The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

スターバックス リワードはスタバのポイント制度!スターでの獲得チケットの還元率を徹底分析

更新日: プリペイドカード 家計

スターバックスカード(2017 SAKURA)

スターバックスが2017年9月20日からメンバーシップ・プログラム「STARBUCKS REWARDS」(スターバックス リワード)を開始します。

Green Star、Gold Starの2段階となっており、スターバックスカードの利用でポイントのように「Star」(スター)が貯まっていきます。

一定の基準に到達したら「Reward eTicket」が付与され、ドリンク、フード、コーヒー豆などがもらえます。

還元率は初回の交換時は最大3.5%、2回目以降の交換は最大で約9.33%となります。

その他、ドリップコーヒー購入時、同日なら2杯目が108円(税込)、オリジナルグッズ・イベントへの招待・プレゼント等の限定企画、新商品の先行購入などのベネフィットを享受できます。

スタバの新しいポイント制度のようなロイヤルティ制度のメリット、デメリット、お得な使い方について徹底的に解説します。


スターバックス リワードの登録手順

スターバックスコーヒーの店舗

スターバックス カードをWeb登録すると、スターバックスリワードに参加することになります。入会金・年会費などは無料で参加に費用は一切かかりません

氏名、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、性別、生年月日が必須登録項目となっています。

これらの個人情報の登録がイヤな場合は参加できません。一度登録したら登録更新手続きは不要です。

iPhone(App Store)またはAndroidスマホ(Google Pay)にダウンロードしたスターバックス ジャパン公式モバイルアプリか、公式サイトでWeb登録することが可能です。

物理型のスターバックスカードがない場合でも、公式アプリでデジタルカードを発行できます。実物のカードは全く不要です。

スターバックス ジャパン公式モバイルアプリ

スタバ店舗ではカードタイプのスターバックス カードをもらえます。物理型カードは無料ですが、発行時には1,000円入金する必要があります。

スターバックス カードは5,000円チャージしたら、926円(税抜)までのドリンクなら何でも無料のドリンクチケットプレゼントのキャンペーンが魅力的です。

金額が926円(税抜)を超える場合は、差額料金を支払えばOKです。

スターバックスの高級コーヒー「STARBUCKS RESERVE」が飲める店舗では、これらも飲むことができます。

ウォーレンフォード ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒースターバックスカードで飲んだSTARBUCKS RESERVE (2)

以前に1,400円(税抜)の「ウォーレンフォード ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒー」を、スターバックスコーヒーのドリンクチケット(926円)との差額(税抜474円・税込511円)で飲めました!

スターバックスカードは5,000円入金でドリンクチケットが最大の魅力!使い方まとめ!2017年最新版
スターバックスカードというプリペイドカードがあります。スターバックスの店舗でのお会計に使えるカードです。繰り返しチャージして...

既にスターバックス カードをWeb登録している場合は、自動的にスターバックス リワードの対象となります。

会員ランクは「Green Star」と「Gold Star」の2種類

スターバックス カードをWeb登録すると、カードでの支払いでスター(ポイントのような概念)が貯まるようになります。

クレジットカード払い、現金払い等は対象外であり、スターバックスカードの支払いのみが対象です。利用から24時間以内に反映されます。

スターは50円(税抜)ごとに貯まり端数も対象

まずは「Green Star」からリワードが始まり、50円(税抜)ごとに「Green Star」が1つ集まります。税込ですと付与単位は54円です。

54円(税込)未満の端数分もStarの計算に含まれます。例えば、570円の支払いをした場合、端数の30円(570円-540円)が無駄になるわけではありません。

10スターが付与されて残りの30円分はプールされて、例えば次回に510円の決済を行ったら、30円+510=540円となり、再度10スターを獲得できます。

公式アプリやWebサイト上の表示では小数点第1位まで表示されます。例えば、7.7Stars、8.8Stars、9.6Starsといった具合に示されます。

ルミネカードでルミネで買ったスターバックスのアイスティー

還元率は初回の交換が3.5%、2回目以降は約9.33%

Green Starを250Stars集めるとランクアップとなり、その後一年間はGold Starを集められるようになります。集めたGreen Starは消滅します。

