The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

マイルがお得に貯まるクレジットカードを徹底的に比較!おすすめのクレカを厳選

更新日: クレジットカード

飛行機

航空マイルは価値にレバレッジがかかるのが魅力的です。特典航空券へ交換すると、1マイルの価値が数円に昇華します。

国内線特典航空券で利用すると1マイルの価値が1.5円~2円程度、国際線のビジネスクラスだと1マイル2.5~6円程度、 ファーストクラスなら7~16円程度に跳ね上がります。

そんなマイルを貯めている方も大勢いらっしゃるでしょう。獲得方法の一つがクレジットカードです。

マイルがお得にザクザクと貯まるクレジットカードについて、徹底的に比較して、おすすめます。2017年最新の状況です。


スカイトラベラー・プレミアカード

スカイ・トラベラー・プレミア・カード

航空券購入でマイルが驚くほど貯まる日本一のカードは、JALプラチナでもANAプラチナでもなく、スカイトラベラー・プレミアカードです。

年会費は37,800円(税込)です。家族カードの年会費は18,900(税込)です。アメックスが発行しているカードです。

航空券等の購入では100円当たり5マイルという驚異的な高還元なのが魅力のプレミアムカードです。

5%マイル付与は圧倒的な日本一であり、JALやANAのプラチナカード・プレミアムカードを寄せ付けない驚異的なNo.1です!

チャンピオンのトロフィーを掲げるアスリート

なんと年会費167,000円(税込)のANAダイナース プレミアムカードを凌駕する高還元です。

かつては5倍となるのは、事前登録した希望の航空会社1社のみでしたが、現在は1社に限らず以下の26の対象航空会社が全てボーナスポイントの対象となっています。

航空連盟 航空会社名
スターアライアンス ANA、アシアナ航空、エバー航空、オーストリア航空、シンガポール航空、スイスインターナショナルエアラインズ、スカンジナビア航空、タイ国際航空、ルフトハンザドイツ航空
ワンワールド JAL、カンタス航空、キャセイパシフィック航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ
スカイチーム デルタ航空、アリタリア-イタリア航空、エールフランス航空、エアタヒチ ヌイ、ガルーダ・インドネシア航空、KLMオランダ航空、大韓航空、チャイナエアライン
なし ヴァージン・アトランティック航空、エティハド航空、エミレーツ航空、スターフライヤー、フィリピン航空、エア タヒチ ヌイ、バニラエア

ブリティッシュ・エアウェイズのマイルに交換して、JALの航空券に交換する方法もあります。最小交換単位は4,500マイルです。

ブリティッシュ・エアウェイズのWebサイトから、ブリティッシュ・エアウェイズのマイルを使って、JALの特典航空券を予約できます。

JALの飛行機

ブリティッシュ・エアウェイズ「Executive Club」のマイルのメリットは以下のとおりです。

  • 区間マイル数が650マイルまでの区間は、片道4,500マイル(往復9,000マイル)と少ないマイル数で発券可
  • 片道は半分のマイル数で発券可能
  • 当日まで申し込み可能
  • 家族分のマイルを合算して利用可能
  • マイル有効期限がほぼ無期限(36ヵ月以内にマイルの付与・利用)
  • 発券から24時間以内はキャンセル料無料

他方、デメリットは以下のとおりです。

  • 発券までの手続きにおける画面は英語の箇所が多い
  • 予約の変更・キャンセルには3,330円が必要
  • 便名がJALでも、JTA・RAC・JAC・J-AIRが運航する便は発券不可
  • 650マイルを超える国内線区間はJALマイルの方がお得
  • 普通席のみ(クラスJやファーストクラスはなし)
  • ネット上で座席指定不可(JALデスクへの電話か、当日の空港チェックイン時)

東京発着路線では、650マイルを超えるのは、奄美大島・沖縄(那覇・宮古・石垣)だけです。ほとんどのJAL国内線を片道4,500マイルで利用できます。

大阪発着路線の場合は、北海道(札幌・旭川・釧路・帯広・女満別)、沖縄(那覇・宮古・石垣)、名古屋は、北海道(釧路・帯広)、沖縄(那覇・石垣)が650マイルを超えます。

航空券への交換に必要なマイル数について、JALとブリティッシュエアウェイズ(BA)を比較すると下表のとおりです(2016年1月現在)。

路線 JAL ブリティッシュ
エアウェイズ
片道 往復 片道 往復
東京-大阪 7,000
(5,000)
12,000
(1万)
4,500 9,000
東京-札幌 8,500
(6,000)
15,000
(12,000)
東京-福岡
東京-那覇 7,500 15,000
大阪-札幌
大阪-那覇
成田-北京 10,000 20,000
(17,000)
10,000 20,000
成田-ホノルル 20,000 40,000
(35,000)
20,000 40,000
成田-ニューヨーク 25,000 50,000
(3.5-4万)
35,000 70,000
成田-パリ 27,500 55,000
(3.8-4.5万)
30,000 60,000

JALは通常期でカッコ内のマイル数はウェブ予約限定のディスカウントマイルです。JALは自社便、BAは提携航空会社便を利用した際のマイル数です。

特典航空券利用時の、燃油サーチャージ、空港施設使用料、旅客保安サービス料なども5倍の対象です。詳細は以下で徹底解説しています。

スカイ・トラベラー・プレミア・カードのメリット・デメリット・お得な使い方まとめ
スカイ・トラベラー・プレミア・カードというクレジットカードがあります。アメックスが発行している航空券購入時で5%という驚異的な...

