au PAY カード(旧au WALLET クレジットカード)2020!メリット・デメリット・使い方まとめ

更新日: クレジットカード

au PAY カード

au PAY プリペイドカードに続いて、au PAY カード(旧au WALLET クレジットカード)が登場しました。

au WALLETは、事前にチャージする必要があり、プリペイド型の電子マネー・デビットカードのようなタイプのカードでした。au PAY カードは、その名の通りクレジットカードです。

auじぶんカードの後継カード的な位置づけのクレカです。概要、メリット、デメリットについて、2020年の最新の状況をわかりやすく徹底的に解説します。

au PAY カードとは

au PAY カードの決済ブランドはVISAかMastercardです。当初はVISAのみでしたが、2015年5月26日からは、Mastercardも選べるようになりました。

全世界やネットショップのVISA、Mastercard加盟店で、お買い物等での決済に利用できます。

VISAとMastercardは世界中で加盟店が多いのがメリットです。地球上で幅広く使える圧巻の決済力があります。

JCB・アメックス・ダイナースクラブは海外では使えない加盟店も多く、結局サブカードとしてVISAかMastercardを持たざるを得ません。

事実、クレジットカードの売上高の世界シェアは、Visaが50%で1位、Mastercardが26%で2位です(NILSON REPORT 2018年4月)。この2つで約76%と圧倒的なビッグ2となっています。飛車角です。

  1. Visa:50%
  2. Mastercard:26%
  3. UnionPay(銀聯):20%
  4. Amex:3%
  5. JCB:1%
  6. DinersClub/DISCOVER:1%

お店のレジでau PAY カードを渡せば、暗証番号の入力やサインで支払いが可能です。

auサービス(au携帯・auひかり・auひかりちゅら等)の契約者の方が申し込めます。個人名義の契約が必要であり、法人名義のカードは発行できません。

年会費は無料です。ただし、auを解約・一時休止すると、1,250円(税抜)の年会費が発生します。

ETCカードもあります。発行手数料は1,000円(税抜)で、年会費は無条件で無料です。キャッシング機能もあり、キャッシングサービス、カードローンも利用可能です。

au PAY クレジットカードの表面・裏面の説明

au PAY カード、ゴールドカードは即時利用サービスも開始しており、より一層便利で使いやすくなっています。

au PAY カード、ゴールドカードが2018年6月12日から、カードが届く前にクレジット決済が可能になる「即時利用サービス」を開始しまし...

au PAY カードのメリット

還元率1.0%でWALLETポイントが貯まる。

au PAY カードは200円(税込)ごとに2WALLETポイント貯まります。還元率は1.0%です。年会費無料のクレジットカードとしては合格水準の高還元です。

au WALLETは公共料金やクリックポストなど一部支払できないものがありますが、au PAY カードはこれらも支払うことができます。

au WALLET カード(プリペイド)へのチャージの場合は、200円(税込)につき1WALLETポイントとなり、還元率0.5%となる点には留意が必要です。

au PAY プリペイドカード

利用のつど200円ごとにWALLETポイントが貯まるのか、月間の合計額に対して200円ごとに2WALLETポイントが貯まるのかで、端数処理で違いが出ます。

この点、au PAY カードは利用の都度ポイントが発生します。毎回1円~199円の端数が切り捨てられるのは強烈なデメリットのように感じます。

しかし、200円未満の少額の支払いを多発させない限りは、意外にも影響はさほど大きくありません。

2017年12月の1ヶ月間は、au PAY カードと同じく、1回ごとに端数が切り捨てられるアメックスで485,885円使いました。アメックスは100円ごとです。

アメックス・プラチナ

多額の利用をドーンとした訳ではなく満遍なく一般的な日常使いで使用して、利用回数は合計46回、平均利用額は10,563円、利用額の中央値は3,580円です。

485,885円の利用で切り捨てられて損したポイント数は、たったの14ポイントでした。

その他、私は100円未満切捨てのクレジットカードで、合計115,425円利用した例があります。この時に損したポイント数は5ポイントでした。さほど大きな差はないと評価できます。

アメックス・ゴールドを作成して使い始めています。アメックスは利用金額100円毎に1ポイントが付与されます。月間のトータルの利用金...

