モバイルPASMOチャージにおすすめのクレジットカード 2020!ポイント還元対象を解説

更新日: クレジットカード

モバイルPASMOチャージがポイント付与対象のクレジットカード

モバイルPASMOという関東私鉄・東京メトロ等の交通系電子マネーがあります。

全国各地の電車・バスに乗車できますし、交通系ICカードで決済できるお店での支払いにも便利です。

モバイルPASMOはVisa・Mastercard・JCB・アメックスブランドのクレジットカードで手動チャージ可能。オートチャージはPASMO協議会に参加する事業者の謹製クレジットカードのみです。

モバイルPASMOへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードについて、おすすめを厳選してご紹介します。

モバイルPASMOチャージで得するクレジットカード一覧

モバイルPASMOは関東を中心としたPASMOエリアはもちろん、全国各地で利用可能です。

SuicaモバイルSuicaアップルペイPASMOTOICAmanaca、Kitaca、ICOCA、PiTaPa、SUGOCA、nimoca、はやかけんの対応機関・店舗で縦横無尽に利用可能です。

全国各地での列車やバスの移動に八面六臂の活躍を見せてくれます。モバイルPASMOの詳細は以下で徹底解説しています。

「モバイルPASMO」が商標出願され(2107-122035)、2020年3月18日(水)からAndroidスマホでPASMOを利用できるようになりました。「腕時計...

モバイルPASMOに使えるクレジットカードは、VisaMastercardJCBアメックスとなっています。ダイナースクラブには非対応です。

本人認証サービス(3Dセキュア)に対応している必要があるので、KyashアコムACマスターカードは利用できません。

モバイルPASMOにチャージできるクレジットカードは多数存在しますが、ポイント付与の対象外というカードが多いです。

対象外確定カード

  • アメリカン・エキスプレス発行のアメックスカード
  • JCBオリジナルシリーズ
  • 楽天カード
  • JALカード(Visa・Mastercard・JCB)※OPクレジットのオートチャージは対象

まだポイント付与対象外の項目には挙がっていなくても、Apple PayのSuicaSMART ICOCAが対象外のカード会社は、モバイルPASMOも対象外となるリスクが高いです。

ポイントが付与されないカードでいくらチャージしても全く意味がありませんので、注意しましょう。

オートチャージ対応

便利で快適なPASMOオートチャージが使えるのは、PASMO協議会の鉄道会社のクレジットカードのみとなっています。

オートチャージを使いたい場合は、下表のクレジットカードが候補です。

クレジットカード名 年会費
(税抜)
還元率 PASMO
To Me CARD Prime PASMO 2,000円
年50万利用で無料
0.5%-0.6% 一体型
定期券
ANA To Me CARD PASMO JCB 2,000円 /
7,000円
0.5%-1.06%
(マイル)
一体型
定期券
TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO 1,000円 1.0% 一体型
定期券
東急ゴールドカード 6,000円 1.0% 一体型
定期券
ANA TOKYU POINT ClubQ
PASMOマスターカード
751円 /
6,751円
0.5%-1.48%
(マイル)
一体型
定期券
OPクレジットカード 年1回利用で無料 0.5% 別カード
OPクレジットゴールド 10,000円
年200万利用で無料
0.5% 別カード
JALカード OPクレジット
(※マイル還元はオートチャージのみ)
2,000円 /
5,000円
0.5%-1%
(マイル)
別カード
京王パスポートPASMOカードVISA 年1回利用で無料 0.5% 一体型
定期券
京王パスポートVISAカード 年1回利用で無料 0.5% 別カード
SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン 無料 0.5% 別カード
京急プレミア ポイント シルバー 無料 0.5% 別カード
京急プレミア ポイント ゴールド 1,905円 /
952円
0.5% 別カード
京成カード(オリコ) 無料 /
10,000円
0.5% / 1% 別カード
相鉄カード 無料 0.5% 別カード
東武カード 無料 0.50% 別カード
東京スカイツリー 東武カードPASMO 1,000円
年10万利用で無料
0.50% 一体型
定期券
Pastownカード 1,250円 0.50% 別カード
パスタウンPASMOカード(VISA) 1,250円
マイ・ペイすリボで無料
0.50% 一体型

オートチャージ不要の場合は多様な選択肢

手動チャージでもOKでオートチャージ不要の場合、より高還元のクレジットカードを活用できます。

公式にモバイルPASMOがポイント還元の対象と公表していなくても、モバイルSuica・SMART ICOCAがダブルでポイント還元の場合、モバイルPASMOもポイント対象となる可能性が高いです。

カード会社のスタンス(交通系電子マネーへのチャージも還元対象)が明確であり、モバイルPASMOだけを狙い打ちで排除することは考え難いためです。

ポイント対象の可能性が高いカード

クレジットカード名 年会費(税抜) 還元率
エポスゴールドカード 無料 1.5%-2%
JQ CARD エポスゴールド 無料 1.5%-2%
リーダーズカード 2,500円
年30万利用で無料
約1.257%
REXカード 無料 1.25%
リクルートカード (VISA / Mastercard) 無料 1.20%
Yahoo! JAPANカード 無料 1.00%
オリコカードザポイント 無料 1.00%
エポスカード 無料 0.5%-1.0%
セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード
(以下セゾン・アメックス)
無料-20,000円 0.5%-1.125%
MUJIカード 無料 0.50%
セディナカード 無料 0.50%
イオンカード 無料 0.50%
シネマイレージカードセゾン 無料 0.50%
ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメックス 無料 0.50%
クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン 無料 0.50%
JQ CARDセゾン 無料 0.50%
セゾンカードインターナショナル 無料 0.50%
ロフトカード 無料 0.30%
大丸松坂屋お得意様ゴールドカード 無料-3,000円 1.00%

