dカードとリクルートカードの違いを比較!どっちがいいか解説!2021

更新日: クレジットカード dカード

dカードとリクルートカード

年会費が無条件で無料となっており、ポイント還元率も高くてお得なクレジットカードの代表例が、dカード、リクルートカードです。

dカードは特約店、リクルートカードは一般加盟店でのポイント還元率が、他のクレジットカードよりも高いのがメリットです。コスパ良好なクレカの筆頭です。

どっちがいいのか迷う方も多いでしょう。そこで、dカードとリクルートカードの違いを徹底的に比較します。

国際ブランド・使えるお店の比較

dカードの国際ブランドはVISA、Mastercardの2種類となっています。

リクルートカードの国際ブランドは、VISA、Mastercard、JCBが用意されており、ニーズに応じて選択できます(リクルートカードの国際ブランドの比較)。

どちらもアメックスダイナースクラブはありません。JCBはJCB PLAZAなどのJCBカード特典が充実しています。

VISAとMastercardの方は、世界中で加盟店が多いのがメリットです。地球上で幅広く使える決済力があります。

国際ブランド

JCB・アメックス・ダイナースクラブは海外での利用時は使えない加盟店も多く、結局サブカードとしてVISAかMastercardを持たざるを得ません。

事実、クレジットカードの売上高の世界シェアは、Visaが50%で1位、Mastercardが26%で2位です(NILSON REPORT 2018年4月)。この2つで約76%と圧倒的なビッグ2となっています。飛車角です。

  1. Visa:50%
  2. Mastercard:26%
  3. UnionPay(銀聯):20%
  4. Amex:3%
  5. JCB:1%
  6. DinersClub/DISCOVER:1%

dカード、リクルートカードのいずれも、利用可能店舗が広いMastercard、Visaがあるので、不自由なく決済できます。

dカードMastercard、Visa
リクルートカードMastercard、Visa、JCB

年会費の比較

比較

dカードの年会費は、本会員・家族会員のいずれも無料です。ただし、ETCカードは年1回使わない限り、500円(税抜)の年会費が発生します。

クレジットカード本体だけではなく、条件をクリアするとETCカードも無料で利用可能です。有料のクレカもある中で無料なのはナイスです。

dカードのETCカード

リクルートカードの年会費は、本会員・家族会員のいずれも無料です。

ただし、Visa/Mastercardの場合、ETCカードには1枚あたり1,000円(税抜)の発行手数料が発生します(年会費は無料)。

カード名本会員・家族会員ETCカード
dカード無条件で無料無料
リクルートカード無条件で無料年会費:無料
発行手数料:JCB以外は1,000円

ポイント還元率の比較(一般加盟店)

スーパーの袋

2つのクレジットカードはどちらも、税抜ではなく、税込金額に対してポイントが貯まるのが地味なメリットです。

税抜980円(税込1,078円)といった場合は端数が無駄になりにくく効率的にポイントが貯められます。

還元率

ポイント還元率は、一般加盟店ではリクルートカードが+0.2%高くなります。1.2%という還元率は年会費無料カードでは最高水準です。

他方、dカード特約店とノジマではdカードが高くなっています。

dカードは、マツモトキヨシ、高島屋、ドトールバリューカード、スターバックスカードへのチャージも高還元となります。

カード名一般加盟店ポイント優遇店舗
dカード1.00%dカード特約店:1.5%以上
ノジマでは3%OFF
リクルートカード1.20%-

したがって、dカード特約店ではdカード、それ以外のシーンではリクルートカードの方がおすすめ。支払うお店によって使い分けるのがベストです。

ポイント付与の範囲・公共料金等の取扱い

dカード、リクルートカードは、Yahoo!公金支払い(ふるさと納税含む)、NHK受信料、電力・ガス・水道などの公共料金などもポイントの対象です。

Yahoo!公金支払いでふるさと納税をする際のポイントも満額が付与されます。一般加盟店と同じです。

ふるさと納税制度が一般に広がっています。2013年からアーリーアダプターに広がり始め、マネー雑誌やマスメディアでも大々的...

