The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

楽天ペイのメリット・デメリット・お得な使い方まとめ

更新日: 楽天カード クレジットカード

楽天ペイ

楽天が決済サービス「楽天ペイ」を開始しました。リアルの店舗で、スマートフォンの操作で支払いができます。

クレジットカードのポイント・マイル・キャッシュバック等に加えて、楽天スーパーポイントが0.5%貯まるのがメリットです。

ファースト・インプレッションは面倒くさそうなサービスですが、楽天Payは意外と簡単で使いやすい仕組みとなっています。

楽天ペイのメリット、デメリット、お得な使い方についてまとめます。


楽天ペイとは

ユーザー(消費者)は、まず楽天の会員情報にクレジットカードを登録しておく必要があります。そして、楽天ペイのアプリをスマホにインストールします。

アプリを起動して楽天IDでログインして、決済に使うカードを選択します。楽天カードはJCB・VISA・Mastercardのいずれも使えます。

楽天カード以外のクレジットカードは、VisaかMastercardブランドなら利用できます。JCB、アメックス、ダイナースクラブは利用不可となっています。

これはシステム上の都合というよりは、手数料の関係する事情という色彩が漂っています。

楽天の会員情報に複数のクレジットカードを登録している場合は、楽天ペイで使うカードを選べます。

楽天ペイのクレジットカード選択画面

支払方法は当初は翌月1回払いのみでした。しかし、現在は分割払いにも対応しており、3回、5回、6回、10回、12回、15回、18回、20回、24回が可能です。ただし、一部、分割払いが不可能なクレカもあります。

ボーナス一括払い、リボ払いには対応していません。1回払いでしはらっても自動的にリボ払いになるサービスを利用すれば、楽天ペイで1回払いで支払い、自動的にリボ払いに転換させることが可能です。

楽天ペイ利用分の口座引き落とし日は、楽天ペイに登録されているクレジットカードと同一です。クレジットカードを普通に使った場合と同じです。

楽天ペイでは、楽天スーパーポイントでの支払いも可能です。期間限定ポイントもOKなので、楽天ポイントカードと同様に小口の限定ポイントの消化が捗ります。

楽天ペイ

楽天ペイでの支払いで1回あたり利用可能なポイント数は、5,000ポイント迄です。

お店では楽天ペイで支払うことを店員さんに伝えて、「QRペイ」か「セルフペイ」を選択して支払います。

QRペイ」の支払い方は、お店の端末に表示されるQRコードを、自分のスマホで読み込み、決済画面でスライドします。

楽天ペイのQRペイ

セルフペイ」の支払い方は、「セルフペイ」タブをタップして支払うお店を選択して、金額を入力して、決済画面でスライドして、支払後に店員さんに完了画面を見せる流れです。

楽天ペイのセルフペイ1 楽天ペイのセルフペイ2

楽天ペイの利用料金は無料です。ただし、利用の際に通信量に応じたパケット通信料金が発生します。

楽天ペイアプリのホーム画面の左上のボタンを押して、メニューにある「利用履歴」をタップすると、利用履歴を確認できます。

2017年10月からは「QRコード(プリント型)」も開始しました。店頭のQRコードをユーザーが読み取って決済する方式となります。

加盟店が金額を設定できる金額固定方式と、ユーザー自身が直接入力できる金額入力方式の2種類があります。

加盟店は印刷されたQRコードがあれば決済できるようになり、QRコード表示用のスマートフォンやタブレットを購入する必要がなくなります。

消費者サイドのユーザーにとっての「楽天ペイ」の概要は以上になります。スマホで支払えるサービスで、「楽天ペイ」(アプリ決済)という名前です。

ややこしいことに「楽天ペイ」(実店舗決済)というものも存在します。従来は「楽天スマートペイ」という名前でした。

こちらは店舗向けのサービスであり、低コストでカードリーダーを導入でき、クレジットカードや電子マネー決済が可能になります。

中小企業や個人事業主にとって便利です。Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、Discover の計6種類のクレジットカード決済を簡単に導入できます。

さらに、2017年7月31日からは、楽天EdynanacoiDQUICPay、交通系電子マネー(SuicaPASMOTOICAmanaca・Kitaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん)払いも導入されました。

