The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

おすすめの楽天カードの種類を徹底的に比較!個人的口コミまとめ

更新日: 楽天カード クレジットカード

楽天カードの種類

楽天カードという楽天市場でお得になるクレジットカードがありますね。SPUで楽天市場で3%以上の還元、充実の海外旅行傷害保険などのベネフィットがあります。

楽天カードには多種多様な種類のクレジットカードが揃っています。どのタイプにするか迷う方もいらっしゃるでしょう。

そこで楽天カードの種類、各カードの違いの比較、どの楽天カードがおすすめなのかについて個人的口コミをまとめます。


楽天カードには11種類のカードがあります。ETCカードを除くと10種類、ビジネスカードを除くと9種類となります。

カード名年会費(税込)特徴国際ブランド
楽天カード無料スタンダードカードVISA、Mastercard、JCB、
アメックス
楽天PINKカード無料女性向けオプションを選択可能VISA、Mastercard、JCB、
アメックス
楽天ANAマイレージクラブカード年1回利用で無料AMC機能搭載。カードショッピングでANAマイルを貯めることも可能VISA、Mastercard、JCB
楽天ゴールドカード2,160円
(家族540円)
国内主要空港のラウンジを利用可能VISA、Mastercard、JCB
楽天プレミアムカード10,800円(家族540円)プライオリティ・パス無料
楽天市場でポイントアップ
VISA、Mastercard、JCB、
アメックス
楽天ブラックカード32,400円
(家族無料)
プライオリティ・パス無料
楽天市場でポイントアップ
プラチナカード特典
Mastercard、JCB、
アメックス
楽天銀行カード無料楽天銀行のキャッシュカードとの一体型JCB
楽天カード アカデミー無料学生専用カード。楽天トラベル等でオリジナル特典ありVISA、JCB
楽天ビジネスカード2,160円法人・個人事業主向けカード。
1%の楽天スーパーポイントが貯まる
VISA
楽天ETCカード無料~540円1%の楽天スーパーポイントを獲得可能
楽天カード保有者が作れるETC専用カード
-

また、クレジットカードとしての楽天カードではありませんが、楽天が発行しているデビットカード、国際ブランド搭載プリペイドカードもあります。これらについても言及します。

以下では各楽天カードの特徴、それぞれの違いについてまとめます。まずはスタンダードな一般カードの「楽天カード」の内容について解説して、その後に他のカードの楽天カードとの相違点について述べます。

楽天カード

楽天カード

数多くの種類がある楽天カードの中で、基本中の基本のクレジットカードが「楽天カード」です。学生、主婦、パート、アルバイトでも申し込めます。

三井住友カードにおける三井住友VISAクラシックカード、JCBにおけるJCB一般カードに相当します。

年会費は本会員・家族会員のいずれも完全無料となっています。国際ブランドはJCB、VISA、Mastercard、アメックスの4種類です。

JCBとVISAは通常デザインのみです。JCBとVISAのカードフェイスで異なるのは、カード右側のホログラムと国際ブランドのロゴのみです。

楽天カード(VISA)

JCB、Mastercardの場合にはお買い物パンダデザインもあり、通常デザインとお買い物パンダデザインから好きな方を選べます。

楽天カード(お買い物パンダデザイン)

長らくお買いものパンダデザインのタイプはMastercardのみという次期が続いていましたが、JCBも選べるようになりました。

お買いものパンダデザインの楽天カード、楽天PINKカードが光臨しました。お買いものパンダのファンは必見です。2016年11月は期間限定...

2018年2月からはディズニー・デザインの楽天カードが発行開始しました。カードスペックは同一で違いはカードフェイスのみです。国際ブランドはJCBブランドのみです。

楽天カード(ディズニー・デザイン)

2017年秋からは楽天イーグルスデザインの楽天カードが発行開始しました。カードスペックは同一で違いはカードフェイスのみです。こちらもMastercardとJCBが対象です。

楽天カード(楽天イーグルスデザイン)

また、バルサデザインの楽天カードも発行を開始しました。抽選でオリジナル弘通のプレゼントもあります。やはりMastercardとJCBが対象です。

楽天カード(バルセロナデザイン)

その他、各国際ブランドの違いを比較すると、下表のとおりです(※参考:楽天カードの国際ブランドの比較)。

項目MastercardVISAJCB
au WALLETへのチャージクレジットカードのチャージ可能auかんたん決済か楽天バーチャルプリペイドカード経由のみ
Apple Payネット・アプリ決済
WalletアプリでのSuicaチャージが可能
左は不可ネット・アプリ決済
WalletアプリでのSuicaチャージが可能
その他ポイント付与の電子マネー楽天Edy楽天Edy、ANA JCB プリペイドカード経由ならモバイルSuica
使える店舗
お買いものパンダデザイン-

基本1%・特約店は2%

楽天カードは、基本還元率は1.0%で楽天スーパーポイントが貯まります。ネット通販でもリアル店舗でも、携帯電話料金や公共料金の支払でも幅広くポイントが得られます。

楽天キャッシュ購入などごく一部の利用分はポイント付与の対象外となります。

ENEOS等のポイント加盟店、レストラン・居酒屋・カラオケ等の楽天Rakoo特約店では2%の高還元となります。

楽天カードはポイントが貯まる対象金額が税抜ではなく、税込なのが地味なメリットです。税抜980円(税込1,058円)といった場合は端数が無駄になりにくく効率的にポイントが貯められます。

SPUで楽天市場は3%以上

SPUで楽天市場でのお買い物は3%以上の高還元なのが魅力的です。誰でも簡単に5%以上にすることが可能です。

楽天カードを利用すると+2倍(1倍上乗せ)となります。通常のショップポイント(1%)を含めて合計3倍(3%還元)となります。

楽天市場のスマホアプリで買い物すると更に+1%となり、合計で4倍となります。楽天銀行で引き落とした場合は+1%で合計5倍(5%還元)です。

引き落とし口座を楽天銀行にするだけで+1倍になるのはバリューが高いです。私はこれだけで3,411ポイントを獲得したこともありますよ!

【SPU】楽天銀行+楽天カード利用者特典+1倍の明細

また、楽天ブックス&koboで月2,000円以上お買いものすると、+1倍で6倍となります。これは利用しなくても容易に5%還元までは達成できるのでお得です。

5の数字と星

更に楽天トラベルの利用で+1倍、楽天ビューティの予約&来店で+1倍、楽天モバイルの利用で+2倍、楽天証券での投信購入で+1倍、楽天ブランドアベニュー、Rakuten NBA Specialを利用すると各+1倍で最大13倍です。

多額のお買い物を行うと、SPUでザクザクと楽天スーパーポイントが貯まるのでバリューが高いです。以下はなんと22,543ポイントを獲得した履歴です。

SPUの獲得予定ポイント数(22,543pt)

楽天市場の基本1%、楽天カードの基本1%(合計2%)以外は期間限定ポイントとなります。

楽天市場のアプリでお買い物した際の+1%は、楽天スーパーポイント利用時のお買い物でももらえます。

以下の画像では、楽天カード利用分だけではなく、ポイント購入分も含まれてボーナスポイントが付与されています。

Sポイントアップ アプリ利用者特典+1倍

楽天スーパーポイントのポイント明細のお知らせメールを受信していると、毎月、スーパーポイントアッププログラムで獲得したポイント数がメールで通知されます。

ちなみに楽天市場アプリを使うだけで1%が得られます。全額、楽天スーパーポイントで購入した分も対象なのでお得です。

SPUのポイント明細

楽天ゴールドカード以上のカード会員だと、SPUでの還元率が更に+2倍となります。

楽天SPUは特に期限は定められていませんが、予告なく変更・中止になる場合があります。

SPUで得られる上乗せポイント数は、月間上限が決まっています。詳細は以下で精緻に分析しています。

楽天市場・楽天ブックス・楽天koboでのお買物において、楽天カードで決済すると、誰でも毎日ポイント3倍~15倍になる制度があります。...

