GINZA SIXのプレミアムラウンジ「LOUNGE SIX」を解説!食事とドリンクが上質

更新日: クレジットカード アメックスプラチナ 三菱UFJニコス

GINZA SIX ラウンジでの食事

GINZA SIX(ギンザシックス)の5階には、プレミアムラウンジ「LOUNGE SIX(ラウンジシックス)」が設置されています。

基本的にはGINZA SIXにて多額のショッピングを行った上顧客向けのサービスです。

しかし、GINZA SIX カードの入会キャンペーンや、所定の条件をクリアした上でGINZA SIXアプリに初回会員登録すると、ラウンジ利用券を得られる時期があります。

また、アメックスプラチナで一定額以上カードショッピングすると、利用券を得られるキャンペーンが定期的に開催されています。

GINZA SIXのプレミアムラウンジ「LOUNGE SIX」について、実際に2回利用した経験にもとづき、注意点を網羅してわかりやすく徹底的に解説します。

GINZA SIXラウンジのサービス概要

GINZA SIX

GINZA SIXのラウンジでは、上質な空間と記憶に残る体験でGINZA SIXならではのおもてなしが提供されます。

主なサービス

  • ソフトドリンク
  • お菓子・食品1つ
  • クロークサービス
  • パーソナルスタイリング(予約制)※有料
  • フォトサービス(※有料)
  • 有料のアルコール等

他の百貨店ラウンジ・サロンと同様に、コーヒー・紅茶などの無料のソフトドリンクのサービスがあります。

ドリンクだけではなく、食品・お菓子も1品オーダーできるのが優れています。

また、有料のアルコール・ミニバーガーなどの軽食も用意されています。

LOUNGE SIXでは、荷物を預けられる「クロークサービス」を利用可能なので、手荷物を預けて身軽な状態でお買い物できます。

特に旅行・出張の際にGINZA SIXへ立ち寄るケースでは、大きな効果があります。

また、有料サービスでは大丸松坂屋グループの商業施設らしい特典が付帯しています。

  • プロのスタイリストによる「パーソナルスタイリング(予約制)」
  • 上質の服を着ての写真撮影「フォトサービス」※着物などもあり

LOUNGE SIXの内部は広く、快適に利用可能です。10組くらいまで快適に利用できるスペースであり、私の訪問時はいずれも利用者が合計で2~3組でしたので、快適に利用可能です。

ファーストクラス搭乗者しか使えないシンガポール航空のファーストクラスラウンジ、エミレーツ航空のファーストクラスラウンジのようなイメージです。

ANAスイートラウンジ、JALファーストクラスラウンジよりも圧倒的に人口密度は低めです。

LOUNGE SIXではラウンジ内に可動式の扉があり、それを閉めるとラウンジを2つに区切ることが可能です。プライベートパーティーやイベント等にも対応できるようになっています。

GINZA SIXラウンジの場所

GINZA SIX

街中のプレミアムラウンジである「LOUNGE SIX」は、「GINZA SIX」の5階にあります。

南エレベーターを登ると最も近いですが、とりえず5Fに行けば歩いてアクセスできます。

GINZA SIXの5階の地図

GINZA SIX「LOUNGE SIX」の入り口の自動ドアは、ブリキを貼った鉄板で作成されており、重厚感があります。

秘密の隠れ家のような雰囲気があり、通りすがりの方がチラリと見ていたのが印象的でした。

GINZA SIXのLOUNGE SIXの入り口

黒漆喰による外壁は横幅10メートルほどで重厚感があります。熟練の左官職人が一気にフィニッシュを仕上げました。

鉄板の扉は大正時代に看板建築などに使われたブリキを貼っています。

GINZA SIXのプレミアムラウンジを利用する方法

GINZA SIX

GINZA SIXに設置されているプレミアムラウンジである「LOUNGE SIX」を使う方法は以下のとおりです。

主な利用条件

  • GINZA SIXで年300万円以上利用
  • 年会費5万円(税抜)の「GINZX SIXカード プレステージ」を保有して年100万円以上利用
  • GINZA SIXカードの入会キャンペーン
  • アメックスプラチナのショッピングキャンペーン
  • GINA SIXのショップのロイヤルカスタマー等に配布される特別招待券
  • その他キャンペーン・招待など

