The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

楽天銀行のメリット・デメリット・使い方まとめ

更新日: 銀行 金融機関

楽天銀行のキャッシュカード

楽天銀行というネット銀行があります。振込手数料やATM手数料を無料にすることもでき、上手く使うと家計を大きく助けることが可能です。

キャッシュカードも用意されており、コンビニで入出金が可能です。住宅ローンもあります。楽天銀行のメリット、デメリット、使い方についてまとめます。


楽天銀行とは

楽天銀行はその名の通り楽天傘下の銀行です。昔はイーバンク銀行という名前であり、発足当時のパートナー企業として新生銀行の他にエイベックスなどもありました。

あのライブドア(当時はエッジ)、GMOインターネット、西日本シティ銀行など多用な企業と提携してきました。

2009年2月にイーバンク銀行は楽天の子会社となり、2010年5月に名前が「楽天銀行」となりました。

楽天イーグルスの野球の試合

楽天銀行は口座開設・維持手数料は無料であり、口座保有に一切費用はかかりません。

楽天の銀行だけあって取引で楽天スーパーポイントが貯まったり、グループの証券会社である楽天証券との連携サービスがあります。

ATM・振込手数料を無料にすることもでき、日常的に利用することも可能なスペックのネット銀行です。

2017年3月末時点の連結総資産は1兆8,767億円、連結純資産は936億円、連結純利益は135億円となっています。

口座数、預金残高はいずれも着実に増加しており、高い人気となっています(楽天銀行 決算参考資料より)。

楽天銀行の口座数、預金残高の推移

幅広い年代の支持を得ているのが特徴であり、20代から60歳以上まで多くの世代が楽天銀行に口座を解説しています。

  • 20歳未満:1%
  • 20代:9%
  • 30代:26%
  • 40代:33%
  • 50代:20%
  • 60歳以上:11%

使えるATMが豊富!手数料無料も可能

東京メトロ東西線のセブン銀行ATM

楽天銀行はネット銀行ということで、使えるATMはどの程度あるのか、ATM手数料は無料なのかが気になりますね。

多種多様な企業と提携しており、数多くのATMが利用可能です。コンビニ、郵便局、メガバンク、駅など全国で約9万台のATMで利用可能です。

ATM提携企業 ATMの主な設置先
セブン銀行 セブンイレブン、イトーヨーカドー
イーネット ファミリーマート、スリーエフ、ポプラ
ローソン ローソン、ナチュラルローソン
三菱東京UFJ銀行 三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行 みずほ銀行
イオン銀行 イオン、マックスバリュ、ミニストップ
ステーションATMPatsat 阪急電鉄、阪神電車、北大阪急行電鉄、神戸市営地下鉄、南海電鉄の各駅
ゆうちょ銀行 ゆうちょ銀行、ファミリーマート

ATM手数料は入金は3万円以上だと無料になります。3万円未満の入金と出金は基本的には有料です。

しかし、楽天銀行はATM手数料を無料にできる仕組みがあります。まず個人口座開設後6ヶ月目までは、無条件で最低5回/月は無料となります。

それ以降も「ハッピープログラム」という優遇プログラムを使うと、最大7回/月まで無料となります。ハッピープログラムについては以下で徹底解説しています。

ハッピープログラムには5種類の会員ステージがあり、ステージごとに特典が変わってきます。

会員ステージは毎月25日終了時点の「お預かり資産残高」、または指定の商品・サービスの「前月1ヶ月分のお取引件数」で決まります。

預かり資産残高、取引件数の2つのうち、高い方のステージの優遇を翌月の1日から受けることができます。

ステージ 条件 ATM利用手数料
ベーシック エントリーのみ なし
アドバンスト 残高10万円以上または
指定の取引5件以上
1回無料
プレミアム 残高50万円以上または
指定の取引10件以上
2回無料
VIP 残高100万円以上または
指定の取引20件以上
5回無料
スーパーVIP 残高300万円以上または
指定の取引30件以上
7回無料

指定の取引の件数をいちいち数えるのは煩わしいので、残高で条件をクリアするのがわかりやすくて簡便です。

残高10万円以上で月1回、50万円以上で月2回、100万円以上で月5回、300万円以上で月7回まで、ATM手数料が無料になります。

個人口座開設後6ヶ月目までは無条件で5回ですが、前月25日時点の残高が300万円以上だと7回無料となります。

楽天銀行は一定の条件を充足したら、ATM手数料を無料にできるのでメイン口座としても使いやすいです。無料回数を超えてATMを利用した場合の手数料(税込)は下表のとおりです。

