The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

セブンカードとセブンカードプラスのメリット・デメリットを徹底比較!

更新日: クレジットカード

セブンカードとセブンカードプラス

セブン&アイが発行しているクレジットカードがあります。セブンカードセブンカードプラスです。

セブンカード、セブンカードプラス、その他の優良クレジットカードとの比較についてまとめました。年会費・ポイント・キャンペーンなどについて分析しました。


セブンカード

セブンカードは、イトーヨーカドー、セブン-イレブン、デニーズ、西武百貨店、そごう、ヨークマートなどセブン&アイグループの店舗で還元率が高くてポイントが貯まりやすいクレジットカードです。

JCBとVISAの二種類があります。

年会費

初年度は無料です。初年度とは、入会の日から翌年の有効期限月(カードに有効期限として表示されている月)の前月10日までの期間です。

次年度以降は、前年度のクレジットカード5万円以上の利用で無料になります。5万円未満の場合、本会員は500円(税込)、家族会員は200円(税込)となります。

2014年4月に消費増税がありましたが、セブンカードは年会費据え置きで実質値下げとなりました。GMOクリック証券も手数料を実質値下げしましたが、セブンカードも年会費を実質的に値下げしています。

「インフレが望ましい」という観点もあるかもしれませんが、消費者としては安価な方が購買力が増加するので嬉しいですね。インフレ率向上に寄与したいのであれば、自主的にチップを支払ったり寄付すればいいですね。

ポイント還元率

イトーヨーカドー、ヨークマートでの利用は、100円(税抜)ごとに1.5ポイントが付与されます。ポイントはセブンカード/アイワイカード独自のポイントです。

オッシュマンズでのポイント優遇は2017年8月31日で終了し、現在は200円(税込)ごとに1ポイントです。

また、イトーヨーカドーのボーナス対象商品を買うと、ボーナスポイントがもらえます。

イトーヨーカドー

セブンイレブン、デニーズでの利用は200円(税込)ごとに3ポイントが付与されます。

西武百貨店、そごう、セブンネットショッピングでの利用は、200円(税込)ごとに2ポイントが付与されます。

その他JCB/VISAの加盟店や、電気代・ガス代・携帯電話料金などの支払い時には200円(税込)ごとに1ポイントです。一部の「ポイント優待店」では200円(税込)ごとに2ポイントとなります。

まとめますと、セブンカードのポイント還元率は、イトーヨーカドー・デニーズ・セブン-イレブン1.5%、西武百貨店・そごう・一分のポイント優待店1%、その他0.5%です。

貯まったポイントは、イトーヨーカドー、ヨークマートで、会計時に「1ポイント1円」で、1ポイントから支払いに使えます。一定のポイントを貯める必要は全くないのでかなり便利です。

ポイントの有効期限は、当年4月1日から翌年3月末日までに加算されたポイントは、翌々年の3月31日です。例えば、2014年4月~2015年3月のポイントの期限は、2016年3月末です。

有効期間は1~2年です。しかし、1ポイント1円から使えるので、有効期限が切れることはほとんどないでしょう。

また、全国のイトーヨーカドーにてお得意様限定の特別ご優待会に参加でき、季節のおすすめ商品が特別価格で販売されます。

ポイント交換

nanacoポイントに500ポイント→500ポイント(1対1)、ANAマイルに3,000ポイント→1,500マイル(1対0.5)の比率で交換できます。

また、「家族間ポイント移行サービス」が有ります。500ポイント以上100ポイント単位で、家族間(本会員と家族会員)でポイントを移せます。

入会キャンペーン

入会特典として、お支払口座にセブン銀行口座を指定すると、500ポイントがプレゼントされました。また、オンライン入会時に「支払い名人」の登録をすると、500ポイントがプレゼントされました。

