高還元率のおすすめクレジットカードを専門家が解説! 2019年8月

更新日: クレジットカード

シルエット

クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが還元率です。年間のクレカ利用額が多い場合は、たとえ年会費がかかっても高還元率のカードのほうがお得です。

高還元率のクレカを上手く使っていくと、ポイントやマイルがザクザクと貯まり、家計が頑健になります。

高還元率のクレジットカードのうち、おすすめのカードを厳選して、55枚のクレジットカードを保有して年会費113万円の専門家が徹底的に比較します。

机上の空論ではなく、実際に数多くのクレジットカードを実生活において徹底的に活用した経験を活かして2019年8月の最新の状況を分析しました。

P-one Wiz

P-oneカードから新しく登場した「P-one Wiz」が年会費が完全無料で最も高還元のクレジットカードです。国際ブランドは、Mastercard、VISA、JCBです。

年会費無料で還元率1.5%です。1.5%のうち1%は自動的に請求額から1%割引となるので利便性が高いです。残り0.5%はTポイントです。

厳密には1%OFFされた利用金額に対してポケットポイントが付与されて、ポケットポイントをTポイントに交換できます。

99%×0.5%になるので、Tポイントの還元率は0.495%となります。合計で1.495%還元となります。

例えば、1年間に100万円使ったとしたら、なんと14,950円もお得になります。14,950円あったら、あんなこともこんなこともできちゃいますね!

驚く女性

従来は年30万円以上確実に使う場合は、エクストリームカードの方がお得でした。エクストリームカードはピュアに1.5%還元となり、P-one Wizを0.005%上回っていました。

ただし、2017年に入ってエクストリームカードは募集停止されて、既カードはリーダーズカードに切り替えとなりました。

相対的にP-one Wizのエッジ・優位性が高まっています。ただし、こちらも改悪リスクは伴います。P-one Wizについては以下で徹底解説しています。

P-oneカードから、P-one Wizというクレジットカードが登場しました。年会費無料で還元率1.5%(入会から3ヶ月間は2.5%)、Tポイントに...

REXカード

REXカードとは、価格.comや食べログ等を運営するカカクコムがプロデュースしているクレジットカードです。発行元はジャックスです。「REX」は、ラテン語で「王」という意味です。

かつては年会費が税込2,700円(年50万円以上利用で無料)で1.5%還元でしたが、REXカードは改悪されて年会費無料で1.25%還元となりました。

従来のREXカードライトと統合されて、新しい「REX CARD」としてリスタートしました。

REXカード

月間のカードショッピング利用合計金額2,000円ごとに25ポイント付与されます。1ポイントの価値は1円なので、還元率1.25%です。

2,000円という単位は大きめですけれども、毎月の利用額合計に対してポイントが付与されるので、1回ごとに1,999円までが切り捨てられるわけではありません。許容範囲だと思います。

非リボ専用カードでマイル系カード以外では、REXカードは最高峰の還元率となります。貯めたポイントは、Jデポに交換して、カード利用額の引き落としのお金を割り引くことに使えます。

仮に30,000円使った月があるとしましょう。1,500円分のJデポを使うと、引き落とし額は28,500円に減少します。30,000円分の買い物をしたにも関わらず、支払いは28,500円となります。とてもお得ですね^^

1ヶ月間の利用料金合計がJデポの金額に満たない場合でも安心・安全です。未使用分のJデポは繰り越されて、翌月の利用代金から引かれます。

Jデポの残高・有効期限・履歴は会員サイトでいつでも確認できます。メールも配信されて、金額・有効期限などが表示されるので分かりやすいです。

Jデポの確認画面

Jデポ獲得履歴

特に手続きは不要で利用額から請求時にマイナスされます。1,300円のJデポを持っていてちょうど1,300円使った場合、請求額は0円となりました。

JACCSのカード利用代金明細書JACCSのJデポによる割引明細

JACCSモールからAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピング、ロハコなどのネット通販サイトに行って買い物すると、0.5%以上のJデポが上乗せされます。

ネット通販では合計還元率が1.75%以上に昇華します。中にはボーナスポイントが10%など高還元のショップもあってバリューが高いです。 

REXカード、リーダーズカード、Ponta Premium Plusなど、ジャックスカードは人気の高還元クレジットカードを発行しています。これらの...

ポイントが現金同様というのは利便性が高く、非マイラーであれば突き抜けた使いやすさがあります。キャッシュバックがお得なクレジットカードの筆頭です。

ポイントやマイルを貯められるクレジットカードは、日常のお買い物や課金で得することができます。しかし、ポイント等を貯めて交換が...

電子マネーの側面では、交通系電子マネー「SMART ICOCA」、「モバイルSuica」へのチャージでも1.25%のポイントが貯まります。

Web会員サービス「インターコムクラブ会員」に登録すると、「J’sコンシェル」というサービスを利用できます。

J's コンシェルの会員証

J’sコンシェルは企業や健康保険組合等の福利厚生サービスを担っているベネフィット・ワンが提供しています。ジャックスのインターコムクラブ会員なら、無料で申し込めます。

「J's コンシェル」(ジェイズコンシェル)というお得なサービスがあります。REXカード、リーダーズカード、Ponta Premium Plus、...

海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険も付帯しています。年会費無料であるにもかかわらず、現金同様のポイント還元率が1.25%と高還元です。

REXカード 公式キャンペーン

ジャックスが発行している高還元率カードとしてはかつてはリーダーズカードもありましたが、2015年に還元率1.32%に大改悪となったため、当時は全く妙味がないカードに下がり果てました。

ただし、その後に他のクレジットカードでも改悪が相次いだので、現在は申し込みを検討し得るカードとなっています。現在は還元率が約1.257%となっています。

新しいリーダーズカードの詳細については、以下で徹底解説しています。

リーダーズカード(Reader’s Card)というクレジットカードがあります。還元率が1.5%、Amazonで使えるAmazon限定デポジットだと1.8%と...

リクルートカード

日本最高峰の高還元率カードは、リクルートカードプラスでした。還元率2.0%でリクルートポイントが貯まりました。

年会費は2,160円(税込)です。利用金額に応じた割引はなく、一律2,160円です。国際ブランドはJCBでした。

ただし、リクルートカードプラスは改悪され、2016年9月16日からはnanacoチャージでのポイント付与が停止されます。2016年3月15日で新規発行が停止されました。

2016年3月16日以降は、リクルートのクレカは年会費無料のリクルートカードのみとなりました。

リクルートカード(JCBとMastercard) (1)

還元率は1.2%でVISA/Mastercardブランドだと、nanacoチャージと楽天Edyの両方で1.2%のポイントが付与されるのが魅力的です。

リクルートポイントはPonta(ポンタ)と1ポイント単位で等価交換(1対1)が可能です。

リクルートカードプラスはPontaポイントが2%貯まるのと同義です。じゃらんホットペッパーグルメポンパレモールホットペッパービューティーなどのリクルートのサービス以外でも使えるのです。

Pontaポイントは多種多様な店舗で使えます。

ジャンル店舗名
コンビニ・スーパーローソン、ローソンストア100、ローソンマート、ライフ、ニシムタ
通販・ネットショッピングポンパレモール、HMV&BOOKS online、サンプル百貨店、cotoco、Oisix、TABROOM STORE
グルメ・飲食ケンタッキーフライドチキン、ピザハット(オンライン限定)、ホットペッパーグルメ
百貨店・ドラッグストア高島屋、大和、アルビス、トモズ
家電・電力コジマ、東京電力エナジーパートナー、中部電力 カテエネポイント
トラベルじゃらん、京阪グループホテル、JAL ABC、ルートインホテルズ
カーサービス昭和シェル石油、オリックスレンタカー、じゃらんレンタカー
ファッション・美容AOKI、ジャンブルストア、セカンドストリート、タカシマヤコスメティックス、ホットペッパービューティー
医療・保険Dental Ponta、人間ドックのここカラダ、PET'S ALL RIGHT
エンタメ・本ゲオ、ゲオ宅配DVDレンタル、ゲオ動画、HMV、三洋堂書店、EMTG、セガ、Playbit
スポーツ・ゴルフヒマラヤ、ヒマラヤ オンライン、じゃらんゴルフ

ローソン、ライフ、ケンタッキー、昭和シェル石油、ゲオで利用できるのでPontaは現金に準じると評価できると思います。

Ponta(ポンタ)という大手共通ポイントサービスがあります。Tポイント、楽天スーパーポイントと並ぶ日本三大共通ポイントの一角です。P...