一般カードのスカイトラベラーカードはマイル付与率が3%となります。一般カードとプレミアカードの比較は以下をご参照ください。

アメリカンエキスプレスのスカイトラベラーカードを徹底解説!
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードというクレジットカードがあります。上級のスカイトラベラー・プレミア・カー...

特に複数の航空会社に乗る機会がある方には絶大なメリットがあり、信じられない程にザクザクとマイルが貯まります。

ポイントが無期限でマイルも無期限になるので、あっという間に航空券に交換できるマイルが貯まりますし、使い続けていけばファーストクラスに必要なマイルまで貯められます。

ファーストクラスはシャンパン等の高級なドリンク飲み放題、美味しいお食事、キャビア食べ放題、快適な広さなどが魅力的ですね。

シャンパン

出張族や旅行好きの方で、特定の航空会社だけではなく、複数の航空会社によく乗車する方におすすめです。

日常的にフライトが多い方はもちろん、JGC修行、SFC修行などで一時的に航空券購入が多くなる場合に活用するとバリューが高いです。

100円あたり5マイルは日本一です。一番は正義ですね。スカイトラベラー・プレミア・カードは入会キャンペーンも合計で15,000マイルと充実しているのもメリットです。

スカイトラベラー・プレミア・カード 公式キャンペーン

ANA VISAカード / ANA Mastercard

 ANAラウンジ

ANAマイルを貯めている方におすすめのクレジットカードは、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)です。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)のメリット・デメリット・マイルをザクザク貯める使い方まとめ
ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)というクレジットカードがあります。ANAカードには幾多のカードがありますけれども、一般の...

ソラチカカード&ANA VISA/Mastercardを2枚持ちすると、低い年会費で高いマイル付与率となり、陸で効率的にANAマイルを獲得できます。

年会費86,400円~167,400円のANA プラチナ・プレミアムカードを除くと、ANAカードの中ではお手軽に高還元にできます。

ANA VISA/Mastercardは、少額のリボ払いを発生させてソラチカカードと2枚持ちするという手間をかければ、最大で1.585%還元になります。より一層お得になります。

マイ・ペイすリボでボーナスポイントを獲得して、ソラチカルートでワールドプレゼント→PeXポイント→メトロポイント→ANAマイルと交換すればOKです。

ANAカードは、ANA VISAカードANA Mastercardが、ソラチカカードとの併用でマイル付与率を格段に上げることができて魅力的です。

1マイルの価値は諸説ありますけれども、1マイル2円というのが通説です。そう考えると実質還元率はこの2倍となります。

年会費が上がってゴールドカードでもOKの場合は、ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードに魅力があります。

ソラチカカードとANA VISAワイドゴールドカード

ソラチカカードとの併用でマイル付与率を最大1.72%まで上昇させることができます。年会費は合計11,500円(税抜)で継続ボーナスが3,000マイルもらえます。

SFC用のクレジットカードとしても、コストパフォーマンス、VISA/Mastercardの決済力を考慮すると最有力候補だと考えます。

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードのメリット・デメリットまとめ!マイル付与率が最大1.72%
ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードというクレジットカードがあります。ANA(全日空)と三井住友カードが提携して発行しているANA...

年会費は跳ね上がりますけれども、ANA VISAプラチナ プレミアムカードだと、ソラチカカードとの併用でマイル付与率が最大1.95%も貯まります。

ANA VISAプラチナ プレミアムカードはマイル付与率が最大約1.95%!
ANA VISAプラチナ プレミアムカードというクレジットカードがあります。ANA(全日空)と三井住友カードが提携して発行しているANAカード...

JQ CARD エポスゴールド

JQ CARD エポスゴールド

JQ CARD エポスにはインビテーション制のゴールドカード「JQ CARD エポスゴールド」があります。

エポスゴールドカードとJQカードの魅力を融合させたクレジットカードです。年会費無料で利用できます。

エポスゴールドカードと同様に年100万円ちょうど利用した際には、ボーナスポイントと合わせて1.5%還元となります。

更にリボ払いで支払って毎月28日から翌月5日までの間に、エポスカードATMやコンビニATMで繰り上げ返済すれば、リボ手数料なしで0.5%のポイントが上乗せされて2%還元となります。