「支払い名人」はリボ払いであり、毎月の支払額以上の利用があると手数料がかかるため、毎月の支払額を利用限度額と同じに設定しましょう。

入会時は最高5万円までしか選べません。とりあえず5万円にしておき、カード到着後に限度額を引き上げればリボ払い手数料がかかることはなくなります。

※セブンカードは新規募集を終了しました。

セブンカードプラス

セブンカードプラスにもJCBとVISAの二種類があります。nanacoカード一体型と、既存のnanacoカード・モバイルと紐付けるタイプがあります。

セブンカードが新規募集を停止したので、今後はセブンカード・プラスがセブン&アイグループのメインのクレジットカードとなります。

年会費

初年度は無料です。初年度とは、入会の日から翌年の有効期限月(カードに有効期限として表示されている月)の前月10日までの期間です。

次年度以降は、前年度のクレジットカード5万円以上の利用で無料になります。本人カードと家族カードの利用額の合計で5万円以上です。

5万円未満の場合、当初は本人カードは1,000円(税込)、家族カードは400円(税込)でしたが、2015年4月に嬉しい値下げがありました。

2015年4月10日以降は、2年目以降の年会費が本人カードは500円(税込)、家族カードは200円(税込)になります。前年度に5万円以上利用した場合はこれまでと同じく無料です。

セブンカードプラスも消費増税後も年会費を据え置いて実質的に値下げしています。

セブンイレブンやイトーヨーカドーを日常的に使っていれば、年間で5万円以上は余裕で使いますので、年会費は大きな問題にはなりません。

カードタイプ

セブンカードプラスは以下のニ種類があります。

  • nanaco一体型
  • nanaco紐付型

一体型はセブンカードプラスとnanacoが1枚となっているので、クレカと電子マネーを1枚にできて財布を軽くできます。セブンカードプラスのnanaco一体型の場合は、nanacoの発行手数料は無料です。

紐付型は他のnanacoカードやおサイフケータイのnanacoモバイルにnanacoポイントが貯まるようになります。おサイフケータイでnanacoを使いたい方などは紐付け型となります。

ニ種類のセブンカードプラス

ポイント還元率

セブンカードプラスで貯まるポイントはnanacoポイントです。

セブンイレブン、デニーズ、イトーヨーカドー、ヨークマートでの利用は200円(税込)ごとに3ポイントが付与されます。

オッシュマンズでのポイント優遇は2017年8月31日で終了し、現在は200円(税込)ごとに1ポイントです。

また、セブン-イレブンのボーナス対象商品を買うと、ボーナスポイントがもらえます。これがセブンカードと異なる点でした。

セブンカードの発行終了に伴い、現在はセブンカードプラスはイトーヨーカドーでもボーナスポイントが得られます。

これ以外のお店(西武百貨店・そごう・その他)でのポイント付与は同じです。セブンカード・プラスは、イトーヨーカドー、ヨークマートでのボーナスポイントもあります。

セブンカードプラスのボーナスポイント

セブンカードプラスのポイント還元率は、イトーヨーカドー・デニーズ・セブン-イレブン1.5%、西武百貨店・そごう・一分のポイント優待店1%、その他0.5%です。

1ヶ月分の利用金額合計額に対してポイントが付与されるので、切り捨てがなく無駄なく貯まるというメリットがあります。1回200円未満の買い物でも、1回毎ではなく、1ヶ月の利用金額の合計がポイントの対象となります

他のクレジットカードでは1回毎に端数切り捨てとなるカードも多いです。セブンカード・プラスは端数の無駄がなく、効率的にnanacoポイントを貯められます。

セブンカードで貯まるnanacoポイント

イトーヨーカドーのネットスーパーでセブンカード・プラスを使うと、100円(税抜)ごとに1ポイント貯まります。買い物で付与される0.5%のnanacoポイントと合計して約1.5%の還元率となります。ネットスーパーでもお得です。

その他JCB/VISAの加盟店、ETC、電気代・ガス代・携帯電話料金などの支払い時には200円(税込)ごとに1ポイントです。還元率0.5%です。

貯まったポイントはnanacoに交換して、セブン&アイグループで1ポイントから支払いに使えます。

セブンイレブン、イトーヨーカドー、デニーズ、ヨークマート、ヨークべニマル、西武デパート、そごうなどの会計時や、セブンネットショッピングに「1ポイント1円」で利用できます。

