ANAカードの特約店一覧!ANAカードマイルプラスの提携店を徹底解説!2019年最新

更新日: ANAカード ANAマイル

ANAカード利用の案内・インフォメーション

クレジットカードのANAカードには、「ANAカードマイルプラス」があります。

JALカードにおけるJALカード特約店の類似制度であり、ANAカードで決済すると、ショッピングマイルが通常より多く貯まります。

ANAカードマイルプラスの対象店舗ではANAカードで決済するようにすると、地上でザクザクとANAマイルを獲得できてお得です。

陸マイラー・ハックのコツの一つであるANAカード特約店「ANAカードマイルプラス」の一覧についてまとめます。

ANAカードマイルプラスとは

ANAカードマイルプラスとは、加盟店にてANAカードで支払うと、クレジットカード会社のポイントとは別に、100円または200円(税込)あたり1マイルを得られるサービスです。

例えば、1%マイル還元のANAカードの場合、ANAカードマイルプラス加盟店で10,000円(税込)でショッピングすると、通常100マイルのところ合計150~200マイル貯まることになります。

以下の画像はセブンイレブンで400円のお買い物をした例です。セブンイレブンは200円あたり1マイルが加算されるので、0.5%の2マイルが加算されています。

ANAカードマイルプラス(セブンイレブン)でのボーナスマイル

ANAカードマイルプラス加盟店・対象商品を利用する際、マイル積算対象のANAカードでクレジット決済するだけでOKで、手間がかからないのがメリットです。

通常のクレカ利用による0.5%/1%のポイントとは別に、更に0.5%~1%のマイルが貯まります。合計のマイル付与率は1%~2%になり、かなりお得になります!

訴求力の高いポイント二重取りが可能です。将棋において飛車だけよりは、飛車・角の方が強いのと同様に、ポイントも一つだけよりは二つ獲得できる方が嬉しいですね。

時折ANAカードマイルプラスのボーナスマイルが多くもらえるキャンペーンが開催されることがあります。

一例としては、2017年3月31日10:00~4月30日23:59は、セブン-イレブン・イトーヨーカドーの対象店舗でANAカードでクレジット決済すると、通常の2倍の1%(税込200円あたり2マイル)が得られました。

ANAオリジナルのディヒューザー、アロマオイル

ANAグループ航空券やANAショッピング A-styleなど、元々ANAマイルが積算される店舗については、ANAマイルショップ分+ANAカード利用分+ANAカードマイルプラスでマイル三重取りとなります。

サッカーで例えると、ツートップよりスリートップの方が攻撃力が増しますね。トリデンテ(三又の槍)のようなパワーがあります。

ANAインターコンチネンタルホテルのレストランやカフェの利用でも、ザクザクとANAマイルが貯まっていきます。

ANAインターコンチネンタルホテル東京の日本料理 雲海の店内ANAインターコンチネンタルホテル東京の雲海のランチ(松花堂弁当箱)

ANAインターコンチネンタルホテル東京のカスケイドカフェ

ANAインターコンチネンタルホテル東京のカスケイドカフェのコーヒー

クレジット決済のポイント(マイル)、ANAカードマイルプラスのボーナスとは別に、しっかりと更にマイルを得られました。

ANAマイレージクラブ加盟店の飲食店でのマイル積算レシート

ANAカードマイルプラス加盟店での支払い後、マイルが積算されるまで約1~2カ月がかかる点に留意が必要です。

特典航空券に少し足りない場合など時間が迫っている際に、すぐに追加することはできません。

上乗せ分の0.5%~1.0%のボーナスマイルは、本会員のマイル口座に積算されます(端数分は切り捨て)。家族カード会員利用分も本会員分に集約されます。

家族の力を合わせてマイルを貯められるのは素晴らしいですね!