2015年4月からは、PontaポイントはJALマイルとも相互交換できるようになりました。

2Pontaポイントを1JALマイルに交換できます。交換レートは半減してしまいますが、1マイル2円の価値があると考えると実質的に1対1での交換となります。

2015年4月からJALマイルとポンタポイント(Pontaポイント)が相互交換できるようになりました。JALの航空便内でポンタを活用したサービ...

移行期間も1週間程度と短めです。交換手順については、以下で丹念に解説しています。

Pontaポイントがいつのまにか2万ポイントを突破しました。私は共通ポイントはマイルに交換して、海外旅行に使っています。この度はJAL...

LINEポイント経由でANAマイルに67.5%の交換レートで移行することも可能です。

ANAマイラーにとって朗報のビッグニュースが飛び込んできました。2018年11月中旬からPontaポイントをLINEポイントに交換できるように...

JALマイルは2000マイルで8000円相当の商品と交換できるミニマイル特典もあります。

LCCが普及してきていますけれども、LCCは遅延が多いのが難点です。ビジネスでの利用は料金よりも時間が優先されるため、依然としてJAL...

主に陸でマイルを貯める陸マイラーならば、リクルートカードプラスはJALマイルを貯めるのにも資するカードです。

低い年会費でマイル付与率1%となります。頑張ってビジネスクラスやファーストクラスと交換したら1マイル6円以上の価値が出てきます。

また、Pontaポイントは普通に使うと1ポイント1円ですが、ローソンの「Loppiお試し引換券」を使うと、1.5~3円相当の商品と交換できます。

お茶、お酒、コーヒー、お惣菜、ヨーグルト、お菓子、カップ麺などの多様な商品と交換できます。低糖質のカップ麺のような新商品がよく登場します。

ポイントdeクーポンで交換した低糖質カップ麺

特に酒類(ビール・チューハイ・ハイボール等)が充実しています。新製品や限定商品はほぼ全商品が降臨する程です。

リクルートカードをメインで利用している場合は、お酒代を全てカードで得たポイントで賄うことも十分に可能です。

Loppiお試し引換券で交換した酒類

Loppiお試し引換券については以下で徹底解説しています。

Loppiお試し引換券(ロッピーお試し引換券)とは、ローソンの店頭にある端末「Loppi」で、Pontaポイントと多様な商品を交換できる制度...

Loppiお試し引換券を使うならば、リクルートカードが1.8~3.6%と圧倒的なNo.1の還元率となります。

リクルートのクレジットカードは2種類ありました。年会費無料のリクルートカードと、年会費はかかるけど還元率が高いリクルートカード...

実際に発行して使い倒したところ、日々のお買い物や電子マネーチャージでザクザクとポイントを得られました。

リクルートのクレジットカード「リクルートカード」は、良い評判と悪い評判に分かれています。リクルートカードを作成してから約6年、...

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんは、おすすめの高還元カードとしてリクルートカードを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

三井住友VISAプラチナカード

三井住友VISAプラチナカード

年会費が一気に上がってしまいますが、三井住友VISAプラチナカードも隠れた高還元率カードです。最大1.8%の還元率となります。

三井住友カードが発行しているプラチナカードです。国際ブランドはVISAだけではなく、Mastercardもあります。

年会費は本会員54,000円(税込)です。家族会員は無料です。生計を共にする配偶者、満18歳以上の子供(高校生以外)、両親が家族カードに申し込めます。一人目だけではなく、家族会員は全員が無料です。

ISA・Mastercardの両方を発行した場合は、2枚目の年会費は5,400円(税込)となり、2枚で59,400円(税込)です。

三井住友銀聯プラチナカードは発行手数料・年会費のいずれも無料です。

三井住友プラチナカード(VISA・MasterCard)と三井住友銀聯カード

三井住友VISAプラチナカードにはポイント還元の他に0.5%相当のVJAギフトカードプレゼントがあります。

年間利用額100万円以上で還元率は1.15%、300万円以上利用なら1.3%となります。

更に少額のリボ払いを毎月発生させると還元率は年100万円以上の利用で1.65%まで上がります。300万円以上利用なら1.8%です。

三井住友VISAプラチナカードで「マイ・ペイすリボ」を利用すると、リボ払い手数料の請求がある月は、ポイントが2倍になります。

注目すべきなのは、リボ払いの手数料の口座引き落としが1円でも発生すれば、その月の利用代金のすべてがポイント2倍となる点です。

例えば、ある月の利用額合計が77,500円だった場合、マイ・ペイすリボの金額を77,000円に設定すれば、リボ払いの手数料は500円の部分にしか発生しません。

それで77,500円の全額に対してポイントが増加するので、リボ払いの僅かな手数料よりも、得られるポイントの方が圧倒的に増えます。お得です!

三井住友VISAプラチナカードと三井住友Mastercardプラチナカード

ただし、利用額を把握して毎月ギリギリの金額になるように、マイ・ペイすリボの金額を変更する必要があります。手間はかかります。

手間を許容できる場合は、少額のリボ払いでポイントアップという方法によって、三井住友VISAプラチナカードを高還元率に引き上げることができます。

もちろん年会費は非常に高いですけれども、プラチナカード特有の特典は諸々とついてきます。カードフェイスは圧巻のカッコ良さがあります。また、改悪のリスクは小さいと考えられます。

三井住友プラチナカードのベネフィットガイド

VISAインターナショナルから、セキュリティが高い会社に対する表彰があった際には、アジア・パシフィック地域では、三井住友カードだけが表彰されました。

日本の大人気クレジットカード会社の一つが三井住友カードです。安心・安全の信頼性と充実した特典を背景に加入者数が多く、若年層向...

三井住友カードはセキュリティが堅牢であり、国際ブランドの運営元のVISAからも高い評価を受けています。

三井住友VISAプラチナカードはインビテーションを待つことなく自分から申し込めます。

三井住友VISAプラチナカードというクレジットカードがあります。三井住友カードが発行しています。メンバーズセレクション、プライオ...

三井住友VISAカードの種類については以下で徹底解説しています。

三井住友VISAカードというクレジットカードがあります。SMBCグループの三井住友カードが発行しています。交換先が充実しているポイン...

Yahoo! JAPANカードは時折2~3%還元

Yahoo! JAPANカード

Tポイントカードと一体型のクレカ「Yahoo! JAPANカード」は、基本還元率は1%でパンチ力不足です(ヤフーカードの利用限度額)。

年会費は完全無料で、貯まるポイントはTポイントです。nanacoチャージでも0.5%のTポイントが得られます。

Mastercardブランドのヤフーカードは、au WALLETへチャージできます。TポイントとWALLETポイントが二重取りできます。

モバイルSuicaApple PayのSuicaへのチャージでも1%のポイントが得られるので使い勝手が良好なクレジットカードです。

定期的にお得なキャンペーンが開催されているのが特徴です。Yahoo! JAPANカードでお買い物すると、通常1%の還元率が2%~3%になるキャンペーンが定期的に行われています。

Yahoo! JAPANカードどこでも2倍たまるキャンペーン

2017年4月3日~6月30日、2017年7月12日~8月31日は対象者限定で、どこでも3倍のキャンペーンが開催されていました。

リアル店舗はもちろん、Yahoo!ショッピングのライバルのAmazonや楽天市場でも3%還元になるので極めてお得です。

Yahoo! JAPANカードどこでも3倍たまるキャンペーンYahoo! JAPANカードどこでも3倍たまるキャンペーンの内容

キャンペーン期間中はYahoo! JAPANカードも高還元のクレジットカードとなります。

年会費無料のクレジットカードでおすすめできるのは、還元率1.2%のリクルートカードです。クレカ使用で貯まるリクルートポイントをPo...

実際に発行して使い倒したところ、諸々の特典の賜物で大量のTポイントを得られたのが嬉しかったです。Tポイントがお得に貯まるクレジットカードの筆頭です。

Yahoo! JAPANのクレジットカード「ヤフーカード」は、良い評判と悪い評判に分かれています。募集開始してすぐにヤフーカードを作成し...

Yahoo! JAPANカードはお得な入会キャンペーンも魅力的です。

ヤフーカードが期間限定で、破格の新規入会キャンペーンをプレゼントしています。なんと最大10,000円分のTポイントがプレゼントされま...