今後はWAON、WeChat Pay、銀聯カードにも対応予定となっています。

消費者サイドとしては、普通にクレジットカードを提示して支払うことになるので、特に意識する必要はありません。

楽天ペイ(実店舗決済)加盟店では、いつも決まった金額の楽天スーパーポイントを支払える「楽天カード ポイントPay」というサービスもあります。

楽天カード会員サイト「楽天e-NAVI」で事前設定して、レジでのお会計で楽天カードで支払った場合が対象です(利用可能店)。

楽天カード ポイントPayの利用イメージ

「楽天ペイ」(実店舗決済)でクレジットカード払いをした場合は、楽天ペイの最大のメリットである0.5%の楽天スーパーポイントの上乗せはありません。

以下では、我々ユーザーにとって内容把握が重要である「楽天ペイ」(アプリ決済)について述べます。

メリット

笑顔の女の子

0.5%の楽天スーパーポイント

楽天ペイで支払うと、クレカのポイント等とは別に、0.5%の楽天スーパーポイントが得られます。

楽天カードなら通常は1%が1.5%になり、1.5%の高還元クレジットカードなら1.5%+0.5%で合計2%となります。

利用200円ごとに1ポイントであり、楽天ペイの利用日から2~3日程度で付与されます。楽天スーパーポイントについては以下で徹底解説しています。

楽天スーパーポイントをザクザク貯める技・お得な使い方・裏技まとめ
楽天スーパーポイントという楽天のポイントがありますね。日本最大級のECサイト、楽天で貯めたり使えることから、人気が高いポイント...

楽天ポイントカードという楽天ポイントカード加盟店での買い物に、楽天スーパーポイントが使えるカードがあります。

マクドナルド、ミスタードーナツ、ツルハドラッグ、ダイコクドラッグ、出光、大丸・松坂屋、ポプラ・生活彩家、くら寿司などリアルの店舗で期間限定ポイントを消化できるのが大きなメリットです。

ミスタードーナツのポン・デ・リングとアップルシナモンドーナッツ

2017年7月11日には、楽天スーパーポイントの累計付与ポイント数がなんと1兆ポイントに到達しました。今後も対応サービスが拡大していくことが期待できます。

楽天ポイントカードを徹底解説!メリット・デメリット・お得な使い方まとめ
楽天はリアルでも使えるポイントカード、楽天ポイントカードを提供しています。Tポイント、ポンタに次ぐ第三勢力です。2015年11月4日...

ユニークなところでは、楽天証券で楽天スーパーポイントを使って投資信託を買うことが可能です。

楽天証券が楽天スーパーポイントで投資信託を購入可能に!100円から投資が可能
楽天証券で2017年8月26日から、楽天スーパーポイントで投資信託を購入できるようになります。お買い物やクレジットカード、ポイントカ...

ただし、楽天ペイのポイント還元については、「本特典は、予告なく変更・中止させていただく場合があります。」という注意書きがあります。0.5%の楽天ポイント付与は改悪リスクがあります。

2017年1月6日(金) 9:59までは、楽天ペイで支払うと、楽天カードで決済の場合は10%、他のカードの場合は5%分の楽天スーパーポイントが得られるキャンペーンが開催されました。

キャンペーンの特典ポイントは期間限定ではなく、嬉しい通常ポイントです。一人あたり最大5,000ポイント(楽天カードなら5万円利用時・他は10万円利用時)となります。

2017年4月24日~7月1日は、チムニーグループで楽天ペイのアプリで決済すると10%の楽天スーパーポイントが得られます。はなの舞やさかなや道場、やきとり道場などが対象です。

楽天ペイはこのようなお得なキャンペーンを定期的に開催しています。

ローソンでの期間限定ポイントの消化が便利

楽天ペイの加盟店では楽天スーパーポイントを利用することが可能です。通常ポイントではなく、期間限定ポイントも消化できます。

2017年8月からは、全国のローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100で使えるようになり、コンビニで小口の期間限定ポイント利用が便利になりました。

ローソンナチュラルローソン

店舗数が全国的に多いローソンで、50ポイントや100ポイントといった少額のポイントを手軽にサクッと使えるのは絶大なメリットがあります。

コード表示で 「すべてのポイントを使う」にチェックを入れて決済すると、保有している全ポイントを利用できます。

楽天ペイのホーム画面

右側の「設定」ボタンをタップすると、「一部使う」も選択して、ポイント数を入力できます。期間限定ポイントのみを利用したい場合は、「一部使う」を利用しましょう。

楽天ペイの「一部使う」選択画面

楽天の期間限定ポイントの上手な使い方については、以下で精緻に分析しています。

楽天の期間限定ポイントの使い方を徹底解説!期限を確認して裏技で完全消化!
楽天市場、楽天カード、楽天トラベルなどを利用していると、いつの間にか楽天から期間限定ポイントを付与されることがあります。期間...

