The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

JR東海のエクスプレス予約の使い方まとめ!新幹線がICカードやスマートフォンでお得に乗れる!

更新日: ビューカード 家計

新幹線

エクスプレス予約とは、携帯電話、パソコン、スマートフォンから、東海道・山陽新幹線(東京~博多)の指定席が予約できるサービスです。

紙の切符よりもお得な価格で予約できるので、利便性とお値打ちさを両立させたサービスです。東海道新幹線をよく使う場合は最強に便利でお得です。

JR東海のエクスプレス予約の使い方、サービス内容について徹底的に解説します。


目次

エクスプレス予約とは

エクスプレス予約

JR東海の「エクスプレス予約」とは専用のICカード等で、東海道・山陽新幹線にチケットレスで乗車できるサービスです。価格も紙のきっぷより安くなります。

交通系ICカードと組み合わせることで在来線との乗り換えにも使えるので、スムーズに電車から新幹線に乗ることができます。

東京駅八重洲北口

一日は24時間しかなく、時間は非常に貴重です。切符を発行したりする手間と時間はもったいないですね。

自販機か窓口が空いていればいいのですが、混雑していると時間がかかってしまいます。スマホの普及で待つ際にやることは増えましたが、待つ手間がないに越したことはありません。

特に観光シーズン・連休中などは、新幹線のきっぷを買える窓口・自販機が、戦慄的な大行列となることもよくあります。恐ろしい程の時間を無駄に消化してしまいます。

新幹線の切符売り場の行列

新幹線のきっぷ売り場が長蛇の列になっているのはよくあります。貴重な時間を浪費してしまいます。

新幹線のきっぷ購入の行列

エクスプレス予約ならこのような行列に並ぶ必要はありません。混雑期は最大級に便利です。ネットでサクッと予約すればOKです。快適以外の何物でもありませんね。

スマホ、タブレット、パソコンなどでサクサクと簡単に予約できて便利です。予約まで時間がかからずスムーズなのが特徴です。

エクスプレス予約のスマホ画面

年会費は1,080円(税込)です。年会費はできれば無料がうれしいですよね。しかし、エクスプレス予約は年会費を大きく上回るメリットがあります。

料金がお得になるので、新幹線を利用する方ならすぐに取り戻せます。

例えば、乗車の3日前(23:30)までの予約で使える「EX早特(タイプB)」だと、東京・品川⇔新大阪は普通車指定席12,340円、グリーン車14,400円です。

ひかりの通常料金(普通車14,140円・グリーン車18,910円)よりもかなり安くなります。普通車ですと1,800円、グリーン車ですと4,510円お得になってお値打ちです。

エクスプレス予約のスタートガイド・規約

予約変更が発車直前まで手数料なしで何度でもでき、直前のキャンセルでも、払戻手数料が安価というメリットもあります。

JR東海のエクスプレス予約に登録できるクレジットカード会社は以下のとおりです。

「グリーンプログラム」という制度が適用されるには、以下3つのどれかをエクスプレス予約に登録する必要です。

交通系電子マネーへのチャージでのポイント還元率が最も高いのはビューカードの1.5%です。

したがって、モバイルSuicaが利用できる場合は、ビューカードで登録したモバイルSuicaが便利です。対応のスマートフォンやガラケーがある場合は有力候補です。

JR東日本が発行しており、全国の鉄道、バス、お買い物で使えて便利なSuica(スイカ)は、携帯電話でも利用可能です。「モバイルSuica」...

ビューカードのラインナップの中で、年会費無料にできるのはビックカメラSuicaカード、定期券一体型で最も低コストなのは「ビュー・スイカ」カードです。

アトレは年会費が477円(税抜)ですが、アトレでのポイントアップ、優待特典というメリットがあります。アトレをよく利用する方ですとお得です。

ルミネカードは年会費が上がりますが、ルミネで5~10%割引という特典があります。

エスパル仙台とフェザンをよく利用する方は、エスパルカードとフェザンカードでそれぞれ割引があります。

カード名年会費(税込)一般加盟店Suicaチャージ備考
ビックカメラSuicaカード515円(年1度の利用で無料)1.0%1.5%ビックカメラでSuica払いならポイント二重取り
「ビュー・スイカ」カード515円0.5%1.5%定期券一体型
JRE CARD5150.5%1.5%アトレ等のJRE CARD優待店で約3.5%還元
ルミネカード1,030円0.5%1.5%ルミネで5-10%OFF
ビューゴールドプラスカード10,800円0.5%1.5%新幹線グリーン車利用券・東京駅ラウンジ等の特典
大人の休日倶楽部ミドルカード2,5750.5%1.5%大人の休日倶楽部パス、JR東日本線・JR北海道線5%OFF等
大人の休日倶楽部
ジパングカード
4,285円
(夫婦会員7,320円)
0.5%1.5%大人の休日倶楽部パス、JR東日本線・JR北海道線30%OFF等
JALカードSuica2,1600.5-2%0.5-1%JRE POINTをJALマイルに移行可
JALカード特約店では2倍
JALカードSuica
CLUB-Aカード
10,8000.5-2%0.5-1%JAL CLUB-Aカード特典
JALカードSuica
CLUB-A ゴールドカード
20,5200.5-2%0.5-1%ビューゴールドプラスカード特典
JAL CLUB-Aカード特典

エクスプレス予約の受付時間は、5:30~23:30です。1ヵ月前の10時から予約できます。

回数券等と異なり、期間が限定されているわけではありません。年末年始やゴールデンウィークなどの期間も含め、年間を通じてお得な価格で利用できます。

九州新幹線区間(博多~鹿児島中央)の「みずほ」「さくら」「つばめ」は利用できません。

代金は登録したクレジットカードで自動決済されます。予約ごとにクレジットカード番号等を入力する手間がありません。

エクスプレス予約には、主に乗車前に紙の切符を受け取る「e特急券」、チケットレスで乗車する「EX予約」、乗車の3日前(23:30)までの予約で列車・区間・席数限定の「EX早特」の3種類があります。以下、順に説明します。

e特急券は特定市内・区内制度が使える!

