香港国際空港のアメックスセンチュリオンラウンジ訪問記!場所・営業時間・食事・シャワーを解説

更新日: アメックスプラチナ

香港国際空港のアメックスのセンチュリオンラウンジの入り口

アメックスプラチナ、ビジネスプラチナ、アメックスセンチュリオン会員は、世界各国に設置されている「センチュリオンラウンジ(THE CENTURION LOUNGE)」を利用できます。

日本に最も近いのが香港国際空港に設置されているセンチュリオンラウンジであり、日本人にとってもお手軽に利用可能です。

香港のセンチュリオンラウンジについて、実際に利用した経験にもとづき、場所、営業時間、食事、ドリンク、シャワー、条件などを解説します。

フードも充実しており、シャンパンやシグネチャーカクテルも素晴らしいですよ!

香港国際空港センチュリオンラウンジのサービス

香港アメックスセンチュリオンラウンジの犬の絵

香港国際空港に設置されているアメックスのセンチュリオンラウンジでは、米国本土に準じたサービスを受けられます。

  • 地元の料理を含んだフード(センチュリオンカード会員はオーダー式料理も)
  • ビール・カクテル・スピリット・ワイン等のアルコール、ソフトドリンク
  • 無料Wi-Fi、電源コンセント
  • 会議室、プライベート個室
  • パソコン、プリンター、FAX、コピー機
  • テレビ、雑誌、新聞
  • シャワー
  • オシャレなトイレ

航空会社のビジネスクラスラウンジのような充実のサービスなので、フライトまでの待ち時間を快適に過ごせます!

香港センチュリオンラウンジの利用条件。到着時は不可

アメックス・プラチナとアメックス・ビジネス・プラチナ

香港のアメックスセンチュリオンラウンジは、対象のアメックスカード会員、同伴者2名が利用可能です。

夫婦+子供1人の場合は基本会員カード1枚でOKですが、4~5名で利用する場合は2枚の対象アメックスカードが必要となります。忘れずに家族カードも持って行きましょう。

同伴者が3名以上の場合、一人あたり50USD(米ドル)が必要です。

一見この金額を支払うのは微妙なイメージがありますが、酒類が非常に豊富なので、たくさん飲む方の場合はペイできるポテンシャルがあります。

アメックス・センチュリオン

アメックスセンチュリオン会員の場合は、同伴者2名に加えて、家族のうち配偶者・18歳未満の子供が無料で利用できます。

以前は出発前だけではなく到着時も使えた時期があるようですが、現在は出発時のみとなっています。

香港国際空港センチュリオンラウンジの場所

香港空港のアメックスセンチュリオンラウンジは、第1ターミナルに設置されています。

主要な航空会社は、ほぼ第1ターミナル発着なので、スムーズにセンチュリオンラウンジを利用可能です。ただし、LCC利用時は第2ターミナルになるケースもあります。

場所はセキュリティレーン・出国審査の通過から、徒歩10数分程度、地下鉄のシャトルだと数分で着きます。

香港国際空港は巨大なハブ空港ですが、香港からの出国時は決して移動が面倒ではないのでご安心ください。

香港国際空港の酒国直後のゾーン

出国後は「L7」に出ており、「升降機 Lifts」の方面に進んで一つ下のフロア「L6」に降りて、ひたすら60番ゲートの方向に10数分歩いていくと辿り着きます。

香港国際空港の出国直後のゾーン香港国際空港のL6 フロア(各ゲートが存在)

看板では「40-80」という表札があるので、そちらの方向に進行しましょう。20・30と通り過ぎて、60ゲートの手前を目指す流れとなります。

香港国際空港のセンチュリオンラウンジまでの行き方

また、L6から更にエスカレーター・エレベーターで地下「L1」に降りると、空港内の無料シャトル電車があります。

地下の連絡電車だと待ち時間を含めても5分程度あれば着くので、空港内を散策したいという希望がない場合は電車がおすすめです。

香港国際空港のシャトル地下鉄に降りるエスカレーター香港国際空港のシャトル地下鉄

スタッフがいてアテンドしてくれます。連絡シャトル地下鉄に乗って「Gates 40-80」で降りると、1分で60番ゲート近辺に辿り着きます。

出国後のエリアには「貴賓室位置圏(Lounges Location Map)」という看板があるので、分かりやすくなっています。

香港国際空港のセンチュリオンラウンジの場所

35・36ゲートと60ゲートの間にエレベーター・エスカレーターがあり、それでL7に登るとセンチュリオンラウンジがあります。

連絡シャトル電車はほとんど1分間隔で走っているので、待ち時間はほぼ皆無です。1分に1本は優秀ですね!

