The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

ダイナースクラブカードの種類を徹底解説!2019年最新

更新日: ダイナースクラブ

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブ(Diners Club)のクレジットカードは、ハイエンドのクレジットカードとして人気を博しています。

複数の種類が存在しており、ザ・プロパーカード、三井住友信託銀行との提携カード、航空会社との提携カード、BMW・ホテルニューオータニ・和光等との提携カードまで幅広いラインナップが揃っています。

どのダイナースクラブカードがいいか迷う方もいらっしゃるでしょう。そこでダイナースの種類について、2019年2月の最新の状況をわかりやすく徹底的に解説します。


ダイナースクラブカードの種類

クレジットカードのカテゴリーは、一般的には以下の4段階となっています。

  • 一般カード:年会費無料~数千円程度
  • ゴールドカード:年会費2,000円~2万円程度
  • プラチナカード:年会費2万~5万円程度
  • ブラックカード:年会費5万~35万円程度

そうした中、日本で最初に発行されたクレジットカードとして名高いダイナースクラブカードは、スタンダードカード(平カード)とブラックカード(プレミアムカード)の2段階となっています。

平のダイナースクラブカードはゴールドカード~プラチナカード相当であり、上位カードのダイナースプレミアムはブラックカード相当となっています。

ANAダイナースカードとダイナースクラブ プレミアムカード

ダイナースのうち、ダイナースクラブカード、ANAダイナースカードの場合は、一定期間保有して使い続けると、上位カードのダイナースプレミアム、ANAダイナースプレミアムのインビテーションが届きます。

ダイナースクラブはステータスが高いだけではなく、カード会員でなかったらお金では買えない特典やイベントが用意されており、プライスレスな体験・価値があるクレジットカードです。

私はダイナースプレミアムの賜物で、超有名俳優、オリンピック金メダリスト等の超有名スポーツ選手、アルファベット3文字・数字2桁の中心メンバーである超人気アイドルが集ったパーティーに招かれたこともあります。

ダイナースプレミアムのコンシェルジュ経由で参加したオメガの60周年記念イベントのシャンパン

ダイナースは類稀なエクスペリエンスを提供しており、バリューの雨を降らせるレインメーカーといっても過言ではありません。

そんなダイナースクラブカードには複数種類のクレジットカードが存在しており、それぞれに独自の特徴が付帯しています。

カード名年会費(税込)主な特徴
本会員家族会員
ダイナースクラブカード23,760円5,400円1%のマイル付与率
レストランのコース料理が1名分無料
ポイントの有効期間が無期限(マイルも無期限で貯められる)
世界850ヵ所以上の空港ラウンジが利用可能
充実の付帯保険(旅行傷害保険、ショッピング・リカバリー)
充実のダイニング・サービス
手荷物無料宅配サービス
フリーダイヤルのサポート・デスク
海外旅行先での24時間無料の電話サポート(日本語)
銀座ダイナースクラブカード27,000円無料ダイナースクラブカードの特典
ダイナースクラブ 銀座ラウンジ
D’s ラウンジトーキョー
資生堂パーラー サロン・ド・カフェ無料券
銀座の特約店でポイント2倍
Premium Card Benefit in Ginza
ANAダイナースカード29,160円6,480円ダイナースクラブカードの特典
上限なしに手数料無料でANAマイルに移行可能
ANAワイドカード特典
SFCもあり
JALダイナースカード30,240円9,720円ダイナースクラブカードの特典
1%のJALマイルが貯まる
JAL CLUB-Aカード特典
JGCもあり
三井住友信託ダイナースクラブカード23,760円
(12,960円)
5,400円ダイナースクラブカードの特典
三井住友信託銀行のロゴ
一定の条件を満たすと年会費割引
デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード30,240円9,720円ダイナースクラブカードの特典
1.5%のデルタ スカイマイルが貯まる
デルタ スカイクラブを利用可能
MileagePlus ダイナースクラブカード30,240円9,720円ダイナースクラブカードの特典
1.0%のマイレージプラスが貯まる
継続ボーナス
MileagePlus ダイナースクラブカード ファースト46,440円9,720円ダイナースクラブカードの特典
国内1.5%/海外2%のマイレージプラスが貯まる
継続ボーナス
BMWダイナースカード27,000円7,560円ダイナースクラブカードの特典
BMW正規ディーラーでの利用額にポイント
BMW エマージェンシー・サービス 会員限定ポイント交換アイテム
BMWオリジナルグッズ プレゼント
BMWの車両の購入が可能
銀座ダイナースクラブカード/和光27,000円無料銀座ダイナースクラブカードの特典
和光でのオリジナル特典
銀座ダイナースクラブカード/ヴィーナスクラブ27,000円無料銀座ダイナースクラブカードの特典
サンモトヤマでのオリジナル特典
ニューオータニクラブ ダイナースカード23,760円5,400円ダイナースクラブカードの特典
ニューオータニでのオリジナル特典
ダイナースクラブ プレミアムカード140,400円無料2%のマイル付与率
秀逸なコンシェルジュサービス
ブランド店でプライベートショッピング・VIPルームのおもてなし・プレゼント
一休.comのダイヤモンド会員の資格
 iPrefer のエリート会員
リーダーズクラブ会員
レストランのコース料理が1名分無料
一見さんお断りの高級料亭も利用可能(優待特典も)
ダイニングイベントの先々行予約が可能
乗馬が年4回無料
プライオリティ・パスのプレステージ会員が無料(家族会員も)
誕生日プレゼント
最上級の付帯保険
海外旅行先での24時間日本語サポート
手荷物無料宅配サービス(往復)
コートお預かり(成田・羽田・中部・関空)
ポイントの有効期間が無期限
ANAダイナース プレミアムカード167,400円無料一般加盟店では1.5%/ANA航空券等は2.5%
ダイナースプレミアムの特典
上限なしに手数料無料でANAマイルに移行可能
ANAプレミアムカード特典

提携カードはプロパーのダイナースクラブカードをベースとして、あらゆる特典を利用でき、更に提携先の特典も付帯しているのが特徴となっています。

ANAダイナースカード

ダイナースクラブカードは、年会費6,480円(税込)のダイナースグローバルマイレージに加入すると、1ポイント1円でマイルに移行できます。

ただし、航空系提携カードではないダイナースクラブカードは、カード利用で貯まるダイナースクラブ リワードポイントをマイルに移行する場合、移行限度が存在しています。

航空会社名プログラム名年間移行限度所要日数
全日本空輸(ANA)ANAマイレージクラブ4万マイル通常5営業日以内
デルタ航空デルタスカイマイル10万マイル通常2週間以内
ユナイテッド航空マイレージ プラス10万マイル通常2週間以内
アリタリア-イタリア航空クラブ・ミッレミリア10万マイル通常2週間~1ヵ月半以内
大韓航空スカイパス10万マイル通常2週間~1ヵ月半以内
合計44万マイル

日本で人気が高いマイレージプログラムとしては、例えば以下のマイルを年間上限以上貯めたい場合は、それぞれの提携カードが候補となります。

  • ANAマイル:年4万マイル(平カードは年400万円利用分、プレミアムカードは年200万円)
  • デルタ航空スカイマイル:年10万マイル(平カードは年1000万円利用分、プレミアムカードは年500万円)
  • UAのマイレージプラス:年10万マイル(平カードは年1000万円利用分、プレミアムカードは年500万円)

