The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

Apple PayでVisaはSuicaが使えない!JCB・MasterCard・アメックスは使える!ダイナースクラブは非対応

更新日: アップルペイ 三井住友カード セゾンカード JCBカード 電子マネー・ポイント

Apple Pay

ついに日本でも始まった「Apple Pay」。当初はクレジットカードの国際ブランドのうち、JCB、MasterCard、アメックスが便利に使えます。

Visaは残念ながら出遅れています。利用は可能ですが、WalletアプリでのSuicaの利用ができません。Suicaアプリ内でのチャージ、オートチャージは可能です。

ダイナースクラブはWalletアプリには登録できません。Suicaアプリ内でのチャージは可能です。

Apple Payをお買い物とSuicaにフル活用するならば、JCB、MasterCard、アメックスのどれかの国際ブランドのクレジットカードが必須です。Apple Payが使える国際ブランドについてまとめます。

ただし、モバイルSuicaへのチャージでポイントが貯まらないクレジットカードは、Apple PayのSuicaチャージでもポイントが貯まりません。

「Suicaが使えるけど、ポイント・マイル・キャッシュバック等は対象外で1円も得しない」という事態にも注意する必要があります。


アップルが発表したApple Payのスライドの中で、一際大きく取り上げられていたのがJCBカードです。

JCBオリジナルシリーズのJCB一般カードが目立つ形で掲載されています。Apple Payに登録できる代表的カードとして認知されています。

Apple Payのクレジットカード登録

JCBもいち早くプレスリリースを発表しており、Apple Payに深くコミットしていることが伺えます。

JCBカードをApple Payに登録すると、QUICPayとして割り当てられて、全国のQUICPay、QUICPay+(クイックペイプラス)加盟店でお買い物できます。

QUICPay(クイックペイ)は、nanacoならポイント二重取りが可能!
QUICPay(クイックペイ)という事前のチャージが不要な後払い型の電子マネーがあります。ドコモのiDと似たJCBのサービスです。クイック...

JCB会員専用サービス「MyJCBアプリ」はApple Payとシームレスに連携しており、アプリでApple Payの利用履歴などを確認できます。

JCBの場合、店舗でのお買い物だけではなく、Apple PayのWalletアプリ内のSuicaチャージにJCBカードを利用することも可能です。

チャージ・Suica定期券以外の機能に関しても、原則として、iPhoneでもモバイルSuicaと同等の機能が用意されます。ビューカードならオートチャージも可能になります。

アプリで操作・購入してチケットレスで特急に乗車できるモバイルSuica特急券が使えます。Suicaグリーン券も利用可能です。

モバイルSuica特急券(モバトク・スーパーモバトク)まとめ!
モバイルSuicaは、新幹線の切符や特急券も買えます。「モバイルSuica特急券」という名前で「モバトク」と呼ばれています。更にお得な...

東海道・山陽新幹線向けのチケットレスサービス「EX-IC」(エクスプレス予約)は利用できません。AndroidのモバイルSuicaとは異なり、Apple Payで東海道新幹線には乗れません。

Apple PayでSuica機能をフル活用するためには、ビューカードがマスト・アイテムです。おすすめは年会費無料で維持できるビックカメラSuicaカードです。

おすすめのビューカード(VIEW CARD)を徹底的に比較!個人的口コミまとめ
ビューカード(VIEW CARD)というクレジットカードがあります。JR東日本グループが発行するクレジットカードです。一般カード、提携カ...

Suicaは合計8枚までApple PayのWalletに登録できます。プライベート、仕事用と使い分けることもできて便利です。経費になる費用とプライベートの費用がスムーズに分けられます。

Apple PayでSuicaを使う場合は、デポジットの500円が不要なのも地味なメリットです。これはモバイルSuicaと同じです。

既存のSuicaカードをApple Payに移す場合は、カード発行時に支払った500円は、Apple PayのSuica残高としてプラスされます。

JCBの代表的なプロパーカードであるJCBオリジナルシリーズについては、以下で徹底解説しています。

JCB ORIGINAL SERIES(JCBオリジナルシリーズ)のメリット・デメリットまとめ!
JCBが発行しているプロパーカードには「JCB ORIGINAL SERIES」(JCBオリジナルシリーズ)というラインナップがあります。多種多様なカー...

Apple Payの利用分も、クレジットカードのポイントプログラムの対象となるとされています。

JCBグループ発行のクレジットカードなら、Apple Payに設定・利用できる予定であり、ANAカード(JCB)は当初からOKです。ソラチカカード等のANAカードだとマイルを貯められます。

JAL・JCBカードは当初はApple Payの利用ができませんでしたが、現在は使えるようになっています。

プレスリリースを素直に読むと、QUICPay利用分だけではなく、Apple PayでのSuica利用分もポイント付与の対象となるとも、ならないともどちらの解釈も可能でした。

JCBカードはモバイルSuicaへのチャージはポイント付与の対象外ですが、Apple PayでのSuica利用分はポイント付与の対象となる可能性があり、要注目でした。

結果はSuicaチャージはポイントの付与対象外となりました。Suicaチャージでポイントを得たい場合は、還元率1.5%のビューカードか還元率1%の楽天カードがお得です。

JCBカードを利用していると、アプリケーションやオンラインショッピングの支払いにもApple Payを利用できます。

支払い画面でApple Payでの支払いを選択すると、自動的にApple Payに登録しているJCBカードから引き落とされます。

以上のシステムは、iDに対応しているクレジットカード会社が発行しているMasterCardブランドのクレジットカードも同様です。

ドコモの電子マネー「iD」のメリット・デメリット・使い方まとめ
iD(アイディ)という電子マネーがあります。ドコモと三井住友カードが提携して運営している電子マネーです。後払い(ポストペイ)の...

