dポイントへの交換で10%増量のキャンペーンがお得!クレカ・銀行・ポイントサイト等のポイントが対象

更新日: キャンペーン ポイント

dポイントへの交換で10%増量のキャンペーン

NTTドコモが毎年恒例のかなりお得なキャンペーンを開催します。ドコモ・ahamoの契約がなくても、入会金・年会費無料のdアカウントさえあればOKです。

エントリーの上で2022年11月1日~2023年1月5日に、クレジットカード・銀行・ポイントサイト等の対象ポイントを「dポイント」に交換すると、交換ポイントの10%が増量されます。

2018年までは25%UP、2019年は20%、2020~2021年は15%でしたので、年々改悪傾向となっています。

dポイントは従来のドコモポイントから進化して、ローソン・マクドナルド・高島屋などのリアルの店舗で使えるようになりました。ポン活でも利用可能で、現金化も可能。キャンペーン時に交換しておくとお得です。

ボーナスの10%分のポイントは期間・用途限定のdポイントとなるので、JALマイルへの交換、dカードプリペイドへのチャージ、ケータイ料金への充当、データ量増加ができません。

ローソン等のリアルのdポイント加盟店での利用可能です(使い道 公式ページ)。

キャンペーンの+10%には上限がないので、ポイントサイトで多数のポイントを得ている場合も無問題!

dポイントを使う方にとっては無条件でお得ですし、通常ポイントだけではなく、期間・用途限定のdポイントも現金化が可能なので、各種ポイントを現金に交換したい方にとっても有意義なキャンペーンです。

上限はないので多額のポイントを交換して、まとまったポイントを獲得することも可能。dポイントはJALマイルに移行できるので、マイラーにとっても参加が選択肢です。

dポイント10%増量キャンペーンの内容

今回のキャンペーンでは、2022年11月1日~2023年1月5日のキャンペーン期間中に対象会社のポイントを「dポイント」に交換すると、10%UPで交換できます。

  • エントリー期間:2022/10/27~2023/1/5
  • キャンペーン期間:2022/11/1~2023/1/5(ポイントにより開始日と終了日が異なる)
  • エントリーとポイント移行はどちらが先でもOK

普段を100%とすると110%とパワフルなレートで交換できます。まさにGU(ギャップ・アップ)となり、強烈にお得ですね!

キャンペーンポイントの算出にあたり、端数が出た場合は切り上げて計算されるので、ユーザー側に有利になっています。

dポイントの交換キャンペーンの内容

2022年5月にはキャンペーンの賜物で、+8,775ポイントのdポイント(期間・用途限定)を獲得しました!

dポイントの増量キャンペーンの付与ポイント

2016年まではdポイントクラブかつドコモのケータイ回線契約の方が対象でしたが、2017年からはドコモのケータイの契約は不要になりました。

この変更によって私もドコモ契約者ではなかった2017年に+25%UPの2,750ポイントを獲得できました(2022年は+10%)。

dポイント25%増量キャンペーンの獲得履歴

2018年はキャンペーン期間中に貯まっていた他のポイントを一気に交換して、なんと合計で32,192ポイントを獲得しました。

dポイント25%増量キャンペーンの付与履歴

年会費無料で誰でも入れるdポイントクラブの会員になっていればドコモやNTTとの通信契約は不要です。

キャンペーン期間中に企業の申込みサイトから、ポイント移行を申込むだけでOKであり、dポイントクラブ側では特に手続きは不要です。

各ポイント独自のキャンペーンが開催されることもあります。例えば2020年はモッピーのみ3%を独自で上乗せし、合計で18%となりました。

また、ハピタスは2021年1月6日まで掲載広告を利用し2,000ハピタスポイントを獲得すると、交換額の+10%分のハピタスポイントを得られて合計で25%還元でした。

dポイントは便利に利用できる共通ポイントですので、バリューが高いキャンペーンですよ!

NTTドコモの「dポイント」は、ドコモユーザーではなくてもお得に使える共通ポイントです。従来のドコモポイントから進化しま...

