アメックスのエアポート送迎サービスは海外旅行・出張で最上級の快適な移動が可能!

更新日: アメックスプラチナ

アメックスのエアポート送迎サービス

アメックスには自宅などの指定の場所と空港の間を車で出迎えてくれる「エアポート送迎」というサービスがあります。新型車輌も導入されており、より一層快適になっています。

センチュリオン・カード会員だと、海外の空港から現地ホテルまでの送迎サービスもあってスペシャルです。

エアポート送迎について、注意点を完全網羅して、わかりやすく徹底的に解説します。

プラチナ・カードのエアポート送迎サービスの内容

アメックス・プラチナのエアポート送迎は、海外旅行や出張の出発・帰国時に、利用可能地域内の指定の場所と空港との間を、提携タクシー会社(MKグループ)の車で送迎してくれるサービスです。

メルセデス・ベンツSクラスや新型アルファードなど、ハイグレードな車種で優先的に出迎えてくれます。

今後も新型車輌を随時導入していく方針となっており、継続的な進化・ブラッシュアップが期待できます。

メルセデス・ベンツコネクション(大阪)の展示車

プラチナ・カードのエアポート送迎サービスを利用すると、空港と自宅などの行き帰りに、ゆったりとした快適な移動が可能になります。

海外旅行・出張からの帰宅時は疲れ切っていることが多いです。重い荷物を引きずって電車を乗り降りして、場合によっては何度も乗り換えたりといった手間が不要です。

手荷物(スーツケース)のカートを押して空港を移動する家族

また、高速代が発生しないのがメリットです。例えば羽田空港と自宅間で定額タクシーを利用した場合、首都高を利用することが多くなります。

高速料金は定額には含まれてない業者が大多数です。また、深夜は深夜料金が別途かかる場合があります。

しかし、アメックスのエアポート送迎サービスは、高速料金・深夜料金などをすべて含んだ価格でシンプル。

夜の高速道路

電車の場合は乗り換えが必要となる方が多く、バスも国内線ターミナルを経由するため、空港を出るだけで時間がかかります。

エアポート送迎サービスを使うと、到着してすぐにタクシーに乗り、家に直行することができます。旅行・出張で疲れた体を癒やせてボディ・フレンドリーです。

スーツケースとやったーと手を広げる女性

エアポート送迎サービスの対象空港は、羽田空港、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港です。利用可能地域は以下のとおりです。

  • 羽田空港:東京都(一部を除く)、神奈川県(西部を除く)、千葉県・埼玉県の一部
  • 成田国際空港:東京都(一部を除く)、神奈川県(西部を除く)、千葉県・埼玉県・茨城県の一部
  • 中部国際空港:愛知県全域
  • 関西国際空港:大阪府全域、京都府・兵庫県の一部

プラチナ・コンシェルジェ・デスクもしくはプラチナ・セクレタリー・サービスを通して、日本発着の往復国際線航空券または海外パッケージ・ツアーを購入した場合に利用できます。

エアポート送迎サービスのアルフォード

1回の購入額が100万円以上の場合(小児・幼児運賃は除く)、片道無料となります。年間利用回数の制限はありません。

1回の購入額が100万円未満の場合は、有料となります。消費税、高速料金、迎車手数料、深夜早朝割増料金など込みの料金は以下のとおりです。

  • 羽田空港:地域により1,500円〜12,000円の定額料金(片道年間4回まで)
  • 成田国際空港・中部国際空港・関西国際空港:5,000円〜15,000円の定額料金(片道年間4回まで)

