フランス大使公邸でのLA LISTE(ラ・リスト)日本最優秀レストランを祝うレセプション 2018年に参加!アメックスプラチナの神通力!

更新日: アメックスプラチナ

LA LISTE 2018 JAPANの案内

LA LISTE(ラ・リスト)というグルメガイドとレビューの情報蓄積サイトがあります。

毎年、世界で出版される550のグルメガイドやレビューの結果を総合評価して、世界のレストラン上位ランキングトップ1,000を決定しています。

LA LISTE(ラ・リスト)

世界中からの信頼性の高いソースが年間を通して蓄積され、毎年12月には世界トップのシェフたちがパリでの豪華な式典で表彰されて、フランス大統領が最高ランキングのシェフを紹介しています。

この度はフランス大使公邸でLA LISTE(ラ・リスト)日本最優秀レストランを祝うレセプション(2018年)が開催されました。

アメックス・センチュリオン、アメックス・プラチナ会員が参加することができて、この度は参加してきました。秀逸なレセプションで最高の雰囲気でした。

フランス大使館で開催された「ラ・リスト」のレセプションの概要、アメックス会員の申込手順については、以下で徹底的に解説しています。

レストランアワード「ラ・リスト」でランキング上位に選ばれた日本人シェフを招いて、2018年5月にフランス大使館で受賞セレモニー&カ...

申し込んだところ、5月に入ってから、レセプションの招待状が届きました。フランス大使公邸の地図、連絡先、注意事項が分かりやすくてさすがでした。

LA LISTE(ラ・リスト)日本最優秀レストランを祝うレセプション 2018年の招待状

裏面はフランス語でした。英語はなしです。

LA LISTE(ラ・リスト)日本最優秀レストランを祝うレセプション 2018年の招待状(フランス語)

フランス大使館に来たのは、ダイナースクラブ フランスレストランウィークのプレス発表会以来でした。

フランス大使館の入り口

南麻布の落ち着いた雰囲気のリッチに位置しており、緑が豊富で和みます。

入り口にはアメックス会員用の受付がありました。

LA LISTE(ラ・リスト)日本最優秀レストランを祝うレセプション 2018年の受付(アメックス会員)

入り口にはLA LISTE 2018 JAPANのかっこいい案内がありました。アメックス以外ではエールフランス航空、ペリエ・ジュエ等が携わっているようです。

LA LISTE 2018 JAPANの看板

かっこいいお皿が側に展示。表彰式ではシェフの方はこのお皿を授与されていました。

LA LISTE 2018の皿

ソファー横のお花や飾っている絵が素晴らしく、最高のインテリアでした。さすがフランス大使館という雰囲気でした。

フランス大使館の花

ウェルカムドリンクとしてペリエ・ジュエのシャンパン、オレンジジュースなどを戴けました。

LA LISTE日本最優秀レストランを祝うレセプションのウェルカムドリンク

フランス大使館の庭は活き活きとした緑が素晴らしいです。ライトアップされてウットリとする最高のムードでした。

フランス大使館の庭フランス大使館の庭

有名シェフがたくさんいらっしゃって、凄いと驚嘆。招待客がみな幸せそうに歓談しているのが印象的でした。無上の幸福が充満していました。

LA LISTE日本最優秀レストランを祝うレセプションのシャンパン

18時半開門で19時から表彰式というスケジュールで、時間になったら会場に移りました。

フランス大使館

表彰会場は以下でした。

LA LISTE日本最優秀レストランを祝うレセプションの表彰会場LA LISTE日本最優秀レストランを祝うレセプションの表彰部屋

まず駐日フランス大使 ローラン・ピック氏、続いてフランス大使・LA LISTE総裁 フィリップ・フォール氏のご挨拶がありました。

日本とフランスは食に対する情熱が同じであり、日仏の料理は世界で最も優れているというお話があり、いいね!と思いました。

LA LISTEは日本とフランスの友好を称えるものとも評することができ、550以上のガイドブックを網羅して、膨大な数の料理を含めたランキングとなっています。

LA LISTE(ラ・リスト)のアプリの説明

iPhoneAndroidアプリが用意されており、世界165カ国以上で理想的なレストランを見つけることができます。良いレビューがあるお店がリスト化されているので、旅行に行くときも便利です。

ちなみに2018年のトップはフランスの国立造幣局モネ・ド・パリにある「ギー・サヴォワGuy Savoy」でした。

次点は東京の「銀座久兵衛」、ニューヨークの「ル・ベルナルダン(Le Bernardin)」でした。日本の鮨が2位!

