アメックスの利用限度額を保有者が徹底解説!10万円から2100万円まで幅広い!

更新日: アメックス

アメックスのクレジットカード(5枚)

アメックスの利用限度額は幅広いのが特徴です。高級カードなので限度額が高いかと思いきや、10万円という設定も存在しています。

他方、上限も幾多のクレジットカードの中で最高峰に高く、私は約2100万円となっています。富裕層のセンチュリオン・カード会員なら数千万円といった設定の可能性もあります。

直近では利用限度額が急速に低下する方も続出しており、再注目を集めています。

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードの利用限度額について、アメックスカードを5枚保有している経験に基づきながら、徹底的に解説します。

利用限度額が約2100万円の実例

アメリカン・エキスプレス・カードには、一律の限度額は設定されていません。

ただし、無制限にカードが利用できるわけではなく、ユーザー一人一人の状況に応じてフレキシブルに利用に際しての目安額が設定されています。

会員サイトにログインすると、トップページの「ご利用金額」の下に「カードご利用可能額の確認」という項目があり、ここで利用可能枠を確認可能です。

アメックスの会員サイトのトップページ

こちらを選択すると「カードご利用可能額の確認」画面が出るので、「ご利用予定金額」の欄に金額を入力して「確認する」を選択すると、利用可能であるか否かが判定されます。

アメックスの「カードご利用可能額の確認」画面

私の場合、最高で事前振込みを除いて合計17,141,439円までアメックスカードにて決済したことがあります。

現在はアメックス・プラチナ、ビジネス・プラチナを保有しており、利用限度額は約2100万円まで拡大しました。

最高で事前振込みを除いて合計20,911,504円まで使ったことがあります。アメックス・プラチナで590,699円、ビジネス・プラチナで20,320,805円利用できました。

アメックスプラチナの合計利用金額(590,699円)

アメックスビジネスプラチナの合計利用金額(20,320,805円)

アメックスの利用限度額は約2100万円となっています。2018年は約1150万円だったので、順調に拡大しています。

おそらく利用実績に基づいて自動的に与信額がUPする仕組みになっていると思います。

利用可能枠が低下した原因

アメックスの歴史

インターネット上の情報では、アメックスの利用限度額が急に50万円など著しく低下した方が増えているようです。読者様から教えて頂きました。

特に支払い遅延などはなく、属性も良好で他のクレジットカードは300万円や500万円といった利用上限を有している方が、なぜかアメックスだけ利用枠が突如として低下したようです。

アメックスが利用限度額のポリシーを見直して、途上与信を行った結果、一斉に利用可能枠が見直されたと思います。

原因として考えられるのは、アメックスのクレジットカードでの決済金額が低いことが挙げられると思いました。

昨今はクレジットカードの不正利用が増加しています。決済の仕組みとしてはカード番号・有効期限・セキュリティコード・氏名の4つの情報を入力すれば支払いが可能です。

これらの情報が流出するだけではなく、総当たり攻撃で有効なカード情報を検出することも、現在の最新テクノロジーでは可能になっているかもしれません。

セキュリティのイメージイラスト

不正利用されるとカード会社が負担を被ることになります。もちろん損害保険を契約している場合、不正利用された分に対する一定金額は保険会社から戻ってきます。

しかし、全額に対して保険をかけると保険料が著しく高額になってしまうので、一定程度はクレジットカード会社が自己負担になっている可能性が高いです。

したがって、アメックス側からすると、カード利用金額が多くない顧客に高額の利用限度額を設定しているのは、リスクが高いだけでリターン(手数料収入)は乏しい状況となります。

ハイリスク・ローリターンとなっているので、直近のカード利用額が大きくない方は、利用限度額を大幅に引き下げてローリスク・ローリターンにしたと思いました。

  • 属性とクレヒス良好・利用額が多くない→当初は利用上限が高いが、見直しで減少
  • 属性とクレヒス良好・利用額が多い→利用限度額は維持~上昇
  • 属性とクレヒス今ひとつ・利用額が多くない→利用限度額が低いまま
  • 属性とクレヒス今ひとつ・利用額が多い→利用限度額が上昇

