ANAアメックスのスマートフォン・プロテクションを解説!ゴールド・プレミアムが対象

更新日: ANAカード アメックス

おサイフケータイ搭載のAndroidスマホとiPhone

ANAアメックスのうち、ゴールドカードとプレミアムカードは、2020年9月1日から「スマートフォン・プロテクション」が適用されます。

購入から2年以内のスマートフォンが破損した場合、修理代金が1年あたり最大3万~5万円補償される付帯保険です(自己負担は1事故1万円)。

ANAアメックスゴールドは最大3万円、ANAアメックスプレミアムは最大5万円です。

現代社会での必需品になりつつあるスマホの修理代の負担が減るのがメリット、ハイスペックモデルでの重度の故障においては到底カバーできない金額なのがデメリットです。

ANAアメリカン・エキスプレスのスマートフォン・プロテクションについて、注意点を網羅してわかりやすく徹底的に解説します。

スマートフォン・プロテクションの内容

ANAアメックスの「スマートフォン・プロテクション」とは、カード付帯保険の一種。アメックスがChubb損害保険と契約して実現した特典です。

保有しているスマホ(iPhone・Android・Windows Phone・ブラックベリー等)が、破損した場合、修理代金が補償されます。買い替え費用は対象外。

iPhone 11 Pro富士通のおサイフケータイAndroid(arrows)

あらゆるANAアメックスゴールド、プレミアムカード会員に対して、一律で9月1日~8月31日のサイクルで実施されます。

例えばカード入会が7月の場合、最初の年は約2ヶ月間となり、次年度からは1年間となります。

本会員のスマホが対象となり、家族のスマートフォンは対象外です。年会費の値上げはありません。

  ANAアメックスゴールド ANAアメックスプレミアム
補償限度額 年3万円 年5万円
免責金額 1事故につき1万円
補償対象 スマートフォン(1台のみ)※タブレット・スマートウォッチ・PC等は対象外
補償範囲 破損(スクリーンガラス割れ損害を含みます)
対象端末 購入日より2年以内のスマートフォン
必要条件 保険事故発生時点で、スマホの通信料を少なくとも3ヶ月以上連続してカード決済

ゴールドカードとプレミアムカードの相違点は、補償限度額のみであり、その他のスペックは同一です。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード、プレミアムカードのスマートフォン・プロテクションは、事前の登録や申込みは不要です。

忙しい現代人はウルトラマンと同様に3分たりとも無駄には出来ません。面倒な作業は極力避けたいのが人情です。手間フリーなのは素晴らしい措置!

ゴールドカード以上のANAアメリカン・エキスプレス・カードの魅力が一段とUPしました。

ANAアメックスゴールド
国際ブランド
  • アメックスのロゴ
電子マネー・Pay・NFC決済
  • QUICPayのロゴ
  • Apple Payのロゴ
  • d払いのロゴ
  • au PAYのロゴ
  • Apple Payでアメックスのタッチ決済が使えるマーク
  • ETC
  • 家族カード
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 航空便遅延(国内)
年会費(税抜) 継続ボーナス
本会員 家族会員
31,000円 15,500円 2,000マイル
基本還元率 ANA航空券 フライトボーナス
1.0% 3.0% +25%
  • ポイントの有効期限が無期限
  • 同伴者1名無料の空港ラウンジ
  • 手荷物無料宅配
  • 旅行保険は家族特約付き
  • リターン・プロテクション、キャンセル・プロテクションなどユニークな付帯保険
  • 海外旅行では手配まで対象の24時間日本語サポート

デメリット

ANAアメックスのスマートフォン・プロテクションは利点が大きい反面、欠点も存在しています。

主なデメリット

  • 補償対象外のケースあり
  • 家族カード会員、家族は対象外
  • ミライノカード プラチナの付帯保険と比較すると弱い
  • 保険金請求には書類の準備が必要
  • 1事故あたり1万円の自己負担あり