ATM提携企業 入金 出金
3万円未満 3万円以上
セブン銀行 216円 無料 216円
イーネット(ファミリーマート等) 270円 270円
ローソン 270円 270円
三菱東京UFJ銀行 270円 270円
みずほ銀行 270円 270円
イオン銀行 216円 216円
ステーションATMPatsat 216円 216円
ゆうちょ銀行 270円 270円

振込手数料がお得

紙飛行機を飛ばす親子

楽天銀行は、本支店宛の振込手数料は無料です。他の楽天銀行の口座に振り込む場合は手数料が無料となります。

ヤフオクなどのネットオークションでの振込みでは、楽天銀行が受取口座という方も多いです。その場合には、楽天銀行から振り込むと無料でお得です。

金額の上限もありません。以下は約461万円という大金を振り込んだ例ですが、振込手数料は0円となっています。お得でバリューがあります。

楽天銀行間の振込手数料が0円であるページ

楽天銀行から他の銀行への振込手数料は、1回あたり3万円未満は165円(税込)、3万円以上は258円(税込)です。手数料に楽天スーパーポイントを使うこともできます。

ゆうちょ銀行の本人名義口座への振込のみ、金額にかかわらず103円と優遇されています。

逆に事前にゆうちょ銀行の情報を登録すると、本人名義のゆうちょ銀行から楽天銀行口座へ手数料無料での入金できるサービスもあります。

優遇プログラムのハッピープログラムのステージに応じて、振込手数料は月3回まで無料にできます。

ステージ 条件 他行宛振込手数料 ATM利用手数料
ベーシック エントリーのみ なし なし
アドバンスト 残高10万円以上または
指定の取引5件以上
1回無料 1回無料
プレミアム 残高50万円以上または
指定の取引10件以上
2回無料 2回無料
VIP 残高100万円以上または
指定の取引20件以上
3回無料 5回無料
スーパーVIP 残高300万円以上または
指定の取引30件以上
3回無料 7回無料

また、ローン関連商品のお借入れがあり、返済口座を楽天銀行に設定していると、会員ステージが1ステージアップします。

残高10万円以上で月1回、50万円以上で月2回、100万円以上で月3回まで、振込手数料が無料になります。

また、給与・賞与・公的年金を楽天銀行の口座で受け取ると、他行宛振込手数料が月3回無料となります。

しかも、使わなかった無料回数は2回まで繰り越して、最大5回分まで維持することもできます。この無料回数に利用期限はありません。いつでも必要な時に利用できます。

ハッピープログラムの会員ステージに応じた特典回数と「給与/賞与/年金受取で月3回無料」は重複適用はされません。多い方の回数のみとなります。

最大で月3回です。例えばプレミアムで給与受け取りがある場合、5回にはならずに3回となります。同じくVIPでも月6回ではなく3回です。

月3回で足りない場合は、他の振込手数料無料の銀行もサブで使いましょう。

他行宛振込手数料無料の銀行一覧!2017年最新版
空前の低金利で預金金利はあまりつきません。そういう状況では銀行の振込手数料を支払うのは馬鹿らしいですね。何も考えずに月1,000円...

楽天銀行は「毎月おまかせ振込予約」という機能もあります。家賃・駐車場代・保険料・習い事の月謝・実家や子供への仕送り・ローン返済など、毎月定額の振込を無料で自動化できます。