私はアメックスセンチュリオンのインビテーションを目指して、アメックスプラチナを使いまくる「修行」を行っています。

知り合いのセンチュリオンカードを見ると、やはりほしいのが正直なところです。

アメックスセンチュリオン

したがって、特に利用限度額は低下しておらず、約2100万円という高い限度額がキープされているのだと思います。

他の保有カードでは、JCB THE CLASSは500万円、ラグジュアリーカードは400万円、三井住友プラチナカードは300万円となっています。

個人的なケースとしては、アメックスの利用限度額は非常に高いままです。

ただし、ダイナースプレミアムの可能枠が突然50万円に低下しました。原因は以下のいずれかだと思います(ダイナースの利用限度額)。

  • 利用金額が減少しているので見直された。
  • 他のクレジットカードの与信枠が拡大したことから、リスクヘッジで見直された。
  • キャンペーン達成のためにAmazonギフト券を数十万円一気に購入したのが逆鱗に触れた。

事前入金したら利用限度額は無限

パソコンを見る男性

アメックスには、事前入金(デポジット)システムがあります。事前に入金さえすれば、限度額は無くなります。

例えば、700万円を事前入金しておけば限度額700万円のクレジットカードとして使えます。大きな出費がある場合、事前入金しておけば限度額の制限でカードが使えないという事態はありません。

アメックスの銀行口座に振り込むことになります。振込手数料は自己負担ですので、他行宛振込手数料が無料の銀行から振込みましょう。

クレジットカード特有の支払いの後払いはできませんが、ポイントが貯まるというメリットがあります。余った入金額は次回以降の支払いに利用できます。

この事前入金(デポジット)システムを使えば、高級車や家なども販売業者が対応していたらアメックス・グリーンで購入可能です。

高額品をカードで決済したら、メンバーシップ・リワードのポイントがザクザクと貯まるのでお得です。

事前承認手続きを行う場合は、フリーダイヤルで通話料無料のデスクに電話をかければOKです。

具体的には事前承認係に9時~19時(土日祝休)に連絡しましょう。電話番号は0120-106165で、海外もしくは携帯電話からは03-3220-6127です。

電話のジェスチャーを取る女性

利用例を挙げると、合計で約1200万円の支払いを行う必要があり、アメックスにその旨を相談したら800万円振り込んでくださいと案内されたケースがあります。この時期は利用限度額が約500万円でした。

アメックスの銀行口座に振り込む際にはカード番号を必ず名前の前後に入力しましょう。振り込んだらすぐに「お支払い/調整金額」に反映されます。

以下は12,026,503円のカード利用を行い、800万円を事前振込みして、次回の引落しが4,026,503円になっている例になります。

アメックスの1000万円超の利用履歴

例えば7月25日にカードで支払う場合、24日までに振り込んでおけば、その夕方にアメックスが振込を確認して、決済できるようにしてくれます。

アメリカン・エキスプレス・カードは、個人カードもビジネスカードも一律の限度額は設定されていません。ユーザー一人ひとりの状況に...

国税のクレジットカード払いに使うクレジットカードとしても有力です。この場合は還元率0.5%となりますが、ポイントをマイル交換に使う場合はお得です。

2017年からは、所得税、相続税、法人税、消費税、贈与税、たばこ税などの国税で、クレジットカード納付がスタートします。面倒な書類...

高額品をカードで決済したら、ポイントがザクザクと貯まるのでバリューが高いです。私はアメックスがメインカードなので、100万ポイント近く貯まっています。

アメックスのメンバーシップ・リワードの画面

アメックスのポイントは、多種多様な航空会社のマイルに1ポイント0.8~1マイルで移行できます。

航空連盟航空会社名
スターアライアンスANA、シンガポール航空、スカンジナビア航空、タイ国際航空
ワンワールドキャセイパシフィック航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、カタール航空プリヴィレッジクラブ
スカイチームデルタ航空、フライング・ブルー(エールフランス航空・KLMオランダ航空)、アリタリア-イタリア航空、チャイナエアライン
なしヴァージン・アトランティック航空、エティハド航空、エミレーツ航空

以前はANA以外の航空マイルへの交換も1対1でしたが、2017年4月1日に交換レートが1対0.8に改悪されました。

アメリカン・エキスプレスが、ポイント・プログラム「メンバーシップ・リワード」において、マイルへの交換制度を一部変更します。改...