和民でも利用可能

2017年8月25日から、ワタミグループのうち、JAPANESE DINING「和民」、語らい処「坐・和民」、旨唐揚げと居酒メシ「ミライザカ」の3業態で利用可能になりました。

ワタミの餃子

利用可能店舗の幅が拡大しました。2017年9月30日(土)9:59までは10%ポイントバックのキャンペーンを開催しています。

それ以降は和民グループでの飲食がいつでも5%OFFとなり、毎年2,500円分のお食事券がもらえるワタミふれあいカードがお得です。

煩わしい小銭・紙幣の管理が不要に

お買い物や飲食代金などの決済を行うと、支払額1,537円といった端数になることが多いです。

そういう時に千円札で支払うと、小銭が山のように出てお財布が重くなってしまいます。したがって、できる限り手持ちの小銭をうまく組み合わせて、お釣りが出ないようにしますよね。

しかし、小銭をいちいち探すのは手間がかかるし、時間もかかります。混んでいる時だと無言のプレッシャーも感じますよね。

また、現金で支払いをしていると、どんどんお財布の中のお金が減っていくので、定期的にATMでおろして補充する必要があります。

ATMが混んでなければいいのですが、お昼や夕方などの時間帯は長蛇の列になっていることも多いです。

銀行ATMに並ぶ列

日常の支払いを楽天Payのようなキャッシュレス決済サービス払いにすると、財布の中の現金はあまり減らないので、ATMを使う頻度は減少します。いちいちATMに並んでおろす時間と手間が省けます。

何の意味のない無駄な時間と手間を省いて、その時間を好きなことや楽しいことに使って、人生を楽しむことができます!

スキミング等のリスクが低減!セキュリティ

楽天ペイの場合は店員さんにクレジットカードを渡す必要がありません。クレジットカードの情報も店舗には渡りません。

したがって、クレカのスキミングされたり、カード情報を写真撮影して不正利用されるリスクがなくなります。

幅広いスマホに対応

楽天ペイはiOS 8.0以上、Android 4.3以上の搭載スマホが推奨されています。

Apple PayはiPhone 7以降、Apple Watch Series 2以降の端末のみ、Android Payはおサイフケータイ対応のAndroidのみです。

楽天ペイはiPhoneでもAndroidでも使える点にエッジ・優位性があります。ただし、Windows Phone、ブラックベリーには対応していません。

スマホの紛失・盗難・故障・機種変更時の手続きも簡単

スマートフォンが盗難・紛失に遭って楽天ペイの利用を停止したい場合は、楽天会員IDのパスワードを変更するだけで、楽天ペイの利用を停止できます。

スマートフォンが故障したり、機種変更したくなって、新しいスマートフォンを買った場合は、新しいスマートフォンへ楽天ペイアプリをインストールのうえ、楽天会員IDでログインするだけでOKです。

スマホの変更時におサイフケータイのような面倒な手続きが不要で、簡便な仕組みとなっています。この程度の手間であれば多くの方がOKするでしょう。

ここら辺は先行の決済サービスをしっかり研究しているようであり、ユーザーフレンドリーな仕様になっています。

楽天カフェでは50%OFFに加えてポイント二重取り

楽天ペイで決済すると、渋谷・二子玉川の楽天カフェのコーヒーと紅茶類が半額になります。楽天カードと同等の割引でお得です。

楽天カフェ楽天カフェ 二子玉川店

ドリップコーヒーMサイズ370円→185円、カフェラテSサイズ390円→195円、アイスティLサイズ410円→205円などです。

全席に電源があり、無料Wi-Fiもあるので、作業や休憩が捗ります。楽天Koboが設置されている席もあり、最新の雑誌を読めます。

快適な空間でスタバよりも良いという声もあります。楽天市場でも購入できるスイーツもあります。

楽天カフェの紅茶楽天カードでの楽天カフェ支払いレシート(50%OFF適用)

