【評判】楽天ふるさと納税はポイント還元率が高い!キャンペーンもお得

更新日: ふるさと納税

霜降り牛肉

楽天市場でふるさと納税が可能となっています。ふるさと納税専用サイト「楽天ふるさと納税」で可能です。

楽天スーパーポイントの付与、ポイントキャンペーンの対象となること、クレジットカードでの決済が可能などのメリットがあります。

楽天SPUも対象となるので、楽天カードだと3倍~16倍のポイントを獲得できます。

また、各種買い回りセールの対象にもなるので、驚異的なポイント還元率となるのが特徴です。楽天ふるさと納税について口コミとしてまとめます。

楽天ふるさと納税はポイント還元がメリット

楽天ふるさと納税は楽天グループが運営しているふるさと納税ポータルサイトです。2015年7月31日(金)にオープンした老舗サイト。

SPU、買い回りキャンペーン時のポイントアップが適用されるので、これらを上手く活用して楽天ふるさと納税で寄付したら、他のふるさと納税サイトよりもお得になるのが特徴です。

ふるさと納税は所得に応じた一定額まで2,000円の自己負担で好きな自治体に寄付することができ、自治体によっては特産品を戴ける制度です。ふるさと納税については以下で徹底解説しています。

ふるさと納税制度が一般に広がっています。2013年からアーリーアダプターに広がり始め、マネー雑誌やマスメディアでも大々的に特集さ...

2012年からふるさと納税を行った通算7年間の経験を活かして、楽天ふるさと納税について徹底的に分析しました。

私はふるさと納税の書籍に3名の識者のうちの1名として出たこともあります。

数多くの大人気月刊誌やムック本をリリースしている宝島社から、新しく「ふるさと納税完全ランキング 2017」というムック本が登場しま...

楽天ふるさと納税のメリットは1%の楽天スーパーポイントが付与されることです。ただでさえふるさと納税で特産品を戴けて嬉しいのに、ポイントまでつくのは最高ですね!

楽天スーパーポイントという楽天のポイントがありますね。日本最大級のECサイト、楽天で貯めたり使えることから、人気が高いポイント...

楽天カードの利用で誰でも合計で5%まで容易に獲得できるSPUプログラムは、楽天ふるさと納税の決済も対象となります。

楽天市場・楽天ブックス・楽天Koboでのお買物において、楽天カードで決済すると、誰でも毎日ポイント3倍~16倍になる制度があります。...

SPUを利用して楽天ふるさと納税を行うと、4万円以上ふるさと納税したら、自己負担額の2,000円分の楽天スーパーポイントを得られます。

更に、ふるさと納税の寄附金もポイントキャンペーンの対象になります。

楽天スーパーセールやドドンパ祭、お買い物マラソンなど、楽天は買い回りでポイントが増えるキャンペーンを開催しています。

楽天スーパーSALEなどの大型セールでは、2ショップならポイント2倍、3ショップなら3倍と複数のショップで1,000円以上お買い物をするごとにポイント還元率が上がっていきます。

最大10ショップで10倍となるキャンペーンがほとんどです。その他、ポイントアップ商品もあり、最大で30~35倍になりますが、楽天ふるさと納税はポイントアップ商品ではなく10倍となります。

楽天スーパーセール

ふるさと納税の寄附金も、楽天市場内の通常のお買い物と同様の取り扱いになります。各キャンペーンのルール詳細で「対象外」と明記されていない限りは対象です。

楽天の買いまわりセールに参戦する場合は、そのタイミングでふるさと納税も行うと、ポイント還元率が更に上がってお得になります。

楽天の買いまわりセール

例えば、買いまわりセールで10%、楽天カードの楽天SPUで5%の場合、合計15%の楽天スーパーポイントを得られます。圧巻のお得さがあります。

以前は平常時にもポイント10倍(10%)のキャンペーンを行っていることがありましたが、現在はこれは終了しました。しかし、依然として驚異的にお得です。

私はポイント10倍の時に静岡県小山町にふるさと納税して、リンガーハットの商品券をいただきました。

静岡県の小山町という自治体があります。小山町はふるさと納税がかなり充実しています。なんとサーティワンアイスクリーム商品券、リ...