空港で楽しく過ごす家族

カード決済をキャンセルした場合は、相当マイル数が会員のマイル口座より減算されます。

システム上で処理が終わった後の自動積算のみとなっており、マイルが付与される前にカード利用を申告してマイルを追加してもらうことはミッション・インポッシブルです。

クレジットカード会社のポイントをマイルへ移行する際には所定の手続きが必要となり、一部を除き年度ごとに移行手数料が必要です(ANA ワイドゴールドカードなど一部カードは移行手数料が無料)。

一部対象外の支払内容があります。また、クレジットカードで購入できない商品もあります。


おすすめの店舗

セブンイレブン、マツモトキヨシあたりは日常的に使いやすくてお得。家電購入時はヤマダ電機が有用です。

お車を保有している方ならENEOS・エッソ・モービル・ゼネラルもバリューが高いです。

セブンイレブン

セブンイレブン

セブンイレブンは0.5%のマイルが特別に貯まります。5マイルコースだと1.0%のANAマイルが付与され、10マイルコース(JCB/Visa/Mastercard)・アメックス・ダイナースだと1.5%になります。

近所にあると無双の利便性があるセブンイレブンにてANAカードで決済するとマイルがザクザクと貯まります。

コーヒーやパンでもどんどん獲得できます。日常的に使うコンビニで1.5%のマイルが得られるのは嬉しいですね!

なお、セブン-イレブンのヘビーユーザーの方なら、ソラチカカードANA JCBカードの10マイルコースは屈指の高還元でバリューが高いです。

ソラチカカード

ANA JCBカードはJCBが発行しているクレジットカードなので、「QUICPay(nanaco)」を使えます。

QUICPay(nanaco)とは、事前に申し込んでおくと、本来はプリペイド式のnanacoが後払いのQUICPayとして利用できるサービスです。

セブン&アイが発行している電子マネーのnanacoカードには、QUICPayも搭載されており、申し込むとnanacoでQUICPay払いが可能になります。

nanacoカードnanacoカードの裏面

セブン-イレブンでQUICPay(nanaco)を使うと、0.5%のnanacoポイントを得られます。

QUICPay(nanaco)の利用代金は、ソラチカカードの他の利用と合算して請求されるので、1.0~1.5%のANAマイルも貯まります。

500nanacoポイントは250ANAマイルに交換できるので、QUICPay(nanaco)は0.25%のANAマイルが取れることになります。

5マイルコースだと合計で1.25%、10マイルコースだと合計1.75%のANAマイルが得られます。

厳密にはカード利用分とANAカードマイルプラス利用分は税込で、QUICPay(nanaco)の分は税抜なので、端数が出ない場合の最大還元率が1.73%となります。

セブン-イレブンをよく使う場合は、ぜひANA JCBのQUICPay(nanaco)を活用してください。カード到着後、JCBのサイトから申し込めます。

公式サイトANA JCBカード 公式キャンペーン

マツモトキヨシ

マツモトキヨシは北海道から沖縄まで全国各地に店舗があります。価格も大手ドラッグストアらしくこなれているので、使いやすいお店です。

dポイント加盟店でもあるので、ANAマイル+dポイント+マツキヨポイントの三重取りが可能です。

なお、マイルに興味がない方ならdカード決済がおすすめです。なんと約5%還元。

大手ドラッグストアのマツモトキヨシが、NTTドコモの共通ポイント「dポイント」を導入します。2018年4月30日(月)から、dポイントカー...

ENEOS・エッソ・モービル・ゼネラル

ENEOS

お車をお持ちの方ですと、ガソリンの給油は必須作業ですね。少しでもお得にガソリンスタンドを使いたいところです。

ANAカードを持っていてENEOS・エッソ・モービル・ゼネラルを使っている場合は、ANAカードでマイルが+1%になるのでお得です。

なんと100円(税込)あたり1マイルが上乗せされるのでファンタスティック!

ENEOSはTポイントを導入しており、ANAマイルとTポイントの二重取りが可能です。なお、ENEOSカードもお得なクレジットカードです。

ヤマダ電機LABI

ヤマダ電機

ANAカードでのクレジット決済で200円(税込)あたり1マイル(0.5%)を上乗せで獲得できます。

家電購入は多額の金額になる事が多いので、得られるマイル数もパワフルな水準になります。

スターバックス

スターバックスコーヒー

スターバックスWEBサイトで、ANAカードのクレジット決済でスターバックスカードにチャージすると、+1%のANAマイルを獲得できます。

スターバックスカード(4枚の桜柄)

