国税のクレジットカード払い 2020!所得税・相続税・法人税・消費税・贈与税等を納付可能

更新日: クレジットカード 法人カード

国税庁

所得税、相続税、法人税、消費税、贈与税、たばこ税などの国税は、クレジットカード払いが可能です。

パソコン・スマートフォンでサクッと簡単に納付でき、クレジットカードのポイント・マイル・キャッシュバック等が得られるのがメリットです。

デメリットは1万円あたり76円(税抜)の決済手数料ですが、手数料は経費に算入することが可能で、法人税などの圧縮効果があります。

また、ポイント還元を享受できるので、還元率と手数料のバランスによっては得することが可能です。

税金は義務とはいえ切ないことですけれども、クレカのポイント等が得られるとなると、キャッシュフローへの打撃が緩和されます。

国税のクレジットカード払いの概要

この度のクレカによる国税納税のスキームは、TS CUBIC CARD・ENEOSカードレクサスカード等を発行しているトヨタファイナンスが、GMOペイメントゲートウェイと提携して実現しました。

No.1のポーズを取る女性

従来は所轄の税務署、銀行等の金融機関、コンビニの窓口か、銀行等での振替納税、ダイレクト納付・インターネットバンキングが国税支払いのチャネルでした。

しかし、現在はこれらに加えて、クレジットカードによる納付が可能となっており、納付方法が多様化。クレジットカード納付の対象税目は、幅広いラインナップです。

区分 国税名
所得 申告所得税及び復興特別所得税
消費税及び地方消費税
源泉所得税及び復興特別所得税(告知分のみ)
源泉所得税(告知分のみ)
申告所得税
相続・贈与 相続税
贈与税
法人・消費 法人税(連結納税を含む)
地方法人税(連結納税を含む)
復興特別法人税(連結納税を含む)
消費税
酒・たばこ 酒税
たばこ税
たばこ税及びたばこ特別税
石油等 石油税
石油石炭税
電源開発促進税
揮発油税及び地方道路税
揮発油税及び地方揮発油税
石油ガス税
航空機燃料税
その他 登録免許税(告知分のみ)
自動車重量税(告知分のみ)
印紙税

予定納税も可能。中間申告、確定申告、修正申告、更正、決定、予納、その他から選ぶことになります。

地方法人税はクレジットカード払いにして、法人税は窓口払いも可能です。

手数料は1万円あたり税抜76円。決済手数料は、「国税クレジットカードお支払サイト」において、事前にシミュレーション計算できるので安心です。

納付税額 決済手数料(税抜)
1円~10,000円 76円
10,001円~20,000円 152円
20,001円~30,000円 228円
30,001円~40,000円 304円
40,001円~50,000円 380円
以降、10,000円を超えるごとに +76円

利用可能カードはVisa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Clubの5大国際ブランドに対応しています。

ハイタッチする外国人ビジネスパーソン

VISAとMastercardのみだと、メインカードが他の場合は切ないことになっていました。

また、アメックスは事前入金したら利用限度がなくなり、ダイナースも3000万円まで対応してくれた事例がありますので、アメックス・ダイナース対応は多額の納税者にとってグレートです。

コーポレートカード(法人名義のクレジットカード)、デビットカード、プリペイドカードが利用できるか否かはカード会社によるので、クレジットカード会社に確認しましょう。

限度額と手数料

札束

1度に国税のクレジットカード納付ができる金額は、1,000万円未満(決済手数料含む)となります。

具体的な1回あたりの納付の上限は990万円となりますが、分割して複数回の支払いが可能となっています。

納付の期日・税目・金額が記載されており、同じ情報を分割して納税すれば、税務署で合計額を計算してくれて、トータルで納税したことになります。

例えば、1500万円の納税の場合、800万円と700万円、750万円を2回クレジットカードで支払えばOKです。

2017年からは、所得税、相続税、法人税、消費税、贈与税、たばこ税などの国税で、クレジットカード納付がスタートします。面倒な書類...