au PAY カードのポイントが確定した場合、メールで連絡してもらう設定も可能で便利です。

au PAY カードのカードご利用分獲得ポイントのお知らせ

au料金に応じてポイント付与

auショップ

auピタットプラン/auフラットプランの場合、au料金1,000円(税抜)ごとに、契約年数に応じて10~80ポイントが貯まります(最低1%~最高8%)。

それ以外のプランの場合は、au電話料金1,000円(税抜)ごとに10ポイントを得られます(還元率1%)。

au WALLETポイントアップ店だと通常より増量でポイントが貯まる

ポイントが増量するポイントアップ店は、au PAY プリペイドカードの特約店・提携店と同一です。主な店舗は以下の通りです。

ジャンル 店舗名 ポイント付与 還元率
コンビニ セブン-イレブン 200円毎に3ポイント 1.5%
スーパー イトーヨーカドー
ヨークマート
ヨークベニマル
マルイ
キヌヤ
200円毎に3ポイント 1.5%
サンプラザ
サンシャイン
フレッシュバリュー
200円毎に4ポイント 2.0%
ドラッグストア マツモトキヨシ
キリン堂
200円毎に4ポイント 2.0%
ガソリンスタンド 出光 200円毎に3ポイント 1.5%
カフェ スターバックスカード 200円毎に5ポイント 2.5%
レストラン ココス 200円毎に4ポイント 2.0%
ラ・パウザ 200円毎に4ポイント 2.0%
かっぱ寿司 200円毎に4ポイント 2.0%
肉の万世 200円毎に4ポイント 2.0%
ステーキ宮 200円毎に4ポイント 2.0%
梅の花 200円毎に4ポイント 2.0%
牛角 200円毎に4ポイント 2.0%
しゃぶしゃぶ温野菜 200円毎に4ポイント 2.0%
クッチーナ 200円毎に4ポイント 2.0%
北海道イタリアン ミアボッカ 200円毎に4ポイント 2.0%
BARVIDA 200円毎に4ポイント 2.0%
フライングガーデン 200円毎に4ポイント 2.0%
居酒屋 北の味紀行と地酒 北海道 200円毎に4ポイント 2.0%
うまいもん酒場 えこひいき 200円毎に4ポイント 2.0%
甘太郎、ぶっちぎり酒場 200円毎に4ポイント 2.0%
かまどか、三間堂 200円毎に4ポイント 2.0%
いろはにほへと 200円毎に4ポイント 2.0%
NIJYU-MARU 200円毎に4ポイント 2.0%
土間土間 200円毎に4ポイント 2.0%
家電 ジョーシン 200円毎に3ポイント 1.5%
ノジマ 200円毎に3ポイント 1.5%
ファッション FAST NAIL 200円毎に4ポイント 2.0%
はるやま、P.S.FA
フォーエル
200円毎に4ポイント 2.0%
手芸用品 ユザワヤ商事 200円毎に4ポイント 2.0%
書店 紀伊國屋書店
文真堂書店
200円毎に4ポイント 2.0%
映画 TOHOシネマズ 200円毎に4ポイント 2.0%
レンタカー オリックスレンタカー 200円毎に4ポイント 2.0%
アミューズメント BIG ECHO 200円毎に4ポイント 2.0%
スペースクリエイト自遊空間 200円毎に4ポイント 2.0%
スポーツ アコーディア・ゴルフ 200円毎に4ポイント 2.0%
その他 アート引越センター 200円毎に4ポイント 2.0%
得タク 200円毎に4ポイント 2.0%

セブンイレブン、イトーヨーカドー、マツモトキヨシは天下無双の万能戦士であり、これらでポイントがアップするのは嬉しいですね。

マツモトキヨシでの利用は2%スターバックスカードへのチャージは2.5%とかなり高めです。

セブンイレブンイトーヨーカドーマツモトキヨシスターバックスの食事とコーヒー

また、コロワイドグループの居酒屋・レストラン、ココス、肉の万世も2%です。

国内・海外の旅行商品販売サービス「auトラベル」では、クレジットカードのポイントに加えて、1%分のWALLETポイントが特別獲得となり、合計で3%分のポイントが得られます。

ポイントは 1ポイント1円で使える

クレジットカードの国際ブランドと決済端末

au PAY カードで貯めたWALLETポイントは、au PAY カードの支払いや、au料金の支払いに1ポイント1円で使えます。au携帯端末の購入・修理代金としても使えます。

また、1ポイント=1円として、au PAY プリペイドカードへチャージし、Mastercard加盟店での買い物の支払いにも利用可能です。

更に利用金額にポイントを充当することも可能で、便利になっています。

au PAY カード、ゴールドカードは、未確定分のご請求予定額にポイントを充当することが可能です。1,000 WALLETポイントが貯まっている...

au PAY カードで貯まるWALLETポイントは現金同様の利便性です。ポイントをプリペイドカードにチャージして、Apple Payで利用することも可能です。

Apple Payに登録したau PAY プリペイドカード

クレジットカードの請求額に充当するには、au PAY カード会員サイトTOPページの「ポイント」を選択し、「ポイントで支払う」を選択する流れになります。

提携ポイントに交換することもできます。マツモトキヨシ現金ポイント、スターバックスカード、ACCORDIA GOLFポイントに1ポイント1円で交換可能です。

ちなみにWALLETポイントはスターバックスカードに交換できますが、au WALLETカードへのチャージにした方がお得です。

スターバックスカード(4枚の桜柄)au PAY プリペイドカード

例えば、1,000WALLETポイントをスターバックス カードにチャージした場合は1,000円です。

しかし、1,000WALLETポイントをau WALLETにチャージして更にスターバックスカードにチャージすると、20WALLETポイントが得られるので、20円分お得になります。

