The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

USJのJCBラウンジはプラチナカードでも使える!THE CLASSは当然OK!ザ・フライング・ダイナソーにあり!

更新日: JCBカード

USJのJCBラウンジご招待券

JCBがユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の中に、JCB LOUNGEを設置して、2016年9月2日からサービスを開始しますね。予約開始日は9月1日からです。

こちらはJCB THE CLASSだけではなく、JAL・JCBカード プラチナ、JCBプラチナ法人カード等のJCBプラチナカードでも利用できる「JCB Platinum」のサービスとなります。

USJに設置される「JCBラウンジ」についてまとめます。

JCBラウンジ招待券の概要

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのJCBラウンジは、ジュラシック・パークのアトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」の施設内に設置されます。

ディズニーランドでは「スター・ツアーズ」にあり、ディズニーシーでは2017年春にオープンする新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」に設置される予定です。

USJにおけるJCBラウンジでは、以下のサービスが受けられます。

  • アトラクションの優先搭乗
  • ドリンクサービス
  • 休憩
  • 雑誌閲覧

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン JCB LOUNGE

最も大きなベネフィットはアトラクションの優先搭乗ですね。ドリンクサービスも嬉しいですし、混雑した外界からは隔てられたラウンジ内でゆっくりと休めるのも嬉しいものです。

USJのラウンジは、JCB THE CLASSだけでなく、プラチナカードでも利用可能です。

JCBプラチナの会員画面

ラウンジの利用時間は、平日は10時~12時、13時~17時です。土・日・祝日は10時~12時、13時~19時です。年末年始は休みであり、施設メンテナンス等で休業する場合もあります。

JCBラウンジは事前予約制となります。まずはザ・クラス・メンバーズデスクないしプラチナ・メンバーズデスクへ「ご招待券」を請求します。

「ご招待券」がもらえるのは本会員、家族会員の方あわせて年1回となります。年1回のサイクルは4月~翌年3月末です。1月~12月ではない点に注意しましょう。

2016年度は、2016年8月19日~2017年3月31日までとなります。招待券1枚で4名まで利用可能です(乳幼児含む)。家族や友人で一緒に入れるのは大きなメリットです。

請求から発送までには10日前後かかりますので、余裕をもって請求するのが無難です。招待券到着後、「ご招待券」に記載されている電話番号まで予約すればOKです。

USJ内のJCBラウンジのご招待券の裏面

招待券の裏面には、予約日時、利用者名を記入する欄があります。忘れないように書いておくと安心ですね。招待券No.も掲載されています。

有効期間は特に定められていませんでした。年度内に使わなければ無効になるわけではなさそうです。

東京ディズニーリゾートのJCB LOUNGEの方は有効期間が設定されています。

USJの招待券は年度に1回しかもらえないので、当座は使わなくても年度に1回はもらっておいた方がよさそうです。

利用予定日の1ヵ月前から前日までに予約する必要があります。当日の予約は不可能です。予約の際、招待券番号の確認があります。

予約の変更は空きさえあればいつでも可能です。当日の変更もOKです。柔軟な予約変更が可能なのは便利でありがたいです!

ご招待券を紛失した場合、再発行は不可能なので無くさなように注意しましょう。

招待券はあくまでラウンジの利用券であり、USJの入場券ではありません。USJのスタジオ・パスは別途買う必要があります。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

利用当日は「ご招待券」とJCB THE CLASSかJALプラチナカードを持っていけばOKです。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで希少な体験が可能になります。

混雑する人気アトラクションで優先搭乗ができて、居心地が秀逸なラウンジでドリンクを飲んで休憩できるのは、ラグジュアリー・カードならではの特権です。

USJで歩き回ると喉が渇くので、ドリンクサービスが大変に嬉しいですね。特に暑い夏や残暑厳しい時期は最高です!

USJのJCBラウンジは最高だった

実際にユニバーサル・スタジオ・ジャパンに入り、JCBラウンジに行きました。ザ・フライング・ダイナソーのアトラクションに近づいていくと看板が.......!