アメックスダイナースクラブだと、ポイント付与の対象外だったり、ポイント付与が半減するカードもあります。

公共料金やふるさと納税の支払いもポイント対象なのはメリットです。

ライバルの楽天カードも一部公共料金が0.2%となったので、dカードとリクルートカードの1%~1.2%はエッジが効いています。

楽天カードが残念な改悪を断行します。現状では情状酌量の余地が全くない強気の対応です。2021年6月利用分より、公共料金等の...

有効期間

dカードで貯まるdポイントの有効期限は4年間です。dポイント加盟店において1ポイント単位で使えるので、ポイント失効の心配はほとんどありません。

リクルートカードで貯まるリクルートポイントの有効期限は、最後にポイントを貯めた月を含めた1年間です。

通常ポイントが付与された月の翌年末までになります。特筆すべきなのは、新しいポイントだけではなく、既存の全てのポイントの有効期限が1年間延長することです。

貯まるポイントの使い道

dカード

dポイント

dカードで貯まるdポイントは多種多様な使い方があり、現金同様に便利に使えます。

dポイントの使い方詳細

NTTドコモの「dポイント」は、ドコモユーザーではなくてもお得に使える共通ポイントです。従来のドコモポイントから進化しま...

リクルートカード

Pontaポイントのアプリ

リクルートカードで貯まるリクルートポイントは、1ポイント単位でPontaポイントdポイントに等価交換できるので、利便性が高くなっています。

Pontaポイントはローソン、ケンタッキー、GEO、シェル、ビックカメラ、コジマ、ピザハット、ライフなどにて1ポイント1円で使えるので、現金同様の利便性があります。

PontaポイントはJALマイルとの交換も可能であり、ポン活で「ローソンお試し引換券」を使うと、お茶、お酒、コーヒー、お惣菜、ヨーグルト、お菓子、カップ麺などの多様な商品と1ポイント1.5~3円で交換できます。

セキュリティ

セキュリティのイメージ

dカード、リクルートカードのいずれも、不正使用被害を防止するために、24時間年中無休でシステムが監視しています。

ビッグデータの活用による不正検知システムが稼働しており、もし第三者に不正使用されていそうだと検知されたら、カードの利用をいったん保留にしてくれます。

インターネットショッピングでは本人認証サービス(3Dセキュア)の制度があり、一部のインターネットショッピングで利用可能です。

対応加盟店で買い物をするとき、自身が事前に設定したパスワード等を入力するシステムです。

第三者が容易に決済できない仕組みになっており、ネットショッピングの安全性が向上します。

万が一の紛失・盗難時も安心です。24時間体制で受け付けているので、電話をかけたらすぐに対応して利用をストップしてくれます。

旅行保険

ウェスティンホテル グアムのプライベートビーチ

海外旅行傷害保険

リクルートカードには海外旅行傷害保険が付帯しています。dカードにはないので、海外旅行・出張に行く場合はリクルートカードがおすすめです。

補償項目リクルートカードdカード
傷害死亡・後遺障害最高2000万円-
傷害治療費用最高100万円-
疾病治療費用最高100万円-
賠償責任最高2000万-
携行品損害最高20万円/年100万-
救援者費用最高100万円-

ただし、海外旅行傷害保険の中で最も利用頻度が高くて重要な「疾病・傷害治療費用」に対する保障は、リクルートカードでも最高100万円にとどまっています。

海外では医療費が高い地域も多く、数日間の入院で数百万円といった費用が発生することがあります(ジェイアイ傷害火災保険の海外旅行保険事故データ)。

日本の健康保険で帰国後に給付を受けることは可能ですが、あくまで同種の治療を日本で行った場合の費用の一部(現役世代は70%)が補償されるにすぎません。

海外で支払った金額の70%が健康保険から出るわけではない点に大きな留意が必要です。

エポスカード

異なるカード会社が発行する海外旅行保険付きクレジットカードを複数所有している場合、死亡・後遺障害以外の保険金は、複数のクレカの補償額が合算されます。

より傷害・疾病治療に関する保障を充実させる場合は、年会費無料で海外旅行保険が自動付帯のエポスカード横浜インビテーションカードをサブカードとして寝かせておけばカバーできます。

