楽天銀行デビットカードにMastercardが登場!Visa・JCBと比較

更新日: デビットカード

楽天銀行デビットカード(Mastercard)

楽天銀行デビットカードにMastercardブランドが登場しました。年会費は無料で、国内外のMastercard加盟店でごく一部を除いて決済可能です。

カードショッピングで楽天ポイントを得られて、還元率は1%です。

楽天銀行に個人の普通預金口座を保有している16歳以上の方が、楽天銀行のWebページで発行できます。

既にVisaもしくはJCBブランドの楽天銀行デビットカードを持っていて、Mastercardに切り替える場合は、500円(税抜)の手数料が発生します。

Mastercardブランドの独自メリット

Mastercardの楽天銀行デビットカードには、VisaとJCBブランドにはない独自の利点が存在しています。

タッチ決済のMastercardコンタクトレスを利用可能

Mastercardコンタクトレス(旧PayPass)

Mastercardのタッチ決済「Mastercardコンタクトレス」を利用可能です。

店舗のレジに設置された専用リーダーにかざすだけで支払いが完了でき、セキュリティ・衛生面で優れています。

楽天カードのタッチ決済の3つのメリット

Mastercardコンタクトレスは、日本国内でも着実に使える店が拡大しています。

ジャンル 店舗名
コンビニ ローソン、セブン-イレブン
スーパー イトーヨーカドー、ヨークマート、ヨークフーズ、ヨークプライス、コンフォートマーケット
飲食店 マクドナルド、ゼンショーグループ(※)、HUB
自販機 コカ・コーラのマルチマネー対応自動販売機
商業施設・百貨店 表参道ヒルズ、京王百貨店、イクスピアリ、
新丸ビル・丸ビル (一部除く)、六本木ヒルズ
家電量販店 ビックロ、ビックカメラ新宿東口店
書籍 TSUTAYA(一部除く)、文教堂(一部除く)
ヘルスケア・メガネ Phiten、メガネストアー
交通関連 伊丹空港、Airport Limousine、関西国際空港、神戸空港、Japan Taxi
ホテル 阪急阪神第一ホテルグループ
ペイメント ぐるなびPay、Uペイ

※ゼンショーグループ対象店舗

すき家、ココス、ビッグボーイ、ジョリーパスタ、ヴィクトリアステーション、華屋与兵衛、エルトリート、牛庵、いちばん、宝島、はま寿司、久兵衛屋、カフェミラノ、モリバコーヒー、たもん庵、瀬戸うどん等

店頭ではスタッフに対して「クレジット」「クレジットカード」「マスターカードで」と述べて対応カードを端末にかざせばOKです。

マクドナルドで2017年下半期からクレジットカード、nanaco、Suica・PASMO・manaca・ICOCA等の交通系電子マネー、NFC電子マネーが使え...

海外では対応店舗が拡大しています。利用可能な国の数は80カ国にのぼり、600万ヶ所以上の店舗で導入されています(店舗検索)。

ルーブル美術館のチケット販売機でも利用可能で、台湾では幅広く使えて高雄メトロの改札も通過でき便利です。

シンガポールの地下鉄(MRT)、バスにもMastercardコンタクトレスで乗車できます。

Apple PayのMastercardコンタクトレスでシンガポールのMRT改札を通過

米国においては広く普及しており、スーパー、コンビニエンスストア、ファーストフード、ドラッグストア、タクシーなどが取り扱い店に名を連ねています。

ジャンル 店名
コンビニ 7-Eleven
ファーストフード McDonald's, SUBWAY, TULLY'S, BURGER KING, Haagen-Dazs, Arby's, Dairy Queen, Jack In The Box
映画館 AMC Theatre, United Artists Theatre, Regal Cinemas
ドラッグストア CVS, duane reade, Rite Aid
駐車場 Central parking
タクシー Yellow Cab
ガソリンスタンド BP, Exxon Mobil
スタジアム Yankee Stadium, Giants Stadium, Citizens Bank Park
オフィス用品 Office Depot
エレクトロニクス Best Buy

使い方の詳細

クレジットカード、デビットカード、国際ブランド搭載型プリペイドカードの支払い方法としては、お店の読み取り端末にカードを挿して...

