ふるさと納税はクレジットカード払いがおすすめ!多くの自治体で使えて大多数のクレカがポイント対象!

更新日: ふるさと納税 クレジットカード

クレジットカードの国際ブランドの種類

自治体への寄附でお得な返礼品がもらえることで人気の「ふるさと納税」は、知らない人はほとんどいないメジャーな制度となりました。

ふるさと納税は、当初は銀行振り込みや窓口での支払いが主流でしたが、ふるさと納税ポータルサイトの普及によって、現在はクレジットカードでの決済が可能な自治体が多いです。

ふるさと納税で使えるクレジットカードの種類、国際ブランドについてまとめます。

ふるさと納税の支払い方法

ふるさと納税は所得に応じた一定額まで2,000円の自己負担で好きな自治体に寄付することができ、自治体によっては特産品を戴ける制度です。ふるさと納税については以下で徹底解説しています。

ふるさと納税制度が一般に広がっています。2013年からアーリーアダプターに広がり始め、マネー雑誌やマスメディアでも大々的に特集さ...

寄附金額が税金控除となるスキームであり、所得が増えるほど、最低の自己負担2,000円で可能なふるさと納税の金額が増えます。

日頃は税制面で冷遇されている高所得者・会社員・独身者ほど、ふるさと納税が可能な枠が広がります。

個人的には独身ですし、住宅ローンも組んでなく、会社員で不可能な節税策が多い状況。実質的な所得に占める税金の割合が高く、国家財政への貢献度は高いです!

したがって、ふるさと納税でのささやかな返礼品は、慈愛を覚えるような麗しさがあり、砂漠のオアシス、ラグジュアリーコレクションのOASISのような様相を呈しています。

海辺に立つ女性オアシスガーデン

ふるさと納税の支払い方法としては、クレジットカード、携帯電話のキャリア決済サービス、コンビニ、銀行振込、郵便為替、役所の窓口、電子マネー・ポイント等があります。

インターネット上でふるさと納税を行う場合は、クレジットカードで支払える自治体が増加しています。

Yahoo!公金決済で支払うことになる自治体と、ポータルサイト内で決済可能な自治体があります。

ほとんどのふるさと納税サイトがクレジットカード払いに対応しています。

サイト名 自治体数 マイページ 支払い方法 家電 金券類 還元 運営企業
ふるさとチョイス クレカ
携帯キャリア決済
コンビニ
銀行振込
郵便振替
× × トラストバンク
ふるなび クレカ
銀行振込
郵便振替
アイモバイル 
楽天ふるさと納税 クレカ
楽天ポイント
楽天キャッシュ
楽天バンク決済
銀行振込
× 楽天
さとふる クレカ
携帯キャリア決済
コンビニ払い
× × さとふる
F-STYLE 1 クレカ
銀行振込
郵便振替
× × × F-style
ANAのふるさと納税 × クレカ × 全日本空輸
ふるぽ クレジットカード
携帯キャリア決済
コンビニ払い
銀行振込
郵便振替
× × JTB西日本
わが街ふるさと納税 クレカ
銀行振込
郵便振替
× サイネックス 
ふるさとエール × クレカ × エフレジ 
ふるさとプレミアム クレカ ユニメディア
ふるり クレカ × × MLJ
ふるさとぷらす クレカ
銀行振込
郵便振替
× × カカクコム
ふるさとツアー × 郵便振替 × × × アドベンチャー
ふるさと納税.com 1 クレカ × × × DYM 

ふるさと納税に使える国際ブランド

国際ブランド

同じふるさと納税ポータルサイト内でも、使えるクレジットカードの国際ブランドは、自治体によって異なります。全国一律ではありません。

大別すると、VISAMastercardJCBAmex(アメリカン・エキスプレス)、ダイナース(Diners Club)の5大国際ブランドのカードは全て利用可能な自治体と、VISA・Mastercardのみという自治体が多いです。

一例として、山形県庄内町は五大国際ブランドは全てOKで、高知県四万十町はVISA・Mastercardのみとなっています。

VISA・Mastercard・JCB・Amex・ダイナースクラブでふるさと納税可能な自治体VISA・Mastercardでふるさと納税可能な自治体
ふるなびより)

