The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

ポイントでデビット支払いは便利!楽天銀行デビットカードの支払いに楽天スーパーポイントを利用可能!

更新日: デビットカード

楽天銀行デビットカード

楽天銀行デビットカードの利用代金を楽天スーパーポイントで支払うことができます。「ポイントでデビット支払い」という名前の仕組みです。

世界中のJCBもしくはVisa加盟店でのお買い物に楽天ポイントを利用できるので、ほぼ現金同様の利便性があります。

楽天銀行デビットカードの料金をポイントで支払う方法、注意点について、わかりやすく徹底的に解説します。


ポイントによる利用代金充当の内容

「ポイントでデビット支払い」とは、楽天銀行デビットカードによる支払いに楽天スーパーポイントを充当できるサービスです。以下の2種類があります。

  • デビット利用額に常に全てのポイントを利用(デビットカード利用時に使える全ポイントを充当)
  • デビット利用額に常に設定したポイント数を利用(設定したポイント数のみを充当)

前者は余っているポイントがあれば常に充当する設定です。後者は例えば1,000ポイント設定で3,000円の決済を行う場合、1,000ポイント消化されて銀行口座から2,000円が引落される仕組みです。

楽天銀行のハッピープログラムに登録していれば、1回の手続きで50ポイント以上最大500,000ポイントまで利用することが可能です。

  • ダイヤモンド会員:50~500,000ポイント
  • プラチナ以下の会員:50~30,000ポイント

月間の利用上限は他の楽天グループでの利用分も含めて、ダイヤモンド会員は50万ポイント、プラチナ以下の会員は10万ポイントが上限となります。

ポイント払いした分、もらえるポイントが減って還元率が低下することはありません。

例えば1万円利用して1万ポイントを使って銀行口座からの引き落としが0円の場合、付与される楽天スーパーポイントは1万円の1%の100ポイントです。

楽天ポイントカード

「ポイントでデビット支払い」は、楽天銀行の会員サイトから簡単に手続きできてユーザーフレンドリーです。

手続き後には楽天e-NAVIトップページの「お支払い金額」へ充当したポイントがリアルタイムで反映され、正確な支払い金額を即座に確認できるので安心・安全です。

楽天スーパーポイントは、楽天市場などのネットだけではなく、楽天ポイントカード楽天ペイを使って、加盟店のリアル店舗で利用することができます。

また、利用可能店舗数が日本最大級の電子マネー「楽天Edy」に交換することもでき、ポイントの利用先が抜群に広いのがメリットです。楽天証券で投資信託の購入に使うことも可能です。

楽天証券で2017年8月26日から、楽天スーパーポイントで投資信託を購入できるようになります。お買い物やクレジットカード、ポイントカ...
2018年から積立NISA(つみたてNISA)という制度が開始します。正式名称は「非課税累積投資契約に係る非課税措置」です。節税メリットが...

この度は「ポイントでデビット支払い」で、楽天銀行デビットカードのお買い物代金にポイントを充当することが可能になり、より一層現金に近い便利な存在へと進化しました。

利用可能ポイント種別は通常ポイントのみであり、期間限定の楽天スーパーポイント、楽天キャッシュ、他社のポイントから交換した楽天ポイントは利用できません。

ポイントを充当できるのは、カードショッピングの利用代金です。キャッシングの融資金・利息には使うことはできません。

楽天スーパーポイントで為替調整の支払いはできないため、海外での利用時に差額調整が発生した場合は、普通預金口座から引き落とされる場合があります。

楽天銀行デビットカードの活用でポイントを現金同様に使える時代になりました。フィンテックの賜物です。

注文・予約のキャンセル発生時の取り扱い

楽天銀行デビットカードの利用代金にポイントを使った後、当該利用代金のキャンセル、旅行代理店の予約取り消しなどが発生した場合、ポイントは戻ってきます。

ポイントが無駄になることはないのでご安心ください。ただし、すでに楽天銀行の口座を解約している場合、もしくは楽天会員リンク登録を解除している場合は、ポイントは返還されません。

楽天ポイントカード

通常のデビットカード利用キャンセルの発生時とは異なり、銀行振り込みがあるわけではありません。ポイントで支払ってキャンセルして現金化することはミッション・インポッシブルです。