楽天ペイに楽天カードを登録して楽天ペイ払いにすると、楽天カードで支払うよりもお得です。

楽天ペイでの支払いでも50%OFFが適用されて、更に登録しているクレジットカードのポイントに加えて200円あたり1楽天スーパーポイントが得られます。

楽天カード払いだと1%還元ですが、楽天カードを登録した楽天ペイ払いだと1.5%還元で0.5%還元率がアップします。

楽天カードには多種多様な種類があります。おすすめの楽天カードについては、以下で徹底的に解説しています。

おすすめの楽天カードの種類を徹底的に比較!個人的口コミまとめ
楽天カードという楽天市場でお得になるクレジットカードがありますね。SPUで楽天市場で4%以上の還元、充実の海外旅行傷害保険などの...

デメリット

考えるビジネスマン

通信料金が発生

楽天ペイの利用の際は、LTEやWi-Fiなどの通信ネットワークが必要です。インターネットにアクセスできる通信圏内でないと利用できません。

スマホ等の携帯ネットワークで楽天ペイ利用の際には、通信量に応じたパケット通信料金が発生します。

セルフペイで店や金額を間違えると面倒

自分でお店を選択して支払い金額を入力して支払う「セルフペイ」の場合、店や金額を間違えるリスクが生じます。

利用するお店を間違えた場合

セルフペイで利用するお店を間違えた場合、アプリの「ご利用履歴」から、当該の利用履歴詳細を表示して、伝票番号をチェックして、楽天ペイのカスタマーデスクまで連絡する必要があります。

楽天ペイ カスタマーデスクの電話番号は、0570-000-348(ナビダイヤル)です。受付時間は9:30-18:00です。ドコモ・au・ソフトバンク等の携帯電話の通話無料の対象外であるナビダイヤルです。

ナビダイヤルは今やメリットではなくデメリットになる方が増えているので、一般の電話番号(050等)も用意してほしいところです。

近くにない店舗は選べないようになっていますが、近隣に楽天ペイ対応店舗が複数ある場合は、間違ってしまうリスクがあります。注意しましょう。

楽天ペイのセルフペイの店舗選択画面

支払い金額を間違えた場合

セルフペイで支払い金額を間違えた場合、支払いが完了する前なら、アプリのお支払い金額確認画面の左上にある「戻るアイコン(<)」から前の画面に戻り、あらためて金額を入力するだけでOKです。

しかし、既に支払いが完了している場合は、お店の方に楽天ペイでの支払いを取り消すように伝えて、取り消し後、改めて正しい金額で支払うことになります。

既に店を離れていて戻るのが面倒な場合などは、楽天ペイのカスタマーデスクに電話して手続きすることもできます。

利用金額に上限があり

利用1回あたりの上限金額は10万円となります。アーロンチェアなどの高額品は購入できません。

例えばクレジットカード利用可能枠が50万円だとしても、1回の決済の上限は10万円となってしまいます。

お店が対応していたら、複数回の決済に分割することは可能でしょうが、手間が増幅してしまいます。

加盟店が少ない

地図を広げて目的地を探す男性

現時点では加盟店が非常に少ない状況です。たまたま身近に利用する店舗が対応していたら僥倖という状況です。

2017年8月からは、全国のローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100、和民、坐・和民で使えるようになり、一気に使い勝手がよくなりましたが、まだ発展途上です。

楽天ペイの加盟店一覧

加盟店がレジや案内で楽天ペイが利用可能なのを認識しやすく大きめに明示してくれると助かりますが、そうではない場合はいちいち対応店舗を把握する必要が生じます。

全国的なコンビニ、スーパー、ファミレス等の飲食店、ショッピングモール・ストア、家電量販店、デパートなどが対応してくれると一気に利便性が上がりますけれども、現時点では意識的に使えるお店を探さなければならない状況です。