エポスカードのATMコーナー

JRキューポはGポイントに交換できるので、ソラチカルートに乗せると1対0.9のレートでANAマイルに移行できます。

つまり年100万円ぴったり利用した際のマイル付与率が1.8%となります。100万円超の利用分は0.9%です。

また、JR東日本をポイント3倍のショップに登録してリボ払いにした場合、モバイルSuicaApple PayのSuicaが、1.8%ANAマイル還元となります。

JR西日本を登録した場合は、SMART ICOCAへのチャージが、1.8%ANAマイル還元で卓越した高還元に昇華します。

更にANAマイレージクラブ モバイルプラスに加入した場合、月324円(税込)のコストで、おサイフケータイ、Edy機能付きのANAカードでのEdy払いが1.5%マイル還元となります。

年間維持コストは3,888円(税込)です。モバイルプラスはドコモ、au、ソフトバンクの回線契約が必要で、MVNOだとNGなのがデメリットです。

ANAカード

つまり、年100万円ぴったりとJQカード エポスゴールドをEdyチャージに利用して、かつモバイルプラスに加入してEdy払いに使ったら3.3%ANAマイル還元となります。

年間ボーナスを含めない場合は、Edyチャージ時の0.9%+モバイルプラスの1.5%で合計2.4%となります。

リボ払いの運用が面倒で1回払いを活用する場合は、年100万円ちょうどの利用で2.85%のマイル付与率となります。年間ボーナスを考慮しないと1.95%還元です。

その他、JQ CARD エポスゴールドの詳細については、以下で精緻に分析しています。

JQ CARD エポスゴールドは驚異的なANAマイル還元!メリット・デメリット・エポスゴールドカードとの比較まとめ
エポスカードが発行しているJQ CARDにはゴールドカードもあります。「JQ CARD エポスゴールド」という名前です。JQカードの特典とエポ...

デメリットは改悪リスクがテンコ盛りである点です。Edy一体型AMCの発行を終了しており、ANAのEdyに対するコミットの温度感は低下しています。

ANAモバイルプラスのEdy1.5%マイル還元は改悪リスクが高いと考えます。

また、ソラチカルート、JRキューポの交換システム、エポスカードのリボ払いのポイントUP、エポスゴールドの年間ボーナス、リボ払い繰り上げ返済のATM手数料などにも改悪リスクがあります。

JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARDエポスを作成して年50万円以上利用したら、インビテーションが届く可能性があります。

JQ CARDエポスの入会キャンペーンはたったの2,000円相当ですが、通常のエポスカードは5,000円以上のことが多いです。

エポスカードのメリット・デメリット・ルミネカードとの比較まとめ
エポスカード(EPOS CARD)という丸井のクレジットカードがあります。サブカードとして利用すると最高にお得なカードです。マルイでの...

したがって、まずはエポスカードを作成して、そこからJQ CARDエポスに切り替えることをおすすめします。

エポスポイントとJRキューポは相互交換が可能なので、エポスカードのポイントはJQ CARDエポスに引き継がせることが可能です。

エポスカードの公式キャンペーン

マイレージプラスカード

ユナイテッド航空の飛行機

ユナイテッド航空のMileagePlus(マイレージ・プラス)のマイルを貯められるクレジットカードがあります。

Mileageplusカード(マイレージプラスカード)という名前です。安価な年会費で日本国内でのショッピング・マイル付与率が1.5%になるのが魅力的です。

米国のユナイテッド航空が、JCBクレディセゾンダイナース三菱UFJニコスと提携して発行しているクレジットカードです。

ユナイテッド航空はANAと提携関係にあり、かつ同じ航空連合のスター・アライアンスに属していることから、日本人にとっても使いやすいマイルです。

日本国内ではANA国内線の搭乗に使うことが可能です。800マイル以下の路線は片道5,000マイルだけでOKであり、800マイル以上でも片道8,000マイルで発券できます。

12時間以内の乗り継ぎが発生する場合でも同じマイルで搭乗できるのがメリットです。5,000マイルで2区間・3区間をフライトすることも可能です。各地で12時間の滞在を楽しめます。一例は以下のとおりです。

  • 羽田→那覇→福岡→関空
  • 羽田→伊丹→新千歳→静岡
  • 羽田→松山→名古屋→新潟

沖縄の海博多もつ鍋大阪はなだこのたこ焼き

マイレージプラスカードは一般カード、ゴールドカード、プラチナカードを発行しています。詳細は以下で精緻に分析しています。

マイレージプラスカードを徹底的に比較!ユナイテッド航空のMileageplusがお得に!
ユナイテッド航空のMileagePlus(マイレージ・プラス)のマイルを貯められるクレジットカードがあります。Mileageplusカード(マイレ...