エアラインとの提携ダイナースだと年間のマイル獲得の上限はないので、利用金額が多い方に適しています。また、マイル移行手数料もないのがメリットです。

ただし、特定の提携航空会社へのマイルにしか交換できないので、その点には注意が必要です。

例えばANAダイナースカード、ANAダイナースプレミアムのポイントは、デルタ航空やユナイテッド航空のマイルには交換できません。

羽田空港国際線ターミナル

ダイナースクラブカードは、全日空、日本航空、デルタ航空、ユナイテッド航空の4社と提携しており、各航空会社のマイルを得られるクレジットカードを発行しています。

航空会社との提携カードでも、ダイナースクラブカードに付帯するダイニング・トラベル等の特典はすべて利用できます。

プロパーカードでは使えるサービスを利用できないという事態はありません。

ダイナースクラブカードの卓越したベネフィットを享受しつつ、効率よくマイルを獲得することが可能です。

以下、各ダイナースクラブカードの概要について、ブレイク・ダウンします。

全ダイナースの基本カード

ダイナースクラブカード

幾多のダイナースクラブのクレジットカードの中で、最も基本となるのが「ダイナースクラブカード」です。

ダイナースクラブカードの年会費は23,760円(税込)です。 家族カードの年会費は5,400円(税込)です。

ETCカードの年会費・発行手数料は、無料です。以前は発行手数料がありましたが、2012年7月16日カード発行分から無料となりました。

ETCカードは年会費有料というクレジットカードが多い中で、年1回も利用しなくても無料なのはナイスですね!

ダイナースクラブカードのETCカード

ダイナースのザ・スタンダードであるダイナースクラブカードは、お得なメリットが満載のクレジットカードです。代表的な特典は以下のとおりです。

ダイナースのポイントの有効期限は無期限です。1,000ポイント→1,000マイルのレートで航空マイルに移行でき、マイル付与率1%です。

特約店のダイナースクラブポイントアップ加盟店では還元率が2%以上になります。

2016年8月20日からは、電力・ふるさと納税サイトでの利用分に対しては、200円につき1ポイントとなりました。

また、2017年からは、所得税、相続税、法人税、消費税、贈与税、たばこ税など30税目の国税で、クレジットカード納付が可能になりました。

2017年1月4日から所得税、相続税、法人税、消費税、贈与税、たばこ税など30税目の国税で、クレジットカード納付がスタートしました。...

しかし、これらはマイル付与率0.5%になります。一覧は下表のとおりです。

ジャンルサービス・企業名
電気料金北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力
水道料金札幌市水道局、水戸市水道部、東京都水道局、武蔵野市水道料金等、甲府市上下水道局、横浜市水道局、浜松市上下水道部、桑名市水道料金等、京都市上下水道料金、大阪市水道局、尼崎市水道局、神戸市水道局、丸亀市水道部、丸亀市建設水道部、福岡市水道局、長崎市上下水道局
ガス料金北海道ガス、仙台市ガス局、東彩ガス、東京ガス、東邦ガス、大阪ガス、大阪ガスLPG、日本海ガス、鳥取ガス、鳥取ガス産業、岡山ガス、広島ガス、四国ガス、西部ガス、九州ガス
税金国税クレジットカードお支払サイト(申告所得税、相続税、法人税、消費税、贈与税など)、都道府県・市町村取扱いの各種税金
ふるさと納税ヤフー公金支払い(ふるさとチョイス含む)、さとふる
その他NHK受信料、国民年金保険料、医療用商材、カーディーラーでの車両購入代金、総合病院等大型病院、有料道路通行料金、ETC利用料金、保険料、プロバイダー等通信料、電話・携帯通話料、有料放送サービス

ダイナースクラブ リワードポイントの詳細は以下にまとめています。

ダイナースクラブカードは類稀な高級カードであり、アメックスと双璧をなす存在となっています。ステータスカードとなると、コストパ...

世界850ヵ所以上のとんでもない数の空港ラウンジ、海外旅行先での24時間無料の電話サポート(日本語)も便利で海外旅行が捗ります。

「クラブラウンジ」というダイナースが世界的に設定している会員用の空港ラウンジサービス網を利用できます。

利用対象ラウンジには、VIPラウンジ(ファーストクラス・ビジネスクラス利用者向けラウンジ)も含まれています。

ゴールドカード会員用のラウンジとは異なり、軽食ブッフェ、アルコール飲み放題、質が良いソファー、シャワーなど施設が充実したラウンジも利用できます。

ビジネスクラスの空港ラウンジ (1)

日本国内の空港ラウンジにおいては、他の大多数のゴールドカード・プラチナカードでは利用できないKAL Business Class Loungeを使えるのがメリットです。

日本の近くですと、仁川国際空港のHUBラウンジ、香港国際空港のトラベラーズラウンジ、上海・浦東空港にあるVIPラウンジなどが豪華です。

また高級レストランのコース料理が1名分無料になる「エグゼクティブダイニング」があるので、これを年間に2~3回つかうだけで、高い年会費の元は取れてしまいます。

一部店舗では6名以上か8名以上で利用すると、2名分のコース料金が無料になる「グループ特別プラン」もあります。

高級レストランをたまに使う方なら、ダイナースクラブカードは割高どころか最高にお得なカードになります。

ダイナースの1名分無料サービスは、年会費54,000円の三井住友VISAプラチナカードJCB THE CLASS、年会費31,320円のアメックス・ゴールドの類似サービスを上回る店舗数です。

コース料理1名分無料サービスの利用可能店舗数は競合サービスと比較すると多く、ダイニングに強みがあるダイナースらしくなっています。

対象レストランの一例としては、銀座レカン副料理長、広尾レヴェランス料理長を務めた経歴を持つシェフのレストラン(食べログで星が約4・TOP1000の名店)があります。

銀座レカン副料理長、広尾レヴェランス料理長を務めた経歴を持つシェフのレストランに行きました。食べログで星が約4・TOP1000の名店...

また、「LES ROSIERS EGUZKILORE」にも1名分無料サービスがありました(現在は終了)。キノコ料理が非常に美味しかったです。

独立後わずか1年でミシュランの星を獲得し、フランス史上で女性初、フランス最優秀国家認定資格(M.O.F)を弱冠27歳で受賞した天才シェフのお店です。

南仏のビアリッツで独立開店後、たったの1年でミシュランの星を獲得した天才女性シェフの味を提供しているレストランに行きました。「...

エグゼクティブ・ダイニングは、誕生日や記念日のディナーや会食がお得になって捗ります。店舗一覧、サービス内容の詳細は以下にまとめています。

ダイナースクラブカードには所定のコース料理を2名以上で予約すると1名分が無料になるサービスがあります。「エグゼクティブ・ダイニ...

その他、ダイナースクラブ・サインレス・スタイル、おもてなしプラン、料亭プランなどのダイニング優待があります。一例として、アルマーニ・リストランテ銀座ではウェルカムドリンクとしてスプマンテを頂けました。

アルマーニリストランテのウェルカムスプマンテ

すきやばし次郎、銀座 小十、日本料理 龍吟、青空などの予約困難店で、発生したキャンセル分の席を当日予約できるサービスもあります。

「ダイナースクラブ ごひいき予約」という新しいダイニング特典が光臨しました。草喰なかひがし、銀座 小十、フロリージュ、日本料理 ...

SAKE COMPETITIONの上位入賞酒が飲み放題、秀逸な料理の食べ放題のパーティーにポイントで参加することも可能です。

SAKE COMPETITIONの受賞酒が発表される夜には、授賞パーティーが開催されるのが恒例となっています。SAKE COMPETITION 2018の授賞パー...