死亡・後遺障害以外の補償は上乗せされるので、これらは使わなくてもお得なクレジットカードです。

これら2枚を保有していたら、最も利用頻度が高くて重要な補償を手厚くカバー可能。合計で370万円の傷害治療費用保険、300万円の疾病治療費用保険(医療機関での医療費)を確保できます。

国内旅行傷害保険

dカード、リクルートカードのいずれも、国内旅行傷害保険は付帯していません。

ショッピング保険

ポメラートのイベント

dカードには年100万円のショッピング保険が付帯しています。

カードでの購入日から90日間も補償されます。1万円以上の商品が対象で、1事故につき3,000円の自己負担があります。

ただし、国内での購入品の場合は、リボ払いか3回以上の分割払いが対象。事故発生前に「あとからリボ」か「あとから分割」にした場合も対象です。

リクルートカードには年200万円のショッピング保険が付帯しており、補償金額はdカードの4倍とパワフルです。しかも国内の1回払い・ボーナス1回払いも対象で便利。

カードでの購入日から90日間も補償されます。1万円以上の商品が対象で、1事故につき3,000円の自己負担があります。

一部、補償の対象とならない品物があります。手形・小切手、自動車、自転車、スキー・スノボー、携帯電話・ノート型パソコン、義歯、コンタクトレンズ、動物・植物、食料品、宝石、美術品などです。

優待特典

フォーシーズンズホテル東京大手町のロビーラウンジ

dカード、リクルートカードには多種多様な特典があります。それぞれオリジナルの優待があります。

dカードの方の特典

リクルートカードの方の特典

電子マネー・Pay対応

プリペイド・後払い型電子マネー

dカードは、モバイルSuicaモバイルPASMOSMART ICOCAへのチャージでは1%のポイントが付与されます。

また、後払い型電子マネーの「iD」「Visaのタッチ決済(Visaブランド限定)」と一体型のカードで、ポイントを得られます。

それ以外の電子マネーチャージでは、ことごとくポイント付与は対象外です。

リクルートカードは、楽天Edy、モバイルSuicaモバイルPASMOSMART ICOCAへのチャージが1.2%と高還元。ただし、電子マネーチャージの還元上限が月3万円となっています。

JCBとVisaもしくはMastercardを2枚持ちしたら、月6万円まで電子マネーチャージでポイントを獲得できます。

リクルートカードは年会費が無条件で無料、基本還元率1.2%、1枚あたり月3万円までは電子マネーチャージでポイント付与が魅力...
補償項目dカードリクルートカード
モバイルSuica×1.20%還元
モバイルPASMO×1.20%還元
(Visa / Mastercardのみ)
SMART ICOCA×1.20%還元
(Visa / Mastercardのみ)
nanaco××
楽天Edy×1.20%還元
(Visa / Mastercardのみ)
WAON××
PASMO××
後払い型電子マネーiD搭載カード非搭載

Payサービス

Mastercard/Visaブランドの場合、どちらのクレジットカードもPayサービスを幅広く利用可能です。

PayPayKyashd払い楽天ペイなどのスマホ決済に対応しています。

なお、Yahoo!ショッピングでもPayPayを使えますが、還元率は1%なので、Yahoo! JAPANカード決済の場合とお得度は同一です。

わざわざチャージしてから使っても得しない点に注意が必要です。

PayPay(ペイペイ)というスマホ決済サービスがあります。ソフトバンクグループが運営しており、派手なキャンペーンで人気を...

dカードはd払いのお得なキャンペーンを利用可能

d払いは定期的にお得なキャンペーンを開催しています。

注意点としてはd払いのキャンペーンはエントリー前は対象外となることが大多数である点です。

また、支払いが「携帯料金合算・dカード・口座払い」に限るという利用条件がついているキャンペーンが多い点に注意が必要です。

dカードは年会費無料なので、作成も選択肢。入会キャンペーンも豪華となっています。

dカードというクレジットカードがあります。ローソン、マツモトキヨシ、高島屋など多様な店舗でのお買い物がお得になるクレジ...