1度の手続きで決済できる金額の上限は手数料込みで1000万円で、1度で約990万円までの納税がクレジットカード決済で可能となります。

納付税額 決済手数料(税抜)
100,000 760
300,000 2,280
500,000 3,800
1,000,000 7,600
2,500,000 19,000
5,000,000 38,000
7,500,000 57,000
9,900,000 75,240

国税のクレジットカード納付の手順

納付手続の手続きは、「国税クレジットカードお支払サイト」にアクセスして、利用規約を確認し、納付を行う国税の情報、利用するクレジットカードの情報を入力する流れとなります。

夜間休日を問わず、システムメンテナンスを除いて24時間いつでも利用可能です(入力の流れ)。

領収証書は発行されませんが、クレジットカードの利用明細には、「法人税(ホウジンゼイ)」などの具体的な税金名も記載されるので、経理処理上も全く問題はありません。

計算機を手にしてOKポーズをとる女性

税務署、銀行等の金融機関、コンビニなどの窓口ではクレカ払いでの納税はできません。インターネットのみです。

クレジットカード納付は継続的な手続ではなく、携帯電話料金や保険料のように、1度カードを登録したら次回以降、そのカードで自動引き落としとなるわけではありません。

細部については、国税庁の「クレジットカード納付の手続」、「クレジットカード納付のQ&A」に情報がまとまっています。

税務署

手続きの流れは簡単です。事前の書類での手続きや本人確認などは不要です。

  1. 利用規約(ご利用に当たっての注意事項)の確認
  2. 納付情報(※)の入力(確認)
  3. クレジットカード情報の入力
  4. 手続内容の確認
  5. 納付手続の完了(最終確認)

※氏名・住所・電話番号・整理番号・納付先税務署・納付する国税の税目・納付税額など、従来の納付書を作成するために必要な情報

ちなみに法人税や地方法人税などの場合、「利用者情報」の「氏名」欄には個人名ではなく法人名を入力する必要があります。

個人名を入力した場合でも、連絡をとれば納税はOKになりますが、面倒な手間が発生するので注意しましょう。

国税クレジットカードお支払サイトの納税情報入力画面

メリット

キャッシュフローの改善

クレジットカードで支払うと、利用代金の引落は1~2ヶ月後になります。

現金納付、ダイレクト納付での振替えの場合よりも支払いに猶予が生じて、キャッシュ・フローに余裕が出るのがメリットです。

法人の場合だと法人税・消費税などは決算月から2ヶ月以内の納付が必要ですが、クレジットカード決済だとそこから更に1~2ヶ月伸ばせます。

個人事業主の場合はnanacoによるコンビニ納付、口座振替を駆使すると1~2ヶ月伸ばせることが多いので、今回の新制度では支払い繰り延べのメリットは乏しいです。

ただし、nanacoでは25万円を超える支払いはできないので、その場合はクレジットカード決済のメリットが出ます。

パソコンの前でガッツポーズをするOL

法定納期限内に「国税クレジットカードお支払サイト」で納付手続が完了すれば、クレジットカード利用代金の引き落とし日が期限よりも後になった場合でも、当然に延滞税等は発生しません。

納付手続が完了すると、取消し・キャンセルはできません。誤って多額の納付をした場合は、後日税務署で還付等の手続を行う必要があります。

家族などクレジットカードの名義人本人以外の国税についても、クレジットカードによって納付できます。

利用者情報に家族などの情報を入力すればOK。ただし、クレジットカード納付は、カードの名義人の方が行うことになります。

ポイント還元

国税のクレジットカード払いは、2020年5月時点ではポイント付与の対象というクレジットカードが多数。税金の支払いでポイントを獲得できるのは大きなメリットとなります。

相続税・法人税・消費税などは金額が多額になる場合もある税金。したがって、通常のクレジットカードですと、上限額を余裕で突破してしまうことも多くなりがちです。

しかし、アメックスは個人カードもビジネスカードも、事前入金(デポジット)システムが存在。事前に入金さえすれば、限度額は無くなります。

5種類のアメックス

例えば、3,000万円を事前入金しておけば限度額3,000万円のクレジットカードとして使えるので、限度額の制限で納税が不可能という事態を回避できます。

クレジットカード特有の支払いの後払いはできませんが、ポイントが貯まるというメリットがあります。余った入金額は次回以降の支払いに利用できます。

アメリカン・エキスプレス・カードは、個人カードもビジネスカードも一律の限度額は設定されていません。ユーザー一人ひとりの状況に...