スケジュール

毎年恒例のキャンペーンとなっており、2016年は8月~10月、2017年は10~11月、2018年は11月~12月でした。

2019年以降は11月~翌年1月となっており、年をまたぐスケジュールとなっています。

キャンペーン期間は交換元のポイントによって異なる点に留意が必要です。参戦する場合は期限切れにならないようにしましょう。

dポイントの交換キャンペーンのスケジュール

キャンペーンの開始日前に移行した場合は、+10%の対象外となってしまいます。

最も早いポイントは2022年11月1日から開始ですが、中には12月1日開始といったポイントもあるので、自分が移行したいポイントがいつからかキャンペーンページで確認しておきましょう。

10月27日~10月31日に交換した場合は確実にアウトなので、エントリーしたらすぐに交換となりがちですが、交換作業は待ちましょう。

キャンペーンの進呈時期・有効期限

増量分のdポイントが反映されるのは2023年2月末頃となり、有効期限はプレゼント日から約2か月となります。もちろん交換した分は通常ポイントです。

  • 通常のdポイント48ヶ月
  • キャンペーンの期間限定ポイント約2ヶ月

通常のdポイントは幅広い用途にフルに利用可能。JALマイルへの交換(レート50%)や、dカード プリペイドへのチャージも可能です。

期間限定の楽天ポイントの場合、有効期限が10日~1ヶ月半程度の事が多いので、dポイントは長くてユーザーフレンドリーです。

期間限定の楽天ポイント

例えば、11月頭に付与された期間限定ポイントの有効期限は翌年2月4日なるなど、dポイントは期間・用途限定ポイントの期間が長めです。

dポイントの画面

もしdポイントを使えるシーンがない場合、日興フロッギーで株式や投資信託の購入がおすすめです。

100ポイント単位で購入でき、保有期間に縛りはないので、すぐに売却したら現金が戻ってきます。

値動きがマイルドな国内債券ETF(2510など)を購入してすぐに売却したら、僅かな売却手数料と損失で現金化が可能です。

dポイントはdカード プリペイドにチャージすれば、ほとんどのMastercard加盟店で1ポイント1円のレートでお買い物に利用できま...

注意点

dポイントの+10%増量キャンペーンの注意点としては、エントリーが必要である点です。

うっかり忘れると増量分のポイントがもらえなくなり、涙で枕を濡らす結果に陥ります。忘れないようにまずサクッとエントリーしちゃいましょう!

キャンペーンの参加登録が絶対に必要な作業ですので、後でやろうとせずにすぐエントリーするのがおすすめです。

後で登録しようと放置すると、既に登録したと勘違いするリスクが出てきます。

まだdアカウントがない場合、アカウントの作成から手続きしましょう。

dポイントへの交換で15%増量のキャンペーンのエントリー完了画面

dポイント+10%増量キャンペーンは、dポイントクラブ会員の方が対象となります(ビジネスプレミアクラブ会員の方は対象外)。

キャンペーンの実施期間、内容及びポイント進呈条件等については、予告なく変更する場合や中止する場合があります。

また、エントリーが無効となる場合がある点に注意が必要ですが、通常通り1アカウントで交換するだけでれば問題ないのでご安心ください。

キャンペーンへのエントリーが無効となる場合

  • 本キャンペーンで不正行為が行われたとドコモが判断した場合
  • 利用規約に違反する行為があった場合、又はその恐れがあるとドコモが判断した場合
  • dアカウント登録時の氏名・住所等が正確でない場合
  • キャンペーンポイント進呈日までに、dポイントクラブ会員を退会、利用者情報登録を解除

おすすめの交換元

dポイント+10%増量キャンペーンの主な対象は、下表のとおりです。

ポイントサイトドットマネー
PeX
Gポイント
モッピー
ハピタス
ポイントインカム
ポイントタウン
ちょびリッチ
クレジットカードセゾンカード・UCカード
JCB
三菱UFJニコス(MUFG・DC・Nicos)
ライフカード
ポケットカード
アプラス
ジャックスカード
その他マツモトキヨシ
松井証券ポイント
SBIポイント
ふるなびポイント
m3ポイント
リクルートポイント