ライフカード

ライフカード

ライフカードも隠れた高還元率カードでした。誕生日月の1ヶ月間ポイント5倍になり、還元率が日本最高峰となるのが特徴です。

年会費無料で決済ブランドは、JCB、VISA、Mastercardです。2017年~2018年にかける改悪前は高還元カードです。

基本のポイント還元率は0.5%と低めなのですが、様々なボーナスポイントがあったり、年間利用額に応じたポイントアップがあるので、メインカードとして利用しても高還元率です。

モデルケースとして、月12万円利用し、誕生月は20万円(年152万円利用)の場合でシミュレーションします。

この場合、2年目以降は、誕生月以外は1%(初年度は0.75%)、誕生月は2.5%でポイントが得られ、300ポイントのボーナスが付与されます。その結果、1年間で合計で3,940ポイントとなります。

 LIFEサンクスポイント
誕生月以外2,640
誕生月1,000
ボーナス300
合計3,940

ライフカードのポイントの有効期限は最長5年間と長いです。

15,000ポイント貯まったら、Amazonギフト券・金券類100,000円分に交換できるので、1ポイントが約6.67円分の価値となります。したがって、2年目以降は還元率が約1.73%となります。

漢方スタイルクラブカード、REXカードとほぼ同じ還元率を確保できます。年間150万円以上使う場合は、ライフカードはトータルで見てもそこそこの還元率となります。

ライフカードというクレジットカードがあります。誕生日の月の1ヶ月間ポイント3倍になり、還元率が日本最高峰となるカードです。以前...

ただし、2017年から2018年に改悪されて、誕生月ポイントは3倍(1.5%還元)に低下してしまいます。それ以降はお得度は高くありません。

ライフカードというクレジットカードがあります。誕生月はポイント5倍で2.5%という高還元で人気がありました。また、得られるポイン...

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)

Orico Card THE POINTというオリコが発行しているカードは、年会費が完全無料です。ネット通販ではお得な高還元のクレジットカードです。

基本還元率は1%なのですが、Amazon・楽天などのネット通販での利用時はいつでも2%以上の還元となります。

入会から半年間は基本還元率が2%、Amazon・楽天での利用は3%になります。Orico Card THE POINTは、ネット通販をよく使う方はメインカードとして使えるスペックです。

Orico Card THE POINTを保有していると、オリコが運営するオンラインショッピングモール「オリコモール」を経由して、Amazon等のネット通販サイトでお買い物するとポイントが1%以上アップする仕組みになっています。

オリコカードザポイント、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD、Orico Card THE WORLDなど、オリコカードは人気の高還元クレジットカー...

お買い物は他のクレカでもOKです。他のポイントモールはAmazonが対象外のサイトが大多数なので、Amazonがお得になる点にエッジ・優位性があります。

私もオリコカードザポイントを使ってザクザクとボーナスポイント(1%)を貯めています。

オリコカードザポイントのオリコモール利用でのポイント加算

貯めたオリコポイントは、Amazonギフト券、Tポイント、楽天スーパーポイント、ファミリーマートお買い物券、dポイント、WALLETポイント、すかいらーくグループ優待券などに交換できるのでほぼ現金同様に使えます。

区分交換商品オリコポイント交換先価値
クーポンAmazonギフト券500pt500円分1pt→1円
iTunesギフトコード500pt500円分1pt→1円
Google Play ギフトコード1,000pt1,000円分1pt→1円
nanacoギフト1,000pt1,000円分1pt→1円
EdyギフトID1,000pt1,000円分1pt→1円
ファミリーマートお買い物券500pt500円分1pt→1円
すかいらーくご優待券5,000pt5,000円分1pt→1円
ポイント移行オリコプリペイドカード
チャージ
500pt500円分1pt→1円
Tポイント1,000pt1,000pt1pt→1円
Pontaポイント1,000pt1,000pt1pt→1円
楽天スーパーポイント1,000pt1,000pt1pt→1円
dポイント1,000pt1,000pt1pt→1円
WAONポイント1,000pt1,000pt1pt→1円
au WALLET ポイント1,000pt1,000pt1pt→1円
ベルメゾン・ポイント1,000pt1,000pt1pt→1円
マイルANAマイル1,000pt600マイル1pt→1円
JALマイル1,000pt500マイル1pt→1円
商品UC ギフトカード5,500pt5,000円分1pt 0.9円

また、オリコポイントを「オリコプリペイドカード」(Orico Prepaid Card)にチャージすることもできます。オリコプリペイドカードは、VisaかMastercardの加盟店でお買い物できます。

チャージしたオリコプリペイドカードを利用すると、更に利用金額の0.25%キャッシュバックを受けることが可能です。

信頼性が定かではなく、オリコカード本体の番号を打ち込むのに抵抗がある場合にも便利です。

オリコは「オリコプリペイドカード」(Orico Prepaid Card)を発行しています。国内外のVisaかMastercard加盟店でクレジットカード同...

事前にチャージが不要な後払い方式の電子マネーiDQUICPayの両方を搭載しているというメリットもあります。

その他の詳細については、以下で徹底解説しています。

オリコが発行している高還元率のクレジットカードがあります。「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)です。年会費無料、...

Orico Card THE POINTのMastercardブランドはau WALLETへのチャージができます。還元率が合計1.5%となります。

auユーザーであれば、リアルの店舗はau WALLET、ネット通販はOrico Card THE POINTと使い分けると更にお得になります。

auはMastercard搭載型プリペイドカード「au WALLET(ウォレット)」を発行しています。充実した入会キャンペーン、特約店で高還元率、...

Orico Card THE POINTは、豪華な新規入会キャンペーンを行っています。最大8,000ポイントとなっており、年会費無料カードとしては抜群にお得な水準です。

オリエントコーポレーションの人気No.1クレジットカードは、「オリコカードザポイント」です。アルファベット名は「Orico Card THE PO...

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード

丸井が発行しているエポスカードにはゴールドカードが存在します。

エポスカードは丸井での年数回の10%OFF、自動付帯の海外旅行傷害保険、数多くの店舗で受けられる優待特典が魅力のカードです。

エポスカード(EPOS CARD)という丸井のクレジットカードがあります。サブカードとして利用すると最高にお得なカードです。マルイでの...

エポスゴールドカードの年会費は5,400円(税込)です。年間の利用金額が50万円以上だと翌年度の年会費が無料になります。

また、エポスカードを保有して年50万円以上決済すると、インビテーションが届く場合があります。インビテーションでゴールドカードを発行したら、年会費は永年無料となります。

丸井の人気クレジットカード「エポスゴールドカード」は、自分から申し込むことも可能ですが、インビテーションが届いた場合は、年会...

エポスゴールドカードは、丸井での利用は還元率1%ですが、通常の加盟店での還元率は0.5%です。ただし、年間の利用金額に応じてボーナスポイントをもらえます。

  • 年50万円以上利用:2,500円相当(0.5%相当)
  • 年100万円以上利用:10,000円相当(1.0%相当)

ボーナスポイントを合わせると、年100万円の利用だと還元率は1.5%となります。カード利用で貯まるポイントは有効期限無しの永久ポイントです。

エポスゴールドカードのポイントはエポスVisaプリペイドカードでVISA加盟店にて1ポイント1円で使えるので現金同様です。

丸井グループのクレジットカード「エポスカード」は、「エポスVisaプリペイドカード」を提供しています。国内外のVISA加盟店でクレジ...

エポスゴールドカードは年100万円以上使えば屈指の高還元率カードとなります。ゴールドカードならではの特典も充実しています。

また、対象ショップの中からよく利用するショップを登録すると、エポスゴールドカード利用時のポイントが3倍(+1%)になります(選べるポイントアップショップの詳細)。

選べるショップは最大3つまでとなります。対象ショップには、普段使いすることが多いスーパー・コンビニ・ドラッグストアもあるので便利です。

エポスゴールドカード、エポスプラチナカードには多様なベネフィットが付帯しています。その中の一つが、3つのお店までポイント3倍(...