以下、特におすすめのクレジットカードについて精緻に分析します。

オートチャージ対応のおすすめカード

PASMOのロボット

一般的には自分がよく利用する鉄道会社のクレジットカードを発行する方が多いと思います。

しかし、それにこだわらず他の鉄道会社のクレジットカードまで視野を広げると、より良い選択肢が備わっています。

飛行機に乗る機会がある方の場合、航空系クレジットカードマイルが貯まりやすいクレジットカードが候補となります。

JALカード OPクレジット

成田空港に駐機するJALの飛行機

例えばJALマイルを貯めたい場合、最大1%還元のJALカード OPクレジットがおすすめです。

JALマイルは特典航空券が取りやすいのがメリットです。JAL国際線 特典航空券PLUSの導入によって繁忙期でも予約可能になっています。

なお、JALカード OPクレジットは、モバイルPASMOへの手動チャージはマイル還元の対象外となる点に注意が必要です。

JAL東急カードは、モバイルPASMOへのチャージ・オートチャージは、マイル還元の対象外となります。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

ANAの飛行機

ANAマイルを得たい方は、以下どれかの選択肢が有力候補です。

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO

東急カード(一般カード)

非マイルカードで高還元なのは、PASMOオートチャージが1%還元のTOKYU CARD ClubQ JMB PASMOです。

1,000円(税抜)の年会費が発生するので、0.5%カードと比較した損益分岐点は、年20万円(税抜)以上カードショッピング・チャージをするか否かとなります。

年会費無料のクレジットカードがいい場合は、自分の沿線の鉄道会社のカードが優待特典を使う機会が多いのでおすすめ。

OPクレジット ゴールド

OPクレジット ゴールド

年会費無料のゴールドカードをご希望の場合、年200万円以上利用で無料になるOPクレジット ゴールドがおすすめです。

小田急電鉄はOPポイント専用カード、OPクレジット、JALカードとの提携カードを発行しています。小田急グループ店舗で最大10.5%還元、...

それ以外にも多数のオートチャージ可能なクレジットカードがあります。おすすめカード一覧は以下をご参照ください。

交通系電子マネーのPASMOは、クレジットカードでのオートチャージが可能です。現金でのチャージとは異なり、ポイントや航空マイルを得...

2020年に開始したモバイルPASMOでは、手動チャージも可能です。

モバイルPASMOという関東私鉄・東京メトロ等の交通系電子マネーがあります。全国各地の電車・バスに乗車できますし、交通系ICカードで...

手動チャージのおすすめクレジットカード

手動チャージでもOKの場合、最大で2%還元のクレジットカードでチャージすることが可能です。

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード

丸井が発行しているエポスカードにはゴールドカードが存在します。「エポスゴールドカード」という名前です。

実は意外なことにモバイルPASMOへのチャージで最もコストパフォーマンスが良好なのはエポスゴールドカードです。

ゴールドカードのランキングでも上位に位置付けられるハイ・クオリティー・カードです。

エポスカードは丸井での年数回の10%OFF、自動付帯の海外旅行傷害保険、数多くの店舗で受けられる優待特典が魅力のカードです。

エポスカード(EPOS CARD)という丸井のクレジットカードがあります。サブカードとして利用すると最高にお得なカードです。マルイでの...

エポスゴールドカードの年会費は5,000円(税込)ですが、年間の利用金額が50万円以上だと翌年度以降の年会費が無料になります。

また、インビテーションでゴールドカードを発行したら、年会費は永年無料となります。エポスカードを保有して概ね年50万円以上の決済をすると、インビテーションが届く傾向にあります。

インビの基準も緩く、年50万円に利用額が届いていなくても、インビテーションが届く事例もあります。

丸井の人気クレジットカード「エポスゴールドカード」は、自分から申し込むことも可能ですが、インビテーションが届いた場合は、年会...

家族カードはありませんが、家族をゴールドカードに招待できる「エポスファミリーゴールド」という制度があります。

エポスゴールドカードは、丸井での利用は還元率1%ですが、通常の加盟店での還元率は0.5%です。ただし、年間の利用金額に応じてボーナスポイントをもらえます。

  • 年50万円以上利用:2,500円相当(0.5%相当)
  • 年100万円以上利用:10,000円相当(1.0%相当)

ボーナスポイントを合わせると、年100万円ちょうどの利用だと還元率は1.5%となります。カード利用で貯まるポイントは有効期限無しの永久ポイントになります。

エポスゴールドカードのポイントはエポスVisaプリペイドカードでVISA加盟店にて1ポイント1円で使えるので現金同様です。

丸井グループのクレジットカード「エポスカード」は、「エポスVisaプリペイドカード」を提供しています。国内外のVISA加盟店でクレジ...

