The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

マイレージプラスカードを徹底的に比較!ユナイテッド航空のMileageplusがお得に!

更新日: クレジットカード

ユナイテッド航空の飛行機

ユナイテッド航空のMileagePlus(マイレージ・プラス)のマイルを貯められるクレジットカードがあります。

Mileageplusカード(マイレージプラスカード)という名前です。安価な年会費で日本国内でのショッピング・マイル付与率が1.5%になるのが魅力的です。

クラシック、一般カード、ゴールドカード、プラチナカードの4種類があります。

マイレージプラスカードの種類、メリット、デメリット、おすすめカードについてまとめます。


Mileageplusカードとは

マイレージプラスカードは、米国のユナイテッド航空が、JCBクレディセゾンダイナース三菱UFJニコスと提携して発行しているクレジットカードです。

ユナイテッド航空のマイルが貯まるのが特徴です。ユナイテッド航空はANAと提携関係にあり、かつ同じ航空連合のスター・アライアンスに属していることから、日本人にとっても使いやすいマイルです。

ユナイテッド航空のマイレージプラス Premier 1Kのタグ

日本国内ではANA国内線の搭乗に使うことが可能です。800マイル以下の路線は片道5,000マイルだけでOKであり、800マイル以上でも片道8,000マイルで発券できます。

東京発着路線では、800マイルを超えるのは沖縄(那覇・宮古・石垣)だけです。ほとんどのANA国内線を片道5,000マイルで利用できます。

大阪発着路線の場合は関空→石垣だけであり、名古屋発着路線は那覇・石垣だけです。

12時間以内の乗り継ぎが発生する場合でも同じマイルで搭乗できるのがメリットです。例えば、秋田→羽田→大阪というフライトが5,000マイルで可能です。

ストップオーバー(12時間以上の滞在)を行う場合は、片道の特典航空券が必要となります。

しかも、マイレージプラスの国内線の特典航空券は、出発地と最終目的地の間の距離で計算されます。したがって、沖縄にタッチしていても、東京・大阪・名古屋→那覇→福岡ならばOKです。

やるかどうかは別にして、5,000マイルで2区間・3区間をフライトすることも可能です。各地で12時間の滞在を楽しめます。一例は以下のとおりです。

  • 羽田→那覇→福岡→関空
  • 羽田→伊丹→新千歳→静岡
  • 羽田→松山→名古屋→新潟

沖縄の海博多とんこつラーメン大阪王将

ただし、搭乗の3週間前以降の直前予約は75ドルの手数料が発生するのがデメリットです。手数料はドル建てなので円安になればなる程負担が増えます。

ドル円
(USD/JPY)
手数料ドル円
(USD/JPY)
手数料
75.05,625107.58,063
77.55,813110.08,250
80.06,000112.58,438
82.56,188115.08,625
85.06,375117.58,813
87.56,563120.09,000
90.06,750122.59,188
92.56,938125.09,375
95.07,125127.59,563
97.57,313130.09,750
100.07,500132.59,938
102.57,688135.010,125
105.07,875137.510,313

マイレージプラスはユナイテッド航空だけではなく、スターアライアンス加盟航空会社の好きな特典旅行券とも交換できます。

  • 10,000マイル~: 国内線往復特典航空券
  • 25,000マイル~:グアム、サイパン、パラオ往復特典航空券
  • 30,000マイル~:アジア往復特典航空券
  • 45,000マイル~:オーストラリア往復特典航空券
  • 50,000マイル~:ハワイ往復特典旅行航空券
  • 70,000マイル ~:北米往復特典航空券

ユナイテッド航空のマイルは18ヶ月(1年半)の間に1度でもマイルの利用・獲得のアクティベートがあれば、保有している全マイルの有効期間が18ヶ月延びます。

Tポイント楽天スーパーポイントPontaポイントSPGとマリオットのポイント等と同じシステムです。有効期間を気にすることなく使っていけるのが大きなメリットです。

動物で例えると、長寿のシンボルである鶴や亀のようなポイントです。末永く貯めて使って活用していくことが可能です。

海亀

マイレージプラスカードを1年半の間に1回使えば、保有している全マイルの有効期限が延びるので、有効期限が実質的に無期限となります。お得な有効期限が無期限のクレジットカードの筆頭です。

マイルの期限を延ばす手っ取り早い方法は、ポイントモールの「MileagePlus Mall」の利用です。こちらはマイレージプラスカード会員でなくても無料で利用できます。