注目としては、多様なポイントの中継ハブとして有用なドットマネー・PeX・Gポイントも含まれている点です。

ドットマネーへの移行で1%~2%増量といったキャンペーンもあるので、このようなキャンペーンが開催中ならドットマネーに移行して、さらにdポイントに交換すると最大級にお得になります。

また、ポイントインカムなど、直接dポイントに移行すると手数料が必要でドットマネー等なら手数料0円の場合、ドットマネー経由でdポイントへ交換するのがベストです。

JALマイラーにもおすすめ

JALマイル

dポイントの増量キャンペーン中に各ポイントをdポイントに100%のレートで交換すると、通常の100%分については1/2(50%)のレートでJALマイルに移行できます。

また、+10%の増量も得られるので、キャンペーンの活用で実質的には50%のJALマイルと10%のdポイントに交換可能です。

さらに、dポイントからJALマイルに交換すると、+10%増量キャンペーンがたまに開催されています。

dポイント+10%、dポイント→JALマイル+10%のキャンペーンをダブルで利用すると、10,000円相当のポイントが、5,500JALマイルと1,000円相当の期間限定dポイントに昇華します。

各種ポイントのJALマイルへの交換方法としては、以下の次にお得です。

  • モッピーのドリームキャンペーン:交換レート80%(実質7,500ポイント→6,000マイル相当)
  • Pontaポイント・永久不滅ポイントからJALマイルへの+20%UPキャンペーン時に交換:交換レート60%(10,000ポイント→6,000マイル)
  • ハピタスのレートアップキャンペーン時に交換:交換レート60%(10,000ポイント→6,000マイル)

代表例の一覧

以下ではdポイント10%増量キャンペーンの代表的な対象ポイントをご紹介します。

三井住友カード

Vポイント残高画面

三井住友カードは500 Vポイントを400 dポイントに交換可能。今回は+10%で交換できます。

三井住友カードの中では、安価で充実した特典があるゴールドカードである三井住友カード プライムゴールド三井住友カード ゴールド、女性限定でお得な三井住友カード アミティエなどが魅力的です。

三井住友カードは、プロパーカードの三井住友VISAカードシリーズを発行しています。

三井住友VISAカード

1967年12月から50年以上の歴史があり、当初の加盟店や会員募集の際には、「そもそもクレジットカードとはどういうものか」という仕組みから、利便性の啓発・啓蒙を行ってきました。

住友クレジットカードと住友VISAカード

三井住友カードは2017年に50週年を迎えて記念キャンペーンを開催していました。2020年は53年目となり、より一層の進化が期待できます。

日本のクレジットカードのパイオニア的存在です。全く概念がない状況で一から道を切り開くというのは凄いことです。長い歴史の中で培ってきた経験がサポートやサービスに活かされています。

三井住友VISAカードシリーズは三井住友カードが渾身の力を込めたクレジットカードであり、このカードがある生活は優美でエレガント。ふつふつと喜びが湧き上がってくる世界です。

三井住友カードのカード種類

虎に翼、弁慶に薙刀の威力があるお得なベネフィットで着実に得することが可能になり、順風満帆・視界良好で新しい世界へ雄飛する機会を手に入れられます。

ユーザーニーズに応じて多様な種類が揃っています。

カード名還元率 ※年会費
(税抜)
三井住友カード(NL)0.5-5.0%無料
三井住友カード0.5-1.2%無料で維持可
三井住友カード RevoStyle0.5-1.2%無料
三井住友カード ゴールド(NL)0.5-5.0%年100万利用で
永年無料
三井住友カード ゴールド0.5-1.4%4,000円で維持可
三井住友カード プラチナ プリファード1.0-10%30,000円
三井住友カード プラチナ0.5-1.9%49,000円で維持可

※おすすめは、年会費無料カード三井住友カード(NL)Visaのタッチ決済Mastercardコンタクトレスなら、セブンイレブン・ローソン・マクドナルドで5%還元

VisaとMastercardのデュアル発行が可能であり、世界中で幅広く使える圧巻の決済力があります。利用で貯まるVポイントは便利に使えます。

お得なポイント還元が秀逸なハイ・クオリティー・カードであり、ボーナスポイントをザクザクと貯めることが可能です。

三井住友VISAカード、ANA VISAカード、ANA Mastercardには「ボーナスポイント」という制度があります。リボ払いのマイ・ペイ...
日本の大人気クレジットカード会社の一つが三井住友カードです。安心・安全の信頼性と充実した特典を背景に加入者数が多く、...