補償対象外のケースあり

ANAアメックスのスマートフォン・プロテクションの対象となる補償は、偶然な事故により破損が生じた場合です。

例えば、画面破損、画面以外の破損・傷が生じて、外装部分に生じたガラス割れや、亀裂、さけ傷、しわ、はがれ、へこみ等の損傷がある場合に対象となります。

主な対象外のケース

  • 単なる擦り傷・かき傷などで通常使用に影響がないと考えられる損傷
  • 故障、水没、端末の製造業者の保証期間中
  • 水災、地震、噴火、津波等に起因する事故
  • 電気的・機械的事故、データ関連
  • バッテリーの損傷や経年劣化など内部にのみ生じた損傷
  • 詐欺、横領
  • 加工を施した場合、置き忘れ、紛失
  • 戦争、武力行使、革命、内乱、武装反乱など

家族カード会員、家族は対象外

基本カード会員が所有者で、かつスマートフォン通信料を支払っている場合に限り対象となります。

家族カード会員、基本カード会員以外の家族が、スマートフォンを所有している場合や通信料を支払っている場合には対象外です。

ミライノカード プラチナの付帯保険と比較すると弱い

ミライノ カード PLATINUM

ANAアメックスゴールドは年会費31,000円(税抜)、ANAアメックスプレミアムカードは年会費150,000円(税抜)と高価です。

しかし、スマートフォン・プロテクションの内容は、年会費25,000円(税抜)のミライノカード プラチナに大きく見劣ります。

ミライノカード プラチナにはモバイル端末の保険(通信端末修理費用保険)が自動付帯しており、ユニークで実用性が高い補償を受けられます。

スマートフォンなどのモバイル端末機器が破損・故障した際などに、年1回・最大1端末まで保険金が出ます。

補償額

修理可能な場合は最大5万円、修理不能な場合は最大12,500円(購入代金の25%)

対象

スマホ、タブレット、デスクトップパソコン、ノートPC、スマートウォッチ、モバイルゲーム気、モバイル音楽プレーヤー

また、個人の場合、カード契約中の方と同居している家族であれば、家族が所有するモバイル端末機器も補償の対象となります。

破損・損壊・水濡れ・水没・故障・盗難の場合に保険金の支払対象となり、通信端末機器には条件があります。

対象

  • 被保険者が所有または使用する通信端末機器
  • 無線通信(Wi-Fi)接続が可能な通信端末機器
  • 入会時点でメーカー発売日から5年以内 or 入会日の1年前より後に購入した証明書がある通信端末機器
  • サービス利用加入日時点で、画面割れ・ケース割れ・水濡れ等がなく、正常に動作している通信端末機器
  • 日本国内で発売されたメーカーの正規品である通信端末機器
  • 日本国内で修理可能なものかつ日本国で購入可能な通信端末機器

保険金申請の手順

モバイル端末の保険の申請イメージ

ミライノカード プラチナの場合、スマホだけではなく、タブレット、デスクトップパソコン、ノートPC、スマートウォッチ、モバイルゲーム機、モバイル音楽プレーヤーも対象!

また、修理不能な場合でも保険金が出ます。

2台のApple Pay搭載iPhone、iPad Pro

スマートフォン・プロテクション目当てでANAアメックスに加入するのはおすすめできません。ミライノカード プラチナミライノデビット プラチナの方がコスパ良好です。

ミライノデビットの入会には、住信SBIネット銀行の口座が必要。ミライノカードも住信SBIネット銀行に口座がないとメリットが減退するクレジットカードです。

まだ口座をお持ちでない場合は、まずSBI証券に口座開設して、その後にSBI証券の会員サイトから申し込むのも選択肢です。

こうすれば当サイト限定のSBI証券のタイアップ・プログラムを利用でき、3,000円分のAmazonギフト券がもれなくプレゼントされます。

SBI証券のタイアップキャンペーン

口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。住信SBIネット銀行との同時口座開設も可能です。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券は1000万円までは銀行預金のような公的な保護(投資者保護基金)があるので安心・安全です。銀行預金と同じで万が一破綻しても保護されます。

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

当サイト限定タイアップ特典で住信SBIネット銀行と同時口座開設

口座開設・キャンペーンの手順については、以下にまとめています。

口座開設数No.1のネット証券はSBI証券です。大手証券会社に引けをとらない幅広い商品ラインナップを取り揃えており、しかも業界屈指の...