ダイナースクラブカード会員は、1人1回一休プレミアサービスの「プラチナ会員」になれます。一休プレミアサービスの詳細については、以下で徹底解説しています。

一休.comには「プレミアサービス」があります。レギュラー・ゴールド・プラチナ・ダイヤモンドという種類があり、上に行けば行くほど...

プラチナ会員になると、レストラン予約、国内外のホテル予約(現地決済)の一休.comポイント還元率が2%になります。国内宿泊予約(カード決済)の場合はなんと3%です。

更に宿泊・レストランのプライベートセールも利用できます。プライベートセールは特に高級なタイプの部屋が破格の値段となる傾向があり、リーズナブルに宿泊できます。

一休.comには「プレミアクラブ」という会員制度があります。一休.comの利用金額に応じて、スタンダード、ゴールド、プラチナ、ダイヤ...

SPGマリオット、シャングリラなど各ホテルグループの上級会員よりもお得に泊まれることはザラであり、トラベル・ハックにつながり旅行・出張が捗ります。

また、「ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン」というヒルトンの会員プログラムでもダイナースの優待があります。

日本国内のヒルトン、コンラッド、ダブルツリーbyヒルトンと韓国のコンラッド・ソウルでの宿泊が20%OFFになります。レストランは宿泊時に部屋付けした場合は20%OFF、それ以外は10%OFFで利用できます。

ダイナースクラブカード会員は、初年度年会費が通常年会費25,000円(税込)のところ1万円(60%OFF)となります。

しかも入会時に対象ホテル宿泊時に使える1万円宿泊割引券がもらえるので、初年度の年会費は実質0円になります。入会初年度はヒルトン・オナーズのシルバー会員資格も付与されます。

「ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン」(HPCJ)というヒルトンの特典プログラムがあります。宿泊が25%OFF、レストランが20%OFF、1...

HPCJは公式サイトではキャンペーンがなく、初年度から25,000円の年会費が発生します。ダイナースクラブカードでの入会だと実質無料になってお得です。

「ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン」(HPCJ)というヒルトンの特典プログラムがあります。宿泊が25%OFF、レストランが20%OFF、1...

帰国時の手荷物無料宅配サービス、充実の旅行傷害保険、海外旅行中の24時間日本語サポート、ホノルル・Lea Leaラウンジなどトラベル関連特典も充実しています。

年間500万円のショッピング保険も付帯しており、お買い物が安心・安全になります。

サービスの面でも、他のゴールドカード以上の充実した内容となっており、プラチナに肉薄しています。レストランを利用したり、海外旅行・出張に行く機会があるとお得なカードです。

ダイナースクラブはまさに「人生を彩るクラブ」であり、ダイナースクラブカードは保有するだけで幸せを感じられて、しかもお得な特典で生活を豊かにすることができます。

ダイナースクラブカードはキャンペーンも豪華です。その他詳細は以下で徹底解説しています。

ダイナースクラブカードというクレジットカードがあります。高いステータス、24時間年中無休のデスク、国内外350空港850ヵ所以上の空...

ダイナースクラブカードは豊富なキャンペーンや会員イベントが魅力的なハイ・クオリティ・カードです。人生を豊かに彩ることができ、人生がまばゆい位に煌めきます。

航空系ダイナースクラブカード

ANAダイナースカード

ANAダイナースカード

ANAダイナースカードの年会費は29,160円(税込)であり,家族カードは6,480円(税込)です。

ダイナースクラブカード・銀座ダイナースクラブカードとの大きな相違点は以下の2つです。

年6,480円(税込)のダイナースグローバルマイレージに加入する必要も不要で、年間何万マイルでもANAマイルに交換することが可能です。

一般的なANAワイドゴールドカードと比較した優位性は、ダイナースクラブの神通力でポイントの有効期限が無期限である点です。

1マイルの価値が大幅に上昇するビジネスクラスまたはファーストクラスの特典航空券への交換に向けて、じっくりとマイルを貯めることが可能になります。

ANAダイナースカードは、お得な有効期限が無期限のクレジットカードの筆頭です。

国内線特典航空券で利用すると1マイルの価値が1.5円~2円程度、国際線のビジネスクラスだと1マイル2.5~6円程度、 ファーストクラスなら7~16円程度に跳ね上がります。

直前での予約だと、エコノミークラスでも1マイル3.22円で利用できたこともあります。

以下は通常76,080円のところ、2万マイル+11,580円で特典航空券を得られた履歴です。

ANAの国際線エコノミークラス運賃

ANA国際線エコノミークラス特典航空券の発行履歴

また、利用可能店舗数が日本最大級で便利な電子マネー「楽天Edy」へのチャージで0.5%が貯まるのも大きなメリットです。

ANAダイナースカードの裏面

更にANAワイドゴールドカード、ANAワイドカードのベネフィットも魅力的です。

  • カード入会時または継続時に2,000マイル
  • ANAグループ便搭乗時のフライトボーナスマイル25%
  • ANAカードマイルプラス店舗ではマイル還元率1.5%~2%
  • ビジネスクラス専用チェックイン
  • 空港内店舗「ANA FESTA」での割引 (10%OFF)
  • 空港内免税店での割引 (10%OFF)
  • 国内線・国際線の機内販売割引 (10%OFF)
  • 成田空港でのパーキング割引
  • 「ANAショッピング A-style」での割引 (5%OFF)
  • ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANAワンダーアース割引販売 (5%OFF)
  • ANAビジネスソリューション公開講座 受講料割引(15%OFF)
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパン宿泊割引サービス
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパン朝食無料&ウェルカムドリンクサービス
  • ANAカード会員専用運賃「プレミアムビジネスきっぷ」
  • ニッポンレンタカー、トヨタレンタカー、オリックスレンタカー5%割引
  • ハーツレンタカー5~20%割引

ANA国際線エコノミークラス利用の際にもビジネスクラス専用カウンターを利用できます。並ぶ時間が少なく、余裕のチェックインができます。

一例として、土曜日という混雑する日の羽田空港国際線も、待ち組はたったの1組でした。

ANAのビジネスクラスチェックインカウンター

エコノミークラスのうんざりする大混雑に巻き込まれずに、スムーズなチェックインが可能なのは大きなメリットです。同じ時間帯にエコノミークラスの方は長蛇の列でした。

ANAのエコノミークラスのチェックインカウンター

割引で特に使いやすいのは全国各空港にある「ANA FESTA」、空港免税店での10%割引です。1,000円(税込)以上のお買い物の際、レジでANAカードを提示すればOKです。

ANAカードは空港ショップ、空港免税店での割引の特典があります。空港の売店「ANA FESTA」では10%OFF、ANA DUTY FREE SHOP等の免税店...

株主優待などの他の割引・クーポン券との併用はできません。郵便製品・書籍類・酒類・煙草などの一部商品、一部店舗(ANA FESTA内スターバックスコーヒーなど)は対象外ですが、それでも使いやすいです。

カードが手元に届く前にも割引を利用できるので便利です。

言わずと知れたANAはクレジットカード「ANAカード」を発行していますね。ANAカードマイルプラスでの高還元率、フライト・継続ボーナス...