楽天市場、Yahoo!ショッピング、LOHACO、ベルメゾンネット等があるので、1年半に1回使うようにすればOKです。

マイル加算はモール利用の2~4ヶ月後です。しかし、加算前に有効期限が切れてしまう場合でも安心です。

一度マイル数が失効してしまいますが、後に利用日に遡って18ヶ月有効期限を延長してくれます。以前保有していたマイル数も復活します。

ただし、一時的なことでもマイルが消えてしまうのは悲しいので、特に大量のマイルを保有している場合は、計画的に使うのがベターです。

MileagePlus クラシック/一般カード

ユナイテッド航空の飛行機

一般カードはJCB、セゾンカード、UCカード、MUFGカードから発行されています。年会費は1,250円(税抜)~6,500円(税抜)です。

各マイレージプラスカードのスペックは下表のとおりです。

カードタイプJCBセゾンUCMUFG
クラシック一般カード一般カード一般カード一般カード
提携ブランドJCBJCBVISA
Mastercard
アメックス
VISA
Mastercard
VISA
Mastercard
年会費(税抜)本会員1,250円5,000円1,500円
(6,500円)
1,500円5,000円
(2,000円)
家族会員400円1,000円-400円1人無料
2人目から1,000円
マイル付与率0.5%1.0%0.5%(1.5%)0.5%1.0%(1.5%)
付与の単位200円100円1,000円200円100円
ショッピングマイル年間上限--30,000マイル--
継続ボーナスマイル--500マイル
※AMEXのみ
--
海外旅行傷害保険適用条件自動付帯自動付帯自動付帯自動付帯自動付帯
家族特約-----
死亡・後遺障害2,000万円3,000万円3,000万円2,000万円3,000万円
傷害・疾病治療50万円100万円300万円50万円200万円
賠償責任2,000万円2,000万円2,000万円2,000万円3,000万円
携行品損害10万円20万円30万円15万円20万円
救援者費用50万円100万円300万円100万円200万円
国内旅行傷害保険適用条件---利用付帯利用付帯
家族特約-----
死亡・後遺障害---1,000万円3,000万円
入院日額----3,000円
手術費用----3~12万円
通院日額----2,000円
ショッピング保険適用条件海外海外-国内外国内外
年間上限100万円100万円-100万円200万円
自己負担1万円1万円-1万円3,000円
空港ラウンジ----
その他特典JCBカード特典JCBカード特典各国際ブランド特典
セゾンカード特典
各国際ブランド特典
UCカード特典
各国際ブランド特典
MUFGゴールド特典

一般カードの中でおすすめのマイレージプラスカードは、 MileagePlusセゾンカード、MileagePlus MUFGカードです。

MileagePlusセゾンカード

MileagePlusセゾンカードは追加年会費5,000円(税抜)のマイルアップメンバーズを利用すると、合計年会費が6,500円(税抜)で、一般加盟店でのマイル付与率が1.5%と高還元となります。

年間30,000マイル(約200万円の利用)を超えると0.5%になってしまいますが、多くの方は問題ないでしょう。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめの「マイル・航空系カード」としてMileagePlusセゾンカードを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

実はマイレージプラスカードセゾンは、クレディセゾンの社員の保有率が高いクレジットカードです。社員が殺到するようなカードはお得です。

お得にフライトすることが可能になり、家計が頑健化します。トラベルを豊かに彩ることができます。

コスモ石油では還元率が2%に上がります。アメックスブランドの場合はアメリカン・エキスプレス・コネクトを利用できます。

アメックスの優待特典をまとめて確認できる「アメリカン・エキスプレス・コネクト」という優待サイトがあります。American Express In...

また、全国の西友・リヴィンで5%OFF(毎月5日・20日)、会員限定チケットなどセゾンカードの共通特典を利用できます。

マイレージプラスカード セゾン 公式サイト

ANAカードで一般加盟店でのマイル付与率1.5%以上なのは、年会費80,000円(税抜)のANA VISA プラチナ プレミアムカード(1.5%)、年会費150,000円(税抜)のANAダイナースプレミアム(2.0%)のみです。

それと比較するとお得感があります。ただし、ANAカードの場合は、ソラチカカードとの2枚持ちでよりコストパフォーマンスが高いカードが多いです。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

ソラチカカード&エクストリームカードの2枚持ちですと、年30万円以上利用するなら、年会費2,160円(税込)で1.35%のANAマイルを獲得できました。詳細は以下で徹底解説しています。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)というクレジットカードがあります。ANAカードには幾多のカードがありますけれども、一般の...
Extreme Card(エクストリームカード)というクレジットカードがあります。Tポイントが貯まるクレジットカードとしては日本一の還元率を...

しかし、エクストリームカードが終了してリーダーズカードになりこの技は使えなくなりました。

今後はANAカードのうち、ANA VISAカードもしくはANA Mastercardとソラチカカードを併用すると、ザクザクとマイルが貯まって高還元になります。

少額のリボ払いを発生させてソラチカカードと2枚持ちするという手間をかければ、一般カードでも最大で1.5265%ANAマイル還元になります。

マイ・ペイすリボでボーナスポイントを獲得して、ソラチカルートでワールドプレゼント→Gポイント→LINEポイントメトロポイント→ANAマイルと交換すればOKです。

貯まるマイルがマイレージプラスではなくANAマイルでOKならば、 MileagePlusセゾンカードよりもANA VISA/Mastercardにお得感があります。

ただし、こちらはマイ・ペイすリボを設定して、毎月少額のリボ手数料が発生するようにリボ金額を調整する手間がかかりるのがデメリットです。

MileagePlus MUFGカード

MileagePlus MUFGカードは、リボ払いの楽Payを活用すると年会費が3,000円安くなり、2,000円(税抜)になるのがメリットです。

楽Payはあらかじめ設定する「指定金額」の範囲ですとリボ払い手数料はかかりません。指定金額は、5,000円以上5,000円単位で、最高10万円までとなります。

確実に月10万円までしか利用しない場合は、1回払いと完全に同じように使えるので、リボ払いのデメリットはなくすことができてお得です。

年に1回リボ払いの手数料が発生したら、年会費が3,000円OFFになるので、1回だけリボ払いが少し発生するように指定金額を調整すれば、リボ手数料よりも圧倒的に年会費の割引の方が大きくなります。