楽天カードを保有して、SPUや各種キャンペーン・セールなどを活用していくと、恐ろしい程にザクザクと楽天スーパーポイントが貯まっていきます。

私は毎月5,000~12,000ポイント程度の楽天ポイントを獲得しています。2017年7月時点での通算では、なんと271,500ポイントを得ています。

楽天スーパーポイントの獲得推移楽天スーパーポイントの獲得推移(2017年5月~7月)

2017年7月11日には会員全体で、楽天スーパーポイントの累計付与ポイント数がなんと1兆ポイントに到達しました。

楽天カードは大人気となっており、提携カードを除いた自社発行ベースでの取扱高(2017年4~9月期)では、なんと三菱UFJニコスや三井住友カードを超えてシェア1位に躍り出ています。

ブロックチェーン(分散台帳技術)を活用して、楽天スーパーポイントとロイヤルティプログラムの楽天ポイントクラブを統合した仮想通貨「楽天コイン」の導入も検討されています。

買いまわりキャンペーンでさらなる高還元

楽天市場は楽天スーパーセール、ドドンパ祭などの名前の買いまわりキャンペーンを定期的に開催しています。

複数のショップで1,000円以上購入するごとにポイントがアップするのが魅力的です。

楽天の買いまわりセール

定期的に購入する日用品をお気に入りに登録しておき、楽天スーパーセールのタイミングでポチポチと買うだけで、ポイント還元率を高めることが可能になります。

楽天ふるさと納税の寄附金も、楽天市場内の通常のお買い物と同様の取り扱いになります。このタイミングでふるさと納税も行うと、ポイント還元率が更に上がってお得になります。

楽天市場でふるさと納税が可能となっています。ふるさと納税専用サイト「楽天ふるさと納税」で可能です。楽天スーパーポイントの付与...

楽天スーパーセールでのポイントアップ、ポンカンキャンペーン、SPUは重複適用されるのでお得です。

例えば、SPUで5%が適用されていて、楽天スーパーセールでポイント10倍(+9%)となっていると、合計還元率は14%となります。

SPU楽天スーパーセール合計
4%9%13%
5%9%14%
6%9%15%
7%9%16%
8%9%17%
9%9%18%

ただし、楽天スーパーセールでのポイントボーナス分は10,000ポイント等の上限が設定されており、SPUにもそれぞれ上限があります。

例えば30万円や50万円など多額の買い物や旅行予約をした場合、上限に到達してしまうので注意しましょう。

電子マネー対応

以前はJCBブランドだとnanacoチャージで1%のポイントが貯まりましたが、2017年11月1日からは楽天スーパーポイント付与の対象外となりました。

楽天カードは2017年10月31日(火)利用分までは、nanacoチャージによって1%の楽天スーパーポイントが獲得できました。nanacoは税金・公...

利用可能店舗が日本最大級の電子マネーである楽天Edyにもチャージできます。Edyチャージ時の還元率は0.5%です。

楽天バーチャルプリペイドカード経由なら、Mastercardブランド以外の楽天カードでも、au WALLETにチャージすることが可能です。

どの国際ブランドでもApple Payを利用可能です。

楽天カードをApple Payに登録すると、QUICPayとして割り当てられて、全国のQUICPay加盟店でお買い物できます。ポイントも貯まります。

Mastercard、JCBブランドの楽天カードの場合、店舗でのお買い物だけではなく、SuicaへのチャージなどApple PayのSuicaの支払いに楽天カードを利用することも可能です。

JR東日本が出しているiPhone用の「Suica」アプリにVISAのカードを登録して、Suicaアプリ内で「クレジットカード」によるチャージを行う場合は、VISAでもSuicaチャージが可能です。

SuicaアプリのSuica一覧画面

2017年10月末までは、楽天カードはApple PayでのSuicaチャージも楽天スーパーポイントの付与対象でした。還元率1%です。

しかし、2017年11月以降はポイント付与の対象外となります。Suicaチャージだけではなく、Suicaグリーン券・定期券・モバイルSuica特急券などSuica利用分全てがポイント付与の対象外です。

Apple PayのSuica利用は、1.5%還元のビューカードがお得です。

ANA JCB プリペイドカード経由で最大1.65%還元!

ANA JCB プリペイドカード

ANA JCB プリペイドカードは、JCB加盟店で、事前にチャージ(入金)した金額分を利用できるJCBプリペイド機能と、ANAマイレージクラブの機能が1枚になったカードです。

ANA JCB プリペイドカードの年会費・チャージ手数料・発行手数料は無料です。

唯一かかるコストは540円(税込)の利用開始手数料です。ただし、2019年3月31日までは無料で発行できます。

ANA JCB プリペイドカードの利用ガイド・規約

ANA JCB プリペイドカードはカード利用で0.5%~0.65%のANAマイルかキャッシュバックを享受できます。電子マネーチャージは対象外です。

楽天カード(JCB)からANA JCB プリペイドカードへのチャージは、2018年1月時点ではポイント付与の対象です。

実際に1,000円チャージしたところ、しっかりと10ポイントを獲得できました。

ANA JCBプリペイドカードへのチャージ明細(楽天カード)

ANA JCBプリペイドカードへのチャージで1%のポイントを獲得した明細(楽天カード)

したがって、以下のルートでポイント二重取りが可能です。

  1. 楽天カード(JCB)→ANA JCB プリペイドカードにチャージ(1%還元)
  2. ANA JCB プリペイドカードでショッピング(0.5~0.65%還元)

一般のJCB加盟店では、楽天カードでチャージしたANA JCB プリペイドカードを利用すると、1%の楽天スーパーポイントと、0.5%~0.65%のマイルかCBを獲得できます。

合計で最大1.65%還元となります。1マイルの価値を2円と考えると、合計還元率は実質2.0%~2.3%です。

訴求力の高いポイント二重取りが可能です。将棋において飛車だけよりは、飛車・角の方が強いのと同様に、ポイントも一つだけよりは二つ獲得できる方が嬉しいですね。

ただし、チャージがポイント付与対象外となる改悪リスクがあります。

以前はANA JCBプリペイドカードで、nanacoチャージも可能でしたが、2018年4月20日から不可能になりました。

ANA JCB プリペイドカードの詳細については、以下で精緻に分析しています。

「ANA JCB プリペイドカード」というプリペイドカードがあります。ANAマイレージクラブの機能と、JCB加盟店でお買い物できる機能があ...

ポイントは現金同様の価値

楽天カードで貯まる楽天スーパーポイントは楽天市場・楽天ブックス・kobo等で1ポイントから1ポイント単位で使えます。楽天トラベル・楽天GORAは100ポイント以上です。

また、楽天ポイントカードの機能で、マクドナルド、ミスタードーナツ、ポプラ・生活彩家、ツルハドラッグ、ダイコクドラッグ、大丸・松坂屋、出光などのリアル店舗でも使えます。

楽天はリアルでも使えるポイントカード、楽天ポイントカードを提供しています。Tポイント、ポンタに次ぐ第三勢力です。2015年11月4日...

ミスタードーナツのポン・デ・リングとアップルシナモンドーナッツ

楽天スーパーポイントは電子マネーの楽天Edyとも交換可能です。楽天Edyは利用可能店舗が日本最大級の電子マネーですので、現金同様で極めて便利です。

楽天Edyとは、プリペイドの電子マネーですね。「シャリーン」という電子マネーらしい決済音が鳴ります。店頭だけではなく、一部の自販...

2018年9月27日支払い分からは、楽天カードの利用代金をポイントで支払える「楽天カード ポイントで支払いサービス」が開始しました。

楽天カードの利用代金を楽天スーパーポイントで支払える「楽天カード ポイントで支払いサービス」が開始します。2018年9月12日から実...

ポイントでデビット支払い」というサービスもあり、楽天銀行デビットカードの支払いに重篤することも可能です。

1ヶ月あたりダイヤモンド会員は50万円、それ以外は10万円迄という上限がありますけれども、楽天カードが実質的に現金還元のクレジットカードと評価できるようになりました。

ちなみに楽天市場でのお買い物では、通常ポイントを使うよりも、楽天カードで決済してからポイントで支払った方がお得です。

SPUの楽天カード支払いの+2倍(ゴールドカード以上なら+4倍)、楽天銀行引落しで+1倍が、楽天カード決済だと適用されるためです。例えば1万円支払った場合のポイントの差は以下のとおりです。

SPUの項目楽天スーパーポイント使用楽天カード払いゴールドカード以上の楽天カード払い
通常ポイント(1倍)100100100
楽天カード利用による上乗せ(+2倍/4倍)-200400
楽天銀行引落し(+1倍)-100100
合計100400600

なお、ポイントを利用代金に充当する手間も面倒な場合は、請求額から自動的に割り引かれる自動キャッシュバックのクレジットカードがおすすめです。

ポイントやマイルを貯められるクレジットカードは、日常のお買い物や課金で得することができます。しかし、ポイント等を貯めて交換が...

ユニークなところでは2017年8月26日から、楽天証券で楽天スーパーポイントを使って投資信託を買えるようになりました。

楽天証券で2017年8月26日から、楽天スーパーポイントで投資信託を購入できるようになります。お買い物やクレジットカード、ポイントカ...

また、楽天証券に口座がなくても投資が可能な「ポイント運用 by 楽天PointClub」もあります。

楽天スーパーポイントを利用して投資ができる「ポイント運用 by 楽天PointClub」が2018年10月3日(水)12時に開始しました。手数料は無...

2018年10月27日から楽天カードのクレジット決済で投信積立が可能になり、1%の楽天スーパーポイントを貯めることも可能になりました。

楽天カードのクレジット払いでポイント還元を受けながら、楽天証券で投資信託の積立ができるサービスが開始します。還元率は通常のカ...