VISAインターナショナルから、セキュリティが高い会社に対する表彰があり、アジア・パシフィック地域では、三井住友カードだけが表彰されたことがあります。

セキュリティの部分では国際ブランドの運営元のVISAからも高い評価を受けています。

三井住友カードの種類については以下で徹底解説しています。

三井住友カードというクレジットカードがあります。SMBCグループの三井住友カードが発行しています。交換先が充実しているポ...

JCBカード

JCBのOki Dokiポイント数

JCBカードは100 Oki Dokiポイントを400 dポイントに交換できます。今回は+10%で交換できます。

Oki Dokiポイントは改悪があり、キャッシュバックへの交換レートが悪化したので、nanacoやJCBプレモを使わない場合は、dポイントmこ選択肢です。

JCBのプロパーカード「JCBオリジナルシリーズ」を保有すると、卓越したベネフィットに加えて、ディズニーランドでのオリジナル特典が魅力の「JCB THE CLASS」への道が開けるのが魅力的です。

JCBが発行しているプロパーカードには「JCB ORIGINAL SERIES」(JCBオリジナルシリーズ)というラインナップがあります。多種多...

特約店のJCB ORIGINAL SERIES パートナーや、ポイントモールのOki Dokiランドを活用すると、そこそこの高還元に昇華します。

利用者が多いAmazon、セブン-イレブン、イトーヨーカドー、スターバック、ENEOSが高還元なのはメリットです。

JCBオリジナルシリーズというJCBのプロパーカードがあります。日本発の国際ブランドのプロパーカードであり、海外では「サム...

特約店でのボーナスも含めると、還元率が高くなる隠れ高還元カードと評価できます。

日本が世界に誇る国際ブランド「JCB」は、プロパーカードとしてJCBオリジナルシリーズのクレジットカードを発行しています。...
JCBは「Oki Doki ランド」というポイントモールを運営しています。JCBオリジナルシリーズのクレジットカードの他、「Oki Doki...

おすすめのJCBカードについては、以下で徹底的に解説しています。

JCBカードというクレジットカードがあります。株式会社ジェーシービー(JCB Co., Ltd.)が発行しています。プロパーカードか...

オリコカード

オリコポイント照会画面

オリコカードは1,000 オリコポイントを1,000 dポイントに交換できます。今回は+10%で交換できます。

このキャンペーン期間中は、 オリコポイントをJALマイルに交換せずに、一度dポイントに交換してそこからJALマイルに移行した方がお得です。期間限定のdポイントも獲得可能!

オリコカードの中では、入会から半年間は還元率2%のオリコカードザポイントが魅力的です。

オリコが発行している年会費無料で高還元率のクレジットカードがあります。「Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイン...

年会費が発生しますが、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDという格安ゴールドカードも魅力的です。

「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカードザポイントプレミアムゴールド)」は、オリコが発行している高還元率の格...

一般カードのTHE POINTと格安ゴールドカードのプレミアムゴールドの違いについては、以下で精緻に比較。

オリコが発行している高還元率のクレジットカードがあります。「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)です。また...

その他、オリコカードについては、以下で精緻に分析しています。

オリコというクレジットカード会社があります。正式な社名は株式会社オリエントコーポレーションです。オリコのクレジットカ...

オリコカードの種類一覧の中で最強のオリコカードはやはりプラチナカードですが、年会費無料カードでも秀逸なコストパフォーマンスを発揮しています。

オリコカードを2015年6月に発行してから使い倒しています。オリコカードは良い評判・口コミと、興味が無いという評判・口コミ...

ライフカード

キャンペーン期間中、ライフカードは100 ライフサンクスポイントを+10%でdポイントに交換できます。

ライフカードは誕生月はポイント3倍とお得なのが魅力的です。誕生月専用のカードとして保有すると家計が強靭化します。

審査が甘いおすすめクレジットカードの筆頭であり、多くの方が発行できます。

ライフカードというクレジットカードがあります。誕生日の月の1ヶ月間ポイント3倍になり、還元率が日本最高峰となるカードで...

