楽天カードのSuicaチャージでポイント獲得が可能に!還元率は未定

更新日: 電子マネー 楽天カード

楽天カードによるチャージでポイント付与対象の楽天ペイのSuica

楽天カードでのSuicaチャージはポイント付与対象外の時期が続いていました。しかし朗報!

なんと2020年春より楽天ペイのアプリからSuicaを発行してチャージできるようになります。

Androidのおサイフケータイが対象となっており、楽天ペイに登録した楽天カードからチャージでき、チャージ時には楽天スーパーポイントを獲得できます!

ポイント還元率については未定となっていますが、収益性に鑑みると0.5%程度にとどまると予想します。

それでも楽天カードがメインカードで、保有クレジットカードの枚数を増やしたくない方にとっては朗報です。

2枚持ちを許容できる場合はSuicaチャージで1.5%還元のビューカードでのチャージがおすすめです。

楽天カードのSuicaチャージについて、2019年8月の最新の状況をわかりやすく徹底的に解説します。

対象カード

Suicaチャージでポイントを得られる楽天カードは、国際ブランドがVisa、Mastercard、JCBです。

楽天カードの種類は多種多様で、一般カード、女性向けカード、格安ゴールドカードゴールドカードプラチナカードビジネスカードと幅広いラインナップが揃っています。

Suicaチャージでポイントを得られるのは、年会費が高いクレジットカードに限定されていたら切ないですね。ご安心ください!

上位カードの楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカードだけではなく、一般カードの楽天カード、楽天ピンクカード、楽天ANAカード等も対象です。

カード名年会費(税込)おすすめの方
楽天カード無料年会費無料でクレジットカードを使いたい。女性向けオプション・AMC機能は不要な方におすすめ
楽天PINKカード無料女性向けオプションを付帯したい方におすすめ
楽天ANAマイレージクラブカード年1回利用で無料カードショッピングでANAマイルを貯めたい。AMC機能一体型クレジットカードがほしい方におすすめ
楽天ゴールドカード2,160円
(家族540円)
楽天市場でポイントアップの特典、国内主要空港のラウンジを使いたい方におすすめ
楽天プレミアムカード10,800円(家族540円)プライオリティ・パスのプレステージ会員資格を得たい方におすすめ
楽天ブラックカード32,400円
(家族無料)
プライオリティ・パスが同伴者2名まで無料、楽天関連サービスのポイントアップ、プラチナ特典がほしい方におすすめ
楽天銀行カード無料楽天銀行のキャッシュカードとの一体型がいい方におすすめ
楽天カード アカデミー無料学生で利用限度額が低くてもいい方におすすめ
楽天ビジネスカード2,160円1%の楽天スーパーポイントが貯まる法人・個人事業主向けカードがほしい方におすすめ
楽天ETCカード無料~540円1%の楽天スーパーポイントが貯まるETCがほしい方におすすめ
楽天銀行デビットカード(JCB)無料クレジットカードは保有したくない方におすすめ
楽天銀行ベーシックデビットカード無料Visaブランドのデビットカード希望の方におすすめ
楽天銀行シルバーデビットカード2,160円還元率が1%で年会費がかかっても、ショッピング保険が付帯してVisaブランドのデビットカードがいい方におすすめ
楽天銀行ゴールドデビットカード5,400円国内外の旅行傷害保険やVisaゴールドカード特典が使えるデビットカードがほしい方におすすめ
楽天銀行プリペイドカード無料クレジットカードもデビットカードもイヤな方におすすめ

しかし、アメックスの楽天カードは残念ながら対象外となります。

楽天カードでのSuicaチャージでポイントを獲得したい場合は、JCB・Visa・Mastercardのどれかを選びましょう!

楽天カードの種類

メリット

楽天ペイ楽天カードを登録しているユーザーは、アプリ内でSuicaを発行してチャージすることが可能になり、楽天スーパーポイントを獲得できます。

新たにアプリをダウンロードしたり、クレジットカード情報登録することなく、交通系電子マネーの雄であるSuica機能を利用できます。

楽天カード1枚しかクレジットカードは持ちたくないという方にとっては、格別のメリットがあります。

Suicaのペンギン

SuicaはJR東日本エリアだけではなく、PASMOICOCASMART ICOCATOICAmanaca、Kitaca、SUGOCA、nimoca、はやかけん等の各エリアにおける鉄道・バス等でも利用できます。