香港国際空港のシャトル地下鉄の待ち時間

地下鉄から降りたらエスカレーターでメインフロアの「L6」に上がると、すぐにラウンジの看板が出てくるので、その方向に進みます。

「Gates 40-59」「タイ国際航空等のラウンジ」の看板の方に進むと、Gates 60-80、ユナイテッド航空とセンチュリオンラウンジの看板が見えてきます!

香港国際空港の40-59方面 香港国際空港の60-80方面

60搭乗口の手前にある以下のエレベーターもしくはエスカレーターを上がれば、香港国際空港のセンチュリオンラウンジがありますよ!

香港国際空港のセンチュリオンラウンジへのエスカレーター 香港国際空港のセンチュリオンラウンジへのエレベーター

L7に上がったら、後は看板に沿って進めばセンチュリオンラウンジがあります!

香港国際空港アメックス・センチュリオンラウンジへの案内標識香港国際空港のセンチュリオンラウンジへの案内

ちなみにプライオリティパスで利用できるPlaza Premium Lounge、ユナイテッドクラブ、タイ国際航空、エミレーツ航空のラウンジのラウンジと同じフロアです。

したがって、スターアライアンスのビジネスクラス利用か、SFC等でスタアラゴールドの資格があると、センチュリオンラウンジと他のラウンジホッピングがはかどります。

営業時間

香港国際空港のアメックスのセンチュリオンラウンジ

香港国際空港のアメックスセンチュリオンラウンジの営業時間は、毎日5:30~24:30(0:30)であり、19時間営業しています。

香港国際空港のアメックスのセンチュリオンラウンジの営業時間

原則として年中無休となっており、パワフルな営業時間を誇っています。確かに24時間営業でないのはデメリットですが、深夜~早朝以外はいつでも利用できるのは嬉しいですね!

一例として関西国際空港のKALラウンジは14時~15時30分はお休みとなります。この時間帯にちょうど待ち時間がぶつかって使えない場合は涙で枕を濡らすことになりますね。

香港のアメックス・センチュリオンラウンジにはそのような心配はありません!

ラウンジの中・雰囲気・設備

香港国際空港のアメックスのセンチュリオンラウンジの入り口

香港国際空港のセンチュリオンラウンジの入口は、センチュリオンの絵が書かれた青色の自動ドアとなっており、アメックスらしいインテリアとなっています。

入ると受付があるので、スタッフに以下3点を提示すると入場できます。

  • アメックスプラチナ、ビジネスプラチナ、センチュリオンのいずれか
  • 搭乗券(航空会社や座席クラスは何でもOK)
  • パスポート

SPGアメックス、デルタアメックスゴールド、アメックスゴールド、セゾンアメックス、エムアイカードアメックス、楽天カードアメックス等は対象外です。

LCCの安いチケットでも全く問題ありません。そのような場合にセンチュリオンラウンジは激しく役立ちます!

受付の横にはアメックスの会員誌「DEPARTURES」と「uncrate」という分厚い本、フルーツ、お菓子がありました。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジの雑誌・果物・お菓子

スタッフの受付が終了すると、廊下を進んで奥のメインエリアに行く流れとなります。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジの廊下

壁には「AMERICAN EXPRESS」のカッコいいロゴがあります。不思議と絵になりますね。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジの壁

廊下から受付方面を眺めると以下のような開放的な雰囲気となっています。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジの廊下から入り口方面

テレビ・パソコン設置のビジネスルーム

進んでいくと、まず廊下沿いに、テレビ・パソコン・プリンターが設置されている部屋があります。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジのパソコン・プリンター

横長のテーブルがあり、ビジネスルームのような雰囲気となっていますが、くつろいでテレビを見るのにも利用可能です。

テレビにはアメリカン・エキスプレスの本社がある米国のCNNが流れていました。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジのTV・PCルーム