これらの自治体を取り上げたのは、調べたらたまたま最初に行き当たっただけであり、他意はありません。

アメックス・ダイナースは富裕層の保有者が多いので、マーケティングの観点ではこれらは対象外というのは勿体ないと思います。

メインカードが使えないとなると他の自治体にゴー!という方が多い気がします。

自治体が支払う手数料がVISA・Mastercardよりも高いですけれども、そこは目をつぶって対応することをおすすめします。

ポイント・マイル・キャッシュバック等の還元がお得

ポイントのイラスト

クレジットカードを使うと、ポイント・マイル・キャッシュバックを得られたり、利用金額の一部が割り引かれたりします。

ふるさと納税での支払いも基本的にはポイントが満額付与となるクレジットカードが多いです。

ただし、一部のクレジットカード会社は、ふるさと納税での支払いはポイント還元率が低下することがあります。

有名なカードでは、ダイナースクラブは、ヤフー公金支払い(ふるさとチョイス含む)、さとふるは0.5%還元となります。ダイナースのブラックカードも同様です。

ふるさと納税でクレジットカード会社が得られる手数料は低いため、電子マネーチャージと同様にポイント還元率が低下する場合があります。

パソコンでネットショッピングを楽しむ女性

逆に数は少ないものの、ふるさと納税サイトでの寄付に使うと、一般加盟店よりもお得になるクレジットカードがあります。

さとふるでお得なクレジットカードには、三越伊勢丹グループのクレジットカードのエムアイカードがあります。

いつでもポイント5倍の特典があり、エムアイカードエムアイカードプラスは2.5%還元、エムアイカードプラス ゴールドは3%還元でファンタスティックです。

更にポイントがUPするキャンペーンが開催されることもあり、さとふるで寄附する機会がある方なら、エムアイカードがおすすめです。

三越伊勢丹グループのクレジットカードのエムアイカードは、ふるさと納税でもお得な仕組みが満載となっています。ふるさと納税サイト...

クレジットカードで決済すると、銀行振り込みの作業が不要になるので便利ですし。ポイント・マイル・CB等でお得になります。

便利でお得という2大メリットがあり、サッカーで喩えると、まさにレアルマドリードとバルセロナです。

無双の戦闘力があるので、ふるさと納税はクレジットカード払いがベストです。


ポイントでのふるさと納税もお得

楽天ポイントカード

クレジットカード以外では、楽天ふるさと納税ですと楽天スーパーポイント、Yahoo!公金支払いではTポイント払いが可能です。

ふるさとチョイス、ふるなび、ふるぽ等がYahoo!公金支払いでの決済となることがあります。

楽天・Yahoo!のいずれも期間限定ポイントも使えるので、ポイントが余っている場合はそれを充当するのもお得です。差額はクレジットカードで払うことも可能です。

楽天市場、楽天カード、楽天トラベルなどを利用していると、いつの間にか楽天から期間限定ポイントを付与されることがあります。期間...

スマホアプリ「楽天ペイ」の活用で、コンビニでも楽天スーパーポイントを便利に利用可能です。

楽天スーパーポイントは、楽天市場や各種楽天関連サービス、クレジットカードの楽天カードの利用、電子マネーの楽天Edy、共通ポイント...
Yahoo!JAPANカード、LOHACO、Yahoo!トラベルなどを利用していると、いつの間にか期間固定Tポイントが付与されることがあります。期間...

年末のクレカ決済の寄付は注意が必要

ふるさと納税の枠のサイクルは1月~12月であり、年内の収入に対する確定申告でふるさと納税を行うには、12月中の入金が必須です。

確定申告は1月1日から12月31日までの収支に基づいて行われて、税金が確定するので、寄附(ふるさと納税)も、その年の1月~12月の分が対象となります。

カレンダーとデスク

年末の駆け込みふるさと納税を行う際の注意点としては、本年分の申し込み期限が12月31日ではなく、それより前になる自治体があることです。

例えば2018分のふるさと納税の期限が、2018年12月31日ではなく、2018年12月25日だったり、2018年12月20日などに設定している自治体もあります。

ギフト券や旅行券が大人気の佐賀県みやき町は12月30日迄となっています。

佐賀県にみやき町という自治体があります。みやき町はふるさと納税が充実しています。1万円でもらえる黒毛和牛、2万円の佐賀牛の返礼...