ポイント還元については楽天ふるさと納税にエッジ・優位性があります。

ANAのふるさと納税は一寄附あたり1%のANAマイルだけです。最大手のふるさとチョイスは何もありません。楽天ふるさと納税の方が圧倒的にお得です。

ふるさと納税の金額楽天ふるさと納税ANAのふるさと納税ふるさとチョイス
10,0001,500ポイント100マイル0
20,0003,000ポイント200マイル0
30,0004,500ポイント300マイル0
40,0006,000ポイント400マイル0
50,0007,500ポイント500マイル0
60,0009,000ポイント600マイル0
70,00010,500ポイント700マイル0
80,00012,000ポイント800マイル0
90,00013,500ポイント900マイル0
100,00015,000ポイント1,000マイル0
150,00022,500ポイント1,500マイル0
200,00030,000ポイント2,000マイル0
250,00037,500ポイント2,500マイル0
300,00045,000ポイント3,000マイル0
350,00052,500ポイント3,500マイル0
400,00060,000ポイント4,000マイル0
450,00067,500ポイント4,500マイル0
500,00075,000ポイント5,000マイル0

今後は買いまわりセールの対象外になる可能性はありますね。できればずっと続けてほしいところです。

実際に私は楽天ふるさと納税の活用によって、ザクザクと楽天スーパーポイントを貯めることができています。

楽天ポイントカード

楽天ふるさと納税については多様な評判がありますが、活きた体験談に基づいた口コミとしては、楽天ふるさと納税のポイント還元は素晴らしいと言わざるを得ません。

楽天ふるさと納税 公式サイト

寄附に楽天スーパーポイントを利用可能

ガッツポーズする男女

楽天スーパーポイントを貯めるだけではなく、ふるさと納税の支払いの際に使うこともできます。

間接的に税金をポイントで支払っているような結果となり、更に多種多様な特産品がプレゼントされます。

静岡県小山町のふるさと納税(楽天ふるさと納税)

差額はクレジットカードで決済できます。例えば、1万円ふるさと納税する場合で、楽天スーパーポイントを700ポイント使う場合は、9,300円の支払いと700ポイントで決済できます。

また、楽天のIDがあれば、楽天ふるさと納税なら、寄付する時に氏名・住所・電話番号といった情報をいちいち入力する必要がなくなります。

他にもネットでふるさと納税できるサイトはありますが、新しくアカウントを作る必要があります。それが面倒な場合で楽天にアカウントがある場合は便利です。

決済方法は各自治体によって異なる場合があり、各自治体のページで解説されています。ただし、大多数の自治体はクレジットカード決済が可能です。

リクルートカードオリコカードザポイントP-one Wizなどのお得なクレジットカードで支払うと、ポイント還元の分もお得になります。

「生活費の支払いでクレジットカードを有効活用していきたくてアドバイスをほしい」とコメント頂きました。生活費を良いクレジットカ...
クレジットカードには多種多様な種類があり、膨大な数のクレカが発行されています。あまりの多さに探しきれない程ですし、評判・口コ...

日本有数のクレジットカードの専門家でいらっしゃる岩田昭男さんのおすすめクレカについては、以下で徹底的に解説しています。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんのおすすめカードには、珠玉のクレジットカードが集結しています。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

多様な項目での最強のクレジットカードについては、以下で論述しています。

クレジットカードには多種多様な種類があります。年会費無料カード、高還元カード、一芸に秀でた特化型カード、航空系カード、ゴール...

楽天ふるさと納税での支払いの際に使用するカードは、寄附をする本人名義のクレカである必要があります。

たとえ家族や盃を交わした兄弟だったとしても、他人の名義の場合は、キャンセルとなりますので注意しましょう。


楽天ふるさと納税で寄付できる自治体

楽天ふるさと納税に参加している自治体は当初は少なかったものの、時の経過とともに充実してきています。

楽天ふるさと納税の御礼の品

ふるさと納税できる自治体数は、ふるさとチョイスには遠く及ばないものの、着実に増加しています。

ふるさと納税でお米がもらえる自治体があります。ふるさと納税で戴ける返礼品は食品がメジャーであり、その一角に米もあります。20kg...
ふるさと納税でうなぎがもらえる自治体があります。ふるさと納税で戴ける返礼品は食品がメジャーであり、その一角に鰻もあります。目...

還元率が高いビールの返礼品については、取扱いがあります。

ふるさと納税でビールの返礼品がもらえる自治体があります。ふるさと納税で戴ける返礼品は食料の特産品がメジャーですが、それだけで...

神奈川県小田原市の返礼品では、ヒルトン小田原の無料宿泊券が選択できます。

神奈川県に小田原市という自治体があります。小田原市はふるさと納税が充実しています。小田原市へのふるさと納税の特典に、Surface、...