また、リボ手数料発生月はマイル付与率が1.5%になるので、少額のリボ手数料が出るように指定金額を毎月調整することで、高還元にすることが可能です。

MileagePlus MUFGカードは格安ゴールドカードのMUFGカードゴールドがベースとなっており、空港ラウンジ等の特典が使えて保険も充実しています。

MileagePlus ゴールドカード

ゴールドのイメージイラスト

マイレージプラスカードにはゴールドカードもあります。JCB、セゾンカード、三菱UFJニコス、UCカードが発行しています。

各カード共通の特典としては、ANAグループ空港内免税店で10%OFFとなります。対象店舗は、成田国際空港、関西国際空港のANA DUTY FREE SHOP、羽田国際空港のTIAT DUTY FREE SHOP SOUTHです。

年会費は15,000円~18,000円となっており、各プロパーカードのゴールドカードよりも1.5倍以上の年会費となっています。

カードタイプJCBセゾンMUFGカードUCカード
ゴールドゴールドゴールドプレステージゴールド
提携ブランドJCBVISA
Mastercard
アメックス
VISA、AmexVISA,Mastercard
年会費(税抜)本会員15,000円15,000円15,000円
(12,000円)
18,000円
家族会員5,000円5,000円3,000円5,000円
マイル付与率1.5%1.5%国内1%/海外1.5%
リボ手数料発生時2%
1.0%
付与の単位100円1,000円100円100円
ショッピングマイル年間上限-75,000マイル--
継続ボーナスマイル-1,500マイル
AMEXのみ
--
海外旅行傷害保険適用条件自動付帯自動付帯自動付帯自動付帯
家族特約あり
死亡・後遺障害1億円(1000万)5,000万円(1000万)5,000万円(1000万)5,000万円(1000万)
傷害・疾病治療300万円(200万)300万円(200万)200万(200万)200万円(200万)
賠償責任1億円(2000万)3,000万円(2000万)3,000万円(2000万)2,000万円(2000万)
携行品損害50万円(同額)50万円(20万)50万円(20万)50万円(20万)
救援者費用400万円(200万)300万円(200万)300万円(200万)200万円(200万)
国内旅行傷害保険適用条件自動付帯利用付帯利用付帯自動付帯
家族特約--
死亡・後遺障害5,000万円5,000万円(1000万)5,000万円(1000万)5,000万円(1000万)
入院日額5,000円5,000円(2,000円)5,000円(2,000円)5,000円
手術費用5~20万円5~20万円(同額)5~20万円(同額)5~20万円
通院日額2,000円2,000円(1,000円)2,000円(1,000円)2,000円
ショッピング保険適用条件国内外国内国内外国内外
年間上限500万円上限100万円300万円300万円
自己負担3,000円1万円3,000円1万円
空港ラウンジ
国内・海外航空機遅延保険最高4万円-最高2万円-
その他特典GOLD Basic Service
JCB特典
各国際ブランドゴールドカード特典
セゾンカード特典
MUFGゴールドプレステージ特典
各国際ブランドゴールドカード特典
各国際ブランドゴールドカード特典
UCカード特典

 ゴールドカードについては、MileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージがおすすめです。

MileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージ Visa

楽Payの活用で年会費が3,000円下がり、かつマイル付与率が2%にUPします。24時間365日健康・医療相談サービス、空港ラウンジ、国内・海外航空機遅延保険も付帯しています。

ただし、楽Payを使わない場合はお得度が低下してしまいます。また、設定できる上限が月10万円であり、多額を利用した月で金額の変更を忘れた場合、大打撃となる点がデメリットです。

JCB特典を重視する場合は、MileagePlus JCBゴールドカードも候補となります。JCBゴールドと同じ24時間365日の健康・医療相談サービスを利用できます。

ゴールドカード以上のJCBカードは「GOLD Basic Service」というサービスを受けられます。グルメ・ダイニング、トラベル、健康、ゴルフ...

また、JCBゴールド以上のJCBプレミアムカード会員が利用できるGOLD Basic Serviceを使えます。

JCBゴールド以上のJCBカードを保有していると、「GOLD Basic Service」を受けられます。グルメ・ダイニング、トラベル、健康、ゴルフ...

ただし、国際ブランドがJCBで海外での利用可能店舗が少ないのがデメリットです。

MileagePlusセゾンゴールドカードの方は、アメックスブランドの場合は1,500マイルの継続ボーナスがもらえます。

また、全国の西友・リヴィンで5%OFF(毎月5日・20日)、会員限定チケットなどセゾンカードの共通特典を利用できます。

VISAとMastercardを選択でき、世界中で加盟店が多いのがメリットです。地球上で幅広く使える圧巻の決済力があります。

JCB・アメックス・ダイナースクラブは海外では使えない加盟店も多く、結局サブカードとしてVISAかMastercardを持たざるを得ません。

事実、クレジットカードの売上高の世界シェアは、Visaが50%で1位、Mastercardが26%で2位です(NILSON REPORT 2018年4月)。この2つで約76%と圧倒的なビッグ2となっています。飛車角です。

  1. Visa:50%
  2. Mastercard:26%
  3. UnionPay(銀聯):20%
  4. Amex:3%
  5. JCB:1%
  6. DinersClub/DISCOVER:1%

これらを重視する場合はセゾンゴールドカードという選択肢もあります。アメックスの場合は1,500マイルの継続ボーナスがメリットです。

MileagePlusセゾンゴールドカード 公式サイト

UCカードはスペックが低いので、余程UCカードが好きでない限りは、おすすめできません。

また、ゴールドカードの場合は、ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードの方にも魅力があります。

ソラチカカードとANA VISAワイドゴールドカード

ソラチカカードとの併用でマイル付与率を最大1.648%まで上昇させることができます。

年会費は合計11,500円(税抜)で継続ボーナスが3,000マイルもらえます。ANAマイルでOKならばこちらにも魅力があります。

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードというクレジットカードがあります。ANA(全日空)と三井住友カードが提携して発行しているANA...