マイレージプラスカードの中でおすすめのクレジットカードは、「MileagePlusセゾンカード」です。

MileagePlusセゾンカード

加年会費5,000円(税抜)のマイルアップメンバーズを利用すると、合計年会費が6,500円(税抜)で、一般加盟店でのマイル付与率が1.5%と高還元となります。

年間30,000マイル(約200万円の利用)を超えると0.5%になってしまいますが、多くの方は問題ないでしょう。

コスモ石油では還元率が2%に上がります。アメックスブランドの場合はアメリカン・エキスプレス・セレクトを利用できます。

また、全国の西友・リヴィンで5%OFF(毎月5日・20日)、会員限定チケットなどセゾンカードの共通特典を利用できます。

マイレージプラスカード セゾン 公式サイト

リーダーズカード

リーダーズカード(Reader's Card)

以前は年会費を抑えたANAマイル獲得術として、ソラチカカードとエクストリームカードとの併用が提唱されていました。

この二刀流で1.35%と大きくマイルが貯まりましたが、エクストリームカードが終了してリーダーズカードになり、還元率が低下してしまいました。

リーダーズカードの年会費は2,700円(税込)ですが、年30万円以上の利用で無料となります。月25,000円使えば年会費がかからなくなります。

ポイントは1,000円ごとに11ポイント付与されます。3,500ポイントを4,000円分のJデポか、4,000 Gポイントか、2,400 ANAマイルに交換できます。

還元率はJデポの場合は約1.257%です。公式サイトでは還元率1.25%と記載されていますが、正確には以下のとおりです。

(11÷1,000)×(4,000÷3,500)=1.257142857142857%

還元率(ANAマイル)は、マイルに直接交換する場合は約0.75%で、Gポイント→メトロポイント→ANAマイルのソラチカルートだと約1.13%です。

nanaco

nanacoチャージでは1,000円ごとに3ポイントが付与されるようになります。

還元率はJデポへの交換だと約0.34%です。ANAマイルへの交換は約0.21%(ソラチカルートだと約0.31%)です。

国内外の旅行傷害保険も付帯しており、ネット通販がお得な「ジャックスモール」、優待特典サービス「J’sコンシェル」も利用できます。

新しいリーダーズカードの詳細については、以下で精緻に分析しています。

リーダーズカード(Reader’s Card)が再開!ポイント・マイルからメリット・デメリットまで徹底解説
Reader’s Card(リーダーズカード)というクレジットカードがあります。年会費が年30万円以上の利用で無料となり、ポイントが約1.257%...

ANA VISAカード/Mastercardはマイ・ペイすリボでの運用が重要なポイントとなります。これに抵抗がある場合は、リーダーズカードの活用も候補となります。

デルタ スカイマイル アメックス・ゴールド

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

デルタ航空とアメックスが提携して発行している準プラチナカードです。年会費は28,080円(税込)です。家族カードの年会費は12,960円(税込)です。

ード利用100円ごとに1 デルタスカイマイルが貯まります。マイル付与率1%です。

航空券購入などのデルタ航空での利用では、通常の3倍の3%のマイルが貯まります。

毎年カードを継続する度に3,000ボーナスマイルがもらえます。また、1年間のカードご利用金額の合計が100万円を超えた場合、100万円ごとに5,000ボーナスマイルがプレゼントされます。

5,000マイルは100万円に対して0.5%なので、最大0.5%のボーナスマイルが得られます。

ゴールドメダリオン

最強のメリットは、デルタ航空のスカイマイルの上級会員資格ゴールドメダリオン」が付与されることです。

通常は年間5万マイルのフライトをして、ようやく得られる資格です。商社マンや外資系企業に勤めている方などで仕事でのフライトが多くない方ですと、獲得にはマイル修行が必要な水準です。

優先チェックイン、優先搭乗、優先荷物受取り、預け手荷物の重量・個数の優遇、フライトでのメダリオンボーナスマイルなどの特典を享受できます。

「デルタスカイクラブ」のラウンジを含む世界490以上のスカイチームのラウンジを、同伴者1名まで無料で利用できる点が絶大なメリットです。搭乗クラスに関わらず利用できます。

ゴールドメダリオンは、エコノミークラス搭乗時でも航空連盟スカイチームのVIPラウンジを使えるため利便性・パワーは絶大です。

デルタ航空のビジネスクラス・ラウンジ

わが国で発行されているマイル関連カードのなかで、メジャーな航空会社の上級会員資格が自動的にもらえるのはデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードだけです。

アメックス・プラチナもキャセイパシフィックのマルコポーロゴールドの自動付帯が廃止されました。サクララウンジが使えたので日本人的には良い特典だったのですが・・・。

JAL・ANAのプレミアムカード・プラチナカードも、上級会員資格はもらえません。

デルタ航空

日本で発行できるデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、アメリカにおける「Gold Delta SkyMiles Credit Card」と同一券面です。

しかし、Gold Delta SkyMiles Credit Cardはゴールドメダリオンの会員はもらえません。

日本のデルタ スカイマイル アメックス・ゴールドはかなり優遇されています。これは日本の国内線ではデルタ航空が渡航していないため、デルタ航空を使ってもらえるようにするための優遇だと言われています。