一定のポイントを貯める必要は全くないのでかなり便利です。その他では、ココカラファイン、LOFT、マックハウス、ラウンドワンなどの店舗でnanacoを使えます。

ポイントの有効期限は、当年4月1日から翌年3月末日までに加算されたポイントは、翌々年の3月31日です。例えば、2016年4月~2017年3月のポイントの期限は、2018年3月末です。

有効期間は1~2年です。しかし、1ポイント1円から使えるので、有効期限が切れることはほとんどないでしょう。

ANAマイルに500nanacoポイント→250マイル(1対0.5)の比率で交換することもできます。

nanacoチャージでポイントが貯まる!

2015年3月1日から、セブンカード・プラスで電子マネーのnanacoにチャージすると、200円ごとに1nanacoポイントが貯まるようになりました。還元率0.5%です。

nanacoはセブンイレブン、イトーヨーカドー、デニーズ、西武デパート・そごうなどのセブン&アイグループなどで使うと、100円(税抜)ごとに1ポイントが貯まります。還元率1.0%です。

セブンカード・プラスでnanacoにチャージした時の0.5%と、nanaco利用時の1.0%で合計1.5%還元となります。

セブンカードプラスのnanacoチャージ

これはクレジットカード払いの時と同じですが、nanacoはセブンイレブンで、固定資産税・自動車税・住民税などの税金、国民年金・国民健康保険、電気・水道・ガスなどの公共料金の支払いができるというメリットがあります。

税金や社会保険料、公共料金の支払いではnanaco利用時はnanacoポイントが付きませんが、チャージ時のポイントは付きます。

税金の支払で0.5%分得することができます。これはセブンカードにはないセブンカード・プラスの大きなメリットです。

セブン&アイ(セブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、デニーズ等)でのお買い物は、セブンカード・プラスでクレジットカード決済にしましょう。

クレジット払いは月間合計金額に対して200円(税込)ごとにポイントが付与されますが、nanaco払いは利用1回毎に100円(税抜)ごとにポイントが貯まります。

クレジットカード決済の方が無駄なくポイントが貯まります。デニーズ、イトーヨーカドー、ヨークマートでは、クレジット払いの方がいいでしょう。

オートチャージも可能

セブンカードプラスは他のクレジットカードとは異なり、nanacoのオートチャージも利用可能です。

オートチャージを実行するnanaco残高は、1,000円~10,000円(千円単位)、15,000円、20,000円から選択が可能です。

オートチャージ金額は、5,000円~10,000円(千円単位)、15,000円、20,000円、25,000円、30,000円から選べます。

nanacoのオートチャージの詳細は、以下で丹念に分析しています。

nanacoがオートチャージ可能に!セブンイレブンとイトーヨカドーでセブンカードプラスが対象!
セブン&アイグループの電子マネー「nanaco」(ナナコ)でオートチャージができるようになりました。セブンイレブンとイトーヨカドー...

入会キャンペーン

9月30日までは入会特典として、以下のバナーからご入会すると500nanacoポイントがプレゼントされます。

また、支払口座セブン銀行指定で500ポイント、オンライン入会時に「支払い名人」の登録で500ポイントがプレゼントされます。 更にカード発行後、発行月の翌々月15日までに1万円(税込)クレジット利用で500ポイントがもらえます。最大2,000ポイントです。嬉しいメリットですね。

