セブン銀行デビットカードが改悪!還元率が最大1%に低下!代わりを徹底解説

更新日: デビットカード

セブン銀行デビットカード

セブン銀行デビットカードが2019年7月16日に改悪されます。これまではセブン&アイグループで最大1.5%還元だった還元率が1.0%に低下します。

2019年9月1日からはセブンマイルプログラムがリニューアルされて、セブン&アイグループの一部店舗では0.5%還元となり、合計還元率は1.5%を維持できます。

しかし、セブン&アイホールディングスの店舗が全てセブンマイルの対象ではないので、改悪となる店舗もあります。

セブン銀行デビットカードの改悪内容、代わりの代替候補について、徹底的に解説します。

セブン銀行デビットカードの還元率が-0.5%

これまでセブン銀行デビットカードをセブン&アイグループの店舗で利用すると、最大1.5%のnanacoポイントを得られました。

しかし、2019年7月16日(火)からデビットカード払いでのポイント還元率が、最大1.0%に低下します。

店舗名還元率
従来改悪後
セブンイレブン1.5%1.0%
西武・そごう
セブンネットショッピング
1.0%1.0%
デニーズ
ファミール
ポッポ
1.0%0.5%
イトーヨーカドー
ヨークマート
アカチャンホンポ
ロフト
その他JCB加盟店
0.5%0.5%

改悪されるのはセブン-イレブン、デニーズ、ファミール、ポッポとなります。

セブンイレブンのつくね

そごう・西武、セブンネットショッピングはこれまで通り1%還元で変更はありません。

空前の低金利の情勢においては0.5%とはいえ大きなインパクトがあり、侮れない打撃となります。

セブンマイルプログラムを利用すれば合計1.5%還元(一部店舗)

セブンイレブンのサラダチキン、生野菜

2019年9月1日からは、セブンマイルプログラムがリニューアルされて、200円(税抜)あたり1マイルを獲得できるようになります。

税込ではなく税抜なのが地味なデメリットです。例えば、税抜980円(税込1,078円)といった場合は端数が切り捨てられて無駄になってしまいます。

貯まったセブンマイルは好きなタイミングでnanacoポイントに交換できるようになります。

つまり、セブンイレブンのスマホアプリを提示してセブンマイルを貯めれば、セブン銀行デビットカード決済の1.0%+セブンマイル分の0.5%で合計1.5%還元となり、これまで通りの還元率を維持できます。

しかし、従来はセブン銀行デビットカードで支払うだけで1.5%還元だったのが、今後はスマホアプリ提示が必要となり、余計な手間が発生するのがデメリットです。

また、セブンマイルプログラムはnanacoが使えるセブン&アイグループ店舗全てが対象ではありません。

セブンマイルの対象

  • リアル店舗:セブン‐イレブン、イトーヨーカドー、西武・そごう、アカチャンホンポ、ロフト
  • オンライン:セブンネットショッピング、西武・そごうのe.デパート、アカチャンホンポ、ロフト、セブンミール、イトーヨーカドーネットスーパー、イトーヨーカドーネット通販

つまり、デニーズ・ファミール・ポッポ等のセブン&アイ・フードシステムズ飲食店は、セブンマイルの対象外なので1.0%還元になってしまいます。

これが大きなデメリット・改悪点となります。1.5%還元は儚い夢物語、砂漠の蜃気楼と化してしまいました。


代わりの候補

スマホを持っていない方、セブンマイルは面倒という方にとっては、今回のセブン銀行デビットカードの改悪は手痛い打撃となります。青天の霹靂、吃驚仰天、驚天動地、驚愕動転ですね。

ショックで光のなかで俯く男性 ショックを受ける女性

しかし、クレジットカードを活用すれば、まだまだセブン&アイグループでお得なカードは多数あります。セブン銀行デビットカード改悪後の代替候補についてまとめます。

三井住友カード(NL)はセブンイレブン・ローソンが5%

コンビニのうち、セブン-イレブン、ローソンで特におすすめなのは、年会費が無条件で無料の三井住友カード(NL)です。

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)は年会費が無条件で無料。Visaのタッチ決済Mastercardコンタクトレスなら、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドで5%還元となるのがメリットです。

「三井住友カード(NL)」というクレジットカードがあります。NLは「ナンバーレス」の略字です。Visaのタッチ決済・Mastercar...