1年間に13,500円(税込)の支払いをスターバックスカードで行うと、ゴールドスターという上級ポイントを貯められるようになります。

1ヶ月あたり1,125円(税込)の支払いが必要になります。1ヶ月に2回行く方ですと1回あたり約563円、1ヶ月に3回なら1回375円、毎週行く場合は1回約282円の支払いでOKです。

Gold Starも54円(税込)あたり1 スターを獲得できます。 ゴールドスターが150Starに到達したら、「Reward eTicket」が1枚もらえます。

スターバックス リワードのスター獲得状況(アプリ画面イメージ)

合計利用額はGold Starになってから8,100円(税込)が必要です。1ヶ月あたり675円(税込)の支払いが必要になります。

1ヶ月に2回行く方ですと1回あたり約338円、1ヶ月に3回なら1回225円、毎週行く場合は1回約169円の支払いでOKです。

Reward eTicketとは、全国のスターバックス店舗の販売商品のいずれか1品と交換できるデジタルクーポンです。

ドリンク、フード、コーヒー豆などに利用でき、上限は756円(税込)となります。お釣りは出ないのでできるだけ高い品物と交換するのがお得です。

スターバックスの店舗

Green Starの段階では、いくらポイントを集めても「Reward eTicket」はもらえません。

つまり、最大756円の価値がある「Reward eTicket」を得るために、初回は合計400スターが必要になり、21,600円(税込)の支払いが必要になります。還元率は最大3.5%です。

  • Green Starの段階:250スターの獲得に13,500円(税込)必要
  • Gold Starになってから:150スターの獲得に8,100円(税込)必要

ただし、一度Gold Starを貯められるようになったら、それ以降は8,100円(税込)ごとに756円相当のタダ取りが可能になります。

したがって、2回目の交換以降は、スターバックス リワードは還元率が最大約9.33%に昇華します。

  • 初回の交換:還元率 最大3.5%
  • 2回目以降の交換:還元率 最大約9.33%

上級会員資格の保持には毎年13,500円の支払いが必要

一度Gold Starになったとしても、1年間で250 Gold Starを獲得しなかったらGreen Starにランクダウンとなります。

JALグローバルクラブ(JGC)やANAスーパーフライヤーズカード(SFC)は、一度基準を突破したら、後は利用しなくても資格を維持できます。

しかし、スターバックス リワードはそうではありません。毎年の利用実績が問われます。

イメージ的にはJALマイレージバンクの「JMB FLY ON プログラム」、ANAマイレージクラブの「プレミアムメンバーサービス」に似ています。

Green StarからGold Starへの切り替え手続きは不要で、250スターを獲得したら自動的に切り替わります。

アップグレード時の端数Starは、ゴールドスターに付与されるので損することはありません。

例えば、247 Green Starsを保有している状態で10スターが付与されたら、端数の7スター(247+10-250)はGold Starとして貯まります。

集めた各Starの有効期限は、付与から1年後の同月末日迄です。最短で約12ヶ月、最長で約13ヶ月となります。

  • 2017年9月30日付与→2018年9月30日まで有効
  • 2017年10月1日付与→2018年10月31日まで有効
  • 2017年10月31日付与→2018年10月31日まで有効

STARBUCKS REWARDS会員限定特典

スターバックスカード シティ 東京

Starが貯まってeTicketがもらえるのが、スターバックスリワードのメインの特典です。

イメージ的にはクレジットカードの利用でポイントが貯まってアイテムに交換できるのと同じです。

しかし、スターバックスリワードにはStar以外のベネフィットも用意されています。

不定期でGold Star限定プレゼント企画もあります。

特典 Green Star Gold Star
新商品の先行購入(店舗orオンラインストア)
One More Coffee(ドリップコーヒー2杯目100円)
コーヒーセミナー先行予約
オンラインストアでのお買い物・限定商品の購入
オリジナルグッズや、イベントへのご招待などの限定企画
スターバックス カード管理サービス
(オンライン入金、オートチャージ、残高移行、残高補償サービス等)
Reward eTicket ×
Gold Star限定プレゼント企画 ×

