The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

ソニー銀行の「優遇プログラムClub S」を徹底解説!振込手数料やATM手数料無料などがメリット

更新日: 銀行 金融機関

ソニー銀行

ソニー銀行は2017年1月4日(水)から「優遇プログラムClub S(クラブエス)」を開始しました。

外貨預金優遇制度がリニューアルされて、現在の優遇特典はそのままとして、対象を住宅ローンの契約者、投資信託やFXのユーザーに拡大する新制度です。

Club Sのスタートに伴い、より多くの方々が振り込み手数料やATM手数料の側面で優遇特典を利用できるようになります。

2019年1月からはソニー銀行のATM手数料が改悪されて、CLUB Sのランクに応じた無料回数に変更されるので、より一層重要性がアップしています。

ソニー銀行の新しい優遇プログラム「Club S」のメリット、デメリット、お得な使い方についてまとめます。


「優遇プログラムClub S」は、 毎月末の取引状況に応じて判定される各優遇ステージの特典を、 翌々月の1カ月間利用できる制度です。

最近の銀行はどこも取引状況に応じてステージやランク分けして、上顧客ほど優遇しています。ロイヤルカスタマーに報いるというのは当たり前の話ですので、ソニー銀行の新制度も実に合理的です。

イメージ的には住信SBIネット銀行のスマートプログラム、じぶん銀行のじぶんプラスに類似した制度です。

住信SBIネット銀行は、2016年1月から、利用状況に応じて様々な優遇が受けられる「スマートプログラム」が開始しました。住信SBIネット...
auユーザー限定でATM手数料と他行宛て振込手数料が無料になる「プレミアムバンク for au」が終了して、2016年11月13日から「じぶんプ...

ソニー銀行は、2016年12月31日のオーラスに行う初回判定から優遇ステージの判定方法を見直し、 投資信託を全ステージの判定条件に加えます。

また、 住宅ローンと外国為替証拠金取引(FX)の利用に応じて優遇ステージをランクアップする条件を新設します。具体的には下表のとおりです。

優遇ステージ 2016年11月末判定まで 優遇プログラムClub S
シルバー 月末の総残高合計300万円以上 or
「外貨預金の積立購入」月間合計額5万円以上
以下のいずれかに該当
・月末の総残高合計300万円以上
・「外貨預金の積立購入」月間合計額5万円以上
・「投資信託積立プラン」月間合計額5万円以上
ゴールド 月末の外貨預金残高(円換算額)が500万円以上~1,000万円未満 月末の外貨預金残高(円換算額)と投資信託残高が合計500万円以上~1,000万円未満
プラチナ 月末の外貨預金残高(円換算額)が1,000万円以上 月末の外貨預金残高(円換算額)と投資信託残高が合計1,000万円以上
ランクアップ条件 なし ・住宅ローン残高あり(最長5年)
・FX月間1,000枚以上の取引
※両方満たせば2ランクアップ

総残高とは、円普通預金、 円定期預金、 積み立て定期預金、 円定期plus+ 、 為替リンク預金(円スタート型)、 外貨預金、 投資信託の残高合計額です。

外貨預金残高とは、外貨普通預金(積立購入を含む)、 外貨定期預金、 為替リンク預金(外貨スタート型)の残高合計額です。

ソニー銀行の外貨預金は為替手数料がリーズナブルですので、お得に外貨建ての取引が可能になります。

ソニー銀行というネット銀行があります。サービスの総称は「MONEYKit」です。ソニーのグループ会社であるソニーフィナンシャルホール...

投資信託残高は投資信託(円建て)、 投資信託(外貨建て)の円換算額、 外貨MMF の円換算額の残高合計額です。

住宅ローンの残高があればそれだけで1ランクアップします。FX月間1,000枚以上の取引でも+1ランクとなり、療法を達成すると+2ランクとなります。

ソニー銀行の新・優遇プログラムClub Sでは、預金や投資信託の利用がない方でも、 所定の条件を満たせばシルバーの優遇ステージに到達します。

個人個人の状況に応じて多様な取引に対して優遇ステージを適用するのはナイスです。新制度による優遇特典は2017年2月1日(水)から利用できます。

リゾートのプール

ステージに応じた優遇特典は、 従来の外貨預金優遇制度から変更はありません。

外貨預金に関しては、為替コスト、金利で優遇が受けられます。為替コストの比較は下表の通りです。

通貨 基準為替コスト シルバー ゴールド プラチナ
米ドル 15銭 10銭 7銭 4銭
ユーロ 15銭 12銭 10銭 8銭
英ポンド 45銭 30銭 25銭 20銭
豪ドル 45銭 30銭 25銭 20銭
NZドル 45銭 30銭 25銭 20銭
カナダドル 45銭 30銭 25銭 20銭
スイスフラン 45銭 30銭 25銭 20銭
香港ドル 9銭 7銭 6銭 5銭
ブラジルレアル 90銭 80銭 60銭 50銭
人民元(CNH) 30銭 25銭 20銭 15銭
南アランド 20銭 15銭 10銭 8銭
スウェーデンクローナ 9銭 8銭 7銭 6銭

一時的に残高が減少しても最大半年まで前月の優遇ステージを維持する「ステージサポート」制度も引き続き利用可能です。優遇は下表の通りです。

項目 ステージなし シルバー ゴールド プラチナ
振込手数料無料回数 Sony Bank WALLET あり 月2回 月4回 月6回 月11回
Sony Bank WALLETなし  月1回 月3回 月5回 月10回
ATM利用手数料無料回数 セブン銀行
イオン銀行
何度でも無料
その他提携ATM 月4回まで無料、5回目より108円(税込)/回 何度でも無料
仕向け外貨送金手数料無料回数 0回(5,000円) 月1回 月3回
Sony Bank WALLET キャッシュバック率 0.50% 1.00% 1.50% 2.00%
Sony Bank WALLET 海外ATM利用料無料回数 0回(216円/回) 月1回 月3回 月5回