海外旅行をする機会がある方は、デルタ航空を使う機会はある場合が多いので、絶大なメリットがあるカードです。日本が優遇されているというのは気分がいいですね。

空港ラウンジ、オーバーシーズ・アシスト京都ラウンジ、手荷物無料宅配サービス(帰国時)、充実の付帯保険、無料ポーターなどの特典も付帯しています。

セントレジス大阪の「ラ ベデュータ」

しかも、ゴールドメダリオンは、「ステータスマッチ」という仕組みを活用すると、他のエアライン・ホテルの上級ステータスが得られる場合があります。

ステータスマッチとは、とある航空会社・ホテルグループの上級会員資格があると、他の航空会社やホテルグループの上級会員資格も得られるシステムです。

一例としては、ユナイテッド航空、マリオット、リッツカールトン、SPGの上級会員資格をステータスマッチで得られます。

SPGマリオットのゴールド会員資格で、ヒルトン・オナーズのゴールド会員へのステータスマッチも可能です。

ただし、ヒルトンの場合は過去12ヶ月以内の滞在実績もアップロードする必要があります。私は1泊分の実績UPでも成功しました。

ヒルトン・オナーズへのステータスマッチ

ステータスマッチに成功すると、メールで有効期限が送られてきます。一定期間内に所定の宿泊実績を積むと、上級会員の有効期限を延長できます。

ヒルトン・オナーズのゴールド会員へのステータスマッチ成功画面

有効期限を延長できた場合はメールで案内が届きます。以下は2017年8月末までだった資格が2019年3月31日まで延長された通知です。

ヒルトン・ゴールドのステータス延長

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、上級会員資格の自動付与という一芸に秀でるクレカです。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのメリット・デメリットまとめ
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードというクレジットカードがあります。デルタ航空とアメックスが提携...

大量のマイルが得られる入会キャンペーンも魅力的です。マイル獲得はもちろん、付帯特典も卓越しているハイ・クオリティー・カードです。

デルタ スカイマイル アメックス・ゴールド 公式キャンペーン

JALカード プラチナ

JALアメックス・プラチナ

JALはアメックス・三菱UFJニコスと提携したプラチナカードを発行しています。年会費33,480円(税込)です。インビテーションを待つことなく、自分から申し込めます。

ショッピングマイル・プレミアム(普通のJALカードは年3,150円)が無料入会となり、買い物時のマイルは100円1マイルです(マイル付与率1%)。

ボーナスマイルは入会時5,000マイル、毎年初回搭乗2,000マイル、搭乗ごとに区間マイルの25%アップです。

JALアメックス・プラチナ

強力なのはアドオンマイルであり、JALグループの航空券やJAL eトラベルプラザツアーは100円で4マイルと驚異的に貯まります。1マイル2円で計算すると8%の還元率となります。

100円で4マイルは、スカイトラベラープレミアカードに次いで、わが国で2位の高水準です。

JALファンで「JALしか乗らない」という場合は、JALアメックス・プラチナも有力候補です。国内のJALマイル特約店で2%のマイル付与率になるというメリットが有ります。

ちなみにANAアメックス・ゴールドは100円3マイルです。ANAアメックス・ゴールドとJALアメックスプラチナは同じ年会費ですので、JALの方にお得感があります。

プラチナ・カードらしく、充実した優待特典が付帯しています。

  • プライオリティ・パス
  • 手荷物空港宅配(出国時・帰国時の往復)
  • プラチナ・グルメセレクション(高級レストラン2名以上利用で1名分無料)
  • コンシェルジュサービス
  • スーペリア・エキスペリエンス(優待プログラム)

羽田空港

保険も充実しており、最高1億円(自動付帯分は5000万円)の海外旅行保険(家族特約付)、最高5000万円の自動付帯国内旅行保険(家族特約付)、最高300万円のショッピング保険、JALカードゴルファー保険が付いています。

海外航空便遅延お見舞金制度もあります。海外旅行期間中の国際線航空便(日本発着のみ対象、乗り継ぎ便は対象外)の出発遅延、欠航、海外でのパスポート紛失に対し、見舞金が出ます。

全体的には、JALの上級サービス(CLUB-A)と三菱UFJニコスのプラチナカードが融合したようなハイスペック・カードとなっています。

JALアメリカン・エキスプレス・カード プラチナ(JALアメックス プラチナ)のメリット・デメリットまとめ!
JALアメリカン・エキスプレス・カード プラチナというクレジットカードがあります。「JALアメックス プラチナ」と呼ばれています。JAL...