将来的にANAの上級会員を視野に入れており、ANAスーパーフライヤーズカードの保有を考えている場合は、ANAダイナースも候補となります。

ANAダイナースカードからANAダイナース スーパーフライヤーズカードに切り替える場合は、審査落ちのリスクがありません。

ANAダイナース スーパーフライヤーズカード

ANAダイナースカードはダイナースクラブカードと同一の特典を享受できます。その他、ANAダイナースカードの詳細については、以下で徹底的に解説しています。

ANAダイナースカードというクレジットカードがあります。ANAとダイナースクラブカードが提携した高級カードです。マイル関連では通常...

また、ANAダイナースカードを年200~300万円程度利用すれば、上位カードのANAダイナース プレミアムカードに突撃できるのも大きなメリットです。

ANAダイナースプレミアムというクレジットカードがあります。ANAダイナースカードの最上級カードです。ANAダイナース プレミアムカー...

ANAダイナース プレミアムカードは年会費167,000円(税込)ですが、秀逸なベネフィットが魅力的なスーパーカードです。

オンラインでの依頼が可能で便利なコンシェルジュ、国内線のANAラウンジ、1万マイルの継続ボーナス、50%のフライトボーナスなど、至れり尽くせりのベネフィットを享受できます。

ANAダイナースクラブ プレミアムカード

ANAダイナースカードは豪華な入会キャンペーンも魅力的です。

ANAダイナースカードというクレジットカードがあります。ダイナースクラブがANAと提携して発行しているクレジットカードです。年会費...

JALダイナースカード

JALダイナースカード

日本航空との提携した「JALダイナースカード」は、カード利用で直接JALマイルを貯められるのが特徴となっています。

年会費は30,240円(税込)であり,家族カードは9,720円(税込)です。

ショッピングマイル・プレミアムに無料で自動入会となり、100円(税込)あたり1マイル(マイル付与率1.0%)となります。

JAL一般カードだと発生する年3,240円(税込)のコストがかかりません。もちろん、マイル移行手数料もありません。

JALカード特約店では、200円(税込)あたり2マイル(マイル付与率1.0%)なのが、100円(税込)あたり2マイル(マイル付与率2.0%)となります。

ファミリーマート、イオン、マツモトキヨシ、ウエルシア、ENEOSなど、日常的に使う機会が多い店舗も特約店となっており、卓越した利便性があります。

利用ごとに100円未満の端数は切り捨てられてポイント付与の対象外となりますが、余程細かい支出を多発させない限りは、さほど大きな影響は出ません。

アメックス・ゴールドを作成して使い始めています。アメックスは利用金額100円毎に1ポイントが付与されます。月間のトータルの利用金...

また、JALカードは支払金額の端数分は四捨五入となるので、得する場合もあります。例えば150円の支払いの場合は、1マイルではなく2マイル得られます。

JALカードの50円単位での四捨五入

50円~99円の支払いの場合でも1マイルを獲得できる点がJALカードの隠れたメリットです。一例として以下は80円の利用で1マイルを獲得した明細です。

JALカード80円の利用で1マイルを獲得した履歴

一部、JALマイルが付与されない支出先があります。詳細については、以下で徹底的に解説しています。

日本を代表する航空会社の一角が日本航空(JAL)です。近年では政府専用機の整備委託先がANAに移るなどANAに押され気味です。しかし、...

JALダイナースカードなら通常のフライトマイルに加えて、区間ごとのボーナスマイルがプレゼントされます。「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%」がもらえます。

ネット通販がお得になるポイントモールでは、ダイナースクラブ ポイントモールだけではなく、JALマイレージモール「eマイルパートナー」を利用可能です。

その他、JAL CLUB-Aカード以上のJALカード共通の特典を利用可能です。

JALカード利用のしおり

Amazonギフト券を50円購入すると1マイルが得られるので、スクリプトを活用しないと手間がかかりますけれども、50円のAmazonギフト券をひたすら購入すればAmazonでの還元率が2%となります。

JALマイレージモール経由でAmazonでお買い物すると、Amazonギフト券での支払いでも0.5%のマイルが加算されます。

したがって、約2.5%還元となります。JALマイラーでAmazonをよく使う機会がある方にはおすすめです。

50円ずつ購入するのは面倒な場合でも、合計で200円あたり4マイルを獲得でき、マイル還元率が2%となります。

アクションマイル付与単位マイル付与率
Amazonギフト券の購入
(JALマイレージモール経由)
200円あたり1マイル0.5%
ギフト券購入時のJALカードのショッピングマイル200円あたり2マイル1.0%
Amazonギフト券を利用して商品購入
(JALマイレージモール経由)
200円あたり1マイル0.5%
合計200円あたり4マイル2.0%

将来的にJALの上級会員を視野に入れており、JGC アメックス CLUB-Aゴールドカードの保有を考えている場合は、JALダイナースカードも候補となります。

FLY ON プログラムで「JMBサファイア」のサービスステイタスを獲得する前に、申し込みたいJGCカードと同等のJALカードを事前に発行しておき、同じ国際ブランドのJGCカードに切り替えるのが無難です。

こうすれば万が一の審査落ちのリスクをゼロにすることが可能になります。

JALダイナースカードからJALグローバルクラブ ダイナースカードに切り替える場合は、審査落ちのリスクがありません。

 JALグローバルクラブ JALダイナースカード

JGC会員になると、サクララウンジ、毎年の初搭乗・フライトごとのボーナスマイル、専用チェックインカウンター・専用保安検査場、手荷物受け取りの優先、手荷物許容量の優待、優先キャンセル待ち、先行予約、優先搭乗、クラスJクーポンなどの絶大なメリットが付帯します。

JALグローバルクラブ会員用エントランス(羽田空港)

サクララウンジを同伴者1名まで使い放題になるのは大きなメリットです。飛行機での旅行・出張・帰省が非常に快適になりますね。

その他、JALダイナースカードの詳細については、以下で精緻に分析しています。

JALダイナースカードというクレジットカードがあります。JAL(日本航空)とダイナースクラブカードが提携して発行しているカードです。J...

大量のJALマイルを得られるお得な入会キャンペーンも魅力的です。

JALダイナースカード 公式キャンペーン

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード

デルタ航空と提携した「デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード」は、カード利用でデルタ航空のスカイマイルが貯まります。

年会費は本会員30,240円(税込)、家族会員の年会費は9,720円(税込)です。

カード利用金額100円あたり1.5マイルが得られるので、マイル付与率は1.5%です。

デルタ スカイマイルは有効期限がないのがJALやANAと比較してのエッジ・優位性です。

入会で10,000ボーナスマイルが得られます。また、入会後6ヵ月以内のファーストフライトで、デルタ・ワン、ビジネスクラスなら25,000マイル、ベーシックエコノミーなら10,000マイルが得られます。

デルタ航空の運航によるデルタ航空便名のついた日本発着国際線を購入した場合が対象です。特典航空券によるフライトは含まれません。

デルタ航空のビジネスクラス・ラウンジ

世界各国に設置されたスカイクラブ会員専用の「デルタ スカイクラブ」ラウンジを、年3回まで無料にて利用できます。1回3名で使うことも可能なので家族連れにも便利です。

デルタスカイクラブは通常はビジネスクラス以上の場合のみ利用できるところ、なんと搭乗クラスに関わらず利用できます。

スカイチームのラウンジは、JALやANAのラウンジ同様に快適な空間です。しかもソフトドリンクはもちろん、ビール・ワイン等のアルコールや軽食もあるラウンジが大多数です。

スープ、パン、サラダ、おつまみ等に加えて、寿司が出るラウンジもあります!