分割・リボ払い

分割払い・リボ払いを活用すると、1回払いよりもキャッシュアウトの繰延べが可能となります。

支払い方法は、1回払い、分割払い(3回・5回・6回・10回・12回)、リボ払いから選べます。ボーナス1回払いはできません。

窓口での手続きで国税も分割払いになるケースはありますけれども、面倒な手間が生じます。

クレジットカード払いなら、簡単に分割払いが可能。ただし、概ね年利15%前後の手数料が発生する点に留意が必要です。

できる限り1回払いで済ませて、分割払い・リボ払いは使わないようにしましょう。

税金の支払いを一元管理可能

クレジットカードで税金を支払うと、種類と金額が利用明細書に記載され、記録に残ります。何の税金をいつ納付したのか一元管理できます。

窓口まで行く手間・現金を持ち歩くリスクが軽減

現金で税金を納付する場合、コンビニ・金融機関・税務署の窓口に出向く必要があります。

税金の納付をクレジットカード払いにすれば、現金を持ち歩く必要がなく、窓口まで出向く手間も省けます。

金融機関に事前に振り込んでおく場合は持ち運びのリスクはありませんが、多額になると窓口でのチェックも厳重になり、手続きに時間がかかってしまいます。

デメリット

手数料が発生

国税のクレジットカード払いの最大のデメリットは手数料が発生する点です。

1万円あたり76円(税抜)の手数料が発生するので、還元率が0.5%だと妙味がありません。

手数料率は最大になるのは、10,001円の納付時で約1.52%(税抜)です。手数料率は約0.76%~1.52%で、少額だと手数料が重くなる場合があるので、大いなる注意が必要!

50万円超の納付だと0.78%未満となり、200万円以上だと0.76%に張り付きます。金額が大きい場合は特に注意する必要はありません。

納税額 手数料(税抜) 手数料率(税抜)
10,000 76 0.76%
10,001 152 1.52%
20,000 152 0.76%
20,001 228 1.14%
30,000 228 0.76%
30,001 304 1.01%
50,000 380 0.76%
50,001 456 0.91%
70,000 532 0.76%
70,001 608 0.87%
100,000 760 0.76%
100,001 836 0.84%
500,000 3,800 0.76%
500,001 3,876 0.78%
1,000,000 7,600 0.76%
1,000,001 7,676 0.77%
1,500,000 11,400 0.76%
1,500,001 11,476 0.77%
2,000,000 15,200 0.76%
2,000,001 15,276 0.76%
3,000,000 22,800 0.76%
3,000,001 22,876 0.76%
5,000,000 38,000 0.76%
5,000,001 38,076 0.76%
7,000,000 53,200 0.76%
7,000,001 53,276 0.76%
9,000,000 68,400 0.76%
9,000,001 68,476 0.76%

手数料はデメリットですが、マイル付与率が0.5%でも、1マイルの価値を2円以上と見積もれば、手数料率0.76%前後であればペイします。

ビジネスクラスで使うなどでマイルの価値を高く見積もる場合は全然OKです。

0.76%÷0.50%は1.52です。マイル単価1.52円+税はトラベラーであればマストバイでしょう。

個人事業主・法人であれば手数料は損金になるので、その分、税金を圧縮することも可能になります。

ポイント還元率が減少するクレジットカードがあり

国税のクレジットカード払いの場合、通常よりも得られるポイントが半減したり、付与対象外となるクレカがあります。

アメックスの場合、国税のクレジットカード払いは0.5%となります(SPGアメックスは1.5%)。

アメックスの法人カード・ビジネスカード、個人用カードのどちらも同様です。

アメックスプラチナとアメックスビジネスプラチナのメタルカード

ダイナースは、国税の支払いに対しては0.5%。ダイナースのブラックカードも同様です。

ダイナースクラブ プレミアムカードとビジネスアカウントカード

ただし、ワールドエリートMastercardのサブカード「ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード」なら、1.0%還元となります。

したがって、国税のクレジットカード払いにおいては、ダイナースプレミアムではなく、プレミアムコンパニオンカードがおすすめです。

ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード

なお、レギュラーカードのダイナースクラブ コンパニオンカードは0.5%還元なので、本体と同様で妙味はありません。

領収書が発行されない

税金のクレジットカード払いでは、個別の領収書は発行されません。例えば、自動車を車検に出すときなどに必要な自動車税の納税証明書もなし。

自動車税の納税証明書は支払い手続きが完了した日から受け取れるまで2週間ほど必要なのが一般的です。

満額ポイントが付与されるクレジットカード

EX Gold for Biz

国税のクレジットカードで満額のポイントが付与されてお得なビジネスカードの筆頭としては、オリコカードのEX Gold for Bizが挙げられます。

年会費2,000円(税抜)のビジネスカードで個人事業主・中小企業経営者だけではなく、サラリーマンでも発行可能です。

オリコエグゼクティブゴールドフォービズ(EX Gold for Biz)