保険金請求には書類の準備が必要

ANAアメックスゴールド、ANAアメックスプレミアムのスマートフォン・プロテクションで補償を請求する場合は、以下の書類を準備して遅滞なく手続きする必要があります。

必要書類

  • 保険金請求書(アメリカン・エキスプレス保険ホットライン、またはChubb損害保険より入手可能
  • 修理見積書
  • 購入時の領収書(対象のスマートフォンが事故発生時点で購入後2年以内であることを確認できる資料)
  • 通信料の記載されたカード利用代金明細書(決済表記内容によっては、これに加えて別の資料が必要になる場合あり)

お忙しい方の場合は、こうした手間が著しく煩わしく感じる方もいらっしゃるでしょう。手間が発生するのがデメリットです。

1事故あたり1万円の自己負担あり

1事故あたり1万円の自己負担があるので、実質的な最高保険金額は以下のとおりです。

少額の修理では自己負担が重い

  • ANAアメックスゴールド:2万円(3万円-1万円)
  • ANAアメックスプレミアム:4万円(5万円-1万円)

自己負担は1事故ごとなので、例えば15,000円の修理が年2回必要になった場合、自己負担額は合計2万円となり、実質的に受けられる金銭は1万円(5,000円×2回)にとどまります。

まとめ

ANAアメックスのうち、ゴールドカードとプレミアムカードは、2020年9月1日から「スマートフォン・プロテクション」が開始します。

  ANAアメックスゴールド ANAアメックスプレミアム
補償限度額 年3万円 年5万円
免責金額 1事故につき1万円
補償対象 スマートフォン(1台のみ)※タブレット・スマートウォッチ・PC等は対象外
補償範囲 破損(スクリーンガラス割れ損害を含みます)
対象端末 購入日より2年以内のスマートフォン
必要条件 保険事故発生時点で、スマホの通信料を少なくとも3ヶ月以上連続してカード決済

ゴールドカードとプレミアムカードの相違点は、補償限度額のみであり、その他のスペックは同一です。

メリットは現代人にとって必需品といって過言ではないスマートフォンの故障時に保険金を受けられる点です。他方、短所も存在しています。

主なデメリット

  • 補償対象外のケースあり
  • 家族カード会員、家族は対象外
  • ミライノカード プラチナの付帯保険と比較すると弱い
  • 保険金請求には書類の準備が必要
  • 1事故あたり1万円の自己負担あり
  • ゴールドカードは最高3万円・プレミアムカードは最高5万円と金額が低め

総合的には年会費25,000円(税抜)のミライノカード プラチナミライノデビット プラチナのモバイル端末の保険(通信端末修理費用保険)の方が、圧倒的にハイスペックです。

したがって、スマートフォン・プロテクション目当てによる入会はおすすめできません。

ただし、他の諸々のベネフィットを考慮してANAアメックスゴールド、ANAアメックスプレミアムに入会する場合は、魅力がアップします。

ANAアメックスゴールド、ANAアメックスプレミアム

ANAアメックスとANAアメックス・ゴールドのどちらにするか迷う方もいらっしゃるでしょう。

ゴールドの方は年会費が高い代わりにANAワイドゴールドカードの特典がつき、アメックス・ゴールドの特典も一部付帯します。

ANAカードの中でもステータスが高くてトラベル特典が充実しているのが、アメックスが発行しているANA アメックスです。ANAアメリカン...