Sky Team Lounge at London Heathrow Terminal 4
photo by Gary Bembridge

Sushi & a beer at Delta lounge @ Tokyo Narita airport
photo by Marc van der Chijs

MileagePlus ダイナースクラブカード/ファースト

MileagePlus ダイナースクラブカード

MileagePlus ダイナースクラブファースト

ユナイテッド航空と提携したマイレージプラスカードにもダイナースクラブカードがあり、以下の2種類のラインナップが揃っています。

  • MileagePlus ダイナースクラブカード
  • MileagePlus ダイナースクラブファースト

最大の相違点は年会費、マイル還元率、継続ボーナスです。

 MileagePlus ダイナースクラブカードMileagePlus ダイナースクラブファースト
年会費(税抜)28,000円43,000円
マイル付与の単位100円あたり1マイル100円あたり1.5マイル
100円あたり2マイル
マイル還元率1.0%国内:1.5%
海外:2.0%
継続ボーナスマイル2,000マイル(300万円以上利用時)5,000マイル(500万円以上利用時)

年会費(税抜)の差は15,000円なので、通説に則り1マイルの価値を2円と考えると、以下の利用金額(税抜)が損益分岐点となります。

  • 国内:年150万円の利用(1ヶ月あたり125,000円)
  • 海外:年75万円の利用(1ヶ月あたり62,500円)

なお、ユナイテッド航空のマイルの有効期限は18カ月ですが、マイル積算もしくは利用で保有の全マイルの有効期限が18カ月延びます。

したがって、MileagePlus ダイナースを定期的に利用する場合、有効期限は実質的に無期限とファンタスティックです。

マイレージプラスカードの中でダイナースと年会費が近いMileagePlusセゾンプラチナカードも合わせた比較は下表のとおりです。

カードタイプセゾン プラチナダイナースダイナース ファースト
提携ブランドVISAダイナースダイナース
年会費(税抜)本会員36,000円28,000円43,000円
家族会員9,000円9,000円9,000円
マイル付与率1.5%1.0%国内:1.5%
海外:2.0%
付与の単位1,000円100円100円
ショッピングマイル年間上限---
継続ボーナスマイル5,000マイル2,000マイル(300万円以上利用時)5,000マイル(500万円以上利用時)
海外旅行傷害保険適用条件自動付帯自動付帯自動付帯
家族特約
死亡・後遺障害1億円(1000万)1億円1億円
傷害・疾病治療300万円(200万)300万円300万円
賠償責任3,000万円(2000万)1億円1億円
携行品損害50万円(20万)50万円50万円
救援者費用300万円(200万)300万円300万円
国内旅行傷害保険適用条件自動付帯利用付帯利用付帯
家族特約--
死亡・後遺障害1億円(1000万)5,000万円(1000万)5,000万円(1000万)
入院日額5,000円(2,000円)5,000円(2,000円)5,000円
手術費用5~20万円(同額)5~20万円(同額)5~20万円
通院日額2,000円(1000)2,000円(1000)3,000円
ショッピング保険適用条件国内外国内外国内外
年間上限500万円500万円500万円
自己負担5,000円1万円1万円
空港ラウンジ世界850ヵ所以上以上世界850ヵ所以上以上
その他特典Visaプラチナカード特典
セゾンカード特典
会員誌「express」
ダイナースクラブカード特典
ANA DUTY FREE SHOP 10%オフ
ダイナースクラブカード特典
ANA DUTY FREE SHOP 10%オフ

コンシェルジュサービスと還元率ならセゾンカード、年会費の安さ・空港ラウンジの数・ダイニング特典の充実度ならダイナース(一般)、還元率・空港ラウンジ・ダイニング特典ならダイナースファーストにエッジ・優位性があります。

その他、MileagePlusカードについては、以下で綿密に比較しています。

ユナイテッド航空のMileagePlus(マイレージ・プラス)のマイルを貯められるクレジットカードがあります。Mileageplusカード(マイレ...

銀座でスペシャルな特典があるダイナースクラブカード

銀座ダイナースクラブカード

銀座ダイナースクラブカード

銀座ダイナースクラブカードは、ダイナースクラブカードよりも年会費が2,160円(税込)高く、ダイナースプレミアムのインビテーションが届かないというデメリットがあります。

しかし、インビが不要である場合は年会費以上にメリットが有るクレジットカードです。

銀座の中心部にある「ダイナースクラブ 銀座プレミアムラウンジ」が使えます。以下8つの特典を受けられます。

  • フリードリンク
  • お菓子
  • 手荷物お預かり
  • 銀座コンシェルジュ
  • インフォメーション
  • Wi-Fi
  • 宅配料金優待
  • 西銀座駐車場10%割引券ご提供

実用的な嬉しいサービスが揃っています。テーブル席、一人がけのカウンター席、窓際で二人が横並びの席があります。

ダイナースクラブ 銀座 プレミアムラウンジの入り口

コーヒー、紅茶、ジュース、ミネラルウォーターなどのソフトドリンクが無料で飲み放題です。

また、1人につき1つメニューの中から好きな茶菓子を選べます。ダイナースクラブ 銀座ラウンジだけでしか食べられないブルガリ イル・チョコラート特製のチョコレートもあります。

  • ブルガリ イル・チョコラート:チョコレート
  • 清月堂本店のお菓子
  • ハーゲンダッツ(ミニサイズ):アイスクリーム

ダイナースクラブ 銀座プレミアムラウンジの清月堂本店のお菓子とアイスティーダイナースクラブ 銀座プレミアムラウンジのブルガリイルチョコラートとコーヒー

ダイナースクラブ銀座ラウンジから移転してプレミアムラウンジとなり、席が広くなって待つケースが減少しました。

ダイナース銀座 プレミアムラウンジの詳細については、以下で丹念に解説しています。

ダイナース銀座ラウンジが移転して、新しく「ダイナースクラブ銀座プレミアムラウンジ」が2017年12月5日(火)11時半に誕生しました。ダ...

また、東京駅直結の百貨店「大丸東京店」の11階にあるメンバーズサロン「D’s ラウンジトーキョー」を利用できます。

銀座や日本橋が一望できるラウンジで、フリードリンクなどのサービスを受けられます。休憩が捗ります。

D’s ラウンンジトーキョー大丸東京店のラウンジの飲み物

ショッピング中の休憩はもちろん、次のアポイントまでの時間調整にも適しています。

D’s ラウンジトーキョーD’s ラウンジトーキョーのテーブル・コーヒー

高級野菜ジュースやプレミアムビールの試飲などのイベントが開催されることもあります。

マスターズドリームの試飲

本来は大丸松坂屋お得意様ゴールドカード(外商カード)、多額のお買い物をした大丸・松坂屋のクレジットカード保有者向けのサービスです。東京駅近辺によく行く方にとっては至高のメリットが有る特典です!

D’s ラウンジトーキョーについては、以下にまとめています。

東京駅直結で便利な百貨店「大丸東京店」の11階には、メンバーズサロン「D’s ラウンジトーキョー」(D's LOUNGE TOKYO)があります...