東海道新幹線

エクスプレス予約のみで購入できる特急券です。乗車当日の予約でもお得なのが特徴です。

予約はインターネット上で行い、切符は駅の指定席券売機等で受け取る流れとなります。

e特急券を利用する際は、別に乗車券が必要です。乗車券だけは金券ショップ等で調達することもできます。

エクスプレス予約の切符受け取り専用端末

大阪市や横浜市などの市内の在来線も乗れる「特定市内駅制度」、東京23区内の在来線が乗れる「都区内制度」を使えるのがメリットです。

具体的には、東京都区内の場合、東は小岩・葛西臨海公園まで、西は西荻窪まで、南は西大井・蒲田まで、北は浮間舟渡・金町まで無料です。

横浜市内の場合、矢向、川崎、扇町、大川、海芝浦、本郷台、戸塚、長津田まで無料です。大阪市内の場合、東淀川、放出、加美、杉本町、桜島、加島、塚本まで無料です。

普通車・グリーン車・自由席のいずれも対象です。本人のみならず、他の人の分も購入可能です。最大で6名分まで購入できます。

東海道・山陽新幹線(東京~博多間)の指定席を、年間を通じてお得な価格で利用できます。年末年始やゴールデンウィークなどの期間も割引が適用されます。

一例として、東京・品川⇔新大阪間の価格は13,570円であり、紙の切符よりも880円安いです。その他の価格一覧は以下のとおりです。


EX予約サービスはチケットレスでスムーズ

EX予約サービスは、携帯電話やパソコン、スマートフォンから「エクスプレス予約」で列車を予約でき、駅で切符を受け取る必要がないサービスです。

「EX予約専用ICカード」かモバイルSuicaを新幹線改札機にタッチするだけで、スピーディに新幹線に乗れます。近代的なサービスですね^^

東海道新幹線の改札

EX予約専用ICカードとは、EX予約サービスを使うための新幹線乗車専用カードです。エクスプレス予約に登録すると、住所宛てにカードが届けられます。

従来のエクスプレス予約の「EX予約カード」、プラスEXでの「プラスEXカード」はそのまま使えます。

エクスプレス予約(旧・プラスEX)エクスプレス予約のEX-ICカードの裏面

EX予約専用ICカードを新幹線の改札にタッチすることで、スムーズに通過できます。

エクスプレス予約での新幹線の改札通過

以前のEX-ICサービスは、東海道・山陽新幹線(東京~博多間)各駅相互間を、会員本人(大人1名)が乗車する場合に使えました。本人限定で他の人の分は買えません。

EX予約サービスは1~6名分を一気に購入できるようになりました。会員本人1名で利用する場合はEX予約専用ICカードでスイスイ通過が可能です。

それ以外の場合(2名以上、子供を含む場合、会員以外の1名が利用する場合など)は、指定席券売機等で紙のきっぷを受け取って乗車する流れとなります。

エクスプレス予約のきっぷ受け取り機

エクスプレス予約のきっぷ受け取り時は、まずは決済に使用したクレジットカードか、EX予約のICカードを機械に入れます。

次にログインパスワードの入力が必要となります。

エクスプレス予約のパスワード入力画面

時間はほとんどかかりません。画面をタッチして紙で受け取る予約を選択して、パスワードを入力するだけです。領収書も同時に出ます。

エクスプレス予約のきっぷ

価格はe特急券+乗車券よりも基本的には安く設定されています。普通車・グリーン車・自由席のいずれも対象です。

主な区間の価格(大人・1名あたりの片道)は下表のとおりです。

主な区間普通車割引額グリーン車割引額
東京・品川⇔名古屋10,110-98013,700-980
東京・品川⇔新大阪13,370-1,08018,140-1,090
東京・品川⇔広島17,660-1,42024,140-2,070
東京・品川⇔博多21,320-1,63027,800-2,280
名古屋⇔広島12,830-1,40017,600-1,410
名古屋⇔博多16,650-1,89023,130-2,540
新大阪⇔広島9,140-1,30012,730-1,300
新大阪⇔博多13,240-2,07018,540-2,730

割引額は通常の切符との差額です。事前に予約しておくと、新幹線の駅の改札は「EX予約専用ICカード」か、モバイルSuicaをタッチすることで通過できます。

子供1人あたりの料金は下表のとおりです。

主な区間普通車指定席割引額グリーン車割引額
東京・品川⇔名古屋5,050-4908,640-750
東京・品川⇔新大阪6,680-54011,450-810
東京・品川⇔広島8,830-71015,310-1,620
東京・品川⇔博多10,660-81017,140-1,720
名古屋⇔広島6,410-70011,180-970
名古屋⇔博多8,320-95014,800-1,860
新大阪⇔広島4,570-6508,150-920
新大阪⇔博多6,620-1,04011,910-1,960

SuicaPASMOTOICAmanacaICOCA、SUGOCA、Kitaca等の普通の電車(在来線)用のICカードと、新幹線専用のEX予約専用ICカードの2枚を重ねて駅の改札にタッチすることで、在来線から新幹線に乗り継ぐことができます。

例えば、日暮里駅で山手線に乗車して、東京駅でそのまま新幹線の改札を通過できます。チケットレスでスムーズです。「IC乗継サービス」という名前です。

京都駅

EX予約サービスでは、通常の切符と異なり、「特定市内駅制度」「都区内制度」は適用されません。「都区内」「市内」などの在来線区間は無料になりません。

在来線から新幹線に乗り継ぐ場合、別途在来線区間の運賃が必要となります。新幹線と在来線の運賃を別々に計算されます。

したがって、新幹線と在来線を乗り継ぐ場合など、利用の区間によっては「e特急券+乗車券」を利用した方が、リーズナブルになる場合があります。

例えば、上野→新大阪駅はEX予約の方が安価ですが、上野→大阪は逆に高くなります。

路線EX予約サービスe特急券+乗車券
東京駅→新大阪駅13,37013,570
上野駅→新大阪駅13,52413,570
上野駅→大阪駅13,68413,570

EX予約と「e特急券+乗車券」のどちらがお得かは、「EX予約運賃ナビ」で確認できます。

EX予約サービスの価格一覧は以下のとおりです。

エクスプレス予約で改札を通過した場合は、「EXご利用票」(座席のご案内)が出ます。

指定席の場合は座席番号も乗っているので、いちいちネットを見なくてもOKです。車内改札の際には利用票を呈示することになります。

「EXご利用票」(座席のご案内)

指定席と自由席は原則として同じ料金

エクスプレス予約の自由席の料金は、一部区間を除いて指定席と同じです。

京都→名古屋の料金例(エクスプレス予約)

早期予約など予約条件によっては自由席よりオトクに新幹線に乗れる場合もあります。

ただし、自由席の場合は乗車日当日の全ての列車の自由席を利用できる点が便利です。

エクスプレス予約で自由席を予約しようとすると、しっかりと注意喚起の画面が出るので親切です。

エクスプレス予約での自由席利用時の確認画面

片道601km以上ならEX予約サービス(往復割引)

東京駅の東海道・山陽新幹線のりば

2017年9月2日からは「EX予約サービス(往復割引)」が光臨しました。

東海道・山陽新幹線の長距離区間(※)の往復きっぷを一括購入する際には、紙のきっぷと同様に往復割引が適用されます。

※片道の営業キロが601キロ以上にある区間

東海道・山陽新幹線の長距離区間が更にリーズナブルになり、お値打ち価格での高速移動が可能になります。

東京~広島の「片道あたり」の価格(のぞみ普通車指定席・通常期・大人1名)は、往復割引乗車券は17,910円のところ、EX予約サービス(往復割引)は16,290円と1,620円お得になります。

EX予約サービス(片道)の価格(17,660円)と比較しても1,370円安くなります(往復割引の価格一覧)。

EX予約サービス(往復割引)の場合、紙のきっぷの往復乗車券と異なり、予約変更が柔軟に可能なのが大きなメリットです。

  • 復路は購入時において最大1ヶ月先の列車まで予約可能
  • 往路の列車発車時刻前まで何度でも手数料無料で予約変更が可能
  • 乗車日・列車・設備の変更(往路・復路一括での変更時は区間も)が可能(片道分の区間や片道商品への変更不可)

利用人数は1~6名で子供用の設定もあります。会員本人1名で利用する場合はEX予約専用ICカードでOKです。

それ以外の場合は、指定席券売機等で事前に「きっぷ」を受け取って乗車する流れとなります。2名以上や子供を含む場合、会員以外の1名が利用する場合などです。

JR東日本の新幹線・特急券・定期券の券売機

東海道・山陽新幹線区間内の「のぞみ」「みずほ」「ひかり」「さくら」「こだま」「つばめ」の普通車指定席・グリーン車・普通車自由席で終日利用できます。

指定列車に乗り遅れた場合は、指定された列車と同じ日の後続の新幹線の普通車自由席に乗車できます。

途中下車、他の割引との併用、乗継割引の適用はできません。グリーンプログラムのポイントを利用して、グリーン車の予約ができます。

EX早特は最安値!21日前も登場

東海道新幹線(N700)