マイルは価値にレバレッジがかかるのが魅力的です。特典航空券へ交換すると、1ポイントの価値が数円に昇華します。

ANAマイルへの移行だと、1マイルの価値を2円と考えると、実質還元率2%となります。1マイル1.5円換算でも還元率1.5%です。

国際線のビジネスクラスで利用すると1マイルの価値は2.5~5円程度、 ファーストクラスだと7~16円程度に跳ね上がります。

国際線のビジネスクラス・ファーストクラスでマイルを利用すると、アメックスは驚異的な高還元に昇華します。

クラス1マイルの価値(目安)マイル付与率実質還元率
普通席/国内線1.5円1.00%1.5%
1.6円1.00%1.6%
1.7円1.00%1.7%
1.8円1.00%1.8%
1.9円1.00%1.9%
2円1.00%2.0%
国際線ビジネスクラス2.5円1.00%2.5%
3円1.00%3.0%
4円1.00%4.0%
5円1.00%5.0%
6円1.00%6.0%
国際線ファーストクラス7円1.00%7.0%
8円1.00%8.0%
9円1.00%9.0%
10円1.00%10.0%
11円1.00%11.0%
12円1.00%12.0%
13円1.00%13.0%
14円1.00%14.0%
15円1.00%15.0%
16円1.00%16.0%

まとめ

アメックス本社

アメックスのクレジットカードの利用限度額は、ユーザー一人一人の状況に応じてフレキシブルに目安額が設定されています。

これは上にはもちろん、下にも柔軟なのが特徴です。利用額が大きくて遅延なく支払っていると、自然に利用限度額が上昇していきます。

他方、10万円や20万円といった極めて僅少な利用限度額が設定されるのも特徴となっています。

与信の上手さは、ライバルの他社クレジットカード会社の社員が舌を巻く程であり、蝶のように舞い蜂のように刺す華麗さがあります。

直近で数百万円あった利用限度額が一気に数十万円に低下した方は、おそらくカードをあまり使っていないことが原因だと思います。

アメックスは多様なクレジットカードを発行しています。痒いところに手の届くラインナップであり、種類の豊富さだけではなく、クオリティも半端ではありません。

提携企業クレジットカード名
プロパーカードアメックス・グリーン
アメックス・ゴールド
アメックス・プラチナ
アメックス・センチュリオン
スカイ・トラベラー・カード
スカイ・トラベラー・プレミア・カード
ANAANAアメックス
ANAアメックス・ゴールド・カード
ANAアメックス・プレミアム・カード
デルタ航空デルタ スカイマイル アメックス
デルタ スカイマイル アメックス・ゴールド
マリオットSPGアメックス
阪急ペルソナSTACIA アメックス
ビジネスカードアメックス・ビジネス・グリーン
アメックス・ビジネス・ゴールド
アメックス・ビジネス・プラチナ

特におすすめのカードをランキング形式でご紹介します。

1位:コスパは最上級のSPGアメックス

SPGアメックス

アメックスとマリオット・インターナショナルが提携して発行しており、年会費は本会員が33,480円(税込)、家族カードが16,740円(税込)です。

SPGアメックスは年会費が高いものの、コストを圧倒的に上回るお得なメリットが満載であり、SPGアメックスは年会費を超える価値があります。主なオリジナルのメリットは4つです。

毎年、世界中のMarriott Bonvoy参加ホテルで利用可能な「無料宿泊特典」(2名分)がプレゼントされて、これだけで年会費を上回る金額を得することが可能です。

ゴールデンウィークには60,929円のホテルに無料宿泊できたこともあります!