その他、WALLETポイントは以下に利用することが可能です。

  • auのケータイ料金・通信料金
  • 携帯電話の購入・修理、オプション品購入
  • ゲームや楽曲などのデジタルコンテンツ
  • グルメ・雑貨・家電等と交換
  • au STAR ギフトセレクション
  • au STARクーポン

WALLETポイントの有効期限は、ポイント付与から4年間となります。

ただ、チャージをしたら1ポイント1円でセブンイレブンで使えるので有効期限が切れてしまうことはほとんどないでしょう。

あんしんのメール通知サービス

通知を希望すると、事前設定したメールアドレスに、下記の情報が通知されます。

  • 利用のお知らせ(利用速報)
  • 請求金額確定のお知らせ
  • 支払日のご案内
  • キャンペーン情報など

不正利用を迅速に察知することが可能となります。クレジットカードの不正利用は保障されるのが通常ですが、大きい請求額がドーンと計上されたら気が滅入ります。

クレジットカードの不正利用は数多くあるため、出来る限り早く不正利用を察知できる通知サービスはメリットのひとつです。

紛失・盗難保険

付帯保険サービスとして、以下3つの保険がついています。

  • 紛失・盗難保険
  • お買物あんしん保険
  • 海外旅行あんしん保険

まず第一に、カードを紛失した場合や盗難被害にあった場合の不正利用について補償されます。これは基本ですが、ついていると安心ですね。

年会費無料カードですと、まれに紛失は保障対象外のカードもあります。紛失も対象なのは安心です。

日本国内も対象のショッピング保険

お買物あんしん保険」は動産総合保険であり、カードで購入した商品を90日間補償するショッピング保険です。年間100万円迄で、国内外での購入品が対象です。

年会費無料のクレジットカードにはショッピング保険がないカードも多いです。付帯していても海外での購入のみだったり、リボ払いでの購入が対象となっているカードが多数です。

au PAY カードは年会費無料であるにもかかわらず、年100万円ものショッピング補償があるのは大きなメリットです。

免責金額があり、1回あたり自己負担額が3,000円となります。自己負担があるのはどのクレジットカードでも同じでデメリットではありません。

海外旅行あんしん保険

「海外旅行あんしん保険」は最高2,000万円の海外旅行傷害保険です。利用付帯であり、旅行代金等をau PAY カードで支払った場合が対象です。

補償項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
救援者費用 200万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円(自己負担3,000円)

au PAY カードで渡航費などを支払った海外旅行中のケガ・病気の治療費、携行品の盗難、備品・設備の破損、傷害死亡後遺障害、救援者費用などの損害が補償されます。

海外のビーチのlifeguard

治療費用が最高200万円にとどまっています。年会費無料カードとしては十分ですが、海外は医療費が高額な地域が多く、病院に運ばれて入院したら数百万円といった費用になることもあります。

ジェイアイ傷害火災保険の海外旅行保険事故データを抜粋します。

国・都市 事故の内容 治療・救援費用
ハワイ ディナークルーズで食事を喉に詰まらせ救急車で搬送 372万円
食物の誤嚥と診断され3日間入院
家族が駆けつける
シンガポール クルーズ中に嘔吐・吐血、下船し救急車で搬送 440万円
胃炎と診断され7日間入院
家族が駆けつける
オーストラリア レストランで転倒し腰を強打 388万円
大腿骨頸部骨折と診断され12日間入院・手術
家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送
フランス 夕食後に気分が悪くなり倒れ、頭を強打。翌朝もめまいが続き受診 561万円
ウィルス性内耳炎・硬膜下血腫と診断され13日間入院
家族が駆けつける。医師が付き添い医療搬送

3~7日間の入院でも400万円前後の費用が発生することもあります。このようなデータを見ると、200万円の補償では心許ないですね。

海外旅行保険を上乗せしたい場合は、年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯するBooking.comカード、エポスカード、横浜インビテーションカードをサブカードで持つのがおすすめです。

異なるカード会社が発行する海外旅行保険付きクレジットカードを複数所有している場合、傷害・疾病治療費用保険は、複数のクレカの補償額が合算されます。

au PAY カードに加えてこの3枚のカードを保有していたら、合計で770万円の傷害治療費用、700万円の疾病治療費用の補償を確保できます。

ここまで保険を無料で確保できたら、相当な大病や大事故でない限りはびくともしない難攻不落の体制を築けます。鬼に金棒であり、鉄壁のディフェンスを構築できます。

「Booking.comカード」というクレジットカードがあります。いつでも1%還元でキャッシュバックが受けられて競争力が高いカードです。B...
エポスカード(EPOS CARD)という丸井のクレジットカードがあります。サブカードとして利用すると最高にお得なカードです。マルイでの...
横浜インビテーションカード(ハマカード)というクレジットカードがあります。年会費無料で自動付帯の海外旅行傷害保険がついてくるの...