MasterCardのApple Payへの登録で、iD加盟店でのお買い物、アプリ・ネット通販、Suica利用が可能となります。

アメリカン・エキスプレスブランドのセゾンカード(セゾン・アメックス)も、QUICPayでのお買い物、Apple PayでのSuica利用は可能です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス

セゾン・アメックスは電子マネーに弱かったので、Suica利用分がポイント付与の対象だと一気に便利になります。

日本でアメリカン・エキスプレスが発行しているプロパーのAmexも、2017年3月1日から、Apple PayのWalletアプリには登録できるようになりました。

米国や英国発行のAmexはアップルペイに登録できます。実際にiPhoneのiOS10.1にアップデートした際にアップルペイを登録する初期画面ではアメックスが表示されます。

日本国内で発行されたAmexも、日本国内のiPhoneのアップルペイで利用できるようになっています。

他方、Visaの場合は、Apple PayでiDに割り当てられるクレジットカード会社が発行しているVisaカードに関しては、Apple PayでiD対応店でのお買い物には使えます。

具体的には、三井住友カードイオンカードオリコカードセゾンカードdカードMUFGカードau WALLETクレジットカードなどのVisaブランドのカードです。

しかし、JCB・MasterCard・アメックスとは異なり、WalletアプリでのSuica利用、インターネット・アプリでの支払いには使えません。

ネット・アプリは不要という方が多いでしょうが、Walletアプリ内でのSuicaチャージに使えないのはVISAの大きなデメリットです。

Apple PayでVISAカードでSuicaチャージができない画面

ただし、JR東日本が出しているiPhone用の「Suica」アプリの会員登録時にVISAのカードを登録して、Suicaアプリ内のチャージ画面で「クレジットカード」を選択すると、VISAのチャージが可能です。

SuicaアプリのSuica一覧画面

ダイナースクラブカードも、Suicaアプリ内でのチャージは可能です。

おいおいはApple PayにVisaも対応していく可能性はあるでしょうが、当面はApple PayでSuica機能を使う場合は、Suicaアプリに登録してチャージする必要があります。

Apple PayのWalletアプリでSuicaチャージしたい場合は、JCB・MasterCardの対応カード、セゾン・アメックスビューカードが必要となります。

Apple PayのSuicaでオートチャージも行いたい場合は、ビューカードの一択となります。1.5%還元と還元率もパワフルです。

Suicaアプリ内であればVISA・MasterCard・JCB・アメックス・ダイナースの全国際ブランドが使えます。

しかし、ポイント・マイル・CB等が対象外のカードも目立ちます。プロパーのJCB、アメックスとダイナースは対象外です。Suicaチャージだけではなく、定期券やモバイルSuica特急券・Suicaグリーン券の購入も同様です。

Apple PayのSuicaで得することができるクレジットカードについては、以下で徹底解説しています。

Apple PayのSuicaチャージでポイントは貯まるの?Yesのクレジットカードはこれだ!
iPhone、Apple Watchによるモバイル決済サービス「Apple Pay」では、Suicaも利用できます。iD、QUICPayでのお買い物の他、Suicaチャー...

三井住友カードは、リボ専用のエブリプラス、若年層向けのデビュープラスカード以外は、Visaだけではなく、MasterCardも発行できます。

三井住友VISAプラチナカードと三井住友MasterCardプラチナカード

ゴールドカード以下の三井住友カードは、VisaとMasterCardの2枚を発行しても、マイ・ペイすリボ利用等の条件を満たせば、年会費はかかりません。Visaのみの場合と同一です。

マイ・ペイすリボの金額を変更する手順まとめ!三井住友VISAカード・ANA VISAユーザー必見
三井住友VISAカードは、リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」を利用すると、年会費が一般カードは無料、ゴールドカードは半額と非常...

三井住友VISAカードをお持ちの方ですと、追加で三井住友MasterCardカードを発行することも検討し得ます。

三井住友VISAカードのメリット・デメリット・比較・お得な特典まとめ
三井住友VISAカードというクレジットカードがあります。SMBCグループの三井住友カードが発行しています。交換先が充実しているポイン...

三井住友カード(MasterCard)を使えば、Apple PayのSuica利用分もポイントの対象になると嬉しいですね。三井住友カードには以前にインタビューしました。ネットにはない情報も聞きました!

三井住友カードに取材インタビュー!ネットにはないディープな情報を聞き倒しました!
日本の大人気クレジットカード会社の一つが三井住友カードです。安心・安全の信頼性と充実した特典を背景に加入者数が多く、若年層向...

Apple Payの具体的な使い方、仕組み、メリデメについては、以下で徹底解説しています。

Apple Pay(アップルペイ)のメリット・デメリット・使い方・仕組み・日本対応まとめ
いよいよApple Pay(アップルペイ)が日本対応して、わが国においても使いやすくて便利な仕組みとなりました。モバイルSuicaに類似した...

Apple Payが使えるクレジットカードについては、以下で徹底的に比較しています。

Apple Pay(アップルペイ)で使えるクレジットカードを徹底的に比較!
iPhone X / 8 / 8 Plus、Apple Watch Series 3は前モデルに続いて、おサイフケータイに類似するサービス「Apple Pay」(アップルペイ)...

アップルペイのWalletアプリにはデビットカードを登録できませんが、Suicaアプリにデビットカードを登録して、対応のiPhone・Apple WatchのSuicaにチャージすることは可能です。

Apple Pay(アップルペイ)でデビットカードを使う方法!Suicaがお得!
Apple Pay(アップルペイ)を使うためには、クレジットカードを登録するのが基本です。ただし、au WALLET プリペイドカードが登録可能に...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-アップルペイ, 三井住友カード, セゾンカード, JCBカード, 電子マネー・ポイント

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.