できれば楽天ポイントカードと楽天ペイのお店を同一にしてくれると、大変わかりやすくてありがたいです。

例えば、楽天ポイントカード加盟店のサークルKサンクス、大丸・松坂屋、出光では楽天ペイも使えるという形です。

ローソン

なお、2017年8月1日よりローソンで利用可能な支払い方法「コード表示」は、1回あたりの支払い金額の上限は20,000円となります。

ただし、楽天会員ランクがレギュラーの方は、1回あたりのお支払い金額の上限は4,000円となります。

ポイントを利用する場合も、アプリ上での設定にかかわらず20,000ポイントまで(楽天会員ランクがレギュラーの方は4,000ポイントまで)となります。

1日あたりの利用金額の上限は20,000円です。利用金額に制限があるのはデメリットですが、コンビニでそこまで大金を支払うことはほとんどない方が大多数なので許容範囲でしょう。

ポイント払いでキャンセルした時に返還に時間がかかることも

楽天スーパーポイントで支払った後にキャンセルした場合は、ポイントは自分の楽天スーパーポイント口座に戻ります。

取引の当日にキャンセルした場合は当日に返還されますが、翌日以降のキャンセルの場合は、キャンセル日から10日間程度かかります。

期間限定ポイントは、ポイント利用期限が過ぎている場合は返還されません。

楽天市場以外でのネットショッピングも可能

パソコンを操作する女性

楽天ペイにはネットショッピングの機能もあります。昔は楽天あんしん決済、楽天ID決済と呼ばれていた機能で現在は楽天ペイに統合されました。

楽天会員IDに登録したクレジットカード情報で、楽天以外のサイトでも支払いが可能です。

利用額(税込)に応じて、原則として1%の楽天スーパーポイントが付与されるのが大きなメリットです。注文確定日の翌々月2日~5日頃に確定ポイントが付与されます。

また、楽天スーパーポイントも利用できます。楽天の期間限定ポイントも使えるので便利です。

1回の支払いで50ポイント以上30,000ポイント以下の範囲で利用可能です。楽天ペイが使える代表的なオンラインサイトは下表のとおりです。

ジャンル 店名
ショッピング 無印良品ネットストア
サンプル百貨店
モラタメ.net
グルメ ドミノ・ピザ
大阪王将 公式通販
Oisix(おいしっくす)
映画 TOHOシネマズ
109シネマズ
ユナイテッド・シネマ
BUYMA
動画 NHKオンデマンド
日テレオンデマンド
フジテレビオンデマンド
ファッション UNITED ARROWS LTD. ONLINE STORE
ANAP オンラインショップ
三陽商会 オンラインショッピングサイト
資生堂公式オンラインショップ ワタシプラス
JINSオンラインショップ
スウォッチオンラインストア
[.st]
ベクトルパーク
音楽 タワーレコードオンライン
レコチョクMusicストア

Apple Pay・Origami Pay・LINE Pay等の類似サービスとの比較

ダンベルとサラダを持って比較

Origami Pay

楽天ペイの類似サービスとしては、最も近いのは「Origami Pay」になります。アプリにVisa・Mastercardのクレジットカードを登録して、アプリでのクレカ決済を行う点で楽天ペイと似ています。

リアル店舗でのお会計時にOrigamiで支払う旨を伝えて、専用端末(iPad)に、自分のiPhone・Androidスマホを近づけると決済が可能です。BluetoothをONにする必要があります。

複数のクレジットカードを登録できるので、使用するクレジットカードを変更することも可能です。

Origami Payは、丸井グループのSC・モディ、白遊空間、ロフト、パルコ、PARCO_ya、阪急メンズ東京、ロクシタン、アーバンリサーチ、コンバース、AOKI、ポーターなどで利用可能です。

2017年6月1日からは、ケンタッキー・フライド・チキン(首都圏・関西の一部の店舗)でも利用可能になりました。

2017年8月25日からは、和民、坐・和民、ミライザカ、TEXMEX FACTORYで使えるようになります。

Origami Payは楽天ペイとは異なり、決済額に応じてポイントが貯まる仕組みはありません。クレジットカードのポイント等のみです。

しかし、2%OFFや50%オフなど、店舗が独自の割引を行っている場合があります。渋谷モディでは12/31まで5%OFFとなります。

ロフトではOrigami Payで支払うと無期限で5%OFFになります。11/1~12/25の期間中は10%OFFになります。10%OFFキャンペーンを定期的に開催しています。

