JALグローバルクラブの全貌2019!JGCは上級会員!メリット・特典を徹底解説

更新日: JALマイル 家計 JALカード

JALグローバルクラブ(JGC)のロゴ

JALグローバルクラブは日本航空の上級会員制度であり、一度入会資格を満たせば永続的にJMBサファイア会員相当の特典を享受できるのが大きなメリットです。

「JGC」と略されており、ずっとVIP待遇をキープできる点がファンタスティックです。

また、JALは航空連合ワンワールドに所属しているので、JGCを保有しているとワンワールドの上級会員資格(サファイア)も保持できます。

アメリカン航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、キャセイパシフィック航空、カンタス航空、フィンエアー等のフライトの際にも至れり尽くせりのベネフィットを享受できます。

5万FLY ON ポイントの条件をクリアすると、クレジットカードのJALグローバルクラブカードに入会することができ、JGCを保有する限り飛行機に全く乗らない年があっても永続的にJAL/ワンワールド上級会員資格を保持できます。

JALグローバルクラブの会員は、サクララウンジ、ワンワールド航空会社のビジネスクラスラウンジ、特典航空券の優先予約、優先保安検査場、優先搭乗、優先手荷物引き渡しなど、スペシャルな特典を受けられます。

JALならびにワンワールド加盟のエアラインでフライトする機会がある方にとっては、珠玉の価値がある垂涎の会員プログラムとなっています。

JALグローバルクラブのメリット、デメリット、条件について、注意点を完全網羅してわかりやすく徹底的に解説します。

JGCの入会条件とワンワールドでのランク

JALグローバルクラブは、日本航空の上級会員制度「FLY ON プログラム」の会員ランクの一つです。

会員資格が毎年の更新ではなく、クレジットカードのJGCカードを保有する限り、未来永劫維持できるのが特徴となっています。

毎年更新されるJALのステイタス会員制度は4段階となっており、一定のFOP(FLY ON ポイント)獲得もしくは搭乗回数をクリアすると、上級会員の資格が付与されます。

また、自動的にワンワールドの上級会員資格も獲得できます。

JMB
ステイタス
条件ワンワールド
のステイタス
FLY ON ポイント搭乗
クリスタル30,000FOP(うち15,000ポイントはJALグループ便)30回(うち15回はJALグループ便)
+ 10,000 FRY ONポイント以上
ルビー
サファイア50,000FOP(うち25,000ポイントはJALグループ便)50回(うち25回はJALグループ便)
+ 15,000 FRY ONポイント以上
サファイア
JGCプレミア
(※JGCカード会員限定)
80,000FOP(うち40,000ポイントはJALグループ便)80回(うち40回はJALグループ便)
+ 25,000 FRY ONポイント以上
エメラルド
ダイヤモンド120,000FOP(うち6,000ポイントはJALグループ便)120回(うち60回はJALグループ便)
+ 35,000 FRY ONポイント以上
エメラルド

クリスタル、サファイア、JGCプレミア、ダイヤモンドは年間のステータスとなっており、会員資格を維持できるのは達成した年から翌々年3月迄のみとなります。

例えば2019年にクリスタルの条件をクリアした場合、このステイタスの有効期限は2021年3月末までとなります。

JMBクリスタル会員カード

会員資格を維持するためにはFLY ONポイント、または搭乗回数の条件を毎年達成する必要があります。

出張が多いビジネスパーソン、世界中を飛び回っているトラベラーでないと、毎年達成を継続するのは困難を極めます。

しかし、「JALグローバルクラブ」という制度は一度だけ条件をクリアすると、取得した会員資格をずっと保持することができるのが特徴となっています。また、家族会員も同じ資格を付与されます!

  • クリスタル、サファイア、JGCプレミア、ダイヤモンド:毎年の条件クリアが必要(家族は対象外)
  • JALグローバルクラブ(JGC):一度だけ条件をクリアすればOK(家族会員も対象)

クレカを保有する限り資格を維持できて、かつ家族会員も上級会員資格の特典を享受できるのは、世界的に見ても稀有な仕組みです。

実際に私も2018年に家族会員としてANAのSFC(JGCに類似した永続的な上級会員制度)に入会したところ、あまりにも快適なフライトに感動して、JGCも獲得したくなりました。

ANAアメリカン・エキスプレス スーパーフライヤーズ・ゴールド・カードとSFCラウンジカード

JALグローバルクラブに入会するためには、1回だけサファイア会員の条件をクリアして、かつJAL CLUB-Aカード以上のJALカードを取得することが条件となります。 

JALグローバルクラブに入会したらJGCを保有する限り、搭乗実績が皆無の年があったとしても、JMB/ワンワールドのサファイア会員とほぼ同じ特典をずっと享受できます。

