アメックスゴールドにメタルカードが導入!日本のメタル化はいつ?

更新日: アメックス

アメックス・ゴールドのメタルカード

アメリカからビッグニュースが飛び込んできました。アメリカン・エキスプレスがプラチナ・カードに続いて、米国発行のアメックスゴールドにもメタルカードを導入しました。

年会費の値上げとともに、金属製カードの導入、サービスの拡充が行われました。日本のアメックスゴールドにも導入される可能性があります。

アメックス・ゴールドのアメリカでのメタルカード発行について、わかりやすく徹底的に解説します。

メタルカードのアメックス・ゴールドはこれまでのプラスチック製のカードからは格段に質が向上しました。

プラチナ・カードの金属製カードと同様に、アメックスの象徴のセンチュリオンはこれまで通りカード中央に君臨しています。

「大切な資産を守る」、「安心を提供する」という意味が込められています。

しかも2019年1月9日までは、限定でローズゴールドバージョンのアメックス・ゴールドに申し込むことも可能でした。

アメックス・ゴールドのメタルカード(通常色とローズゴールド)
(American Expressより)

特徴的なのはプラチナ・カードのメタルカードと同様に、カード番号がカード表面にないことです。メタルの材質上の問題なのでしょうか。番号は裏面に掲載されています。

確かに店頭で使う分にはカード番号が表になくても全く問題ないですよね。斬新でカッコ良さがアップしました。前例にとらわれず果敢に攻めるアメックスらしさがあります。

アメックス・ゴールド(新券面)

これまでのアメックスゴールドはセンチュリオンにカード番号がかかっていました。番号がなくなったことでよりカッコよくなりました。

セキュリティコード、MEMBER SINCE、名前はこれまで通りカード表面に掲載されています。

米国発行のアメックスゴールドは、メタルカードの導入と同時に特典の拡充、年会費の値上げも行われました。

  • 年会費195ドル→250ドルにUP
  • 米国内のレストランやスーパーマーケット利用時のポイントが1ドルあたり2ポイント→4ポイント(年2万5千ドルまで)
  • 米国内の一部特定レストランや出前サービスを同カードで利用した場合、年間120ドル分のクレジット(Shake Shack、Cheesecake Factory、Ruth's Chris Steak等)

ダイニング関連が一気にパワーアップしています。対象店舗の利用分から120ドルがマイナスされるので、フル活用すれば年会費が実質130ドルですね。

アメックス・プラチナについては、アメリカ以外の国においては、日本は世界的にも早くメタルカードが導入されました。試験導入のオーストラリア以外では、日本が世界2位のスピードです。

おそらく金属製のラグジュアリーカードが日本に上陸していることから、その対抗措置でしょう。

ラグジュアリーカード(ブラック)とラグジュアリーカード(ゴールド)