2017年11月24日(金)以降の月末のプレミアムフライデーは、Origami Payを利用すると、多く店舗で10%OFFで利用できるようになりました。

2017年の12月は毎週金曜日に記載されます。具体的には12/1(金)・12/8(金)・12/15(金)・12/22(金)・12/29(金)です。2018年以降は毎月の月末金曜日です。

ただし、対象外店舗や割引率が異なる店舗があります。AOKI、ORIHICA、X-girl、XLARGE、Styles、SodaBar、MILKFED.、Mid-Century MODERN、COMMUNITY MILLは10%OFFの対象外で通常の2%OFFです。

また、ケンタッキーフライドチキン、阪急メンズ東京は11月24日は対象外で、12月以降から10%OFF(阪急メンズ東京は10万円以上は2%OFF)を享受できます。

LINE Pay

また、LINEも「LINE Pay」というスマホでの決済サービスを提供しています。「モバイル決済 for Airレジ」の導入置店で、アプリでのバーコード決済が可能です。

銀行でのチャージが可能なので、クレジットカードがなくても使えるのが特徴です。

 LINE→「その他」→「LINE Pay」→「コード」と進むと、QRコードが表示されるので、対応している店舗のレジでそれを提示します。

店舗が端末でQRコードを読み込むと決済が完了します。

ビックカメラ、ユナイテッドアローズ、メガネスーパー、エアポートトレーディングなどで導入されています。

LINE Payによる還元率の上乗せはありません。ただし、LINE PayにはJCB搭載型プリペイドカード「LINE Pay カード」があり、これの利用では2%と高還元になります。

LINE Pay カードのメリット・デメリット・使い方まとめ
LINEが、オフライン店舗でも利用できるプリペイドカード「LINE Pay カード」の発行を開始しました。同時にLINEの各種サービスなどで貯...

Apple Pay

日本で最も有名なアプリ決済サービスはApple Payでしょう。シェア6割のiPhoneに搭載されて、ニュース等でも大々的に報じられています。Apple Payの内容、仕組み、使い方については以下にまとめています。

Apple Pay(アップルペイ)のメリット・デメリット・使い方・仕組み・日本対応まとめ
いよいよApple Pay(アップルペイ)が日本対応して、わが国においても使いやすくて便利な仕組みとなりました。モバイルSuicaに類似した...

Apple Payは利用に対応クレジットカードが必要です。利用可能なクレジットカードについては以下にまとめています。

Apple Pay(アップルペイ)で使えるクレジットカードを徹底的に比較!
iPhone X / 8 / 8 Plus、Apple Watch Series 3は前モデルに続いて、おサイフケータイに類似するサービス「Apple Pay」(アップルペイ)...

Apple Payでは店でのお買い物の他、Suicaの利用も可能です。

Suica機能の詳細、アップルペイでのSuicaチャージでポイントが貯まるクレジットカードについては、以下にまとめています。

Apple PayのSuicaを極めよう!年会費・オートチャージ・ポイント・設定・使い方まとめ
2016年10月25日、ついにApple Pay(アップルペイ)が日本で始まりました。歴史的な瞬間です。QUICPayかiD加盟店でお買い物ができます...
Apple PayのSuicaチャージでポイントは貯まるの?Yesのクレジットカードはこれだ!
iPhone、Apple Watchによるモバイル決済サービス「Apple Pay」では、Suicaも利用できます。iD、QUICPayでのお買い物の他、Suicaチャー...

実際にApple Payを使ってみた感想については、以下にまとめています。

Apple Payを使ってみた個人的口コミ!おサイフケータイとの比較も徹底分析
Apple Pay(アップルペイ)を1年間リアル店舗、アプリ(ネット決済)、Suicaに使ってみて、良い点・悪い点が見えてきました。おサイフケー...