お得な新規入会キャンペーンも魅力的です。

大手クレジットカード会社の三井住友カードのプロパーカードは、入会キャンペーンが豪華なのが特徴です。従来は「三井住友VIS...

三井住友カード(NL)はコストパフォーマンスが良好なクレジットカードであり、メインカードは他にある方でもサブとして活用すると着実に家計の手助けとなります。

公式サイト三井住友カード(NL) 公式キャンペーン

デニーズではクオカードかジェフグルメカードがおすすめ

今回のセブン銀行デビットカードの改悪で最も手痛い打撃を被るのは、セブンマイルプログラムの対象外であるデニーズでの決済です。

デニーズのステーキ

これまでデニーズでセブン銀行デビットカードを使っていた方は、これを機会にクオカードを活用するのも有力な選択肢です。

クオカード5,000円

nanacoチャージがポイント還元のクレジットカードでチャージしたnanacoによって、セブン-イレブンにて1万円のクオカードを購入すると、最大3%還元となってお得です。

クオカード(QUOカード)というプリペイドカードがあります。コンビニ、ドラッグストア、ファミレス、書店、CD・DVDストア、ガ...
クオカード(QUOカード)というプリペイドカードがあります。加盟店で代金の支払いに利用できます。クオカードが使えるお店、お...

クオカードが面倒な場合は、金券ショップやクラブオフ等でジェフグルメカードを安く購入するのも選択肢です。

3%~4%程度のディスカウントで購入できることがあります。お釣りが出るのも大きなメリットです。

以下のサービス・クレジットカードによって、4%割引でジェフグルメカードを購入できます。

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード

丸井が発行しているエポスカードにはゴールドカードが存在します。「エポスゴールドカード」という名前です。

コストパフォーマンスが良好であり、ゴールドカードのランキングでも上位に位置付けられるハイ・クオリティー・カードです。

エポスカードは丸井での年数回の10%OFF、自動付帯の海外旅行傷害保険、数多くの店舗で受けられる優待特典が魅力のカードです。

エポスカード(EPOS CARD)という丸井のクレジットカードがあります。サブカードとして利用すると最高にお得なカードです。マ...

エポスゴールドカードの年会費は5,000円(税抜)です。年間の利用金額が50万円以上だと翌年度以降の年会費が無料になります。

また、インビテーションでゴールドカードを発行したら、年会費は永年無料となります。エポスカードを保有して概ね年50万円以上の決済をすると、インビテーションが届く傾向にあります。

エポスゴールドカードは無料で持てるゴールドカードです。インビの基準も緩く、年50万円に利用額が届いていなくても、インビテーションが届く事例もあります。

丸井の人気クレジットカード「エポスゴールドカード」は、自分から申し込むことも可能ですが、インビテーションが届いた場合...

家族カードはありませんが、家族をゴールドカードに招待できる「エポスファミリーゴールド」という制度があります。

エポスゴールドカードは、丸井での利用は還元率1%ですが、通常の加盟店での還元率は0.5%です。ただし、年間の利用金額に応じてボーナスポイントをもらえます。

  • 年50万円以上利用:2,500円相当(0.5%相当)
  • 年100万円以上利用:10,000円相当(1.0%相当)

ボーナスポイントを合わせると、年100万円ちょうどの利用だと還元率は1.5%となります。カード利用で貯まるポイントは有効期限無しの永久ポイントになります。

エポスゴールドカードのポイントはエポスVisaプリペイドカードでVISA加盟店にて1ポイント1円で使えるので現金同様です。

丸井グループのクレジットカード「エポスカード」は、「エポスVisaプリペイドカード」を提供しています。国内外のVISA加盟店...

エポスゴールドカードは年100万円以上使えば屈指の高還元カードとなります。ゴールドカードならではの特典も充実しています。

また、対象ショップの中からよく利用するショップを登録すると、エポスゴールドカード利用時のポイントが最大3倍になります。

エポスゴールドカード、エポスプラチナカードには多様なベネフィットが付帯しています。その中の一つが、3つのお店までポイン...