GINZA SIXのラウンジは三越伊勢丹の「The Lounge」と同じで、クレジットカードの保有だけで利用することはできません。

基本的に年間利用額が300万円以上の「ダイヤモンドステージ会員」向けのプレミアムラウンジとなっています。ハードルが高い金額ですね。

ただし、年会費50,000円(税抜)の「GINZX SIXカード プレステージ」を保有していると、年100万円が条件の利用条件が緩和されて、プラチナステージ会員でも利用可能となります。

サービス/ステージブロンズプラチナダイヤモンド
-年100万円以上年300万円以上
LOUNGE SIXプレステージ-
ゴールド--
アプリ--
駐車場サービスプレステージ2時間無料3時間無料5時間無料
ゴールド1時間無料2時間無料4時間無料
アプリ-1時間無料3時間無料
バレーパーキング
(予約制)
プレステージ1,000円1,000円無料
ゴールド2,000円2,000円無料
アプリ2,000円2,000円無料
プレゼント-特典プレゼントバースデーギフト
特典プレゼント

また、GINZA SIXカードに入会すれば、LOUNGE SIX招待券がプレゼントされる入会キャンペーンが開催されています。

「1回使ってみたい」という場合は、年会費5,000円(税抜)のGINZA SIXカード ゴールドへの入会がおすすめです。

その他、アメックスプラチナでは、GINZA SIXで10万円以上など一定の条件をクリアすると、LOUNGE SIX招待券がもらえるキャンペーンが定期的に開催されています。

GINZA SIX プレミアムラウンジ「LOUNGE SIX」招待の案内

所定の条件をクリアした上でGINZA SIXアプリに初回会員登録すると、ラウンジ招待券を得られることもありました。

GINZA SIX ラウンジのチケット(アプリ)

1度限りの打ち上げ花火ではなく、定期的に開催されています。時期としては11月~12月頃に案内の郵便物が届くことが多いです。

  アメックスプラチナとGINZA SIX プレミアムラウンジ招待

私はアメックスプラチナのキャンペーン、GINZA SIXアプリ初回入会キャンペーンで、2度 SIX LOUNGEを使えました。当時は同伴者1名までOKでした。

その他、SIX LOUNGEにはインビテーションの招待券が存在しており、GINZA SIXの上顧客などに配布されています。

クレジットカードは一切保有しなくても、ロイヤルカスタマーであれば使えることもあります。

GINZA SIX LOUNGEの室内

GINZA SIX LOUNGEのレセプション

ラウンジ内に入ると右手に受付があり、ラウンジのデザインを担当した「新素材研究所」の杉本博司氏が描いた絵「海景」が飾られています。

レセプションフロアの床の石は、1912年から78年まで京都を走っていた市電の下の電石であり、日本ならではの和のテイストと希少性が高いプレミアム感があります。

メインルームは自然光が入るので、に開放感を感じられます。大きな面にわたる窓には、新素材研究所の特徴的な意匠でもある縦桟(たてざん)の障子が配されています。

LOUNGE SIXに併設する個室との境は引き戸にして、杉や檜など針葉樹の仲間である鼠子(ネズコ)の木のへぎ板を、胡麻竹(ゴマダケ)で上から押さえたディテールが設置。

胡麻竹は茶室のにじり口などに使われる素材で、へぎ板とは木のブロックに刃を入れて目に沿って裂いたもので、よく茶室の天井などに使われています。

日本的なスケールで使われてきた素材を、現代のスケールに合わせて利用されており、希少性が高いインテリアが魅力的です。

GINZA SIX LOUNGEの室内

席は複数のタイプが有り、大きなソファーのタイプ、椅子のタイプがあるので、好みに応じて選択できます。写真撮影は禁止されているので掲載できませんが、上質の雰囲気でリラックスできます。