土・日・祝日を除く出発の3日前までの予約が必要です。配車の状況によって希望が通らない場合があります。

乗り降りは上記対象空港と利用可能地域内の指定の場所(1ヶ所)の間に限ります。複数の場所での乗り降りはできません。

最大5名まで乗車できるのでお子さんが2~3人いらっしゃる方でも安心して利用できます。

手荷物(スーツケース)を引きずって空港を移動する家族

車種は指定できず、チャイルドシートの用意はできません。また、原則として東京湾アクアラインは利用できません。

原則として荷物は1名あたりスーツケース1個までとなり、自転車・サーフボードなどの大きな荷物は除外となります。

センチュリオン・カードのエアポート送迎サービスの内容

アメックス・センチュリオン

アメックスのブラックカードであるセンチュリオン・カードは、プラチナ・カードよりも格段にパワーアップして頑健化しています。

コンシェルジェでビジネスクラス以上の海外航空券か海外パッケージツアー(往復)を購入した場合に、エアポート送迎サービスを利用できます。

基本カード会員の予約が必要で、日本国内では自宅⇔空港、海外では空港⇔ホテルの往復送迎が無料となります。

国内

夜の羽田空港

海外旅行の出発・帰国時に、提携タクシー会社(MK株式会社)の車を専用でチャーターし、利用可能地域内の指定場所と空港との間を無料で送迎してくれるサービスです。

プラチナカードは100万円以上の購入が必要でしたが、センチュリオンカードはビジネスクラス(往復)または海外パッケージツアーでOKです。条件が緩くて嬉しいですね^^

最大乗車人数は5人。原則として、荷物は1名あたりスーツケース1個迄です。自転車、サーフボードなどの大きな荷物は運べません。

羽田空港(国際線)、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港で利用できます。車種は指定できず、利用可能区間は1ヶ所と空港間のみです。複数の場所での乗り降りはできません。

空港対象の都道府県
羽田東京(一部対象外)、神奈川(西部対象外)、千葉・埼玉の一部
成田東京(一部対象外)、神奈川(西部対象外)、千葉・埼玉・茨城県の一部
中部愛知
関空大阪、京都・兵庫の一部

海外

センチュリオンカードは海外でもエアポート送迎サービスが提供されています。海外の各空港とホテルの間を車で往復無料で送迎してもらえます。

対象は、日本発着のホノルル・香港・ニューヨーク・ロサンゼルス・ラスベガス・サンフランシスコ・ロンドン・パリ・ローマ・ミラノ行きの国際線です。

日本発着便に限られるので、乗り継ぎの場合はOKですが、一旦対象外の空港でおりて滞在した後、再び対象空港行きの飛行機に搭乗する場合はNGです。

まとめ

アメックスライフのイメージ

アメックスには自宅などの指定の場所と空港の間を車で出迎えてくれる「エアポート送迎」があり、海外旅行・出張がはかどります。

新型車輌も導入されており、自宅と空港の間の移動が格段に快適になります。特に海外旅行から疲れて帰ってきた時はスペシャルなサービスです。

センチュリオン・カード会員だと、海外の空港から現地ホテルまでの送迎サービスもあって質実剛健です。

アメックス・プラチナ、アメックス・ビジネス・プラチナは、人生がもっと楽しくなる特典が満載であり、新しい地平へ雄飛できる機会を手に入れられます。

プラチナ・カードがある生活は優美でエレガントです。その豪勢で高雅な佇まいはアメリカン・エキスプレスの才気煥発!

アメックス・プラチナ

本物の高貴なクレジットカードであり、珠玉のベネフィットの良さには、ただもう溜息をつくばかりです。人類垂涎の至高の芸術作品といっても過言ではありません。

アメックス・プラチナは世界中で知名度が抜群であり、水戸黄門の印籠のようなパワーがあるプラチナカードです。日本国内だけではなく全世界でステータスは随一です。

本物の高貴なクレジットカードであり、珠玉のベネフィットの良さには、ただもう溜息をつくばかりです。人類垂涎の至高の芸術作品といっても過言ではありません。

驚くほどの活気に満ち溢れた雄大なスケール感を有しており、無類の個性が光っています。類まれなるゴージャスなメリットが満載のクレジットカードです。

類まれなるゴージャス感、驚異のスケール感があり、キラリと光るエクセレントな魅力が燦然たる輝きを放っています。

アメックスプラチナのベネフィットガイドの最初の1ページ

特にトラベル関連特典は圧巻の内容であり、他社のクレジットカードではブラックカード級のサービスとなっています。

アメックスのコンシェルジェの航空券手配については、クレジットカードの専門家・菊地崇仁さんも高く評価しています。

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマであるプロ中のプロが、アメックスのコンシェルジェの航空券手配について高く評価なさっています!