Apple PayのSuicaではやかけんエリアを通過したところSMART ICOCAの改札

北海道から九州まで使えて便利。2020年春には沖縄県のゆいレールでも交通系ICカードでの乗車が可能となり、ますます利便性がアップします。

Suicaの相互利用可能エリア

Suicaの利用可能エリアの一覧

デメリット

定期券・Suicaチャージは別アプリが必要

Suica定期券、Suicaグリーン券などを購入するためには、モバイルSuicaのアプリが必要となります。

会社員の方の場合、定期券がマストアイテムですよね。それを買うためには結局モバイルSuicaアプリが必要となり、楽天ペイのアプリで完結することはできません。

オートチャージが不可能

Suicaのオートチャージ機能は著しく便利であり、一度これに慣れるともう戻れません。

KyashによるモバイルSuicaチャージがポイント付与対象だった時も、手間削減のためにビューカードでオートチャージしていた程です。

ビューカード4枚

楽天カードでポイントを得られる楽天ペイのSuicaは、オートチャージができないのがデメリットです。

ポイント還元率はビューカードより低い可能性が大

楽天カードによって楽天ペイのSuicaにチャージする際の還元率は未公表となっています。

電子マネーチャージで得られるクレジットカード会社の手数料は著しく低いので、1.5%(楽天カードの1%+楽天ペイの0.5%)は採算割れで厳しい可能性が高いです。

楽天カードの1%のみか、下手すると楽天Edyへのチャージのように0.5%還元にとどまるリスクもあります。

本家であるJR東日本グループのクレジットカードであるビューカードの還元率には、敵わずに後塵を拝する可能性が高いです。

Suicaのペンギン

ビューカードのラインナップの中で、年会費無料にできるのはビックカメラSuicaカード、定期券一体型で最も低コストなのは「ビュー・スイカ」カードです。

JRE CARDは年会費が477円(税抜)ですが、アトレ・エスパル・フェザン等のJRE CARD優待店でのポイントアップ、優待特典というメリットがあります。

ルミネカードは年会費が上がりますが、ルミネで5~10%割引という特典があります。

カード名年会費(税込)一般加盟店Suicaチャージ備考
ビックカメラSuicaカード515円(年1度の利用で無料)1.0%1.5%ビックカメラでSuica払いならポイント二重取り
「ビュー・スイカ」カード515円0.5%1.5%定期券一体型。家族カードあり
JRE CARD515円0.5%1.5%アトレ等のJRE CARD優待店で約3.5%還元
ルミネカード1,030円0.5%1.5%ルミネで5-10%OFF
ビューゴールドプラスカード10,800円0.5%1.5%年1回のプレゼント・東京駅ラウンジ等の特典
大人の休日倶楽部ミドルカード2,575円0.5%1.5%大人の休日倶楽部パス、JR東日本線・JR北海道線5%OFF等
大人の休日倶楽部
ジパングカード
4,285円
(夫婦会員7,320円)
0.5%1.5%大人の休日倶楽部パス、JR東日本線・JR北海道線30%OFF等
JALカードSuica2,160円0.5-2%0.5-1%JRE POINTをJALマイルに移行可
JALカード特約店では2倍
JALカードSuica
CLUB-Aカード
10,800円0.5-2%0.5-1%JAL CLUB-Aカード特典
JALカードSuica
CLUB-A ゴールドカード
20,520円0.5-2%0.5-1%ビューゴールドプラスカード特典
JAL CLUB-Aカード特典

ビューカードの中でおすすめなのは、年会費が年1回の利用で無料、基本還元率1%、Suicaチャージ・JR東日本の定期券やきっぷ等の購入は1.5%還元のビックカメラSuicaカードです。

おサイフケータイ、Apple Pay対応端末をお持ちの方なら、東日本に住んでいなくてもおすすめです。

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードは、Suicaチャージが1.5%還元と日本最高峰で、エクスプレス予約は1%還元となり、かつ年会費無料で維持できます。

JR東海エクスプレスカードやJ-WESTカードの0.5%還元と比較すると、圧倒的にお得なクレジットカードです。

菊地崇仁さんとまつのすけ

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんも、ビックカメラSuicaカードがSuicaチャージにおすすめとおっしゃっていました。

菊地崇仁さん
仕事をやめて保有カードを処分したとしても、ビックカメラSuicaカードは残ります。

クレジットカードのレジェンドがプライベートでも保有するのがビックカメラSuicaカードです!