セブンカード/セブンカードプラス共通の特典

イトーヨーカドー 8のつく日はハッピーデー

毎月8のつく日(8日、18日、28日)は、全国のイトーヨーカドーで食料品・衣料品・住まいの品がカード利用で5%割引になります。

ただでさえ食品や日用品が安価なイトーヨーカドーが更に5%割引になるので、かなりお得な特典です。

しかも約1.5%のポイントもつくので、還元率は合計で約6.5%になります!これはかなりお得です。

野菜もパンもセブンプレミアムも、お弁当・惣菜も、その他お肉も魚も約6.5%還元です。

イトーヨーカドーの野菜売り場イトーヨーカドーののパン売り場イトーヨーカドーのセブンプレミアムお菓子売り場イトーヨーカドーの弁当・惣菜売り場

8日・18日・28日が平日で店舗に行けない場合でも、以前はネットスーパーを使えば約6.5%還元を受けられました。

しかし、現在はネットスーパーは対象外となりました。

イトーヨーカドーのネットスーパーは自宅まで宅配してくれるので、外に買いにいけない場合や、持ち帰りがかさばる大き目の荷物・重い荷物を頼むと便利でした。

イトーヨーカドーのお店を使う場合は月3回も約6.5%還元となるので、かなりお得です。

累積ボーナスポイント

当年4月から翌年3月末までのイトーヨーカドー、ヨークマートでのカード利用の累積ポイント対象金額(税抜)100万円で3,000ポイント(ボーナス還元率0.3%)のボーナスがあります。

150万円で10,000ポイント(ボーナス還元率0.667%)です。150万円以上は100万円ごとに10,000ポイントです。例えば250万円ならボーナス還元率0.8%です。

セブンカードプラスの累計ボーナスnanacoポイント

セブンカードの還元率は0.5~1.5%ですが、イトーヨーカドー等で100万円使ったら0.8~1.8%になります。150万円なら1.167~2.167%です。250万円なら1.3~2.3%です。

イトーヨーカドーのヘビーユーザーの方なら、かなりお得になります。これが大きなメリットです。

QUICPay(nanaco)が利用可能

セブンカードを保有していると、後払い方式の電子マネー「QUICPay」(クイックペイ)を利用できます。電子マネーのnanacoカードには、QUICPayも搭載されています。

nanacoカードの裏面

QUICPayの登録をすると、QUICPayが使えるようになります。「QUICPay(nanaco)」と呼ばれています。

QUICPayはnanaco、楽天Edy、Suicaとは異なり、事前にチャージする必要がないので使いやすい電子マネーです。ドコモのiDと似たJCBのサービスです。

使った金額は後日、登録したセブンカードから引き落とされます。残高を気にする必要がないので利便性が高い電子マネーです。

コンビニ等での少額の決済でクレジットカードを使うのが微妙な場合や、サインか暗証番号の入力が必要な店舗でそれが面倒な場合にも便利です。

QUICPayは、多種多様な店舗で利用できます。主な店舗は下表の通りです。

ジャンル店名
コンビニセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、ポプラ、生活彩家、ローソンストア100、ローソンマート
スーパーイトーヨーカドー、イオングループ、オーケー、アピタ、ピアゴ、阪急オアシス、アークス、平和堂
百貨店等ドン・キホーテ、阪急メンズ大阪/東京、近鉄百貨店、阪急百貨店、阪神百貨店、名鉄百貨店、ジェイアール名古屋タカシマヤ、、JRセントラルタワーズ/JRゲートタワー/ゲートウォーク、なんばCITY、なんばパークス、ル・トロワ、阪急西宮ガーデンズ
ガソリンスタンドENEOS、昭和シェル石油、エッソ・モービル・ゼネラル(セルフSS)
ドラックストアツルハドラッグ、ココカラファイン、富士薬品グループ(セイムス・スマイル・アメリカンドラッグ等)、くすりの福太郎、ドラッグユタカ
食事すき家、壱番屋、すかいらーくグループ、ロイヤルホスト、かっぱ寿司、コメダ珈琲、サガミグループ、鳥どり、海鮮三崎港、味の民芸、響、手延うどん水山、JINJIN、ASIAN LEAF
本・CD/DVDHMV、古本市場、明林堂書店、八重洲ブックセンター
家電ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、エディオン、ヨドバシカメラ、PC DEPOT
タクシー東京無線タクシー、チェカーキャブ、さくらタクシー、日本交通、国際自動車、朝日交通、昭和グループ、明和グループ、名古屋近鉄タクシー、宝交通、東和交通、日の丸自動車
ホテルアパホテル
空港ANA FESTA、新千歳空港ターミナルビル、中部国際空港セントレア、大分空港
レジャーMOVIX、ジャンカラ、スーパージャンカラ、USJ、富士急ハイランド、スパリゾートハワイアンズ、京セラドーム大阪、快活CLUB、福岡 ヤフオク!ドーム、東京ドーム、アドベンチャーワールド、コロナワールド、東京タワー、阪神甲子園球場、キッザニア東京・甲子園
ファッションライトオン、マックハウス、マックハウスプラザ、OUTLET-J、コナカ、メガネスーパー
その他auショップ、モッズ・ヘア、カクヤス