また、対象ショップの中からよく利用するショップを登録すると、エポスゴールドカード利用時のポイントが最大3倍になります。

エポスゴールドカード、エポスプラチナカードには多様なベネフィットが付帯しています。その中の一つが、3つのお店までポイント3倍(...

仮にモバイルPASMOチャージとカードショッピングの合計額が年100万円ぴったりだった場合、還元率1.5%となります!

また、国内・海外の空港ラウンジを無料で利用できます。国内の主要空港20空港に加えて、ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル空港)、仁川空港、ホノルルラウンジが利用可能です。

年会費無料で維持できるので、空港ラウンジを使えるゴールドカードの中でもコスパ良好です。

自動付帯の海外旅行傷害保険が付帯します。最も利用頻度が高い傷害治療費用・疾病治療費用は最高300万円と充実しています。

エポスゴールドカード会員限定のベネフィットも豊富に用意されています。

エポスカードには上位カードのエポスゴールドカードがあります。年会費が無料であるにもかかわらず、特典が極めて充実しているのが特...

マルコとマルオの7日間ではマルイが10%OFFとなり、無印良品週間と開催時期が重なると無印良品もお得になります。

丸井(マルイ)では「マルコとマルオの7日間」というセールがあります。マルイでのお買い物がお得なセールです。エポスカードで決済す...

エポスゴールドカードは、ネット通販でのセキュリティに優れているエポスバーチャルカードも使えます。

エポスカードは「エポスバーチャルカード」を発行することができます。バーチャルカードとは、インターネットでのお買い物にクレジッ...

本体のカードの方も利用ごとにメールを送ってもらう設定もできるので、不正利用をいち早く察知できてセキュリティも高いです。

エポスカードの「カードご利用のお知らせ」メール

その他エポスゴールドカードの特徴については以下で徹底解説しています。

エポスカードという丸井のクレジットカードがあります。エポスカードの種類の中には、「エポスゴールドカード」いうゴールドカードが...

年会費無料のゴールドカードは稀有であり、質実剛健なハイ・クオリティー・カードです。空港ラウンジを無料で使えるクレジットカードの一角です。

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんも、おすすめのゴールドカードとしてエポスゴールドカードを挙げていらっしゃいました。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

エポスゴールドカードはクレジットカードのレジェンドも高く評価しています。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...

エポスゴールドカードは家族カードがないのがデメリットですが、家族を招待できるエポスファミリーゴールドという制度が始まり、この弱点が緩和されました。

エポスゴールドカードを視野に入れる場合は、まずはエポスカードを作成して年50万円以上利用してインビテーションを受けると低コストとなります。

エポスカードはお得なキャンペーンを行なっています。Webから入会すると2,000円相当のエポスポイントがプレゼントされます。

特に必要な作業はありません。無条件で2,000円を得られるお得な入会キャンペーンです。

なお、インターネットでの入会時に「おしごと」の下にある「ご紹介番号」に「19121522852」をご入力いただくと、更に紹介特典で500ポイントが上乗せされます。

公式サイトエポスカード 公式キャンペーン

JQ CARD エポスゴールド

JQ CARD エポスゴールド

JQ CARD エポスにはインビテーション制のゴールドカード「JQ CARD エポスゴールド」があります。

エポスゴールドカードとJQカードの魅力を融合させたクレジットカードです。年会費無料で利用できます。

年100万円ちょうど利用した際には、ボーナスポイントと合わせて1.5%還元となります。

JRキューポはGポイントに交換できるので、JQセゾンルートGポイント永久不滅ポイント→ANAマイルと交換すると、1対0.7のレートでANAマイルに移行できます。

つまり年100万円ぴったり利用した際のマイル付与率が1.05%となります。100万円超の利用分は0.35%です。

また、「モバイルスイカ」をポイント3倍のショップに登録した場合、モバイルSuicaApple PayのSuicaGoogle PayのSuicaが、1.05%ANAマイル還元となります。

エポスゴールドカード・プラチナカードの選べるポイントアップショップの登録画面

Apple Payに登録したSuica

JR西日本を登録した場合は、SMART ICOCAへのチャージが、1.05%ANAマイル還元で卓越した高還元に昇華します。

年100万円ぴったりポイント3倍のお店(3つまで選択可能)だけで使った場合、なんと1.75%ANAマイル還元です。

なお、JALマイルの場合でも最大1.5%還元となり、JALマイルがお得に貯まるクレジットカードの1枚です。

更にANAマイレージクラブ モバイルプラスに加入した場合、月300円(税抜)のコストで、おサイフケータイ、Edy機能付きのANAカードでのEdy払いが1.5%マイル還元となります。

年間維持コストは3,600円(税抜)です。モバイルプラスはドコモ、au、ソフトバンクの回線契約が必要で、MVNOだとNGなのがデメリットです。

ANAカード

つまり、年100万円ぴったりJQカード エポスゴールドをEdyチャージに利用し、かつモバイルプラスに加入してEdy払いに使ったら2.55%ANAマイル還元となります。

年間ボーナスを含めない場合は、Edyチャージ時の0.35%+モバイルプラスの1.5%で合計1.85%となります。

その他、JQ CARD エポスゴールドの詳細については、以下で精緻に分析しています。

エポスカードが発行しているJQ CARDにはゴールドカードもあります。エポスカードの種類の中では提携ゴールドカードであり、「JQ CARD ...