申し込み画面や自治体ページで注意喚起されているので、年末ギリギリにふるさと納税を行う場合は、期限にも注意しましょう。要チェックです。

資料の確認

寄付金額をクレジットカードで支払う場合は、インターネットでクレジットカード決済を行った日を受領日としてくれる自治体が多いです。

この点でもふるさと納税のクレジットカード決済にはエッジ・優位性があります。

ただし、決済日ではなく、入金日に基づく自治体もあるので、クレジットカードを使う場合でも必ず確認しましょう。

12月に駆け込みでふるさと納税を行う際は、有効期間・賞味期限が長い返礼品や無期限の金券類がおすすめです。詳細は以下で徹底解説しています。

12月に入ると、年間の所得が見えてきます。ふるさと納税が可能な金額が確定します。期限が迫った年末ギリギリに駆け込みでふるさと納...

ふるさと納税に使えるクレジットカードの例

多数のクレジットカード

一例として、日本で人気が高い以下のクレジットカードは全て、ふるさと納税で利用可能です。

  • ANAカード
  • アメリカン・エキスプレス・カード
  • アプラスカード
  • イオンカード
  • 出光カード
  • ENEOSカード
  • エノテカVisaカード
  • エポスカード
  • エムアイカード
  • MUFGカード
  • 小田急カード(OPクレジット)
  • オリコカード
  • 京王パスポートクラブ
  • ゲゲゲの鬼太郎カード
  • au WALLETクレジットカード
  • J-WESTカード
  • JFRカード(大丸・マツザカヤカード)
  • JCBカード
  • JQカード
  • JALカード
  • ジャックスカード(REXカード・リーダーズカード等)
  • しんきんVISAカード
  • SuMi TRUST CLUBカード
  • セゾンカード
  • セブンカードプラス
  • セディナカード
  • ダイナースクラブカード
  • Tカードプラス
  • TS CUBICカード
  • DCカード
  • 東急カード
  • To Me Card
  • NICOSカード
  • P-oneカード standard、P-one Wiz
  • ビューカード
  • ファミマTカード
  • 三井住友カード
  • ミライノカード
  • 名鉄ミューズカード
  • ヤフーカード
  • UCカード
  • UCSカード
  • ゆうちょ銀行のクレジットカード(JPバンクカード)
  • Yahoo! JAPANカード
  • ライフカード
  • ラグジュアリーカード
  • 楽天カード
  • リクルートポイント
  • rebonカード
  • 横浜バンクカード
  • ACマスターカード

三井住友銀聯カード等の銀聯カード(UnionPay)は、使えない自治体が大多数です。

三井住友銀聯プラチナカード

外国人の方でも、日本在住であれば、銀聯以外の国際ブランドのクレカを保有している方が大多数でしょうから、問題はないでしょう。

クレジットカードを活用して寄付すると、家計に大きな手助けとなります。

ポイント還元で着実にお得になり、その分、外食したり旅行したり貯金したり、色んなことができるようになります。

家計が頑健になり、生活を豊かに彩ることが可能となります。自分の状況や好みに応じて上手にクレジットカードを選び、楽しい生活を送りましょう!

年会費無料のおすすめクレジットカードについては以下にまとめています。

クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが年会費です。年会費がかかるカードはNGという方も多いですね。特にサブカードとして...

還元率が高いおすすめクレジットカードについては以下で丹念に分析しています。

クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが還元率です。年間のクレカ利用額が多い場合は、たとえ年会費がかかっても高還元率の...

飛行機に乗る機会がある方なら、マイルが貯まるクレジットカード航空系クレジットカードがお得です。

JALマイルが貯まるクレジットカード、ANAマイルが貯まるクレジットカードの他、ダークホースとしてはマイレージプラスカードもバリューが高いです。

ポイントやマイルに興味がない方は、キャッシュバックのクレジットカードがお値打ちです。ポイントを貯めて交換という作業も省きたい場合、自動キャッシュバックのクレジットカードだと手間フリーです。

クレジットカードの諸々のファクターに着目してランキングを作成しました。

クレジットカードには多種多様な種類があり、膨大な数のクレカが発行されています。あまりの多さに探しきれない程ですし、評判・口コ...

