The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

国税のクレジットカード払いは分割で1000万円超の納税が可能!アメックスとダイナースは還元率0.5%

更新日: クレジットカード

ショックで頭を抱える女性

2017年からは、所得税、相続税、法人税、消費税、贈与税、たばこ税など30税目の国税で、クレジットカード納付がスタートします。

面倒な書類のやり取りをする必要なく、家にいながらにしてサクッと納税できるので卓越した利便性があります。

それと同時にクレジットカードのポイント・マイル等を得られる可能性があり、ライフハックのストップ高比例配分連発の可能性がある案件でした。

しかし、税務署やクレジットカード会社に問い合わせたところ、嬉しい連絡と残念なお知らせが届きました。


複数回に分けてクレジットカードで納税することが可能

2017年から可能になる国税のクレジットカード納付の詳細についは、以下で徹底的に解説しています。

一回払いに加えて分割払い・リボ払いも可能です。ボーナス払いはできません。

予定納税も可能です。中間申告、確定申告、修正申告、更正、決定、予納、その他から選ぶことになります。

国税のクレジットカード払いが可能に!所得税・相続税・法人税・消費税・贈与税・たばこ税など30税目!
2017年1月4日から所得税、相続税、法人税、消費税、贈与税、たばこ税など30税目の国税で、クレジットカード納付がスタートしました。2...

国税庁から「クレジットカード納付の手続」のページが光臨しており、様々な細かい情報が掲載されていました。

そこで最大級に気になった点は、「クレジットカード納付ができる金額は1,000万円未満(決済手数料含む)」という点です。

もちろん、個人レベルでは大多数の方が問題ないでしょう。残念ながら私も1000万円を超えることはないです(´;ω;`)

しかし、源泉徴収なしで多額の株式のキャピタルゲインを申告する場合や、個人事業主や法人で多額の所得税・法人税・消費税を納税する場合は、1000万円を余裕で突破する方・機関も多いでしょう。

そこで重要なのは、1000万円を超える納税の場合、分割してクレジットカードで決済できるか否かです。

例えば、1500万円の納税を行う場合、750万円を2回クレジットカードで分割納付できると、1000万円の壁を突破できます。

この点、税務署に確認したところ、クレジットカードの利用限度額の範囲であればOKとのことです。当初はNGという回答でしたが、2017年に入って最新の情報を問い合わせたらOKになっていました!

4名のビジネスパーソン

具体的な1回あたりの納付の上限は約990万円となりますが、分割して複数回の支払いが可能となっています。

納付の期日・税目・金額が記載されており、同じ情報を分割して納税すれば、税務署で合計額を計算してくれて、トータルで納税したことになります。

例えば、1500万円の納税の場合、800万円と700万円、750万円を2回クレジットカードで支払えばOKです。

今回のクレジットカード払いの導入の趣旨は、主に個人や小規模事業者の小口納税の手間を省くことに主眼があるので、基本的には1000万円未満となっていましたが、分割払いもOKとなりました。

地方法人税はクレジットカード払いにして、法人税はその他の方法で支払うことは可能です。

ちなみに法人税や地方法人税などの場合、「利用者情報」の「氏名」欄には個人名ではなく法人名を入力する必要があります。個人名を入力した場合でも、連絡をとれば納税はOKになりますが、面倒な手間が発生するので注意しましょう。

img_ギターを引く男性

例えば1億円の税金をクレジットカード払いして、100万円分のポイントゲットという企業経営者の目論見は、砂漠の蜃気楼、儚い夢物語とならずに現実のものとなりました!

ダイナースとアメックスは0.5%還元

私のメインカードはダイナースクラブ プレミアムカードです。面倒な手間は一切なく、ただ単にカードを利用するだけでマイル付与率2%なのが大きなメリットです。

ダイナースクラブ プレミアムカード

国税の支払いで還元率が2%になったら嬉しいと思い、問い合わせたところ、30税目の国税の支払いに関しては、ポイント還元率が0.5%となりました。

ダイナースクラブカード、銀座ダイナースカード、ANAダイナースカード、ANAダイナース プレミアムカードなど全て共通で一律0.5%還元となります。

電力・ふるさと納税サイトでの利用分と同一の取扱となりました。2017年10月21日以降は、水道・ガス料金、都道府県・市町村取り扱い各種税金、NHK受信料、国民年金保険料も0.5%になります。