付帯特典

最大90%OFFのおトクな価格で贅沢体験や厳選アイテムを購入できる人気サイト「au WALLET Market」とサービス連携しています。

時折ポイント還元率がUPするお得なキャンペーンが開催されています。

一例としては、2017年12月までau PAY カード決済で5%ポイント還元キャンペーンが実施されました。

ビックカメラSuicaカードイオンカードセレクト、マルイのエポスカードと同じように、お得な特典がつくのは嬉しいです。

au PAY マーケットが定期的に高還元に!リアル店舗でもお得なキャンペーン

au公式の総合通販サイト「auショッピングモール」とDeNAショッピングが統合して、「au PAY マーケット」というサイトにリニューアルしました。

多種多様なジャンルの品物が揃っており、日常的に使いやすいオンライン・ショッピングサイトとなっています。

  • 日用食料品(米、ドリンク、酒など)
  • レディースファッション
  • ヘルス・ビューティー
  • 家電・AV・カメラ
  • 住まい(インテリア・ペット・花)
  • メンズファッション
  • ゲーム・おもちゃ・趣味
  • アクセサリー・時計
  • キッズ・ベビー
  • グルメ
  • ダイエット・健康食品
  • カラコン・コンタクトレンズ
  • CD・DVD・本
  • スポーツ・アウトドア
  • その他ファッション
  • ブランド
  • 自動車・バイク

Amazonや楽天市場と比較すると品揃えは少ないですけれども、au PAY カード会員限定でお得なキャンペーンが定期的に開催されています。

現在は終了していますが、「ウルトラ感謝祭」ではなんとポイントが+19倍でした。

au PAY カード会員限定のポイントアップキャンペーン

キャンペーン期間中にエントリーのうえで、au PAY カードで決済したら、19倍(19%)のWALLET ポイントがプラスされるキャンペーンが定期的に開催されています。

通常の購入でもらえるお店からのポイントとau PAY カードは別に付与されるので、極めてお得です。WALLET ポイントは現金同様なので利便性が高いです。

au PAY カード会員限定のクーポン

更にau PAY カード会員限定で、1,000円・2,000円・3,000円といったクーポンがプレゼントされることもあります。

au PAY カードはネット通販もお得になるクレジットカードです。また、定期的に加盟店でポイント増額キャンペーンを行っています。キャンペーン期間中は更にお得になります。

セブン-イレブンでは、au PAY カードでのお買い物すると、普段よりもポイントアップするキャンペーンが定期的に開催されています。

一例は200円毎に6ポイント(3.0%)付与、200円毎に11ポイント(5.5%)付与などです。

2018年1月1日~3月31日は、「300万会員突破!総額1億円分プレゼントキャンペーン」が実施されていました。

セブンイレブン

2017年1月16日~2月14日は、au PAY プリペイドカードへのチャージで、新規申し込みの方は8%還元、既に持っている方は5%還元となりました。

au PAY カードは、このようなお得なキャンペーンを定期的に開催しています。

もちろん入会特典も豪華です。人生を豊かでハッピーに彩ってくれます。順風満帆・視界良好で新しい世界へと雄飛できます。

KDDIと三菱UFJニコスが提携して発行している「au PAY カード」というクレジットカードがあります。ゴールドカードの「au PAY ゴールド...

au PAY カードのデメリット

考える女子高生

auを解約・一時休止すると年会費が発生

auサービス(au携帯・auひかり等)の回線を解約・一時休止すると、1,250円(税抜)の年会費が発生してしまいます。

ポイント還元率は1%であり、年会費無料のBooking.comカードP-oneカードと同じ水準であるため、年会費がかかるのは大きなデメリットです。

auユーザーでなくなったら、クレジットカードを維持するメリットがあまりありません。ただ、ポイント増量店を頻繁に利用するのであれば、検討の余地はあります。

他の年会費無料カードとしては、Yahoo! JAPANカードは還元率1%でTポイントが貯まります。数千ポイントの入会キャンペーンが開催されています。

Tポイント提携先ではTポイントと合わせてポイント二重取りが可能です。nanacoチャージでも0.5%のTポイントが付与されます。

Yahoo!ショッピングとLOHACOではポイント3倍となってパワフルです。詳しくは以下で解説しています。

年会費無料のクレジットカードでおすすめできるのは、還元率1.2%のリクルートカードです。クレカ使用で貯まるリクルートポイントをPo...

実際に発行して使い倒したところ、諸々の特典の賜物で大量のTポイントを得られたのが嬉しかったです。Tポイントがお得に貯まるクレジットカードの筆頭です。

Yahoo! JAPANのクレジットカード「ヤフーカード」は、良い評判と悪い評判に分かれています。募集開始してすぐにヤフーカードを作成し...