67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんは、おすすめのゴールドカードとしてANA VISA/マスター ワイドゴールドカードを挙げていらっしゃいました。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードは、クレジットカードのレジェンドも高く評価しています。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...

MileagePlus プラチナカード

プラチナのテキスチャー

マイレージプラスカードにはプラチナカードもあります。セゾンカード、ダイナースクラブカードが発行しています。

ダイナースクラブカードはスタンダードタイプとファーストの2種類を発行しています。

スタンダードのMileagePlus ダイナースクラブをゴールドとプラチナのどちらに分類するか迷いましたが、ここではプラチナカードに分類します。

カードタイプセゾンダイナースダイナース ファースト
プラチナプラチナプラチナ
提携ブランドVISAダイナースダイナース
年会費(税抜)本会員36,000円28,000円43,000円
家族会員9,000円9,000円9,000円
マイル付与率1.5%1.0%国内:1.5%
海外:2.0%
付与の単位1,000円100円100円
ショッピングマイル年間上限---
継続ボーナスマイル5,000マイル2,000マイル(300万円以上利用時)5,000マイル(500万円以上利用時)
海外旅行傷害保険適用条件自動付帯自動付帯自動付帯
家族特約
死亡・後遺障害1億円(1000万)1億円1億円
傷害・疾病治療300万円(200万)300万円300万円
賠償責任3,000万円(2000万)1億円1億円
携行品損害50万円(20万)50万円50万円
救援者費用300万円(200万)300万円300万円
国内旅行傷害保険適用条件自動付帯利用付帯利用付帯
家族特約--
死亡・後遺障害1億円(1000万)5,000万円(1000万)5,000万円(1000万)
入院日額5,000円(2,000円)5,000円(2,000円)5,000円
手術費用5~20万円(同額)5~20万円(同額)5~20万円
通院日額2,000円(1000)2,000円(1000)3,000円
ショッピング保険適用条件国内外国内外国内外
年間上限500万円500万円500万円
自己負担5,000円1万円1万円
空港ラウンジ世界850ヵ所以上以上世界850ヵ所以上以上
その他特典Visaプラチナカード特典
セゾンカード特典
会員誌「express」
ダイナースクラブカード特典ダイナースクラブカード特典

コンシェルジュサービスと還元率ならセゾンカード、年会費の安さ・空港ラウンジの数・ダイニング特典の充実度ならダイナース(一般)、還元率・空港ラウンジ・ダイニング特典ならダイナースファーストにエッジ・優位性があります。

ただし、プラチナカードに関しては、好みに大きく左右される側面があり、一律的な断定は難しいです。

答えは一人ひとりの中にあり、しっくり来るもの、保有した時を想像するとウキウキする方でOKでしょう。

MileagePlusセゾンプラチナカード

MileagePlusセゾンプラチナカードは、1.5%という高いマイル付与率、無条件での継続ボーナス5,000マイル、充実の付帯保険、VISAプラチナカード特典がメリットです。

ビザ・ワールドワイドがサービスを提供するVisaプラチナカードの優待特典を受けられます。

Visaプラチナ・コンシェルジュ・センターの他、レストラン、パッケージツアー、手荷物宅配、ゴルフ予約などが優待価格で利用できます。

サービス名サービス内容
Visaプラチナ・コンシェルジュいわゆるVPCC。旅行の計画、ホテル・レストラン・フライト・レンタカー予約など、さまざまなリクエストに年中無休24時間体制で対応
Visaプラチナダイニング(終了)日本国内約130軒、海外約45軒でシェフの一皿、お土産の提供、割引優待、食前酒やデザートのサービスなど多彩な特典
Visa プラチナトラベル(日本)日本全国各地、約1,000の有名旅館やホテルの厳選された宿泊プランや、往復航空機利用のパッケージツアーがVisaプラチナカード会員優待価格(通常のパンフレットの価格から10~15%の優待)
Visa プラチナトラベル(海外)ルックJTBをはじめとするJTBパッケージ旅行、JTB取扱いの海外航空券、海外ホテルがVisaプラチナカード会員優待価格(5%の優待)
Visa プラチナ空港宅配国際線のフライトを利用の際、会員優待価格にて宅配(往路復路とも2個まで1個につき税込500円、3個目以降は通常価格より20%オフ)
Visa プラチナゴルフ(日本/海外)・日本国内の名門ゴルフ場に加え、プロトーナメント開催コース等のハイグレードゴルフ場など約65のコースがVisaプラチナカード会員優待価格(各コースのプレー代金から4,000円優待)で予約可
・日本人に人気のあるハワイ、グアム、東南アジア(シンガポール、タイなど)にある約80のゴルフ場をVisaプラチナカード会員優待価格(各コースのプレー代金から4,000円優待)で予約可
・Visaプラチナゴルフ(海外)の利用時は、自宅と国内空港間の往路復路のゴルフバック宅配が無料
一休.comのダイヤモンド会員の体験ポイント還元のUP、ダイヤモンド会員限定の優待(部屋のアップグレード・ウェルカムギフト等)、一休.comプライベートセール等を利用可能)

1.5%というマイル付与率に加えてコンシェルジュなどVisaプラチナカード特典を活用したい場合はMileagePlusセゾンプラチナカードが候補となります。

Visaプラチナ・コンシェルジュ・センター(VPCC)の場合、電話だけでなくメールや会員サイトで依頼することが可能です。

オンラインで依頼可能なのは、他には年会費54,000円~216,000円(税込)のラグジュアリーカード、年会費140,400円(税込)のダイナースプレミアムのみです。

メール・会員サイトでコンシェルジュに依頼可能なのがVPCCのエッジ・優位性です。

プラチナカード・ブラックカードに定番のサービスが「コンシェルジュ」です。基本的には電話でのやり取りとなります。回答はメールOK...