高級カードになるとコース料理1名分無料サービス、空港ラウンジなどの充実した特典が魅力的です。

おすすめのゴールドカードについては、ゴールドカードのランキングをご参照ください。年会費無料のゴールドカード年会費が安い格安ゴールドカードもあります。

これらの中でも特に優れたゴールドカードは以下で丹念に論述しています。

日本ではアメリカン・エキスプレスが1966年にゴールドカードを導入し、1984年にプラチナカードを発行するまでは、ゴールドカードが最...

おすすめのプラチナカードについては、プラチナカードのランキングをご参照ください。その中でも特に特筆に値するカードは以下で徹底的に解説しています。

アメリカン・エキスプレスが1984年に世界で初めて「プラチナカード」を発行しました。当時は最上位カードでした。その後、幾多の競合...

クレジットカードの頂点であるブラックカードについては、以下で精緻に分析しています。

アメリカン・エキスプレスが1999年に世界で初めて一般的なプラチナカードの上位カード「センチュリオン・カード」を発行しました。幾...

数多くのブラックカードの中から日本で発行されているカードのランキングを以下にまとめました。

一般的には高還元のクレジットカード、年会費無料のクレジットカードが人気が高く、次がゴールドカード、プラチナカードとなります。...

実際にブラックカードを活用したところ、お金では買えない類稀なエクスペリエンスが可能でした。

最高峰のクレジットカードであるブラックカードは、年会費が高い代わりに豊富な特典が付帯しています。実際に4枚のブラックカードを活...

国際ブランドごとのおすすめクレジットカードについては、VISAMastercardJCBアメックスダイナースにまとめています。

多様な項目での最強のクレジットカード、その中で特にお得な一枚については、以下で論述しています。

クレジットカードには多種多様な種類があります。年会費無料カード、高還元カード、一芸に秀でた特化型カード、航空系カード、ゴール...

日本有数のクレジットカードの専門家でいらっしゃる岩田昭男さんのおすすめクレカについては、以下で徹底的に解説しています。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんのおすすめカードには、珠玉のクレジットカードが集結しています。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

年会費が高いクレジットカードは、果たして保有する価値があるのか気になりますよね。そこでもう少しブレイク・ダウンしてご解説します。

「ゴールドカード」とは、一般カードよりも一段階上にカテゴライズされているクレジットカードです。券面が金色なのが特徴です。

ゴールドカード

自己申込可能なゴールドカードが大多数ですけれども、一部にはインビテーションが必要なクレカもあります。

一般カードを活用していると、ゴールドカードのインビテーションが届くことがあります。インビが来ないと申し込めないカード、届いて...

ゴールドカードは一般カードを上回る充実したベネフィットが付帯しています。ゴールドカードに付帯しているサービス、メリットの代表例は以下のとおりです。

  • 空港ラウンジ
  • 手荷物無料宅配
  • 一般カードよりも充実した旅行傷害保険
  • ショッピング保険
  • 航空機遅延保険
  • ショッピングポイント、マイルの優遇
  • ダイニング・ショッピング・旅行・ゴルフなどの優待・割引サービス
  • 健康・医療電話相談
  • ATM手数料の優遇
  • テーマパーク・街中のラウンジ

主要なゴールドカードの本会員、家族会員の年会費(税込)一覧は下表のとおりです。リボ払いの登録やWeb明細などで割引があるカードは、割引後の実質負担額です。

クレジットカード名 本会員 家族会員 備考
イオンゴールドカード 無料 無料  
セブンカード・プラス(ゴールド) 無料 無料  
エポスゴールドカード 無料 /
5,000
- インビテーションが来た場合は無料
自己申込の場合は年50万円以上利用で5,000円
NTTグループカードゴールド 無料 /
5,400
無料 /
1,620
年100万円以上の利用で本会員無料
年150万円以上の利用で家族会員1名無料
MUFGカードゴールド 1,028 1人無料
以降:432
リボ払い利用で割引(全額1回払いで手数料無料)
京急プレミア ポイント ゴールド HANEDA AIRPORT PLUS 1,028 1人無料
以降:432
 
三井住友VISAプライムゴールドカード 1,620 1人無料
以降:540
Web明細&リボ払い利用で割引(全額1回払いで手数料無料)
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD 1,950 無料  
楽天ゴールドカード 2,160 540  
ミライノカードGOLD 無料/
3,240
- 年100万円以上の利用で無料
三井住友VISAゴールドカード 4,320 1人無料
以降:540
Web明細&リボ払い利用で割引(全額1回払いで手数料無料)
GINZA SIX カード ゴールド 5,400 1人無料
以降:810
 