ポイントアップするショップは、登録後3ヵ月間は変更ができません。登録当日の利用分からポイントアップの対象となります。

モバイルSuicaApple PayのSuicaSMART ICOCAもポイント3倍にすることが可能です。

リボ払いで支払って毎月28日から翌月5日までの間に、Pay-easy(エポスNet)やエポスカード・コンビニATMで繰り上げ返済すれば、リボ手数料なしで0.5%のポイントが上乗せされて最大2%還元となります。

締日(27日)の翌日から確定日の前日(28日~翌月5日)までの間に繰り上げ返済で全額支払えば、リボ払い手数料が発生しなくなります。

締日が4日の場合、5日から確定日(10日)の前日(9日)の期間に繰り上げ返済を行えばOKです。

エポスNetの支払予定額画面(繰り上げ返済して入金済み)

Pay-easyを使えばインターネットで入金できるので便利です。会員サイト「エポスNet」にログインして、メニュー「サービス・機能に申し込む」から手続きできます。

エポスNetのメニュー「サービス・機能に申し込む」

リボ手数料の発生を防止するためには、できる限り請求情報が出揃う確定日の前日に繰り上げ返済するのがベストです。

エポスカードATMコーナー

コンビニATMでは1,000円未満は返済できませんが、仮に999円のリボ残高が残った時に発生するコストは最大で12円です。

エポスゴールドカードのポイントはエポスVisaプリペイドカードでVISA加盟店にて1ポイント1円で使えるので現金同様です。しかも有効期限無しの永久ポイントです。

丸井グループのクレジットカード「エポスカード」は、「エポスVisaプリペイドカード」を提供しています。国内外のVISA加盟店でクレジ...

エポスゴールドカードは年100万円以上使えば屈指の高還元カードとなります。ゴールドカードならではの特典も充実しています。

また、対象ショップの中からよく利用するショップを登録すると、カード利用時のポイントが最大3倍(+1%)になります。

ゴールドカード以上のエポスカードの選べるポイントアップショップ登録状況

関東圏ならクリエイトSDを登録すると、クレジットカードでPOSAカードを購入できるため、楽天ポイントギフトカードやAmazonギフト券を最大3%還元で利用できます。

楽天ポイントギフトカード

楽天ポイントギフトカードを購入して楽天IDに登録すると、楽天スーパーポイントが使える店舗は全て3%還元となります。

楽天市場、楽天ポイントカード加盟店、楽天ペイ加盟店が最大3%でお得に使えます。

生活彩家・ポプラ、ツルハグループ、ダイコクドラッグ、マクドナルド、ミスタードーナツ、くら寿司、出光、大丸・松坂屋、くら寿司、ローソン、和民/坐・和民、ミライザカ、AOKI等も全て最大3%還元となります。

くすりの福太郎

また、国内・海外の空港ラウンジを無料で利用できます。国内の主要空港20空港に加えて、ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル空港)、仁川空港、ホノルルラウンジが利用可能です。

年会費無料で維持できるので、空港ラウンジを使えるゴールドカードの中でもコスパ良好です。

IASS EXECUTIVE LOUNGE 2のビールと柿の種羽田空港のエアポートラウンジのクロワッサン

また、自動付帯の海外旅行傷害保険が付帯します。最も利用頻度が高い傷害治療費用・疾病治療費用は最高300万円と充実しています。

エポスゴールドカード会員限定のベネフィットも豊富に用意されています。

エポスカードには上位カードのエポスゴールドカードがあります。年会費が無料であるにもかかわらず、特典が極めて充実しているのが特...

その他、以下のVisaゴールドカード特典を利用できます。

サービス名サービス内容
Visaゴールド国際線クローク国際線を利用する際、通常料金より15%オフで手荷物を一時的にお預かり
Visaゴールド空港宅配海外から帰国の際、空港から自宅までの手荷物配送サービス
1個500円(2個目以降、行きは15%OFF)
Visaゴールド海外Wi-FiレンタルWi-Ho!の海外通信レンタル料金が定価より25%OFF
空港受取手数料(税抜500円/件)が無料
海外レストラン予約サービス たびらくサービス手数料(500円+税/件)が無料で予約可能
アラモレンタカーハワイ、グアム、アメリカ、カナダで20%割引優待
ハワイでの優待特典アクア-アストン・ホスピタリティーのホテル・コンドミニアムが最大15%OFF
アトラクション施設が10%~15%割引
VisaゴールドKaligoKaligoでのホテル予約が25%ボーナスマイル/ポイント
海外カード紛失のときの緊急カード発行サポート海外でのゴールドカード紛失・盗難の時に緊急カードの発行をサポート(主要都市なら1~3営業日で郵送)
Visa プレミアムカーレンタルプレミアム輸入車のレンタルサービスが一般料金から約15%オフ
ザ・コンコルド・ワインクラブ会員制ワインクラブ向けに厳選された特別ワインセットを購入可能

エポスカードご優待 パワーアップ特集という優待特典が更に充実する時期もあります。全国の優待店で食事やショッピング・サービスがお得になります。

マルコとマルオの7日間では丸井が10%OFFになります。無印良品週間と期間が重複した場合、無印良品を約19%割引で買うこともできます。

エポスゴールドカードは、ネット通販でのセキュリティに優れているエポスバーチャルカードも使えます。

エポスバーチャルカードは、クレジットカードのように実物があるカードではなく、データ上の決済VISAカードです。

エポスバーチャルカードを使うと、本体のエポスゴールドカードとは別の番号によってインターネットで決済できます。 もちろんポイントはエポスゴールドカード同様に付与されます。

万が一エポスバーチャルカードの情報が流出しても、エポスゴールドカード本体の番号を知られることはありません。

エポスカードは「エポスバーチャルカード」を発行することができます。バーチャルカードとは、インターネットでのお買い物にクレジッ...

本体のカードの方も利用ごとにメールを送ってもらう設定もできるので、不正利用をいち早く察知することができてセキュリティも高いです。

エポスカードの「カードご利用のお知らせ」メール

その他エポスゴールドカードの特徴については以下で徹底解説しています。

エポスカードという丸井のクレジットカードがあります。エポスカードにはゴールドカードもあります。「エポスゴールドカード」という...

年会費無料のゴールドカードは稀有であり、質実剛健なハイ・クオリティー・カードです。空港ラウンジを無料で使えるクレジットカードの一角です。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんも、おすすめのゴールドカードとしてエポスゴールドカードを挙げていらっしゃいました。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...

スカイトラベラー・プレミアカード

スカイ・トラベラー・プレミア・カード

航空券購入時にマイルが驚くほど貯まる日本一のカードは、スカイトラベラー・プレミアカードです。アメックスが発行しているカードです。

航空券等の購入では100円当たり5マイルという驚異的な高還元率カードです。

5%マイル付与は圧倒的な日本一であり、JALやANAのプラチナカード・プレミアムカードを寄せ付けない圧倒的なNo.1です。

詳細は以下で徹底解説しています。

スカイ・トラベラー・プレミア・カードというクレジットカードがあります。アメックスが発行しています。航空券購入時で5%という驚異...

一般カードのスカイトラベラーカードはマイル付与率が3%となります。一般カードとプレミアカードの比較は以下をご参照ください。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードというクレジットカードがあります。上級のスカイトラベラー・プレミア・カー...

特に複数の航空会社に乗る機会がある方には絶大なメリットが有り、信じられないほどにザクザクとマイルが貯まります。

出張族や旅行好きの方で、特定の航空会社だけではなく、複数の航空会社によく乗車する方におすすめです。

100円あたり5マイルは日本一です。山で例えると富士山(Mount Fuji)です。

富士山

au WALLET & DCカード Jizile

auユーザーは、DCカード Jizile(ジザイルカード)でau WALLETにチャージすると日本屈指の高還元率を享受できます。

auはMastercard搭載型プリペイドカード「au WALLET(ウォレット)」を発行しています。充実した入会キャンペーン、特約店で高還元率、...