デメリットは改悪リスクがある点です。Edy一体型AMCの発行を終了しており、ANAのEdyに対するコミットの温度感は低下しています。

ANAモバイルプラスのEdy1.5%マイル還元、JRキューポの交換システム、エポスゴールドの年間ボーナスに改悪リスクがあります。

JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARDエポスを作成して年50万円以上利用したら、インビテーションが届く可能性があります。

なお、通常のエポスカードを持っている方は、JQ CARDエポスに切り替えることが可能です。

JQ CARDエポスの入会キャンペーンはたったの2,000円相当ですが、通常のエポスカードは紹介制度で2,500円以上となります。

したがって、まずはエポスカードを作成して、そこからJQ CARDエポスに切り替えることをおすすめします。

エポスポイントの交換先にJRキューポがある画面

エポスポイントとJRキューポは相互交換できるので、エポスカードのポイントはJQ CARDエポスに引き継がせることが可能です。

エポスカードはネット限定でお得な入会キャンペーンを開催しています。「おしごと」の下にある「ご紹介番号」に「19121522852」をご入力いただくと、更に紹介特典で500ポイントが上乗せされます。

公式サイトエポスカード 公式キャンペーン

REXカード

REXカード

REXカードは年会費が無条件無料で、1.25%と高還元のクレジットカードです。ジャックスカードの種類一覧の中で高い人気を誇っています。

貯めたポイントは、Jデポに交換して、カード利用額の引き落としのお金を割り引くことに使えます。

特に手続きは不要で利用額から請求時にマイナスされます。1,300円のJデポを持っていてちょうど1,300円使った場合、請求額は0円となりました。

JACCSのカード利用代金明細書JACCSのJデポによる割引明細

JACCSモールからAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピング、ロハコなどのネット通販サイトに行って買い物すると、0.5%以上のJデポが上乗せされます。

ネット通販では合計還元率が1.75%以上に昇華します。中にはボーナスポイントが10%など高還元のショップもあってバリューが高いです。 

REXカード、リーダーズカード、Ponta Premium Plusなど、ジャックスカードは人気の高還元クレジットカードを発行しています。これらの...

ポイントが現金同様というのは利便性が高く、非マイラーであれば突き抜けた使いやすさがあります。キャッシュバックがお得なクレジットカードの筆頭です。

ポイントやマイルを貯められるクレジットカードは、日常のお買い物や課金で得することができます。しかし、ポイント等を貯めて交換が...

Web会員サービス「インターコムクラブ会員」に登録すると、「J’sコンシェル」というサービスを利用できます。

J's コンシェルの会員証

J’sコンシェルは企業や健康保険組合等の福利厚生サービスを担っているベネフィット・ワンが提供しています。ジャックスのインターコムクラブ会員なら、無料で申し込めます。

「J's コンシェル」(ジェイズコンシェル)というお得なサービスがあります。REXカード、リーダーズカード、Ponta Premium Plus、...

海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険も付帯しています。年会費無料であるにもかかわらず、現金同様のポイント還元率が1.25%と高還元です。

デメリットはポイントの交換に約20万円の利用が必要である点です。2年間で20万円使わないとポイントが無駄になってしまいます。

モバイルPASMOチャージ専用カードとして使う場合で、ここまで使わない場合はREXカード以外のカードが候補です。

問題なくポイント交換できるのであれば、REXカードがファースト・チョイスとなるお得なクレジットカードです。

公式サイトREXカード 公式キャンペーン

リクルートカード(VISA/Mastercard)

リクルートカード(Mastercard) リクルートカード(VISA)

リクルートカードはVISA/MastercardブランドのみモバイルPASMOへのチャージでポイント付与となり、JCBブランドは対象外である点に注意しましょう。

年会費無料でポイントを1ポイント単位で使えるので、モバイルPASMOチャージ専用のサブカードとして使いやすいのがメリットです。

還元率は1.2%と高還元です。電子マネーチャージ利用分は、合計で月30,000円までがポイント付与の対象となります。

リクルートのクレジットカードは2種類ありました。年会費無料のリクルートカードと、年会費はかかるけど還元率が高いリクルートカード...

専門家がおすすめのJCBカードでもあり、実際に発行して使い倒したところ、日々のお買い物や電子マネーチャージでザクザクとポイントを得られました。

リクルートのクレジットカード「リクルートカード」は、良い評判と悪い評判に分かれています。リクルートカードを作成してから約7年、...

リクルートカードのVISA・Mastercard・JCBブランドの相違点については、以下で精緻に分析しています。

リクルートカードにMastercardブランドが2017年1月23日に光臨しました。これまではVISA・JCBでしたが、今後はMastercardも選べます。...

リクルートカードは概ね6,000~8,000円相当が得られるキャンペーンも魅力的です。

リクルートカードが期間限定で、神威の入会キャンペーンを行なっています。2020年9月4日10:00~9月7日9:59の3日間が対象の圧巻のキャ...