Apple Payはクレジットカードの登録・設定が極めて簡便なのがメリットです。他方、使えるクレジットカードの種類・国際ブランドは限定的でややこしい側面があります。

楽天ペイのようにポイントの上乗せはありません。7以降のiPhone、Series 2以降のApple WatchなどのiOS端末限定のサービスです。

Android Pay

2016年12月13日(火)から、日本でも「Android Pay」(アンドロイドペイ)が使えるようになりました。

電子マネー、ポイントカード、ギフトカードを登録でき、一元管理することが可能なのがメリットです。

スマホのAndroid Payに追加した電子マネーには、Googleアカウントに登録したクレジットカードやデビットカードでアプリ上でチャージできて便利です。

対象端末はOSがAndroid 4.4(KitKat)以降のAndroid端末で、かつ、おサイフケータイ対応の端末です。

当初は楽天Edy楽天ポイントカードなどに対応しており、nanacoも加わりました。

Android Payの楽天Edy画面

Android Payの楽天Edyの利用では、0.5%のポイントかANAマイルも貯まって便利です。

貯まるポイントは楽天スーパーポイントPontaポイント、エポスポイント、ヨドバシゴールドポイント、マツキヨポイント、エディオンポイント、.moneyなどがら選べます。

Android Payの楽天EdyでANAマイルを貯める設定画面

Android Payの導入にあたっては、三菱東京UFJ銀行、三菱UFJニコスと協力しており、アプリやWebでの決済にも対応予定です。

2017年には、Android Payに対応する電子マネーの種類が増える予定となっています。その他、詳細は以下で徹底解説しています。

Android Pay(アンドロイドペイ)のメリット・デメリット・お得な使い方まとめ
2016年12月13日(火)、ついにGoogleの「Android Pay」(アンドロイドペイ)が日本に光臨しました。電子マネーによる決済に加えて、ポイン...

まとめ

楽天カフェ

楽天ペイは楽天の会員情報に登録してあるクレジットカードを活用して、リアルの店舗で決済できます。

スマホを操作する手間は乗じますが、クレジットカードをお財布から取り出す手間がありません。

クレジットカードのポイント・マイル・キャッシュバック等に加えて、楽天スーパーポイントが0.5%貯まるのがメリットです。

2017年1月6日(金) 9:59までは、楽天ペイで支払うと、楽天カードで決済の場合は10%、他のカードの場合は5%分の楽天スーパーポイントが得られる神威のキャンペーンが開催されています。

楽天カードは楽天市場でのお買い物が4~7%還元になるSPUを利用できるなど、楽天グループでオトクな仕組みが満載です。

楽天カードのメリット・デメリット・意外なお得な使い方まとめ
利便性が極めて高い楽天スーパーポイントが貯まるクレジットカードが楽天カードです。楽天市場ではスーパーポイントアッププログラム(...

店員さんにクレジットカードを渡す必要がないので、セキュリティ面は優れています。スマホの紛失・盗難・機種変更時の手続きも簡便です。iPhoneでもAndroidでも利用可能です。

他方、デメリットとしては、加盟店の少なさ、通信料金の発生、セルフペイで店や金額を間違えて支払いが完了してしまった場合の手続きが面倒、利用1回あたりの上限金額(10万円)です。

他のスマホ決済サービスとの比較は下表のとおりです。

項目 楽天ペイ Origami Pay LINE Pay Apple Pay Android Pay
独自のお得 0.5%の楽天ポイント 店舗独自の割引 - - -
端末 iPhone・Android iPhone・Android iPhone・Android iPhone Android
(おサイフケータイ)
クレジットカード 楽天カード

その他VISA/Mastercard

Visa・Mastercard Visa
Mastercard
JCB
Amex
Diners
Visa
Mastercard
JCB
Amex
-
加盟店の代表例 ローソン
ナチュラルローソン
ローソンストア100
和民/坐・和民
ミライザカ
AOKI
楽天カフェ
楽天クリーニング
楽天クリムゾンクラブ
GATHERING TABLE PANTRY
馬喰町店
モディ
白遊空間
ロフト
パルコ
PARCO_ya
阪急メンズ東京
ロクシタン
アーバンリサーチ
コンバース
AOKI
ポーター
和民
ケンタッキー(一部)
ローソン(予定)
ビックカメラ
ユナイテッドアローズ
メガネスーパー
エアポートトレーディング
iDもしくはQUICPay加盟店 電子マネー、
ポイントカード
と共通
Edy、
nanaco、
楽天ポイントカード
等を利用可能
備考   複数のクレジットカードを登録可能 銀行チャージも可能    