イオンカード(対象外の年も)

イオンカードのWAON POINTの残高

イオンカードは500 WAON POINTを500 dポイントに交換できます。dポイント交換キャンペーンの対象となっている時期はお得です。

イオンカードの中ではイオンカードセレクトが最高に特典が充実しています。

イオンのクレジットカードは多様な特典があり、電子マネーWAONとの連動も魅力です。イオンやWAONを利用する機会がある方には...

イオン銀行Myステージでの優遇もあり、銀行がお得になるクレジットカードの筆頭に挙げられるハイ・クオリティー・カードです。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめの「スーパーでお得なカード」としてイオンカードセレクトを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3...

イオンカードはショッピング保険でスマホが対象なのも大きなメリット。他社カードのショッピング保険はスマートフォンが対象外のことが多いです。

しかも期間は180日間とたっぷりで、年間50万円まで補償されます。年会費無料のクレジットカードとしては秀逸なクオリティです。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

クレジットカードのレジェンド・菊地崇仁さんは、保険が充実しているカードとしてイオンカードセレクトを挙げていらっしゃいました。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはも...

ビックカメラ、ベネッセを使う方ですと、3%割引特典があるベネッセ・イオンカードもお得です。

ベネッセ・イオンカードというクレジットカードがあります。ベネッセのサービスは一切使わない方にとってもお得なクレジット...

イオンシネマが近くにある方で映画が好きな方の場合、年30回までいつでも1,000円で映画を鑑賞できるイオンカードが3枚あります。映画がお得なクレジットカードの一角です。

しかも年会費、入会金・発行手数料、解約手数料は無料なので、分割払い・リボ払い・キャッシング等を使わない限り無料で保有できます。

その他、主要イオンカードについて以下で丹念に比較しています。

イオンカードというクレジットカードがあります。イオングループが発行するクレジットカードです。一般カード、提携カード、...

セゾンカード・UCカード

永久不滅ポイントの画面

セゾンカード、UCカードは200 永久不滅ポイントを1,000 dポイントに交換できます。今回は+10%で交換できます。

セゾンカードにはセゾン・アメックスなどのお得なクレジットカードが多数揃っています。

キャンペーン期間中は、 永久不滅ポイントをJALマイルに交換せずに、一度dポイントに交換してそこからJALマイルに移行した方がお得です。

通常通りのJALマイルに加えて、10%の期間限定dポイントも得られるためです。

ちなみに、2016年12月17日からは「ポイント運用サービス」が開始して、永久不滅ポイントを投信の運用に使えるようになりました。100 永久不滅ポイント単位で投資できます。

クレディセゾンの永久不滅ポイントが、2016年12月17日から投信の運用に使えるようになりました。「ポイント運用サービス」と...

資産運用できるクレジットカードの筆頭です。投資ができるカードは類稀であり、一歩先に進んだ画期的なスペックを備えています。

セゾンカードの種類一覧は多様です。その中でおすすめのセゾンカードについては、以下で解説しています。

おすすめ
老舗カード会社のクレディセゾンは膨大な数のクレジットカードを発行しています。セゾンカードはあまりにも多く、どれがいい...

メインカードとしてガンガン活用する場合はセゾンアメックスがおすすめです。

セゾンアメリカン・エキスプレス・カード(以下セゾンアメックス)には、多様な種類があります。年会費実質無料カード、年会...

実際にセゾンカードを活用したところ、多様でお得な特典を享受でき、家計が大助かりでした。

セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードというクレジットカードがあります(以下セゾンアメックス)。クレディセゾンが発...

アプラスカード

ラグジュアリーカード ブラックとゴールド

ラグジュアリーカードなどのアプラスカードも、10%増量で交換できます。

アプラスというSBI新生銀行グループのクレジットカードがあります。TSUTAYA・SBI新生銀行・ECナビ・マンチェスターユナイテッ...

三菱UFJカード

通常三菱UFJカードは200 グローバルポイントを800 dポイントに交換でき、今回は別途+10%です。

三菱UFJカードの中では年会費がリーズナブルで特典も充実したプラチナカード、三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードが魅力的です。

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードというクレジットカードがあります。家族会員も無料のプライオリ...