また、一部対象店舗でコーヒー等の商品を購入すると、+0.5%のANAマイルを獲得できます。

百貨店

高島屋

高島屋、大丸・松坂屋、阪急百貨店、阪神百貨店、大丸福岡天神店もANAカードマイルプラス店舗です。

上質のアイテムをお得に購入することが可能になっており、リアル店舗では+0.5%が基本となっています。

大丸福岡天神店は楽天Edy決済だとANAマイレージクラブ モバイルプラスで+1%となります。

ANA FESTA

ANA FESTAの店舗

国内線の空港にある売店「ANA FESTA」もANAカードマイルプラスの対象となっています。

お土産の購入などに極めて便利で実用性が高いショップでも、ANAカード決済ならボーナスマイルを獲得できます。

  • 店舗でのANAマイレージクラブお客様番号(10桁)の提示:100円(税抜)=1マイル
  • ANAカードマイルプラス(ANAカードでクレジット決済):200円(税込)=1マイル

AMC特典とANAカードマイルプラスで合計約1.5%還元となり、この他にANAカード決済分のマイルを獲得できます。

ANA FESTAでのANAマイル積算履歴

ANAグループ航空券は更なる高還元に

羽田空港に駐機するANAの飛行機

ANAカードマイルプラス提携店のうち、ANAグループのANA航空券、旅行商品、機内販売などを購入する際には、特別にポイントが加算されるANAカードがあります。

また、最上級のANAカードプレミアムの場合、ANA航空券や機内販売、ANAショッピング A-styleを利用すると、通常100円(税込)につき1マイルのところ、2マイルが積算されてファンタスティックです。

ただし、CTBC ANA JCB Eternityカードのみ、通常通り100円1マイルとなります。

ANAアメックス、各プレミアムカードはアドオンマイルの仕組みがあり、ANA航空券購入時には特別にマイルが積算される仕組みがあります。

カテゴリー カード名 マイル還元率
ANA一般カード ANA JCB ZERO 1.5%(年間利用額に応じて最大1.56%)
ANA JCB一般カード 2.0%(年間利用額に応じて最大2.06%)
ANA To Me CARD PASMO JCB
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 2.5%
ANA VISA/マスター 一般カード 2.0%(マイ・ペイすリボ+利用で最大2.39%)
ANA VISA Suicaカード
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
ANA VISA nimocaカード
ANAワイドカード ANA JCBワイドカード 2.0%(年間利用額に応じて最大2.06%)
ANA VISA/マスターワイドカード 2.0%(マイ・ペイすリボ+利用で最大2.39%)
ANAワイドゴールドカード ANA JCBワイドゴールドカード 2.0%(年間利用額に応じて最大2.06%)
ANA VISA/マスターワイドゴールドカード 2.0%(マイ・ペイすリボ+利用で最大2.48%)
ANAダイナースカード 2.0%
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 3.0%
ANAプレミアムカード ANA JCBカードプレミアム 3.3%(年間利用額に応じて最大3.39%)
ANA VISA プラチナ プレミアムカード 3.5%(マイ・ペイすリボ+利用で最大3.8%)
ANAダイナースプレミアム 4.5%
ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード 4.5%

