The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

ミニストップで楽天ペイ・PayPay・LINE Payを利用可能に!期間限定の楽天スーパーポイントを利用可能

更新日: 電子マネー・ポイント

ミニストップ

ミニストップがバーコード決済サービスを導入します。

楽天ペイ、LINE Pay、PayPayが2018年12月17日0時から導入されて、日本国内のミニストップ全店で利用可能になります。

期間限定の楽天スーパーポイントを楽天ペイで消化できる点、ポイント二重取りが可能である点が特に大きなメリットです。

Apple Pay、おサイフケータイ、Google Payにはない利点があり、活用すると家計が頑健化してライフハックに資するサービスです。

ミニストップでクレジットカード、電子マネーWAONに加えて、QRコード決済が幅広く導入されました。

決済には多様な手段があり、どれが最もお得なのかが気になりますよね。ミニストップでの決済方法の違いについて比較します。


ミニストップの多様な決済方法はナイス

これまでミニストップでは現金以外ではクレジットカード、電子マネーが利用可能でした。

クレジットカードは、VisaMastercardJCBアメックスダイナースの5大国際ブランドに加えて、インバウンドに対応して銀聯(UnionPay)にも対応しています。

世界6大国際ブランドを網羅しています。

国際ブランドの種類

電子マネーではWAONJMB WAONだけではなく、iDQUICPay楽天Edy、交通系電子マネーに対応しています。

プリペイド型(事前チャージ方式)の交通系ICカードは、特に利用者が多いでしょう。具体的には、SuicaPASMOICOCASMART ICOCATOICAmanaca、Kitaca、SUGOCA、nimoca、はやかけん等です。

Suicaのペンギン

iD、QUICPayを登録したApple PayGoogle Payも利用可能です。もちろん、モバイルSuicaApple PayのSuicaGoogle PayのSuicaも同様です。

ミニストップは決済手段の多様化が進んでおり、高く評価できるクオリティでした。

この度は新たに普及が進行しつつあるバーコード決済を導入します。

スマホ等のモバイル端末でアプリを起動して、決済用のバーコードを表示させることで、代金を支払うことができる仕組みです。

バーコード決済は、既存のキャッシュレス決済手段であるクレジットカード、デビットカード、電子マネー、国際ブランド搭載型プリペイドカード等には抵抗がある方に利用してもらう手段として着目されています。

バーコード決済のメリット

期間限定の楽天ポイントを利用可能

楽天ポイントカード

ミニストップのQRコード決済対応の最大のメリットは、楽天ペイ(アプリ決済)を使うと期間限定の楽天スーパーポイントを利用できる点です。

小口の期間限定の楽天スーパーポイントを消化するために、楽天市場でいちいちお買い物するのは面倒です。

しかし、楽天ペイを利用することで、ミニストップで小口の期間限定ポイントを使えるようになってファンタスティックです。

PayPay残高を利用可能

PayPay

PayPayはお得なキャンペーンを開催しているので、この期間中は手間を許容できるならば、PayPayを使うと大変お得です。

PayPay(ペイペイ)というヤフーのモバイル決済サービスが、日本中で旋風を巻き起こしています。これ程キャッシュレス決済サービスが注...

2019年4月からはYahoo!ショッピング、LOHACO、ヤフオク!等で貯まるボーナスが、期間固定TポイントではなくPayPay残高になる予定です。

ソフトバンクやワイモバイルのユーザーの方、Yahoo!ショッピングをよく使う方の場合、貯まるPayPay残高をリアルのコンビニで消化できるのが大きなメリットです。

利用による還元

ミニストップが導入する楽天ペイLINE PayPayPayのメリットは、利用によって0.5%程度の還元を享受できます。

ポイント二重取りが可能

また、クレジットカードを登録して、クレカ決済にてQRコード決済サービスで支払った場合、基本的にはポイントやマイル付与の対象となります。

利用が増えると改悪されて付与対象外となるリスクが高いですけれども、サービス開始からしばらくは付与対象でポイント二重取りができる傾向となっています。

訴求力の高いポイント二重取りが可能です。将棋において飛車だけよりは、飛車・角の方が強いのと同様に、ポイントも一つだけよりは二つ獲得できる方が嬉しいですね。

楽天ペイ

楽天カード以外でもポイント二重取りが可能です。私は楽天ペイにラグジュアリーカードを登録しているのですが、しっかりとポイントを獲得できています。

ラグジュアリーカードの利用明細

クレジットカードが無くても使える

楽天ペイはクレジットカードの登録が必須となっていますが、LINE Pay、PayPayはクレジットカードがなくても利用可能です。

LINE PayやPayPayは銀行口座などからチャージすることが可能となっています。

バーコード決済サービスは、未成年の学生でも利用可能です。

おサイフケータイやApple Payがないスマホで便利

iPhone 5sと6と6sと7とX(裏面)