QUICPayにはおサイフケータイで使える「QUICPay モバイル」があります。また、セブンイレブンで特別に0.5%ポイントアップとなるQUICPay (nanaco)もありま す。

QUICPayの詳細・特典については以下で徹底解説しています。

QUICPay(クイックペイ)は、nanacoならポイント二重取りが可能!
QUICPay(クイックペイ)という事前のチャージが不要な後払い型の電子マネーがあります。ドコモのiDと似たJCBのサービスです。クイック...

QUICPay(nanaco)で得られるポイント数は、セブンカードは、セブン-イレブンでは、200円(税抜)あたり1 nanacoポイント+200円(税込)あたりセブンカードのポイント2ポイントです。それ以外の加盟店は200円(税込)あたり1ポイントです。

セブンカードプラスの方は、セブン-イレブンでは200円あたり3 nanacoポイントです。内訳は200円(税抜)あたり1ポイント+200円(税込)あたり2ポイントです。それ以外の加盟店は200円(税込)あたり1ポイントです。

セブン&アイグループではクレジット払いの方が無駄なくポイントが貯まるので、クレジット払いにしましょう。それ以外はクレジット払いでもQUICPayでも変わりありません。

分かりやすく運用するならば、常にクレジット払いを基本にして、クレジットカード払いが不可能でQUICPayは使える店舗では、QUICPay払いにするという使い方が無難です。

オッシュマンズ 第3金曜日・翌土曜日の割引サービス(終了)

2017年8月31日までは、毎月第3金曜日・翌土曜日は、オッシュマンズ(OSHMAN'S )の各店でクレジット払いを利用するとお得でした。現在は終了しています。

カード利用代金引落しの際、お買上げ金額が5%割引になりました。オッシュマンズのショップリストは以下の通りです。

  • 原宿店
  • 新宿店
  • 吉祥寺店
  • ルクア大阪店
  • 千葉店
  • 池袋店
  • 二子玉川店
  • オンライン
  • 軽井沢アウトレット店

ショッピングガード保険(海外)

海外で購入した品物の、偶発の事故による破損・盗難などの損害が補償されます。補償額は最高100万円であり、自己負担額は1事故当たり1万円です。

事前の届け出は不要で、カードでの購入日から90日補償されます。一部の品物と配送中の事故は補償の対象外となります。

また、海外旅行中の万が一の事故や緊急トラブル時に電話で相談できるサービス(JCBプラザコールセンター)があります。24時間/年中無休です。

怪我・病気、クレジットカード、パスポートの紛失・盗難など、海外での不慮の事故やトラブルに日本語・英語でサポートします。

カラオケ館 室料割引サービス

セブンカード/アイワイカード、セブンカード・プラスご提示とクレジット払いで、室料が30%割引になります。パーティーコース、飲み放題、フリータイムは対象外です。

カラオケは昼間はリーズナブルですが、夜は高めですので、こうした30%割引の特典があると嬉しいですね。

キャンペーン

定期的にセブンカード/アイワイカード、セブンカード・プラスが対象のお得なキャンペーンが開催されます。

2015年8月末までは、「セブン-イレブンでnanacoポイント2倍プレゼントキャンペーン」が行われていました。

セブンイレブンでのポイント2倍キャンペーン

期間中、セブンカード・プラスでセブンイレブンでお買い物すると、通常は200円(税込)あたり3nanacoポイントが、6nanacoポイントも貯まります。還元率が3.0%ですのでとてもお得です!