ANAアメックスのゴールドカードとプレミアムカードの違いを比較します。

 項目 ゴールド プレミアム
年会費(税抜) 31,000円 150,000円
ANAマイル移行費用(税抜) 0円 0円
年会費+マイル移行費用(3年に1回) 31,000円 150,000円
家族会員年会費(税抜) 15,500円 無料(4枚まで)
ポイント有効期限 無期限 無期限
マイル付与率 1.0% 1.0%
マイル付与率(ANA) 3.0% 4.5%
継続ボーナス 2,000マイル 10,000マイル
フライトボーナス 25% 50%
ANAゴールドカード特典
旅行傷害保険 最高1億円 最高1億円
ショッピング保険 最高500万 最高500万
コンシェルジェサービス
コース料理1名分無料
プライオリティパス
その他プラチナ特典 フリー・ステイ・ギフト
ホテル・メンバーシップ
エアポート送迎サービス
リターン・プロテクション
キャンセル・プロテクション
海外旅行先での日本語サポート オーバーシーズ・アシスト オーバーシーズ・アシスト・プレミアム
空港ラウンジ
手荷物無料宅配 片道1個 往復2個
大型手荷物宅配優待特典 帰国時 往復
空港クローク
空港パーキング
エアポート送迎
海外用レンタル携帯電話特別割引
エクスペディア・一休.com・日本旅行優待
レンタカー・カーシェアリング優待
カード盗難・紛失の場合の緊急再発行
チケット・アクセス
アメリカン・エキスプレス・コネクト
コットンクラブ
新国立劇場
ゴールド・ワインクラブ
京都観光ラウンジ
死亡・後遺障害(国内旅行保険) 5,000万円 1億円
その他(国内旅行保険) 入院:5,000円/日
通院:2,000円/日
手術:5万-20万円
死亡・後遺障害(海外) 利用:1億円 利用:1億円
自動:5,000万円
傷害治療(海外) 利用:300万円 1000万円
疾病治療(海外) 利用:300万円 1000万円
救援者費用(海外) 利用:400万円 1000万円
賠償費用(海外) 4,000万円 5000万円
携行品損害(海外) 1旅行50万円/年100万円 1旅行100万円/年100万円
航空便遅延費用補償(海外) 最高4万円 最高4万円

2021年3月1日より、ANAアメックスゴールドの海外旅行傷害保険は利用付帯となり、航空便遅延費用補償(海外)が追加されます。

ANAアメリカン・エキスプレス スーパーフライヤーズ・ゴールド・カード

ANAアメックス・ゴールドは年会費が他社プラチナカード並みですが、ANAワイドゴールドカードとアメックスが融合した魅力を備えています。

ANAアメックスゴールド
国際ブランド
  • アメックスのロゴ
電子マネー・Pay・NFC決済
  • QUICPayのロゴ
  • Apple Payのロゴ
  • d払いのロゴ
  • au PAYのロゴ
  • Apple Payでアメックスのタッチ決済が使えるマーク
  • ETC
  • 家族カード
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 航空便遅延(国内)
年会費(税抜) 継続ボーナス
本会員 家族会員
31,000円 15,500円 2,000マイル
基本還元率 ANA航空券 フライトボーナス
1.0% 3.0% +25%
  • ポイントの有効期限が無期限
  • 同伴者1名無料の空港ラウンジ
  • 手荷物無料宅配
  • 旅行保険は家族特約付き
  • リターン・プロテクション、キャンセル・プロテクションなどユニークな付帯保険
  • 海外旅行では手配まで対象の24時間日本語サポート

ANAグループでのマイル付与率が2%(1%のマイルと合わせて合計3%)で、ANAワイドゴールドカードの中で最も高還元。

ポイント有効期間が無期限であり、ファーストクラスに向けてマイルを貯められるのが大きなメリットです。

同伴者1名無料の空港ラウンジ手荷物無料宅配・家族特約付きの保険、京都観光ラウンジ、エアポート送迎・空港クローク等の各種トラベルサービスなど、アメックスならではの特典が充実しています。

最高500万円のショッピング保険、返品、キャンセル時の保障もあります。海外旅行傷害保険は最高1億円で、最も利用頻度が高くて重要な障害・疾病治療費用も300万円とパワフルです。

空港ラウンジが同伴者1名無料である点、手荷物無料宅配、家族特約はANAワイドカード(VISA/Mastercard/JCB)にはありません。

また、アメックスの充実の海外サポートもあります。ANAアメックス・ゴールドの「オーバーシーズ・アシスト」は、トラブル時の手配、相手方の交渉までサポートしてくれます。

ANAアメックス・ゴールドには、他のANAワイドゴールドカードにはない充実したトラベルサービスがあります。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードというクレジットカードがあります。ANAアメックスゴールドと呼ばれています。アメッ...