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめの「ネット通販でお得なカード」としてYahoo! JAPANカードを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

また、通常のクレカ使用で還元率1%、Suicaチャージ・定期券購入等は1.5%で人気が高いビックカメラSuicaカードは、最大6,000円相当のポイントプレゼントキャンペーンを行っています。

ビックカメラが発行しているクレジットカードがあります。ビックカメラSuicaカードです。利便性が高いクレジットカードで、私もフル活...

ポイントが貯まるのは200円毎

また、ポイントが200円ごとに2WALLETポイントが貯まるのは、地味なデメリットです。200円ごとだと、1~199円の利用金額に対して付与されるポイントが0になってしまいます。

100円ごとに1ポイントというクレジットカードもある中で、200円ごとというのはデメリットになります。ただ、1,000円ごとにポイント付与というクレカもありますので、それに比べるとマシです。

au PAY プリペイドカードへのチャージは0.5%に減額

au PAY カードとプリペイドカード

au PAY プリペイドカードへのチャージの場合は、200円(税込)につき1WALLETポイントとなってしまいます。

通常の利用は還元率1.0%ですが、還元率が0.5%となってしまいます。au WALLET利用時に付与されるWALLETポイント0.5%と合わせて合計1.0%です。

au PAY プリペイドカードへのチャージは、漫画君ポイント付与還元の対象カードからチャージするのが最もお得です。

au PAY プリペイドカードというプリペイド式の電子マネーカードがあります。また、Payサービスのau PAYもあり、au WALLETの残高の範囲...

電子マネーへのチャージはポイント対象外

au PAY カードは、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCAなどの電子マネーへのチャージはポイント付与の対象外となります。

電子マネーにチャージしたい場合は、サブカードとして対応のクレジットカードを使いましょう。おすすめのクレジットカードは下表の通りです。

電子マネー カード名 還元率 年会費(税抜)
nanaco セブンカード・プラス 0.50% 無料
楽天Edy リクルートカード 1.20% 無料
タカシマヤセゾンカード 1.00% 無料
エポスカード 0.50% 無料
WAON イオンカードセレクト 0.50% 無料
JALカード(JCB/ClubQ/
VISA/Mastercard)
0.5-1.0% 2,000-31,000円
モバイルSuica ビックカメラSuicaカード 1.50% 年1回の利用で無料
「ビュー・スイカ」カード 1.50% 477円
PASMO TOKYU CARD ClubQ JMB 1.00% 1,000円
ANA To Me CARD PASMO JCB 0.50% 2,000円
To Me CARD Prime PASMO 0.50% 年50万円以上利用で無料
OPクレジットカード 0.50% 年1回の利用で無料
京王パスポートVISAカード 0.50% 年1回の利用で無料
ANA TOKYU POINT ClubQ
PASMOマスターカード
0.5-1.0% マイ・ペイすリボ
利用で751円
JALカード OPクレジット 0.5-1.0% 2,000円
モバイルPASMO
SMART ICOCA
REXカード 1.25% 無料
オリコカードザポイント 1.00% 無料
ヤフーカード 1.00% 無料
リーダーズカード 1.257% 年30万以上利用で無料

WAONチャージでポイントが貯まるのは、イオンカードではイオンカードセレクトのみです。ベネッセ・イオンカードなどのイオンカードはポイント対象外です。

ただし、au PAY カードは、au PAY プリペイドカードへのチャージ時には0.5%のWALLETポイントが得られます。

モバイルSuicaへ直接チャージするのではなく、まずau PAY プリペイドカードにチャージして、au WALLETからモバイルSuicaにチャージすれば、0.5%のポイントが付きます。

ETCカードの発行手数料

車を運転する女性

au PAY カードはETCカードの年会費は無料です。ただし、初回に申し込む際に1,000円(税抜)の発行手数料が発生します。

ETCカードの年会費を避けたい場合は、サブカードとしてカードの年会費・ETC年会費がいずれも無料のクレジットカードを使うとお得です。

本人認証サービスに対応

インターネットのセキュリティのイメージ

au PAY カードは本人認証サービス(3Dセキュア)に対応しています。

「本人認証サービス」は、対応のネット通販でのカード決済の際に、本人にしかわからないパスワード等を入力することにより、第三者によるなりすましを防ぐサービスです。

クレジットカードが盗まれたり、クレジットカード情報が流出した際にも、対応店舗のオンラインショッピングにおいて第三者に不正利用される危険を未然に防ぐことが可能です。

  • VISA:Visa認証サービス
  • Mastercard:Mastercard SecureCode

クレジットカード番号・名前・有効期間・セキュリティコードとは別の暗証番号の入力が必要になります。

本人認証サービスの仕組み

Apple Payに対応!お買い物・Suicaチャージが可能

au PAY クレジットカードとApple Pay

7以降のiPhone、Series 2以降のApple Watchは、おサイフケータイに類似するサービス「Apple Pay」が利用可能です。

Apple Pay(アップルペイ)というiPhone・Apple Watchの決済サービスがあります。日本の状況に的確に対応しており、使いやすくて便利...