モバイルPASMOチャージで貯まるリクルートポイントじゃらんホットペッパーグルメ、ポンパレモール、ホットペッパーティーなどのリクルートのサービスにて、1ポイント1円で使えます。

また、リクルートポイントはPontaポイントと1ポイント単位で等価交換(1対1)が可能です。しかもリアルタイムに交換できます。

Pontaポイントはローソン、ケンタッキー、GEO、出光昭和シェル、コジマ、ピザハット、HMV、ライフなどにて1ポイント1円で使えるので便利です。

ジャンル 店舗名
コンビニ・スーパー ローソン、ローソンストア100、ローソンマート、ライフ、ニシムタ
通販・ネットショッピング ポンパレモール、HMV&BOOKS online、サンプル百貨店、cotoco、Oisix、TABROOM STORE
グルメ・飲食 ケンタッキーフライドチキン、すき家・ココス・ジョリーパスタ・はま寿司・華屋与兵衛、ピザハット(オンライン限定)、ホットペッパーグルメ
百貨店・ドラッグストア 高島屋、大和、アルビス、トモズ
家電・電力 ビックカメラ・コジマ・ソフマップ、東京電力エナジーパートナー、中部電力 カテエネポイント
トラベル じゃらん、京阪グループホテル、JAL ABC、ルートインホテルズ
カーサービス 昭和シェル石油、オリックスレンタカー、じゃらんレンタカー
ファッション・美容 AOKI、ジャンブルストア、セカンドストリート、タカシマヤコスメティックス、ホットペッパービューティー
医療・保険 Dental Ponta、人間ドックのここカラダ、PET'S ALL RIGHT
エンタメ・本 丸善ジュンク堂書店、ゲオ、ゲオ宅配DVDレンタル、ゲオ動画、HMV、三洋堂書店、EMTG、セガ、Playbit
スポーツ・ゴルフ ヒマラヤ、ヒマラヤ オンライン、じゃらんゴルフ

JALマイルにも2ポイント1マイルのレートにて、2ポイント単位で細かく交換できます。Pontaポイントについては以下で徹底解説しています。

Ponta(ポンタ)という大手共通ポイントサービスがあります。Tポイント、楽天ポイントと並ぶ日本三大共通ポイントの一角です。Pontaは、...

ポンタは普通に使うと1ポイント1円ですが、ローソンの「Loppiお試し引換券」を使うと、10~330ポイントで多種多様な商品と代えられます。

Loppiお試し引き換えで交換したプレミアムビール

ポン活でPontaを使うと、1ポイント1.5~3円のお得なレートでお菓子・飲み物・酒類などに交換できます。詳しくは以下のエントリーにまとめました。

Loppiお試し引換券(ロッピーお試し引換券)とは、ローソンの店頭にある端末「Loppi」で、Pontaポイント・dポイントと多様な商品を交換...

つまり、リクルートカードの実質的な還元率は1.8%~3.6%に昇華します。

モバイルPASMOチャージには、年会費無料で還元率1.2%(JALマイルなら0.6%)のリクルートカードがおすすめです。

メインカードは他にあり、サブカードとしてモバイルPASMOチャージに利用する際に便利です。小口のポイントを確実に消化できるのが嬉しいですね。

その他、リクルートカードの詳細については、以下で精緻に分析しています。

リクルートのクレジットカードは2種類ありました。年会費無料のリクルートカードと、年会費はかかるけど還元率が高いリクルートカード...

専門家がおすすめのJCBカードでもあり、実際に発行して使い倒したところ、日々のお買い物や電子マネーチャージでザクザクとポイントを得られました。

リクルートのクレジットカード「リクルートカード」は、良い評判と悪い評判に分かれています。リクルートカードを作成してから約7年、...

活用していくと家計が頑健化します。日々の生活を豊かに彩ることができます。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめの「高還元カード」としてリクルートカードを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

また、クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんは、電子マネーチャージにおすすめのカードとしてリクルートカードを挙げていらっしゃいました。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

リクルートカードはクレジットカードのレジェンドも高く評価しているハイ・クオリティー・カードです。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

現在は数千円相当のリクルートポイントがプレゼントされるお得な入会キャンペーンを開催しています。

公式サイトリクルートカード 公式キャンペーン

Yahoo! JAPANカード

ヤフーカード

Yahoo! JAPANカードという年会費無料のクレジットカードがあります。JCB、VISA、Mastercardの3種類があり、いずれもモバイルPASMOチャージでポイントが付与されます。

還元率1%でTポイントが貯まり、Tポイント提携先ではTポイントと合わせてポイント二重取りが可能です。Tポイントを貯めるには非常に使いやすいクレジットカードです。

将棋において飛車だけよりは、飛車・角の方が強いのと同様に、ポイントも一つだけよりは二つ獲得できる方が嬉しいですね。

モバイルPASMOチャージでも1%のTポイントが付与されます。年会費無料で、かつカード利用によって1ポイント単位で使えるTポイントが貯まるので、サブカードとして活用しやすいのがメリットです。

その他、Yahoo! JAPANカードの詳細については、以下で精緻に分析しています。

年会費無料のクレジットカードでおすすめできるのは、還元率1.2%のリクルートカードです。クレカ使用で貯まるリクルートポイントをPo...