また、年1回の利用で年会費無料となり、セブンイレブン・ローソンで5.5%還元の「三菱UFJカード」も魅力的です。

大手クレジットカード会社の一角である三菱UFJニコスは、三菱UFJカード、NICOSカード、DCカードを発行しています。一般カード...

DCカード

通常DCカードも200ポイントを800 dポイントに交換でき、今回は別途+10%です。

DCカードの中では年会費無料で還元率が最大1.5%のDCカード Jizileが最もお得です。

DCカード Jizile(ジザイル)というクレジットカードがあります。年会費が完全無料のクレジットカードとしては日本一の還元率を...

NTTグループカード

NTTグループカードは1,000ポイントを600 dポイントに交換できます。今回は別途+10%です。

NTTグループカードというNTTのクレジットカードがありましたが、2023年7月31日でサービスを終了し、利用できなくなります。ET...

ポケットカード

ポケットカードは100 ポケットポイントを300 dポイントに交換できます。今回は345ポイントに交換できます。

ポケットカードの中では、還元率1.3%~1.4%のP-one Wiz、いつでも1%割引のP-oneカード(Standard)が良いカードです。

P-one Wizというクレジットカードがあります。年会費無料で還元率1.4%、ポイントモール経由でネット通販が高還元などがメリ...
P-oneカード<standard>というクレジットカードがあります。「小額のポイントを無駄にしたくない」、「いちいちポイントを貯...

1%還元で自動キャッシュバックのクレジットカードであるP-one カード Standardは、万人におすすめのクレジットカードです。

公式サイトP-one Standardカード 公式ページ

ジャックスカード(ラブリィポイント)

ラブリィポイントが貯まるジャックス発行のクレジットカードは、1,000 ラブリィポイントを1,000 dポイントに交換でき、今回は別途+10%です。

Delight JACCS CARDリーダーズカードは、貯まるのがラブリィポイントではないので対象外です。

ラブリィポイントが貯まるジャックスカードの中では、日本盲導犬協会カードが最大1.575%という隠れ高還元カードです。

日本盲導犬協会カードというクレジットカードがあります。還元率は最大1.575%という隠れ高還元カードです。自動付帯の海外旅...

横浜インビテーションカードは充実の海外旅行傷害保険(自動付帯)が魅力的です。

横浜インビテーションカード(ハマカード)というクレジットカードがあります。年会費無料で自動付帯の海外旅行傷害保険がつい...

JALマイル

JALマイルはdポイントに10,000対10,000で交換できます。キャンペーン期間中は+10%です。

マイルは特典航空券への交換がベストですが、飛行機に乗る時間や予定がない場合はお得に交換できます。

日本を代表する航空会社の一角がJAL(日本航空)ですね。JALマイルを貯めているという方も数多くいらっしゃるでしょう。マイ...

その他

その他、マツモトキヨシのポイント、多数のクレジットカード、銀行、電力、ポイントサイト等のポイントがキャンペーン対象となっています。

dポイントは利便性が大きい共通ポイント

ドコモユーザーの場合、dポイントは毎月のドコモのケータイ利用料金に充当できるので現金同様です。また、JALマイルやPontaポイントと交換することもできます。

従来のドコモポイントと比較して、利便性は格段に向上しました。dポイントを貯めて使うと着実に家計の手助けになります。

ドコモユーザーでない場合でも、ローソン・マクドナルド・高島屋などのdポイント加盟店にて1ポイント1円で使えるので便利です。

TポイントカードやPontaのようにローソン等の加盟店で無料で「dポイントカード」をもらえます。

dポイントカード

コンビニのコーヒーやカフェラテも飲めます!

ローソンのアイスカフェラテ

また、ドコモが運営するネット通販サイト「dマーケット」では、dポイントで日用品も買えます。かさばる大容量のお水のケース買いなどでは便利です。旅行、デリバリー、洋服などもあります。

dショッピング等はdカードの特約店でポイント3倍(3%還元)というメリットもあります。

ドコモのネット通販サイト「dショッピング」「d fashion」「dブック」は、「dカード特約店」です。合計でいつでもポイント3倍...