JALアメックスプラチナはコスパが高いプラチナカードです。JALファンにはかなりおすすめのプラチナカードとなります。

JAL アメリカン・エキスプレス・カード公式サイト

JAL・JCBカード プラチナ

JAL・JCBカード プラチナ

JAL・JCBカード プラチナの場合、JCBロゴが箔押し印刷でオシャレです。箔押し印刷は高級カードの特徴であり、ゴージャスな様相を呈しています。

JCBロゴの箔押し印刷はカッコ良くてオシャレです。角度によってキラキラ具合が変化してラグジュアリーです。ダイナースのブラックカード級のプレミアム感があります。

JAL・JCBカード プラチナとダイナースクラブ プレミアムカード

JALアメックス プラチナにない特典としては、レストラン30%OFFのダイニング30、WAONチャージでポイント付与、USJのラウンジ、京都ラウンジなどがあります(JCBプラチナの特典一覧)。

また、海外旅行傷害保険、ショッピング保険、航空機遅延費用保険はJCBの方が上回っています。年会費は同一です。

他方、家族会員のプライオリティパス、コート(防寒具)預かりサービス、手ぶらチェックイン、国内旅行傷害保険の家族特約・通院保険金は、JALアメックス プラチナが上回っています。

JAL・JCBカード プラチナのメリット・デメリット・お得な使い方まとめ
JAL・JCBカード プラチナというクレジットカードがあります。JAL(日本航空)とJCBが提携して発行しているプラチナカードです。JAL CLUB...

JALアメックス・プラチナとJAL・JCBプラチナの比較については、以下で徹底解説しています。

JALカード プラチナを徹底的に比較!JCBとアメックスの違いを解剖
JALカードにはプラチナカードがあります。年会費が高いものの、コンシェルジュ・プライオリティパス・プレミアムな優待などの卓越した...

JAL アメリカン・エキスプレス CLUB-Aゴールドカード

JALカードのゴールドカードの中ではJAL アメリカン・エキスプレス・カードのCLUB-Aゴールドカードが最も魅力的です。

JAL アメリカン・エキスプレス CLUB-Aゴールドカード

年会費は20,520円(税込)です。家族カードの年会費は8,640(税込)です。税込だとギリギリ2万円に届いてしまいますが、JALカードのゴールドカードの中では最も高還元です。

ショッピングマイル・プレミアムに自動入会(年会費無料)となり、マイル付与率は1%です。

JALアメックス・ゴールド限定で、アドオンマイルという制度があり、JALグループの航空券や機内販売などは100円あたり3マイル貯まります。

マイル付与率3%はスカイトラベラーカードと同じです。JCB・VISA・MastercardのCLUB-Aゴールドカードは2%ですので、アメックスブランドのゴールドカードがお得です。

手荷物空港宅配サービス(帰国時)、空港ラウンジサービス(同伴者1名無料)、JALカードのオリジナル特典も利用できます。

  • 搭乗ごとのボーナス・マイル(フライトマイルの25%プラス)
  • JALビジネスクラス・チェックインカウンターが利用可能(国際線)
  • 会員誌「アゴラ」やJALオリジナルカレンダーの送付
  • JAL/JTAの機内販売が10%割引
  • 国内空港店舗(BLUE SKY)や成田国際空港免税店での割引
  • JALホテルズの割引・特典
  • JALパック(国内・海外パッケージツアー)の割引
  • JALカード会員限定運賃「JALビジネスきっぷ」

JALファンで主にJALを利用しており、他の航空会社はあまり使わないという場合は、JAL アメリカン・エキスプレス CLUB-Aゴールドカードも選択肢の一つです。

JAL アメリカン・エキスプレス・カード CLUB-Aゴールドカードのメリット・デメリットまとめ
JAL アメリカン・エキスプレス・カード CLUB-Aゴールドカードというクレジットカードがあります。JAL(日本航空)・三菱UFJニコス・アメッ...

JAL CLUB-Aゴールドカードの比較については以下にまとめています。

JAL CLUB-Aゴールドカードのメリット・デメリット・比較まとめ
JALカードにはゴールドカードがあります。「JAL CLUB-Aゴールドカード」という名前です。普通カード、CLUB-Aカードと比較すると年会費...

年会費はスカイトラベラーカードよりかなり上がってしまいますが、JAL関連サービス利用時のオリジナルの特典が充実しています。

JAL アメリカン・エキスプレス・カード公式サイト

ANAダイナース プレミアムカード

ANAダイナース プレミアムカード

単一のクレジットカードとしては、ダイナースのブラックカードが日本最高のマイル付与率、還元率を誇ります。

年会費140,400円(税込)のダイナースクラブ プレミアムカード、167,000円(税込)のANAダイナース プレミアムカードがあります。

ANAカードの方はANAプラチナ・プレミアムカードの特典(国内線ANAラウンジ・継続ボーナス等)が付帯しています。

ダイナースクラブ プレミアムカード

ダイナースプレミアムANAダイナースプレミアムだと、年会費は高いものの、カード利用だけで2%のANAマイルを得られます。手間が一切かからない点にエッジ・優位性があります。

少額のリボ払い手数料が発生するように工夫すれば、なんとマイル付与率が3%となります。卓越したバリューがあります。

ダイナースクラブ プレミアムカードのポイント制度は秀逸!還元率が日本一!オリジナルの交換商品も
ダイナースクラブカードのブラックカードは「ダイナースクラブ プレミアムカード」という名前です。「ダイナースプレミアム」と略され...

