コストコ・プリペイドカードのメリット・デメリット・使い方まとめ

更新日: キャッシュレス決済 プリペイドカード

コストコ・プリペイドカード

オリコがコストコにクラウド型電子マネーシステム「バリューカードASPサービス」の提供を開始し、コストコが「コストコ・プリペイドカード」が発行されています。

コストコユーザーにとって、ライフスタイルによっては便利に使えるカードです。

コストコ・プリペイドカードのメリット、デメリット、使い方、コストコで使えるクレジットカードについてまとめます。

コストコ・プリペイドカードとは

コストコは米国発のディスカウントストアで、大量・大容量の品物が非常にリーズナブルなことで人気を集めていますね。

お友達同士や兄弟姉妹・親子で出かけてシェアするとお得ですね!

Untitled
photo by yoppy

そんなコストコが新発行するコストコ・プリペイドカードは、前払方式のハウスプリペイドカード(提携先のみで利用できる電子マネー)です。

全国のコストコ倉庫店でコストコ会員のみが購入できます。全国のコストコ、かみのやま倉庫店併設のガスステーションで利用可能です。

贈答用としても想定されています。コストコ・プリペイドカードをコストコの非会員の人が使う場合は、1日招待券が発行されます。

ただし、コストコ会員を退会して1年未満の人、過去に「1日ご招待券」を利用したことのある人は対象外となります。

初回購入時には5,000円分のチャージがされています。チャージは、倉庫店内にあるプリペイドカード専用端末で行います。

チャージ金額は1,000円単位で、1回の上限金額は49,000円です。チャージの上限金額は100,000円です。

この手のプリペイドカード・電子マネーは上限が2万円のものもありますが、コストコ・プリペイドカードは10万円とパワフルです。

これまで、コストコで支払えるクレジットカードは、Mastercardのクレカか、コストコオリコマスターカードのみでした。

今後は、コストコ・プリペイドカードを使うと、現金以外で支払うことが可能です。お買い物で小銭を数えたり、お釣りで小銭が出るのがメリットです。

しかし、現時点ではコストコ・プリペイドカードへのチャージは現金のみとなっており、ポイントが付くなどのお得な特典はありません。これが大きなデメリットです。

できればオリコカードザポイントなどのお得なオリコカードからチャージしてポイントが付くようになったらベストでしたね。

SAKURAKO - Costco Wholesale
photo by MIKI Yoshihito

エグゼクティブ会員証にコストコプリペイドカード機能が付帯

コストコのエグゼクティブ会員

コストコには「エグゼクティブ会員」というメンバーシップ・プログラムがあります。

年会費は9,000円(税抜)、エグゼクティブ会員と同住所に住む18歳以上の方は無料で家族カードを発行できます。

一部商品を除く年間購入金額の最大2%をリワードとして受け取ることができます。上限は年10万円。

エグゼクティブ会員証に付帯するコストコプリペイドカードにリワードが付与されるスキームとなっています。

コストコの上級会員資格においても、コストコプリペイドカードが活用されています。

コストコで使えるクレジットカード

現時点では、コストコ・プリペイドカードよりもクレジットカードの方がお得です。

2018年2月1日以降は、日本国内のコストコ倉庫店・ガスステーションでは、Mastercardのみが利用可能になりました。

アメリカのコストコではアメックスの取扱いが終了してVISAカードのみが利用可能でした。日本ではアメックスが継続していましたが、201...

また、オリコカードからは新しいコストコ提携クレジットカードが登場しました。

アメリカのコストコではアメックスの取扱いが終了してVISAカードのみが利用可能でした。日本ではアメックスが継続していましたが、201...

おすすめのMastercardのクレジットカードについては、以下で徹底的に解説しています。

Mastercardというクレジットカードがあります。「マスターカード」と読みます。株式会社Mastercard Inc.が提供している決済技術を活用...

マスターカードには年会費無料のカードもあります。

 マスターカードというクレジットカードのブランドがありますね。Visaに次ぐ世界No.2のクレジットカードの国際ブランドです。近年はVi...

利用限度額が高いMastercardも存在しており、多額のカードショッピングも可能です。

 

マスターカードという国際ブランドがあります。Visaと並んで利用可能店舗が世界最大級なのが特徴です。圧巻の決済力を誇っており、1枚...

その他、コストコでお得になるクレジットカードについては、以下で徹底的に解説しています。

コストコという米国発のディスカウントストアないし大型スーパーがありますね。有料の会員制であることが特徴となっています。大量・...

2018年2月1日以降はMastercardのみが利用可能になります。また、オリコカードからは新しいコストコ提携クレジットカードが登場する予定となっています。

アメリカのコストコではアメックスの取扱いが終了してVISAカードのみが利用可能でした。日本ではアメックスが継続していましたが、201...

おすすめのMastercardのクレジットカードについては、以下で徹底的に解説しています。

Mastercardというクレジットカードがあります。「マスターカード」と読みます。株式会社Mastercard Inc.が提供している決済技術を活用...

コストコ以外も多数のショップが、自社店舗で使えるハウスプリペイドカードを導入しています。上手く活用すると、家計が頑健化します。

店名 プリペイドカード名
スターバックス スターバックスカード
ドトールコーヒー ドトールバリューカード
タリーズコーヒー タリーズカード
コメダ珈琲 コメカ
モスバーガー モスカード
すき家 ゼンショークーカ(cooca)
ケンタッキー KFCカード
いきなりステーキ 肉マイレージカード
コストコ コストコプリペイドカード

より便利なのはJCBやVISA、Mastercard加盟店で利用できる国際ブランド搭載型プリペイドカードです。クレジットカードに抵抗がある場合は、これらを活用するとお得です。

名前 特徴
LINE Payカード 還元率2%でLINEポイントが貯まる。
メトロポイント経由でポイントを81%のANAマイルに交換可能
au WALLET auユーザーが利用可能。MasterCard加盟店で還元率0.5~5.5%。ポイント二重取りが可能
ソフトバンクカード ソフトバンクユーザーが利用可能。Visa加盟店にて還元率0.5~1%でTポイントが貯まる。
ソフトバンクスマホユーザーならYahoo!ショッピングが毎日ポイント10倍
おさいふPonta Pontaと一体型。JCB加盟店で還元率0.2%還元。ポイントアップキャンペーンも定期的にあり。
JAL Global WALLET カード利用でJALマイルを獲得可能。海外ATMでの現地通貨引き出し、クレジットカードでのチャージも可能
エポスVisaプリペイドカード エポスカード保有者が利用可能。ポイントをチャージしてVisa加盟店で利用可能。還元率0.5%
オリコプリペイドカード オリコカードのオリコポイントをチャージしてVisaかMasterCard加盟店で利用可能。還元率0.25%
三井住友VISAプリペイド 三井住友VISAカードのポイント移行が可能。Visa加盟店で利用でき、還元率0.25%
ANA VISAプリペイドカード 0.5%のANAマイルが付与。Visa加盟店で利用可能。ANA VISAカードANA MasterCardならチャージ無料
dカード プリペイド Visa加盟店で0.5%のdポイント。ローソンではその他に3%還元。dポイントでチャージ可能

-キャッシュレス決済, プリペイドカード

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.