インテリアもオシャレであり、さすがアメックスのセンチュリオンラウンジらしい洗練された空間となっています。

会議室

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジの会議室の入り口

更に進むとMEETING ROOM(会議室)もあります。入り口には扉が設置されており、半透明のガラスなので、ビジネスでの内密な会話も可能になっています。

大きなモニターもあるので、パソコン内のパワーポイント等の資料を映し出すこともでき、プレゼンにも使えます。

会議室内でも飲食はOKのようです。クライアントとランチ・ディナーを一緒にして、関係を深めるのもいいですね。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジの会議室の中

電話可能な部屋

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジの電話室

その隣には電話してよい部屋(PHONE ROOM)が設置されています。テーブルと椅子が置かれおり、座って資料などを見ながら電話することが可能です。

こちらの広さは狭めとなっており、純粋に電話するだけのルームとなっています。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジの電話室 (2) 香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジの電話室 (1) 

メインエリア

廊下の突きあたりはセンチュリオンラウンジ名物の「AMERICAN EXPRESSの箱に乗った犬の絵」があり、そこを右に曲がるとラウンジのメインエリアに出ます。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジの犬の絵 香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジのメインエリア

チェアー・テービルはアメックスらしいオシャレさがあります。イスは高級ソファーなどの座り心地が良いタイプではなく、長時間座っていると疲れそうなタイプでした。

食事ができる形式のテーブルが基本で、フード・ドリンクを心ゆくまで楽しめます。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジのトイレ手前のテーブル

私が行った13時30分頃はちょうどお昼の時間帯だったからか、席はかなり埋まっていました。

香港センチュリオンラウンジのメインエリア

一人向けのカウンター席もあり、窓が全面ガラス張りで天井が高くて、開放的な雰囲気となっています。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジのカウンター席

また、奥側には香港国際空港の下部フロアを見渡せる席もあり、天空への塔から下界を眺めているような優雅さがあります!

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジの奥側の席

窓際だと低いテーブルで読書・スマホいじりに適したタイプのテーブルもあります。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジの窓際席アメックスプラチナと香港センチュリオンラウンジのシグネチャーカクテルを置いたテーブル席

香港国際空港のセンチュリオンラウンジの外には滑走路が広がっており、全面ガラス張りで天井の高さも広大なので、幾多の建物の中でも最上級に開放的です。

オシャレで活気に満ちた空間において、快適にくつろぐことが可能です。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジからの眺め

ダイソンの空気清浄機もあり、空気もキレイに洗浄されています。

香港センチュリオンラウンジのメインフロア

壁側にはテレビがあり、かつアメックスらしいオシャレなインテリア、新聞・雑誌類が設置されています。

日本経済新聞もありました。日本人としては日本語の新聞があると嬉しいですね!

香港センチュリオンラウンジのテレビ・新聞・雑誌・おしゃれなインテリア

食事

香港のアメックスセンチュリオンラウンジは、食事が充実しているのが特徴です。

航空会社のビジネスクラスラウンジと匹敵するクオリティで、満足できる水準となっています。

まず入ると手前にあるバーカウンターには、複数種類のチーズ、ドライフルーツ、クラッカー、パン、レーズンが置かれています。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジのチーズ 香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジのパン・レーズン

インスタ映え全開の蜂蜜(はちみつ)もあり、パンやクラッカーに塗って食べると美味しそう!

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジのはちみつのアップ

チップスにつけるソースも3種類と充実しており、アイスは「MOVENPICK(モーヴェンピック)」という美味しそうな品でした。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジのチップス

MOVENPICKは日本ではメジャーではありませんが、台湾・香港などでは人気のアイスだそうです。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジのアイス

メインエリアを真っすぐ進むと、奥の方にはフードプレゼンテーション・コーナーが有ります。

サラダ、スープ、ホットミール(野菜・タンパク質・炭水化物)、フルーツ、ケーキ、マカロンと充実のラインナップが揃っています。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジのフードコーナー香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジのフード類

時間帯によってフードの内容は異なっており、モーニングは朝食系、ランチ・ディナータイムは充実の食事となっています。

13時30分頃はランチタイム真っ只中なので、幅広いラインナップとなっています。

サラダ類では、オリーブ、ピクルス、たまねぎ、生野菜、豆、豆腐、フレッシュフルーツサラダと充実。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジのサラダ類