還元率が基本0.6%とビジネスカードとしては高く、最大で1.1%と高還元。国税のクレジットカード払いの手数料よりも還元率を高くすることができます。

年会費2,000円(税抜)とリーズナブルなのに空港ラウンジを使えるのが突き抜けており、空港ラウンジがお得に使えるクレジットカードの一角です。

国際ブランド別の特典では、Mastercardの「Mastercard T&E Savings」が非常にお得です。

手荷物無料宅配など一部のサービスが抜けていますが、なんとコース料理1名分無料サービスがついています!

オリコカードのEX Gold for Bizは未確定の利用分が素早くWeb明細(eオリコサービス)に反映されます。不正利用にもいち早く気付くことができます。

また、最大15ヶ月分の利用明細の履歴をWebで見ることができます。確定申告や決算処理の際に、昔の経費を再チェックする時に役立ちます。

EX Gold for Bizは、コストパフォーマンスが高くてお得なビジネスゴールドカードです。

個人事業主(フリーランス)となったら、法人を設立したら、まず検討するのがビジネスカード・法人カードですよね。クラウド会計ソフ...

以前オリコカードに取材して、EX Gold for Bizの魅力について聞き倒しました。

EX Gold for Biz(エグゼクティブゴールドフォービズ)というクレジットカードがあります。オリコのビジネスカードです。たったの年会...

現在、最大7,000円相当のオリコポイントプレゼントのお得な入会キャンペーンを実施中です。

オリコ エグゼクティブゴールドフォービズ 公式キャンペーン

利用限度額は最高300万円とパワフルであり、福利厚生サービスやビジネスサービスを優待価格でリーズナブルに利用できます。

セゾンプラチナビジネスアメックス

セゾンプラチナビジネスアメックス

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、カード名に「ビジネス」という名前が付いていますが、個人に対して与信されるので会社員でも申し込めます。

年会費は20,000円(税抜)で、年200万円以上の利用で年会費はたったの10,000円(税抜)になるのがファンタスティックです。

日本屈指の格安プラチナカードであり、ゴールドカード並みの年会費でプラチナカードが保有できます。

セゾンマイルクラブへの加入(無料)で、JALマイルが1.125%貯まるのが大きなメリットです。一般加盟店ではJALカードよりも高還元となります。

実際に税金の支払いも含めて合計1,948,018円利用したところ、しっかりと約1%のJALマイル、マイル交換だと0.125%相当の永久不滅ポイントを獲得できました。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスで消費税を支払った利用明細

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスのセゾンマイルクラブでの永久滅ポイント獲得明細

セゾンマイルクラブでのJALマイル獲得履歴

また、セゾンクラッセで最上位ランクになると+1倍(JALマイル0.25%相当)の永久不滅ポイントを得られることから、合計1.375%JALマイル還元になります。

コンシェルジュプライオリティパス(プレステージ会員)、オントレスモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールドなど、プラチナカードならではの特典も付帯しています。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
国際ブランド
  • アメックスのロゴ
電子マネー・Pay・NFC決済
  • モバイルSuicaのロゴ
  • SMART ICOCAのロゴ
  • QUICPayのロゴ
  • Apple Payのロゴ
  • d払いのロゴ
  • au PAYのロゴ
  • Apple Payでアメックスのタッチ決済が使えるマーク
  • ETC
  • 追加カード
  • 2回払い
  • 分割払い
  • リボ払い
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 航空機遅延
  • ショッピング保険
年会費(税抜) ポイント名
本会員 家族会員
1万~2万円 3,000円 永久不滅ポイント
JALマイル
還元率 マイル還元率 発行スピード
0.5% 1.125% (JAL) 1週間程度
  • 年200万円利用で年会費が1万円+税
  • セゾンマイルクラブ加入でJALマイル1.125%還元
  • セゾンクラッセ★6でJALマイル1.375%還元
  • プライオリティパスのプレステージ会員が無料
  • コンシェルジュサービス