選べるショップは最大3つまでとなります。対象ショップには、普段使いすることが多いスーパー・コンビニ・ドラッグストア・ETCカードもあるので便利です。

注目すべきなのは「セブン-イレブン」「イトーヨーカドー」等のセブン&アイグループ店舗がポイント3倍に入っている点です。

これを選択するといつでも1.5%還元になってファンタスティックです。

他のカードショッピングも含めて合計で年100万円利用すれば1%相当のボーナスポイントも得られます。

仮に年100万円ぴったりセブン-イレブン・イトーヨーカドー等を選択したポイント3倍ショップのみで利用した場合は還元率2.5%となります!

同様にモバイルSuicaSMART ICOCAもポイント3倍(年間ボーナスを合わせて還元率2.5%)にすることが可能です。

ポイントアップするショップは、登録後3ヵ月間は変更ができません。登録当日の利用分からポイントアップの対象となります。

更にリボ払いで支払ってPay-easy(エポスNet)やエポスカード・コンビニATMで繰り上げ返済すれば、リボ手数料なしで0.5%のポイントが上乗せされて最大2%還元(3つのショップは3%)となります。

締日(27日)の翌日から確定日の前日(28日~翌月5日)までの間に繰り上げ返済で全額支払えば、リボ払い手数料が発生しなくなります。

締日が4日の場合、5日から確定日(10日)の前日(9日)の期間に繰り上げ返済すればOKです。

エポスNetの支払予定額画面(繰り上げ返済して入金済み)

Pay-easyを使えばインターネットで入金できるので便利です。会員サイト「エポスNet」にログインして、メニュー「サービス・機能に申し込む」から手続きできます。

エポスNetのメニュー「サービス・機能に申し込む」

リボ手数料の発生を防止するためには、できる限り請求情報が出揃う確定日の前日に繰り上げ返済するのがベストです。

エポスカードATM

また、国内・海外の空港ラウンジを無料で利用できます。国内の主要空港20空港に加えて、ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル空港)、仁川空港、ホノルルラウンジが利用可能です。

年会費無料で維持できるので、空港ラウンジを使えるゴールドカードの中でもコスパ良好です。

自動付帯の海外旅行傷害保険が付帯します。最も利用頻度が高い傷害治療費用・疾病治療費用は最高300万円と充実しています。

エポスゴールドカード会員限定のベネフィットも豊富に用意されています。

エポスカードには上位カードのエポスゴールドカードがあります。年会費が無料であるにもかかわらず、特典が極めて充実してい...

その他、以下のVisaゴールドカード特典を利用できます。

サービス名サービス内容
Visaゴールド国際線クローク国際線を利用する際、通常料金より15%オフで手荷物を一時的にお預かり
Visaゴールド空港宅配海外から帰国の際、空港から自宅までの手荷物配送サービス
1個500円(2個目以降、行きは15%OFF)
Visaゴールド海外Wi-FiレンタルWi-Ho!の海外通信レンタル料金が定価より25%OFF
空港受取手数料(税抜500円/件)が無料
海外レストラン予約サービス たびらくサービス手数料(500円+税/件)が無料で予約可能
アラモレンタカーハワイ、グアム、アメリカ、カナダで20%割引優待
ハワイでの優待特典アクア-アストン・ホスピタリティーのホテル・コンドミニアムが最大15%OFF
アトラクション施設が10%~15%割引
VisaゴールドKaligoKaligoでのホテル予約が25%ボーナスマイル/ポイント
海外カード紛失のときの緊急カード発行サポート海外でのゴールドカード紛失・盗難の時に緊急カードの発行をサポート(主要都市なら1~3営業日で郵送)
Visa プレミアムカーレンタルプレミアム輸入車のレンタルサービスが一般料金から約15%オフ
ザ・コンコルド・ワインクラブ会員制ワインクラブ向けに厳選された特別ワインセットを購入可能

マルコとマルオの7日間ではマルイが10%OFFとなり、無印良品週間と開催時期が重なると無印良品もお得になります。

丸井(マルイ)では「マルコとマルオの7日間」というセールがあります。マルイでのお買い物がお得なセールです。エポスカード...