楽天ペイ、LINE Pay、PayPayはアプリをインストールできるスマートフォン・タブレット(Android・iOS)ならどれでも利用可能です。

OSの要件は厳しくなく、3~4年前のiPhone、Androidスマホでも利用できるアプリが大多数です。

富士通のおサイフケータイAndroid(arrows)

おサイフケータイ/Google Pay、Apple Payがないスマホ、昔の端末をずっと使っている方は、モバイル決済手段が一つできることになります。

機種変更時の手続きが簡便

おサイフケータイが面倒なのは、機種変更時のデータ移行です。

特に事前にチャージするプリペイド式の電子マネーの場合は、データ移行を忘れて残高がパーになる事態を避ける必要が生じます。

Apple Payはこの点が上手く工夫されていて、機種変更時も自動的に前に使っていたクレジット4枚を一気に登録できます。

また、クレジットカードを再びカメラで読み込ませて、メッセージ等で本人認証するだけでOKで簡便です。

iPhone Xを購入してiPhone 7から環境を移管しました。Apple Payも移行することになります。機種変更の際にアップルペイで行う手続き、...

バーコード決済サービスもデータ移行の手間が小さく、機種変更後の新しいスマホで、同じ携帯電話番号やID等のサービスと紐付いている情報でログインするだけで使えるようになるのが原則です。


ミニストップのモバイル決済対応のデメリット

ミニストップのモバイル決済サービスへの対応は高く評価できるものの、物足りない点も存在しています。最大のデメリットは、Origami Payに対応していない点です。

Origami Payはアプリにクレジットカードを登録して、アプリでのクレカ決済を行えるサービスです。

複数のクレジットカードを登録できるので、使用するクレジットカードを変更することも可能です。

Origami Payは、ローソン、丸井グループのSC・モディ、白遊空間、ロフト、パルコ、PARCO_ya、阪急メンズ東京、ロクシタン、アーバンリサーチ、コンバース、AOKI、ポーターなどで利用可能です。

2017年6月1日からは、ケンタッキー・フライド・チキン(首都圏・関西の一部の店舗)で利用可能になりました。

ケンタッキーフライドチキン (2)

2017年8月25日からは、和民、坐・和民、ミライザカ、TEXMEX FACTORYでも使えるようになりました。

Origami PayはPayPayとは異なり、決済額に応じてポイントが貯まる仕組みはありません。クレジットカードのポイント等のみです。

しかし、2%OFFや50%オフなど、店舗が独自の割引を行っているのが大きなメリットです。

ロフトではOrigami Payで支払うと無期限で2%OFFになります。また、10%OFFキャンペーンを定期的に開催しています。ちなみにロフトではロフトカードというクレカもお得です。

魅力的な雑貨が数多く揃っていて人気があるLoft(ロフト)。そんなロフトを使う方におすすめのクレジットカードが、ロフトカード(Loft C...

また、お得なキャンペーンを定期的に開催しており、オリガミペイの支払いだと得できるのがメリットです。

2017年11月24日(金)以降の月末のプレミアムフライデーは、Origami Payを利用すると、多くの店舗にて10%OFFで利用できるようになりました。

2018年3月は1,001円以上オリガミペイで支払うと、1,000円OFFになるクーポンが配布されました。

オリガミペイの1000円OFFクーポン画面

ローソンではオリガミペイ導入を記念として、コーヒーが無料でもらえるキャンペーンが開催されました。

  • 2018年9月11日~9月30日:毎日1杯マチカフェコーヒ(S)無料
  • 2018年10月15日~10月31日:毎日1杯マチカフェコーヒ(M)無料

Origami Payアプリを起動するとキャンペーン用のバーコードが表示されるので、スタッフに提示すればOKです。

Origami Pay アプリ

その他、オリガミペイの詳細は以下で精緻に分析しています。

従来からあったおサイフケータイに加えて、Apple Payが登場して、Android、iPhone、ガラケーで便利にモバイル決済が可能となりました...