楽天ペイは0.5%の楽天スーパーポイントが付与される点にエッジ・優位性があります。クレカのポイント等とは別に貯まりポイント二重取りが可能です。

将棋において飛車だけよりは、飛車・角の方が強いのと同様に、ポイントも一つだけよりは二つ獲得できる方が嬉しいですね。

期間限定の5%~10%分のポイントが得られるキャンペーンはお得です。

楽天は期間限定のキャンペーンに積極的で、楽天カードや楽天Edyでもひっきりなしにキャンペーンが行われています。楽天ペイも継続的なキャンペーン実施が期待できます。

ただし、楽天Payは現時点では加盟店が非常に少ない状況です。たまたま身近に利用する店舗が対応していたら僥倖という状況です。

わざわざ楽天ペイが使えるお店を探して、あえて利用するまでは行かないという方が多いでしょう。使うお店が楽天ペイに対応していたらラッキーというのがコンセンサスと思われます。

楽天ペイの加盟店一覧

将来的には大手チェーンで使えるようになってくると可能性が広がってくる決済サービスです。

せっかく楽天ポイントカードという競合他社にはないインフラがあるので、「楽天ポイントカードが使えるお店では原則として楽天ペイも使える」という形にすると非常に分かりやすくて利便性が拡大します。今後の発展に期待します。

楽天ペイを活用するに当たっては、楽天のクレジットカードの楽天カードがお得です。

スタンダードタイプの他、女性向けオプションを付帯できる楽天PINKカード、AMC機能がありANAマイルが貯まる楽天ANAマイレージクラブカードがあります。

楽天PINKカードのメリット・デメリット・楽天カードとの比較まとめ
楽天カードが、女性向けのクレジットカード「楽天PINKカード」(楽天ピンクカード)の発行を開始しました。男性でも申し込めます。基本...
楽天ANAマイレージクラブカードのメリット・デメリット・楽天カードとの比較まとめ
楽天カードにANAマイレージクラブ(AMC)機能がある「楽天ANAマイレージクラブカード」が登場しました。決済でANAマイルを貯めること...

2,160円(税込)の年会費は発生するものの、空港ラウンジ利用可能・楽天市場でのポイントアップの特典がある楽天ゴールドカードもあります。

楽天ゴールドカードのメリット・デメリット・楽天プレミアムカードとの比較まとめ
楽天カードについにゴールドカードが登場しました。「楽天ゴールドカード」というストレートな名前です。年会費2,160円(税込)という格...

年会費が10,800円(税込)と高価プライオリティパスが無料で付帯する楽天プレミアムカードもあります。海外旅行に行く機会が多い方ですとメリットがあります。

通常の年会費は399米ドルであるプレステージ会員が無料となります。1ドル113.47円(2017/12/9時点)換算だと年会費45,274円が無料になります。

楽天プレミアムカードのメリット・デメリット・楽天カードとの比較まとめ
大人気クレカの楽天カードには上位カード「楽天プレミアムカード」があります。ゴールドカード相当のクレジットカードです。楽天カー...

一般カードの楽天カードと、格安ゴールドカードである楽天ゴールドカードの違いについては、以下で徹底的に比較しています。

楽天カードと楽天ゴールドカードの違いを比較!
一般加盟店で還元率1%・楽天市場で5%還元で年会費無料であることから、勢いに乗っているカードが「楽天カード」です。2016年9月から...

楽天カードとゴールドカードの楽天プレミアムカードの比較については、以下で徹底解説しています。

楽天カードと楽天プレミアムカードの違いを比較!
一般加盟店で還元率1%・楽天市場でのポイントアップがあり、年会費無料であることから、勢いに乗っているカードが「楽天カード」です...

格安ゴールドカードの楽天ゴールドカードと、ゴールドカードの楽天プレミアムカードの比較については、以下で徹底解説しています。

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードの違いを比較!
 一般加盟店で還元率1%・楽天市場でのポイントアップで人気がある楽天カードの上位カードといえば、これまでは楽天プレミアムカード...

各楽天カードの違いについては、以下で徹底的に比較しています。

おすすめの楽天カードの種類を徹底的に比較!個人的口コミまとめ
楽天カードという楽天市場でお得になるクレジットカードがありますね。SPUで楽天市場で4%以上の還元、充実の海外旅行傷害保険などの...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-楽天カード, クレジットカード
-

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.