「dカード プリペイド」という国際ブランド搭載型のプリペイドカードがあります。

dポイントカードにMastercardとiDの決済機能が搭載されたカードです。dアカウントがある満12歳以上の方が発行できます。

dカード プリペイド(通常デザイン)

dカード プリペイドカードで支払うと、200円(税込)あたりdポイント1ポイントが得られます。還元率0.5%です。

dポイントカード機能もあるので、dポイント加盟店でdカード プリペイドを提示して決済するとポイント二重取りが可能です。

dカード プリペイドのガイド・規約

決済の0.5%と共通ポイント機能の1%(100円ごとに1ポイント)を合わせて、合計1.5%還元となります。

一部、共通ポイント機能で得られるのが200円ごとに1ポイント(0.5%)の加盟店では、合計還元率1%になります。

キャッシュレス決済ならではのお得な還元が魅力的です。その他詳細は以下で徹底解説しています。

「dカード プリペイド」が2016年11月21日から発行開始しました。dカードがより一層便利でお得になる国際ブランド搭載型のプリ...

dカード プリペイドはApple Payも利用可能です。プリペイド型電子マネーiD加盟店にて利用可能です。

7以降のiPhone、Series 2以降のApple Watchでは、おサイフケータイに類似するサービス「Apple Pay(アップルペイ)」が利用可...

dカード プリペイドの最大のメリットはdポイントでチャージして利用すると、更にdポイントが得られることです。

500ポイント以上1ポイント単位で、1ポイント1円の交換レートでdポイントにてチャージできます。

dカードやdポイントカードの利用で得たdポイントをdカード プリペイドにチャージして利用すると、更に利用金額の0.5%が得られます

dカード プリペイド

dカードの場合、一般加盟店でのカード決済時に1%のdポイントが得られます。

そのポイントをdカード プリペイドにチャージして使うと、更に利用金額の0.5%のキャッシュバックがあり、合計還元率は1.005%(1%+1%の0.5%)になります。

dポイントをそのまま使うよりも、dカード プリペイドに一度チャージしてから使った方が高還元となります。

ドコモのクレジットカードdカードdカードGOLD)の場合、iDキャッシュバックも便利です。ポイント利用分も基本1%のdポイントを得られます。

dポイントのiDキャッシュバックへの交換履歴

dポイントは普通に使うと1ポイント1円ですが、ポン活で「ローソンお試し引換券」を使うと、お茶、お酒、コーヒー、お惣菜、ヨーグルト、お菓子、カップ麺などの多様な商品と交換できます。

この交換レートが激烈にお得となっており、1dポイントで1.5~3円相当の商品と交換できます。ポン活のローソンお試し引換券に使えるのが利点。

特に酒類が充実しているので、お酒を飲む方にとってdポイントは驚異的にお得なポイントです。

Loppiお試し引換券で交換したビール・ハイボール Loppiお試し引換券で交換した商品 Loppiお試し引換券で交換した商品 Loppiお試し引き換えで交換したプレミアムビールLoppiお試し引換券で交換した商品

dポイント投資というサービスも開始しており、増加を目指すことに使えるようにもなりました。

もちろん、ドコモユーザーであれば、毎月の携帯電話料金、データ量の追加、スマホアクセサリー代金、機種代金などにも充当できます。

ドコモユーザーはもちろん、そうでない方にとっても、dポイントは現金同様で便利なポイントです。

NTTドコモの「dポイント」は、ドコモユーザーではなくてもお得に使える共通ポイントです。従来のドコモポイントから進化しま...