DCカード Jizile(ジザイル)とは、三菱UFJニコスが発行しているクレジットカードです。還元率1.5%で、年会費が完全無料のカードとしては日本最高峰です。

Tポイントへの交換でも1.2%還元で、Tポイントがお得に貯まるクレジットカードの筆頭です。

DCカード JizileのMastercardブランドは、auかんたん決済だとau WALLETへのチャージでポイントが付与されます。

DCカード Jizileでチャージすると、チャージ時の1.5%+利用時の0.5~3.5%で合計2~5%還元となります。

auかんたん決済に限定されて、月間の利用限度額があるという不便さがありますが、年会費が完全無料で還元率2~5という驚異的な還元率となります。

DCカード Jizile

DCカード Jizileは貯めたポイントをau WALLETのWALLETポイントに移行して、1ポイント1円でMastercard加盟店にて使うこともできます。

ただし、ポイントをWALLETポイントへのチャージに使うと1.2%還元に低下するので、ポイントは1.5%となる交換先への交換がお得です。

DCカード Jizileはリボ払い専用のカードですが、月5万円までリボ払いの金額を設定できます。初回はリボ手数料はかからないので、月5万円迄であれば、普通のクレカと同じように手数料無料で使えます。

また、5万円超の場合も会員サイト「DC Webサービス」で手続きするか、サポートデスクに連絡すれば、リボ払いの金額を上げて手数料無料にできます。

更に、限度額-5万円を常に支払に加算して、常に利用額=リボ払いの金額(全額一括払い)にする手続きが可能です。

ポイントの還元率も1.5%で変わらず、毎月の手続きも不要になります。この手続きを行えば、常に手数料無料で利用限度額まで一回払いの形で利用できます。

DCカード Jizileは、au WALLETと非常に相性が良いクレジットカードです。auユーザーなら作成するとお得です。詳細は以下で徹底解説しています。

DCカード Jizile(ジザイル)というクレジットカードがあります。年会費が完全無料のクレジットカードとしては日本一の還元率を誇ります...

dカード

dカード

クレジットカードの「dカード」は年1回の利用で年会費が無料になるので、実質無料で使いやすいカードです。

カードショッピングでdポイントが貯まり、幅広い加盟店で1ポイント1円にて利用できるので便利です。

通常のカード加盟店でのお買い物も還元率1.0%と比較的高還元なのがメリットです。

ローソンとの提携に伴い、6月1日からは全国のローソン、ナチュラルローソンで、dカードでお買物するといつでも3%割引となりました。

クレジットカードのポイントと合わせると4%還元となり、dポイント機能の1%のポイント還元と合わせて合計で約5%還元となります!

ローソンでの約5%還元は、リクルートカードプラスでチャージしたnanacoで1万円のクオカードを買い、クオカード支払い&Pontaカード提示で得られる4.8%とほぼ同じ高還元です。

クオカードで4.8%割引になる方法については以下で徹底解説しています。

クオカード(QUOカード)というプリペイドカードがあります。コンビニ、ドラッグストア、ファミレス、書店、CD・DVDストア、ガソリンス...
クオカード(QUOカード)というプリペイドカードがあります。加盟店で代金の支払いに利用できます。クオカードが使えるお店、お得な使い...

ただし、この方法は手間がかかります。dカードはカード払いするだけでOKです。

2018年4月30日からは、大手ドラッグストアのマツモトキヨシでもお得になりました。合計で約5%還元とパワフルです。

大手ドラッグストアのマツモトキヨシが、NTTドコモの共通ポイント「dポイント」を導入します。2018年4月30日(月)から、dポイントカー...

家電量販店のノジマでの決済でも、合計還元率は最大5%とファンタスティックです。

また、dカードはスターバックスカードドトールバリューカードへのオンラインチャージが還元率4%になるのもメリットです。

他の店舗では、高島屋などで決済すると、3%以上の還元になるというメリットがあります。ドコモオンラインショップでの購入は2%還元でお得です。

dカードで特別な割引やポイントUPがある店舗では高還元となり、驚く程にグングンとポイントを獲得することが可能です。虎に翼、弁慶に薙刀の威力があります。

dカード、dカード GOLDというクレジットカードがあります。一般カードの方はNTTドコモのユーザーだけではなく、それ以外の方にもメリ...

dポイントは加盟店での利用のほか、JALマイルに交換することが可能でマイラーにとっても使い勝手が抜群です。

dポイントがいつのまにか1万ポイントを突破しました。私は共通ポイントはマイルに交換して、海外旅行に使っています。この度はJALマイ...

dポイント投資という仕組みもあり、dカード資産運用できるクレジットカードの筆頭です。投資ができるカードは類稀であり、一歩先に進んだ画期的なスペックを備えています。

dポイント投資は「おまかせ運用」と「テーマ運用」で複数の選択肢があり、ポイント投資の中でも使い勝手が良好です。

dカードのETCカードは利用でフルにポイントを獲得でき、一般カードは年1回の利用で無料、ゴールドカードは無条件で無料です。

dショッピング、dファッション、dトラベルでもポイント3倍になってお得になりました。

2016年6月1日(水)から、ドコモのネット通販サイト「dショッピング」「d fashion」「dトラベル」が「dカード特約店」になりました。合...

dカードは、ローソン、スターバックスカード、マクドナルド、高島屋でシンプルに高還元を実現できるお得なカードです。

ドコモのクレジットカードらしいハイ・クオリティです。dカードについては以下で徹底解説しています。

dカードというクレジットカードがあります。NTTドコモと三井住友カードが提携して発行しています。三井住友カードは黒子の役割を担っ...

ドコモユーザーの場合はドコモ料金10%還元の特典があるので、ゴールドカードのdカードGOLDの方がむしろ得します(dカードとdカード ゴールドの比較)。

最大10万円のケータイ補償も大きなメリットです。iPhoneをお持ちの場合は、dカード ゴールドに加入してAppleCare+に入らないというストラテジーも検討し得ます。

iPhone 5sと6と6sと7とX(裏面)

年100万円以上クレジットカードを利用する場合は、「dカード GOLD年間ご利用額特典」だけで年会費をカバーできます。

その他、充実の海外旅行保険ショッピング保険空港ラウンジなど、豊富なベネフィットが付帯しており、コストパフォーマンス抜群のゴールドカードです。

dカード GOLDの家族カードはごく一部を除いて大部分が本会員と同じ特典を享受できてバリューが高いです。

ドコモのゴールドカード「dカード GOLD」には家族カードがあります。1名は年会費無料なのでバリューが高いです。家族でドコモを利用し...

一般カードとゴールドカードのどちらもキャンペーンが充実しています。入会時だけではなく、入会後もバリューが高いです。

dカードというクレジットカードがあります。ローソン、マクドナルドでのお買い物がお得になるクレジットカードです。一般カードのdカ...

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラとビューカードが提携して発行している「ビックカメラSuicaカード」は、Suicaチャージでは屈指の高還元となります。

初年度は年会費無料。2年目以降も、前年1年間でビックカメラSuicaカードの利用があったら無料です。

1度でもクレジットカードを利用したら年会費は無料になるので、実質的には無料です。Suicaへのチャージも利用に含まれるので、年1回チャージしたら無料です。

通常のクレカ加盟店でのお買い物や公共料金の支払いの際は、1,000円につきビックカメラで使える「ビックポイント」が5ポイント(5円相当)、JRE POINT 5ポイント(5円相当)が貯まります。還元率は合計で1.0%です。

ビックカメラでのお買い物の際は、ビックポイントが貯まります。基本還元率は10%です。これは普通のビックカメラの会員カードと同じでお得ではありません。

支払いはSuicaで行い、ビックカメラSuicaカードをポイントカードとして提示すると、1.5%のJRE POINTと10%のビックポイントが貯まり、合計還元率11.5%となります。

ビックカメラでSuica払いした場合は、ビックポイントはもちろん、JALマイル楽天スーパーポイントを選んだ場合もフルで貯めることが可能です。

JR東日本のSuicaチャージ・オートチャージ・窓口での切符購入・定期券の購入では、1,000円につきJRE POINTが3倍の15ポイントも貯まります。還元率1.5%です。

これが最大のメリットです。年会費無料で維持できて、Suicaチャージでは日本最高の高還元となります。

JRE POINTはSuicaへの交換だと還元率0.5%/1.5%ですが、これよりもお得に交換する方法もあります。詳細は以下で徹底解説しています。

ビューカードの利用で貯まるポイント「JRE POINT」は、多種多様な金券・電子マネー・ポイント・商品に交換できます。どれがいいのか迷...

年会費が実質無料でSuicaチャージが1.5%還元なので、ビックカメラはほとんど使わない方でもお得なクレジットカードです。

JRE POINTの有効期間は最後の獲得または利用から2年間。日常的に使っていけばポイント失効のリスクはほとんどなく、有効期限は実質無期限と評価できます。

2018年6月28日にはビューサンクスポイントがJRE POINTと統合して、使い道が拡大してますます便利になりました。

ビューサンクスポイントが2018年6月28日から、JR東日本グループ共通ポイント「JRE POINT」に移行することになりました。Suicaチャージ...

一般加盟店でも還元率1%とそこそこの水準であり、Suicaチャージ時は還元率1.5%なのがメリットです。モバイルSuica特急券エクスプレス予約が魅力のモバイルSuicaも年会費無料で利用可能です。

JR東日本が発行しており、全国の鉄道、バス、お買い物で使えて便利なSuica(スイカ)は、携帯電話でも利用可能です。「モバイルSuica」...