ミニストップはQRコード決済の中でも2%割引や定期的なキャンペーンが魅力的なオリガミペイに非対応なのが最大のデメリットです。


ミニストップで他におすすめの支払い方法

ミニストップでQRコード決済/バーコード決済サービスが使えるようになりました。

しかし、日本にお住まいの方にとって重要なのは、果たしてアプリでの支払いが他のクレジットカードや電子マネー、金券と比較してお得なのかです。

この点、ミニストップでは他にお得な決済方法があります。特にエッジ・優位性があるのは、クレジットカードと電子マネーの組み合わせです。

リクルートカード+楽天Edy

Edy 楽天ポイントカード

クレジットカードでチャージしたnanacoで、セブン-イレブンにてクオカードを買うのは面倒という方は、シンプルにリクルートカード+楽天Edyの組み合わせもおすすめです。

リクルートカード(VISA/Mastercard)は、年会費無料で1.2%の高還元です。楽天Edyへのチャージもポイント付与の対象です。JCBだとNGである点に注意しましょう。

電子マネーチャージ利用分は、1枚あたり合計で月30,000円までがポイント付与の対象となります。

月3万円まではEdyチャージ時に1.2%、利用時に0.5%で合計1.7%還元となります。

リクルートカードは2018年4月15日(日)までは、電子マネーのチャージによって無制限に1.2%のPontaポイントを獲得できました。JCBはnan...

JCBの場合はEdyチャージはできませんけれども、nanaco、モバイルSuicaへのチャージはポイント付与の対象です。

実際にJCBとMastercardの2枚のリクルートカードで電子マネーチャージしたところ、月6万円(720ポイント)まではしっかりと獲得できました。

リクルートカードは年会費が無条件で無料、基本還元率1.2%、1枚あたり月3万円までは電子マネーチャージでポイント付与が魅力的なクレ...

しかも、カード利用で貯まるリクルートイントを小口で消化できるのが大きなメリットです。楽天Edyへのチャージはリクルートカードがベストです。

リクルートポイントはじゃらんポンパレモールホットペッパーグルメホットペッパーティーなどのリクルートのサービスで、1ポイント1円で使えます。

また、リクルートポイントはPontaポイントと1ポイント単位で等価交換(1対1)が可能です。しかもリアルタイムに交換できます。

Pontaポイントはローソン、大戸屋、ビックカメラ、ケンタッキー、GEO、昭和シェル石油などにて1ポイント1円で使えるので便利です。

ポンタは普通に使うと1ポイント1円ですが、ローソンの「Loppiお試し引換券」を使うと、20~110ポイントで多種多様な商品と代えられます。

Loppiお試し引換券で交換したビール・ハイボール

Loppiお試し引換券でPontaを使うと、1ポイント1.5~3円の価値が出ます。つまり、リクルートカードの実質的な還元率が1.8~3.6%となります。

その他、nanacoチャージでも1.2%還元ですが、こちらは他のクレジットカードで相次いで改悪されていることから、リクルートカードでも改悪されるリスクがあります。

楽天カードは2017年10月31日(火)利用分までは、nanacoチャージによって1%の楽天スーパーポイントが獲得できました。nanacoは税金・公...
ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)は2018年2月28日(水)15時前までは、nanacoチャージによって1%のTポイントを獲得できました。nanaco...

nanaco利用時はJCBと2枚持ちすると月6万円まで電子マネーチャージが1.2%還元となってパワフルです。

リクルートカードは総合的にお得なクレジットカードであり、活用すると家計が頑健化します。日々の生活を豊かに彩ることができます。その他、詳細は以下にまとめています。

リクルートのクレジットカードは2種類ありました。年会費無料のリクルートカードと、年会費はかかるけど還元率が高いリクルートカード...

実際に発行して使い倒したところ、日々のお買い物や電子マネーチャージでザクザクとポイントを得られました。

リクルートのクレジットカード「リクルートカード」は、良い評判と悪い評判に分かれています。リクルートカードを作成してから約5年、...