銀座の600を超える特約店で銀座ダイナースクラブカードを利用すると、通常は100円1ポイントのところ、2倍の100円2ポイントを得られます。

主な特約店は、銀座三越、松屋銀座、GINZA SIX、銀座和光、サンモトヤマ銀座本店、東急プラザ銀座、バーニーズ ニューヨーク銀座店、銀座天一本店などです。

また、「Premium Card Benefit in Ginza」という銀座エリアの特典、銀座Bar優待を利用可能です。

東京銀座資生堂ビル

その他のカードの内容はダイナースクラブカードと全く同じであり、卓越したダイニング・トラベル特典を利用できます。

ジャンル優待サービス内容
グルメ所定のコース料理を2名以上利用で1名無料(エグゼクティブ ダイニング)
草喰なかひがし等の名店を予約できる「ダイナースクラブ ごひいき予約
料亭の予約代行(料亭プラン
カード不要の「サインレス・スタイル
おもてなしプラン
トラベル850ヵ所以上の空港ラウンジ(国内・海外)
手荷物無料宅配(帰国時)
国内外のホテル・旅館の宿泊優待
旅行・出張時の現地でのサポート・各種手配
最高1億円の旅行保険
エンタテイメントコナミスポーツクラブや人間ドック優待
ホテル内フィットネス 特別優待
ダイナースクラブ ポイントモール
ゴルフプライベートレッスン優待
名門ゴルフ場の優待予約

家族会員の年会費は無料なので、本会員+家族会員1名の場合は、合計年会費はダイナースクラブカードの29,160円よりも2,160円(税込)安くなります。

銀座ダイナースクラブカードには、通常のダイナースクラブカードにはない銀座の特典が充実しているのがメリットです。

銀座ラウンジ・大丸東京のラウンジは特に絶大なベネフィットです。アメックス・センチュリオンにも類似のサービスはありません。

銀座や東京駅直結の百貨店という一等地のラウンジが使えるので、使わなくてもお得なクレジットカードです。

その他、銀座ダイナースクラブカードの詳細については、以下で徹底的に解説しています。

銀座ダイナースクラブカードというクレジットカードがあります。ダイナースクラブのプロパーカードです。通常のダイナースクラブカー...

東京駅や銀座に行く機会がある方、家族カードを発行する方は、ダイナースクラブカードよりも銀座ダイナースクラブカードの方にお得感があります。

デメリットとしては上位カードのダイナースクラブ プレミアムカードのインビテーションは届かない点です。

明白にダイナースのブラックカードを目指している方は、ダイナースクラブカード、ANAダイナースカードのどちらかを選択しましょう。

入会キャンペーンが無い点がデメリットですけれども、総合的には銀座に行く機会がある場合は魅力的なダイナースです。

銀座ダイナースクラブカード 公式サイト

銀座ダイナースクラブカード/和光

銀座ダイナースクラブカード/和光

ダイナースと銀座和光が提携して発行しているダイナースクラブカードです。年会費は本会員27,000円(税込)、家族会員の年会費は無料です。

銀座ダイナースクラブカードがベースになっていて、特典は全て利用可能です。それに加えて和光オリジナルの特典が付帯します。

和光での年間お買上金額が20万円以上(税抜)だと、最大5%分の和光の商品券がプレゼントされます。一部のサービスとは重複できず、一部対象外の品があります。

また、和光での1日の利用金額が10万円以上(税込)だと、和光アネックス ティーサロンの喫茶ご利用券がもらえます。

和光の情報誌「チャイム銀座」が郵送されます。更に、和光独自のカード「和光カード」のサービスも自動的に付帯されます。

購入金額(税抜)の2%分のポイント、1日3万円以上の購入で購入品の送料無料・西銀座駐車場2時間分、誕生月のポイント2倍クーポン、催事などの案内の特典が受けられます。

銀座ダイナースクラブカード/ヴィーナスクラブ

銀座ダイナースクラブカード/ヴィーナスクラブ

ダイナースとサンモトヤマが提携して発行しているダイナースクラブカードです。年会費は本会員27,000円(税込)、家族会員の年会費は無料です。

銀座ダイナースクラブカードがベースになっていて、特典は全て利用可能です。それに加えてサンモトヤマの独自優待が付帯します。

サンモトヤマ直営店でのカード利用時は、いつでも店頭価格から5%OFFとなります。特別価格品と商品券は対象外です。

サンモトヤマ特別セール「サンフェア」へ、最優先で招待してくれます。特別招待日にゆったりお買い物が楽しめます。

専用キャッシャーで精算もスピーディーであり、当日お買い上げの商品を無料で自宅に届けてくれます。

会員の方に用意された、ひとクラス上のサービスが「ショッピング・アドバイザー制度」です。来店の際には要望により担当スタッフがアドバイザーとして、お買い物のお手伝いをしくてれます。

カードの利用で貯まるダイナースクラブ リワードポイントは、5,000ポイント5,000円でサンモトヤマお買物券に交換できます。

銀行系ダイナースクラブカード

三井住友信託ダイナースクラブカード

三井住友トラストクラブが同じグループの三井住友信託銀行と提携して発行するクレジットカードです。

三井住友信託ダイナースクラブカードとダイナースクラブカードは基本的なカードスペックは同一です。

カード右上に「三井住友信託」という文字とデカデカとしたカラフルなロゴが入る代わりに、年会費の優遇があります。

三井住友信託銀行のマーク

初年度は新規入会後3ヵ月以内のカード利用金額が20万円以上、次年度以降は年間(前年度)のカード利用金額が50万円以上だと、年会費が12,960円(税込)と大幅に減少します。

家族会員の年会費は5,400円(税込)であり、通常のダイナースクラブカードと同一です。家族会員の方は割引制度がありません。

しかし、支払口座は三井住友信託銀行のみに限定されます。引き落とし口座の制約とカード右上のロゴが許容できるか否かとなります。

「三井住友信託ダイナースクラブカード」が2016年5月16日から発行開始となりました。三井住友信託銀行と、三井住友トラストクラブが提...

ホテル提携ダイナースカード

ニューオータニクラブ ダイナースカード

ダイナースとニューオータニが提携して発行しているダイナースクラブカードです。年会費は本会員23,760円(税込)、家族会員の年会費は5,400円(税込)です。

三井住友トラストクラブとニューオータニグループは提携関係にあり、ダイナースクラブ フランスレストランウィークのガラディナーの会場はホテルニューオータニ(東京)となっています。

実際にガラディナーに参加したところ、大満足のクオリティで幸せに包まれました。

ダイナースクラブカードは「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク」を毎年開催しています。全国各地のフランス料理屋さんで...

ニューオータニクラブ ダイナースカードは、ニューオータニでの独自特典が付帯しています。

国内グループホテルでの宿泊、直営レストラン&バーの利用の際には、ダイナースクラブ リワードポイントが2倍得られてマイル付与率2%となります。

また、NOC(ニューオータニクラブ)ポイントが100円あたり5ポイント貯まるので、合計還元率が7%とパワフルです。

訴求力の高いポイント二重取りが可能です。将棋において飛車だけよりは、飛車・角の方が強いのと同様に、ポイントも一つだけよりは二つ獲得できる方が嬉しいですね。

ホテルニューオータニのツインルーム

ニューオータニに事前に予約した場合、宿泊当日はクレジットカードの提示もサインも不要のサインレス・スタイルとなっています。スピーディーなチェックアウトが可能です。

ニューオータニクラブの特典も付帯しており、貯めたポイントは専用のホテル券(5,000ポイントで5,000円分)と交換できます。

ホテルニューオータニ(東京・幕張・大阪・博多・イン札幌・NASPA・イン東京・インヨコハマ)で、会員専用ラウンジ「ニューオータニクラブラウンジ」を利用できます。

ニューオータニクラブ

飲み物や小菓子が用意されているので、滞在中の休憩や、連れとの待ち合わせなどに活用できます。中にはパティシエ特製スイーツが用意されているホテルも!