ラウンジ左奥の席は、引き戸を閉めると個室にもなるスペース(20畳以上)で、多様なシーンに対応しています。

トイレのお手拭きは上質なタオルとなっており、高級ホテルのような様相を呈しています。ハンドソープ・ボディローションは人気が高いAesop(イソップ)です。

GINZA SIXのラウンジの洗面台・タオル

洗面台にはティッシュもあり、素晴らしい品質と評価できます。

食事とドリンク

GINZA SIX ラウンジのおしぼり

席につくとおしゃれなブラックのおしぼり、ドリンクとフードのとメニューを持ってきてくれます。

飲み物・食べ物のいずれも、複数のメニューから1つを選択できます。

食事の例

  • トリュフバターコロッケバーガー
  • じゃがバターコロッケのサンドイッチバーガー
  • クグロフ(パウンドケーキ)※ゆず、ショコラフランボワーズの2種類
  • ベイクンコロッケ
  • 北海道産ホタテのチーズクリーム
  • 季節野菜のラタトゥイユ
  • マカロン風アイスモナカ
  • ヨーグルトブルーベリーのアイスモナカ
  • トリュフ香る彩りポテトチップス
  • 松阪牛のコンソメ

味わいは高級レストランの食品のようなクオリティで、たいへん美味しかったです。

GINZA SIX LOUNGEのベイクンコロッケ GINZA SIX ラウンジのミニバーガー GINZA SIX LOUNGEのじゃがバターコロッケのサンドイッチバーガー

ドリンクはコーヒー、日本茶、紅茶、ジュースの各ジャンルにおいて、上質の飲み物が揃っています。

コーヒー by ミカフェートコーヒー(HOT/ICE)
エスプレッソ
カフェ・ラテ(HOT/ICE)
日本茶 by 中村藤吉本店中村茶
上ほうじ茶
都の翼(煎茶)
かぶせ玄米茶
紅茶 by BETJEMAN & BARTONアールグレイ フィネスト
ダージリン マーガレットホープ
ジャルダン・ルージュ(ルイボスティー)
レ・クラシック
日本産フルーツジュース温州みかんジュース
信州巨峰ジュース
津軽りんごジュース

アルコールは有料であり、ビール、ワイン、日本酒、ウィスキーなどの種類があります。価格は概ね1,000円前後です。

お茶は上質の極みであり、本場の味わいが風雅です。2回利用したのですが、あまりにも美味しかったので、2回とも日本茶にしました。中村茶と都の翼(煎茶)!

GINZA SIX ラウンジのお茶GINZA SIX ラウンジの日本茶

日本茶はお湯足しサービスもあり、時間が経過して濃くなってきたら薄めることも可能です。

GINZA SIX ラウンジのアイスコーヒー

コーヒーはGINZA SIXの13階にある「GRAND CRU CAFE GINZA」のコーヒーハンター・専門家の川島良彰氏がセレクトした逸品です。

器は品質に優れた陶器であり、心地よく使えます。中には「CIBONE CASE」というセレクトショップ(4階)で購入できる品も存在しています。

まとめ

GINZA SIX

GINZA SIXのプレミアムラウンジである「SIX LOUNGE」は、日本的で古様な素材を用いた商業施設内ラウンジです。

空港にあるVIP向けのラウンジとは異なるアプローチで構築されており、趣があって優美かつ流麗な空間の広がりがファンタスティックです。

GINZA SIXラウンジは上質な街中ラウンジであり、小さいフードを堪能できるのが大きな利点です。また、ドリンクも上質であり、お茶やコーヒーは本格的な味わいを堪能できます。

スタッフのホスピタリティ・サービスも素晴らしく、総合的に満足できるラウンジです。

GINZA SIX ラウンジの日本茶とミニバーガー

他の百貨店のラウンジと比較すると、小菓子だけではなくミニバーガー・コロッケ・ラタトゥイユ等の食品も選べるのが魅力的です。

主なサービス

  • ソフトドリンク
  • お菓子・食品1つ
  • クロークサービス
  • パーソナルスタイリング(予約制)※有料
  • フォトサービス(※有料)
  • 有料のアルコール等