ジャンル サービス・企業名
ふるさと納税 ヤフー公金支払い(ふるさとチョイス含む)、さとふる
電気料金 北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力
国税 国税クレジットカードお支払サイト(申告所得税、相続税、法人税、消費税、贈与税など)

1万円あたり76円(税抜)の手数料が発生するので、0.5%ですとマイルで使う場合は十分にペイしますが、際立ってお得という訳ではなくなりました。

事前入金すれば利用限度額がなくなるアメックスも、多額の納税に使えるクレジットカードなので、国税のクレジットカード払いにおいて活用できます。

4種類のアメックス

ただし、アメックスは自動車税はポイント付与が通常の1%から半減して0.5%に留まるのと同様に、国税は0.5%還元に留まりました。下表の支払いはポイントが半減します。

種類支払先
電力料金北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、関西電力、中国電力、九州電力、沖縄電力、北陸電力
ガス料金北海道ガス、京葉ガス、東京ガス、東邦ガス、広島ガス、西部ガス、長野都市ガス、大阪ガス
水道料金札幌市水道局、東京都水道局、武蔵野市水道部、横浜市水道局、長崎市上下水道局、大阪市水道局
社保・税金国民年金保険料、国税、東京都税、大阪府自動車税、愛知県自動車税、その他税金・公金
寄附ふるさと納税(Yahoo!公金支払いは通常通り1%)

しかし、国税の支払いはクレジットカード会社に入る手数料が大変に低いので、個人的には止むを得ないと考えます。

ポイント対象外としたり、リーダーズカード(旧・漢方スタイルクラブカード)のnanacoチャージのように約0.34%(旧・0.25%)と還元率が著しく低下しないだけマシです。

アメックスやダイナースのポイントはマイルに交換できるのが絶大なメリットです。マイルは価値にレバレッジがかかるのが魅力的です。

特典航空券へ交換すると、1ポイントの価値が数円に昇華します。国際線のビジネスクラスで利用すると1マイルの価値は2.5~5円程度、 ファーストクラスだと7~16円程度に跳ね上がります。

クラス 1マイルの価値(目安) マイル付与率 実質還元率
普通席/国内線 1.5円 0.50% 0.75%
1.6円 0.50% 0.80%
1.7円 0.50% 0.85%
1.8円 0.50% 0.90%
1.9円 0.50% 0.95%
2円 0.50% 1.00%
国際線ビジネスクラス 2.5円 0.50% 1.25%
3円 0.50% 1.50%
4円 0.50% 2.00%
5円 0.50% 2.50%
6円 0.50% 3.00%
国際線ファーストクラス 7円 0.50% 3.50%
8円 0.50% 4.00%
9円 0.50% 4.50%
10円 0.50% 5.00%
11円 0.50% 5.50%
12円 0.50% 6.00%
13円 0.50% 6.50%
14円 0.50% 7.00%
15円 0.50% 7.50%
16円 0.50% 8.00%

ダイナース・アメックスは、ポイント還元率が0.5%だとしても、1ポイント1マイルで交換できるので、82円(税込)の手数料を支払ってもなお、十分にバリューがあってお得です。

0.82%÷0.50%は1.64です。マイル単価1.64円はトラベラーであればマストバイでしょう。ビジネスクラス・ファーストクラス搭乗が捗ります。

個人事業主・法人であれば手数料は損金になるので、その分、税金を圧縮することも可能になります。アメックスは事前入金したら利用限度額がありません。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには、グリーン、ゴールド、プラチナの3種類があります。個人用カードとは異なり、センチュリオンはありません。

区分 カード名
スタンダードカード アメックス・ビジネス・グリーン
ゴールドカード アメックス・ビジネス・ゴールド
プラチナカード アメックス・ビジネス・プラチナ

3種類のアメックス・ビジネス・カードの比較については、以下にまとめています。

アメックスの法人カード!アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードまとめ
個人事業主となって事業を開始したり、法人を設立したら、ビジネスカードないし法人カードの作成が検討課題となりますね。その中でも...