実際に発行して使い倒したところ、諸々の特典の賜物で大量のTポイントを得られたのが嬉しかったです。Tポイントがお得に貯まるクレジットカードの筆頭です。

Yahoo! JAPANのクレジットカード「ヤフーカード」は、良い評判と悪い評判に分かれています。募集開始してすぐにヤフーカードを作成し...

Yahoo! JAPANカードは加入すると大量のTポイントがプレゼントされるキャンペーンも行っています。

カード発行は無料で一切費用はかからないので、使用しなくてもとりあえず作成して大量のTポイントをゲットするのもお得ですね。

その他、お得なクレジットカードの入会キャンペーンが多数開催されています。

お得な入会キャンペーンを開催しているクレジットカードが多数あります。せっかくクレカを発行するならば少しでもお得になる方がいい...

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)

Orico Card THE POINTというオリコが発行しているカードは、年会費が完全無料です。モバイルPASMOへのチャージは1%還元です。

基本還元率は1%なのですが、Amazon・楽天での利用時はいつでも2%以上の還元となります。

入会から半年間は基本還元率が2%であり、モバイルPASMOへのチャージも2%還元となります。

Amazon・楽天での利用は3%になります。Orico Card THE POINTは、ネット通販をよく使う方はメインカードとして使えるスペックです。

Orico Card THE POINTを保有していると、オリコが運営するオンラインショッピングモール「オリコモール」を経由して、Amazon等のネット通販サイトでお買い物するとポイントが原則1%以上アップする仕組みになっています。

オリコカードザポイント、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD、Orico Card THE WORLDなど、オリコカードは人気の高還元クレジットカー...

お買い物は他のクレカでもOKです。他のポイントモールはAmazonが対象外のサイトが大多数なので、Amazonがお得になる点にエッジ・優位性があります。

私もオリコカードザポイントを使ってザクザクとボーナスポイント(1%)を貯めています。

オリコカードザポイントのオリコモール利用でのポイント加算

貯めたオリコポイントは、Amazonギフト券、Tポイント、楽天ポイント、ファミリーマートお買い物券、dポイント、WALLETポイント、すかいらーくグループ優待券などに交換できるのでほぼ現金同様に使えます。

区分 交換商品 オリコポイント 交換先 価値
クーポン Amazonギフト券 500pt 500円分 1pt→1円
iTunesギフトコード 500pt 500円分 1pt→1円
Google Play ギフトコード 1,000pt 1,000円分 1pt→1円
nanacoギフト 1,000pt 1,000円分 1pt→1円
EdyギフトID 1,000pt 1,000円分 1pt→1円
ファミリーマートお買い物券 500pt 500円分 1pt→1円
すかいらーくご優待券 5,000pt 5,000円分 1pt→1円
ポイント移行 オリコプリペイドカード
チャージ
500pt 500円分 1pt→1円
Tポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
Pontaポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
楽天スーパーポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
dポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
WAONポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
au WALLET ポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
ベルメゾン・ポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
マイル ANAマイル 1,000pt 600マイル 1pt→1円
JALマイル 1,000pt 500マイル 1pt→1円
商品 UC ギフトカード 5,500pt 5,000円分 1pt 0.9円

また、オリコポイントを「オリコプリペイドカード」(Orico Prepaid Card)にチャージすることもできます。オリコプリペイドカードは、VisaかMastercardの加盟店でお買い物できます。

チャージしたオリコプリペイドカードを利用すると、更に利用金額の0.25%キャッシュバックを受けることが可能です。

信頼性が定かではなく、オリコカード本体の番号を打ち込むのに抵抗がある場合にも便利です。

オリコは「オリコプリペイドカード」(Orico Prepaid Card)を発行しています。国内外のVisaかMastercard加盟店でクレジットカード同...

事前にチャージが不要な後払い方式の電子マネーiDQUICPayの両方を搭載しているというメリットもあります。

その他の詳細については、以下で徹底解説しています。

オリコが発行している年会費無料で高還元率のクレジットカードがあります。「Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)」と...

Orico Card THE POINTのMastercardブランドはau WALLETへのチャージができます。還元率が合計1.5%となります。

auユーザーであれば、リアルの店舗はau WALLET、ネット通販はOrico Card THE POINTと使い分けると更にお得になります。

auはMastercard搭載型プリペイドカード「au PAY プリペイドカード」を発行しています。従来はau WALLET(ウォレット)でしたが、2020...

Orico Card THE POINTは、豪華な新規入会キャンペーンを行っています。最大8,000ポイントとなっており、年会費無料カードとしては抜群にお得な水準です。

オリエントコーポレーションの人気No.1クレジットカードは、「オリコカード ザ ポイント」です。アルファベット名は「Orico Card THE ...

エポスカード

エポスカード

エポスカードは年会費無料で、モバイルPASMOへのチャージで一般のVisa加盟店と同様にポイントが得られます。

基本還元率は0.5%です。少額のリボ払いを発生させるとポイントが0.5%UPして1%還元となります。

年4回の「マルコとマルオの7日間」というセールで、丸井で10%割引となります。無印良品週間と開催時期が重なると無印良品もお得になります。

丸井(マルイ)では「マルコとマルオの7日間」というセールがあります。マルイでのお買い物がお得なセールです。エポスカードで決済す...