活用すると家計改善に大活躍してくれるクレジットカードであり、大量のポイントが得られるお得な入会キャンペーンも魅力的です。

ビックカメラSuicaカード 公式キャンペーン

おサイフケータイ搭載のAndroid以外は利用不可

2台のおサイフケータイ

楽天カードでのチャージでポイントを得られる楽天ペイのSuicaを利用可能なのは、おサイフケータイを使えるAndoroidのみとなっています。

おサイフケータイ非対応のAndroid、iPhoneでは利用することがミッション・インポッシブルです。

iPhone 5sと6と6sと7とX(裏面)

楽天カードはApple PayのSuicaへのチャージがポイント付与対象外なので、iPhoneユーザーの場合、これまで通り楽天カードによるSuicaチャージではポイントを得られません。

iOSについては今後検討する方針となっています。iPhoneでもSuicaチャージでポイントを得られるようになったら嬉しいですね!

ANA JCBプリペイドカード経由なら1%還元

JCBブランドの楽天カードだとANA JCBプリペイドカード経由なら、モバイルSuicaチャージで1%のポイントを貯める方法があります。

ANA JCB プリペイドカード

ANA JCB プリペイドカードは、JCB加盟店で、事前にチャージ(入金)した金額分を利用できるJCBプリペイド機能と、ANAマイレージクラブの機能が1枚になったカードです。

JCBの本人認証サービス「J/Secure」が使えるJCBブランドのクレジットカードでチャージできます。

ANA JCB プリペイドカードの年会費・チャージ手数料・発行手数料は無料です。

唯一かかるコストは540円(税込)の利用開始手数料です。ただし、2020年3月31日までは無料で発行できます。

ANA JCB プリペイドカードの利用ガイド・規約

ANA JCB プリペイドカードはカード利用で0.5%~0.65%のANAマイルかキャッシュバックを享受できますが、モバイルSuicaチャージ等の電子マネーは対象外です。

しかし、楽天カードからANA JCB プリペイドカードへのチャージは、2019年2月時点ではポイント付与の対象です。

実際に1,000円チャージしたところ、しっかりと10ポイントを獲得できました。

ANA JCBプリペイドカードへのチャージ明細(楽天カード)

ANA JCBプリペイドカードへのチャージで1%のポイントを獲得した明細(楽天カード)

したがって、以下のルートで1%の楽天スーパーポイントを得られます。

  1. 楽天カード(JCB)→ANA JCB プリペイドカードにチャージ(1%還元)
  2. ANA JCB プリペイドカード→モバイルSuicaにチャージ(還元は対象外)

2019年2月に可能なことを最終確認しています。Suicaがポイント対象なのはビューカード以外はあまりありません。楽天カードはApple Payでお得です。

Apple PayのSuica発行完了画面

Apple PayのSuica一覧画面

ANA JCBプリペイドカードの残高が1,000円以上でないと、Suicaアプリに登録できないので注意しましょう。

また、ANA JCB プリペイドカードを会員専用WEBサービス「マイページ」に登録していないと、エラーが発生する場合があります。

ANA JCB プリペイドカードの詳細については、以下で精緻に分析しています。

「ANA JCB プリペイドカード」というプリペイドカードがあります。ANAマイレージクラブの機能と、JCB加盟店でお買い物できる機能があ...

楽天カードのSuicaチャージまとめ

2020年春からAndroidのおサイフケータイでは、楽天ペイのアプリからSuicaを発行してチャージできるようになります。

楽天ペイに登録した楽天カードからチャージでき、楽天スーパーポイントを獲得できますよ!

ポイント還元率については未定となっていますが、収益性に鑑みると0.5%程度にとどまると予想します。

2枚持ちを許容できる場合はSuicaチャージで1.5%還元のビューカードでのチャージがおすすめです。

しかしながら、楽天カードがメインカードで、保有クレジットカードの枚数を増やしたくない方にとっては朗報です。

iPhoneユーザー、おサイフケータイ非搭載のAndroidを使っている方の場合、手間を許容できるならANA JCB プリペイドカード経由でのチャージが選択肢となります。