モバイルSuicaに類似した仕組みで電車・バス等に乗ることができます。また、iD、QUICPayの店舗でお買い物することが可能です。

Suicaは使えますが、PASMOSMART ICOCA、PiTaPaには対応していません。Suica機能で改札は通過できますが、パスモの定期券は搭載できません。

au PAY カードをApple Payに登録すると、QUICPayとして割り当てられて、全国のQUICPay加盟店でお買い物できます。ポイントも貯まります。

Mastercardブランドのカードの場合、店舗でのお買い物だけではなく、SuicaへのチャージなどApple PayのSuicaの支払いにカードを利用することも可能です。

JR東日本が出しているiPhone用の「Suica」アプリにVISAのカードを登録して、Suicaアプリ内で「クレジットカード」によるチャージを行う場合は、VISAでもSuicaチャージが可能です。

SuicaアプリのSuica一覧画面

au PAY カードはQUICPayの利用だとWALLETポイントが得られますが、Apple PayのSuicaへのチャージはポイント付与の対象外です。モバイルSuicaと同様の取扱いです。

2017年7月4日からは、au PAY プリペイドカードでもApple Payを利用可能になりました。

Apple Payは2017年9月22日から、「Mastercardコンタクトレス」、「JCB Contactless」、「American Express Contactless」を利用可能になりました。

Mastercardブランドのau PAY カードは、Mastercardコンタクトレスも使えるようになります。

海外ではMastercardコンタクトレスの利用可能店舗は多いため、Apple Payがより一層便利になります。

Apple Payで2017年9月22日から、「Mastercardコンタクトレス」、「JCB Contactless」、American Express Contactless(旧・ExpressPay)...

審査基準

au PAY クレジットカード本体

安定的な収入があり、勤続年数が長いほどau PAY カードの審査に有利です。逆に収入が不安定で勤続年数が短いほど不利です。

女性のフリーランスやトレーダーの場合、職業を「家事手伝い」と書いて年収を記載するとクレジットカードの審査に通ったという例があります。

居住している家が、持ち家であると審査にプラス材料です。一般論としては、自分のものではなくても家族の持ち家でもやや有利です。

これまで他のクレジットカードやカードローン、消費者金融、信販、リース、携帯電話の機種の分割料金等で遅延・滞納・延滞があった場合は、審査が厳しくなります。

遅延・滞納・延滞については、信用情報機関(CIC・JICC・全国銀行個人信用情報センター)で管理されており、「CRIN」というシステムで事故情報が共有されています。

パソコンを見ながら確認して書類に記入するOL

au PAY カードを作成する際は、カード発行業務を受託している三菱UFJニコスはこれらの信用情報機関を利用して審査します。

過去2年以内に延滞したり、過去5年以内に自己破産したなどの金融事故情報がある場合は、審査は厳しくなります。

支払いが遅れてもすぐに記載されるわけではありません。支払遅延後にカード会社から通知される期限内に支払えば問題ありません。

2年や5年の期間を過ぎると記載は消滅するため、過去に事故がある場合は、この期間を過ぎるまで待つとau PAY カードが作れるようになる可能性があります。

消費者金融の利用履歴があっても返済が完了していたら審査を通過します。私は投資関連で資金繰りが綱渡りになることがあり、時折カードローンを利用します。

アコムの利用履歴がある状態でも、三菱UFJニコス発行のクレジットカードの審査に通りました。以下はCICに登録されている私の信用情報です。

アコムの信用情報

たとえ消費者金融の利用履歴があったとしても、迅速に返済して残債額が0円であれば、問題なく審査は通過します。

審査において現在の借入金額は重要です。借入金額が年収を超えている場合は確実に審査が通りません。

また、キャッシング枠は、 「年収の3分の1-借入金額」が上限となります。借入金額が多い場合は、キャッシング枠の審査に通らない可能性が増してきます。

カード会社によっては一定の件数以上の借入をしている人はNGという会社もあります。

カードの申込書に記載している項目は基本的には全て審査の内容となっており、スコアリング方式で加点していき、一定水準に達しない場合に原則として審査落ちとする方式のカード会社が多いです。

どの項目に重きを置くのか、どのような内容にプラスの点数を高く付与するのかは各カード会社によってまちまちです。

au PAY ゴールドカードとの比較

au PAY カードとau PAY ゴールドカード

2016年3月22日には、ゴールドカードの「au PAY ゴールドカード」も登場しました。

年会費は10,000円(税抜)です。家族カードの年会費は1名まで無料です。国際ブランドはVisaかMastercardです。

ゴールドカードでは、クレジットカード利用で貯まる通常のWALLET ポイントに加え、利用金額に応じて最大4,500ポイントのボーナスポイントが貯まります。

  • 100万:500P
  • 150万:1,000P(合計1,500ポイント)
  • 200万:2,500P(合計4,000ポイント)