ビュー・スイカJRE CARDは定期券一体型機能がありますが、515円の年会費が発生する点がデメリットです。

定期券一体型機能が不要の場合、Suicaチャージ用のクレジットカードはビックカメラSuicaカードが最有力候補です。

年会費年1回利用で年会費無料でかつSuicaチャージでは高還元であり、利便性が高いクレジットカードです。

ビックカメラが発行しているクレジットカードがあります。ビックカメラSuicaカードです。利便性が高いクレジットカードで、私もフル活...

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんも、ビックカメラSuicaカードがSuicaチャージにおすすめとおっしゃっていました。

菊地崇仁さんとまつのすけ

菊地崇仁さん
仕事をやめて保有カードを処分したとしても、ビックカメラSuicaカードは残ります。

クレジットカードのレジェンドがプライベートでも保有するのがビックカメラSuicaカードです!

JCB CARD W / W plus L

JCB CARD W

JCB CARD W plus L

JCB CARD W / W plus Lとは、JCBが発行するプロパーカードである「JCB ORIGINAL SERIES」のうち、学生や10代・20代・30代の若年層向けのカードです。

解約しない限り自動更新されるので、40歳以降もずっと継続利用可能です。

plus Lの方はWに女性向けの特典、有料保険(女性疾病保険など)が付帯しているクレジットカードになります。

39歳以下の方が申し込めて、解約しない限り自動更新されるので、40歳以降も継続利用可能です。

年会費が無条件で無料、基本還元率が1%と優遇されており、plus Lの方は女性向け特典・有料保険(女性疾病保険など)が付帯しているのが特徴です。

JCBオリジナルシリーズのポイントアップも対象です。JCBスターメンバーズのポイントUPはありません。

Amazon、セブン-イレブン、一休.comレストランが2.0%還元、スターバックスカードへのチャージが5.5%還元となります。高島屋AOKI小田急百貨店ワタミグループでもポイントUPします。

昭和シェル石油、木曽路グループは1.5%です。これらの店舗をよく利用する場合は、高還元カードに引けをとらない還元率となります。

特約店でのボーナスも含めると、還元率が高くなる隠れ高還元カードと評価できます。

日本が世界に誇る国際ブランド「JCB」は、プロパーカードとしてJCBオリジナルシリーズのクレジットカードを発行しています。基本的な...

QUICPay(nanaco)をセブンイレブンで使用すると、JCBのOki Dokiポイントとは別に更に0.5%のnanacoポイントを得られるため、合計で還元率2.5%です!

JCB CARD W / W plus Lで貯めた「Oki Dokiポイント」は、多種多様な商品と交換できて便利です。

Amazonギフト券、nanaco、キャッシュバック、dポイントなど利便性の高い金券類も豊富です。

JCBオリジナルシリーズのクレジットカードは、ショッピング利用でJCBの「Oki Dokiポイント」が貯まります。一部のJCB提携カードでも、...

JCB CARD W、JCB CARD W plus Lの相違点については、以下で丹念に解説しています。

JCB CARD W、JCB CARD W plus Lという2枚のクレジットカードが2017年10月24日から募集開始しました。10代・20代・30代までの若年層が...

どちらも年会費無料で高還元であり、秀逸なハイ・クオリティー・カードです。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめの「メインカード」としてJCB CARD W、女性向けカードとしてJCB CARD W plus Lを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

また、クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんの「おすすめの若年層向けカード」はJCB CARD W、女性向けカードはJCB CARD W plus Lでした。

菊地崇仁さんとまつのすけ

JCB CARD W、JCB CARD W plus Lはクレジットカードのレジェンドも高く評価しているハイ・クオリティー・カードです。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

JCB一般カードと比較して、JCB CARD W / W plus Lが相対的に弱い点は以下です。

  • ディズニーデザインがない
  • 利用明細がWeb明細のみ
  • カード入会時の本人確認がインターネットでの支払い口座設定のみ
  • 即日発行は不可(最短3営業日)
  • 国内旅行傷害保険がない
  • 海外旅行傷害保険の死亡・後遺障害が一般カードよりも1000万円低い

これらを許容できる場合は、JCB一般カードよりもJCB CARD W /  W plus Lの方がおすすめです。

10代・20代・30代のうちは死亡・後遺障害の保障の必要性は高くないので、基本的にはポイント還元率が高いJCB CARD W / W plus Lの方がよいと考えます。

JCB CARD W / W plus Lの公式キャンペーン

リーダーズカード

リーダーズカード(Reader's Card)

現金還元で年112万円以上利用する方は漢方スタイルクラブカードが1.5%還元でボーナスポイントがついてお得でした。

Tポイントをガンガン貯めたい方には、エクストリームカードがおすすめでした。幾多のクレジットカードの中でも、日本で最もTポイントが貯まるカードです。

これらのカードは募集停止となってリーダーズカードに統合されることになりました。代替候補については、以下で精緻に分析しています。

悲しい現実が飛び込んできました。漢方スタイルクラブカード、Extreme Card(エクストリームカード)の新規募集・入会受付が停止しまし...

リーダーズカードのカードスペックは以下のとおりとなります。

  • 年会費:税抜2,500円(年30万円以上の利用で無料)
  • ポイント:1,000円ごとに11ポイント付与
  • ポイント交換:3,500ポイント→4,000円分のJデポ or 4,000 Gポイント or 2,400 ANAマイル
  • Amazon限定デポジットは2017年9月27日で廃止
  • 還元率(Jデポ):約1.257%
  • 還元率(ANAマイル):約0.75%(ソラチカルートだと約1.018%)
  • nanacoチャージ:1,000円ごとに3ポイント付与
  • nanacoチャージの還元率:約0.34%(ANAマイルは約0.21%、ソラチカルートは約0.27%)

初年度の年会費は無料で、2年目以降は税抜2,500円(税込2,700円)です。ただし、年間30万円以上の利用で翌年の年会費が無料になります。

年間30万円以上使い続ければ、年会費がずっと無料となります。年間30万円は1ヶ月あたり25,000円です。

年会費が年30万円以上の利用で無料となり、ポイントが約1.257%と高還元。GポイントとANAマイルに交換できるのもメリットの一つです。

還元率(ANAマイル)は、マイルに直接交換する場合は約0.75%で、GポイントLINEポイントメトロポイント→ANAマイルの新ソラチカルートだと約1.018%です。

年会費86,400円~167,400円のANA プラチナ・プレミアムカードを除くと、ソラチカカードとの併用でANAカードの中でお手軽に高還元にできます。

ANA To Me CARD PASMO JCBというクレジットカードがあります。愛称は「ソラチカカード」です。ANAカードには幾多のカードがありますけ...

年30万円以上の利用で年会費が無料になるにもかかわらず、約1.257%という高還元で、貯めたポイントは支払い時の割引への充当やマイル交換に使えて現金同様なのがナイスです。

電子マネーチャージ、J’sコンシェル、旅行傷害保険などの付帯特典はREXカードと同一です。

Reader’s Card(リーダーズカード)というクレジットカードがあります。年会費が年30万円以上の利用で無料となり、ポイントが約1.257%...

リーダーズカードを年間50万円使えば約6,285円、75万円なら約9,427円、100万円なら約12,570円もお得になります。

6,285円あれば、1,000円のオシャレなカフェでのランチに6回行けますし、吉野家の牛丼なら16回も食べられます。

こうして考えてみると、リーダーズカードは本当にお得ですよね。リーダーズカードのような良いクレジットカードを使えば、長い目で見ると10万円・20万円といったリターンを得ることができます。

空前の低金利の時代には、年30万円以上利用にて年会費無料で、1.257%現金還元のパワーは絶大です。しかも、お得な入会キャンペーンも開催しています。

リーダーズカードを活用すると、お得な生活を送ることができ、浮いた分を貯金したり他のことに使えるようになり、人生を豊かに彩ることができます。

リーダーズカード 公式キャンペーン

ANA VISAカード / ANA Mastercard

ANAに搭乗する機会がある方限定となりますが、ANAカードの中で三井住友カードが発行しているANAカードなら、ソラチカカードと2枚持ちするとANAマイル付与率が高還元となります。

ANA VISAカードANA Mastercardはマイル還元率に関するコストパフォーマンスでは日本の中で随一です。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

