Visaのタッチ決済(旧Visa payWave)2019!使える店舗や使い方を解説

投稿日: 電子マネー キャッシュレス決済

Visaのタッチ決済での決済シーン

クレジットカード、デビットカード、国際ブランド搭載型プリペイドカードの支払い方法としては、お店の読み取り端末にカードを挿して支払うのが通常です。

しかし、現在はSuica・nanaco・WAON等の電子マネーのように、タッチするだけで支払いが完了する非接触型の決済方法もあります。

「コンタクレス決済」「タッチ決済」「NFC」「ポストペイ型電子マネー」など多様な呼び方がある支払い方法のジャンルです。

一部のVISAクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードには、「Visaのタッチ決済」という名前の非接触決済が搭載されています。従来は「Visa payWave」という名前でした。

日本で馴染みが深い交通系ICカードやフェリカ搭載電子マネーのように、端末にかざすだけで支払いが完了し、原則としてサインや暗証番号の入力は不要で便利ですよ!

また、事前チャージも不要となっており、iDやQUICPayに似たサービスです。

海外ではメジャーな決済方法となっており、インバウンドの方にとっては使えると便利なので、日本でも対応店舗が拡大の一途を辿っています。

そこでVisa payWave(Visaのタッチ決済)の使い方、使える店について、注意点を完全網羅してわかりやすく徹底的に解説します。

Visaのタッチ決済とは

Visaのタッチ決済(旧Visa payWave)はVISAの非接触型決済であり、事前チャージ不要の後払い方式となっています。

Visaのタッチ決済の機能はカードそのものに搭載されているのが特徴であり、別の専用カードは不要なので、お財布がかさばる心配はありません。

目印としては4つの電波が右側に向いているようなマークがカード表面に掲載されていれば、Visaのタッチ決済を利用可能です。

Visaのタッチ決済のマーク

Visaのタッチ決済の利用金額はクレジットカードやデビットカード等の利用分と合算して、月1回金融機関口座からクレカ利用分と合算して引き落とされるのが基本です。

支払いサイクルは通常のカード決済と同じであり、1日~末日、16日~翌月15日、28日~翌月27日などカードによって異なります。

デビットカード・Visaプリペイドカードに搭載されているVisa payWaveを使う場合、即時に銀行口座や残高から引き落とされます。

締め日・支払日はクレジットカード決済と同一であり、独自に設定されているわけではないのでシンプルで分かりやすい!

ドコモの電子マネー「iD」やJCBの「QUICPay」と非常に似た仕組みとなっています。

事前にチャージしておく必要はなく、クレジットカード払いと同様にポイント・キャッシュバック・マイル等の還元を享受できます。

Visaのタッチ決済」の使い方

クレジットカードの場合、カードリーダーに磁気ストライプをスライドするか、ICチップを差し込む必要があります。

しかし、「Visaのタッチ決済」の決済方法はシンプルで簡単になっており、誰でもサクッと簡単に使うことが可能です。

Visaのタッチ決済の対応店舗では、支払い時に「クレジットカードで」や「Visaで」と伝えた上で、レジの端末に対応カードをかざすだけでOKですよ!

4つの電波が右方向に向いているようなマークの箇所にカードを近づければ、決済音が鳴って支払いが完了します。

Visaのタッチ決済ができるマクドナルドの端末

シンプルでスマートなコンタクトレス決済が可能でユーザーフレンドリーです。

一定額(原則として1万円)を超える支払いは、カードを端末にスライドもしくは挿入して、暗証番号の入力かサインが必要となります。。

また、海外の一部ではかざして支払うのがNGのケースがあります。台湾では問題なく接触決済が可能でした。

仮にかざして支払えなかった場合でも、通常の磁気ストライプやICチップの読み取りによるカード払いで支払えるので安心・安全です。

なお、共通ポイント加盟店の場合、ポイントカードを別途提示したら、他の決済手段と同様に共通ポイントも得られます。

一列としてはローソンではPontaもしくはdポイントを得られますよ!