しかも大切な家族も! 本会員と生計を同一にする「配偶者」、「両親」、「18歳以上の子供」がJGC家族会員になれます。

残念ながら私は家族カードを作ってくれる家族がいないので無関係ですヽ(´ー`)ノ

家族カード会員も同じJGCの特典を受けられるのは、世界的に見てもレアで日本在住者だからこそ享受できる素晴らしいベネフィットです。

空港でスーツケースを運ぶ家族

したがって、飛行機に搭乗する機会が少なく、自然体では達成が難しい場合でも、条件達成のためにわざわざ飛行機に乗りまくる「JGC修行」を行う方が後を絶たない程です。

JGC達成のために本来は不要のフライトを繰り返す方は「修行僧」と呼ばれており、私も2019年に修行僧の仲間入りを果たしました。

正直、破格の制度であることから、いつ扉が閉まってもおかしくはなく、入会条件が厳しくなるリスクは常に存在しています。

もちろん、既存会員のサービス内容の低下リスクもありますが、取り急ぎ入会の間口が狭まる前に入会しようと思いました。

まだJMB会員でない方は、まずはアカウントを作る必要があります。登録費・年会費などは一切かかりません。

JALマイレージバンク 公式サイト

FLY ONポイントか回数が必要

羽田空港に駐機するJALの飛行機

JALグローバルクラブの入会に必要なのは、「FLY ONポイント」もしくは「搭乗回数」であり、どちらかの条件クリアが重要な要素となっています。

FLY ONポイントは航空マイルとは異なり、特典航空券・e JALポイント・その他の共通ポイント・品物などへの交換には利用できません。

上級会員の取得のためだけに必要なポイントであり、JAL公式サイトで予約した場合は自動的に付与されます。

およそフライトの2~3日後に搭乗回数とFLY ONポイントが反映されます。修行僧にとっては嬉しい瞬間です!

FLY ON ポイント

パッケージツアーやエアトリ等の比較サイトで予約した場合は、事後申請することで加算されるケースもあるので、確認しましょう。

FLY ONポイントは基本的には航空マイルに連動しており、フライトの距離が長くなる程、シートのクラスが上になるほどにUPします。

日本国内は2倍、アジア地域は1.5倍と加算に優遇も存在しています。

JALマイレージバンクのお客様情報画面(マイル・FOP・搭乗回数)

JALグループ便、ワンワールドの便でフライトすると、着実にFLY ONポイント・搭乗回数が蓄積されていきます。

FOP50,000(うち25,000はJAL便)もしくは搭乗回数50回等の条件をクリアすると、晴れてJALグローバルクラブ会員になることが可能です

回数は単純でわかりやすいですが、FLY ONポイントは計算が面倒なのがデメリットです。FOPの詳細については、以下で精緻に分析しています。

JALの上級会員になるためには「FLY ONポイント」を貯める必要があります。5万ポイントに到達すると生涯に渡ってJALの上級会員資格を維...

FLY ONポイントを大量に得られる代表的なフライト方法は「OKA-SINタッチ」等です。

「OKA-SINタッチ」というフライト手法があります。JALのJGC修行、ANAのSFC修行でよく用いられます。沖縄(OKA)→東京→シンガポール(SIN)...

JALグローバルクラブの素晴らしいメリット

新千歳空港のJALグローバルクラブのエントランス

JALグローバルクラブは、通常のJMBステイタス会員、ライバルのANAのSFC会員と比較してもエッジが効いています。

会員資格を維持できる点が優れており、入会条件に搭乗回数がある点がSFCと比較して秀でています。

  • JGCで永続的に上級会員を維持可能
  • 航空アライアンス「ワンワールド」の上級会員資格も無条件で維持可能
  • 家族カード会員もJALグローバルクラブに入会可能
  • ANAのSFCと比較するとJGC入会条件に搭乗回数が存在

一言で表すならば「JGCは本当にエクセレントでエクスクルーシブ」です。

実直で素晴らしく他にはない、唯一無二の会員プログラム。それがJALグローバルクラブです。以下、詳細についてブレイク・ダウンします。

JGCで永続的に上級会員を維持可能

JALグローバルクラブ JALダイナースカード(JGCカード)

JALグローバルクラブの最大のメリットが、1度資格を取得すれば、永続的に上級会員のベネフィットを享受できる点です。

JMBクリスタル・サファイア・ダイヤモンド、JGCプレミアは毎年条件を達成しないと維持できません。

しかし、JGCの場合はたった1年だけのクリアでOKである点が流麗です。

ただし、JALグローバルクラブのクレジットカード(JGC)を解約したり、支払い遅延などで会員資格を剥奪された場合は、JALグローバルクラブも強制退会となる点に注意が必要です。