SPGアメックスを使うと、SPG、マリオット、リッツカールトンのホテルの「無料宿泊特典」が毎年1回もらえます。無料宿泊特典は、2名分...

プロパーのアメックス・プラチナを持っている方の中では、SPGアメックスも保有して無料宿泊特典を満喫している方もいます。

SPGアメックスとアメックス・プラチナ

SPGアメックスは、至高の煌きがあるアメックス・プラチナのホルダーも魅力を感じるカードなのです。

SPGアメックスは、入会後3カ月以内に10万円以上利用すると、3万ポイントがプレゼントされます。1ヶ月あたり33,334円使えばいいので、余裕でクリアーできますね。

3万ポイントは1万マイルに交換できますし、高級ホテルに1人1泊無料で宿泊できます。とてもお得な特典ですね。

公式サイトSPGアメックス 公式キャンペーン

2位:コース料理1名分無料サービスなどプラチナ級のアメックス・ゴールド

アメックス・ゴールド

本会員の年会費は31,320円(税込)であり、家族カードの年会費は1人目が無料、2人目以降は12,960円(税込)です。

お得なメリットが満載です。代表的なメリットは以下のとおりです。

コース料理1名分無料サービスなど、プラチナカード級のベネフィットが満載となっています。

類稀なゴールド・エクスペリエンスが可能になり、黄金の風が巻き起こります。

本物の高貴なクレジットカードであり、珠玉のベネフィットの良さには、ただもう溜息をつくばかりです。

アメックス・ゴールドは、魅力的なキャンペーンもメリットです。

アメックス・ゴールド(アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)は、お得な入会キャンペーンを開催しています。また、入会後も...

まだカードをお持ちでない方は、まずは1年間キャンペーンで年会費を上回る価値がある大量のポイントを獲得して、更新の可否を検討してみてはいかがでしょうか。

アメックス・ゴールドの当サイト経由キャンペーン

3位:スタンダードカードで必要十分のパフォーマンスを発揮しているアメックス・グリーン

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)

本会員の年会費は12,960円(税込)であり、家族カードの年会費は6,480円(税込)です。

特に大きいメリットは以下のとおりです。

現在、アメックス・グリーンは当サイト経由でお得なキャンペーンを行なっています。最大17,500ポイントがプレゼントされます。

「何でアメックスはこんなに破格のキャンペーンを行っているの?」と疑問に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

これに関しては、アメックスの充実したサービス・高いステータスを実感すると、ずっと利用する方が多いからです。

当サイト経由なら17,500マイルをもらえるキャンペーンですので、アメックス・グリーンをまだお持ちでない方は、この機会にぜひ発行してみてはいかがでしょうか。

アメックス・グリーンの当サイト経由キャンペーン

4位:海外旅行に行く機会がある方にはデルタ スカイマイル アメックス・ゴールド

デルタ スカイマイル アメックス・ゴールドとニコライ・バーグマンの花

ゴールドメダリオン会員資格が初年度無条件で得られるクレジットカードです。2年目以降も年150万円以上のカードショッピングでOKです。

ゴールドメダリオン資格があれば、より多くのマイルの獲得、デルタスカイクラブ・スカイチームのラウンジが利用可能、満席時の座席確保、優先搭乗、優先手荷物取扱い、優先チェックイン、無料受託手荷物の追加など豊富な特典を享受できます。

サクララウンジTiatラウンジを利用することも可能になり、寸分の隙もないエクセレントな魅力が燦然たる輝きを放っています。

素晴らしいのは特典の数だけではなく、実用的でクオリティが優れた特典が豊富であり、手抜きなしの真剣勝負的なパフォーマンスを発揮していることです。

ゴールドメダリオンは人生がもっと楽しくなる会員ステータスです。一度使ったらもう手放せません。

デルタスカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールドというクレジットカードを保有すると、デルタ航空の上級会員資格であるゴー...

