アメックス・プラチナのダイニング・イベントに参加した口コミ!SUGALABOの至高の料理を堪能!

更新日: アメックスプラチナ

アメックス・プラチナのダイニング・イベントでの生演奏とアメックスのロゴ

アメックス・プラチナ会員限定で「ダイニング・イベント」というディナーイベントが開催されています。

料理の鉄人で有名な小山薫堂氏がプロデュースしている食の祭典であり、大人気レストランのシェフとコラボして一夜限りの特別メニューの饗宴を堪能できます。

この度はアメックス・プラチナで「ダイニング・イベント」に参加しましたので、体験談・感想をまとめます。

ダイニング・イベントは申し込んで当選したら当選のお知らせが届きます。落選した場合は特に連絡はありません。

アメックス・プラチナのダイニング・イベントの当選のお知らせの郵便物

当選のお知らせ、参加確認書&返信用封筒、開催日時・場所・ベインと内容・参加費などの説明、会場地図が記載された書類が封入されています。

アメックス・プラチナのダイニング・イベントの参加確認書アメックス・プラチナのダイニング・イベントのスケジュール・問い合わせ先の案内アメックス・プラチナのダイニング・イベントの会場地図

参加確認書に記入して返信用封筒に入れて返送すれば、参加が確定します。確定後の改めての連絡はありません。

当日は受付で以下の当選のお知らせとプラチナ・カードを呈示すればOKです。

アメックス・プラチナのダイニング・イベントの当選状

2018年5月31日(木)の2018年第1回ダイニング・イベントに参加しました。日本で最も予約が困難と言われる「SUGALABO」が光臨しました。

THE SUGALABO AWARD 2018 ~日本を巡るSUGALABOの食の軌跡~

SUGALABOの人気の秘密は、月に一度、日本中を旅しながら生産者と直接会話し、常に新たなレシピに挑戦する真摯な姿勢にあります。

その探究心こそが、レストランではなく、あえて「ラボ」と名乗る所以です。ロブションの愛弟子として広く知られ、世界を渡り歩いてきた須賀洋介氏のお店です。

2018年はJAL国際線ファーストクラス 日本発の洋食も担当しています。

須賀洋介氏はL’ATELIER de Joel Robuchon六本木ヒルズ店で、26歳でエグゼクティブシェフに抜擢されました。

その後、ラスベガス・NY・台湾・パリでの新店舗立上げの陣頭指揮を振るい、世界一星をもつシェフの右腕として活躍して、2015年に満を持してSUGALABOをオープンしました。

SUGALABOのオープン後の3年間では、全国約30県を巡って500人以上もの生産者と巡り合ってきました。

当日はSUGALABOが全国を旅して出会った個性豊かな各地の生産者を招いてくれて、お一人お一人から食材に関するご説明を聞いて食べられます。

THE SUGALABO AWARD 2018の生産者紹介 (2) THE SUGALABO AWARD 2018の生産者紹介 (3) THE SUGALABO AWARD 2018の生産者紹介 (4) THE SUGALABO AWARD 2018の生産者紹介 (1)