スターバックス カード管理サービスは、これまでもスターバックスカードがあれば行えていたものと同一です。

One More Coffeeとは、ドリップコーヒー購入時に同日なら2杯目が100円(税抜)となる制度です。

実際の支払額である税込金額だと108円です。同一店舗ではなくてもOKなので利便性が高いです。個人的にも愛用しています。

スターバックスのアイスコーヒースターバックスのコーヒー 

これまでは誰でも2杯目108円でしたが、2017年11月1日からはスターバックス リワード会員限定の特典になります。

Web登録済みのスターバックス カード以外で購入した場合は、162円(税込)と+50%の値上げとなりました。


スターの付与の対象・移行・合算

スターバックスリワードでは、リアル店舗でのスターバックス カードでのお買い物(商品・サービス全て)がスターの付与対象です。福袋も除外されていないので対象だと思われます。

スタバ(スターバックス)の福袋のネタバレ!2018
休憩、待ち合わせ、作業、食事、おやつなど多様な用途があり、もはやなくてはならない存在であるスターバックス(Starbucks)は、毎年...

Starbucks eGif、アルコール飲料、2杯目100円の「One More Coffee」、コーヒーセミナーの支払いに対してもしっかりとポイントが付与されます。

ただし、オンラインストアでの購入、スターバックスカードへのチャージ・入金・残高以降は対象外となります。

これまでスタバでスターバックスカードで支払った分にはスターは付与されません。2017年9月20日からの利用分のみとなります。

1つのアカウント(個人)単位で貯まるので、家族や友人で支払額を合算することはできません。複数のアカウントを持っている場合でも、まとめることは不可能です。

1アカウントに複数のスターバックスカードを登録した場合は、どのカードで支払ってもスターが貯まります。

スターバックスカードのカード管理画面

スターバックス カードの登録を解除して登録枚数が0枚になると、Starが付与されなくなります。ただし、再度1枚以上登録すれば再開されます。

デメリット

スタバの期間限定ドリンク

スターバックス リワードのデメリットは、スターバックスカードでの購入が必須となる点です。

ルミネ内のスタバではルミネカードで決済すると、いつでも5%OFFとなり、年数回のセール期間中は10%OFFとなります。

ルミネのバーゲン・セールと10%オフまとめ!安くてお得にお買い物できる
ルミネという都市型百貨店があります。JR東日本が運営しており、オシャレで実用的な店舗が揃っています。お買い物と食事が楽しめて人...

その他でも商業施設内のスタバ等では、商業施設のクレジットカード等を活用するとお得になるケースがあります。

まだ現金払い?スターバックス(スタバ)でコーヒーを安く買う方法まとめ
スターバックス(スタバ)が上場廃止しますね。優待族としては残念無念です。しかし、今後もスターバックスを愛用すると思います。雰囲...

しかし、こうした支払い方法を駆使していたら、スターバックス リワードのスターは一向に貯まりません。

クレカの特典か、リワードの特典のどちらか片方を選択する必要があります。

スターバックス リワードのポイントで交換できる「Reward eTicket」は最大で約9.33%還元となるので、スタバのヘビーユーザーであれば、こちらを選ぶ方がお得になります。

スタバの洋梨のタルトスタバのラップサンド スターバックス(スタバ)のサンドイッチ スターバックスのコーヒーとキッシュとサラダラップ スターバックスのケーキ スターバックスのキャラメルマキアートとソイラテ

スターバックスリワードではクレジットカードの活用がお得

スターバックスリワードでのスターの獲得はスターバックスカードの利用が条件です。

VISA、Mastercard、JCB、AMEX、Dinersが利用可能です。国内発行クレジットカードのみ利用できます。海外発行のクレカではチャージできません。

スターバックスカードにはクレジットカードでチャージできて、ポイント・マイル・キャッシュバック等の付与対象のクレカが大多数です。

基本は特典が充実したクレジットカードや、高還元クレジットカードの決済がおすすめです。

節約に役立つおすすめのクレジットカードまとめ!お得で便利に!2017
「生活費の支払いでクレジットカードを有効活用していきたくてアドバイスをほしい」とコメント頂きました。生活費を良いクレジットカ...
高還元率のおすすめクレジットカードまとめ!2017年最新版
クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが還元率です。年間のクレカ利用額が多い場合は、たとえ年会費がかかっても高還元率の...

