TマネーはTSUTAYA・ファミマ等で使える!キャンペーンがお得な電子マネー

更新日:   キャッシュレス決済 電子マネー

サイト運営費用を賄うための運営ポリシー

T-MONEY(Tマネー)

T-MONEY(Tマネー)という電子マネーがあります。お持ちのTカードにチャージして利用できる電子マネーです。

Tマネーは利用金額に応じてVポイントが貯まるというメリットがあります。上手く活用するとお得です。

Tマネーのメリット、デメリット、使い方についてまとめます。

T-MONEY(Tマネー)とは

TマネーはTカードにチャージして利用できる電子マネーです。加盟店のレジで現金でチャージできます。利用は無料で一切費用はかかりません。チャージは1,000円単位で最大3万円までチャージできます。

チャージしたTマネーは、加盟店の支払に使えます。Tカードを提示して使うTマネーの金額を伝えればOKです。1円から1円単位で使えます。

Tマネーの特徴

Tマネー加盟店は、TSUTAYAの他、ドラッグストア、スーパー、ファーストフード等があります。

Tマネーが使える店の代表例

  • TSUTAYA
  • ファミリーマート
  • ウエルシアグループ
  • 吉野家
  • 牛角
  • ハッピー・ドラッグ、ハッピー調剤薬局、ドラッグ・オー
  • 東武ストア(東武ストア・マイン・フエンテ全店)、ドラッグストアmac
  • 東京ワンピースタワー
  • タウンプラザかねひで
  • ZIPマート

TマネーはほとんどのTカードに搭載されています。Tマネーの利用ができないTカードは、2014年6月1日以降に発行され、かつ、裏面にTマネーに関する記載がないTカードのみです。

2014年6月1日以降に手に入れたTカードは、裏面にTマネーの説明が書いてあればOKです。法令対応でしょうかね。

TカードのTマネーの説明

また、一部のクレジットカードにも搭載。Yahoo!JAPANカードは、JCB・MastercardブランドだとTマネーの機能があります。ヤフーカードについては以下で徹底解説しています。

Yahoo! JAPANカードのメリット・デメリット!年会費・ポイント・特典を解説
年会費無料のクレジットカードでおすすめできるのは、還元率1.2%のリクルートカードです。クレカ使用で貯まるリクルートポイ...

実際に発行して使い倒したところ、諸々の特典の賜物で大量のVポイントを得られたのが嬉しかったです。Vポイントがお得に貯まるクレジットカードの筆頭です。

ヤフーカードは評判通りか?長年利用した口コミ!悪い側面まで徹底解説
Yahoo! JAPANのクレジットカード「ヤフーカード」は、良い評判と悪い評判に分かれています。募集開始してすぐにヤフーカード...

既にTカードを持っている場合は、お持ちのTカードがそのまま使えます。持っていない場合は、TSUTAYAやファミリーマート等のTカード発行店舗に行けば無料でTカードを発行できます。

ファミリーマートを使う機会がある方は、ファミリーマートでの発行がいいかもしれません。ファミマTカードの提示で割引になる商品があり、地味にお得です。

しかし、2019年6月~7月にかけて、相次いでポイント3倍のカードの日・ファミランク等の特典が終了して妙味は低下しました。

ファミマTカードが改悪!カードの日・ファミランク等が終了!代わりを徹底解説
ファミマTカードが2019年6月30日~7月31日に改悪されました。会員特別価格、ポイント3倍のカードの日、ファミランク、レディ...

Tマネーの残高は、Tサイトへログイン後、TOPページ(右上)の「あなたのTマネー残高」より、確認できます。

Tマネーのメリット

ファミマTカード

還元率0.2%で小銭が不要に

Tマネーは、月間利用金額500円(税込)につきVポイントが1ポイント貯まります。還元率0.2%です。

現金だと何もないところ、Tマネーを使うと還元率0.2%となります。わずかですがお得になります。

Vポイント加盟店でのTカード提示で貯まるVポイントは別途もらえます。基本的には0.5%です。ファミリーマートは最大1.5%です。

また、Tマネーに限った話ではありませんが、小銭が不要になるという電子マネー特有のメリットがあります。

Tマネーギフトカードのお得なキャンペーン

Tマネーにチャージして使える「Tマネーギフトカード」がお得に買えるキャンペーンが開催されることがあります。これがTマネーの最大のメリットです。

Tマネーギフトカードのキャンペーン

例えば、TSUTAYA店舗でTマネーギフトカードを10%OFFで購入できことがあります。

  • 3,000円→2,700円
  • 5,000円→4,500円
  • 10,000円→9,000円

TSUTAYA、ファミリーマート、ウエルシアグループ、吉野家、牛角、東武ストア、ドラッグユタカなどを日常的に利用している場合は、10%割引で使えることになるので、かなりお得です!