リクルートカードは6,000円以上のポイントを獲得できるお得なキャンペーンを開催しています。

リクルートカード公式キャンペーン

ビックカメラSuicaカード+Suica

ビックカメラSuicaカード(JCB)

ビックカメラSuicaカード+Suicaの組み合わせも高還元でおすすめです。

カードタイプのSuicaの場合は、駅やビックカメラに設置されているATM「ビューアルッテ」でチャージする必要があります。

しかし、オートチャージ設定を行えば、クレジットカードが手元になくても自動的にチャージされます。

Apple PayのSuicaモバイルSuicaGoogle PayのSuicaなら、一度設定すれば後はクレジットカードは手元になくてもスマホだけでサクッとチャージできます。

ビューカードの中で年会費が緩い条件で無料になる稀有なクレジットカード「ビックカメラSuicaカード」は、Suicaチャージで1.5%還元となります。

年会費は年1回の利用で無料になります。この利用にはSuicaチャージも含まれるので、年会費無料で維持するのは至極容易です。

ビックカメラSuicaカードは一般加盟店でクレジット決済した場合も1%と高還元です。

しかも、SuicaチャージならVIEWプラスが適用されて1.5%還元となるので、対応店舗ではSuica払いした方がお得です。

Suicaのペンギン

リクルートカード+Edyの1.7%還元と比較すると0.2%低くなりますが、ビックカメラSuicaカードはSuica機能もあるので、1枚のカードで完結するのがメリットです。

また、SuicaはJR東日本グループの電子マネーなので、ビューカードによるSuicaチャージの還元率は、改悪リスクが小さいのもメリットです。

ビックカメラSuicaカードは年会費が年1回の利用で無料、基本還元率1%、Suicaチャージ・JR東日本の定期券やきっぷ等の購入は1.5%還元と魅力的なクレジットカードです。

ビックカメラが発行しているクレジットカードがあります。ビックカメラSuicaカードです。利便性が高いクレジットカードです。私もフル...

Suica、モバイルSuicaへのチャージは、年1回の利用(Suicaチャージを含む)で年会費が無料となり、還元率が1.5%と高還元のビックカメラSuicaカードがおすすめです。

菊地崇仁さんとまつのすけ

67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんも、ビックカメラSuicaカードがSuicaチャージにおすすめとおっしゃっていました。

菊地崇仁さん
仕事をやめて保有カードを処分したとしても、ビックカメラSuicaカードは残ります。

クレジットカードのレジェンドがプライベートでも保有するのがビックカメラSuicaカードです!

ビックカメラSuicaカードは大量のポイントが得られるキャンペーンも魅力的です。

ビックカメラSuicaカード 公式キャンペーン

クレジットカード

バーコード決済などのモバイル決済サービス、楽天EdyやSuicaの活用が面倒な場合は、シンプルにクレジットカードでの支払いが有効です。

イオンカードセレクトとイオンゴールドカード

イオンカードだとミニストップはいつでもポイント2倍で1%還元となります(イオンカードの種類)。

イオンのクレジットカード「イオンカード」は、良い評判と悪い評判に分かれています。イオンカードを初めて作成してから約5年、イオン...

年会費無料のおすすめクレジットカードについては以下にまとめています。

クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが年会費です。年会費がかかるカードはNGという方も多いですね。特にサブカードとして...

還元率が高いおすすめクレジットカードについては以下で丹念に分析しています。

クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが還元率です。年間のクレカ利用額が多い場合は、たとえ年会費がかかっても高還元率の...

飛行機に乗る機会がある方なら、マイルが貯まるクレジットカード航空系クレジットカードがお得です。

JALマイルが貯まるクレジットカード、ANAマイルが貯まるクレジットカードの他、ダークホースとしてはマイレージプラスカードもバリューが高いです。

ポイントやマイルに興味がない方は、キャッシュバックのクレジットカードがお値打ちです。ポイントを貯めて交換という作業も省きたい場合、自動キャッシュバックのクレジットカードだと手間フリーです。

クレジットカードの諸々のファクターに着目してランキングを作成しました。

クレジットカードには多種多様な種類があり、膨大な数のクレカが発行されています。あまりの多さに探しきれない程ですし、評判・口コ...

高級カードになるとコース料理1名分無料サービス、空港ラウンジなどの充実した特典が魅力的です。

おすすめのゴールドカードについては、ゴールドカードのランキングをご参照ください。年会費無料のゴールドカード年会費が安い格安ゴールドカードもあります。

これらの中でも特に優れたゴールドカードは以下で丹念に論述しています。

アメリカン・エキスプレスが1966年にゴールドカードを導入し、1984年にプラチナカードを発行するまでは、ゴールドカードが最上位カー...