例えば利用明細6,000円で3,000ポイントを使う設定を行っていて、4,000円分のキャンセル等が発生して利用額が2,000円になった場合を想定します。

この場合、利用額2,000円-3,000ポイントの1,000ポイント分は、ポイントとして変換されます。


手続きの流れ・手順

楽天銀行デビットカードの「ポイントでデビット支払い」を利用する際には、楽天銀行の会員ページで設定する必要があります。

パソコン

楽天銀行にログインして、「カード・ATM」タブ→「ポイント利用設定」という青色のボタンをクリックします。

楽天銀行のカード・ATM TOP画面

続いて設定画面で、「ポイントのご利用」方法を選択して「設定変更」という赤色のボタンを選択すればOKです。

楽天銀行のデビット利用額への楽天スーパーポイント利用設定画面

スマホ

ログイン後、「カード利用状況・お申込み」から、「ポイント利用設定」をタップします。

楽天銀行のスマホ画面

続いて設定画面で、「ポイントのご利用」方法を選択して「設定変更」をタップすればOKです。

楽天銀行のデビット利用額への楽天スーパーポイント利用設定画面(スマホ)

設定は一度のみでOK

設定した内容は原則として変更設定を行なわない限り継続されます。したがって、利用の都度、設定を行なう必要はありません。

カード更新、カードの磁気不良・汚破損・盗難紛失に伴う再発行、暗証番号ロック、カード切替(Visa⇔JCB)の際には、設定した内容が引き継がれます。

ただし、楽天銀行の口座を解約するか、楽天会員リンク登録を解除した場合は、設定したポイント利用設定内容は解除されます。

まとめ

楽天銀行デビットカード

楽天銀行デビットカードの利用代金を楽天スーパーポイントで支払える「ポイントでデビット支払い」が導入されました。

1回の手続きで50ポイント以上最大500,000ポイントまで利用することが可能です。

  • ダイヤモンド会員:50~500,000ポイント
  • プラチナ以下の会員:50~30,000ポイント

月間の利用上限は他の楽天グループでの利用分も含めて、ダイヤモンド会員は50万ポイント、プラチナ以下の会員は10万ポイントが上限となります。

ポイント払いした分、もらえるポイントが減って還元率が低下することはありません。

楽天クリムゾンハウスのエントランス (1)

楽天銀行デビットカード決済の代金にも充当できるように、より一層楽天スーパーポイントが便利に進化しました。

1ヶ月あたり10万/50万円相当までという上限がありますけれども、楽天銀行デビットカードが実質的に現金還元のデビットカードと評価できるようになりました。

楽天銀行はデビットカードを発行しています。JCB、シルバー(VISA)、ゴールド(VISA)の三種類です。2015年4月には楽天銀行デビットカー...

楽天銀行デビットカードの活用でポイントを現金同様に使える時代になりました。おすすめのデビットカードの一角です。

デビットカードと同様に楽天カードも、カード利用で貯まるポイントを利用代金に充当することができ、お得なキャッシュバックのクレジットカードと評価できます。

ポイントやマイルを貯められるクレジットカードは、日常のお買い物や課金で得することができます。しかし、ポイント等を貯めて交換が...

なお、ポイントを利用代金に充当する手間も面倒な場合は、請求額から自動的に割り引かれる自動キャッシュバックのクレジットカードがおすすめです。

ポイントやマイルを貯められるクレジットカードは、日常のお買い物や課金で得することができます。しかし、ポイント等を貯めて交換が...

楽天カードは、基本還元率は1.0%で楽天スーパーポイントが貯まります。家族カードもあります。

SPUで楽天市場でのお買い物は3倍~13倍の高還元なのが魅力的です。家族カードもSPUのポイントUPの対象となるのでユーザーフレンドリーです。その他、多様なキャンペーンが充実しています。

多額のお買い物を行うと、SPUで大量のポイントが貯まるのでバリューが高いです。以下はなんと22,543ポイントを獲得した履歴です。

SPUの獲得予定ポイント数(22,543pt)

ETCカード利用時もポイントが得られます。ポイント付与対象外のお店はごく一部です。利用限度額は高いので、メインカードとしてガンガン使うことも可能です。

基本的には完全無料で利用可能です(※締め日と支払日)。ただし、リボ払いの利用など、僅かに手数料や金利が発生する取引もあります。

楽天カードを保有して、SPUや各種キャンペーン・セールなどを活用していくと、恐ろしい程にザクザクと楽天スーパーポイントが貯まっていきます。

私は毎月5,000~12,000ポイント程度の楽天ポイントを獲得しています。2017年7月時点での通算では、なんと271,500ポイントを得ています。

楽天スーパーポイントの獲得推移楽天スーパーポイントの獲得推移(2017年5月~7月)

2017年7月11日には会員全体で、楽天スーパーポイントの累計付与ポイント数がなんと1兆ポイントに到達しました。

特に高額品の購入とSPU、買回りセールを巧みに組み合わせるとお得です。楽天SPUの活用で2018年3月には通算獲得ポイントが50万ポイントを突破しました!