キャンペーン一覧をチェックして、利用前にはエントリーしましょう。支払い方法としては、ドコモのクレジットカードdカードdカードGOLD)を活用!

Apple Pay

iPhone 7とiPhone X(裏面)

7以降のiPhone、Series 2以降のApple Watchは、おサイフケータイに類似するサービス「Apple Pay」が利用可能です。

モバイルSuicaに類似した仕組みで電車・バス等に乗ることができます。また、iD、QUICPayの店舗でお買い物することが可能です。

dカードをApple Payに登録すると、iDとして割り当てられて、全国のiD加盟店でお買い物できます。

リクルートカードをApple Payに登録すると、QUICPayとして割り当てられて、全国のQUICPay加盟店で決済可能です。

Mastercardブランドの場合、店舗でのお買い物だけではなく、Apple PayのWalletアプリ内のSuicaチャージに利用することも可能です。

JR東日本が出しているiPhone用の「Suica」アプリにVISAのカードを登録して、Suicaアプリ内で「クレジットカード」によるチャージを行う場合は、VISAでもSuicaチャージが可能です。

SuicaアプリのSuica一覧画面

Apple PayとSuica、国際ブランドの関係については、以下で解説しています。

Apple Payはクレジットカード・プリペイドカードの国際ブランドのうち、JCB、Mastercard、アメックスが便利に使えます。ダイ...

iDもしくはQUICPayの利用分はdカード、リクルートカードのどちらもポイント還元の対象です。

Apple PayのSuicaへのチャージでは、リクルートカードは1.2%還元です。dカードはポイントの対象外。

実際にApple Payを使ってみた感想については、以下にまとめています。

Apple Pay(アップルペイ)を1年間リアル店舗、アプリ(ネット決済)、Suicaに使ってみて、良い点・悪い点が見えてきました。おサ...

紙の利用明細

dカード、リクルートカードのいずれも、紙の利用明細を発行することも可能です。ただし、手数料がかかります。

コスト

  • dカード:1回あたり50円(税抜)
  • リクルートカード:1回あたりJCBは80円+税、Visa・Mastercardは150円(税抜)

毎月利用明細が出ると、侮れない負担となります。どちらもWeb明細は無料なので、どうしても紙が必要という方以外はインターネットのPDF明細を利用しましょう。

経費処理の観点でも紙の利用明細でないとNGというルールはなく、PDFのWeb明細で問題なく経費算入が可能です。

ただし、紙の利用明細が絶対必要という方もいらっしゃるでしょう。その場合は、紙の利用明細が無料のおすすめクレジットカードをご検討ください。

リクルートカードの利用明細

カードの種類

リクルートカードには上位カードなし

リクルートカードは一般カードのみとなっており、ゴールドカード以上は非存在です。

リクルートカードというクレジットカードがあります。リクルートとJCB/三菱UFJニコスが提携して発行しています。年会費が無条...

dカードのラインナップ

dカードとdカード GOLD

ドコモのクレジットカードであるdカードは、ゴールドカードのdカードGOLDもあります。

主なメリット

ドコモユーザーで携帯電話料金が高い場合は、一般カードよりもゴールドカードの方がお得になります。

dカード、dカード GOLDというクレジットカードがあります。NTTドコモと三井住友カードが提携して発行しています。三井住友カ...

