
  4. SMSでの認証
  5. Kyash Card(バーチャルカード)の発行(タップするだけ)

すぐにカード番号が発行されるので、あとはチャージすれば残高の範囲内で、クレジットカード同様にネット通販・アプリなどの決済に利用することが可能となります。

Kyash Visaカード発行完了画面

アプリで数分で発行できるのはバーチャルカードであり、インターネットでの支払いのみに利用できる限定カードです。リアル店舗でのVisa加盟店では使うことができません。

アプリからリアルカードの発行手続きを行うと、カードが届いたら実店舗のVisa加盟店でクレジットカードと同じようにお買い物できます。

Kyash Visaカード

メニュー「ウォレット」画面で右上のカードをプラスするマークをタップして、「リアルカードの申し込みについて」をタップすると手続きできます。

リアルカードの発行手続き

申込みフォームに氏名・メールアドレス・住所などを入力すればOKです。配送は日本国内のみです。

Kyash Visa カード Kyash Visa カード (裏面)

カードが届いたら、「リアルカード有効化」をタップすればOKです。

Kyash Visaカードのリアルカード有効化画面

Kyash Cardのリアルカードは、ポレットカードと同様にペラペラで、クレジットカードと比較すると安っぽくて耐久性に懸念が残ります。

メールでもリアルカード有効化の案内があり、迷うことはありません。

Kyashリアルカード有効化方法の案内メール

注意点としては、リアルカードを有効化すると、カード番号、有効期限、セキュリティコードが変わる点です。

ネットショッピングにKyash Cardのバーチャルカードを登録していた場合は、再登録が必要になります。

Kyash Visa カードのリアルカードを有効化する時の注意点

Kyash Cardのチャージ方法

Kyash Visaカードへのチャージのイメージイラスト

Kyash Cardは多種多様なチャージ方法で便利にチャージすることが可能です。

  • 登録したクレジットカード
  • 銀行口座(イオン銀行・ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・りそな銀行などが対象)
  • セブン銀行ATM
  • コンビニ(ファミマ・ローソン・ミニストップ・セイコーマート)
  • 銀行ATM(ペイジー)チャージ(ATMやネットバンキングで銀行口座の残高から)
  • Kyashポイントからのチャージ
  • ポイントインカム
  • ドットマネー

コンビニの端末、銀行ATMのペイジーでチャージできるので、未成年や学生でもKyash Cardにサクッとチャージすることが可能です。

クレジットカードならWeb上でチャージが完結するので、インターネットにつながっていれば、いつでもチャージ可能で軽らかに利用可能です。

大人の方ですとクレジットカード・デビットカードでのチャージがおすすめです。

Kyash Cardへのクレジットチャージでポイントを獲得できるクレジットカード・デビットカードがあります。

他の国際ブランド搭載型プリペイドカードの「LINE Payカード」は、クレジットカードによるチャージはできません。

そうした情勢下でクレジットチャージが可能なのは、Kyash Cardのメリットです。

2018年10月22日から、セブン銀行ATMでの入金(チャージ)も可能になりました。yashアプリでの操作で1,000円~5万円のチャージが可能です。

  1. セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」をタップ
  2. ATM画面に表示されるQRコードをスキャン
  3. 読み取り後にアプリに表示される企業番号をATMに入力
  4. 紙幣を投入

Kyash公式アプリiOS(iPhone)Android

世界中の膨大なVISA加盟店で使える!セキュリティ面でも役立つ

地球儀とノートパソコン

Kyash CardはVisa加盟店で使えるので、まさに現金とほぼ同じ使い勝手の良さとなります。

VISAは国際ブランドの中でも最大級に、世界中で加盟店が多いのがメリットです。地球上で幅広く使える圧巻の決済力があります。

JCB・アメックス・ダイナースクラブは海外では使えない加盟店も多く、結局サブカードとしてVISAかMastercardを持たざるを得ません。

事実、クレジットカードの売上高の世界シェアは、Visaが50%で圧倒的なNo.1となっています(NILSON REPORT 2018年4月)。

  1. Visa:50%
  2. Mastercard:26%
  3. UnionPay(銀聯):20%
  4. Amex:3%
  5. JCB:1%
  6. DinersClub/DISCOVER:1%

例えばメインのクレジットカードを持っている場合、Kyash Cardを使ってお買い物した場合、万が一Kyash Cardの情報が流出しても、メインカード本体の番号を知られることはありません。

Kyash Cardを使えば、リアル店舗でもインターネット上でも安心してお買い物ができます。特に信頼性が定かではないショップでのお買い物には、とても便利です。

今ひとつ怪しげなお店や、評判が今ひとつわからない初めてのサイトや海外サイトでいきなりクレカの番号を打ち込むのは抵抗がありますよね。Kyash Cardはそのような際に便利です!