また、電話だけでなくメールで回答を受け取ることも可能です。電話のみというコンシェルジュも多いです。

電話の場合、出られなかった時は自分から折り返す必要があり、やや手間がかかります。また、聞き取った内容をメモする必要が生じて、出先だと苦慮することがあります。

メールだと手が空いている時に見られますし、記録する必要もありません。メールそのものが記録になります。

VPCCのコンシェルジュへの依頼への回答メール

レストランや居酒屋の予約を依頼して、予約結果を他の参加者に連絡する必要がある場合、メールだとコンシェルジュの回答メールをコピペすればOKなので、非常にスムーズで便利です。

メール回答OKで状況に応じて電話回答と使い分けられるのは、幾多のコンシェルジュ・サービスの中でもエッジ・優位性があります。

ちなみに他にメール回答OKのコンシェルジュは、アメックス・プラチナ、ダイナースプレミアム、ラグジュアリーカードなどです。

JCB THE CLASS/JCBプラチナの場合、ホテルの予約とレストラン予約に関連する依頼についてはメール回答がOKなのですが、それ以外の項目は電話のみです(メール回答OKのコンシェルジュ一覧)。

コンシェルジュへの依頼例としては、実際に複数のプラチナカードのコンシェルジュにロレックスの在庫確認を依頼したことがあります。

依頼した事項(東京23区の店舗での在庫確認)以外についても調べてくれたり、貴重な付加情報をもらえて大満足の対応をしていただきました。

複数枚のプラチナカード・ブラックカードを保有しており、アメックス、ダイナース、ラグジュアリーカード、三井住友カード、JCB、クレ...

利用頻度が多いのは、懇親会等のお店選びです。人数、利用シーン、場所、希望の条件を伝えると、3~6個程度のお店をピックアップしてくれます。

基本的にはどれも良いお店であり、その中から選べばOKになります。お店選びの時間を節約できて忙しい時に非常に助かります。

日本酒好きの方との2次会では、プレミアムな利き酒セットがあるお店を選定してくれたりします。

獺祭バーの利き酒セット

手土産の選定も便利です。「○○駅の周辺で買える手土産」といったリクエストも可能なので、スケジュールの都合や移動経路も考慮した依頼が可能です。

上質で適切な品物をレコメンドしてくれます。日本酒好きの方に「獺祭 磨きその先へ」と磨き二割三分のセットを贈ったところ、めっちゃ喜んでくれました。

獺祭 磨きその先へ・獺祭 磨き二割三分 720mlセット (箱)獺祭 磨きその先へ・獺祭 磨き二割三分 720mlセット

また、在庫が希少でネットでは定価を大きく超える価格で販売されている状況の時に、私は電話一本でプレイステーションVRがある店舗を教えてもらうことができました。

PS VR

ホテルに部屋がない時でも、カード会社が枠を抑えていてコンシェルジュ経由なら予約可能な時があります。

2016年3月12日(土)に名古屋駅に用事があり、名古屋駅周辺のホテルを取る必要がありました。

2月13日に予約しようとしたところ、1ヶ月前なのに既にホテルが満室の嵐で、アパホテル<名古屋栄>(素泊まり28,100円)くらいしかない状況でした。プレミアム価格が付きすぎてあまりにも割高です。

インバウンド観光の波が来ていて、かつマラソンの国際大会がありました。

困り果てて持っていたプラチナカードのコンシェルジュに電話したところ、2つの宿を提示してくれて、朝食付き15,800円で予約を取ってくれました。

インバウンドやイベントなどで、ホテルがインターネットの予約サイトでは全滅でも、プラチナカードのコンシェルジュに電話したら確保できたことがあります。

インバウンド観光の大波が日本列島の各地に依然として来ており、時期によってはホテルが取りづらい状態が続いています。また、何らか...

今なら大量のマイルが得られるお得な入会キャンペーンも行われています。

MileagePlusセゾンプラチナカード 公式キャンペーン

MileagePlus ダイナースクラブは、ダイナースクラブカードの充実のダイニング・トラベル特典が使えるのがメリットです。

MileagePlus ダイナースクラブ MileagePlus ダイナースクラブファースト

カード利用でユナイテッド航空のマイルが貯まること以外では、ダイナースクラブカードと原則として同じ特典を享受できます。ダイナースクラブの卓越したダイニング・トラベル特典を利用できます。