以下はローソンで1Pontaポイントを得たレシートです。ちなみにVisaのタッチ決済で支払った場合、支払い方法は「VISA CREDIT」と印字されます。

Visaのタッチ決済で支払ったレシート

使えるお店

マクドナルド

Visaのタッチ決済が使えるお店は、iDやQUICPayと比較すると多くありません。しかし、日を追うごとに着実に増えており、今後も継続的な増加が期待できます。

日本国内の主要なVisa payWaveの加盟店は以下の通りです。

  • ローソンマクドナルド、TSUTAYA
  • 2020年3月にかけてイオングループに導入予定
  • ゼンショーグループの一部店舗(すき家・ココス・ビッグボーイ・ジョリーパスタ・華屋与兵衛・はま寿司など)
  • 関西国際空港、東京空港交通 Airport Limousine
  • イケアストア全店(IKEA Touchpoint 熊本を除く)
  • 阪急阪神第一ホテルグループ、ホテルヴィラフォンテーヌ
  • メガネストアー、Phiten(ファイテン)
  • 表参道ヒルズ、東急プラザ銀座

※ゼンショーグループ対象店舗

すき家、ココス、ビッグボーイ、ジョリーパスタ、ヴィクトリアステーション、華屋与兵衛、エルトリート、牛庵、いちばん、宝島、はま寿司、久兵衛屋、カフェミラノ、モリバコーヒー、たもん庵、瀬戸うどん など

日常的に使うことが多いローソン、マクドナルドの店舗で利用可能で便利。Visaのタッチ決済は知名度が高くありませんが、意外と身近なショップで使えますよ!

また、2020年3月にかけてイオングループのスーパー・コンビニ・ドラッグストア等に導入される予定となっています。

2019年3月~2020年3月にかけて、イオングループのスーパー・コンビニ・ドラッグストア等で、Visaのタッチ決済が可能な端末が導入され...

Visaのタッチ決済の仕様は原則として世界共通なので、日本でも海外でも同じように利用可能です。

外国では日本より普及が進んでおり、幅広い国・地域のお店で使えます。

Visaのタッチ決済のメリット

Visaのタッチ決済には総合的に便利な仕組みがあり、クレジットカード決済や、昨今流行りのPayサービス以上の利点が備わっています。

  • サインレスでスマートな支払いが可能
  • Payより圧倒的にスピーディーに決済可能
  • 世界基準のセキュリティでスキミングを防止でき、安全性が高い
  • お手軽にポイント・マイル・キャッシュバック等の還元

Visa payWaveはコンタクトレス決済なので、多額の支払い(原則として1万円超)でない限り、クレジットカード特有の暗証番号の入力やサインが不要です。

また、EMVという国際基準に準じたセキュリティで保護されており、お店のカード端末に通す必要がないのでスキミングを防止できます。

ローソンにてVisaのタッチ決済で決済したシーン

また、クレジットカード決済と同様に、ポイント・マイル・キャッシュバック等の還元対象なので、普段のお買い物で着実に得することが可能です。

コンビニ、ファーストフード等での少額決済で利用するのに適した決済手段と高く評価できます。

Visaのタッチ決済で支払ったLチキとレシート

治安が良くない海外では、スキマーという邪悪な装置を利用して、接触したカード情報を抜き取るスキミングに注意が必要です。

しかし、Visaのタッチ決済はコンタクトレスなので、お店の端末に通さずに支払えるので、スキミングを予防できます。

また、店員にカードを渡す必要もないので、こっそりカード番号等の情報を隠しカメラ等で撮影するといった不正も防ぐことができます。

外国では観光客を狙った不正利用が多発している国・地域もあるので、Visaのタッチ決済だと安全・安心です。

Visaのタッチ決済のデメリット

Visaのタッチ決済の欠点は、Visaカードならどれでも使えるわけではなく、一部の対応カードでないと利用できない点です。

クレジットカード・デビットカード・プリペイドカードは多数ありますが、その中で対応しているのはごく一部となっています。

また、日本国内では加盟店が限定的で、使える店舗数が限られており、いちいちユーザーが使えるお店を把握していないと、なかなか使う機会がないのがデメリットです。

とはいえ、ローソン、マクドナルド、すき家・ココス・ビッグボーイ・ジョリーパスタ・はま寿司という有名チェーン店で使えるので、これらのお店で使うのはシンプルで簡便です。

ナチュラルローソンマクドナルドすき家の牛丼

Visaのタッチ決済対応クレジットカード一覧

Visaのタッチ決済を利用するためには、まず対応しているクレジットカード、デビットカード、Visa搭載プリペイドカードを用意する必要があります。

クレジットカードはポストペイ型(後払い方式)なので、利用限度額を超えていたり支払い遅延等によってカードを停止されていない限り、残高不足の心配なしに支払えるので便利です。

レジで決済エラーになって、慌ててカバンからお財布を出して違うカードを提示するといった手間が生じて、気まずい思いをする心配がありません!