2015年12月19日(土)~2016年1月3日(日)、2016年6月20日~8月31日、2017年12月19日~2017年1月3日も同じnanacoポイント2倍キャンペーンが行われていました。

また、「使って当てよう!キャンペーン2015」が行われていました。キャンペーンに参加登録し、期間中にクレジット払い合計50,000円(税込)以上の利用で、抽選で10名様に100,000ポイント、3,000名様に1,000ポイントがプレゼントされました。

期間中の支払いが合計50万円(税込)以上になると、口数が10倍となりました。

セブンカードの使って当てよう!キャンペーン2015

2016年3月29日から6月15日までは、利用金額に応じて最大10万ポイントが当たるキャンペーンが開催されていました。

合計10万円以上利用した場合は最大10万ポイント、5万円以上の場合は最大1万ポイント、3万円以上の場合は最大1,000ポイント、1万円以上の場合は500ポイントが当たりました。

セブンカードプラスは定期的にこのようなお得なキャンペーンを行っているのでお得です。

Apple Payに対応!お買い物・Suicaチャージが可能

JCBカードとApple Pay

iPhone7 / 7 Plus、Apple Watch Series 2から、おサイフケータイに類似するサービス「Apple Pay」が利用可能になりました。

Apple Pay(アップルペイ)のメリット・デメリット・使い方・仕組み・日本対応まとめ
いよいよApple Pay(アップルペイ)が日本対応して、わが国においても使いやすくて便利な仕組みとなりました。モバイルSuicaに類似した...

モバイルSuicaに類似した仕組みで電車・バス等に乗ることができます。また、iD、QUICPayの店舗でお買い物できるようになります。

ANAスキップサービスにも対応して、iPhoneでANAの飛行機に搭乗できます。今後も対応の電子マネーは拡大していくことが見込まれます。

iPhoneでお店でお買い物をしたり、電車・バスなどに乗ることができるようになります。アップルペイは2016年10月25日から日本でサービスを開始しました。

Suicaは使えますが、PASMOSMART ICOCA、PiTaPaには対応していません。Suica機能で改札は通過できますが、パスモの定期券は搭載できません。

iPhone 7にフェリカの読み取り機と信号をやり取りする機能を搭載されます。フェリカ対応の読み取り機があるコンビニ、自販機、改札などで、iPhoneでの決済が可能となります。

ついにiPhoneにおサイフケータイ導入!FeliCa搭載でアップルペイを2016年10月から開始!
アップルがiPhone 7にFeliCa(フェリカ)を搭載することになり、2017年に日本でスマホを使った決済サービス「アップルペイ」を開始する...

アップルが発表したApple Payのスライドの中で、一際大きく取り上げられていたのがJCBカードです。

JCBオリジナルシリーズのカードが目立つ形で掲載されています。Apple Payに登録できる代表的カードとして認知されています。

Apple Payのクレジットカード登録

JCBもいち早くプレスリリースを発表しており、Apple Payに深くコミットしていることが伺えます。JCB発行のJCBカードならSuicaチャージも可能です。

セブンカードプラスでも、JCBブランドの場合はApple Payが利用可能です。VISAの方は使えません。

セブンカードプラス(JCB)をApple Payに登録すると、QUICPayとして割り当てられて、全国のQUICPay加盟店でお買い物できます。Oki Dokiポイントも貯まります。

QUICPay(クイックペイ)は、nanacoならポイント二重取りが可能!
QUICPay(クイックペイ)という事前のチャージが不要な後払い型の電子マネーがあります。ドコモのiDと似たJCBのサービスです。クイック...