ジャンル優待サービス内容
グルメ所定のコース料理を2名以上利用で1名無料(エグゼクティブ ダイニング)
料亭の予約代行(料亭プラン
カード不要の「サインレス・スタイル
おもてなしプラン
トラベル850ヵ所以上の空港ラウンジ(国内・海外)
手荷物無料宅配(帰国時)
国内外のホテル・旅館の宿泊優待
旅行・出張時の現地でのサポート・各種手配
最高1億円の旅行保険
エンタテイメントコナミスポーツクラブや人間ドック優待
ホテル内フィットネス 特別優待
ダイナースクラブ ポイントモール
ゴルフプライベートレッスン優待
名門ゴルフ場の優待予約
会員誌SIGNATURE

特にメリットが大きいのはコース料理1名分無料サービスのエグゼクティブ・ダイニングです。

対象レストランの一例としては、銀座レカン副料理長、広尾レヴェランス料理長を務めた経歴を持つシェフのレストラン(食べログで星が約4・TOP1000の名店)があります。

銀座レカン副料理長、広尾レヴェランス料理長を務めた経歴を持つシェフのレストランに行きました。食べログで星が約4・TOP1000の名店...

女性として初めてフランス最優秀国家認定資格「M.O.F」を受賞した天才シェフ、アンドレ・ロジェ氏のレストランで食べたキノコ料理は私の生涯においてNo.1の味でした。

高級レストラン1名分無料サービスは、誕生日、記念日などのディナーにかなり役に立ちます。

南仏のビアリッツで独立開店後、たったの1年でミシュランの星を獲得した天才女性シェフの味を提供しているレストランに行きました。「...

空港ラウンジは、日本国内では他の大多数のゴールドカード・プラチナカードでは利用できないKAL Business Class Loungeを使えます。

サポートのコールセンターに電話すれば、万が一のトラブルの際にも、保険会社が入って海外旅行傷害保険の範囲内で治療を受けられます。

費用負担がなくて安心・安全です。外国人だと法外な値段をふっかけられるような国・地域が一部にありますけれども、ダイナースの海外サポートが間に入ってくれるのでそのような心配とも無縁です。

その他、ダイナースクラブカードと共通のベネフィットの詳細は以下で徹底解説しています。

ダイナースクラブカードというクレジットカードがあります。高いステータス、24時間年中無休のデスク、国内外350空港850ヵ所以上の空...

ダイナースは流麗な制度が満載であり、人生がもっと楽しくなるクレジットカードです。一度使ったらもう手放せません。

私はダイナース入会前と入会後では、生活の豊かさが圧倒的に変わりました。サービスを利用したり、イベントに参加することで、それまでになかった体験が可能になっています。

ダイナースに入会してから、ダイナースクラブカードを使い倒しています。人生初のブラックカードはダイナースプレミアムでした。ダイ...

草喰なかひがし、銀座 小十、フロリージュ、日本料理 龍吟、青空など至高の予約困難店でキャンセルが出た席を予約できるダイニングサービスもあります。

「ダイナースクラブ ごひいき予約」という新しいダイニング特典が光臨しました。草喰なかひがし、銀座 小十、フロリージュ、日本料理 ...

SAKE COMPETITIONの上位入賞酒が飲み放題、秀逸な料理の食べ放題のパーティーにポイントで参加することも可能です。

SAKE COMPETITIONの受賞酒が発表される夜には、授賞パーティーが開催されるのが恒例となっています。SAKE COMPETITION 2018の授賞パー...

審査基準はダイナースクラブカードと同一です。ダイナースクラブカードの審査基準については、以下で徹底的に検証しています。

ダイナースクラブカードは、審査が厳しいことで有名なクレジットカードです。しかし、クレジットカードの審査は全体的に徐々に緩くな...

MileagePlus ダイナースクラブファーストは、一般カードでは1%のマイル付与率が国内1.5%、海外2%に上がるのがメリットです。年間利用額が多い方はこちらの方がお得になります。

ライバルのANAカードでは、年会費は跳ね上がりますけれども、ANA VISAプラチナ プレミアムカードだと、ソラチカカードとの併用でマイル付与率が最大1.905%も貯まります。

ANA VISAプラチナ プレミアムカードというクレジットカードがあります。ANA(全日空)と三井住友カードが提携して発行しているANAカード...

単一のクレジットカードとしては、ダイナースのブラックカードが日本最高のマイル付与率、還元率を誇ります。

ダイナースクラブ プレミアムカード

ダイナースプレミアムANAダイナースプレミアムだと、年会費は高いものの、カード利用だけで2%のANAマイルを得られます。手間が一切かからない点にエッジ・優位性があります。

2%マイル還元は破格以外の何ものでもなく、年間利用額が大きいとカード会社の収支が極めて厳しいという噂も耳にしました。

例えば年間利用額が1000万円の場合は20万マイルを得られます。1マイル2円と考えると40万円の還元となります。

菊地崇仁さんとまつのすけ

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さんは、おすすめのプラチナ/ブラックカード、高還元カードとして、ダイナースクラブ プレミアムカードを挙げていらっしゃいます。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

利用額が大きい場合は高い年会費をペイすることも可能になり、卓越したバリューがあります。

ダイナースクラブカードのブラックカードは「ダイナースクラブ プレミアムカード」という名前です。「ダイナースプレミアム」と略され...

レギュラーカードも含めたダイナースのポイント共通の貯め方・使い方は以下をご参照ください。

ダイナースクラブカードは類稀な高級カードであり、アメックスと双璧をなす存在となっています。ステータスカードとなると、コストパ...