乗車の3日前の23:30までの予約(変更を含む)で、EX予約よりも更にリーズナブルに購入できる列車・区間・席数限定の「EX早特」という制度もあります。

たとえば、乗車日が3月10日の場合、1ヵ月前の2月10日10時から、乗車日3日前の3月7日の23時30分まで予約可能です。

EX予約と同様に「都区内」「市内」等の在来線ゾーンは乗車できないので、別途、運賃がかかります。

EX早特の場合、乗車できるのは予約した列車のみで、他の列車の自由席には乗れません。乗車日の3日前(23:30) までなら何度でも手数料なしで予約の変更ができます。

予約変更時点から2日以内となる乗車日の列車に変更する場合、「EX予約サービス」等の別商品への変更となります。差額が必要です。

予約の人数を減らす場合は、払戻手数料(1名あたり310円)がかかります。

東京駅の新幹線乗り場への入口

その代わりに価格がかなりお値打ちな制度です。EX早特の席数は、列車ごとに限定されているため、希望の列車に空席がある場合でも、EX早特を予約できないことがあります。

21日(3週間)前までの早期予約で適用される「EX早特21」もあります。旅行や結婚式など、前から予定が決まっている時に便利です。

2017年9月2日から、EX早特は以下6種類となりました。「こだま」以外では、基本的にはEX早特21が最安値となります。

ジャンル条件割引対象利用シーン
EX早特3日前までの予約長距離区間の「のぞみ」遠方の旅行
EX早特2121日前までの予約早朝・日中の「のぞみ」旅行や結婚式など、前から予定が決まっている時
EXグリーン早特3日前までの予約早朝の「のぞみ」、
終日の「ひかり」のグリーン車
のぞみ・ひかりのグリーン車希望
EXこだまグリーン早特3日前までの予約「こだま」グリーン車こだまでOKでグリーン車希望
EXのぞみファミリー早特3日前までの予約
2名以上で利用
土休日の「のぞみ」
子供用の設定もあり
週末の家族旅行など
EXこだまファミリー早特3日前までの予約
2名以上で利用
「こだま」
子供用の設定もあり
家族や友人と一緒に旅行

いずれの早特も繁忙時期(年末年始・GW・お盆)には設定除外日があります。一例として2017年度の年末年始は、12月28日(木)~1月4日(木)は利用できません。

以下、各EX早特についてブレイクダウンします。

EX早特は長距離がお得

エクスプレス予約の早特商品

東海道・山陽新幹線にまたがって乗車する長距離のタイプです。対象列車は、終日の「のぞみ」「ひかり」「こだま」です。

予約後に予定が変わっても、他の商品等に手数料無料で変更可能です。ただし、もちろん差額は必要です。

普通車指定席・グリーン車・グリーン特典が対象です。主な区間の価格・割引額(片道)は下表のとおりです。

区間普通車割引額グリーン車割引額
東京・品川⇔岡山14,400-2,94020,360-2,940
東京・品川⇔広島15,900-3,18022,380-3,830
東京・品川⇔小倉17,400-4,91023,880-5,560
東京・品川⇔博多17,400-5,55023,880-6,200
新横浜⇔岡山14,400-2,61020,360-2,610
新横浜⇔広島15,900-2,86022,380-3,510
新横浜⇔小倉17,400-4,38023,880-5,030
新横浜⇔博多17,400-5,23023,880-5,880

割引額は大人1名「のぞみ」所定運賃・料金(通常期)との差額です(全路線の価格一覧)。

EX早特21は最安値

東海道新幹線(新大阪駅)

21日(3週間)前までの予約で、早朝・日中の「のぞみ」に乗車可能なタイプです。

予約後に予定が変わっても、他の商品等に手数料無料で変更可能です。ただし、もちろん差額は必要です。

普通車指定席が対象です。主な区間の価格の一覧表(普通車)は以下のとおりです。カッコ内は大人1名「のぞみ」所定運賃・料金(通常期)からの割引額です。

駅名東京・品川新横浜
名古屋8,800(-2,290)8,600(-1,850)
京都10,800(-3,110)10,700(-2,550)
新大阪11,000(-3,450)10,900(-3,220)
新神戸11,400(-3,700)11,300(-3,470)

全区間の料金

EXグリーン早特

3日前までの予約で、早朝の「のぞみ」と終日の「ひかり」のグリーン車がお得になる制度です。

予約後に予定が変わっても、他の商品等に手数料無料で変更可能です。ただし、もちろん差額は必要です。

グリーン車は下表のとおりです。グリーン車は普通車と比較して割引額が大きくなるのでお得感が増幅します。

駅名東京・品川新横浜
名古屋11,830(-2,850)11,180(-2,860)
京都13,860(-4,830)13,540(-4,490)
新大阪14,400(-4,830)14,070(-4,830)
新神戸14,710(-5,170)14,390(-5,160)

普通車とそれほど変わらない価格で利用できてお得です。私は東京→京都でEXグリーン早特を利用したことがあります。

エクスプレス予約の方がスマートEXより早期予約の枠が広い例 (エクスプレス予約の画面)

私はエクスプレス予約で「EXグリーン早特」を愛用しています。普通席の料金とほぼおなじ価格でグリーン車に乗れるのがうれしいです。

EXのぞみファミリー早特

3日前までの予約で「のぞみ」普通車指定席・グリーン車がお得になるタイプの商品です。

2~6名で土日祝日に利用可能です。子供用の設定もあり、座席タイプは指定席・グリーン車です。発売期間は乗車日の1か月前の10:00から3日前の23:30までです。

発車時刻直前まで何度でも、無料で変更可能です。変更後の乗車日の2日前以降の場合は、別の商品への変更となり、差額が必要となります。

区間普通車指定席グリーン車
おとなこどもおとなこども
東京・
品川
⇔名古屋9,770円4,880円11,830円6,940円
(-1,320円)(-660円)(-2,850円)(-2,450円)
⇔京都11,800円5,890円13,860円7,950円
(-2,110円)(-1,060円)(-4,830円)(-4,040円)
⇔新大阪12,340円6,160円14,400円8,220円
(-2,110円)(-1,060円)(-4,830円)(-4,040円)
⇔新神戸12,600円6,300円14,700円8,400円
(-2,500円)(-1,240円)(-5,180円)(-4,180円)
新横浜⇔名古屋9,120円4,550円11,180円6,610円
(-1,330円)(-670円)(-2,860円)(-2,460円)
⇔京都11,480円5,730円13,540円7,790円
(-1,770円)(-890円)(-4,490円)(-3,870円)
⇔新大阪12,010円6,000円14,070円8,060円
(-2,110円)(-1,060円)(-4,830円)(-4,040円)
⇔新神戸12,300円6,150円14,400円8,250円
(-2,470円)(-1,230円)(-5,150円)(-4,170円)

EXこだまグリーン早特

こだまの発車時刻の電光掲示板

各駅停車の「こだま」のグリーン車が対象のEX早特です。終日のこだま・グリーン車が対象で、普通車には設定されていません。

主な区間の大人1名片道利用時の価格は下表のとおりです。

主な区間こだま☆
楽旅EX早特
他の商品との価格差
グリーン車普通車指定席(通常期)EX予約
(グリーン車)
EX予約
(普通車指定席)
東京/品川⇔静岡6,030円-2,550円-320円-1,630円+400円
東京/品川⇔名古屋9,000円-5,470円-1,880円-4,700円-1,110円
東京/品川⇔新大阪11,200円-7,720円-2,940円-6,940円-2,170円