実際に私自身、ラグジュアリーカードのブラックカードとゴールドカードをフル活用していますが、金属製の上質の質感はファンタスティックです。

プラスチック製のクレジットカードは、いくら素晴らしいカードでも「所詮プラスチック」という感覚すら浮上するのが恐ろしい程です。

この点でアメックス・ゴールドのメタルカード、金属化はスペシャルです。

また、ローズゴールドもオシャレで特に女性に人気が出るかもしれません。人気化したら定番色に昇格する可能性はあるでしょう。

注目の日本発行のアメックスゴールドがメタル化する時期ですが、過去の事例に鑑みると、おそらく2020年頃だと予想します。

米国では既存のアメックス・ゴールドのユーザーは、カード更新時まで待つ必要はありませんでした。

会員サイトや電話でリクエストすれば新しいメタルカードが届きます。

日本ではアメックスプラチナと同様に、切り替え申込書が送られてきて、返送すればメタルカードに交換できる方式になるでしょう。

アメックスプラチナの本会員カードにメタルカードが導入されました。家族会員、ACカードはこれまで通りプラスチック製カードです。

金属製カードはプレミアムクレジットカードの新潮流です。ダイナースプレミアム、JCB THE CLASSにも導入を期待したいところです。

ただし、デメリットもあります。重量がプラスチック製カードよりもあるので、お財布が重くなる点がマイナスポイントです。

アメックスのカード券面は原則として世界共通となっていることから、日本でもアメックス・ゴールドにメタルカードが導入される可能性があります。

実際に個人用アメックス・プラチナのメタルカードを手にしたところ、予想以上のクオリティで大満足でした。アメックス・ゴールドにも導入されると風雅。

アメックスプラチナのメタルカード

個人用のプラチナ・カードの感想については、以下にまとめています。

アメリカン・エキスプレスが、日本でもアメックスプラチナのメタルカードを発行開始しました。アメックスプラチナのメタルは想像以上...

米国ではアメックス・ビジネス・プラチナにもメタルカードが導入され、こちらも2018年11月12日から日本に上陸しました。

カードフェイスが個人用と同様にセンチュリオンが中央となり、「AMERICAN EXPRESS」の右下に「BUSINESS」という文字が来る形に変更されました。

アメリカン・エキスプレスが、日本でもアメックスビジネスプラチナのメタルカードを発行開始しました。切り替え申込書が届き返送した...

アメックス・プラチナの上位カードであるアメックス・センチュリオンは金属製のチタンカードが人気を博しています。

やはり金属製のカードというのは質感、クオリティがプラスチックカードよりも段違いです。上質感があるアイテムで身の周りを固めたいというハイセンスな方には大きなメリットが有る材質です。

アメックス・ゴールドのメタルカード導入は、年会費が近いラグジュアリーカードのチタンカードに対抗してのことだと思います。

ラグジュアリーカード(チタンカード)を持ったところ

ラグジュアリーカードは金属製デザインと構造で特許を取得した技術が用いられている金属製クレジットカードです。「ブラックカード」の商標も保有しています。

チタンカードはブラッシュドステンレススチール&カーボン、ブラックカードはステンレススチール&カーボン(マットブラック)、ゴールドカードは24金の純金コーディング&カーボンが用いられています。

金属プレートの加工はNASAに技術を提供している会社が行なっています。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)

ゴールドカードはアカデミー賞のオスカー像を作っている金属会社が作成しており、傑出したクオリティです。美しいゴールドを作れる会社として定評がある企業がハイ・クオリティーのカードを生産しています。

純金コーティングの素材力を遺憾なく発揮しており、光に反射してキラキラと輝いてゴージャスです。光の当たり具合で表情が変化してラグジュアリーです。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)お財布の中で光り輝くラグジュアリーカード(ゴールドカード)

ラグジュアリーカードは2016年2月に始まったばかりの新興カードですが、おそらくアメックスを動かした程の存在感があります。

Mastercardのワールドエリートと最上級の材質のパワーを遺憾なく発揮して、情報感度が高い方々に好評を博しています。

新生銀行グループのアプラスは「Luxury Card」(ラグジュアリーカード)を発行しています。富裕層向けクレジットカード会社「Black Card...
「Luxury Card」(ラグジュアリーカード)というクレジットカードがあります。特許技術による金属製、Mastercard最上級の「ワールドエリ...

以前にラグジュアリーカード日本支社の林 ハミルトン 代表取締役社長に取材しました。充実の特典、イベントなど、Luxury Cardについて色々と聞き倒しています!

ラグジュアリーカードというMastercard最上級のワールドエリート・マスターカードがあります。彗星のごとく現れて日本でも一気にアメ...

米国では富裕層がこぞってラグジュアリーカードに申し込んでいます。保有者の平均年収はなんと約42万ドルとなっています。

日本での保有者の平均年収も著しく高く、チタンカードで約2,500万円、ブラックカードで約3,500万円、ゴールドカードは約5,500万円となっています。

2016年2月からアメリカでスタートして、2016年11月に日本にも光臨した「ラグジュアリーカード」という高級カードがあります。Masterca...

ブラックカード以上のラグジュアリーカードのコンシェルジュは、メールでの依頼が可能である点にエッジ・優位性があります。

電話は不要ですし、会員サイトにログインして決められたフォームに入力する手間もありません。ユーザーフレンドリーで便利です。

最初の対応が自動音声のコンシェルジュだと、人間のオペレーターにつながるまでに2分程度はかかることが多いので、メール依頼できるのは傑出しており特筆に値します。

プラチナカード・ブラックカードに定番のサービスが「コンシェルジュ」です。基本的には電話でのやり取りとなります。回答はメールOK...