楽天スーパーポイントの獲得履歴(通算502,235ポイント)

楽天カードは大人気となっており、提携カードを除いた自社発行ベースでの取扱高(2017年4~9月期)では、なんと三菱UFJニコスや三井住友カードを超えてシェア1位に躍り出ています。

ブロックチェーン(分散台帳技術)を活用して、楽天スーパーポイントとロイヤルティプログラムの楽天ポイントクラブを統合した仮想通貨「楽天コイン」の導入も検討されています。

JCBブランドだとANA JCBプリペイドカード経由なら、モバイルSuicaチャージで1%のポイントが貯まります。楽天Edyにもチャージできます。Edyチャージ時の還元率は0.5%です。

楽天カードの利用限度額は最高300万円とプラチナカード級となっています。メインカードとしてガンガン活用することが可能です。

楽天カードで貯まる楽天スーパーポイントは楽天市場・楽天ブックス・kobo等で1ポイントから1ポイント単位で使えます。楽天トラベル・楽天GORAは100ポイント以上です。

また、楽天ポイントカードの機能で、マクドナルド、ミスタードーナツ、ポプラ・生活彩家、ツルハドラッグ、ダイコクドラッグ、大丸・松坂屋、出光などのリアル店舗でも使えます。

ミスタードーナツのポン・デ・リングとアップルシナモンドーナッツ

スマホアプリ「楽天ペイ」を活用すると、ローソンやファミマ等のコンビニでも期間限定の楽天スーパーポイントを消化できます。

楽天スーパーポイントは、楽天市場や各種楽天関連サービス、クレジットカードの楽天カードの利用、電子マネーの楽天Edy、共通ポイント...

楽天スーパーポイントは電子マネーの楽天Edyとも交換可能です。楽天Edyは利用可能店舗が日本最大級の電子マネーですので、現金同様で極めて便利です。

ユニークなところでは2017年8月26日から、楽天証券で楽天スーパーポイントを使って投資信託を買えるようになりました。

楽天証券で2017年8月26日から、楽天スーパーポイントで投資信託を購入できるようになります。お買い物やクレジットカード、ポイントカ...

また、楽天証券に口座がなくても投資が可能な「ポイント運用 by 楽天PointClub」もあります。

楽天スーパーポイントを利用して投資ができる「ポイント運用 by 楽天PointClub」が2018年10月3日(水)12時に開始しました。手数料は無...

2018年10月27日から楽天カードのクレジット決済で投信積立が可能になり、1%の楽天スーパーポイントを貯めることも可能になりました。

楽天カードのクレジット払いでポイント還元を受けながら、楽天証券で投資信託の積立ができるサービスが開始します。還元率は通常のカ...

楽天ポイントが貯まる楽天カードは資産運用できるクレジットカードの筆頭です。投資ができるカードは類稀であり、一歩先に進んだ画期的なスペックを備えています。

楽天カードは旅行傷害保険も充実しています。利用頻度が高くて最も重要な疾病治療費用・傷害治療費用が200万円であり、内容が秀逸です。

また、海外旅行時に利用できる優待割引も豊富です。詳細は以下で徹底解説しています。

楽天カードという言わずと知れたクレジットカードがありますね。SPUで楽天市場が4%以上の高還元となるのが最大のメリットです。税金...
楽天カードという楽天のクレジットカードがあります。VISA・Mastercard・JCBの国際ブランドを搭載しており、海外のお買い物・宿泊料金...

2017年8月1日にはハワイのワイキキに、楽天カード会員専用の「楽天カードラウンジ」がオープンしました。

日本語スタッフが常駐しており、ドリンク、60店以上で使えるクーポン配布、便利なアイテム貸出、手荷物預かり、無料Wi-Fiなど実用的なサービスが揃っています。

楽天カードが2017年8月1日から、ハワイのワイキキにある「T ギャラリア ハワイ by DFS」に、楽天カード会員専用の「楽天カードラウン...