※全ての区間の価格一覧

EX予約のグリーン車よりもリーズナブルとなります。急いでいない旅の場合は、こだまでゆっくりも有りかもしれません。

EXこだまファミリー早特

エクスプレス予約の切符の種類

3日前までの予約で東海道新幹線「こだま」がお得になるタイプの商品です。価格面では、エクスプレス予約会員向けの商品では最もお得になります。

例えば、大人片道1名あたり東京~新大阪間の普通車指定席が9,900円と約30%割引となります。グリーン車ですと、例えば東京~新大阪間が10,900円と約4割引です。

2~4名で設定区間の終日の「こだま」で利用可能です。座席タイプは指定席・グリーン車です。発売期間は乗車日の1か月前の10:00から3日前の23:30までです。

発車時刻直前まで何度でも、無料で変更可能です。変更後の乗車日の2日前以降の場合は、別の商品への変更となり、差額が必要となります。

区間普通車指定席グリーン車
おとなこどもおとなこども
東京・
品川
⇔名古屋7,900円3,950円8,900円4,950円
(-2,980円)(-1,490円)(-5,570円)(-4,340円)
⇔京都9,800円4,890円10,800円5,890円
(-3,800円)(-1,900円)(-7,580円)(-5,940円)
⇔新大阪9,900円4,950円10,900円5,950円
(-4,240円)(-2,110円)(-8,020円)(-6,150円)
新横浜⇔名古屋7,800円3,900円8,800円4,900円
(-2,440円)(-1,220円)(-5,030円)(-4,070円)
⇔京都9,700円4,850円10,700円5,850円
(-3,240円)(-1,620円)(-7,020円)(-5,660円)
⇔新大阪9,800円4,890円10,800円5,890円
(-4,010円)(-2,010円)(-7,790円)(-6,050円)
名古屋⇔京都4,100円2,050円5,200円3,150円
(-1,490円)(-740円)(-2,620円)(-2,130円)
⇔新大阪4,200円2,100円5,900円3,800円
(-2,150円)(-1,070円)(-2,680円)(-1,860円)

e特急券・EX予約・EX早特・EX予約サービスの比較

エクスプレス予約の切符受取機

エクスプレス予約には、色んな制度があります。最初の慣れないうちは、こんがらがって結局のところ何がいいの?となってしまいますね^^;

そこで、エクスプレス予約のe特急券・EX予約・EX早特・EX予約サービスの違いについて、表にまとめました。

項目e特急券EX予約EX早特EX早特21
タイプ切符ICカード
モバイルSuica
きっぷ
ICカード
モバイルSuica
きっぷ
ICカード
モバイルSuica
きっぷ
利用人数1名~6名1名~6名1名~6名1名~6名
乗車券の効力乗車券は別途購入乗車券・特急券一体乗車券・特急券一体乗車券・特急券一体
区内・市内
往復割引
×××
予約期間発車時刻の
6分前まで
発車時刻の
6分前まで
乗車日の3日前の23:30まで乗車日の21日前の23:30まで
利用期間通年通年通年通年
対象列車のぞみ・ひかり・こだま
みずほ・さくら
のぞみ・ひかり・こだま
みずほ・さくら
のぞみ(長距離/
早朝グリーン)
ひかり(グリーン)
のぞみ(早朝・日中)
対象設備普通車指定席
グリーン車
普通車自由席
普通車指定席
グリーン車
普通車自由席
普通車指定席
グリーン車
普通車指定席
席数空席があればOK空席があればOK席数限定空席があればOK
東京⇔名古屋
(大人)
普通車指定:10,310円
グリーン車:13,900円
普通車指定:10,110円
グリーン車:13,700円
グリーン車:11,830円普通車指定:8,800円
東京⇔新大阪
(大人)
普通車指定:13,570円
グリーン車:18,340円
普通車指定:13,370円
グリーン車:18,140円
グリーン車:14,400円普通車指定:11,000円

EX早特には、長距離限定のタイプAや、こだまグリーン車限定のタイプもあります。違いは路線・車種であり、それ以外はタイプBと同じです。

基本的にはEX早特21、次がEX早特がお得です。21日前/3日前までに予約できて、枠に空きがあってEX早特が予約できるならば、それで決まりです。

EX早特が使えない場合で、在来線の乗り継ぎがない場合は、EX予約サービスとEX予約サービスが並んで最安値です。e特急券よりも安価です。

在来線の乗り継ぎがある場合は、e特急券とEX予約サービス・EX予約サービスのどちらがお得かを「EX予約運賃ナビ」で比較しましょう。

EX予約はICカードやモバイルSuicaで切符を発行することなく、スムーズにタッチ&ゴーで新幹線に乗れるというメリットもあります。

価格差がごく僅かである場合は、利便性・手間を優先してEX予約を選ぶという選択肢もあります。


自由に座席を選べる!

座席番号リクエストサービス」で、好きな座席が選べます。景色が見やすい窓際の席を取ることや、パソコン作業をするために電源の近くの席を取ることが可能です。

シートマップで空席状況を確認しながら、「座席位置」欄で「席番リクエスト」を選択し、座席表から希望の座席を選ぶ流れです。パソコンでの操作画面のイメージは以下のとおりです。

エクスプレス予約の画面のイメージ図
(エクスプレス予約から引用)

夜間受付サービス時間帯(23:30~翌日5:30)は、この機能を利用できません。一部の列車では、号車を選択できない場合があります。また、残り座席が少ない場合、この機能を使えないことがあります。

予約の変更が何度でも無料で可能!

寝そべりながらスマートフォンを操作する女性

携帯電話やパソコンでサクッと手軽に予約の変更・取消ができます。列車の時刻はもちろん、出発日や区間・設備(普通車・グリーン車)の変更もできます。

普通の切符とは異なり、発車直前まで手数料なしで何度でも予約の変更ができます。以下3つを満たす限り変更可能です。

  • EX予約専用ICカードでの改札入場前または切符の受け取り前
  • 変更前の列車発車時刻の前
  • 変更後の列車発車時刻の6分前

ビジネスには急なスケジュール変更がつきものですし、旅行の場合も寝坊したり、トラブルが生じて遅れることはよくあります。そのような場合に嬉しいサービスです^^

普通の切符は1回に限り同じ種類の切符に変えられますが、2回目以降は払戻の上、新たな特急券の購入が必要となり手数料がかかります。

エクスプレス予約なら、何度でも簡単に変更できて安心ですね!

ただし、予約していた人数を減らす場合は、手数料がかかります。この場合はキャンセル扱いとなります。

直前のキャンセルでも、払戻手数料がお得

PCの前で泣く子供

何らかのトラブルや風邪などで、やむなく直前にキャンセルせざるを得なくなることもありますよね。そのような場合でも、エクスプレス予約なら払戻手数料が安価です!

東京・品川⇔新大阪の指定席特急券の場合のキャンセル料は、普通の切符なら前日・当日払戻手数料は1,710円です(大人片道・のぞみ利用・普通車指定席・通常期)。出発日1日前~出発時刻までは料金の30%がかかります。

しかし、エクスプレス予約なら  EX予約サービスの場合いつでも310円です。出発日1日前~出発時刻までのキャンセルだと1,400円も安価です。

エクスプレス予約専用の「切符」(e特急券等)の場合は、いつでも1名あたり330円、自由席券については220円です。

○のポーズの女性

トラブルや体調不良でどうしてもキャンセルせざるを得ない場合は誰にでもあります。そういう時に高額の手数料が発生してしまうと、事前に決まっていることなので仕方ないこととはいえ、悔しいですよね。

しかし、エクスプレス予約なら少額の手数料しか発生しません。これは大きなメリットです。

エクスプレス予約の払戻手数料は、EX予約専用ICカードでの改札入場前or切符の受取前で、かつ列車発車時刻前の際の価格です。切符受取後の払い戻しは以下の駅で行う流れとなります。

モバイルSuicaかJR東海エクスプレス・カードを保有している場合は、博多駅や広島駅で払い戻しを受けたりはできません。

また、J-WESTカードを持っている場合は、東京駅や名古屋駅で払い戻しを受けることはできません。


グリーン特典(グリーンプログラム)で、グリーン車に乗れる!