QUICPayに割り当てられた場合、「QUICPay+」の機能もあるため、QUICPay+加盟店では2万円を超える金額も決済できます。加盟店はビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ、Right-on、auショップ等です。

セブンカードプラス(JCB)の場合、店舗でのお買い物だけではなく、SuicaへのチャージなどApple PayのSuicaの支払いに利用することも可能です。

ただし、QUICPayの利用分はポイントの対象ですが、Suica利用分は対象外です。モバイルSuicaへのチャージがポイント付与の対象外であるのと、Apple PayのSuicaも同じ取扱いになりました。

Apple PayとSuica、国際ブランドの関係については、以下にまとめています。

Apple PayでVisaはSuicaが使えない!JCB・MasterCard・アメックスは使える!ダイナースクラブは非対応
ついに日本でも始まった「Apple Pay」。当初はクレジットカードの国際ブランドのうち、JCB、MasterCard、アメックスが便利に使えます...

セキュリティも高く、安心に利用できるような頑健ない仕組みとなっています。個人情報は、暗号化された状態で安全にデバイス内のセキュア・エレメントに保管されます。

Apple Payを使っている端末を紛失した場合、「iPhoneを探す」機能で紛失モードに設定すると、簡単にApple Payの利用を一時停止できます。

新しいiPhoneやApple Watchに、Suicaのチャージ残高や定期券を移行することも可能です。Apple Payが使えるクレジットカードについては、以下で比較しています。

Apple Pay(アップルペイ)で使えるクレジットカードを徹底的に比較!
iPhone X / 8 / 8 Plus、Apple Watch Series 3は前モデルに続いて、おサイフケータイに類似するサービス「Apple Pay」(アップルペイ)...

Apple PayのSuica機能の詳細、アップルペイでのSuicaチャージでポイントが貯まるクレジットカードについては、以下にまとめています。

Apple PayのSuicaを極めよう!年会費・オートチャージ・ポイント・設定・使い方まとめ
2016年10月25日、ついにApple Pay(アップルペイ)が日本で始まりました。歴史的な瞬間です。QUICPayかiD加盟店でお買い物ができます...
Apple PayのSuicaチャージでポイントは貯まるの?Yesのクレジットカードはこれだ!
iPhone、Apple Watchによるモバイル決済サービス「Apple Pay」では、Suicaも利用できます。iD、QUICPayでのお買い物の他、Suicaチャー...

実際にApple Payを使ってみた感想については、以下にまとめています。

Apple Payを使ってみた個人的口コミ!おサイフケータイとの比較も徹底分析
Apple Pay(アップルペイ)を1年間リアル店舗、アプリ(ネット決済)、Suicaに使ってみて、良い点・悪い点が見えてきました。おサイフケー...

ゴールドカードのインビテーションも届く

セブンカード・プラス ゴールドとセブンカード ゴールド

セブンカード、セブンカード・プラスにはゴールドカードがあります。セブンカード(ゴールド)、セブンカード・プラス(ゴールド)という名前です。

現在はセブンカード・プラス(ゴールド)のみ新規発行しています。セブンカード・プラス会員のうち、特に利用額が多い方にインビテーションが送られます。

セブンカード・プラス(ゴールド)は年会費が永年無料となります。また、海外だけではなく、日本国内のショッピングガード保険が付帯します。限度額は年間100万円です。

日本国内でセブンカード・プラス(ゴールド)で購入した品物が、破損や盗難などに遭った場合、購入日より90日間、その損害を限度額の範囲内で補償してくれます。

1事故あたり5千円の自己負担があります。どのゴールドカードのショッピング保険でも自己負担はあります。1事故1万円というカードもあります。

その他のポイント・特典などのカード機能は、セブンカード・プラスと同様です。

セブンカード・プラスを利用すると、無料で保有できるゴールドカードのインビテーションが届く可能性があります。

セブンカードのゴールドカードのオリジナル特典については、以下で徹底的に解説しています。

セブンカード・プラス(ゴールド)は年会費が無料のゴールドカード!
セブン-イレブン、イトーヨーカドーがお得になることで人気が高いセブンカード、セブンカード・プラスというクレジットカードがありま...