シェフと生産者が結びつき、創り出された一夜限りの特別メニューをシェフと生産農家のトークとともに味わうことが可能です。

当選と同時にプラチナ・カードで、同伴者分を含めて一括で決済される方式となります。利用明細では「プラチナ ライフスタイル サービス」と表示されます。

アメックス・プラチナのダイニング・イベントの支払料金

会場は東京アメリカンクラブでした。最寄り駅は神谷町・赤羽橋駅で、銀座からはタクシーで千数百円です。

東京アメリカンクラブ東京アメリカンクラブの建物

入り口にはキレイなお花が飾ってしました。花という植物は本当に偉大で心が和みます。

東京アメリカンクラブの入り口

会場の地下2階に降りるとアメックスの暖簾がありました。シンプル&優美でカッコよくて絵になります。

東京アメリカンクラブに設置されたアメックスの暖簾

アメックスのオブジェもあり、華やかな会場をより一層引き立てています。

東京アメリカンクラブ地下2階東京アメリカンクラブの廊下

入り口でウェルカムドリンクのシャンパンを戴けました。銘柄はPOL ROGER RESERVE(ポル・ロジェ・レゼルヴ)。

「気品と優美」を哲学のシャンパーニュであり、木樽を一切使用せずステンレス・タンクで発酵させることによって、ブドウ本来の繊細な味わいが引き出されています。

ルミュアージュを重視し、今でも職人によって手作業で行う数少ないハウスの一つです。

その品質は元イギリス首相チャーチル氏をも虜にし、2004年には英国王室御用達に任命されるなど、国際的に高い評価を得ています。

アメックス・プラチナのダイニング・イベントのウェルカムシャンパン

会場はオシャレなホールで、オシャレにライトアップされて最高の雰囲気です。

アメックス・プラチナのダイニング・イベントの会場アメックス・プラチナのダイニング・イベントのテーブルアメックス・プラチナのダイニング・イベント

テーブルの上には2018年第1回ダイニング・イベント「THE SUGALABO AWARD 2018 ~日本を巡るSUGALABOの食の軌跡~」の内容が書かれた冊子がありました。

「THE SUGALABO AWARD 2018 ~日本を巡るSUGALABOの食の軌跡~」の内容が書かれた冊子

まずはアメックス・プラチナの「ダイニング・イベント」のプロデューサー・小山薫堂さんのご挨拶がありました。

大好評のイベントでもう5年目だそうです。節目の今年は各回毎にテーマを設けてよりユニークな企画となっています。

アメックス・プラチナの「ダイニング・イベント」での小山薫堂氏の挨拶

続いてアメックスの本部長の方のご挨拶もあり乾杯でした。最高に楽しい乾杯でした!

泡いっぱいの幸せが舞い降りるような雰囲気の中、アメックス・プラチナの「ダイニング・イベント」の饗宴がスタート。

アメックス・プラチナの「ダイニング・イベント」の乾杯

須賀洋介さんが光臨して、至高の晩餐会が開始しました。

アメックス・プラチナのダイニング・イベントに登場した須賀洋介氏

料理が出る度に生産者の方々をご紹介してくれるのが特徴です。やはり素材を提供してくれている方の顔、エピソードを聞けるとより一層おいしく食べられます。

料理の1品目は佐賀 有明海 海男”ふわふわ牡蠣”でした。抜群の素材と最高のタルタルソースがまさに絶品。最初から強烈な幸せを感じました。

佐賀 有明海 海男 ふわふわ牡蠣

2杯目のお酒はシャンパーニュのオートクチュール「クリュッグ」でした。

アメックス・プラチナのダイニング・イベントで出たクリュッグ

1843年の創業以来、6世代にわたって伝統の製法が忠実に継承されてきた「帝王」の名を持つシャンパーニュ・メゾンが生産しています。

クリュッグの品質は一族の誇りと情熱、一切の妥協を許さない職人気質により守り続けられており、型にはまらないこと、妥協しないこと、細部までのこだわりに表れる情熱や職人技、小規模生産者故の希少性が特徴となっています。

類まれなるゴージャス感、たくましいテクスチャー、濃密な香り、深く鎮まる重厚な味わいを誇っています。まさにトレボン!

クリュッグ、お水

それぞれの区画が持つ個性を重視して、収穫されたブドウを区画ごとに異なる樽で熟成させた後、芸術にも喩えられるアッサンブラージュによって150〜200種類ほどのワインから約50種をブレンド。

クリュッグの魅惑的な魅力にとり憑かれた愛好家たちは「クリュギスト」と呼ばれており、かのココ・シャネル(シャネルの創業者)、ヘミングウェイ、マリア・カラスといった世界の偉人たちを虜にしてきました。

アメックス・プラチナのダイニング・イベントは食べ物はもちろん、飲み物も超一流です。

パンも卓越した美味しさで頬が緩みました。以下の写真の青い部分は光り輝くアメックスのオブジェの反射です。

アメックス・プラチナのダイニング・イベントのパン

島根の城市農園"桃太郎トマト"、兵庫三田の天然じゅんさいは健康的で体が元気になる味わいでした。味の深さが深遠。

島根の城市農園桃太郎トマト、兵庫三田の天然じゅんさい

京都の丹後とり貝 賀茂茄子、鳥取の西河商店"関金わさび"は、すべてが卓越した味わいで脳が幸せを感じました。

京都の丹後とり貝 賀茂茄子、鳥取の西河商店関金わさびの容器 京都の丹後とり貝 賀茂茄子、鳥取の西河商店関金わさび

白ワインのComtes Lafon Meursault 1er cru Goutte d'Or 2007は、レアなワインでなかなか飲む機会が少ないので嬉しかったです。味も抜群!!