カード利用によるポイントも含めた合計還元率は以下の通りとなります。最大1.35%まで還元率が上がります。

  • 100万円利用時:1.05%
  • 150万円利用時:1.15%
  • 200万円利用時:1.40%

さらに、au PAY カードにはない、au PAY ゴールドカードのオリジナル特典が付帯しています。

  • au STAR加入でデータ定額プランが最大10%還元
  • 海外アシスタンスサービス(ハローデスク)
  • 宿泊予約サイト「Relux」の宿泊5%OFF
  • 空港ラウンジサービスの無料利用(国内31ヶ所+ハワイ)
  • 年間利用額に応じて最大4,000Pのボーナスポイント
  • レンタカー優待

そのほか、海外アシスタンスサービス、国内旅行傷害保険、充実の海外旅行傷害保険などの特典があります。

au PAY ゴールドカードとクレジットカードのどちらが良いのか迷う方もいらっしゃると思います。そこで違いを比較するために主要項目を表にまとめました。

事項 au PAY ゴールドカード au PAY カード
決済ブランド Visa、Mastercard
発行条件 au携帯電話・auひかり等の契約
満20歳以上で本人か配偶者に定期収入 (学生・無職・パートアルバイト除く)
au携帯電話・auひかり等の契約
満18歳以上 (高校生は除く)
本人または配偶者に定期収入のある方
年会費 本会員10,000円 (税抜)
家族会員は1名無料、2名以降1名ごとに2,000円 (税抜)
無料
auの非契約者は本会員1,250円 (税抜)、家族会員400円 (税抜)
ETCカード 発行料:無料
年会費:無料
発行料:1,000円(税抜)
年会費:無料
ポイント還元率 通常1%(ポイントアップ店あり)
年間利用ボーナスポイント -
データ定額プランの優待 最大10%還元 -
Relux優待 -
空港ラウンジ -
海外アシスタンス ハローデスク -
海外・国内レンタカー -
紛失・盗難保険 -
海外旅行傷害保険 付帯区分 自動付帯 利用付帯
傷害死亡・後遺障害 5,000万円 2,000万円
傷害治療費用 200万円 200万円
疾病治療費用 200万円 200万円
救援者費用 200万円 200万円
賠償責任 3,000万円 2,000万円
携行品損害 100万円(免責3,000円) 20万円(免責3,000円)
乗継遅延費用 2万円 -
出航遅延・欠航搭乗不能費用 2万円 -
国内旅行傷害保険 付帯区分 利用付帯 -
傷害死亡・後遺障害 5,000万円 -
入院(1回につき) 5,000円 -
通院(1回につき) 3,000円 -
ショッピング保険 支払限度額 年間300万円 年間100万円
免責金額 3,000円
担保期間 商品購入日から90日間
適用範囲 国内・海外
支払方法 翌月1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払い
キャッシング機能 有(キャッシングサービス、カードローン)
発行審査
発行手数料 無料

au PAY ゴールドカードは年会費が10,000円(税抜)とau PAY カードよりもかなり高めなのがデメリットです。

その代わりに諸々の特典が付帯します。それに年10,000円(税抜)支払う価値はあるかという観点で検討することになります。

au WALLET(ウォレット)にはゴールドカードがあります。「au PAY ゴールドカード」という名前です。従来はau WALLET ゴールドカード...

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんのおすすめゴールドカードは以下でご紹介しています。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...

まとめ

au PAY カードは、auユーザーでポイント増量店を頻繁に利用する場合は、検討し得るクレジットカードです。

auユーザーなら年会費無料で基本還元率が1%であり、メインカードとして使える水準です。

セブン-イレブン、イトーヨーカドー、マツモトキヨシ、出光、スターバックスカードへのチャージなど、au WALLET ポイントアップ店なら1.5%以上の還元率に昇華してお得です。

au WALLET ポイントアップ店

既存のプリペイド式のau PAY プリペイドカードは、チャージ時と利用時にポイント二重取りが可能で、au PAY カードよりもお得になるケースがあります。

au WALLET(auウォレット)には、プリペイドカードとクレジットカードの2種類があります。auとの契約時のキャンペーンでは、au PAY プ...

DCカード Jizileという年会費無料カードですと、auかんたん決済ならau WALLETへのチャージで1.5%のポイントがつき、au WALLET利用時のポイントと合わせて還元率2%です。

ただし、リボ払い専用カードなので、必ず毎月の支払元金が利用額を上回るようにする必要があります。

DCカード Jizile(ジザイル)というクレジットカードがあります。年会費が完全無料のクレジットカードとしては日本一の還元率を誇ります...