所定の振込手数料はかかります。毎月おまかせ振込予約も月3~5回無料の対象です。

振込完了後の組戻は864円(税込)です。ただし、振込の際の誤入力で振込先口座が存在しない場合、振込は完了しないため組戻手数料は発生しません。

取引で楽天スーパーポイントが貯まる

ハッピープログラムに登録すると、銀行の各種取引のたびに楽天スーパーポイントが貯まります。

1回あたりのポイント数は多くはありませんが、塵も積もれば山となります。日常的な取引でザクザクとポイントが貯まるのは嬉しいですね。

会員ステージが上がる程に、得られるポイントがアップします。

サービス 条件 ベーシック アドバンスト プレミアム VIP スーパーVIP
宝くじ(ナンバーズ) 200円ごと 1ポイント 2ポイント 3ポイント
他行口座からの振込  振込のあった日ごと
JRA即PAT・楽天競馬・SPAT4への入金  入金のあった日ごと
ボートレースへの入金 
KEIRIN.JP・チャリロト・Kドリームス・e-SHINBUNBETへの入金 
楽天銀行法人口座からの振込入金  1件ごと
給与⁄賞与⁄年金(国庫金)の受取
他行口座への振込 
口座振替(自動引落) 
楽天バンク決済 
Pay-easy(ペイジー) 
楽天銀行即時入金サービス 
海外送金
ゆうちょ出金
ATM取引(入出金)
[楽天証券]国内株式(現物買・現物売、PTS)  手数料100円ごと 1ポイント
[楽天証券]国内株式(信用新規・返済) 
[楽天証券]米国株式 
[楽天証券]中国株式 
[楽天証券]日経225先物取引(ラージ) 
[楽天証券]日経225先物取引(ミニ) 
[楽天証券]日経225オプション 
[楽天証券]個人向け国債  買付金額3万円ごと
[楽天証券]楽天FX  10枚(10万通貨)取引ごとに
[楽天証券]カバードワラント  3万ワラントごと
[楽天証券]投資信託  残高10万円ごと 4ポイント

ネット証券への即時入金、他行口座からの振込、口座振替(自動引落)などこちらに手数料がかからない場合でも貯まることがあります。

クレジットカードの等の口座引落しでも貯まるのは嬉しいですね。私も毎月ザクザクと楽天ポイントを獲得しています!

楽天銀行ハッピープログラムの取引で貯まったポイント

他の金融機関からの振込入金があると、最大3,000円プレゼントされるキャンペーンも毎月開催されています。毎月のエントリーが必要です。

楽天スーパーポイントは、膨大な商品が揃っている楽天市場で1ポイント1円で利用できるので使い勝手が良いポイントです。

楽天スーパーポイントをザクザク貯める技・お得な使い方・裏技まとめ
楽天スーパーポイントという楽天のポイントがありますね。日本最大級のECサイト、楽天で貯めたり使えることから、人気が高いポイント...

楽天ポイントカードを使うと、楽天に加えて、マクドナルド、ミスタードーナツ、大丸・松坂屋、ツルハドラッグ、ダイコクドラッグ、出光などのリアルの店舗でも1ポイント1円相当で利用できます。現金同様の利便性があります。

楽天ポイントカードを徹底解説!メリット・デメリット・お得な使い方まとめ
楽天はリアルでも使えるポイントカード、楽天ポイントカードを提供しています。Tポイント、ポンタに次ぐ第三勢力です。2015年11月4日...

2017年8月末まではサークルKサンクスで「ポイントdeクーポン」というサービスがあり、楽天スーパーポイントを1ポイント1円超で交換できましたが終了しました。

その他ハッピープログラムの詳細は以下で徹底解説しています。

楽天銀行がハッピープログラムを変更!他行宛て振込手数料が月3回まで無料に
楽天銀行には「ハッピープログラム」という制度があります。2015年10月までは楽天関連サービスの取引が必要で使い勝手が悪い側面があ...

また、株式の配当を楽天銀行で受け取ると、1回あたり10円がプレゼントされます。無条件でもらえるわけではなく、毎月キャンペーンに応募する必要があります。

大量の端株を買って楽天銀行で配当を受け取るという小技もあります。ただし、郵便物が山のように届いて処理が大変というデメリットがあります。

また、投資の税金が非課税になるNISAは、配当の受取方式を銀行受取にしていると、配当分は非課税にならなくなる点に留意が必要です。NISAについては以下で徹底解説しています。

2017年のNISAまとめ!変更点・限度額・口座開設キャンペーンの比較
NISAという株式・投信・REIT等のキャピタルゲイン・配当の税金が、年間で最大100万円保有分まで0になる制度が2014年から始まりました...

ポイントではなく航空マイルの方がいいという方もいらっしゃるでしょう。ANAマイルとJALマイルが貯まる銀行口座については、以下で徹底的に解説しています。

1マイルを笑う者は1マイルに泣く!ANAマイル・JALマイルが貯まる銀行まとめ!
航空マイルというものは旅行・出張に行く方にとってはお得な制度ですね。特に国際線のビジネスクラス以上で利用すると価値が一気に上...