茨城県日立市のふるさと納税の取扱いがあり、豊富な白物家電を戴くことができます。

茨城県に日立市という自治体があります。日立市は食料品以外の分野でも、ふるさと納税が充実しています。とりわけ豊富な白物家電がラ...

自転車もバリューが高い返礼品であり、まだ楽天ふるさと納税でも取扱いが残っています。

ふるさと納税で自転車がもらえる自治体があります。ふるさと納税で戴ける返礼品は食品がメジャーですが、それだけではありません。シ...

電動自転車も家電は異なり、掲載が継続しています。

ふるさと納税で電動自転車の返礼品がもらえる自治体があります。ふるさと納税で戴ける返礼品は食料の特産品がメジャーですが、それだ...

高級ノートPCのVAIOがもらえる長野県安曇野市も、以前は楽天ふるさと納税で寄付可能な自治体でしたが、こちらは終了しました。現在はふるなびで取り扱いがあります。

ふるさと納税でパソコンがもらえる自治体が複数あります。ふるさと納税で戴ける品物は食品がメジャーですが、それだけではありません...

楽天ふるさと納税まとめ

ふるさと納税の手段として新たに登場した楽天ふるさと納税は、楽天らしいポイント付与、ポイントキャンペーンの対象ということで、面白いサイトです。

楽天のインフラを活かして、決済方法が多様なのが特徴となっています。自治体によって可能な支払い方法は異なりますが、クレカと楽天スーパーポイントは共通です。

  • クレジットカード
  • 楽天スーパーポイント
  • 楽天キャッシュ
  • 楽天バンク決済
  • 銀行振込

とりわけ大きなメリットは期間限定の楽天スーパーポイントをふるさと納税に利用可能である点です。

楽天市場、楽天カード、楽天トラベルなどを利用していると、いつの間にか楽天から期間限定ポイントを付与されることがあります。期間...

スマホアプリ「楽天ペイ」の活用で、コンビニでも楽天スーパーポイントを便利に利用可能です。

楽天スーパーポイントは、楽天市場や各種楽天関連サービス、クレジットカードの楽天カードの利用、電子マネーの楽天Edy、共通ポイント...

楽天ふるさと納税は圧巻のポイント還元が大きなメリットで。買い回りセールと組み合わせると、10%や15%といった高還元率に昇華します。

小口の1万円のふるさと納税から、100万円等の高額のふるさと納税まで、八面六臂の活躍を見せてくれます。

楽天スーパーセール等のセールのタイミングで、楽天ふるさと納税で寄附すると家計が頑健化します。

希望する自治体が楽天ふるさと納税にあるか、寄付する前に一度チェックしてみるといいでしょう。

ふるさとチョイスANAのふるさと納税ふるなびさとふる等の競合サイトよりも圧倒的にお得です。

ふるさと納税ポータルサイト「ふるなび」では、テレビ・パソコン・ダイソン製品などの家電類、商品券・ギフト券など、ふるさとチョイスでは取り扱いがない返礼品が充実しています。

ふるなびトラベル・ふるなびクラウドファンディングというユニークな仕組みもあります。詳細については以下で徹底解説しています。

ふるさと納税が日本にすっかり定着しましたね。お得な返礼品をいただけるので、メリットしかない制度であり、燦然たるお得さがある制...

その他、各ふるさと納税ポータルサイトの特徴については、以下で精緻に比較しています。

ふるさと納税を行うのに便利なのが「ふるさと納税サイト」ですね。多数の自治体の返礼品が掲載されているので、比較検討が容易です。...

品物を選ぶのが面倒という方は以下をご参照ください。

ふるさと納税はお得な返礼品を得られて、かつ地域活性化・地方創生の一助にもなり、社会貢献も可能な素晴らしい制度です。しかし、全...

各ふるさとサイトのキャンペーンは以下にまとめています。

ふるさと納税ポータルサイトには数多くのサイトがあります。最大手のふるさとチョイスは掲載点数が多いものの、還元がなくてお得度が...

楽天ふるさと納税、ふるなびには多種多様な家電製品、商品券、自転車などが集結しており、利便性が極めて高いです(家電のふるさと納税一覧)。

ふるさと納税で以下のような返礼品をゲットすると家計が着実に助かります。

総合的なおすすめのふるさと納税返礼品は以下で丹念に分析しています。

ふるさと納税というお得な仕組みがありますね。年収に応じた一定金額まで自己負担は2,000円のコストで寄付ができ、お得な返礼品を戴け...
  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-ふるさと納税

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.