Comtes Lafon Meursault 1er cru Goutte d'Or 2007

岐阜・関の多田さんの生ハム"ペルシュウ"は、本場・イタリアのパルマで修行した方が生産しています。

お客様に一番美味しい状態でおろしたいという考えで、パルマと一番近い気候である岐阜の山奥を本拠地として選び、熟成させた生ハムです。

「知らない人にはおろさない」という職人気質の方で、須賀洋介さんも何度も断られて、諦めずに何度も通ってようやく提供してもらえるようになったそうです^^

岐阜・関の多田さんの生ハムペルシュウ

食べた感想としては、これ程までに美味しい生ハムは初めてでした。噛めば噛む程に旨味が口中に広がっていき、舌の上でとろける圧巻の味でした。

続くお酒は秋田の山本純米大吟醸 木桶仕込み アイスピンク。山本さんの蔵にはビートルズが流れているそうです。ビートルズを聞いて育ったお酒!!

秋田の山本純米大吟醸 木桶仕込み アイスピンクを注いでもらうシーン

アルコールのドリンクはワインがメインだったものの、日本酒も戴けました。個人的にワインと日本酒が大好きなので、めっちゃ嬉しかったです。

やはり上質の日本酒というのはファンタスティックでグレートです。

秋田の山本純米大吟醸 木桶仕込み アイスピンク

北海道・恵山のきんき、青森の野辺地小かぶ、三重の天ぱくの鰹節は、慈愛さえ感じるような旨味で頬が緩みました。

伊勢志摩サミットやSUGALABOなどで提供されていることもあり、お出しを使うというのが広がっています。伊勢神宮の里山を守ることにつながっているかつお節です!

北海道・恵山のきんき、青森の野辺地小かぶ、三重の天ぱくの鰹節

メインの肉料理と合わせる赤ワインはシャトー・パルメ 2003でした。前から一度飲んでみたかったので嬉しかったです!

シャトー・パルメ 2003のボトル

シャトー・パルメ 2003

鹿児島の黒毛和牛、高知の嶋崎ファーム"土佐ジロー卵"は、ジュワ~っとしたたる肉の旨味が感動的クオリティで、その豊潤さには身震いする程でした(*´ω`*)

卵も至高の味わい。鳥は3時〜4時に鳴き始めるので、朝早く起きて丹精込めて精算されている卵です。生命力の源的な力強さがありました。

鹿児島の黒毛和牛、高知の嶋崎ファーム土佐ジロー卵

さっとおしぼりを出してくれるのがステキでした。言わないと出てこないのは微妙ですね。

アメックス・プラチナのダイニング・イベントのおしぼり

高知の白木果樹園 小夏、静岡の三余農園 甘夏は、さっぱりとした上品な甘みがお肉の後の口直しとして最高でした。

「木と話をできなくては一人前ではない。」という3代に渡って引き継がれている名言を元に作られています。柑橘類は酸味が特徴で甘みとのマリアージュは絶品。インターネットで販売しているようです。

高知の白木果樹園 小夏、静岡の三余農園 甘夏

2つ目のデザート・山形の王将果樹園 さくらんぼ、山形の"つや姫"は、マイルドの極みでマイウー以外の何物でもありませんでした。4時起きで収穫した山形のさくらんぼは風雅でした。

山形の王将果樹園 さくらんぼ、山形のつや姫

福岡の特選八女茶は人生で最も美味しいお茶でした。ストックが希少な日本有数のお茶で、600年という壮大な歴史を紡いできた秀逸なクオリティを誇っています。

福岡の特選八女茶

ラグジュアリーコレクションホテル京都の夕食で出た「京都宇治碾茶 The Uji」もめっちゃ美味しかったですけれども、アメックスのダイニング・イベントの緑茶はこれを上回っていました。

京都宇治碾茶 The Uji

茶菓子の焼き立てのマドレーヌも上品な味わいで絶品でした。

焼き立てのマドレーヌ

最後に生産者の方、須賀洋介さん、小山薫堂さんが一同に介して、THE SUGALABO AWARD 2018の投票に関するご説明がありました。参加者が1人1票で投票してグランプリが決まります。