ANAアメリカンエキスプレス・プレミアムカードは、充実したANAプレミアムカードの特典に加えて、アメックスプラチナの一部の特典が加わったラグジュアリー・ANAカードです。

主なメリット

  • 国内線ANAラウンジ
  • 搭乗ボーナスマイル50%・継続ボーナス1万マイル
  • ANA航空券等のマイル付与率が4.5%
  • 年3万円のANA SKY コイン獲得プログラム
  • 秀逸なコンシェルジェサービス
  • フリーステイギフト(年1回指定のホテル宿泊が無料)
  • ホテル・メンバーシップ
  • 予約困難店の照会・予約などのダイニング特典
  • プライオリティ・パスのプレステージ会員が無料(家族会員も)
  • 最上級の付帯保険
  • 海外旅行先での24時間日本語サポート
  • 手荷物無料宅配サービス(往復)
  • ポイントの有効期間が無期限(マイルも無期限で貯められる)

ANA搭乗時は上級会員資格なしで普通席でも、ANA国内線ラウンジが利用できるのは絶大なメリットです。

羽田空港のANAラウンジ那覇空港のANAラウンジ等を快適に使えます。

JALカードの場合は、プラチナカードでもJALのサクララウンジには入れません。ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードだとANAラウンジに入れるのはお得感があります。

自然体でANAスーパーフライヤーズカードを取るまでは行かなくても、国内線のANAラウンジ利用に関しては、取るために飛行機を乗りまくる「修行」が不要です。

国内線はANAラウンジ、国際線はプライオリティパスで万遍なくカバーできます。

ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードというクレジットカードがあります。ANAとアメックスが提携して発行しているANAカー...

ただし、陸でのマイル付与率が1.5%のANAダイナースプレミアム、最大で1.8%のANA VISA プラチナ プレミアムカードも魅力的です。

アメックス以外のANAカードも、ハイ・クオリティ・カードが満載です。

主な特徴

グレードの側面ではANA一般カードANAワイドカードANAワイドゴールドカードANA プラチナ プレミアムカードの4段階となっており、多様なニーズに対応しています。

数多くの種類があるANAカードの相違点は、以下で集約して比較しています。

ANAカードは多種多様な種類があります。日本発行の個人用カードは21枚があり、学生専用カードを含めると24枚も存在しています。あまり...

その中でおすすめのANAカードについては、以下で徹底的に解説しています。

ANAカードは多種多様な種類があります。日本発行の個人用カードは21枚があり、学生専用カードを含めると24枚も存在しています。あまり...

ANAカードはお得なキャンペーンも魅力的です。

ANAカードというクレジットカードがあります。全日本空輸が各クレジットカード会社と提携して発行しているカードです。大量のANAマイ...

以前ANAに取材して、ANAの安全運航に対する取り組み、搭乗までのサービス、ANAカードのお得な仕組みを伺いました。以下にまとめています。

ANAに取材する機会があり、飛行機の出発と到着、そこでなされている取組み、空港でのサービス、空港のオフィスでのお仕事について伺っ...

なお、ANAカードは1枚だけというわけではなく、複数種類を持つことが可能。最大で9枚を同時保有可能なので、迷ったら2枚持ちも選択肢です。

ANAカードはお得なクレジットカードが満載となっており、多数の入会キャンペーンも開催されています。2枚持ちが可能となっており、複...

ANA一般カードのうち、三井住友カード、JCBが発行しているクレジットカードはリーズナブルな年会費で維持できます。

以下のANAカード7枚を保有すると、1マイル1円弱のコストで毎年7,000マイルを得られます!

多くのクレカを保有することに抵抗がなければ、三井住友カード、JCBのANAカード7枚を発行するのも手です。1マイルの価値を2円以上と考えるならお得です。

-ANAカード, アメックス

© 2014-2020 The Goal