エポスゴールドカードは、ネット通販でのセキュリティに優れているエポスバーチャルカードも使えます。

エポスバーチャルカードは、クレジットカードのように実物があるカードではなく、データ上の決済VISAカードです。

エポスバーチャルカードを使うと、本体のエポスゴールドカードとは別の番号によってインターネットで決済できます。 もちろんポイントはエポスゴールドカード同様に付与されます。

万が一エポスバーチャルカードの情報が流出しても、エポスゴールドカード本体の番号を知られることはありません。

エポスカードは「エポスバーチャルカード」を発行することができます。バーチャルカードとは、インターネットでのお買い物に...

本体のカードの方も利用ごとにメールを送ってもらう設定もできるので、不正利用をいち早く察知できてセキュリティも高いです。

エポスカードの「カードご利用のお知らせ」メール

その他エポスゴールドカードの特徴については以下で徹底解説しています。

エポスカードという丸井のクレジットカードがあります。エポスカードの種類の中には、「エポスゴールドカード」いうゴールド...

年会費無料のゴールドカードは稀有であり、質実剛健なハイ・クオリティー・カードです。空港ラウンジを無料で使えるクレジットカードの一角です。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんも、おすすめのゴールドカードとしてエポスゴールドカードを挙げていらっしゃいました。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの...

エポスカードにはプラチナカード「エポスプラチナカード」もあります。自己申込の場合は年会費30,000円(税込)です。ただし、一度でも年100万円以上利用したら、それ以降は2万円(税込)となります。

エポスゴールドカードを保有してインビテーションが届いた場合、年会費20,000円(税込)となります。

エポスプラチナカード

年収等の審査基準は厳しくなく、エポスゴールドカードを保有したうえで年100万円以上の決済を続ければインビテーションが届くと言われています。

エポスプラチナカードは年会費20,000円(税込)で維持でき、年間100万円以上利用すると2万円分のボーナスポイントをもらえます。

つまり、年100万円以上カードを利用するならば、実質的に年会費0円でプラチナカードが保有できることになります。その他詳細は以下で徹底解説しています。

エポスカードという丸井のクレジットカードにはプラチナカードもあります。エポスカードの種類の中で最上級カードであり、「...

プラチナカードならではの特典が充実しています。エポスプラチナカードを視野に入れる場合は、まずはエポスカードを作成してクレヒスを積み上げていくと低コストとなります。

エポスカードはお得なキャンペーンを行なっています。Webから入会すると2,000円相当のエポスポイントがプレゼントされます。

特に必要な作業はありません。無条件で2,000円を得られるお得な入会キャンペーンです。

なお、インターネットでの入会時に「おしごと」の下にある「ご紹介番号」に「19121522852」をご入力いただくと、更に紹介特典で500ポイントが上乗せされます。

公式サイトエポスカード 公式キャンペーン

JQ CARD エポスゴールド

JQ CARD エポスゴールド

JQ CARD エポスにはインビテーション制のゴールドカード「JQ CARD エポスゴールド」があり、モバイルSuicaチャージでJRキューポを獲得できます。

エポスゴールドカードとJQカードの魅力を融合させたクレジットカードです。年会費無料で利用できます。

年100万円ちょうど利用した際には、ボーナスポイントと合わせて1.5%還元となります。

JRキューポはGポイントに交換できるので、JQセゾンルートGポイント永久不滅ポイント→ANAマイルと交換すると、1対0.7のレートでANAマイルに移行できます。

つまり年100万円ぴったり利用した際のマイル付与率が1.05%となります。100万円超の利用分は0.35%です。

また、「モバイルスイカ」をポイント3倍のショップに登録した場合、モバイルSuicaApple PayのSuicaGoogle PayのSuicaが、1.05%ANAマイル還元となります。