須賀さんから以下の趣旨のご挨拶があり、激しく同感でした。

「色んな地域に行くと素敵な方々がいて、美味しい食べ物がたくさんあります。

四季に恵まれていかに日本が素晴らしいかを実感する日々であり、旅行というと海外旅行というイメージがありますけれども、まずは日本国内にも目を向けて多くの方に色んな地域を訪れていただきたいです。」

THE SUGALABO AWARD 2018に登場した生産者の方、須賀洋介さん、小山薫堂さん

投票を集計している間は、世界的なクラリネット奏者でいらっしゃるリチャード ハリソンさんの生演奏がありました。現代クラリネットのレジェンドの演奏を堪能できました。

アメックス・プラチナのダイニング・イベントでの生演奏

THE SUGALABO AWARD 2018のグランプリは嶋﨑博子さんでした。「これからも頑張って地域に少しでも役立てる養鶏場でありたい」旨のご挨拶が素晴らしかったです。

THE SUGALABO AWARD 2018の発表

出席者には抽選くじがあり、AMERICAN EXPRESS invitesのセリーヌ・ディオン 東京ドーム後援 S席チケットなどが賞品でした。

アメックス・プラチナのダイニング・イベントの抽選クジが入ったボックス

残念ながら引きが弱い私はハズレでしたけれども、ドキドキして楽しめました!

セリーヌ・ディオン 東京ドーム後援 S席チケットの抽選

コンサートペアチケットは抽選ですが、参加者は全員もれなくお土産を戴けました(*´ω`*)

アメックス・プラチナのダイニング・イベントのお土産

アメックス・プラチナの「ダイニング・イベント」は、上質の素材、美しい盛り付け、抜群の味付の三拍子が揃っており、伝統の味に新しい感覚を注ぎ込んで生み出した料理が魅力に溢れていました。

アメックス・プラチナのダイニング・イベント

日本各地の国産食材で構成されたコース料理は、痒いところに手の届く厳選の品々です。

品数の豊富さだけではなく、美味しさも半端ではありません。一品一品が目を見張るような珠玉の料理です。

蝶のように舞い蜂のように刺す華麗な饗宴はまさにショーのよう。ダイニングの真髄を極める究極のエレガンスがそこにありました。

アメックス・プラチナのダイニング・イベントの壇上

会場の出口では須賀洋介さんがいらっしゃって、記念撮影をしていただけました。感激でした( ;∀;) 

SUGALABOの須賀洋介さんとの記念写真(アメックス・プラチナのダイニング・イベント)

東京アメリカンクラブを出る時は幸せに包まれて最高の気分でした。一緒に行った取引先の方も喜んでくれて何よりでした。

東京アメリカンクラブ

アメックス・プラチナの「ダイニング・イベント」は、このような至高の特別メニュー、生演奏、楽しいプログラムが秀逸なイベントです。

嬉しいお土産は、須賀洋介さんとSUETOMIの山口さんが立ち上げた、フランと日本のコラボレーションブランド「S」、ニコライ・バーグマンのお花でした。

アメックス・プラチナのダイニング・イベントのお土産のお菓子とニコライ・バーグマンの花

ケーク大納言「S」は、バターをふんだんに使用した記事に丹波大納言と大徳寺納豆を練り込んだ、風味豊かなパウンドケーキです。

先人が培ってきた伝統を踏まえながら、新しいものの中にも本質を見出した逸品です。

人生最高のパウンドケーキで、あまりの美味しさに涙腺崩壊でした。ニコライ・バーグマンのお花もステキでした。

アメックス・プラチナのダイニング・イベントの中身

アメックス・プラチナを保有していると、至福に包まれるファンタスティックな食事を、カード会員だけの素晴らしい雰囲気の中で満喫できます。

アメックス・プラチナのダイニング・イベントに参加して、美味しい料理を食べられてステキな体験ができて、わが人生に悔いなしという心境になりました。英語だと「bliss」の一言です。