ホットミールはサバ、かぼちゃの煮物、ローストチキン・人参のクリーム煮、パスタ・チャーハンと充実。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジのローストチキン・人参のクリーム煮 香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジのサバ・かぼちゃの煮物 香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジのパスタ・チャーハン

香港らしい点心では、蒸し餃子、チリガーリック焼売、春巻きがあり、スープはミネストローネ。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジの点心 香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジのミネストローネ、チリガーリック焼売、春巻き

デザート類は、3種類のケーキ、彩り鮮やかな色とりどりのマカロンがあり、子供や女性に人気がありそうでした。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジのマカロン・ケーキ

フルーツは赤と青リンゴがあり、スタッフに依頼するとカットしてもらえます。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジのリンゴ

センチュリオンラウンジでは「地元有名シェフの料理を提供する」と解説されていますが、確かに香港らしい料理もありました。

全般的にはスープ、野菜、タンパク質、炭水化物、チーズ、デザートとフルに揃っており、ちょっとしたビュッフェレストランのようなラインナップでした。

基本的にはビジネスクラスラウンジと匹敵するクオリティであり、多くの方にとって満足できる水準だと思います。

皿もオシャレなのが秀逸。この後にラウンジホッピングが待ち構えており、最終的にシンガポール航空のファーストクラスラウンジに行き、スイートクラス搭乗が控えていたのでほんの少しだけ食べました。

香港のセンチュリオンラウンジで食べた食事

ドリンクは膨大な種類!シグネチャーカクテルがおすすめ

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジのバーカウンター

ラウンジのメインエリア中央には洗練されたバーカウンターがあり、ビール、シャンパン、白赤ワイン、カクテル、スピリットなどのアルコール、ソフトドリンクが無料で飲み放題です。

航空会社のビジネスクラスラウンジよりもアルコール類は豊富であり、バーテンダーさんにリクエストしたら多様なドリンクを作ってくれます。

バーカウンターの左サイドには、コーラー、スプライト、ファンタ、ジンジャエールなどの缶ジュース、紅茶があります。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジの炭酸飲料、紅茶

右サイドにはコーヒーマシンが設置されており、コーヒー、エスプレッソ、アメリカン、カフェラテ、カプチーノ、ホットミルク、ダブルエスプレッソを飲めます。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジのコーヒーマシン

また、オレンジジュース、アップルジュース、お菓子もあります。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジのジュース・お菓子

せっかくなのでシグネチャーカクテルを頼みました。そのバーテンダーの代名詞となるカクテルのことで、料理の「スペシャリテ(看板メニュー)」と同じです。

アメックスプラチナと香港センチュリオンラウンジのシグネチャーカクテル

カッコいいセンチュリオンの絵の前で一人ぼっちで乾杯しましたヽ(´ー`)ノ

香港センチュリオンラウンジのシグネチャーカクテル

さっぱりとした爽やかさと、ほのかな甘みがシンクロしていて味も抜群に良好!

ドリンクを飲んで外を眺めながら、まったりと過ごす時間は至福でしたよ!

香港センチュリオンラウンジのシグネチャーカクテル

シャワー

ラウンジ内にはシャワーもあり、フライト前にさっぱりできて流麗。

トイレと一緒にバーカウンターの裏側にあり、以下の入り口から入ればシャワールームにたどり着きます。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジのシャワー・トイレの入り口