東海道新幹線

エクスプレス予約で新幹線に乗車すると、「グリーンプログラム」が適用されて、利用区間に応じて自動的にポイントが貯まります。

以下3つのどれかをエクスプレス予約に登録した場合が対象です。旧・プラスEXのクレジットカードの場合は対象外です。

このポイントが貯まると、グリーン車を普通車の値段で利用できます。登録不要なので便利なプログラムです。

グリーン特典」という席数限定の制度です。グリーン車へのアップグレード価格が無料となります。

グリーン車は空いている傾向にあって快適ですし、電源も用意されているのでPCやタブレットでの作業が捗ります。

東海道新幹線のグリーン車の車両

座席はゆとりがあるスペースが確保されており、快適な移動が可能です。

グリーン車の座席東海道新幹線のグリーン車の足元

電源コンセントはテーブルの肘掛けにあるので、窓側の席でなくても充電できます。

東海道新幹線のグリーン車の電源コンセント

テーブルはマウスを置くスペースがありますし、脇にもテーブルがあるので、PC作業が格段に効率的になります。

グリーン車の座席でPCとコーヒーをテーブルに乗せたところ

普通席はマウスを置くスペースがない新幹線が多いです。やはりタッチパッドだけよりは、ロジクール等の多機能マウスを使う方が作業効率は格段に向上します。

東海道新幹線の普通席

移動中の食事も美味しく食べることができます。東京駅構内の京葉線の方にあるストアでは、なだ万、吉祥、塚田農場など多様なお弁当があります。

東海道新幹線での食事(弁当)

コンビニNEWDAYSでもサラダや食品類があります。

東海道新幹線での食事

車内販売のアイスクリームも美味しいです。

東海道新幹線での食事(アイスとコーヒー)

主要駅で貯まるポイントについて表にまとめました。例えば、東京→新大阪は90ポイント、新大阪→博多は110ポイント貯まります。

駅名東京新横浜静岡名古屋京都新大阪新神戸岡山広島
新横浜10        
静岡2020       
名古屋505020      
京都90905020     
新大阪9090502010    
新神戸909090502010   
岡山1101109050502020  
広島1301301109050505020 
小倉1501301301109090905050
博多150150130130110110909050

ポイントの有効期限は、乗車日の翌年6月末日(23:30)までです。

グリーン車の利用に必要なポイント数は、利用区間に関わらず、1席あたり一律で以下のとおりです。

  • のぞみ:1,000ポイント
  • ひかり:800ポイント
  • こだま:600ポイント

例えば、東京・品川⇔新大阪(90ポイント区間)を6往復すれば、1回、「のぞみ」グリーン席を普通車料金で利用できます。

出張・旅行などで新幹線をよく使う方にとっては嬉しい制度ですね^^

新幹線のグリーン車

ポイントを利用したグリーン車の予約は、乗車当日まで可能です。エクスプレス予約で予約する際に、ポイントが貯まっていれば自動的に表示されるボタンを選ぶだけです。

チケットレスのEX予約サービスだけではなく、切符型のEX予約サービスやe特急券でも、この特典は使えます。

グリーンプログラムのサービスは、毎年1月1日~12月31日の1年間が一つのサイクルとなります。各期のポイント有効期限(グリーン特典の予約申込期限)は、乗車日の翌年6月末日(23:30)までです。

「エクスプレス予約グリーンプログラム」は、JR東海エクスプレス・カード(コーポレート)会員、JR東海エクスプレス・カード(E予約専用)会員は対象外となります。

2017年9月2日に往復割引の新設、早特商品の一新

笑顔の女性

2017年9月2日からエクスプレス予約とプラスEXが統合して、既存のエクスプレス予約もリニューアルされました。

往復で予約すると片道ずつよりも割引率がアップする「EX予約サービス(往復割引)」が、新たに片道営業キロが601キロ以上ある区間に光臨しました。

東海道・山陽新幹線の長距離区間が更にリーズナブルになり、お値打ち価格での高速移動が可能になりました。

東京~広島の「片道あたり」の価格(のぞみ普通車指定席・通常期・大人1名)は、往復割引乗車券は17,910円のところ、EX予約サービス(往復割引)は16,290円と1,620円もお得になります。

EX予約サービス(片道)の価格(17,660円)と比較しても1,370円安くなります。

エクスプレス予約のEX-ICカードの台紙

更に早特商品がリニューアルされて、設定区間や利用条件が一新され、早めの予約でさらにおトクな「早特商品」が登場しました

全商品で2名以上でも利用が可能になるので、家族や友達との旅行など多様なシーンでおトクに新幹線を利用可能です。席数限定なのはこれまでとおりです。

  • EX早特
  • EX早特21
  • EXグリーン早特
  • EXこだまグリーン早特
  • EXのぞみファミリー早特
  • EXこだまファミリー早特

発売開始日(乗車日1ヵ月前)の7日前から予約の事前申込ができるサービスも導入されて、より一層便利になります。

その他、ワンタイムパスワード通知メールが導入され、ログインパスワードに英数記号(4~8桁)を設定可能になるなど、セキュリティも堅牢化しました。

事前申込が可能!早特の予約に便利

エクスプレス予約は、発売開始日の7日前5:30~発売開始日当日の9:30の間に、予約の事前申し込みが可能です。

エクスプレス予約の事前申込

発売開始時刻(乗車日1ヵ月前の10:00)までは、手数料なしで事前申込を取り消せます。

予定が決まっている場合で、EX早特21を確実に予約したい場合などに便利です。

エクスプレス予約の事前申込(EX早特21)

事前申込は予約の成立を確約するものではなく、発売手続時に満席などの理由で予約が取れないことがあります。

申込は1件につき第2希望まで指定できます。異なる設備の商品を選択できません。

エクスプレス予約の事前申込

往復割引商品は、往復とも同一乗車日となる場合に限り申込ができます。

第1行程・第2行程で別の日の予約をしたい場合は、復路は往路の乗車日の自由席を予約し、復路の発売開始後に予約変更すればOKです。

申込結果の回答は、第1希望・第2希望をまとめて1回のメールで通知されます。

iPhone・Androidアプリの「EXアプリ」では、事前申込サービスを利用できません。

Chrome、Safariなどのブラウザから、ウェブ版の予約サイトから事前申込を行いましょう。

モバイルSuicaとEX予約専用ICカードの併用は不便

エクスプレス予約に入会してモバイルSuicaで利用する場合、在来線との乗り換えがAndroidスマホ、iPhone一つで済むので非常にスムーズです。

カードタイプだとEX-ICカードとSuicaカードを重ね合わせて通過する必要があり、2枚のカードを管理する手間が面倒です。

エクスプレス予約で改札を通過

なお、モバイルSuica(Apple PayのSuica)とカードタイプのエクスプレス予約専用ICカードを重ねても、エラーが発生して新幹線と在来線の乗り継ぎはできません。

自動改札機の脇にいるスタッフに声をかけて手続きするか、機械できっぷを受け取って通過する必要があります。

エクスプレス予約で新幹線の改札を通過する際にエラー発生

モバイルSuicaとカードタイプのエクスプレス予約の併用は、在来線との乗り継ぎが不便です。

したがって、事前にモバイルSuica、Apple PayのSuicaでエクスプレス予約を使えるように設定すると便利です。

EX予約専用ICカードの代わりとしてモバイルSuicaをエクスプレス予約で登録すると、スマホ1つで東海道・山陽新幹線と在来線の乗り継ぎができるようになります。

モバイルSuica、Apple PayのSuica(以下、両方を合わせて「モバイルSuica」)は、エクスプレス予約のICカード代わりとなります。スマホ1...