JCBラウンジを示す看板

建物内に行くと「PRESENTED BY JCB」という看板がありました。いよいよだ!とテンションMAXになりました。

JCBラウンジを示す看板

歩いていくと黄色い扉がありました。JCBのロゴ、JCB LOUNGEという文字、矢印が書かれていました。

JCBラウンジに行く扉

ついに辿り着きました。看板には「ご招待券をお持ちの方のみご利用頂けます(BY INVITATION ONLY)と書かれていました。

JCBラウンジの入口

ステキな笑顔の女性スタッフが出迎えてくれました。以下は飲み物を取りに行ってくださった時に撮った写真です。

USJのJCBラウンジの入口

中は広々としていて快適で落ち着ける空間となっています。白、ベージュ、ブラウンの三色が基調でオシャレな空間でした。

USJのJCBラウンジ

るるぶのUSJ公式ガイドブック、JCB GOLD Basic Serviceの会員誌「JCB THE PREMIUM」と京都ガイドブック京爛漫、京都・大阪・神戸の観光本も置いてありました。

フライングダイナソーにちなんで、恐竜に関する本、ニュートンの恐竜特集号、恐竜の模型もありました。

USJのJCBラウンジ内の本

製氷機とコーヒーマシンがあります。コーヒーマシンでは以下の飲み物が飲めます。

区分 飲み物名
ホット ホットコーヒー
アメリカンコーヒー
エスプレッソコーヒー
ホットカプチーノ
ホットカフェモカ
ホットティー
ホットココア
お湯
コールド アイスコーヒー
アイスカプチーノ
アイスカフェモカ
アイスティー
アイスココア

USJのJCBラウンジのコーヒー類・氷・お絞り・コップなど

1人1個、緑茶(綾鷹)、ミネラルウォーター(いろはす)、コカ・コーラ、クーのいずれかの冷えたペットボトルをもらうこともできます。暑い時期は助かります。

USJのJCBラウンジのペットボトル

飲み物を飲んで寛げます。20分ほど休憩して案内するスタイルですが、休憩不要の場合は、状況によってはすぐにアトラクションに乗ることも可能です。私の後にいらっしゃった方はすぐにアトラクションに行っていました。

USJのJCBラウンジのペットボトルのお茶とコーヒー

壁にはモニターが設置されていて、USJの映像が流れています。見ていると一通りUSJの動向を把握できて楽しかったです。

USJのJCBラウンジの映像

ラブラブのカップルでも使いやすいソファー、椅子2個、テーブルがワンセットとなっていて、5組設置されていました。

USJのJCBラウンジのソファー

USJのJCBラウンジ内にはトイレもあります。個室で落ち着けます。女性ですとトイレが混んでいることもありますよね。ラウンジなら快適です。上質のハンドソープもあります。

USJのJCBラウンジのトイレ

20分の休憩時間が過ぎる頃になると、スタッフが予備に来てくれて、アトラクションまで案内してくれます。

エレベーターで長蛇の列を抜き去って、あっという間にザ・フライング・ダイナソーの搭乗口に直行できます!

私が行った日は平日であるにもかかわらず、なんとザ・フライング・ダイナソーは250分待ち(4時間10分待ち)でした!

USJアプリに示されるフライングダイナソーの待ち時間

恐ろしい程の驚異的な待ち時間ですね。しかし、JCBプラチナ特典がある私が待ったのは2~3分程度です。エレベーターを降りたらすぐに乗れます。

最前列の方の次に並べます。しかも乗れるのは最前列ですので、フライングダイナソーのアトラクションを一番前で満喫できます。

私は絶叫マシンがあまり得意ではなく、フライングダイナソーはめちゃくちゃ怖いイメージがあったので、正直に申しますとあまり乗りたくなくて戦々恐々としていました。

しかし、意外にもあまり怖くありませんでした。さすがUSJであり、程々の絶妙な匙加減の怖さとなっています。開放的で怖いというより気持ちいいでした。

USJのJCBラウンジ特典は、USJを歩き回って疲れている時に快適なラウンジで休憩でき、喉が渇いているので飲み物も最高の特典でした。

しかも、エレベーターに乗って稲妻のようにショートカットして、通常なら4時間待ちの超人気アトラクションに、ほとんど待たずに乗れるというVIP体験ができました。

4時間も立ちっぱなしで並んで待つ苦衷は察するに余りあります。スタッフに案内されてのアトラクション乗り場直行には神威のパワーがあります。

収入が多い方は忙しい傾向にあるので、時間を短縮できるのには絶大なメリットがあります。時給が1万円だと4時間節約で4万円相当となり、これだけでJCBプラチナカードの年会費を超える価値を受けられます。

時給換算の収入 3時間の価値 4時間の価値
1,000 3,000 4,000
1,500 4,500 6,000
2,000 6,000 8,000
2,500 7,500 10,000
3,000 9,000 12,000
4,000 12,000 16,000
5,000 15,000 20,000
7,500 22,500 30,000
10,000 30,000 40,000
15,000 45,000 60,000
20,000 60,000 80,000
25,000 75,000 100,000
50,000 150,000 200,000

この圧巻のベネフィットが受けられるJCBプラチナカードは、至高のT&Eカードだと思います。JCBプラチナカードは年会費3万円台前半のカードが多いです。正直言って安いです。