TマネーギフトカードをTカードにチャージするには、T-POINT/T-CARDサイトの「Tマネーギフトカード」画面にある「チャージ(入金)する」ボタンをクリックして、PIN番号を入力すればOKです。

オートチャージやクレジットチャージにも対応

Tマネーの画面

2017年3月下旬から、クレジットカードからの引き落としで、Tマネーにチャージできるオートチャージ・クレジットチャージサービスを開始しました。

「オートチャージ」は事前に設定した残高を下回った場合に、自動でTマネーがチャージされる機能です。交通系電子マネーでお馴染みの機能ですね。

その他、Webサイトにおいて、好きなタイミングでチャージできる「クレジットチャージ」も可能になります。

オートチャージ・クレジットチャージは、1回あたり3,000円~30,000円の範囲で可能です。

ヤフーカードファミマTカード(クレジット)Tカードプラスで行えます。

ウエルシアでは土曜日にチャージすると最大1.25%還元

ウエルシアでは、毎週土曜がTマネーチャージの日になっており、Tマネーをチャージすると最大75Vポイントが付与されます。

チャージ額に応じて付与ポイントが上がることはなく、一律で最大75ポイントとなっています。

キャンペーン

Tマネーは定期的にお得なキャンペーンを開催しています。2021年8月~9月のキャンペーンは妙味あり!

Tマネーのキャンペーン(2021年8月~9月)

ファミリーマートでのTマネー導入に伴い、2015年6月30日(火)から2015年8月3日(月)までは、ファミリーマートのレジでTマネーをチャージすると、抽選で最大1万Vポイントが当たる「Tマネースタートキャンペーン」が行われました。

2017年4月1日(土)~9月30日(土)は、Tカード プラス(TSUTAYA発行)またはファミマTカード(クレジットカード)で、期間中にTマネーのオートチャージを設定していると、Tマネーのご利用で貯まるVポイントが2.5倍となります。

還元率0.5%であり、例えば3万円の利用なら150ポイントが得られます。

2018年3月はTマネーをチャージすると毎日Vポイント5倍のキャンペーンが開催されました。

キャンペーン対象店舗はファミリーマート、ウエルシア、ハックドラッグ、TSUTAYA、ドラッグユタカなどでした。

ファミリーマート

地域限定のキャンペーンが開催されることもあります。2017年7月1日(土)から8月31日(木)より、鹿児島県・宮崎県のファミリーマート限定で、キャンペーンを実施すると発表した。

毎日TマネーをチャージするごとにVポイントを5ポイント獲得でき、Tマネーを利用すると、月間利用額500円(税込)につき5ポイント獲得できる。

Tマネーのデメリット

Tマネーを登録したApple Pay

1度チャージしたTマネーは返金されません。Suicaなど手数料を支払えば残高が戻ってくる電子マネーがある中で、返金は一切不可というのはデメリットです。

また、利用できる店舗が現時点でTSUTAYA、ファミリーマート、ドラッグユタカ、東京ワンピースタワーに限られるのがデメリットです。2015年11月下旬には東武ストアで導入されます。

また、あらゆるTカードで使えるわけではないのがわかりにくいです。

一部店舗では、Tマネーサービスを利用できないTカードを発行しています(Tマネー対象外一覧

Tマネーの有効期限は、Tマネーの最終ご利用日から10年間です。楽天キャッシュと同じで有効期限はたっぷりです。ただし、期限が切れないようにしましょう。

まとめ

Tマネーは加盟店で決済できるプリペイド式(事前チャージ方式)の電子マネーで、0.2%の還元率となります。

Tマネーが使える店の代表例

  • TSUTAYA
  • ファミリーマート
  • ウエルシアグループ
  • 吉野家
  • 牛角
  • ハッピー・ドラッグ、ハッピー調剤薬局、ドラッグ・オー
  • 東武ストア(東武ストア・マイン・フエンテ全店)、ドラッグストアmac
  • 東京ワンピースタワー
  • タウンプラザかねひで
  • ZIPマート