67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんのおすすめゴールドカードは以下でご紹介しています。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...

おすすめのプラチナカードについては、プラチナカードのランキングをご参照ください。その中でも特に優れたカードは以下で徹底的に解説しています。

アメリカン・エキスプレスが1984年に世界で初めて「プラチナカード」を発行しました。当時は最上位カードでした。その後、幾多の競合...

クレジットカードの頂点であるブラックカードについては、以下で精緻に分析しています。

アメリカン・エキスプレスが1999年に世界で初めて一般的なプラチナカードの上位カード「センチュリオン・カード」を発行しました。幾...

数多くのブラックカードの中から日本で発行されているカードのランキングを以下にまとめました。

一般的には高還元のクレジットカード、年会費無料のクレジットカードが人気が高く、次がゴールドカード、プラチナカードとなります。...

実際にブラックカードを活用したところ、お金では買えない類稀なエクスペリエンスが可能でした。

最高峰のクレジットカードであるブラックカードは、年会費が高い代わりに豊富な特典が付帯しています。実際に4枚のブラックカードを活...

国際ブランドごとのおすすめクレジットカードについては、VISAMastercardJCBアメックスダイナースにまとめています。

多様な項目での最強のクレジットカード、その中で特にお得な一枚については、以下で論述しています。

クレジットカードには多種多様な種類があります。年会費無料カード、高還元カード、一芸に秀でた特化型カード、航空系カード、ゴール...

日本有数のクレジットカードの専門家でいらっしゃる岩田昭男さんのおすすめクレカについては、以下で徹底的に解説しています。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんのおすすめカードには、珠玉のクレジットカードが集結しています。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

ミニストップ以外のコンビニでお得なクレジットカードについては、以下で徹底的に解説しています。

日本全国の津々浦々までコンビニが数多く存在しています。日常生活に必要な飲食品・日用品、ATM、各種手続き、本・雑誌など多様な取引...

デビットカード

クレジットカードの作成が難しい場合や使い過ぎるという方は、デビットカードも候補となります。

年会費無料で基本還元率が最も高いデビットカードは、楽天銀行デビットカード(JCB)であり、1%で楽天スーパーポイントが付与されます。

楽天銀行はデビットカードを発行しています。JCB、シルバー(VISA)、ゴールド(VISA)の三種類です。2015年4月には楽天銀行デビットカー...

イオン銀行のデビットカードは還元率0.5%でイオンでの5%OFFの特典があります。

イオン銀行から「イオン銀行キャッシュ+デビット」が登場しました。イオン銀行のICキャッシュカード、電子マネーWAON、JCBデビットカ...

現金還元を重視しており、ポイント還元ではなくキャッシュバックがいい場合は、ネット銀行だとソニー銀行の「Sony Bank WALLET」が候補となります。

優遇プログラム Club S のステージに応じて、利用額の0.5%~2.0%がキャッシュバックされます。上限は20万円/月です。

Sony Bank WALLETというデビットカードがあります。ソニー銀行が発行しているVISAブランド搭載型のデビットカードです。VISA加盟店で...

GMOあおぞらネット銀行のデビットカードは1円からキャッシュバックされて、ポイントを貯めて交換という手間が不要です。

還元率は一律で0.6%なので、Sony Bank WALLETだと還元率が0.5%になる方は、GMOあおぞらネット銀行の方が高還元です。

GMOあおぞらネット銀行にはVisaデビット付キャッシュカードがあります。GMOあおぞらネット銀行が発行しているVISAブランド搭載型のデ...

住信SBIネット銀行のデビットカードはいつでも0.6%の還元で、会員制度スマートプログラムのランクアップに役立つのがメリットです。

住信SBIネット銀行はVisaデビット付キャッシュカードを発行しています。ICキャッシュカードとVisaデビット機能が1枚になったカードで...

その他、おすすめのデビットカードの比較については、以下で徹底的に解説しています。

デビットカードという決済に使える銀行のキャッシュカード一体型カードがあります。銀行の預金口座の残高から利用時に即時に引き落と...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-電子マネー・ポイント
-

Copyright© The Goal , 2018 All Rights Reserved.