ANAカードマイルプラスの店舗一覧

セブンイレブン

ANAカードマイルプラスの店舗・サービス一覧は下表のとおりです。

ジャンル 名前
航空 ANA・ANAグループ国内線・国際線 航空券、ANA国内線・国際線 機内販売
コンビニ・スーパー セブン-イレブン、イトーヨーカドー
ドラッグストア マツモトキヨシ
空港・駐車場 ANA Cargo、三井のリパーク、羽田空港第1(P1)、第4(P4)駐車場、羽田空港第2、第3駐車場、新千歳空港A駐車場、新千歳空港B駐車場、大阪国際(伊丹)空港駐車場、高松空港駐車場、松山空港駐車場、高知龍馬空港駐車場、仙台空港駐車場、広島空港駐車場、長崎空港駐車場、熊本空港駐車場、サンパーキング(羽田空港、成田空港)、三井のリパーク
託児所 アンジュ保育園
土産・免税店 JTB商事、三洋堂、高島屋免税店SHILLA&ANA、メルセデス ミー 東京羽田
レンタカー ニッポンレンタカー
ペット 羽田空港ペットホテル
モバイル グローバルWiFi、TripFever「ili」、WiFiレンタルどっとこむ
レストラン・食品 スターバックス、ANAカードマイルプラス・グルメ、京成友膳、メルセデス ミー、TripFever「海外レストラン予約」、アクアクララ、日本百貨店しょくひんかん
百貨店 高島屋、阪急百貨店、阪神百貨店、大丸・松坂屋、大丸福岡天神店
ショッピングモール 沖縄アウトレットモール あしびなー
通販 ANAショッピング A-style、セブンネットショッピング
フラワーギフト 日比谷花壇(hibiyakadan.com)、インターネット花キューピット
ファッション イセタン羽田ストア(メンズ)ターミナル2、コナカ、ジ エアポート ストア ユナイテッドアローズ、紳士服のフタタ、SUIT SELECT、はるやま、P.S.FA、フォーエル、HAL SUIT、ナルミヤ公式通販サイト、ファミリア、ACE、コンタクトのアイシティ、サムソナイト、Orobianco、ゼロハリバートン
引越 アート引越センター、サカイ引越センター
住宅 東京ガスリックリビング
出版 ダイヤモンド社、プレジデント、東洋経済新報社、日経BP社
ゴルフ場 ANAカードマイルプラス加盟ゴルフコース、カヌチャリゾート、ハイランドリゾート
家電 ダイソン、ヤマダ電機LABI、ラオックス
リラクゼーション グローバルスポーツ医学研究所、ヘルフェン、たかの友梨ビューティクリニック、エルセーヌ
タクシー イースタンエアポートモータース、多古タクシー、東京MKタクシー、ハロー・トーキョー、グリーンキャブ、中央無線タクシー、東京無線タクシー、大和自動車交通、石川交通
ガソリンスタンド JX日鉱日石エネルギー(ENEOS)、出光興産
鉄道・バス等 エアポートリムジンバス、京成スカイライナー
エンタメ・チケット エクセル航空、沖縄美ら海水族館、ルスツリゾート/遊園地(入園券)、サホロリゾート ベア・マウンテン
スポーツ 沖縄ダイビングショップ マリーン プロダクト、ルスツリゾート/スキー・アクティビティ、サホロリゾート スキー場、グリーンピア大沼 ウィンターアクティビティ
オークラ ホテルズ & リゾーツ ホテルオークラ札幌、ホテルオークラ新潟、オークラフロンティアホテルつくば、オークラ アカデミアパーク ホテル、オークラ千葉ホテル、ホテル イースト21東京、フォレスト・イン昭和館、オークラフロンティアホテル海老名、オークラアクトシティホテル浜松、京都ホテルオークラ、ホテルオークラ神戸、ホテルオークラ福岡
東急ホテルズ 札幌エクセルホテル東急、札幌東急REIホテル
ザ・テラスホテルズ ザ・テラスクラブ アット ブセナ、ザ・ブセナテラス、ジ・アッタテラス クラブタワーズ、ザ・ナハテラス、ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ
シギラリゾート シギラベイサイドスイート アラマンダ、ホテルブリーズベイマリーナ、ウェルネスヴィラ ブリッサ
かりゆしホテルズ Okinawa Spa Resort EXES、沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ、沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ
その他ホテル 三井ガーデンホテルズ、ルートインホテルズ、ホテルモントレ、カヌチャリゾート、ルスツリゾート、カフーリゾートフチャクコンド・ホテル、京急EXイン、宮崎観光ホテル、エムズホテルクレール宮崎、ANA ホリデイ・イン リゾート 宮崎、ホテル法華クラブグループ、ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ、ホテル秀水園、ロイヤルパークホテル ザ 汐留、スターゲイトホテル関西エアポート(旧 全日空ゲートタワーホテル大阪)、西鉄ホテルズ、大和屋本店、ホテルノルド小樽、サホロリゾートホテル、プラザホテル、八百治博多ホテル、万世閣ホテルズ、ハマノホテルズ、尾道国際ホテル、大分オアシスタワーホテル、強羅環翠楼、橋本パークホテル、グリーンピア大沼、レオパレスホテルズ、ネストホテル熊本、ソルヴィータホテル那覇、ホテルリブマックス、KIZASHI THE SUITE、蔵群、ホテルマイステイズ羽田、富山地鉄ホテル、JRホテルクレメント高松、ホテルラングウッド上越、リーガロイヤルグラン沖縄、ハイランドリゾート