その中でも特にスターバックスカードへのチャージで特別に高還元になるカードについて以下で述べます。

auユーザーはau WALLETで合計6%還元

au WALLETでスターバックスカードのオンラインチャージを決済すると、200円ごとに7ウォレットポイントが貯まります。還元率3.5%です。

ウォレットポイントはau WALLETに交換すると、1ポイント1円でマスターカード加盟店で使えるので、現金同様です。

au WALLETへのチャージもクレジットカードを活用すると更にお得です。代表的カードはOrico Card THE POINTです。

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)はネット通販で驚きの高還元!メリット・デメリット・使い方まとめ
オリコが発行している高還元率のクレジットカードがあります。「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)です。年会費無料、...

Orico Card THE POINT(Mastercard)でau WALLETにチャージすると、1,000円につきオリコポイントが10ポイント得られます。オリコポイントは1,000ポイントを1,000 WALLETポイントに交換できます。

au WALLETにチャージ時のオリコポイント1%+スターバックスカードにチャージ時のWALLETポイント3.5%のWALLETポイントで、合計4.5%還元となります。

Orico Card THE POINTは入会から半年間はポイント2倍なので、合計5.5%還元となります。

ちなみにWALLETポイントはスターバックスカードに交換できますが、au WALLETへのチャージにした方がいいです。

例えば、1,000WALLETポイントをスターバックス カードにチャージした場合は1,000円相当にとどまります。

しかし、1,000WALLETポイントをau WALLETにチャージして更にスターバックスカードにチャージすると、35WALLETポイントが得られるので、合計1,035円相当となります。

dカード

dカードというドコモのクレジットカードがあります。年1回の利用で年会費が無料となり、カードの還元率が1%です。

dカードで貯まるdポイントは、ドコモ利用料金だけではなく、ローソン・マクドナルド等の加盟店で1ポイント1円で使えます。

また、Pontaポイントと1対1で交換できるので、ドコモユーザー以外でも利便性が高いです。

dポイントカード誕生!dポイントとPontaポイントの相互交換も可能
NTTドコモが2015年12月から「ドコモポイント」を「dポイント」に変更します。Ponta(ポンタ)と相互交換・利用ができるようになります。...

dポイント特約店とは、カード決済による1%とは別に、更にdポイントが貯まる店舗です。

スターバックスカードへのオンライン・チャージもdポイント特約店です。特別に3%のdポイントが貯まり、カード決済の1%と合わせて合計4%還元となります。

dカードはドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードです。スタバをよく使う方ですと、スターバックスカードへのオンラインチャージ用で使うとお得です。

dカードとdカード GOLDのメリット・デメリット・使い方まとめ
dカードというドコモ(docomo)のクレジットカードがあります。dカード、dカード GOLDの二種類があります。ドコモの利用料金だけではな...

JCBカードは2.5%還元!

スターバックスは、「JCB ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」です。

JCBオリジナルシリーズのクレジットカードは、スターバックスでの利用でポイント5倍で(還元率2.5%)となります。

JCBオリジナルシリーズのJCBカードは、通常1,000円につきOki Dokiポイント1ポイントが貯まります。

スタバでの利用は1,000円につき4ポイントのボーナスポイントが付与されて合計5ポイントとなります。

500ポイントでスターバックスカードに2,500円チャージできます。かなりお得です。JCBのプロパーカードをお持ちでしたら、スタバで大活躍します^^

JCBのプロパーカードに加入してクレジットヒストリーを積み上げると、ディズニーのVIP専用レストランのランチ無料が特典でもらえる「JCBザ・クラス」のインビテーションが届く可能性があります。

JCB THE CLASSへの修行中などの際には便利でお得ですね!