定期預金のキャンペーンがメガバンクより高金利

楽天銀行は定期的に定期預金キャンペーンを開催しています。ネット銀行だけあって楽天銀行の定期預金キャンペーンは、メガバンクやゆうちょ銀行と比較するとお得です。

これから楽天銀行に口座開設する方は、定期預金キャンペーンを活用するとお得です。定期預金は1000万円までなら預金保険保護の対象でノーリスクなのがメリットです。

冬の山

例えば、2015年の冬のボーナス金利キャンペーンでは、1年もの円定期預金が年0.25%となりました。税引後の金利は年0.19%です。

このキャンペーンで得られる利息は下表のとおりでした。復興特別所得税を加味しています。

定期預金額 税引前利息 税引後利息
1,000,000 2,500 1,993
2,000,000 5,000 3,985
3,000,000 7,500 5,977
4,000,000 10,000 7,969
5,000,000 12,500 9,961
6,000,000 15,000 11,953
7,000,000 17,500 13,945
8,000,000 20,000 15,937
9,000,000 22,500 17,930
10,000,000 25,000 19,922

100万円の定期預金でも約2,000円をゲットできます。500万円だと1万円近くになります。

吉野家の牛丼ですと、100万の場合は5杯、500万円だと26杯も食べられます。マクドナルドのチーズバーガーですと、100万の場合は15個、500万円だと76個も食せます。

空前の低金利ではありますけれども、不労所得が得られるのは嬉しいですね!

街のイルミネーション

また、2015年12月30日(水)23:59お預入れ完了まで、「円定期預金7年・10年リリースキャンペーン」も行われていました。

7年もの定期預金が年0.35%、10年ものが年0.4%となります。期間が長いだけあって金利が高めとなります。

空前の低金利の情勢では長い期間の定期預金は組まない方がいいというのがセオリーです。ただし、7~10年低金利が続くことにベットしたい場合は選択肢の1つです。

2017年3月17日~4月14日は、「春の大感謝祭!円定期預金1年もの特別金利キャンペーン」が実施されました。通常の4倍の年0.12%とバリューがありました。

楽天銀行はこのようなお得な定期預金のキャンペーンが定期的に開催されています。

楽天銀行以外にも、マイナス金利の状況でも普通預金が高金利の銀行があります。詳細は以下で徹底解説しています。

マイナス金利でも普通預金が高金利の銀行ランキング!
マイナス金利の導入以降、普通預金の金利は極限まで低下しています。メガバンクやゆうちょ銀行は普通預金だけではなく、定期預金でも...

1%という驚異的な還元率のデビットカード

No.1というイラスト

楽天銀行に口座を保有していると、楽天銀行デビットカードが年会費無料で使えます。

楽天銀行のキャッシュカードの機能と、クレジットカードの国際ブランドの加盟店でお買い物できる機能があるカードです。

お店やネット通販でのお買い物・サービス利用の決済に使うと、楽天銀行の口座から即時に引き落とされます。

楽天銀行デビットカードには、JCBとVISAの2種類があります。このうちJCBがダントツでお得です。

なんとクレジットカード並みの1%という高還元率です。お買い物100円ごとに楽天スーパーポイント1ポイントが得られます。

楽天銀行デビットカード(JCB)デビットカードとしては日本一の還元率です。異例なほどに高還元で圧巻のお得さがあります。

楽天銀行デビットカード(JCB・VISA)のメリット・デメリット・使い方まとめ
楽天銀行はデビットカードを発行しています。JCBとVISA、ゴールド(VISA)の三種類です。2015年4月には楽天銀行デビットカード(JCB)が登...

もちろん普通のキャッシュカードもあります。かつてキャッシュカードの発行手数料が1,050円もかかった時代がありましたが、2012年9月24日からは新規発行手数料が無料となりました。

クレジットカードの機能とキャッシュカードの機能が一体化した楽天銀行カードも有ります。

楽天銀行カードまとめ!楽天カードとの違い・切り替え方法を徹底的に比較!
楽天銀行カードという楽天銀行が発行しているカードがあります。クレジットカードと楽天銀行のキャシュカードの機能が一つになったカ...