沖縄アウトレットモールあしびなーは、若年層向けカードのANA JCB ZEROでの利用分のみ対象になります。

また、以下の店舗はANAアメリカン・エキスプレス・カード、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード限定店舗となります。

ボーナス 地域 店舗名
100円=1マイル
(1%)
パリ アレクサンドラ・ソジュフェル
ロンドン ハロッズ、リバティ、セルフリッジ
ソウル ロッテ百貨店
200円=1マイル
(0.5%)
シンガポール シンガポール高島屋

iDやQUICPayによる支払いが対象になる店舗

Apple Pay搭載のiPhoneとおサイフケータイが使えるAndroid(Galaxy)

ANAカードの中には後払い方式(ポストペイ型)の電子マネーである「iD」、QUICPayを利用できるクレジットカードがあります。

また、Apple Pay、Google Payでもモバイル決済サービスを利用できるANAカードがあります。Google PayのQUICPayは2018年から開始しました。

一部加盟店ではANAカードに付帯されているポストペイ型の電子マネーも対象になって流麗です。

後払い方式の電子マネー「iD」、「QUICPay」の利用も対象になります。Apple Payでの利用も含みます。

ただし、ANAアメックスのQUICPay、Apple Payの利用分は対象外になります。おそらくアメックスのシステム上の都合でしょう。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード以外のiD、QUICPayでボーナスマイルを獲得できるANAカードマイルプラスの店舗は下表のとおりです。

電子マネー名 ANAカードマイルプラス店舗名
iD ENEOS
セブン-イレブン
紳士服コナカ
紳士服のフタタ
SUIT SELECT
DIFFERENCE
KONAKA THE FLAG
FUTATA THE FLAG
西鉄ホテルズ(一部店舗を除く)
大和自動車交通
東京無線タクシー
QUICPay ENEOS
セブン-イレブン
紳士服コナカ
KONAKA THE FLAG
SUIT SELECT(九州・沖縄・山口を除く)
DIFFERENCE(九州・沖縄・山口を除く)
東京無線タクシー

一部対象外となるサービスステーションや店舗、支払内容があります。

一部のANAカード<法人用>も対象

ANA JCB法人カード

ANAカードマイルプラスは日本国内発行の個人用のANAカードだけではなく、一部のANAカード<法人用>も対象となります。

ANAカード<法人用>の場合、ワイドゴールドカード、ANAダイナースコーポレートカードのみ、すべての店舗がマイル積算対象になります。

一般・ワイドカードは、ANA@deskにて予約・購入・発券した航空券のみがANAカードマイルプラスの対象になります。

日本国外で発行するANAカードは、CTBC ANA JCB Platinumカード、CTBC ANA JCB Preciousカード、CTBC ANA JCB Eternity カードを除き対象外となります。


まとめ

ANAカードマイルプラスとは、加盟店にてANAカードで支払うと、クレジットカード会社のポイントとは別に、100円または200円(税込)あたり1マイルを得られるサービスです。

セブンイレブン、マツモトキヨシ、スターバックス、大手百貨店、ENEOS・エッソ・モービル・ゼネラルなど、日常的に使う方が多い店舗も名を連ねていてバリューが高いです。

セブン-イレブンのコーヒーマシン

ANAグループ航空券やANAショッピング A-styleなど、元々ANAマイルが積算される店舗については、ANAマイルショップ分+ANAカード利用分+ANAカードマイルプラスでマイル三重取りとなります。

ANAアメックス、ANAアメックス・ゴールド、ANAカードプレミアムは、ANAグループ航空券だと更にマイル還元率がアップしてスペシャルです。

ANAカードは若年層向けカードを除いては年会費が発生しますが、ANAカードマイルプラス加盟店での利用が多い場合は、年会費を上回る価値が出ることもあります。

国際ブランドごとのANAカードの一覧は下表の通りです。

カード名 運営企業 国際ブランド 独自機能
ANA JCBカード
ANA JCB ZERO
JCB JCB  
ANA To Me CARD PASMO JCB JCB、To Me CARD PASMO
メトロポイント
ANA VISAカード 三井住友カード  Visa  
ANA Mastercard Mastercard  
ANA VISA Suicaカード 三井住友カード
ビューカード
Visa Suica
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード 三井住友カード
東急カード
Mastercard PASMO
TOKYU POINT
ANA VISA nimocaカード 三井住友カード
nimoca
Visa nimoca
ANAアメックス アメックス Amex  
ANAダイナース 三井住友トラストクラブ Diners Club  