JCB ORIGINAL SERIES

JCB ORIGINAL SERIESの主なクレジットカードの一覧は下表のとおりです。

JCB ORIGINAL SERIES

カード名年会費(税込)特徴
JCB一般カード年50万円以上で無料「JCB ORIGINAL SERIES」のスタンダードカード。パートナーの店舗では高還元
JCB CARD EXTAGE無料(5年以内に解約すると2,160円)20代の若年層向けカードでポイント優遇
JCB GOLD EXTAGE3,240円20代の若年層向けゴールドカードでポイント優遇
JCB CARD W / W plus L無料39歳以下の方が発行できて40歳以上も継続利用可能。基本還元率が1%。plus Lの方は女性向け特典が付帯
JCBゴールドカード10,800円空港ラウンジ、トラベルサービス、健康・介護・育児などに関する無料電話相談、充実した保険など特典充実
JCBゴールド ザ・プレミア10,800円ゴールドカードの特典に加えてプライオリティ・パス、京都ラウンジを利用可能
JCBプラチナ27,000円上質の24時間コンシェルジュ、USJラウンジ、海外ラグジュアリーホテルプランなど豊富なの特典
JCB THE CLASS54,000円コンシェルジュやディズニーラウンジ、ディズニーのVIP専用レストランでの無料食事など至高の特典

JCBゴールドは、2年連続100万円以上使うと、プライオリティ・パスが無料で使える「JCBゴールド ザ・プレミア」が使えるようになります。

JCBゴールド ザ・プレミアは、プライオリティパス無料、レストラン30%OFF(ダイニング30)等のプレミアムな優待サービスがあります。

また、ディズニーランドのVIP専用レストランで無料で食事を楽しめる特典がある「JCB THE CLASS」への道が開けるのが魅力的です。

JCB ORIGINAL SERIES 公式サイト

JCB THE CLASSの詳細については、以下で徹底解説しています。

JCB THE CLASS(ザ・クラス)のメリット・インビテーションまとめ!JCBのブラックカード!
わが国が誇る国際ブランドJCBの最上位カードは「JCB THE CLASS」(JCBザ・クラス)です。日本が誇る至高のカードであり、カードフェイス...

その他、おすすめのプラチナカードについては、プラチナカードのランキングをご参照ください。その中でも特に優れたカードは以下で徹底的に解説しています。

メリット絶大でお得!おすすめプラチナカードの比較まとめ
アメリカン・エキスプレスが1984年に世界で初めて「プラチナカード」を発行しました。当時は最上位カードでした。その後、幾多の競合...

クレジットカードの頂点であるブラックカードについては、以下で精緻に分析しています。

ブラックカードの比較まとめ!年会費・特典・限度額などを精緻に分析
アメリカン・エキスプレスが1999年に世界で初めて一般的なプラチナカードの上位カード「センチュリオン・カード」を発行しました。幾...

エポスカード

丸井のクレジットカード「エポスカード」は、スターバックスへのオートチャージ・オンライン入金の利用でポイントアップのキャンペーンを開催することがあります。

エポスカードのスターバックスカードへのチャージでポイントアップキャンペーンを

例えば、2016年11月1日(火)~12月25日(日)は、エポスポイント10倍で還元率5%となります。プラチナ・ゴールド会員はなんと15倍で還元率7.5%です!

スターバックスカードへのチャージで5%~7.5%還元!エポスカードのキャンペーンが激熱
2016年11月1日(火)~12月25日(日)までの2ヶ月弱、スターバックスカードのオンライン入金ご利用でエポスポイントがお得にたまるキャン...

毎年、スターバックスカードへの5,000円以上のチャージでドリンク券プレゼントのキャンペーン期間に、ポイント10~15倍のキャンペーンを行うので、二重にお得になります。

エポスカードで貯まるエポスポイントは、スターバックスカードへの交換や、チャージが可能です。エポスカードについては以下で徹底解説しています。

エポスカードのメリット・デメリット・ルミネカードとの比較まとめ
エポスカード(EPOS CARD)という丸井のクレジットカードがあります。サブカードとして利用すると最高にお得なカードです。マルイでの...