以下はスマートEXを登録したモバイルSuicaで新幹線の改札を通過した写真ですが、エクスプレス予約でも同様に通過できます。

スマートEXで東海道新幹線の改札を通過したところ

2名以上で予約する場合の注意点

エクスプレス予約で2名以上のきっぷを購入する場合は、受け取り手続きが必要になります。

2名以上を同時に予約した場合、エクスプレス予約専用ICカードで乗車することはできません。乗車前にきっぷ受取機で紙の切符を受取る必要があります。

会員本人のみエクスプレス予約専用ICカードで乗車する場合は、2回に分けて別々に乗車すればOKです。

  1. 会員本人1名分のみエクスプレス予約の商品を予約
  2. 同伴者の分は別操作でエクスプレス予約の商品を予約

予約操作が分かれてしまっても、一定数の空席があれば座席表から隣の席を選ぶことができます。

万が一2回目の予約の前に隣の席を別の人が予約した場合、最初の予約の席を別の席に移動させればOKです。

2回目の予約の際には重複するきっぷを予約しているというアラートが出ます。問題ない場合はOKを押して進みましょう。

エクスプレス予約での重複予約の注意喚起画面

予約を確認すると、2回目の予約の分は「IC不可 きっぷをお受け取りください」と表示されます。

エクスプレス予約の予約確認・変更・払戻画面

予約完了後に送られてくるメールにもその旨の記載があります。

エクスプレス予約の予約内容メール

ICカード紛失時はクレジットカードがあればOK

エクスプレス予約のICカード、スマホ・スマートウォッチ(モバイルSuicaの場合)を紛失してしまった等で使えなくなった場合でも、新幹線に乗ることは可能です。

エクスプレス予約に登録してあるクレジットカードがあればOKです。

エクスプレス予約のきっぷ受け取り機の「カード」に決済用クレジットカードを入れれば、紙のきっぷを発券できます。

エクスプレス予約のきっぷ受け取り機

ログインパスワードの入力が必要となります。画面をタッチして紙で受け取る予約を選択して、パスワードを入力するだけです。

エクスプレス予約(EX予約)のきっぷ受け取り

万が一の紛失などに備えるためには、エクスプレス予約に登録している決済用クレジットカードは持ち歩くのが安全です。

モバイルSuica/Apple Payの機種変更時は手続きが必要

東海道新幹線(新大阪駅)

モバイルSuica、Apple PayのSuicaは、機種変更で新しい携帯電話・iPhone・Apple Watchに移した場合、Suica ID番号が変わります。

iPhone 7とiPhone X(裏面)

したがって、モバイルSuica/Apple PayのSuicaをエクスプレス予約に使っていた場合は、機種変更の登録手続きが必要になります。

以下の再設定操作で機種変更後の新しいiPhone等のSuicaとエクスプレス予約の会員情報が連携されます。

  1. Suicaアプリケーションを起動
  2. エクスプレス予約に利用するSuicaを選択
  3. 「チケット購入・Suica管理」をタップ
  4. 「エクスプレス予約(JR東海)」をタップ
  5. 接続確認画面で「同意する(接続)」をタップ
  6. エクスプレス予約パスワードを入力し「ログイン」をタップ
  7. 機種変更登録確認画面で「機種変更登録」をタップ

ただし、この操作を完了しても、既に予約済みの当日乗車分チケットは、新しい端末では乗車ができないので、券売機での発券が必要です。この点に注意しましょう。

機種変更登録操作後に予約を行った当日乗車分チケットは、機種変更後の新しいiPhoneやApple Watchで乗車できます。

スマートEX、エクスプレス予約を使っている場合は、新幹線に乗る当日はSuicaの移行作業を行わないのが無難です。

どうしても当日になる場合は、発券作業が必要なので余裕を持って駅に行きましょう。

EXきっぷ受け取りの機械

エクスプレス予約と旧・プラスEXの比較

靴を比較する女性

2017年9月1日までは、東海道新幹線をお得に予約する方法としては、JRとの提携クレジットカード限定の「エクスプレス予約」と、主要カード会社8社のクレカが利用できる「プラスEX」の2つがありました。

  • エクスプレス予約:年会費1,080円(税込)
  • プラスEX:年会費540円(税込)

プラスEXは2017年9月2日からエクスプレス予約に統合され、年会費は1,080円(税込)に統一されました。ただし、グリーンプログラムは適用されません。

グリーンプログラムを利用するにはビューカード&モバイルSuica、JR東海エクスプレスカード、J-WESTカードでのエクスプレス予約への加入が必要です。

携帯電話、パソコン、スマートフォンから、東海道新幹線(東京~新大阪)の指定席が予約できる「プラスEX」というサービスがあります...

また、Suica・PASMOなどの交通系ICカードだけで、東海道・山陽新幹線(東京~博多間)に乗れる「スマートEX」が登場しました。

スマートEXで東海道新幹線の改札を通過したところ

新幹線の費用はクレジットカードでの支払いとなります。VISAMastercardJCBアメックスダイナースクラブであればOKです。年会費は無料で簡単にスマホやPCで予約できます。

既存のSuica・PASMOで簡単に新幹線にスムーズに乗車できること、Apple PayのSuicaでも利用可能なのがメリットです。

しかし、料金面での割引はエクスプレス予約より小さいがデメリットです。

「スマートEX」というサービスが2017年9月30日より始まります。Suica・PASMO・ICOCA・manaca・TOICAなどの交通系ICカードで、東海道・...

スマートEXをモバイルSuicaで使う手順、留意点については、以下にまとめています。

モバイルSuica、Apple PayのSuica(以下、両方を合わせて「モバイルSuica」)は、交通系ICカードで東海道・山陽新幹線に乗れる「スマー...

JR東日本の新幹線では、利用開始の登録をするだけで在来線のようにSuica・PASMOをタッチするだけでOKのサービスが開始しました。

JR東日本が事前の購入手続きや会員登録不要で、在来線のようにSuica等の交通系ICカードで新幹線に乗車できるサービスを開始します。「...

2019年度末頃にはインターネットで予約するとJR東日本の新幹線にSuica、Kitaca、ICOCAで乗車できるサービスが開始します。

JR東日本・JR北海道・JR西日本が、2019年度末頃に、Suica、Kitaca、ICOCAで新幹線に乗車できるサービスを開始します。インターネット...

新幹線に安く乗るためには、エクスプレス予約、プラスEX、スマートEX、金券ショップなどの活用が必要になります。

従来のプラスEXは各種JCBカード(プロパー以外の一部カードも)、三井住友VISAカード、イオンカード、アメックスなどで使えました。詳細は以下で徹底解説しています。

プラスEXとは、携帯電話、パソコン、スマートフォンから、東海道新幹線(東京~新大阪)の指定席が予約できるサービスです。JRグルー...