家族もJALグローバルクラブに入会可能

手荷物(スーツケース)を引きずって空港を移動する家族

JGCの家族カードを発行すると、家族も本会員と同様に、JALの上級会員のサービスを受けることが可能です。

クリスタル・サファイア・ダイヤモンドは条件をクリアした本人にのみ適用され、家族は対象外となります。

JGCの場合は、搭乗実績をクリアできない家族も上級会員の特典を享受できるのが大きなメリットです。

私のように家族カードを作ってくれる家族がいない場合はこのメリットはありません(´;ω;`)

しかし、ご結婚している方、お子さんがいらっしゃる方などには、大きなメリットが存在しています。

奥さんの単独の出張やママ友との旅行、子供が友達や恋人と旅行に行く際にも、JALの上級会員資格の特典を受けられます。

ワンワールド提携航空会社でも上級会員の優待

キャセイパシフィック航空

JALグローバルクラブの会員はJALグループだけではなく、JALが加盟している航空連合「ワンワールド」加盟の航空会社でも、サファイア会員の特典を享受できます。

最大のメリットはJALのサクララウンジ、並びにワンワールド加盟航空会社のビジネスクラスラウンジ、フリークエント・フライヤーラウンジを利用することができる点です。

通常では、ビジネスクラス利用者のみが使える航空ラウンジを利用でき、カードラウンジとは次元が異なる上質の空港ラウンジを利用可能となっています。

ラウンジはJALグローバルクラブ会員1名あたり同伴者も1名まで無料で使えます。

夫婦でJGCを保有すれば、子供2名までの家族4名で無料にてラウンジを利用できてファンタスティックです。

家族旅行はもちろん、友人との旅行や同僚との出張時もフル活用できて質実剛健です。

搭乗回数でも上級会員になれる!

JALの飛行機

JGCはFLY ONポイントだけではなく、年間50回の搭乗回数を満たすことによっても、JALグローバルクラブの条件をクリアできます。

日本航空の最大のライバルであるANAの場合、上級会員を取得するためには、FLY ONポイントと同様の制度である「プレミアムポイント」5万ポイントのみが条件となっています。

したがって、JALの場合は安価な国内路線を利用したり、1泊2日で14搭乗できる小型プロペラ機の離島ホッピングツアーに参加することで、短期間で上級会員資格を取得することができます。

ホッピングツアーを3回利用して、かつ何らかの路線を4往復すれば50搭乗となり、晴れてJGC会員になることが可能です。

JALグローバルクラブの特典はスペシャル

新千歳空港のJALグローバルクラブのカウンター

JALグローバルクラブはわが国を代表するエアラインである日本航空の上級会員として、充実の特典を享受できます。

  • サクララウンジ
  • ワンワールドビジネスクラスラウンジ
  • 毎年初回搭乗3,000マイル
  • ボーナスマイル積算率35%
  • 会員専用予約デスク
  • 優先キャンセル待ち、優先搭乗
  • JGC専用カウンターでのチェックイン
  • ファストレーンでの保安検査優先特典
  • 国内線・国際線前方座席指定サービス
  • 預け荷物許容量優待
  • プライオリティバッゲージサービス(優先手荷物引き渡し)
  • JALオリジナルダイアリーか1,000 e JALポイントを毎年プレゼント
  • 入会時にノベルティのプレゼント(バッゲージタッグ)

JALが渾身の力を込めた会員プログラムだけあって、まさに至れり尽くせりとなっており、手抜きなしの真剣勝負的なパフォーマンスを発揮しています。

日本航空の名を見せつけるようなクオリティが、肥沃な大地のような様相を呈しています。

サクララウンジ

JAL羽田空港 国際線サクララウンジ・スカイビュー

JALグローバルクラブ会員は、日本航空とワンワールド加盟エアラインに搭乗する際には、サクララウンジを利用できます。

最高峰の雅やかな空間でフライトまでの待ち時間を快適に過ごせます。飲食してマッサージ機を使ったり、新聞・雑誌・Wi-Fiでのネットサーフィン等を行うと、あっという間に時間が過ぎます。

国内線についてはビール、ウイスキー、柿の種、飴、ソフトドリンク等にとどまっています。

JALは国内線でサクララウンジ、ダイヤモンド・プレミアラウンジという2つの航空ラウンジを提供しています。羽田空港国内線のサクララ...

しかし、国際線はサラダ、お肉、お魚、名物のカレー、パン、ビール・日本酒・ワイン・洋酒と充実しています。ちょっとしたレストランのビュッフェ状態ですよ!

JAL羽田空港 国際線サクララウンジ・スカイビューのドリンクコーナーJAL羽田空港 国際線サクララウンジ・スカイビューのフードコーナー

一例として、羽田空港国際線のサクララウンジについては、以下で徹底的に解説しています。

羽田空港 国際線ターミナルにはサクララウンジ、サクララウンジ スカイビューという空港ラウンジがあります。日本を代表する航空会社...