楽天カード

楽天カードはSuicaチャージ以外にも、お得なベネフィットが満載のクレカです。

基本還元率は1.0%で楽天スーパーポイントが貯まり、家族カードもあります。

SPUで楽天市場でのお買い物は3倍~14倍の高還元なのが魅力的です。

ETCカード利用時もポイントが得られます。ポイント付与対象外のお店はごく一部です。利用限度額は高いので、メインカードとしてガンガン使うことも可能です。

1回払い・ボーナス1回払いなら完全無料で利用できます(※締め日と支払日)。ただし、リボ払いの利用など、僅かに手数料や金利が発生する取引もあります。

楽天カードを保有して、SPUや各種キャンペーン・セールなどを活用していくと、恐ろしい程にザクザクと楽天スーパーポイントが貯まっていきます。

特に高額品の購入とSPU、買回りセールを巧みに組み合わせるとお得です。楽天SPUの活用で2019年1月には通算獲得ポイントが76万ポイントを突破しました!

楽天スーパーポイントの獲得履歴(通算763,443ポイント)

その後も順調に獲得ポイント数を伸ばしており、2019年7月には82万ポイントに到達しています。

楽天スーパーポイントの通算獲得実績

楽天カードの利用限度額は最高300万円とプラチナカード級となっています。メインカードとしてガンガン活用することが可能です。

楽天カードで貯まる楽天スーパーポイントは楽天市場・楽天ブックス・Kobo等で1ポイントから1ポイント単位で使えます。楽天トラベル・楽天GORAは100ポイント以上です。

また、楽天ポイントカードの機能で、マクドナルド、ミスタードーナツ、ポプラ・生活彩家、ツルハドラッグ、ダイコクドラッグ、大丸・松坂屋、出光などのリアル店舗でも使えます。

ミスタードーナツのポン・デ・リングとアップルシナモンドーナッツ

スマホアプリ「楽天ペイ」を活用すると、ローソンやファミマ等のコンビニでも期間限定の楽天スーパーポイントを消化できます。

楽天スーパーポイントは、楽天市場や各種楽天関連サービス、クレジットカードの楽天カードの利用、電子マネーの楽天Edy、共通ポイント...

楽天スーパーポイントは電子マネーの楽天Edyとも交換可能です。楽天Edyは利用可能店舗が日本最大級の電子マネーですので、現金同様で極めて便利です。

ユニークなところでは2017年8月26日から、楽天証券で楽天スーパーポイントを使って投資信託を買えるようになりました。

楽天証券で2017年8月26日から、楽天スーパーポイントで投資信託を購入できるようになります。お買い物やクレジットカード、ポイントカ...

また、楽天証券に口座がなくても投資が可能な「ポイント運用 by 楽天PointClub」もあります。

楽天スーパーポイントを利用して投資ができる「ポイント運用 by 楽天PointClub」が2018年10月3日(水)12時に開始しました。サービス利...

2018年10月27日から楽天カードのクレジット決済で投信積立が可能になり、1%の楽天スーパーポイントを貯めることも可能になりました。

楽天カードのクレジット払いでポイント還元を受けながら、楽天証券で投資信託の積立ができるサービスが開始しました。還元率は通常の...

楽天ポイントが貯まる楽天カードは資産運用できるクレジットカードの筆頭です。投資ができるカードは類稀であり、一歩先に進んだ画期的なスペックを備えています。

楽天カードは旅行傷害保険も充実しています。利用頻度が高くて最も重要な疾病治療費用・傷害治療費用が200万円であり、内容が秀逸です。

また、海外旅行時に利用できる優待割引も豊富です。詳細は以下で徹底解説しています。

楽天カードという言わずと知れたクレジットカードがありますね。SPUで楽天市場が4%以上の高還元となるのが最大のメリットです。税金...
楽天カードという楽天のクレジットカードがあります。VISA・Mastercard・JCBの国際ブランドを搭載しており、海外のお買い物・宿泊料金...

ハワイのワイキキ・アラモアナには楽天カード会員専用の「楽天カードラウンジ」があり、無料で利用できます。

日本語スタッフが常駐しており、ドリンク、60店以上で使えるクーポン配布、便利なアイテム貸出、手荷物預かり、無料Wi-Fiなど実用的なサービスが揃っています。

楽天カード会員専用の「楽天カードラウンジ」が、ハワイ・ワイキキの「T ギャラリア ハワイ by DFS」にあります。また、2019年8月頃か...