楽天ポイントが貯まる楽天カードは資産運用できるクレジットカードの筆頭です。投資ができるカードは類稀であり、一歩先に進んだ画期的なスペックを備えています。

楽天カフェが50%OFF

楽天カードで決済すると、渋谷・二子玉川の楽天カフェのコーヒーと紅茶類が半額になります。空前の低金利の時代には強烈にお得です。楽天スーパーポイントも貯まります。

楽天カフェ楽天カフェ 二子玉川店

ドリップコーヒーMサイズ370円→185円、カフェラテSサイズ390円→195円、アイスティLサイズ410円→205円などです。

全席に電源があり、無料Wi-Fiもあるので、作業や休憩が捗ります。楽天Koboが設置されている席もあり、最新の雑誌を読めます。

快適な空間でスタバよりも良いという声もあります。楽天市場でも購入できるスイーツもあります。

楽天カフェの紅茶楽天カードでの楽天カフェ支払いレシート(50%OFF適用)

なお、スマホを持っている場合は、楽天ペイに楽天カードを登録して、楽天ペイ払いにするとよりお得です。

楽天ペイでの支払いでも50%OFFが適用されて、更に登録しているクレジットカードのポイントに加えて200円あたり1楽天スーパーポイントが得られます。

楽天カード払いだと1%還元ですが、楽天カードを登録した楽天ペイ払いだと1.5%還元で0.5%還元率がアップします。

海外旅行でのベネフィットも充実

楽天カードは旅行傷害保険も充実しています。利用頻度が高くて最も重要な疾病治療費用・傷害治療費用が200万円であり、内容が秀逸です。

また、保険だけではなく、海外旅行時に利用できる優待割引も豊富です。詳細は以下で徹底解説しています。

楽天カードという言わずと知れたクレジットカードがありますね。SPUで楽天市場が4%以上の高還元となるのが最大のメリットです。税金...
楽天カードという楽天のクレジットカードがあります。VISA・Mastercard・JCBの国際ブランドを搭載しており、海外のお買い物・宿泊料金...

2017年8月1日にはハワイのワイキキに、楽天カード会員専用の「楽天カードラウンジ」がオープンしました。

日本語スタッフが常駐しており、ドリンク、60店以上で使えるクーポン配布、便利なアイテム貸出、手荷物預かり、無料Wi-Fiなど実用的なサービスが揃っています。

楽天カードが2017年8月1日から、ハワイのワイキキにある「T ギャラリア ハワイ by DFS」に、楽天カード会員専用の「楽天カードラウン...

海外旅行においても充実した特典が付帯しており、便利に活用できるクレジットカードです。

Mastercard、JCBブランドですとお買いものパンダデザインも選択できます。

ディズニー・デザインバルセロナデザイン楽天イーグルスデザインも登場しました。ディズニーはJCBのみです。

楽天カードは学生、主婦、パート、アルバイトの方でも本会員カードを発行できます。

楽天カードというクレジットカードがあります。イメージ通り審査基準は間口が広く、2018年においては格段に審査に通りやすくなってい...

楽天カードはお得なベネフィットが豊富です。しかも数千ポイントの楽天スーパーポイントが得られるお得な新規入会&利用キャンペーンも開催しています。

楽天カードは完全無料で維持できるにもかかわらず、充実したベネフィットが付帯したハイ・クオリティー・カードです。詳細は以下で徹底解説しています。

利便性が極めて高い楽天スーパーポイントが貯まるクレジットカードが楽天カードです。楽天市場ではスーパーポイントアッププログラム(...

楽天カードと並ぶ年会費が無条件で無料で基本1%還元のクレジットカードが「JCB CARD W」です。

39歳以下の方が作成できるクレジットカードです。一度作成したら40歳以上でも更新してずっと保有できます。

楽天市場では楽天カード、Amazon・セブンイレブン・スターバックスカードへのチャージ等のJCBオリジナルシリーズパートナーではJCB CARD Wが高還元となっています。

楽天カードとJCB CARD Wの違いについては、以下で精緻に分析しています。

年会費が無条件で無料でポイント還元率も高く、お得なクレジットカードの代表例が、JCB CARD W、楽天カードです。ポイント還元率が一...

楽天PINKカード

楽天PINKカード(JCB)

楽天PINKカードは女性向けの有料付帯オプションが用意されている楽天カードです。その名の通りピンク色のクレジットカードです。

年会費は無料で国際ブランドはVISA・Mastercard・JCB・アメックスの4種類です。家族カードも発行可能です。

普通の楽天カードと比較した場合の違いは、楽天PINKカードには「楽天PINKカード限定カスタマイズサービス」があることです。3種類の女性向けの付帯サービスが用意されています。

  • 楽天グループ優待サービス
  • ライフスタイル応援サービス「RAKUTEN PINKY LIFE」
  • 女性のための保険「楽天PINKサポート」

無料なら最高なのですが、有料となっています。お好みに合わせて付帯サービスをカスタマイズできます。複数サービスのお申し込みも可能です。

楽天PINKカード限定カスタマイズサービス

楽天グループ優待サービス

楽天24・楽天トラベルの割引クーポン、楽天ビューティ利用による楽天スーパーポイントのプレゼントなどがあるオプションです。

楽天グループの各サービスにおいて様々な優待特典を受けられます。具体例は以下のとおりです。

  • 楽天24:バンテーン対象商品が10%OFF
  • 楽天トラベル:国内宿泊予約で1,000円OFF
  • 楽天ブックス:本/CD/DVD/ゲームが100円OFF
  • 楽天ビューティー:美容院ネット予約・来店で200ポイントプレゼント
  • 楽天チケット:お得なポイントキャンペーン
  • 楽天kobo:全ての電子書籍が5%OFF
  • 楽天TV:全品20%OFF
  • 楽天GORA:ゴルフ場予約で1,000円OFF
  • 楽天オーネット:入会で2,000ポイントプレゼント
  • 楽天キレイドナビ:基礎体温管理アプリ月額170円が最大3カ月無料

料金は月額324円です。楽天のサービスを日常的に使っていて、毎月324円以上のリターンがあるならばいい付帯サービスですね。

毎月これらがもらえればいいのですが、楽天トラベル、楽天GORAなど一部サービスは最初の1回のみとなるようです。

これは微妙ですね。1万円以上とかの利用金額の下限を設定してもいいので、毎月1回とかせめて年3回とかにしてほしいところです。

ただ、サービス利用が伸び悩んだら拡充される可能性があります。

ライフスタイル応援サービス「RAKUTEN PINKY LIFE」

飲食店や映画チケット、習い事や介護・育児サービス等、110,000以上の多彩なジャンルの割引・優待特典を利用できます。

こちらも料金は月額324円です。サービル例は以下のとおりです。

  • ミスターミニット:ヒール修理、バリューセット(ヒール+ソールのセット修理)どちらか1回1足限り10%OFF
  • TOHOシネマズ:チケット300円引き
  • イオンシネマ:チケット500円OFF
  • タイムズカーレンタル:一般料金より22~59%OFF
  • カラオケ コート・ダジュール:室料(通常)20%OFF
  • カラオケ ビッグエコー:平日の室料30%OFF、金・土・祝前日の室料20%OFF、フリータイム 室料 5%OFF
  • カラオケ本舗まねきねこ:ルーム料金30%OFF
  • 美容室TAYA:Shampooトリートメントサービス無料
  • ヘアーサロン ソシエ・ワールドグループ:通常料金より10%OFF
  • エアサロンK-two:ヘアメニュー10%OFF
  • ヘア&リラクゼーションサロン UNIX:一般料金より10%OFF
  • 女性だけの30分フィットネスカーブス:入会金66%OFF
  • クックパッド:プレミアムサービス2ヶ月分無料
  • サブウェイ:パーティートレイA380円引き
  • イタリアン・トマト Cafe Jr.:パスタかカットケーキ注文でコーヒーor紅茶1杯無料
  • ABCクッキングスタジオ:入会金半額
  • 横浜・八景島シーパラダイス:アクアリゾーツパス(水族館4施設パス):大人600円OFF
  • 東京ジョイポリス:小学生以上共通パスポート引換券1,400円OFF
  • ECC外語学院:入学金21,600円が無料、受講料最大20%OFF
  • ホテルニューオータニ幕張:ザ・ラウンジ イーツ&サンドウィッチビュッフェ20%OFF
  • ANAインターコンチネンタルホテル東京:カスケイドカフェのディナーブッフェ(平日)2,200円引き
  • 東京ドーム天然温泉スパラクーア:平日入館券734円引き
  • 大江戸温泉物語:全日利用券最大1,036円引き
  • リラクジョンスペースラフィネ:ギフトカードが310円引き
  • ハーゲンダッツ:ミニカップギフト券が会員特別価格
  • ベネ・ステ フリーeラーニング:ビジネススキル・資格取得対策講座 eラーニング 約300講座 受講料無料