エポスカードは年会費無料のエポスゴールドカードへのインビテーションが届くのも魅力的です。特典が充実していてコスパ良好のゴールドカードです。

エポスカードにはゴールドカードがある!メリット・デメリットまとめ
エポスカードという丸井のクレジットカードがあります。エポスカードにはゴールドカードもあります。「エポスゴールドカード」という...

ANAカード

ANAカードはスターバックスのwebサイトからチャージすると、クレジットカードのポイント・マイルとは別に、100円あたり1マイルが得られます。

ポイント・マイル二重取りとなるため、店頭ではなくWebサイトからチャージしましょう。

年会費86,400円~167,400円のANA プラチナ・プレミアムカードを除くと、ANAカードの中でお手軽で高還元なのは、以下2つのカードの2枚持ちです。

スターバックスカードへのチャージで合計で2.57%以上のマイルが得られます。ソラチカカードの詳細は以下で徹底解説しています。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)のメリット・デメリット・マイルをザクザク貯める使い方まとめ
ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)というクレジットカードがあります。ANAカードには幾多のカードがありますけれども、一般の...

ANA VISA/マスター 一般カードもマイ・ペイすリボに登録すると高還元になります。

マイ・ペイすリボは初回の手数料は無料なので、毎月、支払額のほんの少し下の金額にリボ金額を設定して、少額のリボ払いを発生させると、マイル付与率が1.3%となります。

スターバックスカードへのチャージで合計で2.3%のマイルが得られます。ソラチカカードとの併用だと手間はかかりますが、最大2.57%まで上昇します。

ANA VISA/マスター 一般カードのメリット・デメリットまとめ!マイル付与率が最大1.585%
ANA VISA/マスター一般カードというクレジットカードがあります。ANA(全日空)と三井住友カードが提携して発行しているANAカードです。...

年会費は高いものの、ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードとソラチカカードの併用だと最大2.71%まで上昇します。

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードのメリット・デメリットまとめ!マイル付与率が最大1.72%
ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードというクレジットカードがあります。ANA(全日空)と三井住友カードが提携して発行しているANA...

あらゆるANAカードの比較については、以下で徹底的に解説しています。

おすすめのANAカードを徹底的に比較!個人的口コミまとめ
ANAカードというクレジットカードがあります。全日本空輸(ANA)が大手クレジットカード会社と提携して発行している航空カードです。ANA...

まとめ

スターバックスの店舗

スターバックス リワードはスタバの新しい会員プログラムであり、クレジットカードのポイント制度に類似したサービスです。

無料で利用できます。iPhone・Androidスマホがあればデジタル会員証を発行できるので、いつでもサクッと簡単に初められます。

Green Star、Gold Starの2段階となっており、スターバックスカードの利用で50円(税抜)ごとにStarが貯まっていきます。

1年間に合計13,500円(税込)に達すると「Gold Star」になり、それ以降は8,100円(税込)の利用ごとに「Reward eTicket」が1枚もらえます。

756円(税込)までの品物1つと交換できます。お釣りは出ないので、できるだけ高い品物と交換するのがお得です。例えば540円の商品と交換した場合216円がもらえるわけではありません。

還元率は初回の交換時は最大3.5%、2回目以降の交換は最大で約9.33%となります。

Gold Starになってからも、毎年250スターを獲得し続ける必要があります。

一度でも逃すと再びGreen Starからとなり、チケットまで400スター(税込21,600円)が必要になります。

最後にスタバの「スターバックス リワード」のベネフィットをまとめると下表のとおりです。

特典 Green Star Gold Star
新商品の先行購入(店舗orオンラインストア)
One More Coffee(ドリップコーヒー2杯目100円)
コーヒーセミナー先行予約
オンラインストアでのお買い物・限定商品の購入
オリジナルグッズや、イベントへのご招待などの限定企画
Reward eTicket ×
Gold Star限定プレゼント企画 ×

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-プリペイドカード, 家計
-

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.