最もエクスプレス予約がお得

エクスプレス予約、スマートEXの比較をまとめると下表のとおりです。

項目スマートEXエクスプレス予約
(旧・プラスEX)
エクスプレス予約
区間東海道・山陽新幹線
(東京~博多間)
東海道新幹線
(東京~新大阪間)
東海道・山陽新幹線
(東京~博多間)
対象
クレカ
国際ブランドが以下ならOK
Visa
Mastercard
JCB
アメックス
ダイナースクラブ
以下の会社の発行カード
JCB
三井住友カード
三菱UFJニコス
イオン銀行
アメリカン・エキスプレス
セディナ
三井住友トラストクラブ
トヨタファイナンス
ビューカード
(モバイルSuica)
エクスプレスカード
J-WESTカード
(エクスプレス)
年会費無料1,080円(税込)1,080円(税込)
カード交通系ICカード専用カード専用カード
特典--グリーンプログラム
モバイル対応モバイルSuica
Apple PayのSuica
モバイルSuica
Apple PayのSuica
モバイルSuica
Apple PayのSuica
割引
特定市内駅・
都区内制度
---
東京⇔名古屋普通車指定:10,890円
グリーン車:14,480円
普通車指定:10,110円
グリーン車:13,700円
普通車指定:10,110円
グリーン車:13,700円
東京⇔新大阪普通車指定:14,250円
グリーン車:19,030円
普通車指定:13,370円
グリーン車:18,140円
普通車指定:13,370円
グリーン車:18,140円
新大阪⇔博多普通車指定:15,110円
グリーン車:21,070円
普通車指定:13,240円
グリーン車:18,540円
普通車指定:13,240円
グリーン車:18,540円
早特
在来線との乗継モバイル端末1つでOKモバイルSuicaとEX予約専用ICカードを重ねての通過は×
初期手続き登録してすぐに利用可登録後2~3週間必要

料金、サービス面のいずれにおいても、エクスプレス予約が最も優遇されています。

早特商品の枠はエクスプレス予約が優遇

エクスプレス予約、スマートEXが紙の切符と比較して優れているのは、早特での大幅な割引です。

ただし、期間が限定されており、繁忙期(正月・GW・お盆など)には早特の購入ができない期間があります。

早特が利用できる日はエクスプレス予約の方が多く、スマートEXが購入できない期間もあります。

東京→京都でグリーン早特を予約しようとしたところ、スマートEXではNGでエクスプレス予約だと可能だったことがあります。

エクスプレス予約の方がスマートEXより早期予約の枠が広い例 (スマートEXの画面)エクスプレス予約の方がスマートEXより早期予約の枠が広い例 (エクスプレス予約の画面)

利用できるまでの期間

スマートEXは会員登録したその日からすぐに使えるようになります。

他方、エクスプレス予約は対応クレジットカードで手続きしてから、会員ICカードが送られてくるまで2~3週間程度かかります。

お得な優待特典もある

笑顔の女の子

エクスプレス予約には、駅ビルや駅構内の店舗、駅直結の施設で、クレジットカードと同様にお得な優待特典があります。サービスを利用する場合はお得です。

駅ビル・店舗場所・特徴優待特典
東京一番街東京駅八重洲口直結の商業施設5%OFF
キュービックプラザ新横浜新横浜駅直結の商業施設10%FF/15%OFF/25%OFF/ドリンク・ワイン等サービス/餃子一皿等
パルシェ静岡駅直結の駅ビル5%OFF/10%OFF/ドリンクサービス/商品プレゼント等
アスティ静岡静岡駅構内のレストラン・ショッピング街5%OFF/10%OFF/ドリンクサービス/プレゼント等
メイワン静岡駅直結の駅ビル5%OFF/10%OFF/ドリンクサービス/プレゼント等
JR名古屋駅ショッピング店・飲食店JR名古屋駅構内の
ショッピング店・飲食店
5%OFF/10%OFF/300円OFF/プレゼント等
アスティ京都京都駅構内のレストラン・ショッピング街5%OFF

バーガーキング、QBハウス、日本海庄や等のチェーン店や、クリエイト・レストランツHD系列の店舗もあります。

対象店舗利用時に、エクスプレスカード、J-WESTカード(エクスプレス)、EX予約専用ICカード、エクスプレス予約会員証のどれかを提示すれば優待を受けられます。

また、プラスEXのIC乗車サービスで東海道新幹線を利用すると、タイムズカープラス(カーシェアリング)の利用料金が206円優待される「EX予約レール&カーシェア」というサービスがあります。

タイムズカープラス

タイムズカープラス貸出日の当日か前日に、対象ステーションの新幹線最寄駅までEX予約サービスを利用した場合に割引を受けられます。

また、タイムズ駐車場で優待料金が受けられる「EX予約パーク&ライド」というサービスもあります。出口精算機に駐車券を入れてから、パーク&ライド認証用リーダーの上部にある「開始」ボタンを押します。

その後、EX予約専用ICカード等をリーダーにタッチすれば、出庫日当日に対象駅で新幹線を下車した履歴があれば、駐車料金が優待料金に自動的に変更されます。

Apple Payでエクスプレス予約を利用可能に

Apple Pay

iPhone7 / 7 Plus、Apple Watch Series 2から、おサイフケータイに類似するサービス「Apple Pay」が利用可能になりました。

いよいよApple Pay(アップルペイ)が日本対応して、わが国においても使いやすくて便利な仕組みとなりました。モバイルSuicaに類似した...

モバイルSuicaに類似した仕組みで電車・バス等に乗ることができます。また、iD、QUICPayの店舗でお買い物することが可能です。

ANAスキップサービスにも対応して、iPhoneでANAの飛行機に搭乗できます。今後も対応の電子マネーは拡大していくことが見込まれます。

iPhone 7とiPhone X(裏面)

アップルペイは2016年10月25日から日本でサービスを開始して、iPhoneによってお店でお買い物をしたり、電車・バスなどに乗ることができるようになりました。

Apple PayではモバイルSuica特急券・Suicaグリーン券・Suica定期券を利用できます。

当初はエクスプレス予約を利用できませんでしたが、現在は利用可能になりました。

Suicaは使えますが、PASMOSMART ICOCA、PiTaPaには対応していません。Suica機能で改札は通過できますが、パスモの定期券は搭載できません。

7以降のiPhoneにフェリカの読み取り機と信号をやり取りする機能が搭載されて、フェリカ対応の読み取り機があるコンビニ、自販機、改札などで、iPhoneでの決済が可能となりました。

アップルがiPhone 7にFeliCa(フェリカ)を搭載することになり、2017年に日本でスマホを使った決済サービス「アップルペイ」を開始する...

Apple PayとSuica、国際ブランドの関係については、以下にまとめています。

ついに日本でも始まった「Apple Pay」。当初はクレジットカードの国際ブランドのうち、JCB、Mastercard、アメックスが便利に使えます...

セキュリティも高く、安心に利用できるような頑健な仕組みとなっています。個人情報は、暗号化された状態で安全にデバイス内のセキュア・エレメントに保管されます。

Apple Payを使っている端末を紛失した場合、「iPhoneを探す」機能で紛失モードに設定すると、簡単にApple Payの利用を一時停止できます。

新しいiPhoneやApple Watchに、Suicaのチャージ残高や定期券を移行することも可能です。Apple Payが使えるクレジットカードについては、以下で比較しています。

iPhone X / 8 / 8 Plus、Apple Watch Series 3は前モデルに続いて、おサイフケータイに類似するサービス「Apple Pay」(アップルペイ)...

アップルペイでのSuicaチャージでポイントが貯まるクレジットカードについては、以下にまとめています。

iPhone、Apple Watchによるモバイル決済サービス「Apple Pay」では、Suicaも利用できます。iD、QUICPayでのお買い物の他、Suicaチャー...