スマホでロックを行えば、一時的にKyash Cardで決済できないようになります。

Kyashアプリのウォレット画面で、「カードロック」をタップしればOKです。

Kyashアプリのウォレット画面

普段は一時停止しておき、使うときだけ解除すれば、不正利用のリスクは極限まで低下します。頑健で堅牢な鉄壁のセキュリティ体制を構築できます。

JCB・アメックス・ダイナースクラブのロゴ

メインカードの国際ブランドがJCB、アメックス、ダイナースで、サブカードでVISAクレジットカードがない場合にも便利です。

VISA・Mastercardのみ決済可能という加盟店では、Kyash Cardで決済するという使い方も可能です。

なお、1つの支払いに複数のカード(クレジットとプリペイドなど)を併用することはできません。ただし、現金との併用はお店側の判断となり、OKの店舗とNGの店に分かれています。

商品返品・キャンセルを行った場合、返金はリアルタイムではなく、時間がかかります。

通常は1週間程度ですけれども、最大で75日程度かかる場合があります。返金の時期は利用店舗側はわからないので、知りたい場合はKyashに問い合わせましょう。

Pay対応

2台のApple Pay搭載iPhone、iPad Pro

Kyash Cardが対応しているPayは、PayPayのみです。楽天ペイd払いau PAYメルペイファミペイには対応していません。

PayPayでのポイント二重取りは不可能であり、Kyash Cardの還元のみです。

PayPay残高払いの還元率は0.5%~1.5%であり、1%以上にする条件は厳しいので、Kyash Card+クレジットカードで2%以上になる場合は、KyashでのPayPay払いがお得です。

ただし、PayPaのキャンペーンは非適用になるので、キャンペーン開催店舗ではPayPay残高払いがおすすめです。

Kyash Cardの端数を使い切りたい場合

Amazonギフト券

Kyash Cardに残った端数を使い切りたい場合は、15円~50万円の範囲にて1円単位で購入できるAmazonギフト券を買えばOKです。

有効期限は以前は1年でしたが、2017年4月下旬から10年間に一気に伸びたので、使いやすくなりました。

Amazonギフト券は自分用にも買えます。Amazonギフト券(チャージタイプ)ですと、直接、自分のアカウントの残高にプラスされるので便利です。

「金額を選択する」において、5,000円・2万円・4万円・9万円が選べます。また、15円~50万円までの任意の金額を入力して、1円単位で購入金額を指定できます。

購入画面には、「1円単位での金額入力欄」があるので、そこに数字を入力する流れとなります。レジの画面でKyash Cardのカード番号を打ち込んで、決済すればOKです。

Amazonギフト券(チャージタイプ)の購入画面

例えばANA VISA プリペイドカードの残高が1,726円で、これを使い切りたい場合は、1,726円分のAmazonギフト券を購入すれば、きれいに使い切ることができます。

Vプリカで交換したAmazonギフト券

Amazonギフト券を買うと、Kyash Cardを使わなくなった場合でも、きれいに使い切って0円にすることが可能です。

Amazonギフト券(チャージタイプ)

Kyash Cardまとめ

Kyash Cardは、クレジットカード、コンビニ、Pay-easy、セブン銀行ATMなど多様な方法でチャージできて、原則としてVisa加盟店で利用できるVisaプリペイドカードです。

クレジットカードを持てない学生などの方でも便利に使えて、オンラインショップでの決済やアプリ・ゲーム等の課金がはかどります。

  Kyash Card Kyash Card Lite Kyash Card Virtual
ICチップ(4桁暗証番号) - -
Visaタッチ決済 - -
Apple Pay、Google Pay
(QUICPay決済)
国内利用 オンライン決済のみ
海外利用 オンライン決済のみ オンライン決済のみ
24時間あたりの決済上限 30万円 5万円 3万円
※本人認証なし:5千円
月あたりの決済上限 100万円 12万円 12万円
※本人認証なし:2万円
ポイント還元率
※一部対象外取引あり
1% 0.5% 0.5%
月あたりの還元対象決済上限 12万円 12万円 12万円
発行手数料 900円 300円 無料
年会費 無料 無料 無料
本人確認書類 必要 不要 不要

おすすめは還元率1%のKYASH CARDです。900円の発行手数料は必要ですが、日常生活で使っていけばあっという間に取り戻せます。

KYASH CARDの発行手数料

Kyashがポイント付与対象のクレジットカードで支払えば、ポイント二重取りが可能なのが最大のメリットです。

爆速でスピード発行できるのが最大のメリットであり、アプリをダウンロードしてポチポチするだけで、すぐにバーチャルカードのKyash Cardを発行することが可能です。