ATM出金手数料は2019年1月から変更

シルバーステージになると、振込手数料が月3~4回も無料になるのが最大のメリットです。振込手数料の無料回数は抑制される世知辛い世の中でエッジ・優位性があります。

海外ATM利用料が月1回無料になり、デビットカード「Sony Bank WALLET」のVisa加盟店利用時の キャッシュバック率が1%になるのがメリットです。

Sony Bank WALLET

海外旅行・出張に月1回は行くという方には利便性が高いです。シルバーの条件は月末の「外貨預金残高」ではなくて、「総残高」が300万円以上なのでハードルは高くありません。

総残高は円普通預金、円定期預金、積立定期預金、円定期plus+ 、為替リンク預金(円スタート型)、外貨預金、投資信託(外貨MMF含む)の合計です。

余剰資金をソニー銀行に入れておけば達成可能という方も多いでしょう。また、投資信託の月間5万円以上の積立でもクリアできます。

ソニー銀行はお得な仕組みが満載のネット銀行となっています。セブン銀行、イオン銀行のATMは入出金手数料が何度でも無料です。

また、イーネット、ローソン、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行でも、入金は何度でも無料で、出金は合計で月4回まで無料です。

年会費無料のVisaデビットカード「Sony Bank WALLET」を保有していると、他行宛の振込手数料が毎月2回目まで無料となります。Club Sでシルバーステージを達成すると月4回です!

空前の低金利で預金金利はあまりつきません。そういう状況では銀行の振込手数料を支払うのは馬鹿らしいですね。何も考えずに月1,000円...

ソニー銀行は定期的に定期預金の金利優遇キャンペーンを行っています。年2回ボーナスの時期に合わせて行うことが多く、空前の低金利の状況でもメガバンクよりもお得です。

ソニー銀行の最新のキャンペーンについては、以下で丹念に解説しています。

ソニーフィナンシャルホールディングスのソニー銀行は、個人ユーザーにとって便利な制度・特典が満載で、メリットが多い人気ネット銀...

外貨普通預金の為替交換手数料が最低水準なのが大きなメリットです。お得に外貨に交換することができます。

米ドル・ユーロは15銭、 英ポンド・豪ドル・NZドル・カナダドル・スイスフランは45銭です。ネット証券の外貨建てMMFと比較しても極めてリーズナブルです。

シミュレーション機能も充実しており、為替取引、定期預金の受け取り、住宅ローンなどのシミュレーションを行うことができます。

年会費無料のVisaデビットカード「Sony Bank WALLET」にはショッピング保険も付帯します。国内ショッピングでは0.5%~2%の還元もあります。

カードで購入した商品の破損・盗難などの損害について、年間50万円を限度に購入日から60日間、補償されます。紛失・盗難時の補償もあります。

ソニーストア(ネット/店舗)での商品購入は3%OFFになります。大人気のプレイステーションVRは家電量販店でも割引がほとんどないので、在庫が出た場合はお得に購入することが可能です。

プレイステーションVRプレイステーションVRPS VRの箱PS VR

一度設定すれば、毎月指定した金額を本人名義の各金融機関から、ソニー銀行の円普通預金口座へ自動的に手数料無料で入金できます。

Sony Bank WALLETというデビットカードがあります。ソニー銀行が発行しているVISAブランド搭載型のデビットカードです。VISA加盟店で...

ソニー銀行は卓越したネット銀行であり、数多くの賞・感謝状を得ています。客観的に高く評価されています。

ソニー銀行の賞状・感謝状

ソニー銀行は、2016年12月1日(木)~2017年2月28日(火)までは、円定期特別金利(期間6ヶ月・1年・2年)が特別金利となります。2016年12月1日時点の金利は、年0.18%(税引き前、税引き後年0.143%)です。

また、「外貨をふやして現金プレゼント」によって、外貨預金の増加額100万円ごとにもれなく500円(最大25,000円)プレゼントされます。

更に、投資信託総合口座の開設と投資信託積み立て購入でもれなく500円がプレゼントされます。対象期間中に積み立て購入が1回以上ある方で、2017年2月28日時点で、積み立てプラン契約が継続している方が対象です。

対象の投資信託商品の購入金額の合計額50万円ごとにもれなく2,000円がプレゼントされます。ソニー銀行はこのようなお得なキャンペーンを定期的に開催しています。

ソニー銀行はお得な制度が満載のネット銀行です。私もフル活用しています。

大手格付け会社のJCRからは「AA-」、S&Pからは「A」の格付を得ており、メガバンクとほぼ同等の高い評価となっています。

日本経済新聞の第4回~12回金融機関ランキングでは、顧客満足度総合ランキングで、ソニー銀行が9年連続でNo.1となっていました。

チャンピオンのトロフィーを掲げるアスリート

日経の金融機関ランキングは、約4,000名の個人に対する調査に基づいています。ソニー銀行は客観的に高く評価されています。

ソニー銀行は家計に大きな手助けとなるネット銀行であり、浮いた分で生活を豊かに彩ることができます。

ソニー銀行というネット銀行があります。ソニーのグループ会社であるソニーフィナンシャルホールディングスの銀行です。全国のコンビ...

ソニー銀行で住宅ローンを組むと「優遇プログラムClub S」で1ランクアップというメリットもあります。変動金利は年0.5%を切る低金利となっています。

ソニー銀行の住宅ローンはネット銀行ならではの低金利です。変動金利から、幅広い年限の固定金利が揃っています。変動金利は最低で0.4...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-銀行, 金融機関

Copyright© The Goal , 2018 All Rights Reserved.