セディナゴールドカード 6,480 1,080  
TOKYU CARD ClubQ JMB ゴールド 6,480 1,080  
ヒルトン・オナーズVISAゴールドカード 7,470 1人無料
以降:1,080
Web明細&リボ払い利用で割引(全額1回払いで手数料無料)
Orico Card THE WORLD 9,800 無料  
ANA ワイドゴールドカード(VISA/Mastercard) 10,260 2,700 Web明細&リボ払い利用で割引(全額1回払いで手数料無料)
JCBゴールド 10,800 1人無料
以降:1,080
 
JCBゴールド ザ・プレミア 10,800 1人無料
以降:1,080
 
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード 10,800 1,080  
楽天プレミアムカード 10,800 540  
dカード GOLD 10,800 1人無料
以降:1,080
 
三菱UFJ-VISA ゴールド 10,800 1人無料
以降:1,620
 
au WALLET ゴールドカード 10,800 1人無料
以降:2,160
 
スカイトラベラーカード 10,800 5,400  
ゴールドカードセゾン 10,800 1,080  
OPクレジット ゴールド 10,800 1人無料
以降:1,080
 
MUFGカード ゴールドプレステージ 10,800 無料  
エムアイカード ゴールド 10,800 2,160  
PRESTIA Visa GOLD CARD 10,800 1人無料
以降:1,080
 
三菱地所グループCARDゴールド 10,800 無料  
ビューゴールドプラスカード 10,800 1人無料
以降:3,240
 
JCBゴールド/プラスANAマイレージクラブ 11,124 1人目:324
以降:1,404
 
アメックス・グリーン 12,960 6,480  
シェルスターレックスゴールドカード 12,960 無料  
SuMi TRUST CLUB ゴールドカード 12,960 無料  
MileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージ 12,960 無料 リボ払い利用で割引
ANA JCB ワイドゴールドカード 15,120 4,320  
ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード 15,120 7,560  
JTB旅カード VISA ゴールド 15,120 1人無料
以降:2,160
Web明細で割引
JTB旅カード JCB GOLD 16,200 1人無料
以降:2,160
 
JAL CLUB-Aゴールドカード
(JCB/OPクレジット/VISA/Mastercard)
17,280 8,640  
JAL アメリカン・エキスプレス CLUB-Aゴールドカード 20,520 8,640  
ダイナースクラブカード 23,760 5,400  
銀座ダイナースクラブカード 27,000 無料  
デルタ スカイマイル・アメックス・ゴールド 28,080 12,960  
ANAダイナースカード 29,160 6,480  
JALダイナースカード 30,240 9,720  
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 31,320 1人無料
以降:12,960
 
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 33,480 16,740  

67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんのおすすめゴールドカードには、珠玉のカードが満載です。

菊地崇仁さんとまつのすけ

厳選された10枚はいずれも類稀なハイ・クオリティー・ゴールドカードです。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんは、おすすめのゴールドカードとしてdカードGOLD、楽天ゴールドカードを挙げられていました。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

京王パスポートカードにはない「プラチナカード」とは、クレジットカードのランクでゴールドカードより上にカテゴライズされるカードです。

6枚のプラチナカード

プラチナカードは招待制でクレジットカード会社からのインビテーションが必要なカードと、自分から申し込めるカードに別れています。

招待制の場合は、基本的にはゴールドカードや一般カードを作成して、利用額を積み上げてインビテーションを待つことになります。

ただし、インビテーション制でも、既存のカード会員からの招待でいきなりプラチナカードに入会できたり、自分からコールセンターに申し込むことが可能なカードもあります。

招待制のカードに自分から電話で申し込むことは「突撃」と呼ばれています。

スマホで電話する女性

プラチナカードはゴールドカードを上回る充実したベネフィットが付帯しています。プラチナカードに付帯しているサービスの代表例は以下のとおりです。

  • コンシェルジュ
  • レストランのコース料理1名分無料サービス
  • 手荷物無料宅配
  • プライオリティパスのプレステージ会員
  • 充実の付帯保険
  • 海外旅行先での24時間日本語サポート
  • 高いマイル付与率
  • ダイニング・ショッピング・旅行・ゴルフ・ワインなどの優待・割引サービス
  • 年1回のプレゼントや誕生日プレゼント
  • 年1回のホテルの無料宿泊(2名分)
  • テーマパーク・街中のラウンジ
  • 航空・ホテル等の上級会員資格