年1回、USJのJCBラウンジが利用できるのはあまりにも嬉しいです。私は毎年の恒例行事にします。

当日の宿泊はUSJで遊び回って遅くなり、寝るだけでOKなので、サムティの株主優待で無料宿泊できるセンターホテル大阪で決まりです。

JCBの最上級カードであるJCB THE CLASSだと、USJだけではなく、ディズニーリゾートのJCBラウンジも年1回利用できます。

ディズニー、USJに行く機会がある方にとっては、JCB THE CLASSの年会費54,000円は決して高くないと考えます。JCB THE CLASSへの一歩はJCBゴールドから始まります。

まとめ

JCB ザ・クラス、JCBプラチナを保有していると、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでより一層、楽しい時間を過ごすことが可能になります。絶大なメリットです。

USJの出口

USJは三井住友プラチナカードにユニバーサル・エクスプレス・パスの特典がありましたが、JCBラウンジが設置されたことによって、JCB THE CLASS、JCBプラチナカードにも卓越したベネフィットができました。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのJCBラウンジを手っ取り早く使えるクレジットカードで、最もお得なのはJAL・JCBカード プラチナです。

JAL・JCBカード プラチナ

JALグループでのマイル付与率が4%(2%+アドオンマイル2%)と高還元になります。

同伴者1名無料の空港ラウンジ、プライオリティパス、往復の手荷物無料宅配、家族特約付きでブラックカードと同一水準の至高の保険、JCBプラチナの各種トラベル・ダイニング等のサービスが充実しています。

プラチナカードらしくコンシェルジュ・サービスが利用できるのが大きなメリットです。コンシェルジュはJCB THE CLASSと基本的には同一だと言われています。

JAL・JCBカード プラチナのコンシェルジュは「プラチナ・コンシェルジュデスク」ですが、電話に出た方が会話の中で「ザ・クラス・コンシェルジュデスク」とうっかり話すことがあるようです^^

最近はコンシェルジュの方が「プレミアムカード」という言い方をすることがあります。これはザ・クラスとプラチナのコンシェルジュが同一であることを強く示唆しています。

コンシェルジュが同一で、会話の中でザ・クラスとプラチナを間違えてしまうことが多発しているため、間違いを防ぐために「プレミアムカード」という言い方をするようになったと思います!

JCB ザ・クラスにあってJAL・JCB プラチナにないのは、メンバーズセレクション(メンセレ)、ディズニーのラウンジ、ザ・クラス ダイニング、家族会員の年会費1名無料くらいです。

JAL・JCB プラチナは、ディズニー関連以外はほとんどJCB THE CLASSと同一の特典を享受できます。

それで年会費が20,520円安くてJALプラチナカード特典が付帯するので、「東京ディズニーリゾートに行かない」「JALによく搭乗する」という方にとっては、JCB THE CLASSよりもコストパフォーマンスが良いという考え方も可能です。

ディズニーに行かなかったら、ザ・クラスのメリットは減少し、JALに乗る機会がそこそこあるならJAL・JCBカード プラチナが魅力的です。

この点、私は残念ながら非モテ日本代表候補の筆頭でして、ディズニーに女性と一緒に行く機会が皆無なんですねヽ(´ー`)ノ

JCB THE CLASSを作ろうか迷ったのですが、私が持っても猫に小判、豚に真珠、鳥にポルシェなので、一旦、ディズニー関連以外はザ・クラスと同一の特典を受けられるJAL・JCBカード プラチナを作成しました。

メンバーズセレクションのクラブ33の食事特典が抽選になってしまったというのもショックで、それならJAL・JCBカード プラチナでいいかなと思い、土壇場で最後の発行手続きは取りませんでした。

JAL・JCBカード プラチナの詳細、JCB THE CLASSとの比較については、以下で徹底解説しています。

JAL・JCBカード プラチナのメリット・デメリット・お得な使い方まとめ
JAL・JCBカード プラチナというクレジットカードがあります。JAL(日本航空)とJCBが提携して発行しているプラチナカードです。JAL CLUB...

ただし、想定外だったのは、JCBロゴの箔押し印刷のオシャレさのパワーです。実物を見たら想定を遥かに上回るカッコ良さでした。

角度によってキラキラ具合が変化して表情が変わります。セクシーでラグジュアリーでした。

ダイナースクラブ プレミアムカードの「Premium」というキラキラのロゴに匹敵するカッコ良さで、一目惚れしてしまいました。

JCBプラチナカードの箔押し印刷

JCB THE CLASSはJCBで唯一、ロゴがゴールドの箔押し印刷のデザインです。まさにオンリー・ワン、スペシャル・ワンのJCBカードです。

JCB THE CLASS(ザ・クラス)