ANA一般カードの中でおすすめなのは、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)です。

世代を超えて愛される傑出した航空系カードマイルが貯まるクレジットカードであり、順風満帆・視界良好で新しい世界へ雄飛する機会を手に入れられます。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

メトロポイント→ANAマイルを1対0.9(90%)のレートでマイルに移行できるのが絶大なメリットです。陸で最大級にANAマイルを獲得できます。

幾多のANAカードの中でも突出したベネフィットであり、フライトに八面六臂の活躍を見せてくれます。

ソラチカカードはANA・JCB・東京メトロが渾身の力を込めたクレジットカードで、陸でのマイル獲得の真髄を極める究極のエレガンスがあり、魂を揺さぶる程の最高潮に達したエネルギーがあります。

陸でも空でもドンドンとANAマイルを貯められて、本気一本槍で新たな地平へ雄飛できます。ソラチカカードがある暮らしは、沸々と喜びが湧き上がってくる世界。

ソラチカカードというクレジットカードがあります。正式名称は「ANA To Me CARD PASMO JCB」です。JCB、東京メトロ、ANAが提携して発...

2,000円(税抜)の年会費が発生しますけれども、毎年1,000マイルの継続ボーナスが付与されます。

1マイル2円と考えると年会費はほぼトントンとなります。それで90%のメトロポイント→ANAマイル交換など、卓越したベネフィットを享受できます。

ソラチカカードというクレジットカードがあります。正式名称は「ANA To Me CARD PASMO JCB」です。ソラチカカードの年会費は初年度は...

PASMOオートチャージでもANAマイルを獲得可能。ANAマイルの使い道は多様であり、旅行・出張に役立ちます。

ソラチカカードというクレジットカードがあります。正式な名前は「ANA To Me CARD PASMO JCB」です。JCB、東京メトロ、ANAが提携して...

アメックスやダイナース等の高級カードと同様にソラチカカード会員限定のイベントも開催されており、人生がもっと楽しくなるクレジットカードです。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の5周年を記念して、ソラチカカード会員限定イベントが開催されます。ANA機体工場、東京メ...

慈愛さえ感じるような豊潤なお得さには身震いする程であり、八面六臂の活躍を見せてくれます。

ジョジョで喩えると「キラークイーン」のような一撃必殺の威力を秘めています。歴史の偉人で例えると、ジャンヌ・ダルクのような戦闘力があります。

空前の低金利の時代には、ソラチカカードのお得度は絶大な威力があります。お得にフライトでき、トラベル・人生を豊かに彩ることができます。

入会キャンペーンも充実しており、大量のANAマイルを得ることができます。

公式サイトソラチカカード 公式キャンペーン

ANA JCB ZEROは年会費無料とはいえ、マイル還元率が低くて魅力が落ちます。

ANA JCB一般カードは2,000円(税抜)の年会費で1,000マイルの継続ボーナスを獲得できるので、これだけでも保有する価値はあります。

ANA JCB一般カード 公式キャンペーン

ANA JCB 一般カードとワイドカードの相違点については、以下で精緻に分析しています。

ANA JCBカードでゴールドカード未満のタイプには、ANA JCB一般カード、ANAワイドカードがあります。ワイドカードの方が年会費は高いも...

ANA JCBカードの入会キャンペーンについては、以下で丹念に解説しています。

JCBはANA(全日本空輸)と提携してANAカードを発行しています。普通カード、ANAワイドカード、ANAワイドゴールドカード、ANA プラチナ・...