ソラチカカードリーダーズカードの併用よりもお得になるので、高還元でANAマイルを得るのは三井住友カード発行のANAカードが最有力候補です。

少額のリボ払いを発生させてソラチカカードと2枚持ちするという手間をかければ、一般カードでも最大で1.5265%ANAマイル還元になります。

マイ・ペイすリボでボーナスポイントを獲得して、ソラチカルートでワールドプレゼント→Gポイント→LINEポイントメトロポイント→ANAマイルと交換すればOKです。

ソラチカカードでJCBのスマリボを利用すると、年会費から1,350円のキャッシュバックを受けられるので、実質負担は更に低下します。

この他にマイル移行手数料が発生しますが、スケジュール管理を工夫すると3年に1回で済みます(1年あたり税抜2,000円)。

  1. 2019年4月1日に10マイルコース(手動移行)に登録(2020/3/31迄1ポイント→10マイルに)
  2. 2020年3月31日に全ポイントをマイルに移行
  3. 2020年4月1日~2022年3月31日の期間はポイントを交換しない(※2020年4月の獲得ポイントの有効期限は2022年4月末)
  4. 2022年4月にポイントをマイルに交換(※4月末までに交換しないとポイントが失効する点に注意)

後はこれを繰り返せば、マイル移行手数料の支払いは3年に1回で済みます。

1マイルの価値は諸説ありますけれども、1マイル2円というのが通説です。そう考えると実質還元率はこの2倍となります。

年会費が上がってゴールドカードでもOKの場合は、ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードに魅力があります。

ソラチカカードとANA VISAワイドゴールドカード

ソラチカカードとの併用でマイル付与率を最大1.648%まで上昇させることができます。年会費は合計11,500円(税抜)で継続ボーナスが3,000マイルもらえます。

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードというクレジットカードがあります。ANA(全日空)と三井住友カードが提携して発行しているANA...

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんは、おすすめのゴールドカードとしてANA VISA/マスター ワイドゴールドカードを挙げていらっしゃいました。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードは、クレジットカードのレジェンドも高く評価しています。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...

年会費は跳ね上がりますけれども、ANA VISAプラチナ プレミアムカードだと、ソラチカカードとの併用でマイル付与率が最大1.905%も貯まります。

ANA VISAプラチナ プレミアムカードというクレジットカードがあります。ANA(全日空)と三井住友カードが提携して発行しているANAカード...

単一のクレジットカードとしては、ダイナースのブラックカードが日本最高峰のマイル付与率、還元率を誇ります。

ダイナースクラブ プレミアムカード

ダイナースプレミアムだと、年会費は高いものの、カード利用だけで国内1.5%・海外2%のANAマイルを得られます。手間が一切かからない点にエッジ・優位性があります。

ANAダイナースプレミアムは一般加盟店は1.5%、ANA航空券等は2.5%還元です。

一般加盟店での1.5%~2%マイル還元は破格以外の何ものでもなく、年間利用額が大きいとカード会社の収支が極めて厳しいという噂も耳にしました。

例えば年間利用額が1000万円の場合は国内15万・海外20万マイルを得られます。1マイル2円と考えると30万/40万円の還元となります。

菊地崇仁さんとまつのすけ

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さんは、おすすめのプラチナ/ブラックカード、高還元カードとして、ダイナースクラブ プレミアムカードを挙げていらっしゃいます。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

利用額が大きい場合は高い年会費をペイすることも可能になり、卓越したバリューがあります。

ダイナースクラブカードのブラックカードは「ダイナースクラブ プレミアムカード」という名前です。「ダイナースプレミアム」と略され...

レギュラーカードも含めたダイナースのポイント共通の貯め方・使い方は以下をご参照ください。

ダイナースクラブカードは類稀な高級カードであり、アメックスと双璧をなす存在となっています。ステータスカードとなると、コストパ...

Booking.comカード

Booking.comカード

Booking.comカードという年会費無料のクレジットカードがあります。Booking.comでは屈指の高還元カードです。

VISA加盟店でもれなく1%キャッシュバック、カード会員限定サイトでのBooking.comの予約・宿泊・カード利用では5%キャッシュバックがプラスされる点にエッジ・優位性があります。

カード利用で得られる還元は、一切何も手続きが不要であるオートキャッシュバックなのがメリットです。有効期限が無期限のクレジットカードとも解釈できます。

ポイントやマイルを貯められるクレジットカードは、日常のお買い物や課金で得することができます。しかし、ポイント等を貯めて交換が...

また、先着5万名限定でBooking.comの上級会員資格であるGenius会員にアップグレードされます。

Booking.com会員サイト(Genius会員になった通知)

一部対象ホテルの宿泊料金10%OFF、レイトチェックアウト、無料空港シャトル、ウェルカムドリンクなどのベネフィットを享受できます。

Booking.com(ブッキングドットコム)という宿泊サイトがあります。ベストレート保証に加えて、会員限定のプライベートセールがお得な...
Booking.com(ブッキングドットコム)という世界的大手の宿泊サイトがあります。クレジットカード「Booking.comカード」を保有すると...

Booking.genius特典を受けるには通常5回以上の宿泊利用が条件となります。しかし、Booking.comカードに入会すると初回利用時から特典を受けることができます。

もちろん、費用は一切発生しません。Booking.comカードの郵送時に同封されているシリアルコードから手続きすればOKです。

ただでさえリーズナブルな価格帯の事が多いBooking.comの価格から更に10%OFFとなります。

年会費無料ですので、Booking.comを使う機会があると絶大なメリットがあるクレジットカードです。オンリー・ワン、スペシャル・ワン、エアフォース・ワンのパワーがあります。

一般加盟店での還元率も1%と年会費無料のクレジットカードとしては高水準であり、ポイントが自動キャッシュバックなのが大きなメリットです。ポイントを貯めて交換という手間から解放されます。

「Booking.comカード」というクレジットカードがあります。いつでも1%還元でキャッシュバックが受けられて競争力が高いカードです。B...

Booking.comカードはGenius会員になれるので、使わなくてもお得なクレジットカードの筆頭で質実剛健です。

Booking.comカードは、3,000円キャッシュバックのお得な入会キャンペーンを開催しています。以下からご入会するとキャンペーンが適用されます。

ラグジュアリーカード

ラグジュアリーカード(チタンカード)

「ラグジュアリーカード」というMastercardの最上級の「World Elite」のクレジットカードがあります。

年会費が最低54,000円(税込)と高額なのがデメリットですが、ポイントをワイン購入に使う場合は日本屈指の高還元となります。

特許技術で金属製であるにもかかわらず、クレジットカードと同じ薄さを実現しています。

ICチップはレアメタルのパラジウムが用いられており、最新の小型化チップを搭載しています。日本で唯一の希少なICチップで、通常のクレカよりも小さくてスマートです。

Mastercard ワールドエリートの新ロゴ

国際ブランドはMastercardのみで、チタンカード、ブラックカード、ゴールドカードの3種類があります。いずれもMastercardの序列では最上位の「World Elite」です。

このうちゴールドカードはインビテーション制となっています。年会費はチタンカードは54,000円(税込)、ブラックカードが108,000円(税込)です。

カード本体の上質感はプラスチック製のクレジットカードとは次元が違う秀逸さでした(ラグジュアリーカードの感想)。

ラグジュアリーカード(チタンカード)ラグジュアリーカード(チタンカード)の裏面ラグジュアリーカード(ブラックカード)ラグジュアリーカード(ブラックカード)の裏面

基本的なポイント還元率は1.0%~1.5%です。

  • ゴールドカード:1.5%(月間請求合計金額1,000円につき3ポイント)
  • ブラックカード:1.25%(月間合計1,000円につき2ポイント+利用明細ごとに2,000円あたり1ポイント)
  • チタンカード:1.0%(月間請求合計金額1,000円につき2ポイント)

実はLuxury Cardは高還元のクレジットカードでもあり、ザクザクとポイントを獲得できます。

ラグジュアリーカードのポイント付与履歴

ポイントのユニークな使い道としては、レアなヴィンテージワインにお手頃なレート(業者の仕入れ価格)で交換できる企画が検討されています。

シンデレラワイン「ペトリュス」、シャンパーニュのオートクチュール「クリュッグ」など人気プレミアムワインが本数限定で随時用意されます。

ラグジュアリーカードで貯めたポイントは、フィラディスのオンラインサイトで使える買い物券にお得なレートで交換できます。

フィラディスで購入したワイン

フィラディスはホテルやレストランとの取引(B to B)がメインのワイン商社であり、取り扱いワインの品種・輸送管理の質の高さから、業界の評判が良好となっています。

ワイン・シャンパンがお好きな方ですとチタンカード2.2%、ブラックカード2.75%、ゴールドカード3.3%となり、屈指の高還元に昇華してバリューが高いです。

金属製の上級の質感が人気のラグジュアリーカード(Luxury Card)は、実は隠れ高還元カードであり、ポイントをワイン購入に使う場合はバ...