一例としてダイナースクラブ プレミアムカードで214,744円のお買い物をした月があります。リボ手数料が1,653円発生して、引落し金額は216,397円でした。

 ダイナース プレミアムの利用代金明細書 (1)

見事に214,700円の3%である6,441ポイントが貯まりました!

ダイナース プレミアムのポイント獲得履歴

ダイナースのポイントは月間の合計利用金額に対して100円ごとにポイントが付与されるので良心的です。

リボ手数料は大した負担ではありません。ただし、ビジネス・アカウントカードではリボ払いは使えません。

例えば5月20日締めの月に10万円を利用して、翌月6月10日に10万円を引き落とした場合、かかるリボ手数料は約822円です(10万円×15%×20日)。約0.82%です。

これで1%ポイント(マイル)がアップするので、ポイントをマイルで利用するならば、むしろリボ払いを活用した方がお得になります。

スマホを見て驚く笑顔の女性

更に徹底的にリボ払いの手数料を減らすならば、20日の締め日の翌日に銀行振込で繰上げ返済すればOKです。

この場合、支払元金は最低の2万円に設定しておき、残りの金額を翌日に繰上げ返済しましょう。

こうすれば発生するリボ払い手数料は2万円の15%×約20日で済みます。約165円程度です。

笑顔のオペレーター2名

振込先の銀行口座はコンシェルジュに聞くと教えてくれます。一度振り込んだら、次回以降は同じ口座を利用できます。

ANAダイナース プレミアムカードの方は、ANAグループ航空券購入時は、マイル付与率が基本4%、リボ払い発生で5%となります。

ダイナースのブラックカードを保有して使っていくと、恐ろしい程にザクザクとマイルが貯まっていきます。一般カードを年200万円以上利用すると突撃(電話)での獲得が可能です。

ダイナースプレミアムを目指すならダイナースクラブカード、ANAダイナース プレミアムを目指すならANAダイナースカードを保有しましょう。どちらもお得なキャンペーンが魅力的です。

20代ならJAL CLUB EST

JAL CLUB EST

20代限定で、JALカードには「JAL CLUB EST」というサービスを追加で付帯できます。具体的なサービス内容は以下のとおりです。

  • 国内線サクララウンジクーポン5枚/年
  • マイルの有効期限延長60か月
  • 搭乗ボーナスマイルの優遇
  • JALカードショッピングマイル・プレミアム自動付帯
  • ビジネスクラス・チェックインカウンター
  • 100マイルを100e JALポイントに交換可能
  • e JALポイント5,000円相当分/年
  • FLY ONポイント2,000ポイント/年(毎年初回搭乗時)

2016年6月1日より、JAL CLUB EST JALカードのサービス内容が改定されました。

以前にはあったクラスJ-eクーポン10枚/年が廃止された代わりに、国内線サクララウンジクーポンが年3枚から5枚に2枚増えました。

また、e JALポイント5,000円相当分/年、FLY ONポイント2,000ポイント/年(毎年初回搭乗時)が加わりました。年10回飛行機に乗らないという方も多いと思うので、改定は改悪ではなく改善だと考えます。

サクララウンジ居心地最高レベルの快適で素敵な空間のラウンジです。

また、ソフトドリンクだけではなくビール等のアルコール飲み放題、おつまみ、シャワー、マッサージチェア、スマホ充電器、アロマ、雑誌・新聞などが揃った至高の空間です。

サクララウンジ

サクララウンジを利用できるのは大きなメリットです。飛行機での旅行・出張・帰省が非常に快適になりますね。

サクララウンジの看板

快適で落ち着ける空間で、アロマの香りでリラックスできます。高級マッサージチェアもあり、心身ともに疲れを癒せます。

サクララウンジサクララウンジ(羽田空港)サクララウンジのマッサージチェアー

個室風でプライベート感がある席もあります。靴を脱いで足を伸ばすことも可能でリラックスできます。

サクララウンジ(羽田空港)

国内線のラウンジでもビールやウイスキー等のアルコール、おつまみ(柿の種&ピーナッツ・スナック)、コーヒー・ジュース・お茶・トマトジュース・ミネラルウォーターなどソフトドリンクもあります。

サクララウンジのビールサーバーサクララウンジ(羽田空港)のウイスキーとお茶類 サクララウンジ(羽田空港)の水・牛乳・トマトジュース サクララウンジ(羽田空港)のコーヒーマシンサクララウンジnおつまみJALのサクララウンジのビールとスナック

シャワーもあります。キレイな上質のブースでサッパリと体を洗い流すことができます。歯ブラシ・ヒゲソリ等のアメニティももらえます。綿棒もあります。

前の日は帰宅が遅くなるなどで疲れきってバタンキューとなり、シャワーに入っていない場合や、歯磨きがしたい場合などは便利です。

サクララウンジのシャワー(羽田)サクララウンジ(羽田空港)の洗面台・脱衣スペースサクララウンジの歯ブラシ

サクララウンジを出たらすぐに搭乗口なのが絶大なメリットですね。ラウンジに流れるアナウンスを聞いてから出発しても、優先搭乗に十分に間に合います。

搭乗の直前まで居心地が秀逸なラウンジで快適に過ごせます。

サクララウンジ(羽田空港)の出口

マイルの有効期限は、通常のJALカード会員の場合36カ月(3年)ですが、JAL CLUB EST会員だと、 JAL CLUB EST会員期間中に貯めたマイルの有効期間が60カ月(5年)になります。