ワンワールド ビジネスクラスラウンジ

JAL・ワンワールド搭乗時は、サクララウンジだけではなくワンワールド加盟航空会社のビジネスクラスラウンジも利用可能です。

サクララウンジがある空港でもOKなので、豪華ラウンジをはしごすることもできます!

一例として羽田空港国際線では、キャセイパシフィック航空のラウンジも利用可能です。

キャセイパシフィック航空の羽田空港ラウンジのリラックスエリア キャセイパシフィック航空の羽田空港ラウンジのサラダ、フード キャセイパシフィック航空の羽田空港ラウンジの担々麺とワンタン麺

恥ずかしながら、担々麺とワンタン麺をダブルで食べてしまいました・・・。担々麺が激しく美味しいのでおすすめです!

海外の空港ではサクララウンジがない空港が多いので、ワンワールドの航空ラウンジを利用できるのが絶大なメリットです。

一例としてシンガポールのチャンギ国際空港では、カンタス航空、ブリティッシュ・エアウェイズの空港ラウンジを利用可能です。

カンタス航空シンガポールラウンジの入り口

カンタス航空のシンガポールラウンジはとにかく広大であり、快適にリラックスできます。本当に広い!

カンタス航空シンガポールラウンジのリラックスゾーン

食事もコールドミールからホットミールまで充実しており、到底食べきれない程です。

フライトする機会がある場合は、お腹を空かせて来ることをおすすめします。シンガポール料理もあったので、地元の食事を楽しめます。

カンタス航空シンガポールラウンジのフードコーナー

オーダー式の料理も2種類あり、できたてホヤホヤを戴けます。卵料理のシンガポール風オムレツがめっちゃ美味しかった!

カンタス航空シンガポールラウンジの卵料理

バーコーナーもあり、カクテルを作ってくれます。

カンタス航空シンガポールラウンジのバーコーナー

シャワールームも大理石風で豪華絢爛。天井が高くて開放的であり、アメニティも上質でした。

カンタス航空シンガポールラウンジのシャワールーム 

ブリティッシュ・エアウェイズのラウンジは、さほど広くなくフライト直前は混雑感があります。

ブリティッシュ・エアウェイズ シンガポールラウンジの入り口

しかしながら、レストランビュッフェ状態の食事、アルコールが充実。ワインの種類が豊富で味もよかったので、その点が素晴らしかったです。

ラウンジのインテリアは100点満点のオシャレさがあり、上質の空間でシャワールームもあります。

ブリティッシュ・エアウェイズ シンガポールラウンジの中 ブリティッシュ・エアウェイズ シンガポールラウンジのコールドミールコーナー ブリティッシュ・エアウェイズ シンガポールラウンジのホットミールコーナー ブリティッシュ・エアウェイズ シンガポールラウンジのドリンクコーナー