エポスカード会員限定のプライベートセールへの招待状も届きます。エポスカードウィークスという優待・割引が充実する期間もあります。

エポスカードは「エポスカードご優待 パワーアップ特集」「エポスカードウィークス」などの名称で、お得なキャンペーンを定期的に開催...

エポスカードには10,000店以上の店舗での優待割引、海外旅行傷害保険の自動付帯など多様な利点があります。

年会費は無条件で無料です。ネットで安心してカードが利用できるエポスバーチャルカードも使えます。

エポスカード(EPOS CARD)という丸井のクレジットカードがあります。サブカードとして利用すると最高にお得なカードです。マルイでの...

セディナカード

セディナカード

セディナカードは年会費が無料のカード、条件付き無料カード、有料のカードが揃っています。

セディナカード Jiyu!da!」だと完全無料で利用可能です。リボ専用ですが、全額一括払いが可能で1回払いと同様に無料で使えてお得。私も保有しています。

セディナカードJiyu!da!

モバイルPASMOチャージでセディナのポイントプログラム「わくわくポイント」が貯まります。1ポイント単位で使えず、一定量を貯めて交換する必要があるのがデメリットです。

わくわくポイントは、1,000ポイントを500 JALマイルに交換できます。JALマイルへの移行手数料は無料です。

セディナカードはお得な海外キャッシング、マルエツ等での5%OFFが特にお得なクレジットカードです。ATM手数料、現地ATM手数料はいずれも無料です。

ペイジー(Pay-easy)でネットにて繰上返済できるので、海外ATMで現地通貨をおろした後、すぐに会員サイトからペイジーで返済したら、発生する利息は極小化できます。

セディナカードは海外キャッシングを利用する方にとっては最高にお得なクレジットカードです。

海外旅行・出張に行く機会がある方や、マルエツをよく利用する方は持つと家計が助かります。

セディナカードというクレジットカードがあります。三井住友フィナンシャルグループの(株)セディナが発行しています。ハウスカードの...

リーダーズカード

リーダーズカード(Reader's Card)

リーダーズカードは年会費が2,500円(税抜)と高額ですが、初年度は無料で、年間30万円以上の利用で翌年の年会費が無料になります。

還元率はJデポの場合は約1.257%となります。ANAマイルに直接交換する場合は約0.75%です。

高還元なのがメリットですが、ポイントの交換に合計で約638,000円もの利用が必要である点がデメリットです。

モバイルPASMOへのチャージのサブカードとして使う場合は、交換単位までポイントが貯まらず無念の期限切れとなってしまうリスクが高いです。

メインカードとしても使う場合は、モバイルPASMOへのチャージにも利用することが選択肢となります。

Reader’s Card(リーダーズカード)というクレジットカードがあります。年会費が年30万円以上の利用で無料となり、ポイントが約1.257...

セゾンカード

クレディセゾンが発行しているセゾンカードは、モバイルPASMOへのチャージでポイントが付与されます。

膨大な数のセゾンカードの中でおすすめNo.1は、無印良品との提携クレジットカードである「MUJIカード」です。

MUJIカード

MUJIカードはモバイルPASMOへのチャージで0.5%のポイントを獲得できます。

年会費無料で無印良品でポイント3倍となり、MUJIショッピングポイントへの交換なら還元率1.8%となります。

セゾンポイントモールという会員サイト経由で無印良品ネットストアにてお買い物すると、合計でMUJIショッピングポイントへの交換なら還元率3%となります!

無印良品では最強クラスの還元率を誇るカードです。また、年数回の無印良品週間では10%割引を受けられます。

毎年、誕生月に500ポイント(クレカ利用が必要)、5月と12月に500ポイントで合計1,500ポイントがもらえます。

MUJIカードのポイント特典の履歴

無印良品では八面六臂の活躍をしてくれて、オンリー・ワン、スペシャル・ワン、エアフォース・ワンのパワーがあります。

無印良品週間は10%割引となり、更に毎年、無印良品で使える1,500円相当のポイントを貰えます。年会費無料です。

シンプルで華もあり人気が高い無印良品はクレジットカードも発行しています。「MUJI Card」という名前です。海外でも人気がある無印良...

MUJIカードは無印良品でお買い物できるポイントが毎年1,500円分プレゼントされるので、使わなくてもお得なクレジットカードの筆頭で質実剛健です。

MUJI Cardは、Web限定でお得な入会キャンペーンを開催しています。

カード入会だけでもれなく1,000円分のMUJIショッピングポイントがプレゼントされます。無条件でプレゼントされるのは嬉しいですね。

公式サイトMUJIカード 公式キャンペーン

その他、セゾンカードの種類一覧は多様です。その中でおすすめのセゾンカードについては、以下で解説しています。

おすすめ
老舗カード会社のクレディセゾンは膨大な数のクレジットカードを発行しています。セゾンカードはあまりにも多く、どれがいいか一枚一...