アプリからリアルカードを発行することで、物理型のプラスチック製カードも発行で、実店舗での決済も可能となります。

Visa加盟店でのカードショッピングでは1%の還元があるのが最大のメリットです。

クレジットカードを持っている方でも、信頼性が定かではなく本体のクレジットカードの情報を開示したくないショップでの決済などに活用することが可能です。

多彩なチャージ方法が用意されており、クレジットカードを持っていない方でもチャージしてクレジットカードのように支払うことが可能です。

Kyash公式アプリiOS(iPhone)Android

Kyash Cardへのチャージの元手作りには当サイト限定のお得なキャンペーンがおすすめです。

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと3,000円分で、ネット証券としては破格の内容です。

SBI証券のタイアップキャンペーン

口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券は1000万円までは銀行預金のような公的な保護(投資者保護基金)があるので安心・安全です。銀行預金と同じで万が一破綻しても保護されます。

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

制度信用クロスはライブスター証券の活用を検討し得ます。

ライブスター証券はネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストである点が絶大なメリットです。やはり手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

その他、岡三オンライン証券でもキャンペーンが開催されています。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

岡三オンライン証券は事前入金不要のIPOが魅力的なネット証券です。老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...
創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン証券」に取材したインタビューの続きです。取引ツール、特...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

Kyash CardへはVisa/Mastercardのクレジットカードでもチャージ可能となっています。現時点ではポイント・マイルの除外設定はかかっていないカードが多いです。

手間をかけたくない方には自動キャッシュバックされるクレジットカードがおすすめです。

自動的に1%割引となるBooking.comカード、P-oneカードがおすすめです。還元率も合格水準で年会費は無料と質実剛健です。

「Booking.comカード」というクレジットカードがあります。いつでも1%還元でキャッシュバックが受けられて競争力が高いカードです。B...

Booking.comカードはGenius会員になれるので、使わなくてもお得なクレジットカードの筆頭で質実剛健です。

P-oneカード<standard>というクレジットカードがあります。「小額のポイントを無駄にしたくない」、「いちいちポイントを貯めて交換...

年会費無料のマスターカードもコスパ良好なクレジットカードが揃っています。

高還元カードでは、年会費無料カードで1.2%還元(ポン活Loppiお試し引換券なら1.8%~3.6%)のリクルートカードがおすすめです。お得な入会キャンペーンも開催されています。

リクルートカードが期間限定で、神威の入会キャンペーンを行なっています。2020年11月20日10:00~11月23日9:59の3日間が対象の圧巻の...

丸井をよくご利用する方ですと、エポスポイントが貯まるエポスカードがおすすめです。全国10,000店舗以上での優待特典も受けられます。

ゴールドカードになると年100万円利用時は1.5%還元となるのが大きなメリットです。

私がよく利用しているクレジットカードの一つがエポスカードです。お得な特典が満載のクレカでゴールドカードのエポスゴールドカード...

年会費無料で1%以上の還元率のカードや、年会費以上に得する高還元のクレジットカードもあります。

クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが年会費です。年会費がかかるカードはNGという方も多いですね。特にサブカードとして...
クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが還元率です。年間のクレカ利用額が多い場合は、たとえ年会費がかかっても高還元率の...

日本有数のクレジットカードの専門家でいらっしゃる岩田昭男さんのおすすめクレカについては、以下で徹底的に解説しています。

Delight JACCS CARD世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2...

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんのおすすめカードには、珠玉のクレジットカードが集結しています。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...
ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...

多様な項目での最強のクレジットカードについては、以下で論述しています。

クレジットカードには多種多様な種類があります。年会費無料カード、高還元カード、一芸に秀でた特化型カード、航空系カード、ゴール...
「おすすめのクレジットカード」というコンテンツはインターネットに多数あります。しかし、その多くは広告収入の観点でカードが選定...

国際ブランドごとのおすすめクレジットカードについては、VISAMastercardにまとめています。

Kyash Card以外では、JCBやVISA、Mastercard加盟店で利用できる国際ブランド搭載型プリペイドカードも便利です。クレジットカードに抵抗がある場合は、これらを活用するとお得です。

名前 特徴
Kyash Card 還元率1%。VisaかMastercardなら大多数のクレジットカードでポイント二重取りが可能
ANA JCBプリペイドカード 0.5%のANAマイルが付与。JCB加盟店で利用可能
ANA JCBカード楽天カードヤフーカード等のJCBならチャージ無料
au PAY プリペイドカード auユーザーが利用可能。Mastercard加盟店で還元率0.5~5.5%。
au PAYチャージにおすすめのクレジットカードでポイント二重取りが可能
dカード プリペイド Visa加盟店で0.5%のdポイント。ローソンではその他に3%還元。dポイントでチャージ可能
ソフトバンクカード ソフトバンクユーザーが利用可能。Visa加盟店にて還元率0.5%でTポイントが貯まる。
JAL Global WALLET カード利用でJALマイルを獲得可能。海外ATMでの現地通貨引き出し、クレジットカードでのチャージも可能
ANA VISAプリペイドカード 0.5%のANAマイルが付与。Visa加盟店で利用可能。ANA VISAカードANA Mastercardならチャージ無料
エポスVisaプリペイドカード エポスカード保有者が利用可能。ポイントをチャージしてVisa加盟店で利用可能。還元率0.5%
オリコプリペイドカード オリコカードのオリコポイントをチャージしてVisaかMasterCard加盟店で利用可能。還元率0.25%
LINE Payカード 還元率0%。LINEポイント還元が終了したのでメリットなし