最高峰のフライトボーナス

JALグローバルクラブ会員は、毎年JALグループ便の初回搭乗で3,000マイル、更にフライトごとに区間マイルの35%のフライトボーナスを獲得できます。

通常のJALカードの場合、最上級のJALカード プラチナでも、フライトボーナスマイルが25%なので、JGCは+10%とパワフルです。

毎年の初回搭乗ボーナスについては、CLUB-Aカード以上のJALカード特典の2,000マイルと二重取りできるので、合計5,000マイルも得られます。

JGC会員だとフライトの度にザクザクとマイルを獲得でき、いち早く特典航空券に必要なマイル数に到達することが可能です。

スピードが求められる現代社会に即したサービスとなっており、まさにアクセル全開で新たな地平に雄飛することができます。

ワンワールド特典航空券の空き日程の依頼が便利

JALとワンワールドのロゴ

JALグローバルクラブ会員専用予約デスクが設けられており、フリーダイヤルの通話料無料にて、少ない待ち時間で問い合わせることが可能です。

通常のフライトの際にはWebで予約すればいいですが、特典航空券、特にワンワールド加盟の特典航空券の予約では会員専用デスクが神通力を発揮します。

Webサイトで特典航空券を予約する場合、ワンワールドの特典航空券は1日1日空席をチェックしていく必要があり、空いている日の探索が面倒です。

繁忙期や人気路線のビジネスクラス・ファーストクラスの場合、いくら調べても空席が出てこないという陥穽に嵌まるケースがあります。

このような時でも、JGC会員の場合は会員専用デスクに問い合わせれば、オペレーターの方が丁寧に空いている路線を調査してくれます。

例えば複数路線の数ヶ月分といった時間がかかる依頼も、気持ちよく引き受けてくれて風雅。長時間が必要な調査依頼の場合、折り返し電話してくれます。

オペレーター

JGCの会員デスクはイメージ的にはアメックス・ダイナースプレミアム・ラグジュアリーカードのコンシェルジュのような素晴らしい対応となっています。

また、希望する航空便が満席の場合でも、キャンセル待ちの優先順位がUPするので、より便利な時間帯・希望クラスのシートを確保できる可能性がUPします。

搭乗時の優先サービス

空港での搭乗の際には、JGC専用カウンターでのチェックイン、ファストレーンでの保安検査優先特典があります。

羽田空港国際線のJGCチェックインカウンター

エコノミークラスのチェックインカウンター・保安検査場と比較すると、待ち時間は非常に僅少となっており、スムーズに手続きできるのが大きなメリットです。

以下のような長蛇の列を待つという事態を回避できます。

羽田空港国際線の保安検査場

スムーズに必要な手続きを完了させて、ビジネスクラスラウンジ等に直行できる点が流麗です。ラウンジはあまりにも快適なので、少しでも長く居たいですよね!

特に羽田空港のようにビジネスクラス利用者でも手荷物検査場の優先レーンは利用できない空港では大いなるパワーを発揮します。

羽田空港の事情を知らない観光客の方が「ビジネスクラスで使えないの?」と困惑していました。

羽田空港国際線の優先保安検査場 

しかし、JALグローバルクラブ会員は、エコノミーや特典航空券利用時も、サクッと優先保安検査場を通過できます!

これは羽田空港国際線利用時の絶大なメリットであり、混雑している時間帯には神威の効力があります。

個人的にはビジネスクラス利用者は優先保安検査場を使えるようにした方がいいと思いますが、キャパシティの関係で難しいんでしょうね。

もちろん国内線でも有意義なサービスです。混雑している時間帯は出発保安検査場は長蛇の列になりがちです。

羽田空港国内線の出発保安検査場

しかし、JALグローバルクラブ会員なら、待たずにスムーズな通過が可能となります。

JALグローバルクラブ会員用エントランス(羽田空港)

前方座席指定

前方座席指定サービスもあり、一般会員は確保できない前方の席・窓際の席を、JGC会員なら指定することができます。

「先得でかなり先の日程を予約したのに前方の窓際席が埋まっている・・・」なんてことはありませんでしたか?

その理由はJAL上級会員向けに良い席が確保されており、一般会員は事前には指定できないという事情が存在しているためです。

私も一般会員の時は希望席を取れずに涙で枕を濡らしました(´;ω;`)

JAL国際線の座席指定画面

なお、前日の5時には一斉に空席が開放されるので、JGC修行中の場合などは、朝起きたら希望座席が開放されたか確認するのをおすすめします。

前方座席だと乗り降りもスピーディとなり、いち早く観光や仕事に出発できます。

国際線のエコノミークラスの場合、前方の座席は足元が広くなっているケースも有り、より快適なフライトが可能となります。

手荷物に関する特典

手荷物(スーツケース)のカートを押して空港を移動する家族

JALグローバルクラブ会員は受託手荷物許容量の優待があり、本来は超過で有料となる手荷物を無料で預けることができ、通常よりも多くの手荷物を預けられます。

JALグループ便では、搭乗クラスによって無料で預け入れられる手荷物の個数に制限があります。

  • ファーストクラス・ビジネスクラス:3個まで(1個32kgが上限)
  • プレエコ・エコノミー:2個まで(1個23kgが上限)

この個数や重量を超過した場合、以下の超過手荷物料金が発生します。

  • 個数超過:1個あたり5,000円〜20,000円
  • 重量超過:1個あたり1,000円〜60,000円

JALグローバルクラブ会員は国内線の場合、通常+20kg、国際線は通常+1個(1個あたり32kg)まで無料となります。

遠方への旅行・出張で荷物が多い際にも、コストを抑えフライトすることが可能になります。

空港で手荷物が出てくるのを待つ人々(手荷物優先受け取りのメリット)

「プライオリティバッゲージサービス」があり、到着空港では優先的に手荷物を受け取れます。

混雑している便ではいつまで経っても自分の荷物が出てこなくてイライラすることもあります。

手荷物が多い時は引き渡しが後回しになってしまうケースも。しかし、JGC会員ならすぐに手荷物を受け取って移動できます!

ノベルティ・e JALポイントのプレゼント

JALグローバルクラブ会員は非売品のプライスレスなグッズを受け取ることができます。

入会時には革製の上質なバッケージタッグがプレゼントされて、JALグローバルクラブのロゴと自分の名前が記載されています。

また、毎年JALオリジナルダイアリーか1,000 e JALポイントがプレゼントされます。

ダイアリーはプライベートでもビジネスでもフル活用できますね。不要な場合はJALを定期的に使う方にとっては現金同様のe JALポイントがもらえます。

JALマイルをイオンのWAONにお得なレートで交換可能

新千歳空港のサクララウンジにあるWAONステーション

10,000JALマイルは10,000円相当の電子マネーWAONに交換できます。2020年3月31日まではキャンペーンで10,000マイル=11,000WAONとなります。

JALグローバルクラブ会員の場合、なんと通常から+20%の10,000マイル=12,000WAONで交換できます。

JALマイルは特典航空券もしくはe JALポイントへの交換がお得ですが、フライトする予定がなくイオンでお買い物する場合は素晴らしい特典です!