国際ブランドごとの代表的なプラチナカードは下表のとおりです。

国際ブランド カード名 発行会社 備考
JCB JCBプラチナ JCB  
JAL・JCBカード プラチナ JCB、JALカード -
ANA JCB カードプレミアム JCB、ANAカード -
VISA 三井住友プラチナカード 三井住友カード -
ANA VISAプラチナ プレミアムカード  
エポスプラチナカード エポスカード -
セディナプラチナカード セディナカード -
SuMi TRUST CLUB プラチナカード 三井住友トラストクラブ -
デルタ スカイマイル SuMi TRUST CLUB プラチナVISAカード -
MileagePlusセゾンプラチナカード クレディセゾン -
Mastercard ラグジュアリーカード(Titanium Card、Black Card) Black CardⅠ
アプラス
-
楽天ブラックカード 楽天カード -
Orico Card THE PLATINUM オリエントコーポレーション -
ジャックスカードプラチナ ジャックス -
アメックス ANAアメックス・ゴールド アメックス 実質プラチナ級
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
SPGアメックス
スカイトラベラー・プレミアカード
デルタ スカイマイル アメックス・ゴールド
MUFGカード・プラチナ・アメックス 三菱UFJニコス -
JALアメックス・プラチナ -
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス クレディセゾン -
セゾンプラチナ・アメックス -
ダイナース ダイナースクラブカード 三井住友トラストクラブ 実質プラチナ級
MileagePlus ダイナースクラブファースト

「ブラックカード」はステータスカードの代名詞です。

4枚のブラックカード

はっきりとした定義はありませんが、プラチナカードの上位カードで利用限度額が極めて高く、特典が充実しているクレジットカードの総称となっています。

4枚のブラックカードを入れたカードケース

ブラックカードの商標はラグジュアリーカードが保有しています。

ラグジュアリーカード(ブラックカード)

利用限度額は無制限ではありません。金額が明示されているブラックカードもあれば、限度額は明示されていないものの、クレカ会社内部で定めているカードもあります。

ブラックカードは至高のベネフィットを享受できます。付帯サービスの代表例は以下のとおりです。

  • コンシェルジュ(担当者がつくことも)
  • レストランのコース料理1名分無料サービス
  • 手荷物無料宅配2~3個
  • 海外のホテル等に直接手荷物宅配
  • 特別なラウンジ、プライオリティパスのプレステージ会員(同伴者も無料)
  • 高級ブランドのショップでVIPルームでのおもてなし、シャンパン等のドリンクサービス、閉店後のプライベートショッピング、無料配送などのサービス
  • リムジン送迎サービス
  • プライベートジェット、ヘリコプター、クルーズチャーターの優待
  • 予約困難なレストラン・料亭の席確保
  • 航空・ホテル等の上級会員資格
  • 最上級の付帯保険
  • 空港でのお出迎え、空港と自宅間の送迎
  • 国内線ファーストクラスへのアップグレード
  • ダイニング・旅行・ゴルフ・ワインなどの優待・割引サービス
  • 年1回のプレゼントや誕生日プレゼント
  • 店舗内のVIP個室、テーマパーク・街中のラウンジ
  • 海外旅行先での24時間日本語サポート

主要なブラックカードの本会員、家族会員の年会費(税込)一覧は下表のとおりです。

クレジットカード名 年会費(本会員) 年会費(家族会員)
ポルシェカード 21,600円 1,080円
Recognized VIP 年300万以上利用:21,600円
年300万未満:54,000円
無料
JCB THE CLASS 54,000円 8名無料
SURUGA VISAインフィニットカード 129,600円 9名無料
アメックス・プラチナ 140,400円 4名無料
ダイナースクラブ プレミアムカード 140,400円 無料
ANAダイナースプレミアムカード 167,400円 無料
ラグジュアリーカード(Mastercard Gold Card) 216,000円 54,000円
アメックス・センチュリオン 初年度:918,000円
2年目以降:378,000円
配偶者無料
その他4名はプラチナ・カード無料

実際にブラックカードを活用したところ、お金では買えない類稀なエクスペリエンスが可能でした。

最高峰のクレジットカードであるブラックカードは、年会費が高い代わりに豊富な特典が付帯しています。実際に4枚のブラックカードを活...