ユナイテッド航空はマイル購入キャンペーンを開催

パソコンを操作するOL

ユナイテッド航空は自分でマイルを購入することが可能です。外資系企業ですとおなじみの制度ですね。

Marriott Bonvoyのポイントヒルトンのポイントと同様に、定期的に購入で得られるマイル数がアップするキャンペーンを開催しています。

キャンペーンないしセール期間中にマイルを購入して、国際線ビジネスクラスや国内線の多数路線の搭乗に利用すると、購入金額よりも利用金額の方が高くなってお得になります。

ユナイテッド航空のマイル購入セール

一例として2017年5月23日午後1時59分(日本時間)までは、ボーナスマイルが +50%(最大50,000マイル)のキャンペーンが開催されています。

  • 5,000~34,000マイルの購入:25%ボーナスマイルを進呈
  • 35,000~100,000マイルの購入:50%ボーナスマイルを進呈

MileagePlusセゾンカード限定で、5万マイル以上の購入だと最大75%ボーナスとなります。

  • 5,000~34,000マイルの購入:25%ボーナスマイルを進呈
  • 35,000~100,000マイルの購入:50%ボーナスマイルを進呈
  • 50,000~85,000マイルの購入:75%ボーナスマイルを進呈

マイレージプラスは、100%ボーナスか50%割引(どちらもお得度は同じ)が最大のセールとなっています。ただし、あまりありません。

この時に購入するとバリューが高くてお得です。75%ボーナスは定期的に開催されており、この時も購入を検討しえます。

まとめ

日差しの中、海外で手を広げる女性

Mileageplusカードはユナイテッド航空のマイルが貯められるクレジットカードです。

マイレージプラスを徹底的に活用したい方ですとお得なクレジットカードです。

一般カードですとMileagePlusセゾンカードが年会費6,500円(税抜)でマイル付与率が1.5%になってお得です。

リボ払いの指定金額を毎月動かして少額のリボ手数料を発生させる運用を厭わない場合は、MileagePlus MUFGカードが年会費2,000円でマイル付与率1.5%になってバリューが出ます。

マイレージプラスカード セゾン 公式サイト

これ以外の一般カードなら、むしろANAカードの一般カードの方にお得感があります。

MileagePlus ゴールドカードの場合は、リボ払いの運用がOKならば、MileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージがお得です。

また、ANAマイルでOKならば、ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードもお得です。

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカード 公式キャンペーン

1.5%というマイル付与率に加えてコンシェルジュなどVisaプラチナカード特典を活用したい場合はMileagePlusセゾンプラチナカードが候補となります。

その他、マイルが貯まりやすいクレジットカードについては、以下で精緻に分析しています。

航空マイルは価値にレバレッジがかかるのが魅力的です。特典航空券へ交換すると、1マイルの価値が数円に昇華します。国内線特典航空券...

番外編:ステータスマッチでユナイテッド航空の上級会員資格

日本で発行されているクレジットカードは、保有するだけでユナイテッド航空のマイレージプラスの上級会員資格を得られるカードはありません。

しかし、デルタ航空に関しては、ゴールドメダリオンを得られる「デルタスカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド」というカードがあります。

デルタ スカイマイル アメックス・ゴールドを保有すると、そこからステータスマッチを行うことで、ユナイテッド航空のマイレージプラスでの「プレミアゴールド」資格が得られます。

プレミアゴールドの中で最大のメリットは、国際線利用時の空港ラウンジが利用可能になる点です。UAのユナイテッドクラブ、提携航空会社のラウンジが使えます。

ユナイテッド航空はANAと同じスターアライアンスなので、プレミアゴールドがあれば、ANAラウンジ(国内線・国際線)も利用可能になります!

その他、プレミアゴールドのベネフィット一覧は下表のとおりです。

特典内容プレミアシルバープレミアゴールドプレミアプラチナプレミア1K
エコノミープラス席の無料指定チェックイン時ご予約時ご予約時ご予約時
エコノミープラスに同伴できる旅客数1188
無料プレミアアップグレード
無料プレミアアップグレードでのご同伴者アップグレード
無料プレミアアップグレード確定のタイミング出発当日48時間前72時間前96時間前
YまたはBクラスのエコノミークラス普通運賃からの即時アップグレード(対象区間のみ) 
Mクラスのエコノミークラス運賃からの即時アップグレード (対象区間のみ)   
リージョナル・プレミアアップグレードの獲得  
グローバル・プレミアアップグレードの獲得   
最低500プレミア資格対象マイル加算
UA・提携航空会社の利用時に特典マイル(1米ドルあたり)7マイル8マイル9マイル11マイル
優先チェックイン
優先セキュリティチェック(対象空港のみ)
優先搭乗○(グループ1)○(優先搭乗)
優先手荷物取扱いサービス
プレミアデスク専用電話回線1K 1Call専用回線
満席に近いフライトでの予約確保(特定の正規運賃のみ)
国際線で旅行時の空港ラウンジ利用 
エコノミー航空券での無料受託手荷物許容範囲1個あたり70ポンド(32kg)1個70ポンド (32kg) までを2個1個70ポンド(32kg)までを3個1個70ポンド(32kg)までを3個
同日内のフライト変更手数料の割引または免除 
ユナイテッドクラブ会費の割引  
通話サービス料金の割引または免除  
機内で購入される免税品の10%割引  
特典旅行の優先空席待ち
国際線特典旅行でのスタンバイ
ユナイテッド等のフライトでのユナイテッドスタンダード特典への無制限アクセス
ユナイテッドのセーバー特典でエコノミークラスの優先枠
ユナイテッドのセーバー特典で一部のプレミアムキャビンの優先枠  
直前特典予約手数料の減額または免除
特典マイル返還手数料の減額または免除
特典変更手数料の減額または免除