実際に多様な案件を依頼したところ、ラグジュアリーカードのコンシェルジュには大満足でした。他のプラチナカード・ブラックカードと比較して秀逸です。

ラグジュアリーカードには、24時間365日対応のコンシェルジュがあります。「Luxury Card Concierge」という名前です。ブラックカード...

ラグジュアリーカードのコンシェルジュのメール対応については、クレジットカードの専門家・菊地崇仁さんも高く評価しています。

プラチナカード、ブラックカードならではのサービスとして、コンシェルジュがあります。ただし、今ひとつ何を頼めるのか、わからない...

長らく富裕層御用達のクレジットカードといえばアメックスです。ラグジュアリーカードへの顧客流出を危惧して、メタルカードの導入に踏み切ったと状況からは考えられます。

このような競争は大歓迎ですね。今後もアメックスとラグジュアリーカード、その他ハイステータスカードが切磋琢磨して魅力を上げていってほしいと思います。

2枚のラグジュアリーカードと2枚のアメックス

これまでもアメリカン・エキスプレスは金属製カードを発行していました。

最初はアメックス・センチュリオンで、金属製のチタンカードがありました。ただし、インビテーションの基準が高過ぎて一般人には難易度が高いです。

アメックスのブラックカードであり、世界中でも最高峰のクレジットカードは「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」で...

アメックス・プラチナのメタルカード発行で、金属製アメックスカードの獲得が一気に現実的なものとなりました。

プラチナ・カードのインビテーションのハードルは高くないので、一般人でも十分に視野に入ります。年200万円利用すれば届くケースが多いです。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(アメックス・プラチナ)というインビテーション制のステータスカードがあります。目指...

また、2018年からは突撃も緩和されました。

2018年10月15日発行分からアメリカン・エキスプレスのプラチナ・カード(アメックス・プラチナ)がメタル製カードとなりました。2019年4...

もっとも、アメックス・プラチナの年会費は140,400円(税込)と高く、保有のハードルは高いです。

アメックスゴールドは年会費31,320円(税込)なので多くの方にとって現実的なクレカです。

日本のアメックス・ゴールドにも金属製カードが導入されたら、より一層メタルカード保有のハードルが低下して魅力がアップします。

なお、アメックスプラチナのメタルカードは本会員のみであり、追加カード会員、ACカードはこれまで通りプラスチック製カードでした。

したがって、アメックスゴールドのメタルカードが導入された場合も、対象は本会員のみとなる可能性が極めて高いです。

アメックス・ゴールドとニコライ・バーグマンの花

アメックス・ゴールドはプラチナカード級の豊富なベネフィット、全世界的な抜群の知名度・ステータスが大いなる魅力を放っています。

類まれなるゴージャス感、驚異のスケール感があり、深くたくましい重厚な特典が満載です。

まさに「溢れる生命力と優雅さが調和」「最高のバリューの結晶」と評価できるハイ・クオリティー・カードです。

類稀なゴールド・エクスペリエンスが可能になり、黄金の風が巻き起こります。

本物の高貴なクレジットカードであり、珠玉のベネフィットの良さには、ただもう溜息をつくばかりです。

アメックス・ゴールドは、魅力的なキャンペーンもメリットです。

アメックス・ゴールド(アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)は、お得な入会キャンペーンを開催しています。また、入会後も...

まだカードをお持ちでない方は、まずは1年間キャンペーンで年会費を上回る価値がある大量のポイントを獲得して、更新の可否を検討してみてはいかがでしょうか。

アメックス・ゴールドの当サイト経由キャンペーン

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックス・ゴールド)は世界中で知名度が抜群であり、身分証明書代わりとも言われているカードです。

お得なメリットが満載のクレジットカードです。特に大きいメリットは以下のとおりです。

コース料理1名分無料サービスのゴールドダイニングを1年間に2~3回使えば、アメックス・ゴールドの年会費の元をとれてしまいます。

ゴールド・ダイニングの使える店、サービス内容については以下にまとめています。

アメックス・ゴールドの特典の一つに「ゴールド・ダイニング by 招待日和」があります。レストランの所定のメニューコースを2名以上で...