楽天証券との連携で普通預金の金利が日本最高峰に

楽天銀行と楽天証券は、口座を連携させることでお得になる仕組みがあります。「マネーブリッジ」というサービスです。

楽天銀行の普通預金金利は0.02%です。これは普通の銀行と同じですが、楽天証券とマネーブリッジで連携させると、普通預金の金利を5倍の0.10%まで引き上げることができます。

マネーブリッジに申し込むだけで、楽天銀行の普通預金金利が優遇金利になります。

マネーブリッジは無料ですので、ノーリスクで普通預金の金利を増やすことができるのでお得です。これは申し込まない手はありませんね^^

楽天銀行の普通預金金利は年0.02%です。これが5倍の年0.10%となります。

メガバンクの普通預金の金利は0.001%が基本となっています。楽天銀行のマネーブリッジと比較すると大きな違いが生じます。例えば100万円を預け入れた場合の金利の比較は下表のとおりです。

年数 0.10% 0.001% 差額
1年 1,000 10 990
2年 2,000 20 1,980
3年 3,000 30 2,970
4年 4,000 40 3,960
5年 5,000 50 4,950
6年 6,000 60 5,940
7年 7,000 70 6,930
8年 8,000 80 7,920
9年 9,000 90 8,910
10年 10,000 100 9,900

10年スパンでは9,900円となります。吉野家の牛丼26杯分となります。美味しい牛丼を26回もたくさん食べられるのは嬉しいですね!

0.10%という普通預金の金利は、イオン銀行の普通預金(イオンカードセレクト保有者限定)と並んで日本で第1位の高金利です。

イオン銀行の普通預金はクレジットカードのイオンカードセレクトの保有が必要です。イオンカードセレクトはイオンで月2回5%OFF、WAONへのオートチャージでポイント付与などのメリットがあります。

イオンカードセレクトのメリット・デメリットまとめ!イオンでお得
イオンのクレジットカードは多様な特典があり、電子マネーWAONとの連動も魅力です。イオンやWAONを利用する機会がある方にはおすすめ...

ただし、イオン銀行には証券会社との連携がありません。イオングループのお店が近くにない場合はメリットが大きくありません。また、諸々のサービスの種類は楽天銀行の方が充実しています。

一般的な証券会社は出金が翌営業日になることがあります。楽天証券と楽天銀行を連携させると、証券→銀行と資金移動して、即座にATMでお金を下ろしたり他の口座に振り込むことが可能です。

資金移動が非常に捗ります。特にIPO・PO投資などを行っている方で、資金移動が頻繁な場合は絶大なメリットがあります。

その他マネーブリッジのメリット・デメリットについては以下で徹底解説しています。

マネーブリッジはお得で便利!楽天銀行と楽天証券の連携で金利UP&ポイント
楽天銀行には「マネーブリッジ」というサービスがあります。無料で利用できます。楽天銀行と楽天証券の口座を連携することで、銀行の...

楽天証券と口座を連携させない場合でも、楽天銀行は投資信託、FX、外貨預金など豊富な投資商品を取り扱っており、リスク性資産への投資も可能です。投資信託はノーロードの投信もあります。

海外送金の手数料もリーズナブル

海外のATM操作画面

楽天銀行では海外送金も可能です。海外送金手数料がリーズナブルです。送金手数料は送金金額に関わらず750円です。

SBIレミットやPayPalなどは小口送金では安価ですが、送金額がまとまった金額になると手数料が高くなります。楽天銀行は一律750円という点が大きなメリットです。

また、円貨送金手数料(リフティングチャージ)の上乗せは3,000円だけであり、750円と合わせて3,750円です。一般的な銀行と比べるとリーズナブルです。

海外中継銀行手数料を送金人負担とした場合の手数料は1,000円であり、これも一般的な海外送金で発生する中継銀行手数料よりも安価です。

手続きはインターネット上でほぼ24時間可能であり、初回送金時に受取人の情報を登録しておけば、2回目からは簡単な手続で送金できます。

取扱通貨は68通貨、送金受取可能国は200カ国以上と多種多様です。

留意点としては、送金限度額がある点です。1回100万円・1ヶ月200万円・年間(1月~12月)500万円までという制限があります。ただ、他のサービスでも類似の規制がある場合が多いです。

また、マイナーな通貨の為替コストが割高な点もデメリットです。マイナーな国に送金する場合は、まずは米ドルで送金して、現地での銀行で米ドルから現地通貨に両替した方がお得です。

他に安価に海外送金する手法としては、YJFX!で現引きして得た外貨をSMBC信託銀行のPRESTIA(旧シティバンク)に出金して、そこから海外送金する方法が有名でした。

YJFX!は為替スプレッドが低いのがメリットです。他に外貨送金の手段としては、マネパカードという選択肢もあります。為替手数料が安く、送金にあたってはそれ以外の手数料はないのがメリットです。

マネパカードは海外旅行に超便利!外貨両替との比較まとめ
東証一部上場企業のマネーパートナーズがマネパカードという新しいサービスを開始しました。マネーパートナーズは「マネパの外貨両替...