2枚持ちという選択肢も有効

dカード特約店やd払い、その他の店舗のどちらも使う方であれば、実はdカードとリクルートカードの2枚持ちが最高にお得になります。

dカード特約店・ノジマではdカードがヤフーカードよりも高還元です。

スターバックスのアプリ(スターバックスカードの画面)

しかし、その他の一般加盟店では、リクルートカードがdカードよりも高還元です。

リクルートカード(MastercardとJCB)

特約店はdカード、その他のお店はリクルートカードと使い分ければより一層お得。2枚持ちという選択肢もあります。

まとめ

dカード、リクルートカードはいずれも秀逸なハイ・クオリティー・カードです。最後に比較しやすいように、違いを一覧表にまとめました。

項目dカードリクルートカード
申込可能年齢18歳以上18歳以上
国際ブランドMastercard、VisaMastercard、Visa、JCB
年会費無料無料
ETCカード年会費:年1回利用で無料
(未使用時は税抜500円)
年会費:無料
発行手数料:JCB以外は1,000円
基本ポイント還元率1.00%1.20%
ポイント優待dカード特約店:1.5%以上
ノジマでは3%OFF
-
ポイント有効期限4年最終加算から1年
海外旅行
傷害保険
死亡・後遺障害-2,000万
傷害治療-100万
疾病治療-100万
救援者費用-100万
賠償費用-2,000万
携行品損害-1旅行20万/年100万円
付帯-利用付帯
国内旅行傷害保険--
ショッピング保険100万円
(国内は3回以上の分割・リボ払いのみ)
200万円
ポイント付与の電子マネーiD(1.00%)モバイルSuica(1.2%)
Visa / Mastercardは以下もポイント付与対象
楽天Edy(1.2%)
SMART ICOCA(1.2%)
モバイルPASMO(1.2%)
その他dカードお支払割
1万円のケータイ補償
dポイントカード、電子マネーiD一体型
VJデスク
JCBカード共通特典
or
三菱UFJニコス共通特典

どちらも年会費無料で競争力が高く、メインカードとしてガンガン使うことも可能なハイ・クオリティー・カードです。

dカード特約店でのポイント還元率はdカードが上回っています。

主なメリット

  • 年会費無料
  • ノジマでは約5%還元
  • スターバックスカード、ドトールバリューカードへのチャージは4%還元
  • マツモトキヨシでは合計5%、高島屋では合計3%還元(ポイント含む)
  • 1万円のケータイ補償
  • クレジットカード、dポイントカード、電子マネーiD一体型
  • 豪華なdカード 入会キャンペーン

お得な入会キャンペーンも魅力的。以下の公式ページからご入会すると、キャンペーンが適用されます。

dカードというクレジットカードがあります。ローソン、マツモトキヨシ、高島屋など多様な店舗でのお買い物がお得になるクレジ...

上位カードのdカード GOLDは10,000円(税抜)と高いコストですが、一般カードよりも格段にパワーアップしたベネフィットが魅力的です。主な特典は以下のとおりです。

特に保有しているだけで、毎月のドコモ・ドコモ光の利用金額の10%のdポイントが貯まるのが大きなメリットです。キャンペーンは一般カードより更に豪華になります。

dカード GOLDというゴールドカードがあります。最高10万円のケータイ補償、ドコモ・ドコモ光料金10%還元、年100万円利用でも...

実際にdカードは一般カードよりもゴールドカードが人気という稀有なクレジットカードであり、家族でドコモを使っているようなご家庭だと絶大なメリットがあります。

dカードとdカード GOLDの相違点については、以下で精緻に比較しています。

dカード、dカード GOLDというクレジットカードがあります。NTTドコモと三井住友カードが提携して発行しています。三井住友カ...