ハーゲンダッツミニカップギフト券もあります。ハーゲンダッツがお好きな人へのプレゼントなどにいいかもしれません。

ハーゲンダッツミニカップギフト券

女性のための保険「楽天PINKサポート」

女性のライフスタイルの変化に合わせて、4種類の補償プランが用意されています。楽天PINKカード限定の補償プランです。

  • 女性特定疾病補償プラン(月30円~)
  • ケガの補償プラン(月240円)
  • 携行品損害補償プラン(月280円)
  • 個人賠償責任事故補償プラン(月200円)

楽天PINKサポート

楽天が三井住友海上火災保険と団体契約を結んでいます。それによって、個人が保険会社と直接契約するよりも、規模のメリットを活かしてお手頃な価格の実現を企図しています。

自転車に乗る方であれば、個人賠償責任事故補償プランはいいかもしれません。それ以外はどうかなという気がします。

女性特定疾病補償プラン

乳がん、子宮筋腫など、女性特有の疾病での入院・手術・放射線治療で保険金が出ます。

  • 入院1日につき3,000円(日帰り入院も対象)
  • 疾病手術保険金(入院中の場合は30,000円、外来の場合でも15,000円)
  • 放射線治療保険金(一回の放射線治療につき30,000円)

保険料は以下のとおりです。

年令保険料
18~1930
20~24140
25~29280
30~34350
35~39320
40~44280
45~49350
50~54430
55~59550
60~64670
65~69870

ケガの補償プラン

ケガによる入院・手術保険金をお支払いします。国内外を問わず、日常生活でのケガが対象です。保険料は一律240円です。

ケガで入院した場合、入院1日につき3,000円が出ます。日帰り入院も対象です。手術を受けた場合、傷害手術保険金として、入院中の場合は30,000円、外来の場合でも15,000円をお支払い。

第三者による加害行為やひき逃げによるケガの場合は、傷害保険金が2倍になります。入院1日につき6,000円、手術を受けた場合は、入院中なら60,000円、外来なら30,000円となります。

携行品損害補償プラン

偶然の事故によって損害を受けた携行品は、50万円を限度に実費補償されます。盗難、呂お工事にカメラを壊した場合や、車上荒らしに遭った場合などが対象です。

保険料は一律280円です。

偶然な事故によって身体に傷害を被り、万が一、死亡した場合と後遺障害が生じた場合には10万円が出ます。

個人賠償責任事故補償プラン

住宅の所有、使用または管理に起因する事故や、日常生活に起因する偶然な事故による損害賠償責任を実額で補償する保険です。

自転車事故でケガを負わせたり、買物中に誤って商品を破損した場合などに補償されます。

保険料は一律220円です。当初は200円でしたが、2016年4月1日に20円アップが発表されました。

加入者本人のみならず、家族も被保険者となります。示談交渉サービスもつきます(国内のみ)。

日常生活での損害賠償が1億円を限度に補償されます。傷害により死亡、または後遺障害を負った場合も最大100万円の保険金が出ます。

示談交渉サービスがあることは非常に助かります。万が一のトラブルの際、直接相手とやり取りするのはストレスがあるため、できれば示談交渉は任せたいところですよね。

ちなみにJCB EITは、月額150円で1億円の個人賠償責任保険(JCBトッピング保険)に加入できます。楽天PINKカードよりも安価でリーズナブルであり、メリットが大きい付帯保険です。

楽天PINKカードは女性向けのカードとなっていますが、男性でも申し込めます。ただし、女性のための保険「楽天PINKサポート」には申し込めません。

その他、カード内容の詳細は以下で徹底解説しています。

楽天カードが、女性向けのクレジットカード「楽天PINKカード」(楽天ピンクカード)の発行を開始しました。男性でも申し込めます。基本...

楽天PINKカードは楽天カードと同一のお得な新規入会&利用キャンペーンを行っています。

楽天PINKカードと並ぶ年会費が無条件で無料で基本1%還元のクレジットカードが「JCB CARD W plus L」です。

39歳以下の方が作成できるクレジットカードです。一度作成したら40歳以上でも更新してずっと保有できます。

楽天市場では楽天PINKカード、Amazon・セブンイレブン・スターバックスカードへのチャージ等のJCBオリジナルシリーズパートナーではJCB CARD Wが高還元となっています。

どちらにも女性限定の特典が付帯しています。

楽天PINKカードとJCB CARD W plus Lの違いについては、以下で精緻に分析しています。

日本におけるお得な女性向けクレジットカードの代表例が、JCB CARD W plus L、楽天PINKカードです。どちらも年会費が無料で基本ポイン...

楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージクラブカードは、楽天カード、ANAマイレージクラブ(AMC)機能に加え、電子マネーの楽天Edy、ポイントカードの楽天ポイントカードが一体化したカードとなっています。

年会費は初年度は無料です。2年目以降は540円(税込)ですが、1回でも利用がすれば翌年度の年会費が無料となります。年会費は実質無料と評価できます。

楽天カード、楽天PINKカードにそれぞれ楽天ANAマイレージカードがあります。ピンクの方はカード中央下に飛行機のシルエットがあります。

楽天ANAマイレージクラブカード(PINKカード)

楽天ANAカードはクレジットカード機能を使った支払いで、楽天スーパーポイントかANAマイルのどちらかを貯められます。自分で選択可能です。

  • 楽天スーパーポイントコース:クレジット決済で楽天スーパーポイントが貯まる
  • ANAマイルコース:クレジット決済でANAマイルが貯まる

楽天スーパーポイントコースは、100円(税込)あたり1ポイントが貯まります。還元率1%です。

これは通常の楽天カード、楽天PINKカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカードと同一の水準です。

ANAマイルコースの場合は200円(税込)あたり1マイルが貯まります。 マイル付与率は0.5%です。

マイルは価値にレバレッジがかかるのが魅力的です。特典航空券へ交換すると、1ポイントの価値が数円に昇華します。

ANAビジネスクラスチェックイン・カウンター

国際線のビジネスクラスだと1マイル2.5~5円程度、 ファーストクラスなら7~16円程度に跳ね上がります。

一般的には1マイルの価値は2円という説が通説です。1マイル2円と考えるならば実質還元率1%、3円と考えるなら還元率1.5%となります。

楽天ANAカードと似たコンセプトのクレカ「JCBカード/プラスANAマイレージクラブ」はマイル付与率は0.3%(年100万円以上の利用で0.45%)、ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメックスは0.3125%に過ぎません。

楽天ANAマイレージクラブカードは、AMC搭載の提携カードの中ではANAマイルが高還元でお得です。

楽天カードは貯めた楽天スーパーポイントを2ポイント1マイルのレートでANAマイルに交換できます。

他方、楽天ANAマイレージクラブカードは最初からANAマイルを貯めるように設定できます。いちいちカード利用で貯まるポイントをANAマイルに移行する手間がありません。

楽天カードで貯めた楽天スーパーポイントをANAマイルに交換している方にとっては利便性が高いです。年1回使えばずっと年会費無料ですので、実質的に年会費無料であると評価できます。

JCBカードのAMCカード搭載機能がついた「JCBカード/プラスANAマイレージクラブ」は324円(税込)のサービス年会費が発生します。

「JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブ」というクレジットカードがあります。JCBが発行するプロパーカード「JCB ORIGINAL SERIES...
「JCBゴールドカード/プラスANAマイレージクラブ」というクレジットカードがあります。JCBが発行するプロパーカード「JCB ORIGINAL SE...

楽天ANAマイレージクラブカードの場合は、年1回の利用で年会費は無料になり、サービス年会費は不要です。これは地味なメリットです。

楽天ANAマイレージクラブカードは、ANAの国内線利用時に空港で搭乗手続きをせずに直接保安検査場に進める「スキップサービス」の利用が可能です。ANAカードと同じ機能が使えます。

ANAカードを保有している場合に得られるフライトボーナス・マイル(一般カードは10%)や、毎年の年会費支払いで得られるボーナスマイルは楽天ANAカードにはありません。

ANAによく搭乗する方はやはりANAカードの方がお得です。あらゆるANAカードの比較については、以下で徹底的に解説しています。

ANAカードというクレジットカードがあります。全日本空輸(ANA)が大手クレジットカード会社と提携して発行している航空カードです。ANA...

以前にANAに取材して、ANAの安全運航に対する取り組み、搭乗までのサービス、ANAカードのお得な仕組みを伺いました。以下にまとめています。

ANAに取材する機会があり、飛行機の出発と到着、そこでなされている取組み、空港でのサービス、空港のオフィスでのお仕事について伺っ...