エポスゴールドカード・プラチナカードの選べるポイントアップショップの登録画面

Apple Payに登録したSuica

JR西日本を登録した場合は、SMART ICOCAへのチャージが、1.05%ANAマイル還元で卓越した高還元に昇華します。

年100万円ぴったりポイント3倍のお店(3つまで選択可能)だけで使った場合、なんと1.75%ANAマイル還元です。

なお、JALマイルの場合でも最大1.5%還元となり、JALマイルがお得に貯まるクレジットカードの1枚です。

更にANAマイレージクラブ モバイルプラスに加入した場合、月300円(税抜)のコストで、おサイフケータイ、Edy機能付きのANAカードでのEdy払いが1.5%マイル還元となります。

年間維持コストは3,600円(税抜)です。モバイルプラスはドコモ、au、ソフトバンクの回線契約が必要で、MVNOだとNGなのがデメリットです。

ANAカード

つまり、年100万円ぴったりJQカード エポスゴールドをEdyチャージに利用し、かつモバイルプラスに加入してEdy払いに使ったら2.55%ANAマイル還元となります。

年間ボーナスを含めない場合は、Edyチャージ時の0.35%+モバイルプラスの1.5%で合計1.85%となります。

その他、JQ CARD エポスゴールドの詳細については、以下で精緻に分析しています。

エポスカードが発行しているJQ CARDにはゴールドカードもあります。エポスカードの種類の中では提携ゴールドカードであり、「...

デメリットは改悪リスクがある点です。Edy一体型AMCの発行を終了しており、ANAのEdyに対するコミットの温度感は低下しています。

ANAモバイルプラスのEdy1.5%マイル還元、JRキューポの交換システム、エポスゴールドの年間ボーナスに改悪リスクがあります。

JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARDエポスを作成して年50万円以上利用したら、インビテーションが届く可能性があります。

なお、通常のエポスカードを持っている方は、JQ CARDエポスに切り替えることが可能です。

エポスポイントの交換先にJRキューポがある画面

エポスポイントとJRキューポは相互交換できるので、エポスカードのポイントはJQ CARDエポスに引き継がせることが可能です。

JQ CARDエポスはネット限定でお得な入会キャンペーンを開催しています。

公式サイトエポスカード 公式キャンペーン

ANA JCBカード

ANA JCBカード

年会費が発生してもOKの場合は、ANA JCBカードも候補となります。

最も年会費が安いのは、若年層向けカードのANA JCB ZEROを除くと、2,000円(税抜)のソラチカカードANA JCB一般カードです。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

セブンイレブン、イトーヨーカドーは「ANAカードマイルプラス」の対象店舗なので、ANA JCBカードで決済すると0.5%のマイルが特別に貯まります。

5マイルコースだと合計で1.0%のANAマイルが付与され、10マイルコースだと1.5%になります。イトーヨーカドーで1.5%マイル還元とパワフルです。

ANAの飛行機

マイルは価値にレバレッジがかかるのが魅力的です。特典航空券へ交換すると、1ポイントの価値が数円に昇華します。

国内線特典航空券で利用すると1マイルの価値が1.5円~2円程度、国際線のビジネスクラスだと1マイル2.5~5円程度、ファーストクラスなら7~16円程度に跳ね上がります。

QUICPayのマスコット

ANA JCBカードは後払い方式の電子マネー「QUICPay」(クイックペイ)を利用できます。QUICPayを活用するとセブン-イレブンでは更にお得になります。

QUICPayはnanaco、楽天Edy、Suicaとは異なり、事前にチャージする必要がないので使いやすい電子マネーです。

使った金額は後日、登録したクレジットカードから引き落とされます。残高を気にする必要がないので利便性が高い電子マネーです。

QUICPay(クイックペイ)という事前のチャージが不要な後払い型の電子マネーがあります。ドコモのiDと似たJCBのポストペイ型決...