キャンペーン等で貯まる期間・用途限定のdポイントの使い道については、以下で丹念に論述しています。

dポイントというドコモの共通ポイントがあります。加盟店が拡大の一途を辿っており、大手共通ポイントの一角として存在感がUP...

dポイントから交換した際には250ポイントの手数料がかかってしまいますが、Ponta(ポンタ)と相互交換・利用ができるのも便利です。

Pontaはコンビニ・レストラン・ガソリンスタンド等で使えるので便利です。Loppiお試し引換券で使うと1ポイント1.5~3円相当の商品と交換できて便利です。

Ponta(ポンタ)という大手共通ポイントサービスがあります。Tポイント、楽天ポイントと並ぶ日本三大共通ポイントの一角です。P...

dポイント機能が搭載されたクレジットカード「blankdカード」を使うと、ローソンでの合計約5%還元などのメリットがあります。

ローソンでのお買い物の際にblankdカードで決済すると、決済時に3%割引となります。クレカ利用時の1%のポイントと合わせて4%です。

更にdポイントカードを提示したことになり、合計5%となります。ドコモのクレジットカードらしいハイスペック・カードです。

ゴールドカードのdカードGOLDはドコモで至れり尽くせりの特典を享受できてドコモユーザーには大きなメリットがあります。詳細は以下で徹底解説しています。

dカード ゴールドというクレジットカードがあります。NTTドコモと三井住友カードが提携して発行しています。三井住友カードは...

一般カードとゴールドカードの相違点については、以下で精緻に分析しています。

dカード、dカード GOLDというクレジットカードがあります。NTTドコモと三井住友カードが提携して発行しています。三井住友カ...

どちらもドコモのクレジットカードらしいハイ・クオリティです。クレジットカードの真髄を極める垂涎のベネフィットを享受できます。

ドコモのdカードご担当者4名とまつのすけ

以前NTTドコモに取材に行き、dカードをご担当なさっているスマートライフビジネス本部 金融ビジネス推進部の井芹さん、梶浦さん、久保田さん、井崎さんにインタビューしました。

dカードの特徴・歴史、dポイント、充実の特典、海外サポート、ゴールドカードのベネフィット、付帯保険、セキュリティの取組み、スマホアプリなどについて取材しています!

日本で大人気クレジットカードの一つがdカードです。ローソン・マツモトキヨシ・髙島屋・ノジマなどで高還元のクレジットカー...

一般カードもゴールドカードもお得なベネフィットが豊富なハイ・クオリティー・カードです。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめのゴールドカードとしてdカードGOLD、「コンビニがお得なカード」としてdカードを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3...

また、クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんも、ローソンでおすすめのカードとしてdカード、ゴールドカードとしてdカードGOLDを挙げていらっしゃいました。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

dカード、dカード GOLDはクレジットカードのレジェンドも高く評価しているクレジットカードです。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはも...
ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの...

過去に交換可能だったポイント

dポイント25%増量キャンペーン(2016年)

dポイント25%増量キャンペーン(2017年)

dポイント25%増量キャンペーン(2018年)

dポイント20%増量キャンペーン(2019年)

以下ではご参考までに過去は交換可能だったものの、最新のキャンペーンではポイントUPの対象外となってポイントについてご参考までに掲載します。

JP BANK カード

ゆうちょ銀行のクレジットカード「JP BANK カード」もポイントアップの対象となります。

JP BANK VISAカード/マスターカードは、200 JPバンクカードポイントを1,000 dポイントに交換できます。今回は1,250ポイントに交換できます。

JP BANK JCBカードも、200 Oki Dokiポイントを1,000 dポイントに交換できます。今回は1,250ポイントに交換できます。

ゆうちょ銀行はクレジットカードも発行しています。「JPバンクカード」という名前です。VISA、マスターカード、JCBの三種類で...

セディナカード/OMCカード

セディナカード/OMCカードは、1,000 わくわくポイントを1,000 dポイントに交換できます。

2016年は1,250ポイントに交換できました。期間は2016年8月17日〜2016年10月14日でした。しかし、2017年はキャンペーンに不参加となっています。

セディナカードは海外キャッシングが極めてお得なクレジットカードです。現地通貨をサクッとお手軽にATMから低コストで引き出すことができます。

海外旅行・出張に行く機会がある方は、キャッシング目当てで年会費無料のセディナカードに入会するとお得です。

また、マルエツでの月2回の5%OFFが最大のメリットです。マルエツをよく使う方ですと、サブカードとして保有すると家計に絶大なプラスとなります。

セディナカードというクレジットカードがあります。三井住友フィナンシャルグループの(株)セディナが発行しています。ハウス...

-キャンペーン, ポイント
-

© 2014-2023 The Goal