JALの飛行機(羽田空港)

搭乗ボーナスマイルの優遇もあります。JALカードのボーナスに加えて、JAL CLUB EST限定ボーナスで毎年初回搭乗で1,000マイルもらえます。更に搭乗ごとのフライトマイルが5%プラスされます。

ショッピングマイルが2倍たまる「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に自動入会となるため、お買い物した際のマイル付与率は1%となります。

JAL CLUB ESTの年会費5,400円には、JALショッピングマイル・プレミアムの年会費3,240円も含まれているため、実質的な年会費は2,160円にすぎません。

この他にJALカードの年会費(一般カードは2,160円)がかかり、合計で年会費は7,560円となります。

年会費は高めですけれども、飛行機に乗る方ですと20代の若年層にはJALカードはメリットが大きいです。学生時代にJALカード naviを持っていた方ですと、20代はJAL CLUB ESTへの移行がおすすめです。

JAL CLUB EST 公式キャンペーン

まさに20代のためのクレジットカードであり、JALに搭乗する機会がある場合はバリューが高いJALカードです。

JAL CLUB ESTの加入条件、ベネフィットなどの詳細については、以下で徹底的に解説しています。

JAL CLUB ESTはJALカード保有者なら加入しないと損!30歳の基準・評判・比較・Suica・PASMOまとめ
JALカードには20代限定で「JAL CLUB EST」というオプション・サービスがあります。30歳まで利用できます。JALダイナースカード以外のJ...

JAL CLUB ESTはJALダイナースカード以外のJALカードに付帯できます。JALカードの種類一覧は下表の通りです。

カード名 発行会社 国際ブランド 独自機能
JAL・JCBカード JCB JCB    
JALカード OPクレジット JCB、小田急カード 小田急ポイント
JALカード Suica JCB、ビューカード Suica
JALカード DC
(Visa/Mastercard)
三菱UFJニコス(DCカード)  Visa
Mastercard
 
JALカード TOKYU POINT ClubQ 三菱UFJニコス(DCカード)、東急カード Visa、Mastercard TOKYU POINT
JALアメックス 三菱UFJニコス Amex  
JALダイナースカード 三井住友トラストクラブ Diners Club  

その他、20代におすすめのクレカについては、以下で徹底解説しています。

20代の若者におすすめのクレジットカードを徹底解説!2017
20代の若者にとって検討課題の一つがクレジットカードの作成ですね。ネット通販や、各種サービス・アプリ・ゲームの課金などでは、ク...

まとめ

羽田空港

航空マイルがザクザクと貯まるクレジットカードはキラリと光るエクセレントな魅力が燦然たる輝きを放っています。

マイルを活用することで、まだ見ぬ世界、新しい地平へ雄飛することが可能になります。レバレッジを効かせてお得にフライトできます。

お得に旅行することが可能になり、人生を豊かに彩ることができます。最後におすすめのカードについてまとめます。

クレジットカード名 年会費
(本会員)
マイル付与率
一般 航空券
JQ CARD エポスゴールド 無料 0.45%-1.8% 0.45%-1.8%
リーダーズカード & ソラチカカード 2,160 約1.13% 約1.13%
ANA VISA Suicaカード &
ソラチカカード
2,971 最大1.585% 最大2.585%
(ANA)
ANA東急カード &
ソラチカカード 
2,971 最大1.585% 最大2.585%
(ANA)
ANA VISA/マスター一般カード &
ソラチカカード
3,267 最大1.585% 最大2.585%
(ANA)
MileagePlusセゾン一般カード 7,020 1.5% 1.5%
ANA VISA/マスター ワイドゴールドカード & ソラチカカード  12,420 最大1.72% 最大2.72%
(ANA)
JALアメックス CLUB-Aゴールドカード 20,520 1.00% 3%(JAL)
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 10,800-
21,600
1.125% 1.125%
デルタ スカイマイル・アメックス・ゴールド 28,080 1.00% 3%(デルタ航空)
JALアメックス・プラチナ 33,480 1.00% 4%(JAL)
JAL・JCBカード プラチナ 33,480 1.00% 4%(JAL)
スカイトラベラー・プレミアカード 37,800 1.00% 5%(26社)
ANA VISAプラチナ プレミアムカード & ソラチカカード  86,400 最大1.95% 最大3.95%
(ANA)
ダイナースプレミアム 140,400 最大3% 最大3%
ANAダイナースプレミアム 167,000 最大3% 最大5%(ANA)

※リーダーズカード & ソラチカカードの年会費は年30万以上利用の場合

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-クレジットカード
-

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.