たまに旅行でANAに搭乗するくらいで、カード決済額も多くないので、年会費無料で陸での決済でANAマイルを貯めたいという場合は、楽天ANAカードがおすすめです。

楽天ANAカードも、フライト以外でも、ANAマイレージクラブ提携パートナーの利用でマイルが貯まります。ホテル、レンタカー、ネットショッピング、グルメなど幅広いジャンルがあります。

例えば、日本全国のANAグルメマイル参加店にて、カードを提示のうえ、マイル精算希望の旨を伝えると、利用金額100円(税込)あたり1マイルが貯まります。

その他、楽天ANAマイレージクラブカードの詳細については、以下で徹底解説しています。

楽天カードにANAマイレージクラブ(AMC)機能がある「楽天ANAマイレージクラブカード」が登場しました。決済でANAマイルを貯めること...

楽天ANAマイレージクラブカードに新規加入すると、楽天スーパーポイントのプレゼントに加えて、ANAの国内線航空券と宿泊施設のセット「ANA楽パック」で利用可能な4,000円相当のクーポン券がプレゼントされるキャンペーンが開催されます。

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード

格安ゴールドカードに相当する楽天カードであり、年会費は2,160円(税込)です。家族会員の年会費は1名あたり540円(税込)です。

国際ブランドは、VISA・Mastercard・JCBの3種類があります。アメックスはありません。

スタンダードタイプのみで、楽天PINKゴールドカード、楽天ANAゴールドカードはありません。

楽天ゴールドカードはSPUでのポイント還元率が、楽天カード・楽天PINKカード・楽天ANAカードと比較すると+2%となります。

楽天市場のアプリで買い物すると+1倍、楽天カードを利用すると+2倍(1倍上乗せ)、楽天ゴールドカードなら更に+2倍となります。通常のポイント(1%)を含めて合計6倍(6%還元)となります。

これはもう一段階上のゴールドカード相当の楽天プレミアムカードと同じです。

楽天カードと同一のお得な仕組みに加えて、楽天プレミアムカードの一部の特典が追加されています。

普通の楽天カードと比較した場合の違いは、楽天ゴールドカードはオリジナルの充実特典があることです。

  • 楽天市場・楽天ブックスでの還元率が+2%
  • 国内主要空港・ホノルル・仁川のラウンジが無料(年2回まで)
  • ETCカードの年会費が無料
  • 利用限度額
  • 紙の利用明細が無料

空港ラウンジの無料特典は2018年8月までは無制限ですが、2018年9月からは年2回までとなります。

楽天ゴールドカードは年会費2,160円(税込)という安さで、国内主要空港・ホノルル・仁川の空港ラウンジが無料で利用できました。利用可...

その代わり、楽天カードは本会員・家族会員のどちらも年会費無料ですが、楽天ゴールドカードは本会員2,160円(税込)、家族会員540円(税込)と年会費が上がっています。

基本的には楽天での+2%のポイント・空港ラウンジというベネフィットと年会費を天秤にかけて決めることになります。

関西国際空港のラウンジ「比叡」の席とテレビ関西国際空港のラウンジ「比叡」のおつまみIASS EXECUTIVE LOUNGE 1成田空港のラウンジ「IASS EXECUTIVE LOUNGE」のビール・お茶・柿の種

空港ラウンジを考慮せずに楽天市場での+2%のみで検討し、1ポイント1円と考えると、損益分岐点は本会員のみだと年108,000円(月9,000円)、本会員+家族会員1名だと年135,000円(月約11,300円)となります。

これ以上楽天市場で確実にお買い物する場合は、楽天カードよりも楽天ゴールドカードの方がオトクです。

ETCカードの年会費は、楽天ゴールドカードは無条件で無料です。楽天カードですと、楽天PointClubのダイヤモンド会員・プラチナ会員でないと540円(税込)の年会費がかかります。

ダイヤモンド会員・プラチナ会員でない場合は、ETCカードを考慮すると、楽天ゴールドカードと楽天カードの年会費の差は1,620円(税込)まで縮みます。

この場合は、損益分岐点は本会員のみだと年81,000円(月約6,800円)、本会員+家族会員1名だと108,000円(月9,000円)となります。

オープンカーでドライブする外国人女性

地味なところでは、楽天ゴールドカードは、紙の利用明細が無料というメリットもあります。

一般カードの楽天カードでは利用明細を発行するのに82円(税込)の手数料がかかります。毎月利用明細が出ると、1年間で984円(税込)の手数料が発生します。

これを考慮すると年会費の差は1,176円(税込)で、紙の明細+ETCだと636円(税込)まで差が縮みます。

もちろん、空港ラウンジの特典を重視して、楽天市場での利用金額がそこまで届かなくても、楽天ゴールドカードを選ぶという選択肢もあります。

楽天カードのカード発行時の利用可能枠は最高100万円であるのに対して、楽天ゴールドカードは倍の200万円です。

楽天ゴールドカードの詳細については、以下で徹底解説しています。

楽天ゴールドカードは年会費2,160円(税込)で、格安ゴールドカードに相当するクレジットカードです。楽天カードと楽天プレミアムカード...

楽天カードと楽天ゴールドカードの比較については、以下で徹底解説しています。

一般加盟店で還元率1%・楽天市場で5%還元で年会費無料であることから、勢いに乗っているカードが「楽天カード」です。2016年9月から...

楽天ゴールドカードは上位カードだけあって、一般カードよりも新規入会&利用キャンペーンが豪華になります。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード(JCB)

楽天カードにはゴールドカードに相当する「楽天プレミアムカード」もあります。スタンダードタイプのみで、楽天PINKプレミアムカード、楽天ANAプレミアムカードはありません。

オリジナルの特典が充実しています。

  • 世界の130ヶ国・地域、約500の都市で約1,200ヵ所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パス無料
  • 国内主要空港・ホノルル・仁川のラウンジが無料(年2回まで)
  • 選べる3つのコースで優待特典(トラベルコース・楽天市場コース・エンタメコース)
  • 誕生月は楽天市場・楽天ブックスの利用でポイント6倍
  • 海外旅行傷害保険(最高5,000万円・治療費用300万円・賠償責任3000万)
  • 国内旅行傷害保険(最高5,000万円)
  • ショッピング保険(年間300万円まで)
  • Hertzレンタカー割引
  • 楽天ビジネスカードが利用可能
  • 紙の利用明細が無料
  • ETCカードの年会費が無料
  • 楽天プレミアムが1年間無料

特にエッジ・優位性があるのは、世界の130ヶ国・地域、約500の都市で約1,200ヵ所以上の空港VIPラウンジが使い放題となるプライオリティパスに無料で入会できる点です。

プライオリティ・パス

搭乗する航空会社、搭乗クラスに関係なくラウンジを利用できるのが大きなメリットです。格安航空券利用時も使えます。1日に2回以上ラウンジを利用することも可能です。

通常は年会費429米ドルであるプレステージ会員が無料となります。1ドル110.48円(2019/2/16時点)換算だと年会費47,395円が無料になります。

プライオリティパスで使えるスターアライアンスラウンジ

プライオリティパスで利用できるラウンジには飲み物や軽食・スナック、インターネットサービスなどがあり、フライト前の一時を快適に過ごせます。

本来はビジネスクラス以上の搭乗者か、航空マイレージプログラムの上級会員に限定されている航空会社運営のVIPラウンジは、アルコール飲み放題、食事が充実、シャワー室があるなど内容が優れています。

また、利用対象者も少ないため、ストレスない優雅な一時が送れます。ゴールドカードならOKのラウンジは混んでいて落ち着かない時がありますよね。

日本国内ではKAL Business Class Loungeなどを利用可能です。中部国際空港ではSTAR ALLIANCE LOUNGEも使えます(ファーストクラスセクションは対象外)。

各種ソフトドリンク、アルコール、パスタ、野菜炒め、揚げ物、デリ、サンドイッチ、サラダバー、ヌードルバー、おにぎり、カップラーメン、ケーキ、果物などが用意されているラウンジもあります。

その代わり、楽天カードは本会員・家族会員のどちらも年会費無料ですが、楽天プレミアムカードは本会員10,800円(税込)、家族会員540円(税込)と年会費が上がっています。

ETCカードの年会費は、楽天プレミアムカードは無条件で無料です。楽天カードですと、楽天PointClubのダイヤモンド会員・プラチナ会員でないと540円(税込)の年会費がかかります。

この他では、楽天プレミアムカードを持っていると、個人事業主・中小企業経営者向けの楽天ビジネスカード」も発行可能です。年会費は2,160円(税込)です。

引き落とし口座を分けて支払いが可能、楽天ETCカードを個人用・会社用と複数保有可能といった業務上の経理処理に役立つメリットがあります。

楽天ビジネスカードも基本還元率1%で楽天スーパーポイントが貯まります。ビジネスとプライベートの両方で、ザクザクとポイントを得られます。二刀流です!