アプラスモールを利用でき、ネット通販でボーナスポイントを得ることができます。

Tカードプラスなどのアプラスが発行しているクレジットカードを保有している場合、アプラスモールを経由して楽天市場、Yahoo!ショッピ...

コンシェルジュ、豊富なトラベル・ダイニング特典がメインのベネフィットとなるクレジットカードですが、ワイン好きの方にとっては高還元カードの側面もあります。

ラグジュアリーカードの特徴、3種類のカードの比較については、以下で徹底的に解説しています。

新生銀行グループのアプラスは「Luxury Card」(ラグジュアリーカード)を発行しています。富裕層向けクレジットカード会社「Black Card...
「Luxury Card」(ラグジュアリーカード)というクレジットカードがあります。特許技術による金属製、Mastercard最上級の「ワールドエリ...

以前にラグジュアリーカード日本支社の林 ハミルトン 代表取締役社長に取材しました。充実の特典、イベントなど、Luxury Cardについて色々と聞き倒しています!

ラグジュアリーカードというMastercard最上級のワールドエリート・マスターカードがあります。彗星のごとく現れて日本でも一気にアメ...

まとめ

還元率が常に最も高いのはリクルートカードプラスの2%でしたが、募集停止となりました。

年会費無料で還元率1.2%のリクルートカードは引き続き申し込めます。ただし、ポイントがリクルートポイント(Pontaポイントに移行可能)である点に留意が必要です。

年会費が完全無料で1.5%還元のP-one Wizも魅力的です。1.5%のうち1%は自動的に1%OFFになって銀行口座から引き落とされるのがメリットです。

キャッシュバックのクレジットカードの中では、REXカード(年会費無料・1.25%)、リーダーズカード(年30万円以上で無料・約1.257%)が有力候補です。

自動キャッシュバックのクレジットカードがご希望なら、Booking.comカード(年会費無料・1%・Booking.comでは合計6%)が高いスペックを誇っています。

ANAマイルを貯めるならソラチカカードANA VISAカードANA Mastercardの2枚持ちがベストです。

年会費はかなり高いですけれども、それを許容できる場合は、諸々の特典が充実しており、少額のリボ払いを発生させることで、還元率を1.8%まで増やせる三井住友VISAプラチナカードも選択肢の一つです。

ワインがお好きな方ですとラグジュアリーカードが1.65%~2.2%の高還元です。

ライフカードは誕生月限定のカードとして使うのが最も合理的ですけれども、メインカードとしても十分に使えるスペックです。ただし、2017年~2018年の改悪後は妙味が低下します。

auユーザーですとDCカード Jizileとau WALLETの2枚持ちが2%還元(特約店なら更にポイントアップ)で魅力的です。

Suicaチャージ専用の高還元カードとしてはビックカメラSuicaカード、セブン-イレブンやスターバックスではJCB CARD Wが高還元です。

特に人気が高いと思われる5つのカードの還元額を徹底比較してみます。2017年10月以降の還元額は下表のとおりです。

利用金額REXリクルートリーダーズJizileP-one Wiz
月1万(年12万)1,5001,440-1,2601,8001,794
月2万(年24万)3,0002,8803173,6003,588
月3万(年36万)4,5004,3204,5265,4005,382
月4万(年48万)6,0005,7606,0347,2007,176
月5万(年60万)7,5007,2007,5439,0008,970
月6万(年72万)9,0008,6409,05110,80010,764
月7万(年84万)10,50010,08010,56012,60012,558
月8万(年96万)12,00011,52012,06914,40014,352
月9万(年108万)13,50012,96013,57716,20016,146
月10万(年120万)15,00014,40015,08618,00017,940
月15万(年180万)22,50021,60022,62927,00026,910
月20万(年240万)30,00028,80030,17136,00035,880
月30万(年360万)45,00043,20045,25754,00053,820
月50万(年600万)75,00072,00075,42990,00089,700

還元率が最も高いのはDCカード Jizileです。ただし、リボ払い専用カードなのがデメリットです。

また、1.5%還元になるのはTOKYU POINT、ビックカメラ・ヨドバシカメラ・ベルメゾン等のポイントのみです。

便利なキャッシュバック、楽天スーパーポイントPontaポイントTポイントdポイントへの交換は1.2%にとどまります。

次はP-one Wizの1.495%です。ただし、こちらもリボ払い専用カードで一括払いの手続きが必須です。

リーダーズカード、REXカードはほぼ同じであり、年30万円以上だと僅かにリーダーズカードが上回っています。

リクルートカードは1ポイントから利用できるのがメリットです。貯めて交換という手間がありません。

リクルートカードは同様にローソンの「Loppiお試し引換券」を使うと、1ポイント1.5~3円相当の商品と交換できます。

ポイントをこれで使うなら、リクルートカードも実質還元率1.8%~3.6%になり高還元カードに昇華します。

参考リクルートカードは実質還元率が1.8-3.6%!メリット・デメリットまとめ

auユーザーですと、au WALLET&DCカードJizileの組み合わせが2%の還元率で最高峰となります。年会費は無料なので、こちらの方が高還元率となります。

最後に高還元率のおすすめクレジットカードの年会費・還元率・特徴について表にまとめました。

カード名年会費(税抜)還元率特徴
リクルートカード無料1.20%Loppiお試し引換券なら実質1.8%-3.6%
P-one Wiz無料1.495%リボ専用カードだが無料で一括払い可
リーダーズカード年30万円以上の利用で無料1.257%ソラチカカードとの併用でANAマイル1.13%
REXカード無料1.25%Jデポで現金還元
JCB CARD W
JCB CARD W plus L
無料1.00%JCBオリジナルシリーズパートナーでは1.5%以上
39歳以下の方が申込可能
三井住友VISAプラチナカード50,000最大1.8%優待特典が充実
ライフカード無料0.50%誕生月は1.5%
年間利用額に応じてボーナスポイントあり
エポスゴールドカード年50万円以上の利用で無料最大1.5%10,000店以上店舗で優待割引やポイントアップ
年100万円の利用で1%分のボーナス
ラウンジ・自動付帯の海外旅行保険など特典
スカイトラベラー・プレミアカード35,0001.00%航空券購入時はマイル付与率5%
DCカード Jizile無料1.50%au WALLETにチャージ可
リボ専用カードだが無料で一括払い可
Booking.comカード無料1.00%ポイントは自動キャッシュバック
Booking.comでは6%還元
ラグジュアリーカード
(Mastercard Titanium Card)
54,000最大1.65%ワインの通販サイトで利用すると高還元

年会費無料のおすすめクレジットカードについては以下で徹底解説しています。

クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが年会費です。年会費がかかるカードはNGという方も多いですね。特にサブカードとして...

おすすめのゴールドカード、プラチナカードについては以下で徹底的に解説しています。

日本ではアメリカン・エキスプレスが1966年にゴールドカードを導入し、1984年にプラチナカードを発行するまでは、ゴールドカードが最...

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんのおすすめゴールドカードは以下でご紹介しています。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...
アメリカン・エキスプレスが1984年に世界で初めて「プラチナカード」を発行しました。当時は最上位カードでした。その後、幾多の競合...

総合的なおすすめクレジットカードについては以下で丹念に分析しています。

「生活費の支払いでクレジットカードを有効活用していきたくてアドバイスをほしい」とコメント頂きました。生活費を良いクレジットカ...
クレジットカードには多種多様な種類があり、膨大な数のクレカが発行されています。あまりの多さに探しきれない程ですし、評判・口コ...

日本有数のクレジットカードの専門家でいらっしゃる岩田昭男さんのおすすめクレカについては、以下で徹底的に解説しています。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんのおすすめカードには、珠玉のクレジットカードが集結しています。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

多様な項目での最強のクレジットカードについては、以下で論述しています。

クレジットカードには多種多様な種類があります。年会費無料カード、高還元カード、一芸に秀でた特化型カード、航空系カード、ゴール...

国際ブランドごとのおすすめクレジットカードについては、VISAMastercardJCBアメックスダイナースにまとめています。

  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-クレジットカード
-

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.