楽天銀行では、海外の金融機関からの送金や、国内の金融機関からの外貨建て送金を受け取ることもできるようになりました。

手数料は2,450円です。中継銀行等で別途手数料が発生する場合があります。

住宅ローンなどの各種ローンも

楽天銀行は多種多様なローンを提供しています。最もメジャーなのは住宅ローンですね。

変動金利・固定金利・フラット35が揃っています。特にメリットが大きいのはフラット35です。業界最低金利となっています。保証料、繰上返済手数料はもちろん無料です。

団信は任意加入、融資事務手数料は借入額の1.08%です。ここらへんは他社とほとんど横並びです。

変動金利に関しては、8大疾病保障なしですとイオン銀行の住宅ローンが0.57%と空前の低金利です。当初5年間、イオングループでのお買い物が毎日5%OFFとなるメリットもあります。

イオン銀行住宅ローンのメリット・デメリット・口コミまとめ
イオンの店舗内にある銀行「イオン銀行」は、住宅ローンも取り扱っています。無店舗のネット銀行に勝るとも劣らない低金利、イオンな...

イオンでお買い物する機会がない方は、ソニー銀行、じぶん銀行の住宅ローンも候補です。イオン銀行よりも僅かに低い水準です。

ソニー銀行の住宅ローンのメリット・デメリットまとめ
ソニー銀行の住宅ローンはネット銀行ならではの低金利です。変動金利から、幅広い年限の固定金利が揃っています。変動金利は最低で0.4...
じぶん銀行の住宅ローンのメリット・デメリット・金利まとめ
じぶん銀行は三菱東京UFJ銀行と提携して、住宅ローンも提供しています。ネット銀行らしい低金利が魅力です。日本の銀行で初めて、...

8疾病保障付きですと、住信SBIネット銀行が保障なしの楽天銀行よりも低金利です。2017年6月1日からは、8疾病以外の病気・ケガも保障対象となった「全疾病保障」へとパワーアップしました。

住信SBIネット銀行の住宅ローンのメリット・デメリット・口コミまとめ
住信SBIネット銀行の住宅ローンの金利が2016年2月に入って引き下げられ、それ以降、極限の低金利が続いています。団信・全疾病保障付...

変動金利の住宅ローンは楽天銀行よりも、イオン銀行、住信SBIネット銀行、ソニー銀行あたりがおすすめです。

住宅ローン以外では、カードローン、不動産担保ローン、教育ローン、目的ローン(ブライダル・トラベルなど)などが用意されています。

できる限り金利は支払わないほうが望ましいですけれども、信用情報機関に借り入れの情報が登録されるのを許容できるなら、株主優待クロス取引のファイナンスに活用するという方策は検討の余地があります。

また、ナンバーズ(宝くじ)・BIG・公営競技(競馬・ボートレース・競輪・オートレース)もオンラインで購入できます。

これらは期待値が大きくマイナスですので、程々にした方がいいでしょう。ただ、便利に楽しめます。BIGは期間固定Tポイントを使ってYahoo!のサイトで買うのが便利です。

少額の期間限定ポイントは消化が面倒ですが、BIGだと少額をお手軽に消化できます。

期間固定Tポイントの上手い使い方・消化方法まとめ!
Yahoo!JAPANカード、LOHACO、Yahoo!トラベルなどを利用していると、いつの間にか期間固定Tポイントが付与されることがあります。期間...