アメックス・プラチナアメックスのダイニング・イベントのSUGALABO AWARDアメックスのオブジェが置かれたテーブル

ダイニング・イベントの受付時にタクシー送迎を希望していたら、終わったらタクシーが待っていてくれて待たずにすぐに送迎してくれます。

東京アメリカンクラブ

まさに類稀な「ゴールド・エクスペリエンス」であり、広大な地球上でも最高峰の夕食でした。まさに「スタープラチナ・ザ・ワールド・ディナー」です。

私がこのような素晴らしい一生に一度味わえてよかった食事を堪能でき、無上の幸福に包まれたのは、アメックスのプラチナ・カードを持っていたからでした。

アメックスのプラチナ・カード会員は、卓越したクオリティでの美食・饗宴を堪能できるダイニング・イベントが満載です。

アメックス・プラチナ

アメックス・プラチナは世界中で知名度が抜群であり、水戸黄門の印籠のようなパワーがあるプラチナカードです。日本国内だけではなく全世界でステータスは随一です。

本物の高貴なクレジットカードであり、珠玉のベネフィットの良さには、ただもう溜息をつくばかりです。人類垂涎の至高の芸術作品といっても過言ではありません。

驚くほどの活気に満ち溢れた雄大なスケール感を有しており、無類の個性が光っています。類まれなるゴージャス感・驚異のスケール感があり、お得なメリットが満載のクレジットカードです。

類まれなるゴージャス感、驚異のスケール感があり、キラリと光るエクセレントな魅力が燦然たる輝きを放っています。

アメックスプラチナのベネフィットガイドの最初の1ページ

特にトラベル関連特典は圧巻の内容であり、他社のクレジットカードではブラックカード級のサービスとなっています。

アメックスのコンシェルジェの航空券手配については、クレジットカードの専門家・菊地崇仁さんも高く評価しています。

菊地さんは67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロです。クレジットカードのレジェンドが、アメックスのコンシェルジェの航空券手配について高く評価なさっています!

プラチナカード、ブラックカードならではのサービスとして、コンシェルジュがあります。ただし、今ひとつ何を頼めるのか、わからない...

まさに「溢れる生命力と優雅さが調和」「最高のバリューの結晶」と評価できるハイ・クオリティー・カードです。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(アメックス・プラチナ)

アメックス・プラチナは突き抜けたベネフィットを誇っているスター・プラチナ・カードです。星の白金であり、「オラオラ」の威力があります。詳細は以下で徹底解説しています。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(AMEX PLATINUM)というクレジットカードがあります。アメックス・プラチナと呼ばれていま...

類稀なプラチナ・エクスペリエンスが可能になり、白金の風が巻き起こります。

クレジットカードの真髄を極める垂涎のベネフィットを享受できます。得られる特典に鑑みると年会費を上回る価値があります。

アメックスの上級カードである「アメックスプラチナ」は、年会費が高いものの、根強い人気があります。充実の特典、上質の素材、高い...

アメックスの本社でのプラチナ・カードの説明会に参加して、プロダクトのご担当者、コンシェルジェの方に話を聞いたところ、実直で素晴らしく他にはない、唯一無二の魅力があると感じました。

 アメックスのプラチナ・カードが2018年10月にメタルカードを導入して、2019年4月8日からはインビテーション制から、インビを待たずに...

2019年4月8日からはインターネットでアメックス・プラチナの自己申し込みが可能になりました。

ただし、会員数が急拡大してコンシェルジェの対応が間に合わなくなった場合は、一時的に制限することも検討されています。今が入会のチャンスとなっています。

公式サイトアメックスプラチナ 公式キャンペーン

いきなり年会費13万円のプラチナ・カードに抵抗がある場合は、まずはアメックス・ゴールドに申し込んで、アメックスのサービスを試してみるのも方法の一つです。

年会費を上回る価値があるポイントを獲得できる入会キャンペーンもあるので、1年間は実質無料で使うことが可能となっています。

ゴールドカード保有後にカードデスクに電話してプラチナ・カードに切り替えることも可能になっています。

アメックス・ゴールド(アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)は、お得な入会キャンペーンを開催しています。また、入会後も...

アメックス・プラチナを保有して多額のカード利用額を積み上げたら、ブラックカード中のブラックカードであるセンチュリオンカードのインビテーションが届く可能性があります。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード(Amex Centurion)というクレジットカードがあります。アメックス センチュリオンと...

保有人数は極めて少なく、希少性が高いレアカードとなっています。

センチュリオンカード(アメックス・センチュリオン)には会員誌「センチュリオンマガジン」(CENTURION MAGAZINE)があります。アメッ...

もう少し年会費を抑えたい場合は、アメックスゴールドアメックスグリーンも選択肢となります。

その他、おすすめのアメックスについては、以下で徹底的に解説しています。

アメックスというクレジットカードがあります。アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド(American Expr...
  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-アメックスプラチナ

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.