また、ポイント還元もデビットやプリペイドと比較すると優れている傾向にあるので、抵抗がない限りはクレジットカードがおすすめです。

Visa payWaveを搭載している主なクレジットカード

注意点としてはVisaブランドが対象なので、Mastercardブランドのクレジットカードは使えません。

Visaのタッチ決済で支払った分は通常のクレジットカード決済と同様にポイント還元の対象となっています。

  • 三井住友VISAカード:0.5%~1.3%のワールドプレゼント
  • dカード:1%のdポイント
  • 一部のイオンカード:0.5%のときめきポイント
  • Orico EX Gold for Biz:0.6~1.1%の暮らスマイル
  • OricoCard Visa payWave:0.5%の暮らスマイル
  • ジャックスカード Visa payWave:0.5%のラブリィポイント

対応デビットカード一覧

Visaのタッチ決済を搭載しているデビットカードもあります。銀行の普通預金口座の残高の範囲内で利用可能です。

使いすぎないというメリットがある反面、残高不足でエラーになるリスクが有るのがデメリットです。

この中では年会費無料で1%の楽天スーパーポイントを獲得できる楽天銀行ベーシックデビットカードがイチオシです。

デビットカードであるにもかかわらず、クレジットカード並みの高還元である点が魅力的です。

公式サイト楽天銀行デビットカードの詳細

0.6%還元で1ポイント単位にて無駄なく自動キャッシュバックされるGMOあおぞらネット銀行のデビットカードもおすすめです。

公式サイトGMOあおぞらネット銀行のデビットカード

住信SBIネット銀行のVisaデビットカードはポイント還元率が0.6%で、「スマートプログラム」によって容易に他行宛振込手数料を月3回~7回無料にできるのも大きなメリットです。

住信SBIネット銀行に口座開設する場合は、SBI証券との同時開設をおすすめします。

SBI証券に口座開設して、SBIハイブリッド預金に1,000円預け入れて、1南アフリカランド(7~13円程度で推移)の外貨預金をすれば、ランク2(ATM手数料月5回・振込手数料月3回無料)になります。

更にデビットカードを月1万円以上使えば、ランク3(ATM手数料月7回・振込手数料月7回無料)になります。

SBI証券の口座開設・維持手数料は無料で口座維持に一切費用はかかりません。

住信SBIネット銀行はまずSBI証券に口座開設して、その後にSBI証券の会員サイトから申し込むのも選択肢です。

こうすれば当サイト限定のSBI証券のタイアップ・プログラムを利用でき、3,000円分のAmazonギフト券がもれなくプレゼントされます。

SBI証券のタイアップキャンペーン

口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。住信SBIネット銀行との同時口座開設も可能です。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券は1000万円までは銀行預金のような公的な保護(投資家保護基金)があるので安心・安全です。銀行預金と同じで万が一破綻しても保護されます。

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

当サイト限定タイアップ特典で住信SBIネット銀行と同時口座開設

口座開設・キャンペーンの手順については、以下にまとめています。

口座開設数No.1のネット証券はSBI証券です。大手証券会社に引けをとらない幅広い商品ラインナップを取り揃えており、しかも業界屈指の...

SBI証券のキャンペーンは不要だったり、証券口座を開きたくない場合は、住信SBIネット銀行の口座開設のみもできます。

Visa payWaveが搭載しているプリペイドカード

GAICA(Flex機能付き)

数は少ないものの、Visaのタッチ決済が搭載されているVisaプリペイドカードも存在しています。新生銀行の「GAICA」です。

GAICAはショッピング、海外ATMでの現地通貨引き出しの両方が可能となっています。

クレジットカードと比較するとショッピング時の還元率が低く、海外ATMは高コストなので、クレカの審査に通過する方ならお得感はありません。

海外旅行でおすすめのクレジットカードや、セディナカード・アコムACマスターカードなど、海外キャッシングが低コストのクレカを活用するほうがお得です。

しかし、クレジットカードの審査通過が難しい方や、「使い過ぎる」「借金みたい」などの理由でクレジットカードの利用に抵抗がある方にとっては選択肢となるプリペイドカードです。