海外旅行においても充実した特典が付帯しており、便利に活用できるクレジットカードです。

Mastercard、JCBブランドですとお買いものパンダデザインも選択できます。

ディズニー・デザインバルセロナデザイン楽天イーグルスデザインも登場しました。ディズニーはJCBのみです。

楽天カードは学生、主婦、パート、アルバイトの方でも本会員カードを発行できます。

楽天カードというクレジットカードがあります。イメージ通り審査基準は間口が広く、2018年においては格段に審査に通りやすくなってい...

楽天カードはお得なベネフィットが豊富です。しかも数千ポイントの楽天スーパーポイントが得られるお得な新規入会&利用キャンペーンも開催しています。

楽天カードは完全無料で維持できるにもかかわらず、充実したベネフィットが付帯したハイ・クオリティー・カードです。詳細は詳細分析しています。

利便性が極めて高い楽天スーパーポイントが貯まるクレジットカードが楽天カードです。楽天市場ではスーパーポイントアッププログラム(...

女性向けのオプションを付帯できる楽天PINKカード、カード利用でANAマイルを貯めることもできる楽天ANAマイレージクラブカードもあります。

楽天カードが、女性向けのクレジットカード「楽天PINKカード」(楽天ピンクカード)の発行を開始しました。男性でも申し込めます。基本...
楽天カードにANAマイレージクラブ(AMC)機能がある「楽天ANAマイレージクラブカード」が登場しました。決済でANAマイルを貯めること...

格安ゴールドカードの楽天ゴールドカードは、年会費が2,160円(税込)で、楽天市場・楽天ブックスでの還元率が+2%、国内主要空港・ホノルル・仁川のラウンジが無料というメリットがあります。

楽天ゴールドカードは年会費2,160円(税込)で、格安ゴールドカードに相当するクレジットカードです。楽天カードと楽天プレミアムカード...

楽天カードと楽天ゴールドカードの比較については、以下で徹底解説しています。

一般加盟店で還元率1%・楽天市場で5%還元で年会費無料であることから、勢いに乗っているカードが「楽天カード」です。2016年9月から...

ゴールドカードに相当する「楽天プレミアムカード」は、世界の130ヶ国・地域、約500の都市で約1,200ヵ所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスが無料になり、楽天関連サービスでの優遇が受けられるのがメリットです。

大人気クレカの楽天カードには上位カード「楽天プレミアムカード」があります。ゴールドカード相当のクレジットカードです。楽天カー...

プライオリティ・パスで世界中のラウンジが無料で使い放題になるので、使わなくてもお得なクレジットカードです。空港ラウンジを無料で使えるクレジットカードの中でもエッジが利いています。

楽天カードと楽天プレミアムカードの違いについては、以下で徹底的に比較しています。

一般加盟店で還元率1%・楽天市場でのポイントアップがあり、年会費無料であることから、勢いに乗っているカードが「楽天カード」です...

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードの相違点については、以下にまとめています。

一般加盟店で還元率1%・楽天市場でのポイントアップで人気がある楽天カードの上位カードといえば、これまでは楽天プレミアムカードで...

各楽天カードの違いについては、以下で精緻に比較しています。

楽天カードという楽天市場でお得になるクレジットカードがありますね。SPUで楽天市場で3%以上の還元、充実の海外旅行傷害保険などの...

実際に楽天カードを使い倒したところ、諸々の特典の賜物で大量の楽天ポイントを得られたのが嬉しかったです。

楽天のクレジットカード「楽天カード」は、良い評判と悪い評判に分かれています。楽天カードを作成してから約3年、楽天市場、リアル店...

どの楽天カードもお得なベネフィットが豊富なハイ・クオリティー・カードです。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめの「メインカード」として楽天カード、ゴールドカードとして楽天ゴールドカード、空港ラウンジがお得なカードとして楽天プレミアムカードを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

また、クレカの専門家・菊地崇仁さんも、おすすめの年会費無料カードとして楽天カード、ゴールドカードとして楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードを挙げていらっしゃいました。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

67枚のクレジットカードをお持ちで合計年会費が約130万円のレジェンドも、楽天カードを高く評価しています。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...
ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...

2017年12月に入ってからは、異なる種類の楽天カードを同時保有することが可能になりました。

また、同じ楽天カードのVISAと、MastercardかJCBかアメックスの2枚持ちも可能になっています。

楽天カードは2017年11月まで、楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードを除いて、2枚持ちが一切できませんでした。例えば楽天カード...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-デビットカード
-,

Copyright© The Goal , 2018 All Rights Reserved.