三井住友カード

年会費が高価なクレジットカードでもOKの場合、三井住友カード プラチナ、ANA VISA プラチナ プレミアムカード等での決済もお得です。

ワールドプレゼントが貯まる三井住友カード発行のクレカは、国税のクレジットカード払いでも満額ポイントが付与されます。

三井住友カード プラチナ

三井住友カード プラチナの基本還元率は0.5%ですが、リボ払い手数料の請求がある月は、ポイントが2倍になります。

注目すべきなのは、リボ払いで支払った上で「リボ払い手数料」の口座引き落としが1円でも発生すれば、その月の利用代金のすべてがポイント2倍となる点です。

例えば、ある月の利用額合計が100万2千円だった場合、マイ・ペイすリボの金額を100万円に設定すれば、リボ払いの手数料は2,000円の部分にしか発生しません。

それでポイントが2倍になるので、リボ払いの手数料よりも、得られるポイントの方が増えてお得。還元率が最大1%に昇華します。

三井住友VISAカードは、リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」を利用すると、年会費が一般カードは無料、ゴールドカードは半額と非常...

更に6ヵ月間のカードお支払金額合計が50万円以上の場合、カード支払い額の0.5%相当額のVJAギフトカードがプレゼントされます。

これを合わせると、合計還元率は1.5%になり、手数料(0.76%+税)を大幅に上回って得することができます。

三井住友カード プラチナというクレジットカードがあります。三井住友カードが発行しています。メンバーズセレクション、プライオリテ...

以下は三井住友カード プラチナで1,014,390円の国税の納税を行なった例です。

しっかりと通常のカードショッピングと同様に1,000円ごとにワールドプレゼントの基本ポイントが1ポイント付帯されました。

三井住友プラチナカードの国税払いの明細 三井住友プラチナカードの国税払いでのポイント明細

プラチナカードではない通常の三井住友VISAもマイペイす・リボで還元率は最大1%になるので、国税のクレカ払いの手数料を上回ります。

ANA VISAカード / ANA Mastercard

ANA VISAカードANA Mastercardはマイル還元率が高いので、マイラーの方ならこちらがおすすめです。

三井住友カード発行のANA VISA プラチナ プレミアムカードは、マイ・ペイすリボの活用でマイル付与率を最大で約1.8%まで上げることができます。マイラーですとお得です。

ANA VISAプラチナ プレミアムカードというクレジットカードがあります。ANA(全日空)と三井住友カードが提携して発行しているANAカード...

利用限度額は100万前後となってしまいますが、ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードも国税の支払いで使う有力なクレジットカードです。

ANA VISA ワイドゴールドカード

マイ・ペイすリボの活用でマイル付与率を最大1.3%まで上げることができます。手数料よりも圧倒的にお得です。

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードというクレジットカードがあります。ANA(全日空)と三井住友カードが提携して発行しているANA...

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんは、おすすめのゴールドカードとしてANA VISA/マスター ワイドゴールドカードを挙げていらっしゃいました。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードは、クレジットカードのレジェンドも高く評価しています。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...

2019年10月にANA VISA ワイドゴールドカードで申告所得税及復興特別所得税を支払ったところ、しっかりと満額のポイント(マイル)を獲得できました。

ANA VISA ワイドゴールドカードの利用明細

ANA VISA ワイドゴールドカードのワールドプレゼント獲得明細

ソラチカカードソラチカゴールドカードなら、Oki Dokiボーナスポイント→メトロポイント→ANAマイルと交換することで、ANAマイル還元率が高還元になります。

スマリボの活用によって、ソラチカ一般カードは最大1.54%、ゴールドカードは最大1.5625%となるので、手間をかけるのも選択肢です。

ANAマイラーにとって歓喜のANAマイル還元が、コロナウイルス蔓延の絶望の淵で生誕しました。誰もが終了したと思っていたソラチカルー...

JALカード

JALカードも候補となります。嬉しいことにJALカードは国税の支払いにおいても満額でマイルが付与されます。ファインプレー!

ショッピングマイル・プレミアム加入時はマイル付与率が1%となり、手数料を上回るJALマイルを獲得できます。

4種類のJALカード

実際に2019年10月にJALカードで所得税を支払ったところ、しっかりと1%のJALマイルを獲得できました!