海外旅行においても充実した特典が付帯しており、便利に活用できるクレジットカードです。

Mastercard、JCBブランドですとお買いものパンダデザインも選択できます。

ディズニー・デザインバルセロナデザイン楽天イーグルスデザインも登場しました。ディズニーはJCBのみです。

楽天カードは学生、主婦、パート、アルバイトの方でも本会員カードを発行できます。

楽天カードというクレジットカードがあります。年会費無料で基本還元率が1%、SPUで楽天市場でポイント3倍~14倍、充実の海外旅行傷害...

楽天カードはお得なベネフィットが豊富です。しかも数千ポイントの楽天スーパーポイントが得られるお得な新規入会&利用キャンペーンも開催しています。

公式サイト楽天カード 公式キャンペーン

女性向けのオプションを付帯できる楽天PINKカード、カード利用でANAマイルを貯めることもできる楽天ANAマイレージクラブカードもあります。

楽天カードが、女性向けのクレジットカード「楽天PINKカード」(楽天ピンクカード)の発行を開始しました。男性でも申し込めます。基本...
楽天カードにANAマイレージクラブ(AMC)機能がある「楽天ANAマイレージクラブカード」が登場しました。決済でANAマイルを貯めること...

格安ゴールドカードの楽天ゴールドカードは、年会費が2,160円(税込)で、楽天市場・楽天ブックスでの還元率が+2%、国内主要空港・ホノルル・仁川のラウンジが無料というメリットがあります。

楽天ゴールドカードは年会費2,160円(税込)で、格安ゴールドカードに相当するクレジットカードです。楽天カードと楽天プレミアムカード...

楽天カードと楽天ゴールドカードの比較については、以下で徹底解説しています。

楽天カードは年会費無料で、一般加盟店で還元率1%・楽天市場で3%以上の還元であることから、大人気となっています。2016年9月からは...

ゴールドカードに相当する「楽天プレミアムカード」は、世界中の143ヶ国・地域、500を超える都市で1,200ヵ所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスが無料になります。

空港ラウンジを使えるゴールドカードの中でもハイ・クオリティであり、楽天関連サービスでの優遇が受けられるのがメリットです。

大人気クレカの楽天カードには上位カード「楽天プレミアムカード」があります。ゴールドカード相当のクレジットカードです。楽天カー...

プライオリティ・パスで世界中のラウンジが無料で使い放題になるので、使わなくてもお得なクレジットカードです。空港ラウンジを無料で使えるクレジットカードの中でもエッジが利いています。

楽天カードと楽天プレミアムカードの違いについては、以下で徹底的に比較しています。

一般加盟店で還元率1%・楽天市場でのポイントアップがあり、年会費無料であることから、勢いに乗っているカードが「楽天カード」です...

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードの相違点については、以下にまとめています。

一般加盟店で還元率1%・楽天市場でのポイントアップで人気がある楽天カードの上位カードといえば、これまでは楽天プレミアムカードで...

各楽天カードの相違点の比較については、以下で精緻に分析しています。

楽天カードという楽天市場でお得になるクレジットカードがありますね。SPUで楽天市場で3%以上の還元、充実の海外旅行傷害保険などの...

実際に楽天カードを使い倒したところ、諸々の特典の賜物で大量の楽天ポイントを得られたのが嬉しかったです。

楽天のクレジットカード「楽天カード」は、良い評判と悪い評判に分かれています。楽天カードを作成してから約5年、楽天市場、リアル店...

どの楽天カードもお得なベネフィットが豊富なハイ・クオリティー・カードです。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめの「メインカード」として楽天カード、ゴールドカードとして楽天ゴールドカード、空港ラウンジがお得なカードとして楽天プレミアムカードを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

また、クレカの専門家・菊地崇仁さんも、おすすめの年会費無料カードとして楽天カード、ゴールドカードとして楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードを挙げていらっしゃいました。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマも、楽天カードを高く評価しています。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...
ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...

2017年12月に入ってからは、異なる種類の楽天カードを同時保有することが可能になりました。

また、楽天カードのVISAと、MastercardかJCBの2枚持ちも可能になっています。1枚目がスタンダードタイプの「楽天カード」だった場合に、Mastercard/JCBと2枚持ちできます。

楽天カードは2017年11月まで、楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードを除いて、2枚持ちが一切できませんでした。例えば楽天カード...
  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-電子マネー, 楽天カード
-,

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.