プラチナカード、ブラックカードならではのサービスとして、コンシェルジュがあります。ただし、今ひとつ何を頼めるのか、わからない...

まさに「溢れる生命力と優雅さが調和」「最高のバリューの結晶」と評価できるハイ・クオリティー・カードです。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(アメックス・プラチナ)

アメックス・プラチナは突き抜けたベネフィットを誇っているスター・プラチナ・カードです。星の白金であり、「オラオラ」の威力があります。詳細は以下で徹底解説しています。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(AMEX PLATINUM)というクレジットカードがあります。アメックス・プラチナと呼ばれていま...

類稀なプラチナ・エクスペリエンスが可能になり、白金の風が巻き起こります。

クレジットカードの真髄を極める垂涎のベネフィットを享受できます。得られる特典に鑑みると年会費を上回る価値があります。

アメックスの上級カードである「アメックスプラチナ」は、年会費が高いものの、根強い人気があります。充実の特典、上質の素材、高い...

アメックスの本社でのプラチナ・カードの説明会に参加して、プロダクトのご担当者、コンシェルジェの方に話を聞いたところ、実直で素晴らしく他にはない、唯一無二の魅力があると感じました。

 アメックスのプラチナ・カードが2018年10月にメタルカードを導入して、2019年4月8日からはインビテーション制から、インビを待たずに...

2019年4月8日からはインターネットでアメックス・プラチナの自己申し込みが可能になりました。

ただし、会員数が急拡大してコンシェルジェの対応が間に合わなくなった場合は、一時的に制限することも検討されています。今が入会のチャンスとなっています。

公式サイトアメックスプラチナ 公式キャンペーン

いきなり年会費13万円のプラチナ・カードに抵抗がある場合は、まずはアメックス・ゴールドに申し込んで、アメックスのサービスを試してみるのも方法の一つです。

年会費を上回る価値があるポイントを獲得できる入会キャンペーンもあるので、1年間は実質無料で使えます。

ゴールドカード保有後にカードデスクに電話してプラチナ・カードに切り替えることも可能になっています。

アメックス・ゴールド(アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)は、お得な入会キャンペーンを開催しています。また、入会後も...

アメックス・プラチナを保有して多額のカード利用額を積み上げたら、ブラックカード中のブラックカードであるセンチュリオンカードのインビテーションが届く可能性があります。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード(Amex Centurion)というクレジットカードがあります。アメックス センチュリオンと...

年会費は著しく高いものの、海外旅行・出張、高級ホテル宿泊、ビジネスクラスの有償搭乗の頻度が多い場合は、年会費を超える金銭的価値を得ることも可能です。

アメックスセンチュリオンの年会費は35万円(税抜)とブラックカードの中でも高額であり、果たして保有する意味があるの?と疑問に感じ...

保有人数は極めて少なく、希少性が高いレアカードとなっています。

センチュリオンカード(アメックス・センチュリオン)には会員誌「センチュリオンマガジン」(CENTURION MAGAZINE)があります。アメッ...

ビジネスカードのアメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードでも、エアポート送迎サービスを利用可能です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード(AMEX BUSINESS PLATINUM)というクレジットカードがあります。アメックス・ビ...

もう少し年会費を抑えたい場合は、アメックスゴールドアメックスグリーンも選択肢となります。

その他、おすすめのアメックスについては、以下で徹底的に解説しています。

アメックスというクレジットカードがあります。アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド(American Expr...
  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-アメックスプラチナ

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.