その他、以下のベネフィットが付帯しています。

  • 宿泊優先予約・料金割引
  • クイックチェックインサービス
  • レイトチェックアウトサービス
  • クイックチェックアウトサービス
  • 朝食、レストランバー、婚礼優待
  • 新聞無料サービス/ランドリーエクスプレスサービス/フィットネスクラブの特別利用
  • 会員料金で宿泊の際は、屋外プール(季節営業)無料
  • ニューオータニクラブ会報誌「CHECK IN」

高級車メーカー提携ダイナースカード

BMW ダイナースカード

ダイナースとBMWが提携して発行しているダイナースクラブカードです。年会費は本会員27,000円(税込)、家族会員の年会費は7,560円(税込)です。

通常のダイナースクラブカードの特典に加えて、BMWオーナーに嬉しいオリジナル・ベネフィットが付帯しているのが特徴です。

カード利用で貯まるのはダイナースクラブ リワードポイントで、通常は100円あたり1ポイントです。

BMW正規ディーラーでのBMW車の車両購入代金の決済にも利用できます。ただし、ポイント還元率は半減して0.5%となります。

車両を購入するためには、個人カードはカードの名義と車両の名義が同一であること、ビジネス・アカウントカードの場合は登録の会社の名義であることが条件になります。

BMW

2013年10月1日以降は、車両本体代金の決済はBMWダイナース限定のサービスとなりました。車両整備や部品など、車両本体代金以外の支払いは、他のダイナースクラブカードでも可能です。

高級車の購入でザクザクとポイントを獲得できてファンタスティックです。

また、年間で合計100万円以上BMW ダイナースカードを利用すると、毎年「BMWオリジナルグッズ」がプレゼントされます。

グッズは集計期間の翌年3月末頃に届きます。集計期間後に退会・カード切替を行ったら進呈対象外となるので注意しましょう。

車のトラブル時にロードサービスに電話する女性

また、BMWにいつも安心して乗ることが可能なサポート・サービス「BMW エマージェンシー・サービス」を利用できます。

万が一の路上故障などで困った場合、高い技術力と知識を持った専任のスタッフが、電話で24時間365日サポートしてくれます。

カード契約者の一親等が所有している車両、カード契約者の経営する法人が保有している車も対象となります。

  • 故障現場での応急処置・出張対応
  • 走行不能時のレッカー移動
  • 鉄道、バス、航空機等の公共交通機関、レンタカー、タクシー等の代替交通手段の手配と費用負担(※)
  • 宿泊施設の手配と費用負担(※)

※車検証に記載されている乗員定員数が上限(費用負担はBMW規定の範囲内)

また、BMWの活動やアクセサリー情報など、BMWファンには見逃せないニュースが満載の「BMW Card News」を届けてくれます。

BMW ダイナースカードの利用を継続すると、ブラックカードの「BMW プレミアム ダイナースカード」のインビテーションが届く可能性があります。

ビジネスカード・法人カード

ダイナースクラブ ビジネスカード

ダイナースクラブ ビジネスカード

ダイナースクラブ ビジネスカードというクレジットカードがあります。ダイナースクラブのプロパー・ビジネスカードです。

年会費は本人が29,160円(税込)です。追加会員はなんと年会費が何枚でも無料です!

基本会員が代表者・役員を務める法人等・個人事業における、役職員・従業員で18才以上の方が追加会員になれます。

例えば本会員・追加会員で5枚発行した場合は、1枚あたり5,832円、10枚申し込んだ場合は2,916円、20枚なら1,458円とリーズナブルになります。

ダイナースクラブ ビジネスカードのポイントの制度・還元率はダイナースクラブカードと同一であり、「ダイナースクラブ リワードプログラム」が適用されます。

一般加盟店では100円あたり1ポイントとなります。特約店である「ダイナースクラブポイントアップ加盟店」では100円あたり2ポイントが得られます。

日本を代表する経済・ビジネス出版社であるダイヤモンド社は、「ダイヤモンド経営者倶楽部」という会員制クラブを運営しています。

のダイヤモンド経営者倶楽部の活動拠点として、メンバーのみが利用できる「銀座サロン」という施設があります。

東京都中央区銀座4-9-8(銀座駅B2出口から徒歩3分・東銀座駅A2出口から徒歩1分)という極めて便利な立地です。わが国のど真ん中と言っても過言ではありません。

なんと、ダイナースクラブ ビジネスカード会員の方は、カードの提示でダイヤモンド経営者倶楽部の銀座サロンを利用することが可能です!

ダイナースクラブ ビジネス・ラウンジ

嬉しいことに商談・待ち合わせの場所として利用してもOKです。また、ダイヤモンド社の新刊書籍や雑誌も見ることができ、ブックカフェとしても利用できます。

落ち着いた雰囲気のラウンジには、ドリンクも用意されています。商用のついでに寛ぐこともできますし、外出時の打ち合わせなどに利用できます。

ダイナースクラブ ビジネスカードの会員は、「ダイナースクラブ プライベートアドバイザーサービス」を利用できます。

選び抜かれた各分野のプロ6人の「プライベートアドバイザー」が、参謀役や顧問として相談内容にアドバイスしてくれます。

弁護士、公認会計士、税理士、社会保険労務士のアドバイスを無料で受けられてファンタスティックです。

ビジネスシーンで活用できる優待加盟店プログラム「ダイナースクラブ ビジネス・オファー」があり、様々な優待サービスがビジネスをサポートしてくれます。

また、クラウド会計ソフト freeeが2ヶ月分無料になる特典も付帯しています。

ダイナースクラブ ビジネスカードは、なんといっても追加カードの年会費が無料なのが大きなメリットです。例えば10枚発行すれば1枚あたりたったの2,916円、20枚なら1,458円です。

ダイナースクラブ ビジネスカードというクレジットカードがあります。ダイナースクラブのプロパー・ビジネスカードです。法人だけでは...

充実したベネフィットと高いステータスを誇るダイナースのビジネスカードをリーズナブルに維持できます。

ダイナースクラブ ビジネスカード

ダイナースクラブ ビジネスアカウントカード

ダイナースクラブカードのビジネス・アカウントカード

ダイナースクラブ ビジネスアカウントカードとは、ダイナースクラブカードの追加カードとして申込めるカードです。

プロパーのダイナースクラブカードだけではなく、銀座ダイナースクラブカードANAダイナースカードJALダイナースカードでも申し込めます。ダイナースのブラックカードにもあります。

 年会費はたったの2,160円(税込)です。ダイナースクラブ プレミアムカードのビジネスアカウントカードも2,160円です。

個人事業主・零細企業でクレジットカードは1枚でOKという場合は、ダイナースクラブ ビジネスアカウントカードにお得感があります。

1%(プレミアムカードは1.5~2.5%)でポイントを貯めてマイル交換ができます。提携カードによっては直接マイルが貯まります。

ビジネスクラス搭乗によって1マイル3円で使うと、実質還元率3%(プレミアムカードは4.5~6%)です。

ダイナースプレミアムを持っている場合は最強の2%還元、ANAダイナースプレミアムなら1.5%~2.5%マイル還元でバリューが高いです。

ダイナースクラブ プレミアムカードのビジネスアカウントカード

ビジネスアカウントカードの最大のメリットは、本体のカードと明細&引き落とし口座を分けられる点が大きいです。

引き落とし口座は、本会員の勤務先の法人口座に指定できます。個人事業主向けのクレジットカードとしてフル活用できます!