ダイナースは、高額の支払いが予定されている場合は、事前に相談したら柔軟に対応してくれます。ただし、2017年4月から方針が変わり、高額の国税決済の審査は厳しく精査することになりました。

事前に指定の銀行口座に振り込めば、3000万円まで決済してくれると約束してくれました。おそらく事前入金すれば5000万でも1億でも対応してくれます。

ダイナースプレミアムは事前振込みすれば数千万円の決済も可能!
一律の限度額は設定されていないクレジットカードとしては、ダイナースクラブカードとアメリカン・エキスプレス・カードがあります。...

国税納付におすすめのクレジットカード

ダイナースとアメックスは事前入金すれば利用限度額がなくなるのが、多額の納税においてはメリットです。しかし、ポイント還元率が0.5%となるので、小口納税には適していません。

アメックス・ダイナース以外のクレジットカードも、プラチナカードだと利用限度額が高くなり、250万円~500万円程度を確保できることが多いです。

ワールドプレゼントが貯まる三井住友カード発行のクレカは、国税の支払いでも満額ポイントが付与されます。

一例を挙げると、三井住友プラチナカード、ANA VISA プラチナ プレミアムカード等です。

三井住友VISAプラチナカード

三井住友プラチナカードは基本還元率は0.5%ですが、リボ払い手数料の請求がある月は、ポイントが2倍になります。

注目すべきなのは、リボ払いで支払った上で「リボ払い手数料」が1円でも発生すれば、その月の利用代金のすべてがポイント2倍となる点です。

つまり、例えば、とある月の利用額合計が100万2千円だった場合、マイ・ペイすリボの金額を100万円に設定すれば、リボ払いの手数料は2,000円の部分にしか発生しません。

それでポイントが2倍になるので、リボ払いの手数料よりも、得られるポイントの方が増えます。お得です!

ただし、利用額を把握してギリギリの金額になるように、マイ・ペイすリボの金額を変更する必要があります。手間はかかります。

手間を許容できる場合は、少額のリボ払いでポイント2倍という方法で、三井住友VISAプラチナカードの還元率は1%に昇華します。

マイ・ペイすリボの金額を変更する手順まとめ!三井住友VISAカード・ANA VISAユーザー必見
三井住友VISAカードは、リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」を利用すると、年会費が一般カードは無料、ゴールドカードは半額と非常...

更に6ヵ月間のカードお支払金額合計が50万円以上の場合、カード支払い額の0.5%相当額の三井住友カードVJAギフトカードがプレゼントされます。

これを合わせると、合計還元率は1.5%になり、手数料(0.82%)を大幅に上回って得することができます。

三井住友VISAプラチナカードの価値・審査基準・使い方まとめ
三井住友VISAプラチナカードというクレジットカードがあります。三井住友カードが発行しています。メンバーズセレクション、プライオ...

プラチナカードではない通常の三井住友VISAもマイペイす・リボで還元率は最大1%になるので、国税のクレカ払いの手数料を上回ります。

また、ANA VISA プラチナ プレミアムカードは、ソラチカカードとの併用でマイル付与率を最大で約1.95%まで上げることができます。マイラーですとお得です。

ANA VISAプラチナ プレミアムカードはマイル付与率が最大約1.95%!
ANA VISAプラチナ プレミアムカードというクレジットカードがあります。ANA(全日空)と三井住友カードが提携して発行しているANAカード...

利用限度額は100万前後となってしまいますが、ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードも国税の支払いで使う有力なクレジットカードです。

ソラチカカードとANA VISAワイドゴールドカード

ソラチカカードとの併用でマイル付与率を最大1.72%まで上げることができます。手数料よりも圧倒的にお得です。

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードのメリット・デメリットまとめ!マイル付与率が最大1.72%
ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードというクレジットカードがあります。ANA(全日空)と三井住友カードが提携して発行しているANA...

JALカードも候補となります。嬉しいことにJALカードは国税の支払いにおいても満額でマイルが付与されます。ファインプレーです。

ショッピングマイル・プレミアム加入時はマイル付与率が1%となります。手数料を上回るJALマイルを獲得できます。

JALカードには、普通カード、JAL CLUB-AカードJAL CLUB-AゴールドカードJAL プラチナカードの4種類があります。あらゆるJALカードの比較は以下にまとめています。

おすすめのJALカードを徹底的に比較!個人的口コミまとめ
JALカードというクレジットカードがあります。日本航空(JAL)が大手クレジットカード会社と提携して発行している航空カードです。JALマ...