GAICAは年会費無料で利用でき、新生銀行の新生総合口座パワーフレックスの利用で手数料を0円にできます。。

新生銀行からGAICAに毎月10,000円チャージすると新生ゴールドになり、ATM手数料が無制限無料・振込手数料も月5回無料にできます。

新生銀行の改悪後は、GAICAのメリットが増幅しています。

Apple PayやおサイフケータイではVisa payWaveを利用不可能

おサイフケータイ搭載のAndroid(Galaxy Note8)とApple Pay搭載のiPhone X

コンビニやスーパーでレジが並んでいると、スマホを見てネット・SNS・メール・アプリ等をチェックしながら待つことが多いです。

スマホでVisaのタッチ決済が使えたら、自分の番が来たらそのまま手に持っているスマホをかざせばOKで便利です。

また、ポケットに常にスマートフォンを入れている方の場合、モバイル決済でVisa payWaveを使えれば、そのまま支払いが完了するので便利ですよね。

いちいちカバンの中からお財布を出してカードを出してといった手間が不要になります。

iPhoneのApple Pay、AndoroidのGoogle Payやおサイフケータイで、Visaのタッチ決済が利用できれば更に便利ですが、残念なことに非対応となっています。

Apple Pay対応のVISAカードをアップルペイに登録した場合、iDもしくはQUICPay決済は可能になりますが、Visaのタッチ決済はできません。

Mastercard、JCB、アメックスはApple Payに登録するとコンタクトレス決済ができるのに対して、Visaはミッション・インポッシブルとなっていて若干不便になっています。

しかし、日本国内ではiD/QUICPayが使えなくて、Visaのタッチ決済はOKという店舗はほぼ皆無なので、日常の支払いでは特に問題ないでしょう。

同様にAndroidのおサイフケータイ、Google PayでもVisa payWaveは利用不可能です。

以前に三井住友VISAカードやJACCSカードの場合、AndroidでVisaのタッチ決済ができた時期もありますが、利用者が少なかったのかサービスが終了してしまいました。

Visaのタッチ決済まとめ

三井住友VISAプラチナカード

ワールドワイドなNFCである「Visaのタッチ決済」は、海外では幅広く普及しており、日本国内でも徐々に利用可能店舗が増えてきました。

日本では主にローソン、イオングループ、マクドナルド、関西国際空港などで利用することが可能です。

Visa payWaveに対応しているクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードで利用でき、スマホによるモバイル決済は不可能です。

ポストペイ型(後払い方式)の非接触決済なので、事前チャージが不要なのがメリットです。

ただし、デビットカードの場合は銀行の預金残高、プリペイドカードの場合は残高が支払える上限となります。

かざすだけで支払いが完了するので、スキミングのリスクがない点がメリットです。治安がよくない国・地域や今ひとつ信頼性が定かではないお店での支払いに便利です。

世界基準のセキュリティ技術(EMV)により高度なセキュリティが確保されているので、旅行・出張で外国に行く機会が多い方の場合、便利な支払い方法の選択肢の一つです。

Visaのタッチ決済を使えるおすすめカード

VISA以外の国際ブランドにも、Visaのタッチ決済と類似の仕組みのNFC(非接触型決済)が存在しています。

海外に行く機械があまりない場合は、日本国内で広く浸透している電子マネーの活用が便利です。

名前特徴
nanaco税金の支払でクレジットカードのポイントが得られてお得
楽天Edy日本最大級の加盟店。チャージと利用でポイント二重取り可
WAONイオンで20日・30日は5%OFF。その他も多様な特典
Suica全国の電車や駅ナカ等のお買い物で利用可能。JRE POINTも獲得可
モバイルSuicaおサイフケータイで使えるSuica。モバイルSuica特急券エクスプレス予約も利用可
PASMO全国の電車や駅ナカ等のお買い物で利用可能
TマネーTSUTAYA・ファミリーマート・東武ストア等で利用可能。還元率0.2%

コンタクトレス決済を活用する場合、紐付けるのはクレジットカードがお得で便利です。

年会費無料のおすすめクレジットカードについては以下にまとめています。

クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが年会費です。年会費がかかるカードはNGという方も多いですね。特にサブカードとして...

還元率が高いおすすめクレジットカードについては以下で丹念に分析しています。

クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが還元率です。年間のクレカ利用額が多い場合は、たとえ年会費がかかっても高還元率の...

飛行機に乗る機会がある方なら、マイルが貯まるクレジットカード航空系クレジットカードがお得です。

JALマイルが貯まるクレジットカード、ANAマイルが貯まるクレジットカードの他、ダークホースとしてはマイレージプラスカードもバリューが高いです。

ポイントやマイルに興味がない方は、キャッシュバックのクレジットカードがお値打ちです。ポイントを貯めて交換という作業も省きたい場合、自動キャッシュバックのクレジットカードだと手間フリーです。

クレジットカードの諸々のファクターに着目してランキングを作成しました。

クレジットカードには多種多様な種類があり、膨大な数のクレカが発行されています。あまりの多さに探しきれない程ですし、評判・口コ...
  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-電子マネー, キャッシュレス決済

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.