JALグローバルクラブ入会に必要なクレジットカード

JGCカード

JALグローバルクラブに入会するためには、条件をクリアした上でJGCカード(JALグローバルクラブカード)に申し込む必要があります。

CLUB-Aカード以上のJALカードが対象となっており、全部で16種類となっています。

カードの種類年会費(税抜)
CLUB-AカードCLUB-Aゴールドプラチナ
JALカード DC
(※VISA/Mastercardの2種類)
10,000円16,000円-
JAL・JCBカード10,000円16,000円31,000円
JALカードSuica10,000円19,000円-
JALカード TOKYU POINT ClubQ10,000円16,000円-
JALカード OPクレジット10,000円16,000円-
JAL アメリカン・エキスプレス・カード-19,000円31,000円
JALダイナースカード-28,000円-

各カードの詳細については、以下で徹底的に解説しています。

JALの上級会員を制度変更がない限り維持できるクレジットカードがあります。「JALグローバルクラブカード」という名前で「JGCカード」...

JALグローバルクラブ JALカードのCLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナのいずれかを持っている限り、JGC会員資格は自動更新されます。

万が一の審査落ちを避けるために、JGC修行を開始する前にはJALグローバルクラブ用に維持したいJALカードを作成しておくのが無難です。

JGCカードを退会するとJALグローバルクラブも自動的に退会となり、JGCの各種サービスが終了となる点に注意が必要です。 

公式サイトJALカード 公式キャンペーン

なお、JGCの申込書類はJMBサファイアのカードと同時に送られてきますが、JGC事務局に電話すればその前にJALグローバルクラブカード プラチナの申し込みができます。

電話番号は0120-747-300(携帯電話・国際電話などからは03-5460-6888)。営業時間は9:00~17:30(土・日・祝日・年末年始休)です。

JMBサファイア到着前のJGC申込は「ワープ」と呼ばれています。この方法でJALカードをJGCに切り替えると、カード切替後にサファイアのカードが送られてくることになります。

したがって、「JMBサファイア」ではなく「JGCサファイア」のカードが送られてきます。

カードのコレクションの観点でJMBサファイアのカードをゲットしたい場合は、ワープ申請は止めましょう。

JALグローバルクラブのデメリット

JALグループやワンワールドを使う機会が多い方にとっては、JALグローバルクラブは大きなメリットが存在している制度です。

ただし、デメリットも存在しています。年会費が高い点、無償アップグレードがない点です。

毎年最低でも10,000円(税抜)のコストが発生

1万円札・5千円札・1千円札

最大のデメリットは10,000円(税抜)以上の維持コストが毎年発生する点です。

特典の維持にはランニングコストが必要となり、継続的にキャッシュアウトが生じます。

ただし、初回搭乗で5,000マイル(JGC特典3,000+CLUB-A特典2,000)、ダイアリー・カレンダーなしで1,500e JALポイント(1,000+500)を得られます。

したがって、1万円(税抜)の年会費は、ほぼマイルとe JALポイントで元を取れると考えることも可能です。

家族カードの年会費が高額

また、JALグローバルクラブのJGCカードは、通常のJALカードと比較して家族カードの年会費が高くなります。税抜の年会費の違いを比較しましょう。

種別JGCカードJALカード差額
CLUB-Aカード10,0003,5006,500
CLUB-Aゴールドカード16,0008,0008,000
CLUB-Aゴールドカード
(Suica / AMEX)
19,0008,00011,000
ダイナース22,0009,00013,000
プラチナカード25,00015,5009,500