GINZA SIXに設置されているプレミアムラウンジである「LOUNGE SIX」を使う方法は以下のとおりです。

主な利用条件

  • GINZA SIXで年300万円以上利用
  • 年会費5万円(税抜)の「GINZX SIXカード プレステージ」を保有して年100万円以上利用
  • GINZA SIXカードの入会キャンペーン
  • アメックスプラチナのショッピングキャンペーン
  • GINA SIXのショップのロイヤルカスタマー等に配布される特別招待券
  • その他キャンペーン・招待など

GINZA SIXカードに入会すれば、LOUNGE SIX招待券がプレゼントされる入会キャンペーンが開催されています。

2017年4月20日、松坂屋銀座店の跡地に「GINZA SIX」(ギンザ シックス)が開業しました。文化・交流施設「観世能楽堂」、銀座エ...

「1回使ってみたい」という場合は、年会費5,000円(税抜)のGINZA SIXカード ゴールドへの入会がおすすめです。

その他、アメックスプラチナでは、GINZA SIXで5万円以上など一定の条件をクリアすると、LOUNGE SIX招待券がもらえるキャンペーンが定期的に開催されています。

1度限りの打ち上げ花火ではなく、定期的に開催されています。時期としては11月~12月頃に案内の郵便物が届くことが多いです。

アメックスのGINZA SIX関連の郵便物 アメックスのGINZA SIX ラウンジ利用券プレゼントキャンペーンの案内

対象期間内に10万円以上購入などの条件で1回利用可能になります。

 アメックスプラチナとGINZA SIX プレミアムラウンジ招待

アメックスプラチナは最高峰のプラチナカードであり、他社ブラックカード級の品質を誇っています。

アメックスプラチナが入った箱

驚くほどの活気に満ち溢れた雄大なスケール感を有しており、無類の個性が光っています。ライフスタイルによっては最強のアメックスです。

アメックスプラチナ
国際ブランド
  • アメックスのロゴ
電子マネー・Pay・NFC決済
  • QUICPayのロゴ
  • Apple Payのロゴ
  • d払いのロゴ
  • au PAYのロゴ
  • アメリカン・エキスプレス コンタクトレスのマーク
  • Apple Payでアメックスのタッチ決済が使えるマーク
  • ETC
  • 家族カード
  • リボ払い
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ショッピング保険
  • 航空便遅延保険
年会費(税抜)発行スピード
本会員家族会員
130,000円4人無料約2週間
基本還元率マイル還元率ポイント名
1.0%0.8~1.0%メンバーシップ・リワード
  • 4つのホテルの上級会員資格
  • フリーステイギフトで年1回無料宿泊
  • ハワイも対象のコース料理1名分無料サービス
  • 充実の付帯保険(家電・ゴルフ・個人賠償責任保険・返品・旅行キャンセルまで補償)
  • アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション

バリューの雨を降らせるレインメーカーであり、アメックスの上級カードならではのメリットが満載のクレジットカードです。

主なメリット

特にトラベル関連特典は圧巻の内容であり、他社のクレジットカードではブラックカード級のサービスとなっています。

アメックスプラチナのベネフィットガイドの最初の1ページ

アメックスのコンシェルジェの航空券手配については、クレジットカードの専門家・菊地崇仁さんも高く評価しています。

プラチナカード、ブラックカードならではのサービスとして、コンシェルジュがあります。ただし、今ひとつ何を頼めるのか、わ...

得られる特典に鑑みると年会費を上回る価値があります。

アメックスプラチナ
アメックスプラチナの年会費は高い?特典と価値が勝っている!

続きを見る

アメックスの本社でのプラチナ・カードの説明会に参加して、プロダクトのご担当者、コンシェルジェの方に話を聞いたところ、実直で素晴らしく他にはない、唯一無二の魅力があると感じました。

 アメックスのプラチナ・カードが2018年10月にメタルカードを導入して、2019年4月8日からはインビテーション制から、インビを...

2019年4月8日からはインターネットでアメックス・プラチナの自己申し込みが可能になりました。お得な入会キャンペーンを開催しており、大量のポイントを獲得可能です。

公式サイトアメックスプラチナ 公式キャンペーン

-クレジットカード, アメックスプラチナ, 三菱UFJニコス

© 2014-2021 The Goal