Mastercardコンタクトレスが使えるのは、デビットカードのミライノデビット、MastercardプリペイドカードのJALグローバルウォレット等です。

クレジットカードでも楽天カードオリコカード、ごく一部のJACCS発行カードなど限定的。

法人カードでは年会費2,000円(税抜)でコース料理1名分無料サービス空港ラウンジを使えるOrico Ex Gold for Bizで利用可能です。

なお、Apple PayにMastercardブランドのクレジットカードを登録した場合、多くのクレジットカードで利用可能です。

利用可能店舗がJCBより広い

Mastercard、Maestro、Cirrusのロゴ

Mastercardの利用可能店舗はJCBよりも広大。特に海外ではJCBが弱い地域でもMastercardなら使えることが多いです。

日本国内でもアビアンカ航空、アラスカ航空などの航空券・特典航空券の諸税を決済する場合、JCBは使えません。


Mastercardブランドのデメリット

ANA JCB プリペイドカードへのチャージが不可能

JCBと比較すると、ANA JCB プリペイドカードへのチャージでポイント二重取りができないのがデメリットです。

ANA JCB プリペイドカード

楽天銀行デビットカード(JCB)は、ANA JCB プリペイドカードを経由させると通常よりもお得にお買い物できます。

ANA JCB プリペイドカードは、JCB加盟店で事前にチャージした金額分を利用できるJCBプリペイド機能と、ANAマイレージクラブの機能が1枚になったカードです。

ANA JCB プリペイドカードの年会費・チャージ手数料・発行手数料は無料です。

唯一かかるコストは500円(税抜)の利用開始手数料です。ただし、2021年3月31日までは無料で発行できます。

ANA JCB プリペイドカードの利用ガイド・規約

ANA JCB プリペイドカードはカード利用で0.5%~0.65%のANAマイルかキャッシュバックを享受できます。電子マネーチャージは対象外です。

楽天銀行デビットカード(JCB)からANA JCB プリペイドカードへのチャージは、2020年2月時点ではポイント付与の対象です。

したがって、以下のルートでポイント二重取りが可能です。

  1. 楽天カード(JCB)→ANA JCB プリペイドカードにチャージ(1%還元)
  2. ANA JCB プリペイドカードでショッピング(0.5~0.65%還元)

一般のJCB加盟店では、楽天銀行デビットカードでチャージしたANA JCB プリペイドカードを利用すると、1%の楽天ポイントと、0.5%~0.65%のマイルかCBを獲得できます。

なお、楽天銀行デビットカードでチャージしたANA JCB プリペイドカードをApple PayのSuicaアプリに登録すると、Suicaチャージで1%の楽天ポイントを得られることになります。

ANA JCB プリペイドカードでSuicaチャージした利用分は還元対象外なので、ポイント二重取りはできません。

Apple Pay(アップルペイ)を使うためには、クレジットカードを登録するのが基本です。ただし、au PAY プリペイドカードが登録可能にな...

なお、楽天銀行デビットカードからANA JCB プリペイドカードへのチャージがポイント付与対象外となる改悪リスクはあります。

ANA JCB プリペイドカードの詳細については、以下で精緻に分析しています。

「ANA JCB プリペイドカード」というプリペイドカードがあります。ANAマイレージクラブの機能と、JCB加盟店でお買い物できる機能があ...

お買いものパンダデザインがない

楽天銀行パンダデビットカード

楽天銀行デビットカードのうち、JCBブランドにはお買いものパンダのデザインがあります。

かわいくて愛くるしいカードフェイスのデビットカードを持ちたい場合、JCBブランドの一択です。

お買いものパンダデザインの楽天銀行パンダデビットカードがリニューアルされました。お買いものパンダのファンは必見です。しかも通...