JALグローバルクラブは家族会員の年会費が通常のJALカードよりも著しく高いのがデメリットです。

ただし、JALグローバルクラブは搭乗実績が皆無の家族でも、家族カードを発行するだけでJGCの特典を利用できるのはファンタスティックです。

これは世界的に見て稀有な特典であり、家族が重視される日本ならではの制度となっています。家族が飛行機に乗る場合は高い年会費以上の価値があるので無問題です。

配偶者が「飛行機が苦手」等の理由でほとんどフライトする機会がない場合は、年会費が高くなるのは大きなデメリットとなります。

しかし、そのようなケースにおいては、サブカードとして年会費無料のクレジットカードを発行し、奥様などの家族はそちらを利用すればOKでしょう。

高額な家族カードの年会費は使う方にとってはデメリットではありませんし、使わない方の場合は発行しなければいいだけなので、大きな欠点ではありません。

ちなみに残念ながら私には家族カードを作ってくれる奥さんがいませんヽ(´―`)ノ

国際線でのプレミアムエコノミーへの無償アップグレードなし

JALのプレミアムエコノミークラスのシート

JALグローバルクラブには、国際線エコノミークラス搭乗時のプレミアムエコノミークラスへの無償アップグレードは存在していません。

ライバルのANAのSFC(JGCの類似制度)では、プレエコへの無償アップグレードがありましたが、2019年で廃止されるので、ANAに対しては負けていません。

しかし、デルタ航空のゴールドメダリオンでは、無償アップグレードの特典が付帯しており、この点はJALグローバルクラブに不足している要素となっています。

ゴールドメダリオン

日本在住でデルタ航空の搭乗機会が多くない方でも、クレジットカードのデルタ スカイマイル アメックス・ゴールドを保有&利用するだけで、ゴールドメダリオンを獲得できます。

ただし、デルタ航空のスカイマイルは特典航空券に必要なマイル数がJALマイルより多い傾向にある点、日本からの直行便が少ないなど、日本航空と比較した場合のデメリットも存在しています。

無償アップグレードがないからといって、JALグローバルクラブ会員の魅力が落ちるわけではないと考えます。

ビジネスクラス・ファーストクラス利用時はメリット小

JALビジネスクラスの座席

国際線でビジネスクラス・ファーストクラス、国内線でファーストクラスのみを利用している方には、JGCの意義が乏しくなります。

JALグローバルクラブの特典は、JAL・ワンワールド搭乗時の特典がメインですが、これらの多くはビジネス・ファーストクラス利用時にも受けられます。

普段は飛行機に乗る機会があまりなく、貯まったマイルでビジネスクラス・ファーストクラスに乗るだけという方や、海外旅行はビジネスクラスのパッケージツアーのみという方の場合、あまりメリットは大きくありません。

また、JAL・ワンワールドの搭乗機会が少なく、普段はANAやLCCメインという方もあまり特典を活用する機会がありません。

JAL・ワンワールドの国際線エコノミークラス、国内線の普通席・クラスJをよく利用する機会がある方の場合、JALグローバルクラブに絶大なインパクトが生じます。

JALグローバル会員はJGCプレミアを取得可能

JGCプレミア

JALグローバルクラブの上位ランクとして「JGCプレミア」というステータスが存在しています。

以下2つのいずれかを達成したJGC会員が対象の会員ランクとなっています。

  • 1年間で80,000FLY ONポイント(うちJALグループ便40,000FOP)
  • 年80回の搭乗(うちJALグループ便40回)+25,000FOP

達成したら時から翌々年の3月末までJGCプレミアとしての特典を享受できます。

ワンワールドの最上会員資格であるエメラルドのサービスを利用できるのが特徴です。

サービス項目JGC・サファイアJGCプレミア・エメラルド
ファーストクラスチェックインカウンター-
ビジネスクラスチェックインカウンター
ファーストクラスラウンジ-
ビジネスクラスラウンジ
予約時の優先キャンセル待ち
・空港での優先空席待ち
空港での優先搭乗
ファストセキュリティレーン-
手荷物許容量の優待エコノミークラス搭乗時
個数制:通常プラス1個23kg、最大2個まで
重量制:通常プラス15kg
通常プラス1個または通常プラス20Kg
プライオリティバッゲージサービス
マイルの有効期限3年無期限
国際線Wi-Fi有料無料
選択セレクション-以下からの選択
・パートナーに同ステータス進呈
・e JALポイント
・スマートギフト
・JALクーポン
・選べるギフト
USJのラウンジ-USJ JALラウンジ
ディズニーシーのラウンジ2回(クリスタル達成時のみ)5回

ANAの場合は最上級のダイヤモンド会員でも、SFC会員と同一のスターアライアンス・ゴールドにとどまっています。この点はJALグローバルクラブの大きな魅力です。

JGCプレミアの最大のメリットは搭乗クラスに関わらず、国際線搭乗時にJAL、ワンワールドのファーストクラスラウンジを使える点です!

通常のJALグローバルクラブ会員はサクララウンジ/ビジネスクラスラウンジ迄ですが、JGCプレミアではファーストクラスラウンジを利用することができます。

ファーストクラスラウンジでは、寿司・鉄板焼きダイニングやバーカウンターもあり、ホテルのレストランのような様相を呈しています。ワイン・日本酒の質も良好です。

香港のキャセイパシフィック航空のファーストクラスラウンジは豪華絢爛となっており、評判・口コミが抜群に良好です。

フライトの待ち時間を至福に包まれて過ごすことができてファンタスティックですよ!