ゴールドの箔押し印刷のJCBロゴが入ったカードが持ちたいという心情が出てきまして、またザ・クラスに色気が出てきました。。

法人用カードですと、JCBプラチナ法人カードがあり、おそらくUSJのJCBラウンジも利用可能だと思われます。

JCBプラチナ法人カード

年会費は32,400円(税込)であり、インビテーションを待つことなく申し込めます。カード右上には「CORPORATE」という記載がありますが、法人だけではなく個人事業主でも申し込めます。

充実したベネフィットが付帯した法人カードを希望する場合は、候補となる一枚です。トラベル・ダイニングの特典が満載です。

JCBプラチナ法人カードのメリット・デメリット・特典まとめ
JCBプラチナ法人カードというJCBが発行しているビジネス・プラチナカードがあります。法人だけではなく、個人事業主の方も申し込めま...

年会費は75,600円(税込)と高価ですが、ANA JCBカード プレミアムでもUSJのJCBラウンジを利用できます。

ANA JCBカード プレミアム(プラチナ)のメリット・デメリット・価値まとめ
ANA JCBカード プレミアムというクレジットカードがあります。ANA(全日空)と三井住友カードが提携して発行しているANAカードです。ANA...

USJのラウンジだけではなく、ディズニーリゾートのラウンジも使いたくて、すぐにUSJのJCBラウンジを使えなくてもいい場合は、やはりJCB THE CLASSが魅力的です。

わが国が誇る国際ブランドJCBの最上位カードであり、ブラックカードと評価する声も多いです。

2015年6月からのJCBのブランドメッセージは、日本国内では「世界にひとつ。あなたにひとつ。」であり、海外では「Uniquely Yours」です。

このブランドメッセージには、JCBがこれからも大切にしたいこと、「お客様志向」と「日本的」が反映されています。JCBの思いは以下の通りです。

それぞれの願い。それぞれの夢。お客様一人ひとりの、かけがえのない想い。

JCBは約束します。そのひとつひとつをしっかりと受けとめ、耳を傾け、かなえるお手伝いをすることを。

私たちは、日本で生まれた、ただひとつの国際カードブランドとして、「おもてなしの心」「きめ細やかな心づかい」で一人ひとりのご期待に応えていきます。

そして「便利だ」「頼れる」「持っていてよかった」と思っていただける、あなたにとっての世界にひとつを目指し続けます。

JCB THE CLASSはまさにこのブランドメッセージに込められたコンセプトを体現しているスーパーカードです。

残念ながらメンバーズセレクションのクラブ33の食事特典が抽選になってしまいましたが、ディズニーのラウンジは確実に享受できます。

家族や恋人とディズニーに行く方であれば、絶大なメリットがあります。残念ながら私は行く場合は一人で行かざるを得ません(´;ω;`)

ディズニーに行く機会があったら取得したい一枚です。JCB THE CLASSのメリット詳細については、以下で徹底解説しています。

JCB THE CLASS(ザ・クラス)のメリット・インビテーションまとめ!JCBのブラックカード!
わが国が誇る国際ブランドJCBの最上位カードは「JCB THE CLASS」(JCBザ・クラス)です。日本が誇る至高のプラチナカードであり、カード...

JCB THE CLASSを手に入れるためには、まずはJCBゴールドを作成して、年100万円以上(できれば200万円以上)の利用を継続しましょう。JCBゴールドについては、以下で徹底解説しています。

JCBゴールドカード(GOLD)のメリット・デメリット・使い方まとめ
JCBゴールドカードというクレジットカードがあります。正式名称は「JCBゴールド」です。その名のとおり、JCBが発行するゴールドカード...

JCBゴールドは2017年9月30日(金)の入会まで、期間限定でお得な新規入会キャンペーンを行っています。

新規入会してキャンペーンに参加登録すると、最大8,500円分のプレゼントがあります。

新規入会してキャンペーンに参加登録すると、最大10,500円分のプレゼントがあります。

  • 新規入会でもれなく2,000円分のJCBギフトカード
  • 家族カード新規入会で最大2,000円分のJCBギフトカード
  • カード入会後、お友達紹介で最大5,000円分のJCBギフトカード
  • 「支払い名人」の登録と利用で 1,500円キャッシュバック

リボ払いの支払い名人には登録せず、家族カードに入会しないとしても、2,000円分となるお得なキャンペーンです。

JCBゴールドの公式キャンペーン

ディズニーに行かないというライフスタイルであれば、JAL・JCBカード プラチナの方にもお得感があります。ディズニー関連以外はほとんどJCB THE CLASSと同一のベネフィットを有します。

インビテーションを待たずにすぐにゲットできるというメリットもあります。大量のマイルプレゼントのお得な新規入会キャンペーンも行っています。

JAL・JCBカード プラチナの公式キャンペーン

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-JCBカード

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.