3番目に点数が高かったのは、パリの「アラン・デュカス、プラザ・アテネ(Alain Ducasse au Plaza Athénée)」、クリシエ(スイス)の「レストラン・ド・ロテル・ド・ヴィル(Restaurant de l'Hôtel de Ville)」、ニューヨークの「イレブンマディソンパーク(Eleven Madison Park)」。

2017年12月にフランス大統領が招いて紹介された最高ランキングのシェフでは、日本からは小山シェフが参加しました。

世界トップ1,000のランキングの中でも日本は上位であり、日本からは2018年に世界最多となる135店が選ばれました。3年連続世界一となっています!

2番目に多いのは118店舗のフランスで、次いでアメリカ、中国も多くなっています。

そうしたことからセレモニーをフランスから遠い国である日本で開催しているそうです。日本の次は中国でもラ・リスト 2018の催しが開催されたようです。

日本は非常に美食が捗る国ということで、とても嬉しく思いました。

続いてシェフの表彰に移り、目がクラクラするような一流店のシェフが光臨していました。

銀座久兵衛、龍吟、銀座レカン、吉兆、ジョエル・ロブション、ベージュ アラン・デュカス、LA BETTOLA da Ochiai、キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ、オテル・ドゥ・ミクニ、ナベノイズムなど、至高のレストランのシェフが勢揃い。

アメックスのセンチュリオン

最後にアメックスの本部長の方から、ベストパフォーマンス賞が芦屋の京料理 高木に贈呈されていました。

表彰式が終わったらビュッフェの饗宴が開始しました。ペリエ・ジュエのシャンパンも飲み放題!!

LA LISTE日本最優秀レストランを祝うレセプションのシャンパン

よりどりみどりのオードブルは華やかで美味。見た目も味も秀逸。

LA LISTE日本最優秀レストランを祝うレセプションのオードブル

多種多様なチーズは癖や臭みが抑えられていて、慈愛さえ感じるような味わいの豊潤さに身震いする程でした。

LA LISTE日本最優秀レストランを祝うレセプションのチーズ

料理はどれもセ トレー ボン!頬が緩みながら舌鼓を打ちました。

LA LISTE日本最優秀レストランを祝うレセプションの料理 (1) LA LISTE日本最優秀レストランを祝うレセプションの料理 (5)LA LISTE日本最優秀レストランを祝うレセプションの料理 (4)LA LISTE日本最優秀レストランを祝うレセプションの料理 (3)LA LISTE日本最優秀レストランを祝うレセプションの料理 (2)LA LISTE日本最優秀レストランを祝うレセプションの料理 (6)LA LISTE日本最優秀レストランを祝うレセプションの料理 (7)LA LISTE日本最優秀レストランを祝うレセプションの料理 (2)LA LISTE日本最優秀レストランを祝うレセプションの料理 (1)LA LISTE日本最優秀レストランを祝うレセプションの料理 (9)

メインディッシュ的なローストビーフは肉汁がジューシーで極上であり、噛めば噛む程に旨味が口中に広がっていきました。

LA LISTE日本最優秀レストランを祝うレセプションのローストビーフ (2)LA LISTE日本最優秀レストランを祝うレセプションのローストビーフ (1)

デザートも豪華絢爛。別腹です^^

LA LISTE日本最優秀レストランを祝うレセプションのデザート (2)LA LISTE日本最優秀レストランを祝うレセプションのデザート (1)

フランス大使館の夜の庭がライトアップされて美しかったです。

フランス大使館の夜の庭

時間は高速で過ぎ去り、LA LISTE日本最優秀レストランを祝うレセプションはあっという間に終わりました。

本当に楽しくてフランス大使館を出るときは名残惜しさを強烈に感じました。この時間がずっと続けばいいのにと思いました。

フランス大使館の出口

まさに至福の一時を送ることができ、幸せを感じました。

フランス大使公邸という通常は入れない場で、日本を代表するシェフの授賞式に参加でき、素晴らしい料理を堪能できて、ただただ涙腺崩壊です。

まつのすけ
こんな私でも生きててよかった(´;ω;`)