ファーストクラス搭乗時は機内食も豪華なので、せっかくのラウンジでお酒・料理を控えめにせざるを得ないという「嬉しい悲鳴」が全開なのが現実です。

しかし、JGCプレミア会員はエコノミークラスやプレエコでもファーストクラスラウンジを利用できるので、思う存分ゴージャスな飲食を満喫できます。

また、国内線ではダイヤモンド・プレミアラウンジを利用することが可能。何度も利用していますが、大満足の航空ラウンジですよ!

美味しいプレミアムビール、ウイスキー、JAL特製カレーパン、メゾンカイザーのパン、おにぎり、味噌汁・野菜スープを堪能できます。

新千歳空港のダイヤモンド・プレミアラウンジのパン・スープ・おにぎり・ウイスキー・ビール

空港によって微妙に内容が異なっており、地元のおにぎり・お菓子・お酒が揃っています。福岡空港では地元の焼酎やお菓子もありましたよ!

福岡空港のダイヤモンド・プレミアラウンジのパン・おにぎり・お菓子・スープ

また、搭乗ボーナス+35%などの至高のベネフィットを享受できます。JGC取得後も、JGCプレミアを維持し続ける「JGP修行」を行い続ける方もいらっしゃる程です。

JGCプレミアは達成年~翌々年3月末まで有効なので、3月末までに一気呵成に達成する場合は、2年に1回の修行でずっとJGCプレミアを維持可能です。

  • 2019年1月~3月にクリア→2021年3月末まで有効
  • 2021年1月~3月にクリア→2023年3月末まで有効
  • 2023年1月~3月にクリア→2025年3月末まで有効

ナチュラルに毎年クリアしている方からは半人前扱いされますが、JGP修行を行う場合はこういうテクニックも存在しています。

JGCプレミアのベネフィットは幾多のマイラーから高く評価されており、ANAダイヤモンドより良いという評価も多数受けています。

JGCまとめ

JALグローバルクラブのロゴ

JALグローバルクラブは、永続的にJAL上級会員のサービスを受けられるのが大きなメリットです。

また、日本航空がワンワールドを脱退しない限り、ワンワールドのサファイア会員の資格を保持することが可能でファンタスティックです。

  • JGCで永続的に上級会員を維持可能
  • 航空アライアンス「ワンワールド」の上級会員資格も無条件で維持可能
  • 家族カード会員もJALグローバルクラブに入会可能
  • ANAのSFCと比較するとJGC入会条件に搭乗回数が存在

JGCは本当にエクセレントでエクスクルーシブな会員プログラムです。至れり尽くせりのベネフィットが満載であり、肥沃な大地のような様相を呈しています。

主なメリット

  • サクララウンジ
  • ワンワールドビジネスクラスラウンジ
  • 毎年初回搭乗3,000マイル
  • ボーナスマイル積算率35%
  • 会員専用予約デスク
  • 優先キャンセル待ち、優先搭乗
  • JGC専用カウンターでのチェックイン
  • ファストレーンでの保安検査優先特典
  • 国内線・国際線前方座席指定サービス
  • 預け荷物許容量優待
  • プライオリティバッゲージサービス(優先手荷物引き渡し)
  • JALオリジナルダイアリーか1,000 e JALポイントを毎年プレゼント
  • 入会時にノベルティのプレゼント(バッゲージタッグ)

初回搭乗で5,000マイル(JGC特典3,000+CLUB-A特典2,000)、ダイアリー・カレンダーなしで1,500e JALポイント(1,000+500)を得られます。

したがって、1万円(税抜)の年会費は、ほぼマイルとe JALポイントで元を取れると考えることも可能です。

CLUB-Aカード以上のJALカードがベースのJGCカードの保有が必須となっており、毎年最低でも1万円(税抜)のコストは発生します。

しかし、JAL普通席/クラスJ/エコノミークラスに搭乗する機会がある方なら費用を大きく上回るメリットを享受できます。

「損して得取れ」の典型例であり、費用を圧倒的に上回るベネフィットで、新たな地平へと雄飛することが可能になります。

これからJALグローバルクラブ加入を検討する場合は、事前にCLUB-Aカード以上のJALカードを作っておきましょう。

初回搭乗で5,000FOPの特典があり、より容易にJGC修行をクリアできますし、審査落ちのリスクを抑制できます。おすすめは以下の通りです。

各JALカードの詳細については、以下で徹底的に解説しています。

JALカードというクレジットカードがあります。日本航空(JAL)が大手クレジットカード会社と提携して発行している航空カードです。JALマ...

JALカードは大量のマイルを得られるお得なキャンペーンを開催しています。

公式サイトJALカード 公式キャンペーン

  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-JALマイル, 家計, JALカード
-

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.