還元率は0.5%~0.85%とやや低くなり、手数料負けするケースが多いですが、JCBオリジナルシリーズのJCBカードも国税の支払いでOki Dokiポイントを得ることができます。

ダイナース、アメックス以外のクレジットカードも、特に1%以上の高還元クレジットカードの場合は、ポイント還元率が国税の場合は低下するか対象外となるカードが多い気配が漂っています。

もしうっかりと高還元クレジットカードのポイント還元率がそのままとなっていた場合は、絶大なメリットが生じます。

まだその可能性はあるので、国税を納税する機会がある方は、納付前にお持ちのクレジットカード会社に問い合わせて確認すると、「黄金の羽根」が開いてお得に納税できる可能性があります。

おすすめのビジネスカードについては、法人カードのランキングをご参照ください。その中でも特におすすめカードは以下で徹底的に解説しています。

おすすめの法人カード・個人事業主向けクレジットカードの比較まとめ!お得で経費処理が楽でメリット絶大!
法人を設立したら、法人用のクレジットカード(ビジネスカード)の作成が検討課題となりますね。経費処理を現金で行い、会計ソフトに...

個人用のおすすめクレジットカードについては、以下にまとめています。

節約に役立つおすすめのクレジットカードまとめ!お得で便利に!2017
「生活費の支払いでクレジットカードを有効活用していきたくてアドバイスをほしい」とコメント頂きました。生活費を良いクレジットカ...

クレジットカードの中で特に高還元カードにフォーカスを絞った記事は以下の通りです。

高還元率のおすすめクレジットカードまとめ!2017年最新版
クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが還元率です。年間のクレカ利用額が多い場合は、たとえ年会費がかかっても高還元率の...

クレジットカードによる納付の手順

実際にクレジットカードによる納付を行なってみました。至極簡単です。「国税クレジットカードお支払サイト」に行き、注意事項の確認欄にチェックボックスを入れて、ページ下部の「同意」をクリックします。

すると入力ページが出てくるので、氏名(法人名)、住所、電話、整理番号、納付先税務署、納付税目、税額などを入力します。

 国税のクレジットカード払いの手順1  国税のクレジットカード払いの手順2

その次のページではクレジットカードの情報を入力します。カード番号、有効期限、支払い方法、セキュリティコードを入力します。納付手続完了メールを送ってほしい場合はメルアドを入力します。

 国税のクレジットカード払いの手順3

次の画面では手続内容を確認して、最終的に納税を確定させます。

国税のクレジットカード払いの手順4

ボタンを押すと 「納付手続きの取り消しができないこと、納税の猶予等を受けられないこと」の注意喚起が出ます。ここならまだキャンセルできます。「はい」を選択すると最終的に確定します。

国税のクレジットカード払いの手順5

「納付手続きの完了」という画面が出ます。下の方には入力した情報が全て表示されます。プリントアウトしたり、PDF化して保存しておくのが無難です。

納付手続き完了画面

メルアドを入力していた場合は手続完了のメールが届きます。納付税目、納税額、決済手数料、支払額、クレジットカード番号の下4桁も表示されます。

国税のクレジットカード納付手続き完了のお知らせメール

実際にクレジットカードで国税を納税してみた感想としては、簡単で便利だということです。

銀行等の窓口に行くことなく、また面倒な書類による手続きをせずに、家にいながらふんぞり返ってクレジットカードで決済できるのは至高の利便性があります。

デメリットとしては、手数料が発生することです。手数料負けしない代表的なカードは、三井住友VISAANA VISAカードANA MasterCardJALカードです。

また、納税額、整理番号、納税の情報を手入力するので、間違えると面倒なことになります。一度送信したらキャンセルはできず、還付の手続きを要する事態になることもあります。

諸々の情報は面倒を避けるために間違えないように確認しましょう。

法人税等で高額の納税を行う場合は、事前振込みしたら利用限度がなくなるアメックス・ビジネス・ゴールドダイナースクラブ ビジネスカードが候補となります。

実際に以下はアメックス・ビジネス・カードで法人税を支払った事例になります。

クレジットカードでの1000万円超の国税支払いの例

事前に800万円を振り込むことで、12,026,503円もの国税をクレジットカードで支払うことが可能になっています。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-クレジットカード

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.