楽天ビジネスカードは法人カード・ビジネスカードとしては高還元の1%のポイント還元率が魅力的です。詳細は以下で徹底的に解説しています。

地味なところでは、楽天プレミアムカードは、紙の利用明細が無料というメリットもあります。

一般カードの楽天カードでは利用明細を発行するのに82円(税込)の手数料がかかります。毎月利用明細が出ると、1年間で984円(税込)の手数料が発生します。プレミアムカードは無料となります。

基本的にはプライオリティ・パス、空港ラウンジ、その他優待特典と年会費を天秤にかけて決めることになります。

大人気クレカの楽天カードには上位カード「楽天プレミアムカード」があります。ゴールドカード相当のクレジットカードです。楽天カー...

プライオリティ・パスで世界中のラウンジが無料で使い放題になるので、使わなくてもお得なクレジットカードです。空港ラウンジを無料で使えるクレジットカードの中でもエッジが利いています。

楽天カードと楽天プレミアムカードの比較については、以下で徹底解説しています。

一般加盟店で還元率1%・楽天市場でのポイントアップがあり、年会費無料であることから、勢いに乗っているカードが「楽天カード」です...

ちなみに楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードの違いについては、以下で徹底的に比較しています。

一般加盟店で還元率1%・楽天市場でのポイントアップで人気がある楽天カードの上位カードといえば、これまでは楽天プレミアムカードで...

プライオリティ・パスが無料で利用できるクレジットカードについては、以下で丹念に解説しています。

「プライオリティ・パス」という空港ラウンジのサービスがあります。プラチナカードの付帯特典で利用できることが多いです。世界中の...

その他のゴールドカードと比較検討したいという場合は、ゴールドカードのランキングをご参照ください。その中でも特におすすめのゴールドカードは以下で徹底的に解説しています。

日本ではアメリカン・エキスプレスが1966年にゴールドカードを導入し、1984年にプラチナカードを発行するまでは、ゴールドカードが最...

67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんのおすすめゴールドカードは以下でご紹介しています。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...

楽天プレミアムカードは楽天ゴールドカードよりも、更に新規入会&利用キャンペーンがゴージャスです。

楽天ブラックカード

楽天ブラックカード

楽天カードにはプラチナカードに相当する「楽天ブラックカード」もあります。楽天プレミアムカードよりも更にベネフィットが拡大します。

スタンダードタイプのみで、楽天PINKブラックカード、楽天ANAブラックカードはありません。

国際ブランドはMastercardかJCBです。それぞれ国際ブランド固有のプラチナカード特典を利用できます。

  • コンシェルジュ
  • 世界の130ヶ国・地域、約500の都市で約1,200ヵ所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスが無料(同伴者2名も無料)
  • Mastercard TASTE OF PREMIUM(コース料理1名分無料・2個の手荷物無料宅配など)か、JCBプラチナ特典の一部
  • 国内主要空港・ホノルル・仁川のラウンジが無料(年2回まで)
  • 楽天市場・楽天トラベル・エンターテイメントでポイントアップ特典
  • 年2回まで手荷物無料宅配サービス
  • 誕生月は楽天市場・楽天ブックスの利用でポイント6倍
  • 海外旅行傷害保険(最高1億円にアップ)
  • 国内旅行傷害保険(最高1億円にアップ)
  • ショッピング保険(年間300万円まで)
  • 商品未着あんしん制度
  • トラベルデスク
  • Hertzレンタカー割引
  • 紙の利用明細が無料
  • ETCカードの年会費が無料
  • 楽天プレミアムが1年間無料

プラチナカードならではのコンシェルジュサービスを活用できます。MastercardはMastercardプラチナカード、JCBはJCBプラチナ特典の一部を利用可能です。

楽天プレミアムカードはトラベルコース・楽天市場コース・エンタメコースのうち1つを選ぶ必要がありますが、楽天ブラックカードは全てを享受できます。

誕生月は楽天市場・楽天ブックスの利用で高還元となり、保険も充実しています。

その代わり、楽天ブラックカードは本会員32,400円(税込)と年会費が跳ね上がります。家族会員の年会費は無料です。

ETCカードの年会費は、楽天ブラックカードは無条件で無料です。楽天カードですと、楽天PointClubのダイヤモンド会員・プラチナ会員でないと540円(税込)の年会費がかかります。

この他では、楽天ブラックカードを持っていると、個人事業主・中小企業経営者向けの「楽天ビジネスカード」も発行可能です。年会費は2,160円(税込)です。

引き落とし口座を分けて支払いが可能、楽天ETCカードを個人用・会社用と複数保有可能といった業務上の経理処理に役立つメリットがあります。

他方、楽天ブラックカードよりも楽天カードが良い点には以下の点があります。

楽天カードを保有して利用実績を積み上げていくと、楽天ブラックカードのインビテーションが届く可能性があります。

楽天ブラックカードのベネフィットの詳細については、以下で徹底的に解説しています。

大人気クレカの楽天カードには、上位カードの楽天プレミアムカードの更に上に「楽天ブラックカード」があります。プラチナカード相当...

楽天銀行カード

楽天銀行カード

楽天銀行カードは、楽天カードのクレジットカード機能と、楽天銀行のキャシュカードの機能が一つになったカードです。

年会費は無料です。家族カードはありません。

スタンダードタイプのみで、楽天銀行PINKカード、楽天銀行ANAマイレージクラブカードはありません。

楽天銀行カードの国際ブランドはJCBのみです。これに対して、楽天カードは、JCB、VISA、Mastercardから選べます。

楽天銀行カードは2017年10月末まで、税金や公共料金の支払いで得することができて人気の電子マネー「nanaco」にチャージでき、楽天スーパーポイントも付与されます。

nanaco(ナナコ)という電子マネーがありますね。セブンイレブン・イトーヨーカドー・デニーズなどのセブン&アイグループの店舗で...

その他、nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカード、チャージの利用限度額、金券類の利用限度額を高くできるカードについては以下で徹底解説しています。

nanaco(ナナコ)というセブン&アイグループの電子マネーがあります。セブン-イレブン店頭で、国民年金保険料・健康保険料、固定...

この他、楽天EdyモバイルSuica、SMART ICOCAにもチャージできてポイントも付与されます。

楽天カードは国際ブランドによってチャージでポイントが付与される電子マネーが異なります。

カード名楽天銀行カード楽天カード
国際ブランドJCBJCBVISAMastercard
nanaco2017年10月末まで○××
楽天Edy
モバイルSuica
SMART ICOCA
au WALLET

楽天銀行カードは楽天銀行のキャッシュカードとクレジットカードの一体型です。両方の機能が使えます。他方、楽天Edy、楽天ポイントカードとの一体型機能はありません。

楽天銀行を使っている場合で、キャッシュカードとクレジットカードの2枚を持ち歩きたくないという場合は便利です。

万が一の紛失・盗難時は、クレジットカードとキャッシュカードの両方が同時に使えなくなるのがデメリットです。

楽天カードは楽天ポイントカードの機能が付帯しており、楽天Edyとの一体型機能も選べます。不要な場合はEdyなしも選択可能です。

カード名楽天銀行キャッシュ
カードとの一体型
楽天Edy
との一体型
楽天ポイントカード
との一体型
楽天銀行カード××
楽天カード×

楽天銀行カードの引き落とし口座に使える銀行は楽天銀行だけです。他の銀行に変更しようとしてもエラーが出ます。

楽天カードは多様な銀行等で引き落とすことが可能です。

楽天銀行のハッピープログラムでの口座引き落としでのボーナスポイントはどちらも対象です。

楽天銀行カードは、楽天銀行のキャッシュカードと同時に持つことはできません。楽天銀行カードと楽天カードは同時保有はできません。

マトリクスにすると以下のとおりです。○が同時保有可能、×が不可です。

カード名楽天銀行カード楽天カード楽天銀行
キャッシュカード
楽天銀行
デビットカード
楽天銀行カード-××
楽天カード×-
楽天銀行
キャッシュカード
×-
楽天銀行
デビットカード
-

新規入会&利用キャンペーンは、楽天銀行カードよりも楽天カードの方がお得です。その他、楽天銀行カードの詳細については、以下で徹底的に解説しています。

楽天銀行カードという楽天銀行が発行しているカードがあります。クレジットカードと楽天銀行のキャシュカードの機能が一つになったカ...