シャワーは男女別ではなく共用。おそらく「OPEN 開門」という場所に専用カード等をかざせば開くのだと思います。私の訪問時は利用中でした。

香港国際空港アメックスのセンチュリオンラウンジのシャワー

無料Wi-Fiと電源コンセント

香港センチュリオンラウンジに入る際には、Wi-Fiのネットワーク名、パスワードが書かれたカードをもらえます。

ネットワーク名はラウンジ名と同じで、パスワードはアメックスファンならニヤリとする言葉でした。

香港センチュリオンラウンジの無料Wi-Fiカード

私が行った時はカードの色はシンプルな白でしたが、センチュリオン・カード会員は黒色のカードをもらった事例があります。また、デザインは時期によって異なるようです。

カウンター席や窓際には電源コンセントが設置されており、スマホ、モバイルバッテリー、パソコン、タブレット等を充電することが可能です。

香港センチュリオンラウンジの電源コンセント

トイレ

香港のアメックスセンチュリオンラウンジは、トイレもゴージャスなのが特徴となっています。

ピカピカできれいであり、快適に用を足せます。

香港国際空港センチュリオンラウンジの洗面台 香港国際空港センチュリオンラウンジの少便器 香港国際空港センチュリオンラウンジの大便器

ハンドソープ・ハンドローションはロクシタンであり、良い香りが素晴らしく洗い心地は抜群に良好。

香港国際空港センチュリオンラウンジのハンドソープ

お手拭きはペーパータオルではなく、高級ホテルのように、おしぼり・布タオルなのがファンタスティックです。

香港国際空港センチュリオンラウンジのお手拭き

航空会社のラウンジでも、ファーストクラスラウンジはともかく、ビジネスクラスラウンジでは布タオルは滅多にありません。

アメックス・センチュリオン専用のエリア

香港国際空港センチュリオンラウンジのセンチュリオンカード専用フロアの受付

香港センチュリオンラウンジの奥のフードコーナーの左側、センチュリオンの顔が描かれた壁の奥には、センチュリオン・カード専用ゾーンがあります。

入り口にスタッフが居るので、ラウンジ入室時に受け取ったカードを提示すると、専用エリアに入れます。

香港センチュリオンラウンジのセンチュリオンカード専用エリアへの入り口

12つのテーブルがあり、オーダー式の料理を頼むことができます。もちろん、プラチナ・カードが使えるエリアで食品・ドリンクを持ってくることも可能。

航空会社のファーストクラスラウンジのように、オーダー式の料理を堪能できるのはスペシャルですね!

しかも一人2個までなどの制限もないので、好きなだけ食べることが可能です。

ネタシンスさんの情報では、キャビアとカニの身、ミニブラックトリュフバーガー、アワビとチキンのお粥、お魚・お肉料理、ポトフ、ヌードル、パスタ、ジャスミンライスなど豪華絢爛となっているようです。

香港のアメックス センチュリオンラウンジまとめ

アメックスプラチナと香港センチュリオンラウンジのシグネチャーカクテル

香港国際空港のアメックスセンチュリオンラウンジは、秀逸なクオリティの空港ラウンジであり、ラウンジ内部・サービス内容はビジネスクラスラウンジと同等水準だと考えます。

  • 到着時は利用不可能で出発時のみ利用可能
  • ラウンジ内は一人向けのテーブルから家族向けの席まで複数タイプの席あり
  • 食事は標準的な航空会社のビジネスクラスラウンジの水準
  • アルコールは膨大な種類があって豪華絢爛(シグネチャーカクテルがおすすめ!)
  • 食事・ドリンク・シャワー・Wi-Fiなどは完全無料
  • 航空会社・座席クラスは何でもOK(対象アメックスカード・当日の航空券・パスポートの提示)
  • センチュリオン・カード会員限定のエリア(オーダー式料理が食べ放題・ドリンクも独自メニュー)

プラチナ・カード会員でも使えるゾーンでは、イスが座り心地が良いソファータイプではないのが唯一のデメリットですが、クレジットカードで使えるラウンジとしては最上級と評価できます。

帰る時は気分が高揚して楽しい気持ちで外に出ることができました。

香港アメックスセンチュリオンラウンジの廊下香港アメックスセンチュリオンラウンジの廊下からの眺め(空港内)

センチュリオンラウンジは、とりわけJGCカード、SFC、ゴールドメダリオンを持っていない方、LCCを利用する方にとっては絶大なメリットがある空港ラウンジです。

居心地が良いので、食事してシャワーを浴びたら時間はあっという間に小1時間経ちます。

香港のアメックスセンチュリオンラウンジ

場所は第1ターミナルの60番ゲート近辺にあるので、搭乗口からの距離・時間を確認して乗り遅れないようにしましょう。

日本にも成田空港のデルタスカイクラブ跡地あたりに、センチュリオンラウンジを作ってくれれば最高なので、激しく期待したいところです。

海外ではセンチュリオンラウンジ等のアメリカン・エキスプレスのラウンジを利用できるのが、アメックスプラチナの大きなメリットの一つです。

アメックスプラチナカード

アメックス・プラチナは、他のクレジットカードの追随を許さない特典が満載であり、新しい地平へ雄飛できる機会を手に入れられます。

世界中で知名度が抜群であり、水戸黄門の印籠のようなパワーがあるプラチナカードです。日本国内だけではなく全世界でステータスは随一です。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(アメックス・プラチナ)