JALカードの利用明細(所得税の支払い)

JALカードには、JAL普通カードJAL CLUB-AカードJAL CLUB-AゴールドカードJAL プラチナカードの4種類があります。あらゆるJALカードの比較は以下にまとめています。

JALカードというクレジットカードがあります。日本航空(JAL)が大手クレジットカード会社と提携して発行している航空カードです。JALマ...

ラグジュアリーカード

ラグジュアリーカード3枚

日本初の金属製クレジットカードでワールドエリートMastercardのステータスがある「ラグジュアリーカード」も、国税のクレジットカード払いで満額のポイントを得られます。

カード名 最大還元率(端数がない時)
ワイン通販 キャッシュバック等 マイル
ゴールドカード 3.30% 1.50% 0.90%
ブラックカード 2.75% 1.25% 0.75%
チタンカード 2.20% 1.00% 0.60%

ポイントをワイン購入に使う場合は、意外なことに高還元のクレジットカードとなってバリューが高いです。

ポイント還元率がチタンカード2.2%、ブラックカード2.75%、ゴールドカード3.3%となります。

金属製の上級の質感が人気のラグジュアリーカード(Luxury Card)は、実は隠れ高還元カードであり、ポイントをワイン購入に使う場合はバ...

0.76%(税抜)の手数料を遥かに上回るポイントを獲得できてお得です!

ラグジュアリーカードの利用明細(消費税・地方消費税)

ラグジュアリーカードのポイント獲得履歴

ラグジュアリーカードの特徴、3種類のカードの比較については、以下で徹底的に解説しています。

新生銀行グループのアプラスは「ラグジュアリーカード(Luxury Card)」を発行しています。富裕層向けクレジットカード会社「Black Ca...
「Luxury Card」(ラグジュアリーカード)というクレジットカードがあります。特許技術による金属製、Mastercard最上級の「ワールドエリ...

ラグジュアリーカードを実際に使ってみた感想については、以下にまとめています。総合的に大満足のステータスカードでした。

ラグジュアリーカード(Luxury Card)というクレジットカードがあります。チタンカード、ブラックカード、ゴールドカードの3種類が存...

以前にラグジュアリーカード日本支社の林 ハミルトン 代表取締役社長に取材しました。充実の特典、イベントなど、Luxury Cardについて色々と聞き倒しています!

ラグジュアリーカードというMastercard最上級のワールドエリート・マスターカードがあります。彗星のごとく現れて日本でも一気にアメ...

注意点

ポイント・マイル・キャッシュバック等の取扱いは常に改悪されるリスクがあるので、国税でクレジットカード決済する前に必ずカード会社に確認しましょう。

還元率は0.5%~0.85%と低めで手数料負けするケースが多いですが、JCBオリジナルシリーズのJCBカードも国税の支払いでOki Dokiポイントを得ることができます。

税金払いでクレジットカード会社が得られる手数料は僅少なので、ポイント還元の改悪リスクはつきまとっていますが、満額付与の継続を期待したいですね。

クレジット払いとnanaco払いの比較

国税は25万円まではセブン&アイの電子マネーnanacoで支払いをすることができます。コンビニで支払える納付書なら、セブンイレブンにて支払えます。

nanaco(ナナコ)という電子マネーがありますね。セブンイレブン・イトーヨーカドー・デニーズなどのセブン&アイグループの店舗で...

nanaco払いはクレジットカードとは異なり、手数料が無料なのがメリットです。

税金の支払いでnanacoポイントはたまりませんけれども、クレジットチャージする際にポイントが貯まるクレジットカードがあります。

nanacoチャージで最高還元率のクレジットカードリクルートカードであり、1.2%のリクルートポイント(Pontaポイントに等価交換可能)を得られます。

nanaco(ナナコ)というセブン&アイグループの電子マネーがあります。セブン-イレブン店頭で、国民年金保険料・健康保険料、固定...