フィンテック的な振込サービスがあり

テクノロジーのイメージ

楽天銀行には通常の銀行振り込みとは別に、「メルマネ(かんたん振込)」、「Facebookで送金」という振込方法があります。

メルマネ(かんたん振込)」は、振込先の金融機関・支店番号・口座番号が分からなくても、メールアドレスと名前さえ入力すれば、銀行振込でお金を送金できるサービスです。

Facebookで送金」とは、楽天銀行アプリとFacebookを連携するだけで、Facebookの友達に送金できるサービスです。

最近話題のフィンテックのようなイメージが浮上するサービスです。振り込み手数料が安く、SNS・ネット時代の現代において便利な仕組みとなっています。

これらの目新しい振込方法の詳細は以下にまとめました。

楽天銀行のメルマネ(かんたん振込)は無料!便利!ネットの友達に簡単に送金
楽天銀行には通常の銀行振り込みとは別に、メルマネ(かんたん振込)という振込方法があります。最近話題のフィンテックの初期形態の...
楽天銀行の「Facebookで送金」は無料!便利!SNSの友達に簡単に送金
楽天銀行には通常の銀行振り込みとは別に、「Facebookで送金」という振込方法があります。最近話題のフィンテックの先駆けのようなサ...

カードローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行にはカードローンもあります。金利は年1.9%~年14.5%とリーズナブルです。

利用限度額は最大800万円と高く、限度額300万円まで収入証明書の提出が原則不要です。正社員だけではなく、パート・アルバイトでも契約できます。

年会費・入会金は0円であり、おまとめとしても利用できます。コンビニATMでも利用可能です。

楽天銀行スーパーローン

セブン-イレブン、ローソン、イーネット(ファミリーマート等)、ミニストップのATMが利用できるので利便性が高いです。

現在は入会でもれなく楽天スーパーポイント1,000ポイントがプレゼントされるキャンペーンが行われています。

楽天銀行スーパーローン

デメリット

楽天銀行のデメリットは、一定の残高がないとATMの出金手数料の回数が少ないことです。

残高100万円以上でようやく5回無料となります。50万円以上100万円未満でもたった2回だけです。

また、振込手数料も給与・賞与・年金の受取や一定の残高がないと無料にできません。残高100万円以上ないとメインバンクとしては使いづらいです。

それでも楽天銀行間の振込手数料が無料であること、口座があると還元率1%の楽天銀行デビットカード(JCB)が持てるのは大きなメリットです。

2016年9月19日までは、楽天銀行デビットカード(JCB)はnanacoチャージで1%のポイントが得られるというメリットもありました。

nanacoチャージできるカードを増やしたい場合は有力候補となりました。ただし、2016年9月20日以降はポイント付与の対象外となります。


セキュリティ

ネット銀行はセキュリティが問題ないのかが心配ですよね。インターネットの会員サイトは誰もがアクセス可能です。

ハッカーが不正アクセスして損失が出るという事態は絶対に避けたいですね。

この点、楽天銀行には多種多様なセキュリティ機能があります。ガチガチに設定したら本人以外の不正アクセスに対する守備力が著しく向上し、難攻不落なディフェンスを構築できます。

認証強化設定として、合言葉認証、ワンタイム認証、IP制限サービス、モバイルアクセス制限、ログイン制限、セキュリティカード認証があります。

合言葉認証

事前に設定した問いと答えのセットを予め登録することで、それを補助的な認証に使って本人確認する制度です。リスクベース追加認証(合言葉による認証)とも呼ばれます。

普段と違う環境からのログインの際には、質問が表示されて答えを入れないとログインできません。IDとパスワードが漏れた場合でも不正ログインを防ぐことができます。

ワンタイム認証

銀行振り込みなどの重要な取引を行なう場合は、ランダムに生成する1回限りの使い捨てパスワード(ワンタイムキー)を利用して認証するシステムです。

ワンタイム認証用メールアドレスに、使い捨てのパスワード(ワンタイムキー)が送信されます。

PCが完全に乗っ取られた場合などで、メールにも不正ログインされた場合には防ぐことはできません。

IP制限サービス

普段利用するIPアドレスやドメインネームを事前に登録することで、登録済みのIPアドレスからのアクセスのみ取引を可能にし、それ以外のIPアドレスの場合は取引不可にするサービスです。