Orico Card THE POINTなら1回払いも可能で、いつでもクレジットチャージが1%還元なので、au PAY プリペイドカード利用時と合わせて1.5%還元です。

オリコが発行している高還元率のクレジットカードがあります。「Orico Card THE POINT」(オリコカード ザ ポイント)です。年会費無料...

入会から半年間は、オリコカードザポイントからのチャージで合計の還元率が2.5%、それ以降も1.5%と高還元です。

参考au WALLET(au ウォレット)のメリット・デメリット・使い方まとめ

基本的にはau PAY カードよりも、DCカード JizileかOrico Card THE POINTと、au PAY プリペイドカードの組み合わせの方がお得です。

ただし、WALLETポイントがアップする特約店があり、かつau PAY カードの限定キャンペーンが定期的に開催されています。そのような際にはau PAY カードの方がお得です。

また、得られるポイントはau PAY プリペイドカードにチャージするとMastercard加盟店で現金同様に使えるのが便利です。

au PAY プリペイドカードとau PAY カード

auグループのau PAY マーケット、セブンイレブン等のリアル店舗でお得になるキャンペーンも定期的に開催されていて魅力的です。

また、au PAY カード限定の特典もあり、紛失・盗難保険、お買物あんしん保険、海外旅行あんしん保険などが充実しています。

海外旅行傷害保険は最も利用頻度が高くて重要な疾病・傷害治療費用が200万円とパワフルです。

年会費12,000円(税抜)のアメリカン・エキスプレス・カードは、この補償に関してはたったの100万円に過ぎません。

au PAY カードは、実用性が高い保険が年会費無料カードとしては卓越しており、質実剛健なスペックです。

タブレットを手に持つ笑顔の女性

au PAY カードは、auじぶんcardの進化版のようなクレジットカードです。

カードフェイスもシックでシンプルでかっこよくなりました。変なマークがゴテゴテ記載されているよりはかっこいいです。

カードの引き落とし口座をauじぶん銀行にすると、引き落としの度にWALLETポイントがもらえます。詳細は以下で徹底解説しています。

auじぶん銀行はメリットが大きく、上手く使うと家計を大きく助けることが出来ます。「じぶんプラス」という会員プログラムの活用で、A...

こうして考えてみると、本当にお得ですよね。このような良いクレジットカードを使えば、長い目で見ると10万円・20万円といったリターンを得ることができます。

空前の低金利の時代には、au PAY カードのポイント還元、各種付帯特典は絶大な威力があります。

お得な生活を送れて、浮いた分を貯金したり他のことに使えるようになり、人生を豊かに彩ることができます。

auユーザー以外の方や、電子マネーSuicaへのチャージをする方ですと、ビックカメラSuicaカードも通常のクレカ使用で還元率1%、Suicaチャージ・定期券購入等は1.5%でお得です。

P-oneカードは請求金額から自動的に1%割引されます。Booking.comカードも自動で1%がキャッシュバックされます。

これらのカードはポイントを貯めて交換したり使用する手間がないので便利です。

2015年に新登場したP-one Wizは年会費無料で還元率1.5%とお得です。ただし、リボ払い専用カードで全額一括払いにする設定が必須です。

Yahoo! JAPANカードは還元率1%でTポイントが貯まり、5,000Tポイント以上の入会キャンペーンを行っていてお得です。

年会費が発生してもOKの場合は、高還元のクレジットカードも選択肢となります。

クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが還元率です。年間のクレカ利用額が多い場合は、たとえ年会費がかかっても高還元率の...

飛行機に乗る機会がある方なら、マイルが貯まるクレジットカード航空系クレジットカードがお得です。

JALマイルが貯まるクレジットカードANAマイルが貯まるクレジットカードの他、ダークホースとしてはマイレージプラスカードもバリューが高いです。

ポイントやマイルに興味がない方は、キャッシュバックのクレジットカードがお値打ち。ポイントを貯めて交換という作業も省きたい場合、自動キャッシュバックのクレジットカードだと手間フリーです。

その他のクレジットカードを比較検討したいという場合は、以下のクレジットカード一覧をご参照ください。おすすめクレジットカードについて徹底的にまとめています。

「生活費の支払いでクレジットカードを有効活用していきたくてアドバイスをほしい」とコメント頂きました。生活費を良いクレジットカ...
クレジットカードには多種多様な種類があり、膨大な数のクレカが発行されています。あまりの多さに探しきれない程ですし、評判・口コ...

日本有数のクレジットカードの専門家でいらっしゃる岩田昭男さんのおすすめクレカについては、以下で徹底的に解説しています。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんのおすすめカードには、珠玉のクレジットカードが集結しています。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

多様な項目での最強のクレジットカードについては、以下で論述しています。

クレジットカードには多種多様な種類があります。年会費無料カード、高還元カード、一芸に秀でた特化型カード、航空系カード、ゴール...

-クレジットカード
-

Copyright© The Goal , 2020 All Rights Reserved.