ショッピング保険、キャンセルや返品の補償など、付帯保険も卓越しています。

アメリカン・エキスプレス・カードには「ショッピング・プロテクション」が付帯します。いわゆるショッピング保険であり、国内外で購...

なお、アメックスのショッピング関連の保険は、QUICPay払い(Apple Payを含む)の場合でも補償対象です。

ゴールドカード以上のアメリカン・エキスプレス・カードには、「キャンセル・プロテクション」が付帯します。国内外の旅行、ホテル宿...
アメリカン・エキスプレス・カードには、一部の一般カードを除いて「リターン・プロテクション」が付帯します。他社クレジットカード...

アメックス・ゴールドの年会費は高いものの、それを大きく上回る至高の価値があります。

高級レストランに行く機会がある方なら、アメックス・ゴールドはコストが高いどころか、むしろ最高にお得なクレジットカードに昇華します。

海外旅行先での24時間無料の電話サポート(日本語)も便利。案内だけではなく手配までしてくれるのは絶大な安心です。海外旅行・出張時の守護をしてくれます。

アメリカン・エキスプレス・カードを保有していると、海外で24時間365日いつでも、フリー・ダイヤルもしくはコレクト・コールでの日本...

1度交換したらポイントが無期限となり、マイルを無期限で貯められるのも大きなメリットです。

ファーストクラスに向けてコツコツと貯めることが可能となります。アメックス・ゴールドを持っていると、夢のファーストクラスが近い現実となります!

飛行機

アメックス・ゴールドは、通常99米ドル(2019/8/24時点の1ドル105.39円換算で10,433円)の「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に年会費無料で登録できます。

年2回、プライオリティパスのラウンジを無料で利用できます。アルコールや飲食物が豊富で搭乗口から近いVIPラウンジが利用できます。

プライオリティパスで使えるスターアライアンスラウンジ

その他、京都にあるラウンジも利用可能です。清水寺、祇園、知恩院など観光スポットが集積している場所にあるので休憩に便利です。

アメックスの「京都特別観光ラウンジ」に行きました。清水寺、祇園、知恩院などの観光地の中心にあり、京都観光の休憩が捗りました。...

キャンセル・プロテクション、リターン・プロテクション、往復の手荷物無料宅配、同伴者1名まで空港ラウンジ無料などは他のゴールドカードにはほとんどないメリットです。

スーツケースの宅配料金は何らかの割引が適用された場合でも、概ね1,500円~2,000円程度はかかります。

1回海外旅行や出張に行く度に3,000円~4,000円程度が浮きます。海外旅行の際に重い荷物をひきずって移動する必要がなくなり、体に優しくて便利なサービスです。

JALエービーシー(手荷物無料宅配)

手荷物やお土産が多い場合は特に便利です。ダンボールを宅配カウンターで購入することもできます。

家族で旅行する場合にも便利です。アメックス・ゴールドは家族会員の年会費は1名無料なので、1名分の年会費で2枚カードが持てます。

2枚のカードそれぞれ同伴者が1名無料なので、夫婦で持つと合計4名まで空港ラウンジを無料で利用できます。家族旅行の際には4名までラウンジで寛げます。

IASS EXECUTIVE LOUNGE 2のビールと柿の種

家族会員の年会費が1名無料なので、夫婦で使う場合はグリーンとの年会費の差は11,000円(税抜)まで縮みます。

アメックスのコールセンターの従業員は、ほとんどがアメリカン・エキスプレスの正社員であり、しっかりとしたサポートを受けられます。電話応対は素晴らしく、いつも気持ちよく電話できます。

コールセンターのオペレーターの女性

また、満足度が高い会員限定のイベントが豊富なのも大きなメリットです。人生を豊かに彩ってくれます。

アメックス・ゴールドは、世界中で通用する輝きを誇るステータス・信頼性・ブランド力があるカードです。ダイナースクラブカードよりも一段階上であり、プラチナカードと同等以上として認識されています。

しかもその割に審査は緩いので、年収が低かったり、収入が不安定な自営業者・フリーランスでも非常に作りやすいのは大きなメリットです。

アメリカン・エキスプレス・カードというクレジットカードがあります。愛称はアメックスです。世界的に高いステータスを誇るステータ...