楽天カード アカデミー

楽天カード アカデミー

楽天カードには学生のカードもあります。「楽天カード アカデミー」という名前です。年会費は無料です。楽天カードとは異なり、家族カードはありません。

国際ブランドはVISA・JCBの2種類であり、一般の楽天カードにはあるMastercardブランドはありません。

基本的には楽天カードと同一の内容であり、学生向けのポイント優遇サービスが追加されています。

利用限度枠が小さいこと、家族カードがないこと以外は、社会人向けの楽天カードよりも優れているクレジットカードです。

いいねというポーズの大学生

普通の楽天カードと比較した場合の違いは、楽天カード アカデミーには楽天ブックス、楽天トラベルの高速バス予約、楽天ダウンロードでのポイントアップがあることです。

楽天ブックス

楽天カード アカデミーの加入から1年間(発行月含む13ヶ月間)、楽天ブックス通常購入(ケータイ版含む)の代金がポイント5倍(5%還元)となります。

を楽天カード アカデミーで支払うことが条件です。進呈ポイント内訳は以下のとおりです。

  • 通常購入1%
  • 「楽天カード アカデミー」利用ポイントの1%
  • 「楽天カード アカデミー」特有サービス分ポイント1%
  • 「楽天カード アカデミー」ご利用特典ポイント2%

特有サービス分ポイントは利用月の翌々月末頃、半年間有効の期間限定ポイントとして進呈されます。卒業予定年の3/31を過ぎた場合は特有サービス分ポイントは終了となります。

2%は楽天市場で開催中の「スーパーポイントアッププログラム」の「各種サービスご利用でいつでも毎日ポイント7倍」の特典となります。

この2%は購買月の翌月15日頃に、進呈月の翌月末日23:59まで使える期間限定ポイントです。

楽天トラベル「高速バス予約」(ケータイ版を含む)

高速バス予約(ケータイ版含む)を楽天カード アカデミーで決済するとポイント3倍となります。予約だけではなく、実際のバス乗車が必要です。

進呈ポイントの内訳は、通常購入での1%+クレジットカード利用ポイントの1%+「楽天カード アカデミー」特有サービス分ポイント1%となります。

2%は一般の楽天カードでも付与されるので、楽天カード アカデミーの限定特典分は1%となります。

対象金額は支払い金額(税込)×1%です。楽天ポイントで支払った分は、1%の上乗せの対象外となります。

対象期間は楽天カード アカデミーの発行から卒業予定年の3/31までとなります。楽天ブックスの特典とは異なり、初年度だけではありません。

楽天ダウンロード

ダウンロード販売商品を学生専用の楽天カードで支払うとポイント3倍でお得です。

進呈ポイントの内訳は、通常購入での1%+クレジットカード利用ポイントの1%+「楽天カード アカデミー」特有サービス分ポイント1%となります。

こちらも2%は一般の楽天カードでも付与されるので、楽天カード アカデミーの限定特典分は1%です。

対象金額は支払い金額(税込)×1%です。楽天ポイントで支払った分は、1%の上乗せの対象外となります。

対象期間は楽天カード アカデミーの発行から卒業予定年の3/31までとなります。

その他、楽天カード アカデミーの詳細については、以下で徹底解説しています。

楽天カードには学生のカードもあります。「楽天カード アカデミー」という名前です。基本的には楽天カードと同一の内容であり、学生向...

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカードは、個人事業主・法人向けのビジネスカードです。20歳以上で安定した収入のある法人代表者、個人事業主が申し込めます。

法人代表者とは、会社登記において代表権を有していることが必要です。代表取締役社長という肩書きをつけているだけではNGです。

スタンダードタイプのみで、楽天PINKビジネスカード、楽天ANAビジネスカードはありません。

申し込みにあたっては、個人向けの楽天プレミアムカードか楽天ブラックカードを発行する必要があります。楽天ビジネスカードのみの発行はできません。

楽天プレミアムカードのサブカードとして、経費決済用の楽天ビジネスカードを活用できます。ダイナースクラブカードダイナースクラブ・ビジネス・アカウントカードの関係に似ています。

楽天ビジネスカードの引き落としは法人口座を指定することができます。個人事業主の場合、個人口座の指定も可能です。楽天プレミアムカードの引き落し口座とは別の個人口座を指定する必要があります。

支払い預金口座が法人名義の場合、商業登記簿謄本、法人登記印の印鑑証明書のどちらかの提出が必要となります。

楽天ビジネスカードの年会費は2,160円(税込)です。社員用の追加カードはありません。発行可能枚数は1枚のみです。初年度無料という仕組みはありません。年会費は全額経費にできます。

楽天プレミアムカードの年会費が10,800円(税込)なので、合計で12,960円(税込)のコストが発生します。

ETCカードの発行手数料・年会費は1枚目は無料です。2枚目からは1枚につき年会費540円(税込)になります。発行可能枚数は無制限です。

笑顔のOL

楽天ビジネスカードをVISA加盟店で利用すると、100円につき1ポイントが貯まります。還元率は1%です。

ビジネスカード・法人用クレジットカードは、個人向けのクレジットカードと比較すると還元率が低く、0.5%以下の還元率が大多数です。

1.0%の還元率は、法人クレカとしてはかなりの高還元となります。年間100万円使えば10,000円のリターンがあります。年間200万円だと20,000円です。

ビジネス消耗品・出張・会議室の利用まで、さまざまなビジネスシーンでお得になる「Visa ビジネスオファー」を利用できます。

また、「Visa ビジネスグルメオファー」で全国の人気レストランが優待特典付きで利用可能です。一例は下表のとおりです。

楽天ビジネスカードと楽天プレミアムカードの二刀流で、オン・オフ(ビジネス・プライベート)の両方で、諸々の特典を活用してライフハック力を強化して、かつ楽天スーパーポイントをザクザクと貯められます。

楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカード

その他、楽天ビジネスカードの詳細については、以下で徹底解説しています。

楽天ビジネスカードというクレジットカードがあります。楽天が発行している個人事業主・法人向けのビジネスカードです。1%のポイント...

楽天ETCカード

楽天ETCカード

楽天カードには、ETCカードもあります。通行料金100円(税込)あたり1ポイントが貯まるのがメリットです。

楽天ETCカードは楽天カード1枚につき1枚発行できます。楽天銀行カードでもOKです。楽天ビジネスカードは法人向けのカードのため、複数枚の楽天ETCカードを発行できます。

楽天ETCカードの発行手数料は無料ですが、年会費は540円(税込)です。ETCカードは年会費無料というカードもある中で、年会費が有料なのはデメリットです。

ただし、楽天カードは1%還元であり、ETCを年54,000円以上使ったら、年会費以上のポイントが付与されるため損はしません。

1ヶ月あたり4,500円以上利用したら、ポイント還元で年会費を取り戻すことができます。

楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカードに付帯して楽天ETCカードを持つ場合、ETCカード年会費は無料となります。

法人カードの楽天ビジネスカードはETCカードを複数枚発行可能ですが、無料になるのは1枚目です。

楽天カードの名前 ETC年会費(税込)
楽天カード540円
楽天ANAマイレージクラブカード540円
楽天PINKカード540円
楽天銀行カード540円
楽天ゴールドカード無料
楽天プレミアムカード無料
楽天ビジネスカード1枚目:無料
2枚目以降:540円
楽天ブラックカード無料

一般カードの楽天カードでも、楽天ETCカードは年会費を無料にすることができます。楽天Point Club会員ランクがダイヤモンド・プラチナ会員の場合は、ETCカードの年会費が無料になります。

楽天のクレジットカード「楽天カード」は、ETCカードもあります。「楽天ETCカード」という名前です。高速道路等での料金支払いが便利...

楽天銀行デビットカード(JCB)

楽天銀行デビットカード

楽天スーパーポイントが貯まるハッピープログラムが人気の楽天銀行は、デビットカードを発行しています。

クレジットカードの楽天カードではありませんが、幅広い加盟店で楽天カードと同様の支払いが可能です。

ただし、ガソリンスタンドや有料道路料金、保険料やプロバイダ料金などの反復継続的な支払いなど、一部に使えない店舗があります。代表的な利用対象外のお店は以下のとおりです。

  • 公共料金、国民年金保険料
  • ガソリンスタンド、有料道路
  • インターネットプロバイダー
  • 携帯電話・MVNO・格安スマホ・SIM、アプリ型電話サービス
  • 生命保険、損害保険
  • 駐車場、家賃
  • 動画配信、スカパー、WOWOW、ケーブルTV、音楽配信
  • 新聞購読料
  • 飲料水宅配
  • 一部決済代行・決済サービス

楽天銀行のデビットカードは、楽天銀行デビットカード(JCB)、楽天銀行シルバーデビットカード(Visa) 、楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)の3種類があります。

この中で年会費が無料なのはJCBで、しかもポイント還元率が1%とデビットカードとしては異例に高いです。したがって、JCBが最もお得です。

項目楽天銀行デビットカード(JCB)楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)
独自デザインお買いものパンダ--
発行手数料無料無料無料
年会費永年無料2,160円(税込)5,400円(税込)
ポイント100円で1ポイント1,000円で10ポイント1,000円で10ポイント
還元率1.0%1.0%1.0%
保険・補償・特典等盗難補償・ショッピング保険
・盗難補償
・ショッピング保険
・国内旅行傷害保険
・海外旅行傷害保険
・盗難補償
・Visaゴールドカード特典
・海外利用サポート 24時間日本語サービス
nanacoチャージ可・ポイント対象外
楽天Edyチャージ不可
モバイルSuicaチャージ可・ポイント対象外

ポイント還元率はJCB、Visaのいずれも1.0%ですが、年会費無料のJCBがダントツでコスパNo.1となります。

2016年9月20日からはnanaco、モバイルSuica等の電子マネーチャージがポイント付与の対象外となってしまいました。しかし、それでも日常のお買い物で八面六臂の活躍をしてくれます。

その他、楽天銀行のデビットカードの詳細については、以下で徹底的に解説しています。

楽天銀行はデビットカードを発行しています。JCB、シルバー(VISA)、ゴールド(VISA)の三種類です。2015年4月には楽天銀行デビットカー...