メインカードとしてガンガン活用する場合はセゾンアメックスがおすすめです。

セゾンアメリカン・エキスプレス・カード(以下セゾンアメックス)には、多様な種類があります。年会費実質無料カード、年会費有料カ...

実際にセゾンカードを活用したところ、多様でお得な特典を享受でき、家計が大助かりでした。

セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードというクレジットカードがあります(以下セゾンアメックス)。クレディセゾンが発行してい...

大丸松坂屋お得意様ゴールドカード

大丸・松坂屋グループの最上級カードであり、インビテーション制の外商カードです。

本会員の年会費は初年度無料、2年目以降は3,000円(税抜)です。ただし、大丸・松坂で年間70万円(税込)以上購入した場合は、翌年度の年会費が無料となります。

家族会員の年会費は無条件で無料です。

最大のメリットは、大丸、松坂屋でのお買い物が最大10%OFFとなり、+3%のポイントUP期間中は最大13%OFFとなる点です。

大丸松坂屋の貴賓会のインテリア

また、「貴賓会」などお得意様限定催しに招待されます。お得意様サロン、文化催しへの招待、お得意様限定サイトの「connaissligne」、大丸東京店のラウンジ、駐車場サービスも受けられます。

意外なところでは電子マネーチャージもハイ・クオリティーであり、モバイルPASMOへのチャージが1%還元です。

「大丸松坂屋お得意様ゴールドカード」というクレジットカードがあります。いわゆる外商カードであり、インビテーション制のカードと...

まとめ

PASMOのポスター

モバイルPASMOチャージに使うおすすめのクレジットカードについてまとめると、下表の通りです。

オートチャージ対応

クレジットカード名 年会費
(税抜)
還元率 PASMO
To Me CARD Prime PASMO 2,000円
年50万利用で無料
0.5%-0.6% 一体型
定期券
ANA To Me CARD PASMO JCB 2,000円 /
7,000円
0.5%-1.06%
(マイル)
一体型
定期券
TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO 1,000円 1.0% 一体型
定期券
東急ゴールドカード 6,000円 1.0% 一体型
定期券
ANA TOKYU POINT ClubQ
PASMOマスターカード
751円 /
6,751円
0.5%-1.48%
(マイル)
一体型
定期券
OPクレジットカード 年1回利用で無料 0.5% 別カード
OPクレジットゴールド 10,000円
年200万利用で無料
0.5% 別カード
JALカード OPクレジット
(※マイル還元はオートチャージのみ)
2,000円 /
5,000円
0.5%-1%
(マイル)
別カード
京王パスポートPASMOカードVISA 年1回利用で無料 0.5% 一体型
定期券
京王パスポートVISAカード 年1回利用で無料 0.5% 別カード
SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン 無料 0.5% 別カード
京急プレミア ポイント シルバー 無料 0.5% 別カード
京急プレミア ポイント ゴールド 1,905円 /
952円
0.5% 別カード
京成カード(オリコ) 無料 /
10,000円
0.5% / 1% 別カード
相鉄カード 無料 0.5% 別カード
東武カード 無料 0.50% 別カード
東京スカイツリー 東武カードPASMO 1,000円
年10万利用で無料
0.50% 一体型
定期券
Pastownカード 1,250円 0.50% 別カード
パスタウンPASMOカード(VISA) 1,250円
マイ・ペイすリボで無料
0.50% 一体型

オートチャージ非対応&ポイント還元の可能性大のカード

クレジットカード名 年会費(税抜) 還元率
エポスゴールドカード 無料 1.5%-2%
JQ CARD エポスゴールド 無料 1.5%-2%
リーダーズカード 2,500円
年30万利用で無料
約1.257%
REXカード 無料 1.25%
リクルートカード (VISA / Mastercard) 無料 1.20%
Yahoo! JAPANカード 無料 1.00%
オリコカードザポイント 無料 1.00%
エポスカード 無料 0.5%-1.0%
セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード
(以下セゾン・アメックス)
無料-20,000円 0.5%-1.125%
MUJIカード 無料 0.50%
セディナカード 無料 0.50%
イオンカード 無料 0.50%
シネマイレージカードセゾン 無料 0.50%
ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメックス 無料 0.50%
クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン 無料 0.50%
JQ CARDセゾン 無料 0.50%
セゾンカードインターナショナル 無料 0.50%
ロフトカード 無料 0.30%
大丸松坂屋お得意様ゴールドカード 無料-3,000円 1.00%

リーダーズカード、REXカードは高還元なのがメリットです。ただし、それぞれ638,000円、20万円の利用がポイント交換に必要なのがデメリットです。

サブカードとして使う場合は、1ポイント1円で使えるリクルートカード、Yahoo! JAPANカードが利便性が高いです。還元率が最も高いのはリクルートカードです。

注意点は、リクルートカードはVISAかMastercardブランドでないと、モバイルPASMOチャージでポイントが貯まらない可能性が高い点です。また、月3万円というポイント付与の上限があります。

年会費無料カード希望の場合、貯まるポイントがPontaポイントに交換できるリクルートポイントでよければリクルートカード、TポイントがよければYahoo! JAPANカードがいいでしょう。

-クレジットカード
-

© 2014-2020 The Goal