対象サービスは暗証番号が必要な取引です。自宅や勤務先など普段利用するプロバイダ(ドメインネーム/IPアドレス)など最大5個のIPアドレスが登録可能です。

IPアドレスはサービス登録時に利用中のシステムで自動取得し判別するため、自分で調べて入力する必要はないので便利です。

登録IP以外から取引を行いたい場合は、ワンタイム認証で一時的に解除することができます。

モバイルアクセス制限

携帯電話やスマートフォンからのログインや取引を制限します。

モバイル端末登録をした携帯電話のみ、モバイルバンキングにログイン可能な状態にして、それ以外の端末からは不可にする設定もできます。

ログイン制限

パソコンからのログインについて、認証項目を追加して強化します。
取引画面へのログインをするたびに、通常のログインにワンタイム認証を必須にする設定です。

万一ユーザIDやログインパスワードが盗取された場合でも、ログイン制限を利用することでパソコンからの取引画面への認証が二重になるため、不正ログインの防止に役立ちます。

ワンタイムキーの送信先アドレスに、携帯電話・スマートフォンのメールアドレスを利用することで、よりセキュリティが強化できます。

セキュリティボード

IDやパスワードをその通り入力するのではなく、英数字を別の英数字に1対1で対応させた表に従い、対応後の英数字を入力するものです。

ログインパスワードや暗証番号をキーボードを利用せず、画面上のボタンを使って入力をすることができる機能です。

英数字を別の英数字に1対1で対応させた表は、ログインごとに毎回変わりますので、キーボード入力値からIDやパスワードを盗むキーロガーなどのスパイウェア対策に有効です。

ATM出金制限

「ATM出金停止設定」という機能があります。ATMでの預金の引出を停止して、引き出したい時はモバイルサイトから出金停止を一時的に解除する流れです。

この設定をすると、キャッシュカードを紛失・盗難して暗証番号が漏れたとしても、モバイルサイトのログインID・パスワード・ワンタイムパスワードが漏れない限りは、ATMで預金を引き出されることはできなくなります。

出金できるATMを制限することもできます。提携先ATMごとの預金引出の停止・再開を設定できます。ゆうちょ銀行では預金を引き出せる都道府県を5つまで指定することも可能です。

ATMから預金を引き出せる時間帯を、1時間単位で設定することも可能です。2つの時間帯まで設定可能です。

継続的なセキュリティ強化の取り組み

楽天銀行(法人口座)は2017年9月19日)火)からは、以下の取引で追加認証が必要になりました。

  • 一括振込
  • WEB-FB:総合振込
  • WEB-FB:マスペイメント
  • WEB-FB:メルマネ・マスペイメント
  • 給与・賞与振込
  • 自動引落

利用環境に応じて、ワンタイムキー、アプリ認証キーの入力による認証が必要になります。

楽天銀行は継続的にセキュリティ強化の取組みを行っており、安心感・安定感があります。

まとめ

楽天銀行カードと楽天銀行デビットカード

楽天銀行は、高金利の普通預金、使えるATMの種類が豊富、楽天銀行間の振込手数料が無料、定期預金のキャンペーン、株式の配当受取で10円プレゼント、セキュリティの機能が豊富などのメリットがあります。

優遇プログラムのハッピープログラムのステージに応じて、ATM手数料の無料回数と振込手数料が優遇されます。

残高100万円以上あると、他行宛て振込手数料が月3回まで、ATM手数料が月5回まで無料になれます。このステージに到達したら、メインバンクとして日常的に使うことも可能です。

給与・賞与・公的年金を楽天銀行の口座で受け取ると、他行宛振込手数料が月3回無料となるのも大きなメリットです。

ハッピープログラムに登録すると、楽天銀行や楽天証券の各種取引のたびにザクザクと楽天スーパーポイントが貯まります。

他行口座からの振込、口座振替(自動引落) 、楽天銀行即時入金サービスなど、こちらに手数料がかからない取引でもポイントが貯まります。

また、普通預金の金利が0.1%となります。期間限定・クレカ保有者限定の普通預金を除くと日本一の高金利です。

楽天銀行に口座を持つと還元率1%という驚異的な高還元の楽天銀行デビットカード(JCB)を保有できるのも大きなメリットです。海外送金やフラット35もリーズナブルでお得です。

楽天銀行は上手く活用すると、お得なネット銀行です。私も口座を保有しており、フル活用しています。

楽天銀行 公式サイト

楽天銀行以外のおすすめのネット銀行については、以下で徹底的に比較しています。

おすすめのネット銀行を比較!2017年最新版
2020年代が間近に迫った2017年現在、インターネットの普及がより一層進んでいます。スマホ・タブレットの普及でパソコンには馴染みが...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-銀行, 金融機関
-

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.