このような素晴らしいエクスペリエンス、人生の宝物となるような体験ができたのは、アメックス・プラチナを持っていたからでした。

アメックス・プラチナ

このような秀逸な体験が可能になるのが、他社基準ではブラックカード級の「プラチナ・カード」の真骨頂です。

お金では買えない経験が可能になります。クレジットカードの真髄を極める究極のエレガンスがそこにありました。

アメックスのセンチュリオン

至れり尽くせりのベネフィットを享受でき、キラリと光るエクセレントな魅力が燦然たる輝きを放っています。

まさに「溢れる生命力と優雅さが調和」「最高のバリューの結晶」と評価できるハイ・クオリティー・カードです。

アメックス・プラチナは、人生がもっと楽しくなる特典が満載であり、新しい地平へ雄飛できる機会を手に入れられます。

プラチナ・カードがある生活は優美でエレガントです。その豪勢で高雅な佇まいはアメリカン・エキスプレスの才気煥発!

アメックス・プラチナ

アメックス・プラチナは世界中で知名度が抜群であり、水戸黄門の印籠のようなパワーがあるプラチナカードです。日本国内だけではなく全世界でステータスは随一です。

本物の高貴なクレジットカードであり、珠玉のベネフィットの良さには、ただもう溜息をつくばかりです。人類垂涎の至高の芸術作品といっても過言ではありません。

驚くほどの活気に満ち溢れた雄大なスケール感を有しており、無類の個性が光っています。類まれなるゴージャス感・驚異のスケール感があり、お得なメリットが満載のクレジットカードです。

類まれなるゴージャス感、驚異のスケール感があり、キラリと光るエクセレントな魅力が燦然たる輝きを放っています。

アメックスプラチナのベネフィットガイドの最初の1ページ

特にトラベル関連特典は圧巻の内容であり、他社のクレジットカードではブラックカード級のサービスとなっています。

アメックスのコンシェルジェの航空券手配については、クレジットカードの専門家・菊地崇仁さんも高く評価しています。

菊地さんは67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロです。クレジットカードのレジェンドが、アメックスのコンシェルジェの航空券手配について高く評価なさっています!

プラチナカード、ブラックカードならではのサービスとして、コンシェルジュがあります。ただし、今ひとつ何を頼めるのか、わからない...

まさに「溢れる生命力と優雅さが調和」「最高のバリューの結晶」と評価できるハイ・クオリティー・カードです。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(アメックス・プラチナ)

アメックス・プラチナは突き抜けたベネフィットを誇っているスター・プラチナ・カードです。星の白金であり、「オラオラ」の威力があります。詳細は以下で徹底解説しています。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(AMEX PLATINUM)というクレジットカードがあります。アメックス・プラチナと呼ばれていま...

類稀なプラチナ・エクスペリエンスが可能になり、白金の風が巻き起こります。

クレジットカードの真髄を極める垂涎のベネフィットを享受できます。得られる特典に鑑みると年会費を上回る価値があります。

アメックスの上級カードである「アメックスプラチナ」は、年会費が高いものの、根強い人気があります。充実の特典、上質の素材、高い...

2019年4月8日からはインターネットでアメックス・プラチナの自己申し込みが可能になりました。

ただし、会員数が急拡大してコンシェルジェの対応が間に合わなくなった場合は、一時的に制限することも検討されています。今が入会のチャンスとなっています。

アメックスプラチナ 公式キャンペーン

いきなり年会費13万円のプラチナ・カードに抵抗がある場合は、まずはアメックス・ゴールドに申し込んで、アメックスのサービスを試してみるのも方法の一つです。

年会費を上回る価値があるポイントを獲得できる入会キャンペーンもあるので、1年間は実質無料で使うことが可能となっています。

ゴールドカード保有後にカードデスクに電話してプラチナ・カードに切り替えることも可能になっています。

アメックス・ゴールド(アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)は、お得な入会キャンペーンを開催しています。また、入会後も...

アメックス・プラチナを保有して多額のカード利用額を積み上げたら、ブラックカード中のブラックカードであるセンチュリオンカードのインビテーションが届く可能性があります。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード(Amex Centurion)というクレジットカードがあります。アメックス センチュリオンと...

保有人数は極めて少なく、希少性が高いレアカードとなっています。

センチュリオンカード(アメックス・センチュリオン)には会員誌「センチュリオンマガジン」(CENTURION MAGAZINE)があります。アメッ...

もう少し年会費を抑えたい場合は、アメックスゴールドアメックスグリーンも選択肢となります。

その他、おすすめのアメックスについては、以下で徹底的に解説しています。

アメックスというクレジットカードがあります。アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド(American Expr...
  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。52枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-アメックスプラチナ

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.