エクスプレス予約の利用手順

申し込み

エクスプレス予約を使うためには、まず対応クレジットカード会社で申し込み手続きを行います。

ただし、スマートEXに登録してあるのと同じクレジットカードは使えません。

この場合はスマートEXのクレジットカード情報を変更してから、エクスプレス予約に申し込む必要があります。

ビューカードの場合は、モバイルSuicaのアプリメニューかApple PayのSuicaアプリのチケット購入・Suica管理画面から「ビュー・エクスプレス特約」を選択して申し込みます。

申し込み受付後、約2~3週間でJR東海から「EX予約専用ICカード」が簡易書留で届きます。

会員登録

EX予約専用ICカードが届いたら、JR東海エクスプレス予約サイトへアクセスして、画面の案内に従って「会員登録(利用開始手続き)」を行います。

ビューカードの場合のみアプリメニューから行います(スタートガイド)。

まずメールアドレスを入力すると、会員登録用のURLが記載されたメールが届くのでそこから手続きします。

エクスプレス予約の登録画面(メールアドレス入力)

次にエクスプレス予約に登録してあるクレジットカード番号・有効期限・生年月日を入力します。

エクスプレス予約の登録画面(クレジットカード情報入力)

会員規約・特約に同意して、電話番号・パスワード等の会員情報を入力すれば手続完了です。

10桁か12桁の会員IDが表示されます。今後エクスプレス予約にログインする際に必要なので記録しておきましょう。

会員IDが発行されたら手続きが完了で、サイトやアプリでエクスプレス予約ができるようになります。

予約後

予約後はメールに予約内容が送られてくるので記録代わりになります。もちろん会員サイトではいつでも確認できます。

エクスプレス予約での予約手順 (5)

乗車日当日もリマインドのメールを送ってくれます。

エクスプレス予約の本日乗車分の予約案内メール

まとめ

エクスプレス予約の看板

エクスプレス予約には、複数のバリエーションがあり、自分の状況に応じてお得に利用できます。

  • 新幹線の発着駅から区内・市内の駅までの乗車券も無料となる特定市内駅制度・都区内制度や往復割引も使える「e特急券」
  • チケットレスで乗車できる「EX予約」
  • 乗車の3日前(23:30)までの予約でリーズナブルな「EX早特」
  • 2名以上の予約でお得な「EX予約サービス」

回数券等と異なり、期間が限定されているわけではありません。年末年始やゴールデンウィークなどの期間も含め、年間を通じてお得な価格で利用できます。

予約の変更が何度でも無料で可能で、直前のキャンセルでも、払戻手数料がお得なのも大きなメリットです。

飛行機と比べた新幹線のメリットは、出発よりも早めに行かなくていいことや、車内で自身の高速インターネットにつないでバリバリとネットを楽しんだり、作業ができることですね。

エクスプレス予約で改札を通過 (2)

グリーン特典によって、新幹線の乗車でポイントがたまり、グリーン車に普通車の価格で乗れるのも魅力的です。出張・旅行などで東海道新幹線をよく使う方ですと、かなりお得な制度です。

領収書はパソコンの会員画面から印刷することもできます。JR東海エクスプレス予約の入会ご案内デスクは以下のとおりです。

  • 電話番号:0120-554-244(フリーダイヤル)
  • 受付時間:平日9:00~17:00(年末年始除く)

最後におさらいしますと、エクスプレス予約でグリーンプログラムを利用するには、以下3つのどれかのJRカードが必要です。

交通系電子マネーへのチャージでのポイント還元率が最も高いのはビューカードの1.5%です。

したがって、モバイルSuicaが利用できる場合は、ビューカードで登録したモバイルSuicaが便利です。対応のスマートフォンやガラケーがある場合は有力候補です。

ビューカードは、日本を代表する交通系電子マネーであるSuicaへのチャージがお得なクレジットカードです。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめの「電子マネーチャージがお得なカード」としてビューカードを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

お得にSuicaチャージすることが可能になり、家計が頑健化します。日々の生活を豊かに彩ることができます。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

また、67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんも、ビックカメラSuicaカードがSuicaチャージにおすすめとおっしゃっていました。

菊地崇仁さん
仕事をやめて保有カードを処分したとしても、ビックカメラSuicaカードは残ります。

クレジットカードのレジェンドがプライベートでも保有するのがビックカメラSuicaカードです!

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

代表的なビューカードについては以下をご参照ください。

カード名年会費(税込)一般加盟店Suicaチャージ備考
ビックカメラSuicaカード515円(年1度の利用で無料)1.0%1.5%ビックカメラでSuica払いならポイント二重取り
「ビュー・スイカ」カード515円0.5%1.5%定期券一体型
JRE CARD5150.5%1.5%アトレ等のJRE CARD優待店で約3.5%還元
ルミネカード1,030円0.5%1.5%ルミネで5-10%OFF
ビューゴールドプラスカード10,800円0.5%1.5%新幹線グリーン車利用券・東京駅ラウンジ等の特典
大人の休日倶楽部ミドルカード2,5750.5%1.5%大人の休日倶楽部パス、JR東日本線・JR北海道線5%OFF等
大人の休日倶楽部
ジパングカード
4,285円
(夫婦会員7,320円)
0.5%1.5%大人の休日倶楽部パス、JR東日本線・JR北海道線30%OFF等
JALカードSuica2,1600.5-2%0.5-1%JRE POINTをJALマイルに移行可
JALカード特約店では2倍
JALカードSuica
CLUB-Aカード
10,8000.5-2%0.5-1%JAL CLUB-Aカード特典
JALカードSuica
CLUB-A ゴールドカード
20,5200.5-2%0.5-1%ビューゴールドプラスカード特典
JAL CLUB-Aカード特典

グリーンプログラムが不要であれば、幅広いクレジットカードでエクスプレス予約を利用可能です。代表的なカードは下表の通りです。

会社カード名還元率年会費(税込)
JCBリクルートカード1.20%無料
JCB EIT1.00%無料
ANA To Me CARD PASMO JCB0.50%2,160円
To Me Prime PASMO0.50%50万円以上利用で無料
JCBオリジナルシリーズ0.5%-0.85%無料~5万円
JCB LINDA0.50%無料で維持可能
三菱UFJニコスDCカード Jizile1.50%無料
MUFGカード ゴールド0.5-1.1%1,028円で維持可
MUFGカード・プラチナ・アメックス0.5-1.35%21,600円
イオン銀行イオンカードセレクト0.5-1.5%無料
ベネッセ・イオンカード0.50%無料
アメックスアメックス・グリーン0.3-1.0%12,960円
アメックス・ゴールド0.3-1.0%31,320円
SPGアメックス1.0-1.25%33,480円
ダイナースダイナースクラブカード0.3-1.0%23,760円
銀座ダイナースクラブカード0.3-1.0%27,000円
ANAダイナースカード1.0%29,160円
三井住友カード三井住友VISAデビュープラスカード1.00%無料で維持可
三井住友VISAクラシックカード0.50%無料で維持可
三井住友VISAクラシックカードA1-1.65%無料で維持可
三井住友VISAアミティエカード0.5-1.15%無料で維持可
三井住友VISAエブリプラス0.5-1.65%無料
三井住友VISAエグゼクティブカード0.5-1.15%1,080円で維持可
三井住友VISAプライムゴールドカード0.5-1.3%1,620円で維持可
三井住友VISAゴールドカード0.5-1.3%4,000円で維持可
三井住友VISAプラチナカード0.5-1.3%52,920円で維持可
ANA VISAカード最大1.8%811~86,400円
ANA Mastercard最大1.48%811~15,120円

JR東日本の新幹線(東北・山形・秋田・上越・北陸新幹線)にリーズナブルに乗るには、モバイルSuica特急券が便利です。詳細は以下で徹底解説しています。

モバイルSuicaは、新幹線の切符や特急券も買えます。「モバイルSuica特急券」という名前で「モバトク」と呼ばれています。更にお得な...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-ビューカード, 家計
-

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.