ANA JCBカード会員は、「ANA QUICPay+nanaco」に申し込めて、セブン-イレブンではこちらがお得になります。

QUICPay、nanaco、ANAのSkipサービスが三位一体となったキーホルダー型のQUICPayです。

ANA JCB一般カードはJCB発行のカードなので「QUICPay(nanaco)」も使えます。

QUICPay(nanaco)とは、事前に申し込んでおくと、本来はプリペイド式のnanacoが後払いのQUICPayとして利用できるサービスです。

nanacoカードの裏面

セブン-イレブンでANA QUICPay+nanacoか、nanacoカードに搭載されているQUICPayでお買い物すると、200円(税抜)ごとに1ポイントが貯まります。

更にQUICPayに登録したANA JCBカードのポイント/マイルも貯まります。

セブン-イレブンではクレジットカードでの決済だけではなく、「ANA JCBを指定しているQUICPayでの支払い」もマイル付与率が1.0%/1.5%となります。

イトーヨーカドーの場合はQUICPay払いはANAカードマイルプラスの対象外です。

セブンイレブン

500nanacoポイントは250ANAマイルに交換できるので、セブン-イレブンでは更にQUICPay(nanaco)は0.25%のANAマイルが取れることになります。

5マイルコースだと合計で1.25%、10マイルコースだと合計1.75%のANAマイルが得られます。キーホルダー型のANA QUICPay+nanacoも同様です。

厳密にはカード利用分とANAカードマイルプラス利用分は税込で、QUICPay(nanaco)の分は税抜なので、端数が出ない場合の最大還元率が1.73%となります。

以下はQUICPay(nanaco)で約400円(税抜)のお買い物をして、クレジットカードの還元以外に2nanacoポイントを獲得した履歴です。

QUICPay(nanaco)で獲得したnanacoポイント

QUICPayでお買い物するには、店員さんに「クイックペイで払います」と言えば、店員さんが端末を操作してくれて決済が完了します。

QUICPay(nanaco)の利用は、会員サイト「MyJCB」から申し込めます。ログイン後、メニューの「各種お申し込み・購入」の中にある「QUICPay」から手続きできます。

MyJCBの各種サービスの登録・申し込み画面

登録はnanacoカードとクレジットカードが同一名義であることが条件。おサイフケータイのnanacoモバイル、一部の提携nanacoでは使えません。

イトーヨーカドーではANA JCBカードによるクレジット決済、セブンイレブンではQUICPay(nanaco)決済が最も高還元となります。

各ANA JCBカードの比較をまとめると下表のとおりです。

 ZERO一般/ソラチカワイドカードワイドゴールド
ソラチカゴールド
プレミアム
限定デザイン---数年に1度-
年会費(税抜)無料2,0007,25014,00070,000
マイル移行費用無料5,0005,00000
年間コスト(※)無料4,5009,75014,00070,000
家族会員年会費(税抜)無料1,0001,5004,000 (ソラチカは
2,000)
4,000
最大のマイル付与率0.56%1.06%1.06%1.075%1.375%
ポイント有効期間2年2年2年3年5年
継続ボーナス-1,000マイル2,000マイル2,000マイル10,000マイル
フライトボーナス+10%+10%+25%+25%+50%
ANAワイドカード特典--
Gold Basic Service---
国内線ANAラウンジ----
コンシェルジュ----
プライオリティパス----
楽天Edyチャージ-マイル×マイル×マイル付与マイル付与
旅行傷害保険-最高1000万最高5000万最高1億円最高1億円
ショッピング保険-最高100万最高300万最高300万最高500万
航空機遅延費用---

※2年に1回マイル移行。自動リボのスマリボ利用の場合は割引あり

電子マネーの側面ではQUICPay(nanaco)を利用でき、セブン-イレブンでは屈指の高還元カードとなります。Apple Payも利用可能です。

日本を代表する航空カードの一角が「ANAカード」です。全日本空輸(ANA)が大手クレジットカード会社と提携して発行している航...

各ANA JCBカードの詳細については、以下で徹底的に解説しています。

ANA JCB ワイドカードと一般カードの相違点については、以下で精緻に分析しています。

ANA JCBカードでゴールドカード未満のタイプには、ANA JCB一般カード、ANAワイドカードがあります。ワイドカードの方が年会費...

ANA JCBカードは大量のマイルが得られるお得なキャンペーンを開催しています。

JCBはANA(全日本空輸)と提携してANAカードを発行しています。ANA一般カード、ANAワイドカード、ANAワイドゴールドカード、ANA...

-デビットカード
-

© 2014-2021 The Goal