大手ホテルグループの上級会員資格もステータスマッチで獲得できます。ステータスマッチの詳細については、以下で精緻に分析しています。

デルタスカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールドというクレジットカードを保有すると、デルタ航空の上級会員資格であるゴー...

ゴールドメダリオンの慈愛さえ感じるような豊潤なお得さには身震いする程であり、フライトやホテル宿泊に八面六臂の活躍を見せてくれます。

現在はお得な入会キャンペーンが開催されています。カード入会だけでボーナス8,000マイルがプレゼントされます。

入会から6ヶ月以内の購入航空券によるビジネスクラス利用で25,000マイルを得られます。

合計で33,000マイルを獲得でき、これだけで特典航空券を利用できます。バリューのあるお得なキャンペーンです。

デルタ スカイマイル アメックス・ゴールド 公式キャンペーン

5位:ANAフライトの機会が多い方にはANAアメックス

ANAに搭乗する機会が多い方は、ANAアメックスがおすすめです。一般カード、ゴールドカード、プレミアムカードがあり、各カードの違いを比較すると下表のとおりです。

年会費(税抜)7,000円31,000円150,000円

 項目クラシックゴールドプレミアム
ポイントからのANAマイルへの移行手数料(税抜)6,000円0円0円
年会費+マイル移行費用(3年に1回)9,000円31,000円150,000円
家族会員年会費(税抜)2,500円15,500円無料(4枚まで)
ポイント有効期限「ポイント移行コース」
登録で無期限
無期限無期限
ポイント付与率1.0%1.00%1.0%
ポイント付与率(ANAグループでの利用)2.5%3.0%3.5%
継続ボーナス1,000マイル2,000マイル10,000マイル
フライトボーナス10%25%50%
ANAゴールドカード特典
旅行傷害保険最高3000万円最高1億円最高1億円
ショッピング保険最高200万最高500万最高500万
コンシェルジェサービス
コース料理1名分無料
プライオリティパス
その他プラチナ特典フリー・ステイ・ギフト
ホテル・メンバーシップ
プレミア・ゴルフ・アクセス
リターン・プロテクション
キャンセル・プロテクション
海外旅行先での日本語サポートグローバル・ホットラインオーバーシーズ・アシストオーバーシーズ・アシスト・プレミアム
空港ラウンジ
手荷物無料宅配片道1個片道1個往復2個
空港クローク
空港パーキング
エアポート送迎
エアポート・ミール
(2018年5月末終了)
コンフォートカフェ
(2018年5月末終了)
海外用レンタル携帯電話特別割引
エクスペディア・一休.com・日本旅行優待
レンタカー・カーシェアリング優待
カード盗難・紛失の場合の緊急再発行
チケット・アクセス
アメリカン・エキスプレス・コネクト
コットンクラブ
新国立劇場
ゴールド・ワインクラブ
京都観光ラウンジ
死亡・後遺障害(国内旅行保険)2,000万円5,000万円1億円
その他(国内旅行保険)入院:5,000円/日
通院:2,000円/日
手術:5万-20万円
死亡・後遺障害(海外)3,000万円利用:1億円
自動:5,000万円
利用:1億円
自動:5,000万円
傷害治療(海外)100万円利用:300万円
自動:200万円
1000万円
疾病治療(海外)100万円利用:300万円
自動:200万円
1000万円
救援者費用(海外)200万円利用:400万円
自動:300万円
1000万円
賠償費用(海外)3,000万円4,000万円5000万円
携行品損害(海外)1旅行30万円/年100万円1旅行50万円/年100万円1旅行100万円/年100万円
航空便遅延費用補償(海外)最高4万円

ANAアメックスは、スペック上では言い表せない高品質なサービスを1日当たり21円(税込)で享受できる素晴らしいカードの1つです。

豊富なベネフィットが満載のゴールドカードでも1日あたり92円(税込)に過ぎません。100円玉ワンコイン以下です。

大量のANAマイルを得られるお得なキャンペーンも魅力的です。

  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-アメックス

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.