nanaco払いのデメリットは高額の税金の支払いの場合は不便である点です。

nanacoチャージは一度に30,000円、チャージ上限額5万円という制約があります。

nanacoカード3枚

複数枚のnanacoカードを駆使したとしても、1会計でnanacoで支払える金額は25万円までとなります。

したがって、高額の支払いの場合は、クレジットカード払いの方が便利です。

少額ならnanaco払い、高額ならクレジット払いという使い分けがおすすめです。

まとめ

クレジットカード

インターネットでの国税のクレジットカード払いは、システムメンテナンスを除いて夜間・休日でもサクッと決済できて簡便です。

0.76%~1.52%(税抜)の手数料が発生しますけれども、支払額が50万円以上なら手数料率は0.76%近くに張りつきます。

50万円以上の納税ならば、0.5%のマイル、もしくは0.85%以上のポイントを獲得できるならばペイします。

現金払いと比較してキャッシュフローが改善するというメリットもあります。

国税納税をするにあたっておすすめなのは、ビジネスカードだと最もコストパフォーマンスが良好なOrico EX Gold for Bizです。

最大1.1%還元で手数料を上回るポイントを獲得でき、ポイントの使い勝手も抜群に良好です。

オリコエグゼクティブゴールドフォービズ(EX Gold for Biz)

2018年10月1日からは空港ラウンジも利用可能になりました。国内主要空港、仁川国際空港、ハワイ・ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港を使えます。

年会費2,000円(税抜)とリーズナブルなのに空港ラウンジを使えるのは突き抜けています。これは嬉しいですね。空港ラウンジがお得に使えるクレジットカードの一角です。

高級レストラン2名以上の利用で1名分無料のサービスも付帯しており、オン・オフのどちらにも役立つベネフィットが満載となっています。

現在、最大7,000円相当のオリコポイントプレゼントのお得な入会キャンペーンを実施中です。

公式サイトオリコ エグゼクティブゴールドフォービズ 公式キャンペーン

年会費が上がってOKの場合、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス(JALマイル1.125%)が高還元でお得感があります。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス

審査が緩い年会費無料のビジネスカードとしては、ライフカードビジネスライトがおすすめです。

ライフカード社員への取材記事

人気クレジットカード会社の一つがライフカードです。コストパフォーマンスが良好なクレジットカードが揃っており、審査基準の側面で...

多額の納税を行う場合は、事前入金すれば限度額なしで使えるアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードです。

将来的にアメックス・ビジネス・プラチナを目指している場合や、グリーンより充実した特典がほしい場合は、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードが選択肢となります。

個人事業主となって事業を開始したり、法人を設立したら、ビジネスカードないし法人カードの作成が検討課題となりますね。その中でも...

金属製クレジットカードならラグジュアリーカードがおすすめ。類まれなゴージャス感、驚異のスケール感があります。

ブラックカードは、マットな質実剛健さがスラムダンクのように力強く、蝶のように舞い蜂のように刺す「黒のカリスマ」です。

ラグジュアリーカード(ブラックカード)

まさに「溢れる生命力と優雅さが調和」「最高のバリューの結晶」と評価できるハイ・クオリティー・カードです。特にユニークなダイニングサービスに強みがあります。

MastercardのWorld Eliteのステータス、豊富な各種特典、上質の素材に魅力を感じる方にとって、ラグジュアリーカードは有力候補となります。金属製のクレジットカードは稀有でエッジ・優位性があります。

ゴールドカードは、個人用カードについてはインビテーション制ですが、ビジネスカードだといきなり24金のゴールドカードに申し込めます。

レストランでの食事後に送迎車で帰宅できる独自特典を利用したい場合、交通事故傷害保険(賠償責任保険付き)、美術館の企画展・常設展、24金仕上げの素材などを重視する場合などは、ゴールドカードが候補となります。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)

ラグジュアリーカードのページにアクセスして、下の方にある「Mastercard Gold Card」の「お申し込み」ボタンを選択します。

ラグジュアリーカード ゴールドのビジネスカードの申し込みページ

そして、申し込みフォームの必要項目を入力・選択していく流れとなります。

法人だけではなく個人事業主でもOKです。サラリーマンでも「個人事業主」として申し込むという選択肢もあります。

ラグジュアリーカード 公式サイト

これまで挙げたカード以外の他のビジネスカードと比較検討したいという場合は、法人カードのランキングをご参照ください。その中でも特におすすめカードは以下で徹底的に解説しています。

ビジネスカードには数多くの種類があり、どれにするか迷う方も多数いらっしゃると思います。激しい競争の賜物で魅力的なクレジットカ...