上位カードがない

楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)

楽天銀行デビットカードのMastercardブランドは、JCBと同様にスタンダードカードのみです。

他方、Visaブランドの場合、ベーシック、シルバー、ゴールドの3種類が用意されており、ニーズに応じて選択できます。

年会費が発生しても充実の特典が付帯したデビットカードがいい場合、Visaブランドの楽天銀行デビットカードが候補となります。

項目 楽天銀行シルバーデビットカード 楽天銀行ゴールドデビットカード
国際ブランド Visa Visa
発行手数料 無料 無料
年会費 2,000円(税抜) 5,000円(税抜)
ポイント還元率 100円で1ポイント(1.0%)
保険・補償・特典等 ・ショッピング保険
・盗難補償
・ショッピング保険
・国内旅行傷害保険
・海外旅行傷害保険
・盗難補償
・Visaゴールドカード特典
・海外利用サポート 24時間日本語サービス
・海外緊急発行手数料無料
nanaco ポイント対象外(nanacoチャージにおすすめのクレジットカード
楽天Edy ポイント対象外(Edyチャージにおすすめのクレジットカード
モバイルSuica ポイント対象外(モバイルSuicaチャージにおすすめのクレジットカード

なお、ゴールドカードでは物足りず、更なる上位のプラチナカードを希望する場合、住信SBIネット銀行のプラチナデビットカードが候補となります。

ミライノ デビット PLATINUMというMastercardのプラチナデビットカードが2019年4月1日から発行開始します。住信SBIネット銀行のキャッ...

ミライノ デビットを作成する場合、住信SBIネット銀行の普通預金口座が必要になります。

住信SBIネット銀行に口座開設する場合は、SBI証券との同時開設をおすすめします。

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと3,000円分で、ネット証券としては破格の内容です。

SBI証券のタイアップキャンペーン

口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券は1000万円までは銀行預金のような公的な保護(投資者保護基金)があるので安心・安全です。銀行預金と同じで万が一破綻しても保護されます。

口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

まとめ

楽天銀行デビットカードのMastercardブランドは、デビットカードとしては高還元で魅力的です。

  • 発行手数料:無料
  • 年会費:無料
  • 還元率:1.0%(楽天ポイント)
  • 保険・補償:盗難補償

JCBとVisaと比較すると、独自の特徴が存在してます。

主なメリット

  • タッチ決済のMastercardコンタクトレスを利用可能
  • 利用可能店舗がJCBより広い

主なデメリット

  • ANA JCB プリペイドカードへのチャージが不可能
  • お買いものパンダデザインがない
  • 上位カードがない

マスターカード以外の国際ブランドは以下が強みとなります。

楽天銀行以外のおすすめのデビットカードは以下で解説しています。

日本で発行されているデビットカードには、膨大な種類が存在しています。どれがいいか迷ってしまう方もいらっしゃるでしょう。幾多の...
デビットカードという決済に使える銀行のキャッシュカード一体型カードがあります。銀行の預金口座の残高から利用時に即時に引き落と...
日本で発行されているデビットカードは、VisaもしくはJCBブランドが大多数です。しかし、数少ないながらMastercadブランドのデビット...

楽天銀行はハイスペックのデビットカード以外も多くのメリットが存在。会員制度のハッピープログラムで上位ステージになると、家計が助かります。

楽天銀行というネット銀行があります。振込手数料やATM手数料を無料にすることもでき、上手く使うと家計を大きく助けることが可能です...

その他のおすすめネット銀行は以下をご参照ください。

スマホの普及でインターネットがより身近なものになり、全国津々浦々にネット銀行を利用する方が増えています。オンラインバンキング...

-デビットカード

© 2014-2020 The Goal