ドコモの利用料金が大きくない方はdカード、料金が大きい方や10万円のケータイ補償に魅力を感じる方、年100万円以上使う方はdカード GOLDがおすすめです。

dカード
国際ブランド
  • Visaのロゴ
  • Mastercardのロゴ
電子マネー・Pay・NFC決済
  • iDのロゴ
  • Apple Payのロゴ
  • Kyashのロゴ
  • 楽天ペイ
  • d払いのロゴ
  • au PAYのロゴ
  • Visaのタッチ決済を使える店舗のマーク
  • Mastercardコンタクトレス決済のマーク
  • ETC
  • 家族カード
  • リボ払い
  • 分割払い
  • ショッピング保険
年会費(税抜)カード発行期間
本会員家族会員
無料無料約1週間
還元率マイル還元率ポイント名
1.0%0.5% (JAL)dポイント
  • ノジマでは約5%還元
  • マツモトキヨシ、高島屋、スターバックスカード・ドトールバリューカードへのチャージ等のdカード特約店が高還元
  • 1万円のケータイ補償
  • dポイントカード、電子マネーiDとの一体型
dカード GOLD
国際ブランド
  • Visaのロゴ
  • Mastercardのロゴ
電子マネー・Pay・NFC決済
  • iDのロゴ
  • Apple Payのロゴ
  • Kyashのロゴ
  • 楽天ペイ
  • d払いのロゴ
  • au PAYのロゴ
  • Visaのタッチ決済を使える店舗のマーク
  • Mastercardコンタクトレス決済のマーク
  • ETC
  • 家族カード
  • リボ払い
  • 分割払い
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • ショッピング保険
  • 国内航空機遅延
  • 海外航空機遅延
年会費(税抜)カード発行期間
本会員家族会員
10,000円1名無料約1週間
還元率マイル還元率ポイント名
1.0%0.5% (JAL)dポイント
  • ドコモ・ドコモ光が10%還元
  • 最大10万円のケータイ補償(購入から3年間)
  • 年間利用額に応じて年1回1万~2万円相当のプレゼント
  • 空港ラウンジ、海外緊急サービス、ゴールドデスクが無料
  • dカード特約店では1.5%以上で高還元

dカード GOLDは携帯料金の支払いにおすすめのクレジットカードiPhone等のスマホ購入におすすめのクレジットカードと高く評価できます。

他方、一般加盟店でのポイント還元率、海外旅行傷害保険、ショッピング保険、ETCカードの年会費はリクルートカードが上回っています。

リクルートカード
国際ブランド
  • JCBのロゴ
  • Visaのロゴ
  • Mastercardのロゴ
電子マネー・Pay・NFC決済
  • 楽天Edyのロゴ
  • モバイルSuicaのロゴ
  • SMART ICOCAのロゴ
  • Apple Payのロゴ
  • Kyashのロゴ
  • 楽天ペイ
  • d払いのロゴ
  • Mastercardコンタクトレス決済のマーク
  • Apple PayでJCBコンタクトレスが使えるマーク
  • ETC
  • 家族カード
  • 分割払い
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
年会費ポイント名
本会員家族会員
無料無料リクルートポイント
還元率マイル還元率発行スピード
1.2%0.6% (JAL)1週間程度
  • 1.2%の高還元!
  • ポイントは便利なPontaポイント・dポイントに交換可能
  • 年会費が無条件で無料!家族カードも無料
  • 年200万円のショッピング保険が付帯(国内外)
  • Visa/Mastercardは楽天Edy・SMART ICOCA・Kyash・楽天ペイもポイント対象

リクルートカードは、基本還元率1.2%でリクルートポイントが貯まります。年会費無料のクレジットカードとしては高還元です。

リクルートポイントは、1ポイント単位でPontaポイントdポイントに等価交換できるので、利便性が高くなっています。

PontaポイントはJALマイルとの交換も可能であり、ポン活で「ローソンお試し引換券」を使うと、お茶、お酒、コーヒー、お惣菜、ヨーグルト、お菓子、カップ麺などの多様な商品と交換できます。

月3万円までは楽天Edy等のチャージでポイント付与対象となるのもメリット。Visa / Mastercardを2枚持ちしたら月6万円まで電子マネーチャージでポイントを獲得できます。

リクルートカードは年会費が無条件で無料、基本還元率1.2%、1枚あたり月3万円までは電子マネーチャージでポイント付与が魅力...

専門家がおすすめのJCBカードでもあり、実際に発行して使い倒したところ、日々のお買い物や電子マネーチャージでザクザクとポイントを得られました。

リクルートのクレジットカード「リクルートカード」は、良い評判と悪い評判に分かれています。リクルートカードを作成してか...

リクルートカードは本体のスペックが良好ですし、しかもお得な入会キャンペーンも魅力的です。

公式サイトリクルートカード公式キャンペーン

-クレジットカード, dカード
-,

© 2014-2021 The Goal