無条件で基本還元率1%という数字は日本におけるデビットカードで圧倒的No.1となっています。

楽天市場だけではなく、AmazonでもYahoo!ショッピングでも、リアル店舗でも1%還元です。

特定の店舗では高還元になるデビットカードは他にありますけれども、加盟店全体で1%というカードは稀有です。

あらゆる店舗でお得な万能戦士であり、ドラクエの職業で喩えると勇者のようなデビットカードです。

楽天銀行デビットカード(JCB)は、メインカードとしてガンガン使うデビットカードとして有力です。

海外でよく利用する等の理由で、還元率が低くても国際ブランドはVISAがいい場合は、VISAも候補となります。

楽天銀行プリペイドカード

楽天銀行プリペイドカード(JCB)

楽天銀行プリペイドカード(JCB)はJCB搭載型のプリペイドカードです。年会費・発行手数料無料で保有・利用に費用は一切かかりません。

チャージ残高は30万円と高めです。10万円という国際ブランド搭載プリペイドカードがある中で、比較的高めで高額決済にも対応します。アーロンチェア4Kモニターロレックスのオーバーホールなど高額品の決済にも使えます。

チャージ金額に応じて「プレミアムバリュー」が付与されて、残高が上乗せされます。

1,000円以上30万円まで1円単位でチャージが可能です。1回のチャージ金額ごとに得られるプレミアムの残高は異なります。

  • 5,000円以上9,999円以下:25円分(約0.25%~0.5%還元)
  • 10,000円以上29,999円以下:70円分(約0.23%~0.7%還元)
  • 30,000円以上49,999円以下:240円分(約0.48%~0.8%還元)
  • 50,000円以上:500円分(約1.0%~還元)

最も得するのは5万円をチャージした時で、還元率1%に昇華します。

楽天銀行プリペイドカード(JCB)と楽天銀行デビットカード(JCB)の違いをまとめると、下表のとおりです。

項目楽天銀行プリペイドカード(JCB)楽天銀行デビットカード(JCB)
発行手数料・年会費無料無料
申込条件16歳以上16歳以上
バリュー /
ポイント
5,000円以上9,999円以下:25円分
10,000円以上29,999円以下:70円分
30,000円以上49,999円以下:240円分
50,000円以上:500円分
100円で1ポイント
還元率約0.167%~1.0%還元1.0%
保険・補償・特典等×盗難補償
キャッシュカード一体×
支払い方法チャージ残高から引き落とし銀行預金から即時引き落とし
海外ATMで現地通貨引出×
セキュリティ利用限度額設定
通知メール(チャージ実行時、決済時)
J/Secure(本人認証サービス)
利用限度額設定
通知メール(決済時)
J/Secure(本人認証サービス)

違いを比較すると、どちらも無料で発行・維持できて、16歳以上で楽天銀行に普通預金口座があればOKです。作りやすさには違いがありません。

カードの還元率は、デビットカードの方が圧倒的に勝っています。いつでも還元率1%で現金同様の楽天スーパーポイントが貯まる点にエッジ・優位性があります。

プリペイドカードの方は5万円チャージしたら1%ですが、それ以外は還元率が低下してしまいます。

プリペイドカードはキャッシュカードと一体型ではなく、カードが2枚になってしまいます。しかし、デビットカードは一体型なので1枚で済みます。

デビットカードはカード盗難補償があり、不正利用が補償されますが、プリペイドカードは保障がない点が大きなデメリットです。

デビットカードは世界中に設置されている、JCB・CirrusマークのあるATMで預金を現地通貨で引き出せます。しかし、プリペイドカードにはこの仕組がありません。

総合的に比較考慮すると、楽天銀行の場合はデビットカードの方がダントツ&ぶっちぎりで便利でお得です。

デビットカードは使いたくないという強い思いがない限りは、プリペイドカードよりもデビットカードの方が格段に優れています。

楽天銀行デビットカード(JCB) 公式サイト

その他、楽天銀行プリペイドカードの詳細については、以下にまとめています。

楽天銀行が「楽天銀行プリペイドカード(JCB)」というJCBプリペイドカードを2017年1月16日から発行開始しました。JCB加盟店でのお買い...

まとめ

楽天カードにはスタンダードカード、格安ゴールドカード、ゴールドカード、プラチナカード、ビジネスカードと多用な種類があります。

また、楽天銀行はデビットカードとプリペイドカードを発行しています。

各楽天カードのスペックを分析して違いを比較すると、おすすめの楽天カードは人によって変わってきます。

最後に各楽天カードの種類ごとに、おすすめの方をまとめました。

カード名年会費(税込)おすすめの方
楽天カード無料年会費無料でクレジットカードを使いたい。女性向けオプション・AMC機能は不要な方におすすめ
楽天PINKカード無料女性向けオプションを付帯したい方におすすめ
楽天ANAマイレージクラブカード年1回利用で無料カードショッピングでANAマイルを貯めたい。AMC機能一体型クレジットカードがほしい方におすすめ
楽天ゴールドカード2,160円
(家族540円)
楽天市場でポイントアップの特典、国内主要空港のラウンジを使いたい方におすすめ
楽天プレミアムカード10,800円(家族540円)プライオリティ・パスのプレステージ会員資格を得たい方におすすめ
楽天ブラックカード32,400円
(家族無料)
プライオリティ・パスが同伴者2名まで無料、楽天関連サービスのポイントアップ、プラチナ特典がほしい方におすすめ
楽天銀行カード無料楽天銀行のキャッシュカードとの一体型がいい方におすすめ
楽天カード アカデミー無料学生で利用限度額が低くてもいい方におすすめ
楽天ビジネスカード2,160円1%の楽天スーパーポイントが貯まる法人・個人事業主向けカードがほしい方におすすめ
楽天ETCカード無料~540円1%の楽天スーパーポイントが貯まるETCがほしい方におすすめ
楽天銀行デビットカード(JCB)無料クレジットカードは保有したくない方におすすめ
楽天銀行シルバーデビットカード(VISA)2,160円還元率が1%で年会費がかかっても、ショッピング保険が付帯してVisaブランドのデビットカードがいい方におすすめ
楽天銀行ゴールドデビットカード(VISA)5,400円国内外の旅行傷害保険やVisaゴールドカード特典が使えるデビットカードがほしい方におすすめ
楽天銀行プリペイドカード無料クレジットカードもデビットカードもイヤな方におすすめ

ヴィッセル神戸オフィシャルサポーターズカードV-style(募集終了)

ヴィッセル神戸オフィシャルサポーターズカードV-style

以前はヴィッセル神戸オフィシャルサポーターズカードV-styleがありましたが、現在は募集終了となっています。

年会費は無料です。国際ブランドはVisaのみで楽天Edy機能も付帯しています。ICチップが搭載されて無く、セキュリティ面では楽天カードに劣後します。

ヴィッセル神戸ファンに嬉しいベネフィットが付帯しています。以下の店舗でチケット購入やショッピングする際は5%OFFとポイント2倍(2%還元)が両方受けられます。

  • 楽天市場 ヴィッセル神戸オフィシャルショップ
  • スタジアム直営グッズ販売店
  • チケットカウンター

また、貯めたポイントをヴィッセル神戸のグッズと交換できます。しかも好きな選手の直筆サイン入りグッズですのでバリューが高いです。

  • レプリカユニフォーム:20,000ポイント
  • サポーターズTシャツ:8,000ポイント
  • 応援セット(Tシャツ・フラッグ):12,000ポイント
  • マフラータオル:4,000ポイント
  • フラッグ:2,000ポイント

海外旅行傷害保険などの特典は楽天カードと同一です。現在はヴィッセル神戸とイニエスタデザインの楽天カードがファンの方におすすめです。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-楽天カード, クレジットカード

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.