年会費無料のおすすめ法人カードポイント還元率が高い法人カードマイルが貯まる法人カード空港ラウンジが使える法人カードなど多様なタイプがあります。

ETCカードがお得なビジネスカードについては、以下で精緻に分析しています。

ビジネスで交通費、高速道路料金、有料道路料金を支払っている個人事業主・法人の方は多いでしょう。ETCカード専用の出入り口は増加の...

国税の支払でお得な個人カードも、やはりアメックスのプロパーカードです。事前入金したら数千万円でも1億円でも利用可能である点にエッジ・優位性があります(アメックスカードの種類)。

おすすめのアメックスについては、以下で徹底的に解説しています。

おすすめ
アメックスというクレジットカードがあります。アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド(American Expr...

アメックスのプロパーカードの中で、最もスタンダードなのはアメックスグリーンです。

ウォーレン・バフェットやビル・ゲイツも保有しているクレジットカードであり、世界の重鎮と肩を並べられる稀有なステータスカードです。

アメックスグリーン
国際ブランド
  • アメックスのロゴ
電子マネー・Pay・NFC決済
  • QUICPayのロゴ
  • Apple Payのロゴ
  • d払いのロゴ
  • au PAYのロゴ
  • アメリカン・エキスプレス コンタクトレスのマーク
  • Apple Payでアメックスのタッチ決済が使えるマーク
  • ETC
  • 家族カード
  • リボ払い
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ショッピング保険
年会費(税抜) 発行スピード
本会員 家族会員
12,000円 6,000円 約1週間
基本還元率 マイル還元率 ポイント名
1.0% 0.8~1.0% メンバーシップ・リワード
  • 同伴者1名まで空港ラウンジ無料
  • 手荷物無料宅配サービス(往復)
  • プライオリティパスのスタンダード会員(通常99米ドルが無料)
  • 充実の付帯保険(返品まで補償)
  • アメックスの充実のイベントにポイントで参加可能

コスパを重視する場合は、世界No.1ホテルグループのマリオットボンヴォイで至れり尽くせりの特典を受けられるSPGアメックスがおすすめです。

年1回の無料宿泊特典だけで年会費を超える金銭的価値を享受でき、更に通常なら年25泊が必要なゴールドエリートのステータスを無条件で得られます。

SPGアメックス
国際ブランド
  • アメックスのロゴ
電子マネー・Pay・NFC決済
  • QUICPayのロゴ
  • Apple Payのロゴ
  • d払いのロゴ
  • au PAYのロゴ
  • アメリカン・エキスプレス コンタクトレスのマーク
  • Apple Payでアメックスのタッチ決済が使えるマーク
  • ETC
  • 家族カード
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 航空便遅延費用補償
年会費(税抜) 発行スピード
本会員 家族会員
31,000円 15,500円 約1週間
基本還元率 マイル還元率 ポイント名
3.0% 1.25% マリオットボンヴォイのポイント
  • 世界中で利用可能な無料宿泊特典が毎年1回プレゼント
  • 無条件でMarriott Bonvoyのゴールドエリート会員(通常は年25泊必要)
  • 対象レストラン・バーが15%OFF
  • 海外旅行では手配まで対象の24時間日本語サポート
  • 39,000ポイントの紹介キャンペーン

更に充実の特典をご希望の場合、アメックスプラチナが候補となります。詳細は以下をご参照ください。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(AMEX PLATINUM)というクレジットカードがあります。アメックス・プラチナと呼ばれていま...

個人用のおすすめクレジットカードについては、以下にまとめています。

クレジットカードには多種多様な種類があり、膨大な数のクレカが発行されています。あまりの多さに探しきれない程ですし、評判・口コ...

日本有数のクレジットカードの専門家でいらっしゃる岩田昭男さんのおすすめクレカについては、以下で徹底的に解説。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんのおすすめカードには、珠玉のクレジットカードが集結しています。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

多様な項目での最強のクレジットカード

クレジットカードには多種多様な種類があります。年会費無料カード、高還元カード、一芸に秀でた特化型カード、航空系カード、ゴール...

高還元カード

クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが還元率です。年間のクレカ利用額が多い場合は、たとえ年会費がかかっても高還元率の...

-クレジットカード, 法人カード

Copyright© The Goal , 2014-2020 All Rights Reserved.