TOKYU POINTやPASMOを搭載したANAカードがよければ、 TOP&ClubQが候補となります。Suicaチャージでマイルを貯めたい場合は、ANA VISA Suicaカードで決まりです。

空港ラウンジ、充実の保険などアメックスならではのトラベル特典がほしい場合はANAアメックスが候補となります。

家族カードの範囲の広いのもメリットであり、特にSFCカードで威力を発揮します。

ANAアメリカン・エキスプレス スーパーフライヤーズ・ゴールド・カード

実際に私も家族カードによって、修行なしでSFCカードを発行させていただきました。

大量のANAマイルを得られるお得な入会キャンペーンも魅力的です。

ANAアメックス 公式キャンペーン

ワイドカードのANAカードは、他にメインカードがあるので、将来的にSFCカード(一般カード)を取得する場合のみ有力候補です。

ワイドカードの年会費+マイル移行手数料は、VISA/Mastercardの場合、最安値で12,275円で、マイル移行を2年に1度にした場合でも9,275円(税抜)です。

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードの場合、マイル移行手数料は不要で、年会費は、カード利用代金WEB明細+マイ・ペイすリボへの登録+利用で9,500円(税抜)まで下がります。

ワイドカードの最安値の年間コスト(2年に1度マイル移行)とANA VISA/マスター ワイドゴールドカードの年間コストの差額は、たったの年225円(税抜)に過ぎません。

それで年間ボーナスポイントの増量によってマイル付与率が上がり、ゴールドカード特典(空港ラウンジサービス、ANA SKYコインへの交換レート上限UP、ゴールドデスクなど)が付帯します。

したがって、ANA VISA/マスター ワイドカードにするならば、もう一つ上のワイドゴールドカードの方が良いと考えます。

ANA VISA ワイドゴールドカード

ANAワイドゴールドカードは、マイ・ペイすリボの活用とWeb明細で年会費を9,500円(税抜)まで下げられるANA VISA/マスター ワイドゴールドカードが、コストパフォーマンス良好です。

ただし、ANAダイナースカードは、ダイナースクラブカードと同一の豊富なトラベル・ダイニング特典を利用できます。これに魅力を感じる場合はこちらもおすすめのANAカードです。

ANAダイナースカード

限定デザインに魅力を感じる場合、Edyチャージでの0.5%マイル付与を重視する場合は、ANA JCBワイドゴールドカードも候補となります。

ANAアメックス・ゴールドは、ANA航空券のマイル付与率が3%、ポイント有効期間が無期限、京都ラウンジなどが魅力的です。

プラチナ・プレミアムカードに関しては、ダイナースのブラックカード特典を利用可能なANAダイナースプレミアムがおすすめです。ダイナースプレミアムと同一の華麗なる街中ラウンジ・ダイニング特典を利用可能です。

なお、ANA一般カードのうち、三井住友カードが発行する以下の5枚はリーズナブルな年会費で維持できます。

マイ・ペイすリボに登録して年1回以上使えば、年会費がSuica・nimoca・TOKYU POINT ClubQは751円(税抜)、VISA・マスターは1,025円(税抜)まで下げられます。

これらのANA一般カードは毎年1,000マイルの継続ボーナスが1枚ごとにもらえるので、これだけで元は取れます。

実際に私はアメックスのSFCカードを保有していますが、三井住友カードのANA一般カードも2枚保有しています。

ANAアメリカン・エキスプレス スーパーフライヤーズ・ゴールド・カードとSFCラウンジカード

ANA VISA SuicaカードとANA VISA nimocaカード

多くのクレカを保有することに抵抗がなければ、5枚すべてを発行するのも手です。

年間の利用額に応じたステージは、各カードで個別に計算されます。各カードの利用金額を合算することはできません。複数枚持つ場合、利用はどれか1枚に集中するのが望ましいです。

5枚全て発行したら、1マイル約0.93円で毎年5,000マイルが手に入ります。1マイルの価値を2円以上と考えるならお得です。

公式サイトANA VISA/マスターカード 公式キャンペーン

ANAカードの中で「1枚だけ」を選抜する場合は、ソラチカカードがおすすめです。

ソラチカカード

メトロポイント→ANAマイルを1対0.9(90%)のレートでマイルに移行できるのが素晴らしいメリットです。

公式サイトソラチカカード 公式キャンペーン

-ANAカード, ANAマイル
-

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.