デビットカードという選択肢もあります。VisaデビットカードやJCBデビットカードの中には1%~2%還元のカードも存在しています。

原則として審査はなく、銀行の普通預金口座があれば作成できます。クレジットカードの審査に通らない方でも保有することが可能です。

4つのデビットカード

デビットカードは事前のチャージが不要ですし、ポイント還元の上限も無制限か月20万円なのがメリットです。

原則として膨大なVisaもしくはJCB加盟店でお買い物でき、日本国内だけでなく海外の加盟店でも使えますし、海外のATMでの現地通貨の引き出しも可能です。

ただし、デビットカードは高コストなので、海外ATMでの通貨引出しは最も低コストであるセディナカードがベストです。

年会費無料で基本還元率が最も高いデビットカードは、楽天銀行デビットカードであり、1%で楽天ポイントが付与されます。

JCBブランドは1種類、VISAブランドは楽天銀行ベーシックデビットカード楽天銀行シルバーデビットカード楽天銀行ゴールドデビットカードの3種類です。

楽天銀行はデビットカードを発行しています。JCB、ベーシック(VISA)、シルバー(VISA)、ゴールド(VISA)、Mastercardの5種類です。JCB・...

セブン銀行のデビットカードは、セブン‐イレブン、そごう・西武、セブンネットショッピングでは1%、それ以外の加盟店も0.5%還元でnanacoポイントが得られます。

セブン銀行にはデビットカードがあります。正式名称は「セブン銀行 デビット付きキャッシュカード」です。セブン銀行のICキャッシュカ...

イオン銀行のデビットカードは還元率0.5%でイオンでの5%OFFの特典があります。

イオン銀行から「イオン銀行キャッシュ+デビット」が登場しました。イオン銀行のICキャッシュカード、電子マネーWAON、JCBデビットカ...

ただし、楽天市場や、マクドナルド・ミスタードーナツ・出光・大丸・松坂屋・ツルハドラッグなどの楽天ポイントカード加盟店を使わない場合は、楽天銀行のデビットカードは使い勝手が悪いです。

イオン銀行のデビットカードの方は、イオングループの店舗が近くにないとメリットが著しく減退します。

現金還元を重視しており、ポイント還元ではなくキャッシュバックがいい場合は、ネット銀行だとソニー銀行の「Sony Bank WALLET」が候補となります。

優遇プログラム Club S のステージに応じて、利用額の0.5%~2.0%がキャッシュバックされます。上限は20万円/月です。

Sony Bank WALLETというデビットカードがあります。ソニー銀行が発行しているVISAブランド搭載型のデビットカードです。VISA加盟店に...

住信SBIネット銀行のVisaデビットカードはいつでも0.6%の還元で、会員制度スマートプログラムのランクアップに役立つのがメリットです。

住信SBIネット銀行はVisaデビット付キャッシュカードを発行しています。ICキャッシュカードとVisaデビット機能が1枚になったカードで...

Mastercardデビットカードであるミライノデビットは0.8%還元、ミライノデビット PLATINUMは1.0%還元です。

メガバンクのデビットカードなら、還元率が低くても、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行のデビットカードが候補となります。

三菱UFJ-VISAデビットというデビットカードがあります。三菱UFJ銀行が発行しているVISAデビットカードです。VISA加盟店にて利用...
SMBCデビットというデビットカードが2016年10月21日から発行開始しました。三井住友銀行と三井住友カードが発行しているVISAデビット...
みずほJCBデビットというデビットカードが2017年1月4日から発行開始します。みずほ銀行とJCBが提携して発行するJCBデビットカードです...

その他、おすすめのデビットカードの比較については、以下で徹底的に解説しています。

日本で発行されているデビットカードには、膨大な種類が存在しています。どれがいいか迷ってしまう方もいらっしゃるでしょう。幾多の...
デビットカードという決済に使える銀行のキャッシュカード一体型カードがあります。銀行の預金口座の残高から利用時に即時に引き落と...
日本で発行されているデビットカードは、VisaもしくはJCBブランドが大多数です。しかし、数少ないながらMastercadブランドのデビット...

-クレジットカード, キャッシュレス決済, プリペイドカード

© 2014-2020 The Goal