これらの店舗をよく利用する場合で、クレジットカードは保有したくない場合や、クレカを作れない場合は、便利な電子マネーです。

なお、ファミリーマートは楽天Edyが使えます。また、TSUTAYAも楽天EdyやSuicaが使える店舗が多いです。

楽天Edyは還元率0.5%でTマネーよりもお得な電子マネーです。楽天Edyに抵抗がなければ、Tマネーよりも楽天Edyの方がいいでしょう。

楽天Edyの口コミ!使い方・お得なチャージ方法・ポイント二重取り等を解説
楽天Edyとは、プリペイドの電子マネーですね。「シャリーン」という電子マネーらしい決済音が鳴ります。店頭だけではなく、一...
楽天Edyチャージでお得なクレジットカード2024!ポイント二重取りが可能!
楽天Edyというプリペイド型の電子マネーがあります。利用可能店舗が日本最大級を誇っています。おすすめの電子マネーの一角で...

楽天Edyは楽天カードを持っていれば、ファミリーマートでオートチャージできるようになりました。

楽天Edyはオートチャージ可能!ファミリーマートやローソン等で楽天カードならOK
楽天Edyがファミリーマートで、レジ端末にEdy機能付き楽天カードをタッチすると、電子マネー「楽天Edy」のチャージができるサ...

Suicaへのチャージは還元率が1.5%のビューカードがおすすめです。

主なおすすめカード

定期券とクレカ一体型なのは「ビュー・スイカ」カード、年会費無料で普通の店舗で1%の高還元が魅力なのはビックカメラSuicaカードです。

アトレ・シャポー・グランデュオ・エスパル・フェザン等のJRE CARD優待店をよく利用する方はJRE CARD、ルミネをよく利用する方はルミネカードがお得です。

特に拘りがなければ年1回の利用で年会費無料のビックカメラSuicaカードがおすすめです。私も保有しています。

Vポイントが貯まるクレジットカードで最も高還元なのは、エクストリームカードでした。なんと還元率1.5%と驚異的にVポイントが貯まり、年30万円以上の利用で年会費無料でした。

エクストリームカードは発行終了!メリット・デメリット・審査まとめ
Extreme Card(エクストリームカード)というクレジットカードがありました。Vポイントが貯まるクレジットカードとしては日本一...

しかし、募集停止となり、既存カードはリーダーズカードに強制切替となりました。

年会費は完全無料がよければ、Yahoo! JAPANカードがベストです。年会費無料で還元率はいつでも1%で、Yahoo!ショッピングとロハコではショップポイントも合わせて3%です。

PayPayカードの入会特典は終了!3,000円分のポイントを獲得可能!他のキャンペーンまで解説
PayPayカードが新規入会特典を提供していましたが、本ページからの下記企画の申し込みは2024年4月23日(火)で終了しました。...

その他、お得なクレジットカードの入会キャンペーンが多数開催されています。

クレジットカードのお得な入会キャンペーンの一覧!
お得な入会キャンペーンを開催しているクレジットカードが多数あります。せっかくクレカを発行するならば少しでもお得になる...

TSUTAYAが発行しているクレカにはTカードプラスがおすすめです。年会費が無料で、TSUTAYAでお得な仕組みが満載のクレジットカードです。

TSUTAYAの会員証の機能があり、レンタル更新の手続き・レンタル更新費用は一切不要です。毎年自動更新されます。

TSUTAYAのお会計でTカードプラスを提示するだけで、共通ポイントのVポイントが3倍~5倍となり、還元率1.5%~2.5%となります。

Tカードプラスを提示して高還元クレジットカードで決済すると、破格の還元率となります。TSUTAYAをよく利用する方にはおすすめです。

Tカード プラスはTSUTAYAでお得なクレジットカード!メリット・デメリット・使い方まとめ
Tカード プラスというクレジットカードがあります。TSUTAYAでカードを提示するだけで1.5%~2.5%還元となるのが最大のメリッ...

ファミリーマートが発行しているファミマTカードというクレジットカードもあります(年会費無料)。

毎週火曜・土曜にファミリーマートでこのカードでクレジット決済すると、Vポイントが5倍貯まります。ファミマをよく利用される方ですとお得です。

ファミマTカード(クレジット)を解説!メリット・デメリット・ポイントまとめ
ファミマTカードというクレジットカードがあります。ファミリーマートで2.0%の高還元、ファミペイでポイント二重取り、お得...

なお、ファミリーマートでは楽天ポイントカードとdポイントが導入されます。

-キャッシュレス決済, 電子マネー
-