驚くほどの活気に満ち溢れた雄大なスケール感を有しており、無類の個性が光っています。

バリューの雨を降らせるレインメーカーであり、アメックスの上級カードならではのメリットが満載のクレジットカードです。

類まれなるゴージャス感、驚異のスケール感があり、キラリと光るエクセレントな魅力が燦然たる輝きを放っています。

アメックスプラチナのベネフィットガイドの最初の1ページ

特にトラベル関連特典は圧巻の内容であり、他社のクレジットカードではブラックカード級のサービスとなっています。

アメックスのコンシェルジェの航空券手配については、クレジットカードの専門家・菊地崇仁さんも高く評価しています。

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマであるプロ中のプロが、アメックスのコンシェルジェの航空券手配について高く評価なさっています!

プラチナカード、ブラックカードならではのサービスとして、コンシェルジュがあります。ただし、今ひとつ何を頼めるのか、わからない...

まさに「溢れる生命力と優雅さが調和」「最高のバリューの結晶」と評価できるハイ・クオリティー・カードです。

アメックス・プラチナは突き抜けたベネフィットを誇っているスター・プラチナ・カードです。星の白金であり、「オラオラ」の威力があります。詳細は以下で徹底解説しています。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(AMEX PLATINUM)というクレジットカードがあります。アメックス・プラチナと呼ばれていま...

類稀なプラチナ・エクスペリエンスが可能になり、白金の風が巻き起こります。

クレジットカードの真髄を極める垂涎のベネフィットを享受できます。得られる特典に鑑みると年会費を上回る価値があります。

アメックスの上級カードである「アメックスプラチナ」は、年会費が高いものの、根強い人気があります。充実の特典、上質の素材、高い...

アメックスの本社でのプラチナ・カードの説明会に参加して、プロダクトのご担当者、コンシェルジェの方に話を聞いたところ、実直で素晴らしく他にはない、唯一無二の魅力があると感じました。

 アメックスのプラチナ・カードが2018年10月にメタルカードを導入して、2019年4月8日からはインビテーション制から、インビを待たずに...

2019年4月8日からはインターネットでアメックス・プラチナの自己申し込みが可能になりました。

ただし、会員数が急拡大してコンシェルジェの対応が間に合わなくなった場合は、一時的に制限することも検討されています。今が入会のチャンスとなっています。

公式サイトアメックスプラチナ 公式キャンペーン

アメックス・プラチナを保有して多額のカード利用額を積み上げたら、ブラックカード中のブラックカードであるセンチュリオンカードのインビテーションが届く可能性があります。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード(Amex Centurion)というクレジットカードがあります。アメックス センチュリオンと...

年会費は著しく高いものの、海外旅行・出張、高級ホテル宿泊、ビジネスクラスの有償搭乗の頻度が多い場合は、年会費を超える金銭的価値を得ることも可能です。

アメックスセンチュリオンの年会費は35万円(税抜)とブラックカードの中でも高額であり、果たして保有する意味があるの?と疑問に感じ...

保有人数は極めて少なく、希少性が高いレアカードとなっています。

センチュリオンカード(アメックス・センチュリオン)には会員誌「センチュリオンマガジン」(CENTURION MAGAZINE)があります。アメッ...

逆にもう少し年会費を抑えたい場合は、アメックスゴールドアメックスグリーンも選択肢となります。

アメックスはライバルのクレカに一歩差をつける流麗な制度が満載であり、人生がもっと楽しくなるクレジットカードです。一度使ったらもう手放せません(アメックスカードの種類)。

おすすめのアメックスについては、以下で徹底的に解説しています。

おすすめ
アメックスというクレジットカードがあります。アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド(American Expr...

-アメックスプラチナ

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.