クレカ決済できるおすすめのふるさと納税サイト

クレジットカードを持つ女性

多数のふるさと納税ポータルサイトがクレジットカード決済でのふるさと納税に対応しています。

ふるさと納税ポータルサイトの中で、ポイント還元率が魅力なのは「楽天ふるさと納税」です。

楽天ふるさと納税は買い回りセールの対象であり、楽天カードSPUと組み合わせると13%以上の還元となります。

平常時にもポイント10倍(10%)のキャンペーンを行っていることもあり、驚異的にお得です。ポイント還元については楽天ふるさと納税にエッジ・優位性があります。

楽天市場でふるさと納税が可能となっています。ふるさと納税専用サイト「楽天ふるさと納税」で可能です。楽天スーパーポイントの付与...

ANAホールディングスが運営している「ANAのふるさと納税」というサイトもあり、1%のANAマイルが得られます。

マイルは価値にレバレッジがかかるのが魅力的です。特典航空券へ交換すると、1ポイントの価値が数円に昇華します。

国内線特典航空券で利用すると1マイルの価値が1.5円~2円程度、国際線のビジネスクラスだと1マイル2.5~6円程度、 ファーストクラスなら7~16円程度に跳ね上がります。

家電類・パソコン類は「ふるなび」「ふるさとプレミアム」が充実しています。

その他、ギフト券・商品券など「ふるさとチョイス」では取扱いがないふるさと納税を取り扱っています。以下で徹底解説しています。

ふるさと納税が日本にすっかり定着しましたね。お得な返礼品をいただけるので、メリットしかない制度であり、燦然たるお得さがある制...
ふるさと納税が日本にすっかり定着しましたね。返礼品が魅力的で個人にとってメリットが大きく、燦然たる魅力がある制度です。ふるさ...

ふるなび、ふるさとプレミアムには多種多様な家電製品、商品券、自転車などが集結しており、利便性が極めて高いです(家電のふるさと納税一覧)。

やはり食料品がいい!という場合で、最大手の「ふるさとチョイス」がおすすめです。ふるさと納税ポータルサイトの中でとりわけ食品類が充実しています。

全国のあらゆる自治体を網羅しています。1,788自治体がフルに掲載されています。

17万点以上という膨大な返礼品が集結しており、全国津々浦々どこでも好きな自治体から寄附先を選べます。

ふるさと納税が日本にすっかり定着しましたね。特産品などの返礼品をいただけるので、メリットしかない制度であり、燦然たる良い仕組...

ふるぽはJCBグループの強みを発揮して、JTBふるさと納税旅行クーポン、るるぶトラベルプランのクーポン、JALふるさとへ帰ろうクーポンなど旅行関連が充実しています。

ふるさと納税が日本にすっかり定着しましたね。返礼品が魅力的で個人にとってメリットが大きく、燦然たる魅力がある制度です。ふるさ...

ふるさとプレミアムは金券類が充実しているのが特徴であり、かつ寄付金額に応じたAmazonギフト券の還元もあります。

ふるさと納税が日本にすっかり定着しましたね。返礼品が魅力的で個人にとってメリットが大きく、燦然たる魅力がある制度です。ふるさ...

各ふるさと納税ポータルサイトの特徴については、以下で精緻に比較しています。

ふるさと納税を行うのに便利なのが「ふるさと納税サイト」ですね。多数の自治体の返礼品が掲載されているので、比較検討が容易です。...

品物を選ぶのが面倒という方は以下をご参照ください。

ふるさと納税はお得な返礼品を得られて、かつ地域活性化・地方創生の一助にもなり、社会貢献も可能な素晴らしい制度です。しかし、全...

総合的なおすすめのふるさと納税返礼品は以下で丹念に分析しています。

ふるさと納税というお得な仕組みがありますね。年収に応じた一定金額まで自己負担は2,000円のコストで寄付ができ、お得な返礼品を戴け...

-ふるさと納税, クレジットカード

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.