富裕層が保有するステータス・カードとして有名であり、世界のステータス・シンボルとなっています。お会計のときに出すだけで一目置かれるカードです。

サービスの面でも、他のゴールドカード以上の充実した内容となっています。特に海外旅行・出張向けサービスが充実しているので、海外旅行・出張に行く機会があるとお得なカードです。

アメックス・ゴールドのウェルカムガイド

アメックス・ゴールドの年会費は31,320円(税込)ですが、1日あたりのコストを出すと約86円です。

アメリカン・エキスプレスはニューヨークで運送業として開業し、顧客サービスの1つとしてクレジットカードを開始しました。

アメックスのロゴと創設者

こうした歴史的背景からT&E(Travel & Entertainment)が極めて充実している点にエッジ・優位性があります。

アメックスの歴史

1日86円のコストでアメックス・ゴールドの有形無形のサービスを受けられることを考えると、高い年会費は十分にペイできます。充実の保険はお守りのような安心感をもたらしてくれます。

こうして考えると、アメックス・ゴールドの年会費は高いわけではないと評価できます。

1回海外旅行に行くだけで、プライオリティパスの年会費とラウンジ利用料金2回(約17,000円)、往復の手荷物無料宅配(約4,000円)で21,000円が浮きます。

海外旅行保険に加入しなくて済む費用、盤石の海外サポート、その他充実の保険に鑑みると、1回の海外旅行で年会費の元が取れてしまうと考えることも可能です。

海外旅行に行かない場合でも、コース料理1名分無料サービスだけで年3万円は十分に得することが可能です。その他詳細は以下で徹底解説しています。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(AMEX GOLD)というクレジットカードがあります。アメックス・ゴールドと呼ばれています。...

アメックス・ゴールドとグリーンの違いについては、以下で徹底的に比較しています。

個人向けのアメックスのプロパーカードのうち、自分で申し込める代表的なカードは、アメックス・グリーンとアメックス・ゴールドです...

現在、アメックス・ゴールドは当サイト経由でお得なキャンペーンを行なっています。USJ貸切イベント招待か、30,000ポイントがプレゼントされます。

「何でアメックスはこんなに破格のキャンペーンを行っているの?」と疑問に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

これに関しては、アメックスの充実したサービス・高いステータスを実感すると、ずっと利用する方が多いからです。

当サイト経由なら3万マイルをもらえるキャンペーンですので、アメックス・ゴールドをまだお持ちでない方は、この機会にぜひ発行してみてはいかがでしょうか。

アメックス・ゴールドの当サイト経由キャンペーン

更に充実の特典をご希望の場合、アメックスプラチナが候補となります。詳細は以下をご参照ください。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(AMEX PLATINUM)というクレジットカードがあります。アメックス・プラチナと呼ばれていま...

いきなり年会費13万円のプラチナ・カードに抵抗がある場合は、まずはアメックス・ゴールドに申し込んで、アメックスのサービスを試してみるのも方法の一つです。

年会費を上回る価値があるポイントを獲得できる入会キャンペーンもあるので、1年間は実質無料で使えます。

ゴールドカード保有後にカードデスクに電話してプラチナ・カードに切り替えることも可能になっています。

アメックス・ゴールド(アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)は、お得な入会キャンペーンを開催しています。また、入会後も...

なお、アメックスゴールドをお持ちの方へのインビテーションはこれまで通り行われる予定となっています。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(アメックス・プラチナ)というインビテーション制のステータスカードがあります。目指...

その他、おすすめのアメックスについては、以下で徹底的に解説しています。

アメックスというクレジットカードがあります。アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド(American Expr...
  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-アメックス

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.