ステータスマッチで得られるプレミアゴールド会員資格の有効期間は90日間となります。

その後もプログラム年度の残り期間プレミアゴールドを維持するためには、90日のキャンペーン期間内に、ユナイテッド航空かユナイテッド・エクスプレスのフライトで、12,500PQMまたは15PQSを得る必要があります。

羽田・成田・関空から、ニューヨークやワシントンDCなどに1回往復でフライトすると、一発で12,500マイル以上が得られるので、最大で1年半スターアライアンスの上級会員資格をキープできます。

したがって、ANAラウンジ(国内線・国際線)を利用することが可能になります。

ANAラウンジの入口ANAラウンジ羽田のビールサーバーとウイスキーANAラウンジ羽田のお酒

2018年6月30日までにステータスマッチした場合、2019年1月まで有効となります。2018年7月1日以降にプレミアステータスを取得した場合、2020年1月まで有効です。

できれば7月もしくは1月になってから行うと、上級会員資格を維持できる期間が長くなります。

過去5年間にこのプログラムに参加したことがある場合は対象外となります。

また、2018年半ばからは、特典で手にいれたステータスとのマッチには厳格になっています。一定の搭乗実績が重要になります。

制度が変わらなかったら5年に1回、90日間ユナイテッド航空の上級会員資格を得られます。90日間で条件をクリアしたら最大で約1年半となります。

最初の90日間の期間中は、ANAなど提携航空会社との相互特典を利用できない場合があるとユナイテッド航空のサイトでは明記されています。

しかし、ユナイテッド航空のスマホアプリをダウンロードして、ゴールド会員資格の会員証を出せるようにしておけば、ほぼあらゆる場合で問題なく利用できます。

また、ANA等の提携航空会社の予約・支払い時に、ユナイテッド航空のマイレージ・プラスの会員番号を登録しておくとよりベターです。

ユナイテッド航空のステータスマッチ 公式ページ

出張・旅行が多い時期や、他の航空での利用が便利なフライトを行う際にステータスマッチで上級会員資格を獲得すると便利です。

ANAのSFC(スーパーフライヤーズカード)獲得のための修行を行う際には、ユナイテッド航空のプレミアゴールドの資格を得ておくと大変捗ります。

デルタ スカイマイル アメックス・ゴールドは、日本人にとってもメリットが大きい航空系カードです。貯まるマイルがデルタスカイマイルでOKならば有力な候補となります。

その他、カードの詳細については、以下で徹底的に解説しています。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードというクレジットカードがあります。デルタ航空とアメックスが提携...

67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんは、おすすめのアメックスとしてデルタ スカイマイル アメックス・ゴールドを挙げられていました。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

デルタ スカイマイル アメックス・ゴールドは、クレジットカードのレジェンドも高く評価しています。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

入会後6ヶ月以内にデルタ航空を購入航空券で利用すると、初回のフライトに対して通常のフライトマイルに加え、ボーナスマイルがプレゼントされます。

  • エコノミークラスの利用 → 10,000マイル
  • ビジネスクラスの利用 → 25,000マイル

現在はお得な入会キャンペーンが開催されています。カード入会だけでボーナス8,000マイルがプレゼントされます。

入会から6ヶ月以内の購入航空券によるビジネスクラス利用で25,000マイルを得られます。

合計で33,000マイルを獲得でき、これだけで特典航空券を利用できます。バリューのあるお得なキャンペーンです。

デルタ スカイマイル アメックス・ゴールド 公式キャンペーン

MileagePlusは購入も可能

ユナイテッド航空のマイル「MileagePlus」は購入することもできます。キャンペーン。2017年6月下旬~7月4日までは最大75%ボーナスのセールを開催しています。

アカウントによって条件が異なり、25,000マイル以上、もしくは35,000の購入で75%OFFとなっています。

私は35,000マイル以上の購入が条件でした。消費税もかかります。

MileagePlusの購入画面

MileagePlusの購入セールは、「100%ボーナス」や「50%割引」(滅多にない)が最大です。

ただし100%ボーナスはミステリーボーナスとなっていることが多く、活発にユナイテッド航空を利用している一部の会員のみが対象となることが多いです。購入条件も厳し目です。

  • 2016年12月:MAX100%ボーナス(一部会員が対象)
  • 2017年1月: MAX75%ボーナス
  • 2017年3月:MAX75%ボーナス(一部会員が対象)
  • 2017年6月:MAX75%ボーナス
  • 2017年7月:MAX100%ボーナス

購入するとメールでレシートが送られてきます。

MileagePlus購入レシート

私は35,000マイルを購入して、26,250ボーナスマイルが得られて合計で61,250マイルを購入しました。

料金は139,297円、税負担金10,447円で合計149,744円でした。1マイル2.4448円で購入したことになります。

マイルは1,000マイル単位で、一度に85,000マイルまで購入できます。マイルの購入は1アカウントあたり年間15万マイル(ボーナス含む)が上限です。

購入と同時にクレジットカードで支払いが行われて、キャンセルはできません。購入したマイルは、マイレージプラスのプレミア資格対象マイルの対象外です。

マイレージプラスアカウントにマイルが加算されるまで、48時間ほどかかります。 私の場合は約17時間で反映しました。

マイレージプラスの購入マイルの反映

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-クレジットカード
-

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.