ICチップに対応してセキュリティが頑健化

セブンカードのICチップ化

2017年6月27日よりセブンカードが発行するクレジットカードにICチップが搭載されることになりました。有効期限更新による発行も含まれます。

ICカードとはその名の通り、IC(Integrated Circuit=集積回路)チップが埋め込まれたカードです。

高機能のICチップに膨大な情報を記憶させ、その情報をICカード・IC対応端末機・カード会社で相互に認証しています。

そのため偽造・変造・改ざんが難しいセキュリティ機能に優れたカードとなっています。

ICチップの搭載によって高度な暗号化技術によって守られることになり、セキュリティがより一層、頑健化してパワフルになりました。これまで以上に安心・安全にセブンカードを利用可能になります。

JCBブランドより順次対応します。カードの種類、有効期限によりスケジュールが異なります。

セブンカードのICカードへの切り替えスケジュール

ICカード対応端末機設置加盟店では、ショッピングの際に必要だったサインが不要になり、暗証番号を入力することで本人確認ができます。

さらに安全に、さらにスムーズにカードを利用できるようになります。

セキュリティのイメージ

メリット・デメリットまとめ

これまではセブンカードはイトーヨーカドーで、セブンカードプラスはセブンイレブンでもボーナスポイントがあるため、イトーヨーカドーを多く利用する場合はセブンカード、イトーヨーカドー・セブンイレブンでの利用が多い場合はセブンカードプラスが望ましい状況でした。

セブンカードの新規発行停止後は、セブンカード・プラスのボーナスポイントの対象が、セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークマートに拡充しましたので、セブンカード・プラスがお得です。

デメリットは年間5万円以上使わないと年会費が発生する点です。

高還元クレジットカードでポイントが現金同様のカードには、漢方スタイルクラブカードREXカードがありました。

しかし、それらは年会費が高めなので、ある程度の金額を決済しなければ割に合いません。目安としては月4万2千円(年間で約50万円)程度は利用しないと、割に合いません。

また、漢方スタイルクラブカードは募集停止されて、既カードはリーダーズカードに切り替えとなりました。REXカードは改悪されて年会費無料で1.25%還元となりました。

あまりクレジットカードを利用しない場合の選択肢には、P-oneカード(還元率1.0%)やリクルートカード(還元率1.2%)がありますが、これらは還元率が落ちてしまいます。

「そんなにクレジットカードを使わないけど、セブン-イレブン・イトーヨーカドーではよく使う」という方には、還元率1.5%のセブンカードとセブンカードプラスは、ピッタリのカードです。

セブンカード・プラスはnanacoでの税金払いで得することができる点も大きなメリットです。

イトーヨーカ堂の5%割引は大きなメリットです。8日・18日・28日だと還元率はクレカのポイントと合わせて合計約6.5%となります!

ポイントを一定程度貯めて交換は面倒という方は、セブンカードは1ポイント1円から使えるので有力な選択肢でしょう。

P-oneも自動的に1%割引になる便利なカードですが、還元率が低めであり、イトーヨーカドー・セブンイレブンを多用する場合は、セブンカードとセブンカードプラスが高還元です。

イトーヨーカドーをよく利用する方であれば、月3回のイトーヨーカドー5%割引のメリットは大きいため、メインカードは他にある場合でもサブカードとして保持するのもいいでしょう。

貯めたnanacoポイントを使ってセブンイレブンやイトーヨーカドーで買い物はもちろん、デニーズで外食することもできます!

デニーズの100%ビーフハンバーグ

セブンカード・プラスは、セブンイレブンでの買い物がポイント2倍になるキャンペーンを行っている時期もあります。200円につき6nanacoポイントが貯まります。なんと還元率3%です。このようなお得なキャンペーンも開催されます。

現在は最大2,000nanacoポイントの入会プレゼントが行われています。以下のページからご入会すると、キャンペーンが適用されます。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-クレジットカード

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.