プライベート・個人での支出はダイナースカード、ビジネスの経費決済はビジネス・アカウントカードという二刀流でザクザクとマイルが貯められます

ダイナースクラブ ビジネス・アカウントカードの案内

仕事の出張・接待・その他の経費の決済・管理をスムーズに行えます。JALオンラインを使って出張の経費処理業務を効率化することもできます。

経理の手間が軽減して間接業務ないしバックオフィス・コストが削減できます。利用代金は法人クレジットカードで精算できるので、ポイントも貯まります。

至高のブラックカードであるプレミアムカード

ダイナースプレミアム

上位カードのダイナースクラブ プレミアムカードには、プロパーカードの他、ANA、三井住友信託銀行、BMWとの提携カードがあります。

マイル還元率が2%と圧巻の高還元であり、ダイナースクラブ銀座ラウンジと大丸東京のラウンジ、一休.comのプライベートセールで時おり破格の安さでホテルに宿泊できる点が魅力的です。

お得なメリットが満載のクレジットカードです。特に大きいメリットは以下のとおりです。

67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんは、おすすめの高還元率のプラチナ/ブラックカードとしてダイナースプレミアムを挙げられていました。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

ダイナースのブラックカードは、クレジットカードのレジェンドも高く評価しています。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

ダイナースクラブの各プレミアムカードの詳細については、以下で徹底的に解説しています。

ダイナースには上位カードのブラックカード「ダイナースクラブ プレミアムカード」があります。ダイナースプレミアムの特徴としては、...

まとめ

 ダイナースクラブ 銀座プレミアムラウンジ

ダイナースクラブカードはstandard、プレミアムカードの二段階となっており、魅力的なカードが満載となっています。

プロパーカード、航空系カード、ホテルや高級車との提携カードまで幅広い種類が揃っています。

最後にダイナースクラブカードの種類の一覧について、表にまとめます。

カード名年会費(税込)主な特徴
本会員家族会員
ダイナースクラブカード23,760円5,400円1%のマイル付与率
レストランのコース料理が1名分無料
ポイントの有効期間が無期限(マイルも無期限で貯められる)
世界850ヵ所以上の空港ラウンジが利用可能
充実の付帯保険(旅行傷害保険、ショッピング・リカバリー)
充実のダイニング・サービス
手荷物無料宅配サービス
フリーダイヤルのサポート・デスク
海外旅行先での24時間無料の電話サポート(日本語)
銀座ダイナースクラブカード27,000円無料ダイナースクラブカードの特典
ダイナースクラブ 銀座ラウンジ
D’s ラウンジトーキョー
資生堂パーラー サロン・ド・カフェ無料券
銀座の特約店でポイント2倍
Premium Card Benefit in Ginza
ANAダイナースカード29,160円6,480円ダイナースクラブカードの特典
上限なしに手数料無料でANAマイルに移行可能
ANAワイドカード特典
SFCもあり
JALダイナースカード30,240円9,720円ダイナースクラブカードの特典
1%のJALマイルが貯まる
JAL CLUB-Aカード特典
JGCもあり
三井住友信託ダイナースクラブカード23,760円
(12,960円)
5,400円ダイナースクラブカードの特典
三井住友信託銀行のロゴ
一定の条件を満たすと年会費割引
デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード30,240円9,720円ダイナースクラブカードの特典
1.5%のデルタ スカイマイルが貯まる
デルタ スカイクラブを利用可能
MileagePlus ダイナースクラブカード30,240円9,720円ダイナースクラブカードの特典
1.0%のマイレージプラスが貯まる
継続ボーナス
MileagePlus ダイナースクラブカード ファースト46,440円9,720円ダイナースクラブカードの特典
国内1.5%/海外2%のマイレージプラスが貯まる
継続ボーナス
BMWダイナースカード27,000円7,560円ダイナースクラブカードの特典
BMW正規ディーラーでの利用額にポイント
BMW エマージェンシー・サービス 会員限定ポイント交換アイテム
BMWオリジナルグッズ プレゼント
BMWの車両の購入が可能
銀座ダイナースクラブカード/和光27,000円無料銀座ダイナースクラブカードの特典
和光でのオリジナル特典
銀座ダイナースクラブカード/ヴィーナスクラブ27,000円無料銀座ダイナースクラブカードの特典
サンモトヤマでのオリジナル特典
ニューオータニクラブ ダイナースカード23,760円5,400円ダイナースクラブカードの特典
ニューオータニでのオリジナル特典
ダイナースクラブ プレミアムカード140,400円無料2%のマイル付与率
秀逸なコンシェルジュサービス
ブランド店でプライベートショッピング・VIPルームのおもてなし・プレゼント
一休.comのダイヤモンド会員の資格
 iPrefer のエリート会員
リーダーズクラブ会員
レストランのコース料理が1名分無料
一見さんお断りの高級料亭も利用可能(優待特典も)
ダイニングイベントの先々行予約が可能
乗馬が年4回無料
プライオリティ・パスのプレステージ会員が無料(家族会員も)
誕生日プレゼント
最上級の付帯保険
海外旅行先での24時間日本語サポート
手荷物無料宅配サービス(往復)
コートお預かり(成田・羽田・中部・関空)
ポイントの有効期間が無期限
ANAダイナース プレミアムカード167,400円無料一般加盟店では1.5%/ANA航空券等は2.5%
ダイナースプレミアムの特典
上限なしに手数料無料でANAマイルに移行可能
ANAプレミアムカード特典

特におすすめのダイナースについては、以下にまとめています。

ダイナースというクレジットカードがあります。三井住友トラストクラブ(旧シティカードジャパン)が発行しています。国際ブランドはダ...

ダイナースクラブカードはバリューが高いキャンペーンが充実しているのも魅力的です。

ダイナースがお得な入会キャンペーンを開催しています。ダイナースクラブカードが60,000マイル、ANAダイナースカードが82,000マイル、...

ダイナース以外でおすすめのプラチナカードについては、プラチナカードのランキングをご参照ください。その中でも特に優れたカードは以下で徹底的に解説しています。

アメリカン・エキスプレスが1984年に世界で初めて「プラチナカード」を発行しました。当時は最上位カードでした。その後、幾多の競合...

もう少し年会費を抑えたい場合は、ゴールドカードが候補となります(ゴールドカードのランキング一覧)。おすすめのゴールドカードについては以下で丹念に解説しています。

日本ではアメリカン・エキスプレスが1966年にゴールドカードを導入し、1984年にプラチナカードを発行するまでは、ゴールドカードが最...

67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんのおすすめゴールドカードは以下でご紹介しています。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...

ダイナースクラブ プレミアムカード以外のブラックカードについては、以下で詳細にまとめています。

アメリカン・エキスプレスが1999年に世界で初めて一般的なプラチナカードの上位カード「センチュリオン・カード」を発行しました。幾...

数多くのブラックカードの中から日本で発行されているカードのランキングを以下にまとめました。

一般的には高還元のクレジットカード、年会費無料のクレジットカードが人気が高く、次がゴールドカード、プラチナカードとなります。...

実際にブラックカードを活用したところ、お金では買えない類稀なエクスペリエンスが可能でした。

最高峰のクレジットカードであるブラックカードは、年会費が高い代わりに豊富な特典が付帯しています。実際に4枚のブラックカードを活...

やはりサービス・ベネフィットよりもポイント還元を重視する場合は、還元率が高いおすすめクレジットカード特集をご参照ください。

クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが還元率です。年間のクレカ利用額が多い場合は、たとえ年会費がかかっても高還元率の...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-ダイナースクラブ

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.